ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
戦力外通告

山本翔也(阪神戦力外)、第2の人生は保険代理店

2019年01月19日

11/19、デイリースポーツ2面「神機一転」より

2013阪神ドラフト5位 山本翔也
王子・投手

甲子園から約17キロ。大阪市にある「コア・ライフプランニング」で、山本氏(2013阪神5位)は新たなマウンドに上がっている。同社は大手の総合保険代理店。戦闘服をユニホームからスーツに替え「昔からじっとしてられないんですよ」と忙しい日々を送る。野球への未練は・・・もうない。

「トライアウトを受けたことが大きかったです。最後の1年は本当に苦しかった。野球を嫌いにもなりかけました。でも投げていると、これでユニホームを脱ぐかもしれないのに楽しくて。やっぱり好きだなと思って辞めることができました」

少し白くなった顔で目を細めて笑う。13年度ドラフト5位で阪神に入団。即戦力左腕として期待されたが、通算5年で22試合の登板。1勝で現役生活に別れを告げた。人懐こい性格で、多くの選手から慕われる存在。ファンからも愛された。戦力外通告を受けた日に球団から職員として、翌日に前所属の王子から誘いがあった。

進路を模索していた時、不思議な縁が決め手になった。コア・ライフプランニング社の代表取締役・横山太一さんが明かす。「会社の草野球でボロ負けしたんです。それでトライアウトに行くぞーって」。冗談を交えながらだが、エースとなるべき逸材を探していた。

自身は85年のバックスクリーン3連発を球場で見た大の虎党。新聞で山本氏が戦力外通告を受けたことを知った。「思いついたら即行動が僕の信条。そしたら名古屋の社員から、会ってほしい人がいると。誰だと聴いたら阪神の山本だと。こんな奇跡はない。成立させなきゃダメだとね」

実際、トライアウト会場の福岡県筑後市まで出向き、声援とともに熱意を伝えた。「彼はこの世界で必ず一流選手になれる。阪神が西君に会うより会いましたよ」と笑う。

そんな思いに感謝し、縁を大切にし、山本氏も入社を決めた。Jリーグ経験者に、剣道の全日本チャンピオンなど、さまざまな経歴を持つ人材がいる中で、元プロ野球選手の第1号、ドラフト1位での入社だ。

「人の悦ぶ道を創る」が同社の企業理念。阪神・矢野監督が掲げる「誰かを喜ばせる」のチーム方針に重なる。「山本さんがいれば安心だ、と言ってもらえるように。子供が野球をするなら教えることだってできる。人と人として関わっていきたい」

ステージは変わるが、胸に猛虎魂が宿る。無限の可能性が広がる第2の人生。奇跡に導かれた軌跡を歩み、絶対的エースを目指す。



下は2013ドラフトで阪神が指名した選手です。5位指名・山本翔也のスカウト評はこちら

阪神の2013ドラフト指名選手
1位岩貞 祐太横浜商大投手
2位横田 慎太郎鹿児島実高外野手
3位陽川 尚将東京農大内野手
4位梅野 隆太郎福岡大捕手
5位山本 翔也王子投手
6位岩崎 優国士舘大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:47|この記事のURL

玉村祐典(西武戦力外)、オールフロンティア入社

2019年01月10日

スポニチwebsiteより (source)

2014西武ドラフト4位 玉村祐典
敦賀気比高卒・投手

社会人野球のオールフロンティア(埼玉・春日部市)は、元西武・玉村祐典投手(2014西武4位)の入社が内定し、10日付けで入社すると発表した。玉村は敦賀気比を卒業後、1年の浪人を経て14年ドラフト4位で西武に入団。15年から4年間で1軍登板はなかった。

昨オフに戦力外となり、トライアウトを受験するなど所属先を探していた。オールフロンティアは16年創部。都市対抗出場はないが、17年に都市対抗南関東予選では第1代表に王手をかけるなど、チーム強化が進んでいる。



下は2014ドラフトで西武が指名した選手です。玉村祐典は4位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の2014ドラフト指名選手
1位 高橋 光成 前橋育英高 投手
2位 佐野 泰雄 平成国際大 投手
3位 外崎 修汰 富士大 内野手
4位 玉村 祐典 敦賀気比高卒 投手
5位 山田 遥楓 佐賀工高 内野手
プロ入り後の成績




draftkaigi at 07:00|この記事のURL

伊志嶺忠(楽天戦力外)、ブルペン捕手で再出発

2019年01月06日

スポニチwebsiteより (source)

2007楽天(大・社)ドラフト3巡目 伊志嶺忠
東京情報大・捕手

楽天は5日、昨季限りで現役を引退した伊志嶺忠氏(2007楽天3巡目)が今季からブルペン捕手を務めることが決まったと発表した。伊志嶺氏は07年の大学・社会人ドラフト3巡目で東京情報大から楽天に入団。186試合で打率・198、4本塁打、29打点の成績を残した。

また、日本野球機構(NPB)で昨季まで32年間、審判員を務めた中村稔氏が、仙台市泉にある選手寮の寮長に就任する。



下は2007大学・社会人ドラフトで楽天が指名した選手です。聖沢諒は4巡目指名入団。プロでの成績はこちら

楽天の2007大・社ドラフト指名選手
1巡目 長谷部 康平 愛知工大 投手
2巡目 指名権なし
3巡目 伊志嶺 忠 東京情報大 捕手
4巡目 聖沢 諒 国学院大 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:31|この記事のURL

佐藤世那(オリックス戦力外)、横浜球友クラブと契約

デイリースポーツwebsiteより (source)

2015オリックスドラフト6位 佐藤世那
仙台育英高・投手

元オリックスの佐藤世那(2015ドラフト6位)が5日、TBS系「バース・デイ」に出演。今季は硬式野球チームの横浜球友クラブと契約し、NPB復帰を目指す考えを示した。

仙台育英時代は全国区のプレーヤーだった。3年夏の甲子園では、準決勝で清宮(現日本ハム)率いる早実に快勝。決勝で東海大相模に敗れたが、準優勝に輝いた。だが、プロ3年目、21歳で受けた戦力外通告。サイドスローに転向するなど活躍の道を模索したが、1度も1軍のマウンドを踏むことはなかった。

「この年齢で職を失うとは思ってなかった。まだまだNPBでやりたかった。本当に悔しい。もう一度、この舞台でやりたいという思いが強いです」

トライアウトを受験したが、NPB球団からのオファーはなし。「今の自分の能力でプロに戻るのは100%無理」と現実も受け入れつつ、現役続行を決断。BCリーグ富山からもオファーを受けたが、1年を通して給料も支払われる横浜球友クラブと1年契約を結んだ。

もう一度、オーバースローでNPB復帰を目指す。21歳は「僕自身もここまで悩みましたし、レベルアップしてトライアウトに戻りたい。もう少し野球をやりたい」と意気込んだ



下は2015ドラフトでオリックスが指名した選手です。6位指名・佐藤世那のスカウト評はこちら

オリックスの2015ドラフト指名選手
1位 吉田 正尚 青山学院大 外野手
2位 近藤 大亮 パナソニック 投手
3位 大城 滉二 立教大 内野手
4位 青山 大紀 トヨタ自動車 投手
5位 吉田 凌 東海大相模高 投手
6位 佐藤 世那 仙台育英高 投手
7位 鈴木 昂平 三菱重工名古屋 内野手
8位 角屋 龍太 ジェイプロジェクト 投手
9位 赤間 謙 鷺宮製作所 投手
10位 杉本 裕太郎 JR西日本 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:30|この記事のURL

佐藤達也(オリックス戦力外)、球団広報部で再出発

2019年01月02日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2011オリックスドラフト3位 佐藤達也
ホンダ・投手

オリックスのブルペンを長年支えてきた佐藤達也氏(2011オリックス3位)が、若くしてユニホームを脱いだ。故障や不振が重なり、プロ7年目の今季初めて1軍登板がなかった。1月1日付からは球団の広報部に配属され、サラリーマンとして第2の人生を歩むことが決まっている。

球団関係者の誰もが「本当に素晴らしい人」と口をそろえるジェントルマンが、引退決断時の心境を淡々と語った。「やっぱりプロは結果の世界でもあると思う。本心で言えば、もっと選手としてやりたいなという思いもありました。今回、球団の方からフロント入りの話をいただいていたので、ここを一つの良い区切りかなと思って、決断しました」

佐藤は大宮武蔵野高、東海大北海道、ホンダを経て11年ドラフト3位で入団。13~14年はともに67試合に登板。2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得するなど、リリーフ陣をけん引した。7年間のプロ野球人生について「少し短いような気もしますけど、プロ野球選手になれると、全然思ってもなかったので。そこに関しては幸せな7年間でしたね」と振り返った。

いつの日か「佐藤コーチ」としてグラウンドに戻ることを待ち望んでいるファンも多いだろう。指導者については「正直、イメージは全然湧かないですけど、1度経験してみるのもいいかなと。もしまたそういったお話があれば、その時にまた考えたいと思います」と前向きな姿勢を示した。

現役を引退した後も目標は変わらない。「僕が現役時代に優勝を経験できなかったので。本当にまだ右も左もわからないですけど、少しでも球団の力になれれば。それでチームとして優勝が経験できればいいかなと思います」。今年もオリックスの一員として、96年以来23年ぶりのリーグ優勝、そして日本一へ-。立場を変えても、汗を流し続けていく。



下は2011ドラフトでオリックスが指名した選手です。佐藤達也は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2011ドラフト指名選手
×高橋 周平  
1位安達 了一東芝内野手
2位縞田 拓弥JR東日本内野手
3位佐藤 達也ホンダ投手
4位海田 智行日本生命投手
5位庄司 龍二ジェイプロジェクト捕手
6位堤 裕貴佐賀龍谷高内野手
7位小島 脩平住友金属鹿島内野手
8位川端 崇義JR東日本外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索