ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
巨人

巨人ドラ1・堀田賢慎、右ひじ手術で今季復帰絶望に

2020年04月03日

4/3、スポーツ報知2面より

2019巨人ドラフト1位 堀田賢慎
青森山田高・投手・動画

巨人のドラフト1位・堀田賢慎投手(動画)が2日、神奈川県内の病院で右肘じん帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けたことが分かった。過去の同様の例では実戦復帰までに12か月程度かかり、今季中の復帰は絶望になった。

最速151キロを誇る将来性豊かな右腕に、試練が訪れた。青森山田高からドラ1で入団した堀田は新人合同自主トレ中だった1月23日、患部に違和感を覚えて練習を欠席。病院で検査を受け、軽度の炎症と診断されて以降、リハビリに取り組んでいた。キャンプ中の2月16日にキャッチボールを再開。その後も患部の状態を見ながら投球を続けた。

当初は幹部周辺の筋力強化などで手術を回避するプランを模索していたが、3月に入ってからはボールを握る機会は減少し、体幹トレーニングなどに日々取り組んでいた。状態は一進一退。その中で堀田自ら、同様の手術を受けた与那原に相談するなどし、自らメスを入れる決断を下した。

この手術は今年2月にDeNA・東が、過去にもダルビッシュや大谷が受けるなど日米球界に経験者は多い。1年以上にわたる地道なリハビリが待つが、復帰後に球速が伸びるケースも少なくない。完全復活を目指し、この試練を乗り越える。



下は2019ドラフトで巨人が指名した選手です。1位指名・堀田賢慎のスカウト評はこちら

巨人の2019ドラフト指名選手
1位堀田 賢慎 青森山田高投手
2位太田 龍JR東日本投手
3位菊田 拡和 常総学院高内野手
4位井上 温大 前橋商高投手
5位山瀬 慎之助 星稜高捕手
6位伊藤 海斗 酒田南高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

巨人衝撃、スカウト部長に事実上の懲罰人事か?

4/3、東京スポーツ5面より

2019巨人ドラフト1位 堀田賢慎
青森山田高・投手・動画

新型コロナウイルスによる混迷を極めるなか、巨人にさらなる衝撃が走った。ドラフト1位ルーキー・堀田賢慎投手(動画)が、右ヒジのトミー・ジョン手術を受ける方針であることが1日までに判明した。手術に踏み切れば年内復帰は絶望的。この日、球団で発令されたスカウト部の人事は事実上の“懲罰人事”とみられ、東京・大手町の球団事務所が揺れに揺れている。

金の卵にとっては、不本意なルーキーイヤーとなりそうだ。堀田は1月下旬の新人合同自主トレ中に右ヒジに炎症を起こし、春季キャンプはファームで調整。すでにキャッチボールなどは再開していたが、近く側副靱帯再建術=トミー・ジョン手術を受け、完全復活を目指す方針が固められた。

ただ、手術に踏み切れば、完治するまでに最低8か月以上と見込まれる。年内の復帰は望めない上、実戦復帰までにはさらなる時間を要する。メジャーでは実戦復帰するまでの目安は「術後18か月」が一般的で、2018年10月に手術したエンゼルス・大谷も、いまだ投手での復帰を目指してリハビリの最中だ。

「3年目までにローテーションに入って10勝以上」。高い志を抱いていた堀田はじくじたる思いに違いない。だが、話はここで終わらなかった。新人ドラ1が実戦で一球も投げぬまま手術。この大誤算だけでも球団内は騒然となったが、人事にまで飛び火したため波紋はさらに広がった。

球団は1日付で、長谷川国利スカウト部長を編成本部付部長とする人事異動を発令。同部長は東海大相模―東海大出身で、原辰徳監督の直系の後輩に当たる。スカウト歴も長く、評価も高かっただけに衝撃は小さくはなかった。

いったい、何が起きていたのか…。球団関係者の話を総合すると、今回の人事は事実上の「懲罰」ともっぱらだという。

近年の巨人のドラフトを巡っては抽選のクジ運に見放され続けた面もあるものの、上位で獲得した選手が早々に離脱、故障持ちだったケースも少なくなかった。そのため球団内でも懐疑的な声も根強かったが、昨季から再々登板した原監督の下でスカウト陣を刷新。

改めて「育成の巨人」を見直そうとした矢先で起こったドラ1の手術…。球団首脳からすれば、責任の矛先をスカウトのトップに向けるのは自然の流れだったのかもしれない。

実は、原監督自身もスカウト陣に不満を募らせていたという。“外れ外れ1位”で指名した堀田には「非常に将来性のある素晴らしい投手。近々未来、ジャイアンツのエースになってくれる素材だ」と伸びしろに期待していたが、早々と故障。他球団ではロッテの佐々木朗希投手(18=大船渡)らが輝きを放つ一方で、巨人の新人選手たちは芽を出せずにいる。

球団関係者の一人は「もちろん全部ではないけれど、原監督はドラフト指名の時も最大限、スカウトの意見に耳を傾けた経緯がある。だけど、なかなか結果が伴わず『ウチのスカウトは何をやっているんだ』と漏らしたこともあった。(今回の人事は)その結果責任が問われた形」と打ち明けた。

ペナント開幕はまだ見えない。しかし、水面下での動きは目まぐるしい。今後は大塚球団副代表兼編成担当がスカウト担当も兼務するが、この“ダブルインパクト”に球団内は大きく揺れている。 



下は2019ドラフトで巨人が指名した選手です。1位指名・堀田賢慎のスカウト評はこちら

巨人の2019ドラフト指名選手
1位堀田 賢慎 青森山田高投手
2位太田 龍JR東日本投手
3位菊田 拡和 常総学院高内野手
4位井上 温大 前橋商高投手
5位山瀬 慎之助 星稜高捕手
6位伊藤 海斗 酒田南高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

巨人がスカウト体制を変更、水野コーチらが兼務

2020年04月02日

4/2、スポーツ報知2面より
巨人・水野雄仁巡回投手コーチ(1983巨人1位)がスカウトを兼務することが1日、分かった。巨人はこの日付でスカウト体制を一部、変更。高田誠ファーム・ディレクター(1986巨人3位)もスカウト業務を担うことが決まった。

原巨人がスカウト強化に“現場の目”を投入する。水野コーチは昨季は1軍投手コーチとして5年ぶりのリーグ優勝に貢献。今季もキャンプでは1、2、3軍を巡回しながら広く指導に当たっていた。

昨年11月にはドミニカ共和国で行われたトライアウトを阿部2軍監督らとともに視察。獲得に携わったディプランは31日に支配下登録され、ウレーニャも持ち味のパンチ力でオープン戦で1軍出場を果たすなど、ともに潜在能力の高さを示している。

高田ディレクターも昨季まで2軍監督を務めており、現場の経験は豊富。現在のスカウト陣にはいない捕手出身者としての眼力にも期待がかかる。既に両者ともスカウト登録を済ませており、障害はない。

これまでスカウト部長を務めていた長谷川国利氏(1984大洋4位)は編成本部付部長に配置変換となり、プロ選手を視察対象にトレードやFA戦線などの補強戦略を担っていく。これにより、巨人は当面、スカウト部長を置かない体制となった。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL

高野脩汰(関西大)、阪神・巨人など7球団視察

中日スポーツwebsiteより (source)

高野 脩汰 (関西大・投手)
183cm・左投左打・動画

プロ注目の左腕にも新型コロナウイルス感染拡大の影響が及んだ。関西学生リーグに所属する関西大の硬式野球部は3日から19日まで活動休止にすると1日、発表。2日の練習以降、大学グラウンドでの練習を控えることになった。関西大には今秋ドラフト候補となる最速147キロの左腕、高野脩汰投手(動画)がいる。

大学が6日からの部活動休止を打ち出したことから、野球部は3日からに早めたという。今のところ20日から授業開始の予定とされ、それまで活動を休止する。同リーグでは京大、同大がすでに活動休止を発表。立命大、近大、関学大は練習を継続している。

出雲商(島根)出身の高野は181センチ、75キロ。2年春に4勝を挙げてから注目されるようになった。リーグ戦通算成績は10勝4敗、防御率1・20。昨秋は4勝0敗と活躍したが、終盤戦に左肘の不調に見舞われ、準優勝した明治神宮大会では先発できず、通算2試合2イニング3失点に終わった。

今春はここまで社会人との練習試合に登板するなど左肘の不安は解消されつつある。24日、社会人カナフレックスとの練習試合には阪神、巨人など7球団のスカウトが視察に訪れていた。「プロに挑戦したい」と高野。

連盟は春季リーグ戦の18日開幕を目指しているが、3大学が活動休止となったことで、延期を余儀なくされそうだ。6日の臨時理事会で春季リーグ戦の開催について協議される。



高野君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

巨人2軍、早稲田大に完敗・・・

2020年03月23日

3/23、スポーツ報知5面より
巨人2軍がプロアマ交流戦で早大に6-9で敗れた。阿部慎之助2軍監督は試合後、選手に「罰走」を科し一層の奮起を促した。

中盤まで1点リードし大江、田中優、巽、井上、ラモス、山上の継投で逃げ切りを図ったが、合計9四死球12安打で逆転負け。育成の笠井やウレーニャがともに4安打と早大を上回る15安打を放ったが及ばず、指揮官は「これが現実」と冷静に振り返った。

今季の2軍スローガンは「考動(こうどう)~苦しい方を選べ 迷ったらやれ~」。その言葉通り、試合後はベンチ入り全選手がポール間走の往復を開始。プロに勝って明るい表情の早大ナインらとは対照的に、夕日に向かい汗だくで励まし合いながら必死で走った。

10本をこなした後、この日登板した投手陣は4~5本を追加。指揮官は「良い選手も多いし見習わないと」と早大に敬意を表したと同時に「向こうは勉強もしながら野球をやっているけど、こっちはお金もらって毎日必死でやっている」とプロとしての自覚を求めた。

(3月22日 プロアマ交流戦 早稲田大 9-6 巨人2軍)



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 10:30|この記事のURL


ドラフトニュース検索