ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
巨人

巨人ドラ1・鍬原、2軍デビューで149キロ計測

2018年04月20日

4/20、スポーツ報知2面より

2017巨人ドラフト1位 鍬原拓也
中央大・投手・動画

上半身のコンディション不良で出遅れていた巨人のドラフト1位・鍬原拓也投手(動画)が、公式戦デビューを果たした。イースタン・リーグ、ロッテ戦に先発し、4回1/3を91球、3安打、3四死球、4失点(自責2)。最速149キロをマークし、4者連続を含む7奪三振。1軍昇格へまた一歩前進した。

鍬原がマウンドに立ちはだかった。2点ビハインドの3回。3番から始まるロッテ打線を斬りまくった。「落ちる系のボールを試してみたかった」と2回以降から右打者にはスプリット、左打者にはシンカーを駆使。3番・細谷、4番・ドミンゲス、5番・大嶺翔をスプリットで、続く4回は先頭の肘井をシンカーで、すべて空振りで4者連続三振を奪った。

初の公式戦マウンド。「まず楽しもうと思った」と挑んだ初めての公式戦。もちろん緊張はあった。立ち上がりは直球を軸とし制球に苦戦。先頭から連打を許し無死一、二塁、投ゴロを捕球し二塁へ悪送球。二塁走者が一気に生還し先制点を献上するなど初回は3失点とした。

だが、2回以降は冷静に切り替えて安打を一本も許さず。5回は先頭から2者連続で四球を与え、2番・高浜を犠打失敗に打ち取ったところで交代。温かい拍手が背番号29を包みこんだ。「緊張してるからといって自分の失策、被安打で失点してしまった。上に行ったら通用しない。緊張感ある中で結果を残さないと」

今回は球数制限もイニング制限もなし。「現状は大丈夫。ここから1年間投げてどうなるか」と右腕。プロ相手に投げるスタミナがあるか不安を漏らすこともあったが、5回まで球速は145キロをマーク。戦う基盤は整いつつある。

斎藤投手総合コーチは「段階を踏んでいるのでこちらは非常に期待している。いい調子になって1軍に呼べる状態になれば」と今後に期待を寄せる。91球を投げ、最後まで球のキレや球速も落ちなかった。28日からの9連戦での1軍デビューに向け、更に可能性は広がった。

だが鍬原は現状に満足していない。「これが自分の実力かと思った。もう一踏ん張りでき、先発して5回を投げきれないと。同じ失敗は繰り返したくない」。次戦は順調にいけば、24日の同リーグ、ヤクルト戦3連戦中になる。夢の舞台へ、始まったばかりだ。

(4月19日 イースタン・リーグ 巨人 4-4 ロッテ)



下は2017ドラフトで巨人が指名した選手です。1位・鍬原君のスカウト評はこちら

巨人の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位鍬原 拓也中央大投手
2位岸田 行倫 大阪ガス捕手
3位大城 卓三NTT西日本捕手
4位北村 拓己亜細亜大内野手
5位田中 俊太日立製作所内野手
6位若林 晃弘JX-ENEOS内野手
7位村上 海斗 奈良学園大外野手
8位湯浅 大健大高崎高内野手
育1比嘉 賢伸 盛岡大付高内野手
育2山上 信吾常磐高投手
育3笠井 駿東北福祉大外野手
育4田中 優大羽黒高投手
育5広畑 塁 立正大捕手
育6小山 翔平関西大捕手
育7折下 光輝 新野高内野手
育8荒井 颯太 関根学園高外野手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

草薙柊太(国士舘)、巨人「下柳さんに似ている」

2018年04月17日

4/17、デイリースポーツ6面より

草薙 柊太 (国士舘高・投手)
177cm・左投左打・動画

国士舘のプロ注目の左腕・草薙柊太投手が公式戦初先発し、6回2安打無失点と好投した。「チェンジアップを有効に使えました」と、この春から本格的に操る新兵器と直球のコンビネーションで打者を幻惑。巨人・青木スカウトは「独特な肘の使い方で打者にとっては見づらい。下柳さん(元阪神など)に似ている」と評価した。

(4月16日 東京大会4回戦 国士舘 7-4 二松学舎大付)




草薙君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブにアップお願いします。

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

また炎上、メジャー帰りの上原(巨人)どうなる?

4/17、夕刊フジ27面より

1998巨人ドラフト1位 上原浩治
大阪体育大・投手・23歳

10年ぶりに巨人に復帰した上原浩治投手(1998巨人1位)が、15日の広島戦で2試合連続の大炎上。これまでメジャーから古巣に帰ってきた守護神たちと同じ運命をたどるのか。

前回10日の横浜DeNA戦で3失点して初黒星を喫して以来、中4日での登板。雪辱のマウンドは失意に終わった。同点の7回、快調に2死を取り修正に成功したかに見えたが、菊池に高く浮いたフォークを痛打され勝ち越しソロを被弾。「腕の振りが鈍かった。実力不足です」

さらに四球を挟み、今度は高めの直球を思い切り引っ張られ、2者連続の適時二塁打でまたも3失点。「フォークを狙われているのが分かっているので、真っすぐを入れながら多少(捕手のサインに)首も振ったが、投げきれなかった」

自身の不調を「急ピッチで1カ月で仕上げたこともあり、どうにかして疲れを取らないと」と分析するが、ファームでの再調整は見送られた。試合後には斎藤投手総合コーチから「今後こういう厳しい場面で使うのは厳しい」と通達され、登板6試合目で勝利の方程式から降格。「4、5回とか早めに(肩を)つくることもあるでしょうね」と受け止めた。

球界を代表する守護神としてメジャー挑戦後、日本に戻ってからも勝ちパターンの継投を担えた例は少ない。阪神・藤川球児投手は現在、敗戦処理などブルペンの“便利屋”として汗をかいている。

日米通算381セーブの「大魔神」こと佐々木主浩は2004年、日本人選手では歴代最高年俸6億5000万円で横浜(現横浜DeNA)に復帰。再び守護神を任されると、球速は衰えても代名詞のフォークと“名前”で春先は抑えたが、8月に救援失敗が続いて2軍に落ち、そのままシーズンを終えた。翌05年は開幕から精彩を欠き、4月中に2軍落ち。8月に現役引退を表明した。

上原を待ち受けるのはどんな運命か。藤川と佐々木の復帰時は36歳のシーズンで、43歳の大ベテランにはさらに険しい道もあり得る。チームは5勝10敗と苦しい滑り出し。レジェンドの帰還にわいた半月前とは打って変わって、重苦しい空気が流れている。



下は1998ドラフトで巨人が指名した選手です。上原浩治は1位指名入団。プロでの成績はこちら

巨人の1998ドラフト指名選手
1位上原 浩治大阪体育大投手
2位二岡 智宏近畿大内野手
3位加藤 健新発田農高捕手
4位安原 政俊中央学院高投手
5位酒井 純也矢上高投手
6位玉峰 伸典王子製紙春日井投手
7位進藤 実NTT東北投手
8位高野 忍中山製鋼外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

巨人高卒4年目・岡本が快進撃、覚醒した理由は?

2018年04月14日

週刊現代 4月21日号より

2014巨人ドラフト1位 岡本和真
智弁学園高・内野手・スカウト評

「去年までは、たまに出番があっても2軍落ちを恐れてか、小さくまとまっていた。それが今年は、持ち味の大きなスイングをキープできている。ついに目覚めたか、という感じですね」(巨人OBの柴田勲氏)

巨人の4年目、岡本和真(2014巨人1位)の快進撃が止まらない。阪神との開幕カードで2戦連発のホームランを打ち話題をさらうと、その後も好調をキープしている。

智弁学園高校時代には通算73本塁打を放ち、2014年にドラフト1位指名された逸材だったが、なかなか結果が出ず、一軍と二軍を行き来する日々が続いていた。ところが、今季のオープン戦に入ると一転、4本塁打、15打点と大爆発し、一気にレギュラーの座を確保。この大砲覚醒のカゲには、ある選手の教えがあった。

「おかわりくんこと、西武の中村剛也です。伸び悩みに焦った岡本は、知人を介してパ・リーグを代表する長距離砲である中村に合同自主トレを打診。中村が快諾して、12月に二人だけの練習が行われました」(スポーツ紙巨人担当記者)

迷える岡本に対し、中村は「打球が上がらないと、本塁打は打てない。息の長い打球を打てるようになれ」と、手取り足取りスイングのコツを伝授したという。

「それまで、巨人でコンパクトな打撃ばかりを求められてきた岡本にとって、正反対の指導は目からウロコだったのでしょう。教わったことをもとに、その後もバットを振り込んでフォームを固めました。結果、本人が驚くほどに飛距離が伸びた」(前出・巨人担当記者)

短期間で、見違えるほどの大変身。岡本としては「おかわり塾」サマサマといったところか。「体格とセンスは十分。このままいけば毎年30本塁打は固い逸材ですから、はやくクリーンアップを担うようになってほしい」(前出・柴田氏)。師匠の教えを胸に、岡本は今日も打つ。




下は2014ドラフトで巨人が指名した選手です。1位指名・岡本和真のスカウト評はこちら

巨人の2014ドラフト指名選手
1位 岡本 和真 智弁学園高 内野手
2位 戸根 千明 日本大 投手
3位 高木 勇人 三菱重工名古屋 投手
4位 田中 大輝 国学院大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:34|この記事のURL

相川亮太(館山総合)に6球団、巨人・ソフトB評価

2018年04月13日

4/13、日刊スポーツ4面より

相川 亮太 (館山総合高・投手)
182cm・左投左打・動画

全国的には無名の千葉の大型左腕が、一躍注目を浴びた。春季千葉大会の地区予選2回戦に登場した館山総合・相川亮太投手が、6球団のスカウトが視察する中、6回から登板し、4回1失点の好投。最速135キロの直球、カーブ、スライダー、チェンジアップで大多喜打線を抑え込み、6-3で勝利に導いた。

「ボールが多かった」
と反省したが、182センチの長身で角度は十分だった。エンゼルス・大谷に憧れる左腕は、潜在能力の高さをバットでも示した。一時勝ち越しの右前適時打を含む2安打、1打点。一塁到達タイムは4秒05と走力もアピールした。

昨秋の県大会では八千代松陰を相手に、12回を3失点。延長でサヨナラ負けしたが、プロ注目の清宮虎多朗投手と堂々と投げ合った。巨人・吉武スカウトは「長身で脚力があるので、球速が上がれば楽しみ」と評価すれば、ソフトバンク・福元スカウトは「左の大型左腕ですから、将来的に楽しみな投手」と評した。

新入部員は9人ほど入る見込みだが、この日は2、3年生10人がベンチ入り。そのうち3人は野球経験者だが、野球部ではなく、基本的に7人で練習に励んだ。「人数が少ない分、打撃を数多くした」。地区予選を突破し、県大会出場を決めた左腕は「直球がどこまで通用するか、勝負したい」と意気込んだ。

(4月12日 春季千葉大会 館山総合 6-3 大多喜)



相川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索