ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

巨人

巨人、30億円補強もオープン戦最下位に

2017年03月27日

3/27、サンケイスポーツ4面より
九回二死、代打・石川が二ゴロに倒れて試合が終わると、ファンからはため息がもれた。最終戦を飾れず、巨人は9年ぶりの最下位が決まった。「若い選手は力が足りない部分が多い。もっともっと頑張ってほしい」。高橋監督が淡々とオープン戦を総括した。

調整時期のため、勝利にこだわる采配をしてきたわけではない。乱調の投手を続投させたり、若手野手を積極的に起用したりと試行錯誤した。ただ、最下位の理由はある。

(1)補強選手の出遅れ
昨季終了後はFAで史上最多となる3人の同時獲得に踏み切るなど、総額30億円の補強を行った。山口俊はキャンプ前に右肩違和感を、陽岱鋼は宮崎キャンプで下半身の張りを訴え、1軍昇格は1度もなかった。

(2)若手のアピール不足
野手では宇佐見、岡本、重信、柿沢、辻、吉川大らを我慢強く使い続けたが、レギュラー組を追い落とす勢いはなし。この日、無安打の岡本は「打たないといけない」とうなだれた。

(3)WBC組の不在
主将の坂本勇、エースの菅野、正捕手の小林の3人を欠いた。指揮官は「坂本勇中心のチーム」としており、坂本勇不在は特に大きかった。

打率が2割を切る阿部、村田らベテランについては「公式戦はまた違うのかな」と信頼を口にした高橋監督。「最終的に勝てればいい」という指揮官のメッセージが選手の心に届くか。シーズンの命運はそこにかかっている。

(3月26日 オープン戦 ロッテ 2―0 巨人)

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)、中日・巨人が高評価

2017年03月26日

3/26、日刊スポーツ3面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

最強復活の予感が漂う。大阪桐蔭「ミレニアム世代」が、甲子園にデビューした。2000年(平12)生まれの新2年5人がスタメンに名前を連ねた打線。

1番・藤原の左中間二塁打で、初回5点の猛攻は幕を開けた。5番・根尾(動画)が2点適時打で続いた。5回には3番・中川が二塁ゴロで10点目を奪い、9回は3番手投手の柿木がチーム最速143キロ速球で締めた。

そしてチームの世代1号は、6番・山田だった。4回2死二塁。弾丸ライナーが左翼スタンドへ一直線に伸びた。「素直にうれしい。3月のオープン戦は調子がよかったので」という言葉を証明する年明け5本目の高校8号。元4番の成長のアーチだった。

14年センバツ4強の豊川(愛知)の左翼手だった兄・大地さんを見て、甲子園の活躍に憧れた。同年夏全国制覇の大阪桐蔭に進み、昨秋近畿大会1回戦は同学年でも最速で4番に座った。だが重責に技術がついていかず、無安打。出場機会を失った。

復活をかけたこの冬。右手をかぶせてバットのヘッドを立てるフォームで「強い球に負けない打ち方を身につけ、タイミングの取り方も変えました」。強打者がよみがえった。

さらにプロの目をくぎ付けにしたのが根尾だ。「瞬発力があるしバネがすごい」と中日・中田スカウト部長が声を上げ、巨人・岡崎スカウト部長は「ポテンシャルが高いね」。

古川中時代は山田と中日本選抜で中軸を組み世界大会に出場したが、アルペンスキー回転でも全国制覇し世界大会を経験した異次元の「二刀流」。1安打2打点の結果、4回に中飛ながらバックスクリーンぎりぎりまで飛ばした打力、遊撃と中堅を守りきった守備力で才能を証明しても「まだ結果を残せていない。みんながライバル」と表情を引き締める。

試合前、福井主将から「2年はどんどん行けよ」と背中を押された。先発の2年全員で健闘を誓い、ベンチ裏で拳を当て合った。ミレニアム世代で6打点。来夏、100回大会に向けて、甲子園の主役に躍り出た。

(3月25日 センバツ高校野球大会 大阪桐蔭 11―0 宇部鴻城)




根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:35|この記事のURL

巨人スカウト部長のドラフト候補総括(2017選抜)

3/26、スポーツ報知6面より
25日で全32校が登場した。今秋ドラフトや、将来有望な選手として注目された逸材を、視察した巨人・岡崎郁スカウト部長に聞いた。


「やっぱり印象に残ったのは早実の清宮幸太郎(動画)履正社の安田尚憲(動画)ですね。彼らは技術だけじゃなくて、パワーもある。体もできている。今年のドラフトに関していえば、大学、社会人を含めてもAランクといっていいと思います。

ピッチャーでは、左腕なら日大三の桜井周斗(動画)秀岳館の川端健斗(動画)。右は東海大市原望洋の金久保優斗(動画)に将来性を感じました。桜井は、履正社・安田から3連続三振を奪ったスライダーのキレ。金久保は180センチと背も高いし、スライダーも良かった。

他には、この日も好投した履正社の竹田祐(動画)福岡大大濠の三浦銀二(動画)熊本工の山口翔(動画)も、今後が楽しみな存在です。

野手では作新学院の鈴木萌斗(動画)に、ホームランが出ればサイクル安打だった作新学院の中島淳(動画)呉の新田旬希(動画)も、伸びしろがあると感じましたね。仙台育英の尾崎拓海大阪桐蔭の岩本久重の両捕手を、故障で見られなかったのは残念でした。

今年のセンバツは全体的に見て、技術はあるけど、体ができていない選手が多い印象です。これから練習を積んで体力をつけて、いい素材たちがどう成長していくのか、夏に見るのが楽しみです」



draftkaigi at 07:21|この記事のURL

巨人ドラ4・池田駿が1軍に昇格、中継ぎ起用有力

2017年03月25日

3/25、スポーツ報知5面より

2016巨人ドラフト4位 池田駿
ヤマハ・投手・動画

巨人のドラフト3位右腕・谷岡竜平投手(動画)が24日、同4位左腕・池田駿投手(動画)とともに救援でのフル回転を誓った。25日のロッテ戦から池田が1軍に再合流。人気デュオ「タッキー&翼」ならぬ「タッペイ&駿」が、勝利の方程式をより強固にする。

谷岡はオープン戦6試合で5回2/3を1失点。最速150キロの直球、スライダー、フォークを操り「変化球は通用している。任されたところでやるだけ」と意欲。池田はイースタン戦に中継ぎとして2試合登板し「左打者にも右打者にも、カウントを取るのにも決め球にも使える」とカットボールなどに自信を深めている。

6、7回を投げることが想定される山口鉄、森福、田原が合わせて防御率7.90。東京Dで調整した谷岡は「2人で切磋琢磨して投げられれば」と両腕そろっての活躍を意気込んだ。




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 08:08|この記事のURL

清宮幸太郎(早実)、巨人・中日など6球団の声

3/25、スポーツニッポン1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

1回戦3試合があり、早実は明徳義塾に延長10回の末に5―4で逆転勝ちした。1点差とした9回2死一塁、清宮幸太郎内野手(動画)が次打者で控えた場面で相手投手が失策。打席では四球を選んで同点につなげた。

▼巨人・岡崎スカウト部長
「高校生の中に一人だけプロが交ざっているみたい。特にスイングスピードの速さは抜群」

▼中日・中田スカウト部長
「何か持っているよね。いろんな意味で相手に重圧をかけている。一つ間違えたら本塁打になってもおかしくない打席もあった」

▼DeNA・吉田スカウト部長
「構え、リスト、全てが理想的な打ち方をしている」

▼広島・苑田スカウト統括部長
「9回、あそこで打順が巡ってくるんだからやはり何か持っていますよね」

▼オリックス・長村球団本部長
「一段とたくましくなったように感じるし、高校生離れした打球ですね」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「反応の良さとミートの良さは非凡なものがある」

(3月24日 センバツ高校野球大会 早稲田実 5―4 明徳義塾)




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:44|この記事のURL

ドラフトニュース検索