ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
巨人

巨人がスカウト会議、1位は佐藤(近畿大)最有力

2020年10月21日

10/21、スポーツ報知1面より
巨人は20日、都内で原監督らも交えてスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で野手を1位指名する方針を確認した。公言はしなかったが、近大・佐藤輝明内野手(動画)が最有力で、競合は確実。

大塚球団副代表は抽選5連敗中の原監督にくじ引き役を託す意向を示し、「監督が手を上げている夢を見た。長嶋監督の松井と藤田監督の原監督でしょ」と歴代の名場面と重ね合わせ、正夢になることを願った。

競合覚悟で即戦力野手の獲得を目指す。約3時間のスカウト会議後、大塚球団副代表は「野手でいって、外れた場合は投手。その後は流動的」と、従来の方針が不変と強調した。

名前は公言しなかったが、意中の1位候補について、「10年に一人の逸材。もう間違いない。変更はない」と断言した。近大の佐藤が最有力。既にオリックスが1位指名を公表済みで重複は確実だ。

そうなると、注目は誰がくじ引きの大役を務めるのか。大塚副代表は「監督以外いないですよ」と、原監督に依頼する意向を示した。

その上で「監督が手を上げている夢を見ましたよ。長嶋監督の松井と藤田監督の原監督。監督がこうやっている(手を上げている)夢を見ました」と、既に夢の中で1位選手のくじを引き当てていたことを明かした。

藤田監督が原辰徳を、長嶋監督が松井秀喜を引き当てたのは、球団史に残る名場面。今回はその再現を期待しているという。

「監督は連敗しているんでしょ。嫌だ嫌だと言っているけど、監督じゃなきゃダメと言っている」と、既に本人に打診済み。「絵になるじゃないですか、監督が手を上げて。たぶん大丈夫です」と、交渉権獲得に自信を見せた。

原監督は08年に大田泰示をソフトバンクとの2球団競合で引き当てたのを最後に5連敗中で、通算1勝10敗。球団としても、11年に外れ1位で松本竜也投手を引き当てたのを最後に8連敗中だ。

今年のドラフト抽選の順番は、前日の25日時点の順位が下の球団からでパ、セの順番。つまり、首位独走の巨人が残りくじとなることが決定的だ。

この日は、原監督も指名候補選手の映像を確認したという。万が一、抽選を外した場合は即戦力投手の方針だが、まずは佐藤を当てることを願うのみだ。

佐藤は今秋のリーグ戦で、近大OBの巨人・二岡智宏3軍監督が持っていた関西学生リーグ(82年春以降新リーグ)記録の通算13本塁打を塗り替え、リーグ新記録の14本塁打をマーク。今ドラフトの目玉となる左の大砲の獲得を、原監督に託す。



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

羽田慎之介(八王子)、巨人「素材的にすばらしい」

2020年10月20日

日刊スポーツwebsiteより (source)

羽田慎之介(八王子学園八王子高・投手)
191cm・左投左打・動画

八王子学園八王子のプロ注目左腕・羽田慎之介投手が8回4安打3失点10奪三振の投球で初戦突破に貢献した。191センチの長身と長いリーチから投じられる伸びのある直球が武器。この日は与四死球8とやや制球にばらつきこそあったが、最速144キロをマーク。潜在能力の高さを感じさせる投球だった。

スタンドで視察した巨人・青木スカウトも「素材的にすばらしい。楽しみしかない。直球とフォームが阪神・及川と似ている。体幹など身体が強くなればもっと良くなると思う」と評価した。

安藤徳明監督は「こんな身長がある子も、こんな力がある球を投げる子もそうはいない。ただ制球をはじめ細かいところはまだまだ。身体ができていないので今は小さくまとまらず、完成してからと思っています」とエースの潜在能力の高さと現状の課題を話した。

羽田は「先頭を出してしまって流れを持っていかれた。四死球も多かった。まだこれからとはいえ、もう2年秋なので焦りもあります」と話した。

(10月19日 東京大会1回戦 八王子学園八王子 11―3 都富士森)



羽田君は現在2年生で来年のドラフト候補です。ピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 06:42|この記事のURL

清宮福太郎(早稲田実)、巨人「振る力ある」

週刊ベースボールONLINEより (source)

清宮福太郎(早稲田実高・外野手)
182cm・右投右打・動画

東京都秋季大会が10月18日に開幕。シード校の早実は、修徳との1回戦を9対2の7回コールドで制した。「内容としては、コールドで勝ったのかな、と・・・。気を引き締めていきたい」。試合後にこう語ったのは早実の主将・清宮福太郎(動画)だ。

強豪校同士の対決を前にして、和泉実監督は「プレッシャーをかけてきた」。このヤマ場と位置付けた初戦で快勝したにもかかわらず、なぜ、キャプテンからは反省ばかりが口をついたのか。

「ガチガチで・・・。力が入ってしまって、周りの皆に助けられました」。9月20日のブロック予選(対中大杉並)でも主将、また、最上級生としての「重圧」を語っていたが、本大会はまた、別物だった。

「あのときは自分たちのグラウンド(王貞治記念グラウンド)だったので、練習試合の感覚だったんですが、(今日は)球場も違うので・・・」

早実は昨秋の東京都大会(ブロック予選)を出場辞退(複数部員による問題行動)しており、今春は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大会が中止。そして、今夏の東京都高野連主催の独自大会(西東京)は無観客試合で行われた。

つまり、清宮にとって有観客での公式戦は1年夏以来で、平常心で臨むのは難しい状況にあったのだ。

「四番・一塁」で出場した第1打席は、二死二塁から見逃し三振。相手投手のスライダーに、バットが出なかった。力んでしまい、体が固まってしまったようだ。「いつもの打撃ができてない。地に足を着けて野球をやろうと思った」。

第2打席では外角のスライダーを、中前へ運ぶタイムリー。「振ってはいけないボール球ですが食らいついていきました」。早実で主将を務めた兄・幸太郎(日本ハム)譲りのパワーヒッターの印象だが、うまさも見せた。

早実・和泉監督も「飛ばせるツボを持っているが、しぶとさもある。キャプテンの1本は、チームとしても勇気づけた」と評価。主将としても「兄ちゃんとは違う良さがあり、バランスも取れている」と、名門校を背負うチームの顔として認める。

ネット裏で熱視線を送った巨人・青木スカウトは「振る力、飛ばす力がある。この特長を今後、どう伸ばしていくのか。夏の本塁打(対八王子、西東京大会1回戦)も視察していますが、後ろ姿を見ても(兄と)雰囲気は似ていますね」と目を細めた。



清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:41|この記事のURL

古川裕大(上武大)、巨人「バットコントロールいい」

2020年10月19日

デイリースポーツwebsiteより (source)

古川裕大(上武大・捕手)
184cm・右投左打・動画

今秋ドラフト上位候補の上武大・古川裕大捕手(動画)が、阪神など7球団のスカウトらの前でユーティリティーぶりを発揮した。

3年時に侍ジャパン大学代表に選出されるなど大学屈指の扇の要ながら、六回からマスクを脱いで遊撃へと守備位置を変更。打球は飛んでこなかったが、「内野を守れる準備はできている」と持ち味をアピールした。

左打ちの好打者としても2安打1打点と存在感を放った。五回2死二塁では、「スライダーを張って、真っすぐに対応できた」と一時勝ち越しとなる右翼越え適時二塁打。

視察した巨人・榑松スカウト部次長は「バットコントロールがいい。キャッチャーを守れて内野も守れるのは希少な存在」と評価した。

(10月18日 関甲新学生野球 平成国際大 5-3 上武大)



古川君のスカウト評はこちら

古川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:55|この記事のURL

田和廉(早稲田実)、巨人「来年楽しみな存在」

デイリースポーツwebsiteより (source)

田和廉(早稲田実高・投手)
182cm・右投右打・動画

4年ぶりのセンバツ出場を狙う早実が秋季東京都大会の1回戦に登場し、甲子園出場8回を誇る修徳相手に7回コールド勝ちを収めた。主将で日本ハム・清宮幸太郎の弟、清宮福太郎内野手が4打数1安打1打点の活躍。エースの田和廉投手(動画)も7回2失点の好投を見せた。

4番・一塁でスタメン出場した清宮は1打席目は見逃し三振。2打席目では外角に逃げる変化球に泳がされながらも中前に適時打を放ったが、「あれは本当は振っちゃダメ。自分が初戦ということで力が入っちゃって、周りのみんなが助けてくれたという印象です」と頭をかいた。

最上級生となり、今夏からは、かつて兄も担った主将の大役を任された。この日も攻撃時にはベンチから味方に的確な指示を出し、和泉監督も「いいと思いますよ。お兄ちゃんと違う感じでね。よくみんなを見てうまくバランスを取ってくれてる」と評価。存在感はさらに高まっている。

先発したエースの田和も「少しずつ状態が上がっていった」と3安打8奪三振のピッチングで修徳打線を寄せ付けなかった。視察した巨人・青木スカウトも「真っ直ぐ、変化球ともにしっかり腕が振れている印象。体に力がついてきたら楽しみな存在」と語った。

次戦は24日・郁文館戦。和泉監督も「投打の要」と信頼を寄せる二人の活躍もあり、名門が順調な滑り出しを切った。

(10月18日 東京大会1回戦 早稲田実 9-2 修徳)



田和君は現在2年生で来年のドラフト候補です。ピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:53|この記事のURL


ドラフトニュース検索