ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
巨人

巨人・鹿取GM、中日退団ゲレーロの調査を明言

2017年12月03日

12/3、スポーツ報知25面より
巨人が、中日を退団したアレックス・ゲレーロ内野手の獲得に乗り出したことが2日、分かった。同日、中日が退団を発表した大砲について、巨人の鹿取GMは「ゲレーロを含め、いろいろと調査していかないといけない」と初めて言及し、獲得を目指す方針を示唆した。

来日1年目の今季は130試合で打率.279、86打点、初タイトルとなる35本塁打をマーク。今季で1年契約が切れることには、「条件次第でどの球団でも行く。同条件ならメジャーより日本でプレーしたい」などと話していた。巨人はかねて動向を注視し水面下で調査を進めてきたが、中日退団が決まったことで獲得に動き出したようだ。

今季の巨人はマギーの18本塁打が最多。ゲレーロはチームの補強ポイントに合致する。この日、OB会総会に出席した老川オーナーが「来季こそリーグ優勝、日本一」と話すなど、球団は若手強化と並行してウィークポイントについては適材適所の補強を行い、戦力を整備する方針。すでに入団が決まった野上(西武からFA宣言)に続く補強へ、ゲレーロの獲得交渉を継続していく方針だ。



下は2017ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位鍬原 拓也中央大投手
2位岸田 行倫 大阪ガス捕手
3位大城 卓三NTT西日本捕手
4位北村 拓己亜細亜大内野手
5位田中 俊太日立製作所内野手
6位若林 晃弘JX-ENEOS内野手
7位村上 海斗 奈良学園大外野手
8位湯浅 大健大高崎高内野手
育1比嘉 賢伸 盛岡大付高内野手
育2山上 信吾常磐高投手
育3笠井 駿東北福祉大外野手
育4田中 優大羽黒高投手
育5広畑 塁 立正大捕手
育6小山 翔平関西大捕手
育7折下 光輝 新野高内野手
育8荒井 颯太 関根学園高外野手


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

巨人、選手補強にトラックマン活用

2017年12月01日

12/1、夕刊フジ31面より

2008西武ドラフト2位 野上亮磨
日産自動車・投手

昨オフに約40億円を投じた巨人の“爆買い補強”は不発に終わった。今年導入された最新データ機器の運用があと1年早ければ、ソフトバンクからFAで加入した森福允彦投手(2006ソフトバンク4巡目)の誤算は避けられたかもしれない。

総額4億円の2年契約1年目は「一言でいうと悔しい1年」。東京・大手町の球団事務所で11月29日、現状維持で契約更改した森福の表情は晴れないままだった。ソフトバンクで長くセットアッパーとして活躍したが、昨季は対左打者限定のワンポイント起用に格下げ。防御率2.00と結果を残したが、再び1イニングを任されたい思いで移籍を決断した。

しかし新天地で信頼を勝ち取れず。対右打者は33打数11安打、3本塁打で被打率・333。対左打者も44打数12安打で同・273。30試合で1勝3敗、防御率3.05に終わった。「心技体が自分の中でしっかりまとまっていなかった。持ち味の強気をマウンドで出せるように頑張りたい」。本人は不振の原因を精神面に求めたが、球団内からは別の見方が出ている。

投球の回転数、変化量などを数値化でき、米大リーグ全球団が活用する高性能弾道測定器「トラックマン」。日本ではまず楽天が2014年に導入し、巨人も今年から追随したが、森福のデータを目の当たりにした球団関係者は声を失った。

「対右でかなり厳しい分析結果が出た。一昨年に導入したソフトバンクもこうした数値を根拠に、昨年から対左限定の起用法にしたようだ」。もしも昨オフの時点でこうしたデータを入手できていれば、補強リストから外れていたかもしれない。盟主が情報戦で一歩後れを取った格好だ。

今オフも西武からFA宣言した野上亮磨投手(2008西武2位)の補強するが、こちらはトラックマンの数値を参考にしたという。今度こそ情報戦の勝者になれるか。



下は2008ドラフトで西武が指名した選手です。野上亮磨は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2008ドラフト指名選手
1位 中崎 雄太 日南学園高 投手
2位 野上 亮磨 日産自動車 投手
3位 浅村 栄斗 大阪桐蔭高 内野手
4位 坂田 遼 函館大 外野手
5位 岳野 竜也 福岡大 捕手
6位 宮田 和希 甲賀専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:20|この記事のURL

巨人、戦力補強に自信 「かなり手応えある」

2017年11月28日

11/28、デイリースポーツ5面より
巨人・老川祥一オーナーが27日、都内で行われたオーナー会議に出席し、今オフの戦力補強に自信をのぞかせた。FA市場では西武・野上の獲得が決定的となり、水面下で日本ハム・増井の調査も進行中とみられる。

新外国人候補には、中日・ゲレーロもリストアップ。具体的に選手名こそ口にしなかったが「いろいろ交渉しているが、かなり手ごたえがあると聞いている」と笑みを浮かべた。



下は2017ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位鍬原 拓也中央大投手
2位岸田 行倫 大阪ガス捕手
3位大城 卓三NTT西日本捕手
4位北村 拓己亜細亜大内野手
5位田中 俊太日立製作所内野手
6位若林 晃弘JX-ENEOS内野手
7位村上 海斗 奈良学園大外野手
8位湯浅 大健大高崎高内野手
育1比嘉 賢伸 盛岡大付高内野手
育2山上 信吾常磐高投手
育3笠井 駿東北福祉大外野手
育4田中 優大羽黒高投手
育5広畑 塁 立正大捕手
育6小山 翔平関西大捕手
育7折下 光輝 新野高内野手
育8荒井 颯太 関根学園高外野手


draftkaigi at 07:11|この記事のURL

巨人ドラ1・鍬原、「岡本和真はタメ語使いなめてた」

2017年11月26日

11/26、スポーツ報知4面より

2014巨人ドラフト1位 岡本和真
智弁学園高・内野手・スカウト評

巨人・岡本和真内野手(2014巨人1位)が25日、中学時代の先輩であるドラフト1位の中大・鍬原拓也投手の援護に意欲を見せた。岡本にとって鍬原は、奈良・橿原磯城シニアの1つ上の先輩で、加入を「とても楽しみです」と喜んだ。

同シニアでは鍬原が3年、岡本が2年時に「ジャイアンツカップ」で全国3位。中学時代の後輩について、鍬原は「ずっとタメ語使ってくる。なめてましたね(笑い)」と、当時を思い返した。

しかし、あれから大人になった岡本。21日の新人の球団施設見学では、鍬原が寮見学中と聞くと、G球場での自主トレを終えるとすぐに会いに向かった。寮では「よろしくお願いします」とあいさつ。「何、そんなにかしこまってるの。一緒に頑張ろう」と返され、共闘を誓い合った。

プロでの経歴こそ鍬原より長いが、「(自分はプロの)先輩じゃない。結果を出さないといけない」と、背筋を伸ばした岡本。会心ならぬ、改心の一発で奈良の先輩ドラ1を援護する。



下は2014ドラフトで巨人が指名した選手です。1位指名・岡本和真のスカウト評はこちら

巨人の2014ドラフト指名選手
1位 岡本 和真 智弁学園高 内野手
2位 戸根 千明 日本大 投手
3位 高木 勇人 三菱重工名古屋 投手
4位 田中 大輝 国学院大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 18:13|この記事のURL

巨人、ふられまくりで補強全敗の危機

2017年11月24日

11/23、日刊ゲンダイ25面より

2008西武ドラフト2位 野上亮磨
日産自動車・投手

今季Bクラス4位に沈んだ巨人が、オフの補強でも苦戦を強いられている。FA戦線では日本ハムの抑えを務めた増井浩俊に加え、今季11勝(10敗)を挙げた西武の野上亮磨が新たに浮上。残留交渉の難航が伝えられる14勝(8敗)のマイコラスのメジャー流出に備え、代役として白羽の矢が立った格好だ。さる球界関係者がこう言う。

「当初、増井は巨人で決まりとみられていた。それが、日本ハム残留の線が出てきたうえ、オリックスと中日などが次々と参戦。争奪戦になり、雲行きが変わってきた。巨人としては、老川オーナーが補強宣言をしたばかり。確実に来てくれると思っていた増井に逃げられたらタイミングも悪い。念のために野上にも声を掛け、FA補強ゼロという事態にならないよう手を打つということでしょう」

さらにまずい状況なのは外国人補強である。このオフの最も重要な補強ポイントは、「4番を張れる大砲」の獲得で、ヤクルトのバレンティン中日のゲレーロの獲得調査を進めていた。しかし、本命視されていたバレンティンがヤクルトに残留すると21日付のスポーツ報知が報じたのだ。

「巨人は今季20本塁打以上の打者がゼロというスラッガー不在の事態。今季のセ・リーグの本塁打王・ゲレーロは、中日の森監督が米国で直接交渉に乗り出しているともっぱらで、残留の可能性がささやかれ始めた。それだけに、バレンティンは確実に仕留めたかったところ。先月に帰国する際は『来季は勝てるチームでプレーしたい』と話していて、流出かと思われたが、ヤクルトの小川監督―宮本ヘッドコーチらの新体制が残留を強く要望。今季年俸の3億3000万円の現状維持を提示したというから、巨人も想定外だったのではないか」(前出の関係者)

今季単年契約だったバレンティンは125試合で打率・254、32本塁打、80打点。緩慢な守備面などが指摘されるが、なんといっても2013年にプロ野球記録の60本塁打をマークした有数の長距離砲で人気者でもある。来季の打線の核としたかった巨人陣営の失望ぶりは推して知るべしである。 助っ人を取り逃がし、FA補強も後手に回る。ヘタをすれば、「補強全敗」の可能性もありそうだ。



下は2008ドラフトで西武が指名した選手です。野上亮磨は2位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2008ドラフト指名選手
1位 中崎 雄太 日南学園高 投手
2位 野上 亮磨 日産自動車 投手
3位 浅村 栄斗 大阪桐蔭高 内野手
4位 坂田 遼 函館大 外野手
5位 岳野 竜也 福岡大 捕手
6位 宮田 和希 甲賀専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

ドラフトニュース検索