ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
巨人

巨人の話題の新人、田中千晴(国学院大)

2023年01月24日

1/24、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2022巨人ドラフト3位 田中千晴
国学院大・投手・動画

巨人ドラフト3位指名の田中千晴投手(動画)は順風満帆の野球人生だったらプロ野球選手になっていなかった。「野球エリートではなかった」。大学で野球を続けたのも、敗北がきっかけだった。

「高校でやめようと思っていたんですけど、最後の夏の大会でめちゃくちゃ悔しい負け方をした。後味が悪いというか、やりきれている感じがなかった」

浪速高3年時の南大阪大会。2回戦で三国丘に1―4で敗れた。4失点に「僕のせいで負けた」。不完全燃焼の夏が、野球熱を強くさせた。「東京で勝負したい」と指定校推薦で東都1部の強豪・国学院大に進学。ただ、スポーツ推薦のセレクションには落ちていた。

「いろんなことに興味があった。最初からうまかったら、続けていなかったかもしれない」と笑う。

最初の習いごとはピアノ。幼稚園の年少から年長まで続けた。小1からは水泳を始め、体育の授業ではバスケットボール、バレーボール、サッカーなど、どの種目でも活躍した。「小学校ではとにかく遊んでいた記憶しかない」。右腕が野球を続けたのは、伸びしろに「期待できた」からだった。

父・康雄さんはトランペットをたしなみ、母・三知代さんが電子オルガンの先生という音楽一家で育ち「中学校の時は、週に3回ぐらい朝並んでカラオケに行って、7、8時間歌っていた」という。入寮時にはギターを持ち込み、秦基博の「ひまわりの約束」を熱唱した。人前でも堂々と歌える強心臓の持ち主。お立ち台でのミニライブも目標の一つだ。

プロ野球選手らしくないとも言える道を歩んできた最速153キロの個性派は「自分を成長させるのが好き」。誰とも似ていない成長曲線を描き続ける。



下は2022年ドラフト会議で巨人が指名した選手です。3位指名・田中千晴のスカウト評はこちら

巨人の2022ドラフト指名選手
1位 浅野 翔吾 高松商高 外野手
2位 萩尾 匡也 慶応大 外野手
3位 田中 千晴 国学院大 投手
4位 門脇 誠 創価大 内野手
5位 船迫 大雅 西濃運輸 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

巨人の2023ドラフト補強ポイント

2023年01月21日

週刊ベースボール1月30日号「2023補強ポイント」より
ここ数年は昨年の大勢をはじめ、山崎伊織、堀田賢慎、平内龍太などの若手投手陣を獲得。そして昨秋は甲子園のスターである浅野翔吾、即戦力の期待も高い萩尾匡也ら将来が楽しみな野手陣の獲得にも成功した。

投打にバランスの良い補強が進んでおり、今年の戦いぶりも加味しながら補強ポイントを明確にしていく。



巨人の歴代ドラフト指名選手とプロ入り後の成績はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

巨人とソフトバンク、育成選手大量指名の影響

2023年01月18日

1/18、日刊ゲンダイ27面より
またひとり増えた。16日、巨人がDeNAを戦力外になった三上朋也と育成契約。入団会見で三上は「いち早く支配下を勝ち取り、初心に戻って巨人で自分のポジションをつくっていけたら」と意気込んだ。

そうは言っても、巨人での支配下契約は容易ではない。現在、育成選手はなんと47人。巨人は昨秋、「年俸2億円の梶谷隆幸や元ドラフト1位の高橋優貴、平内龍太ら大量11人を育成契約に切り替えた。補強に備えて枠をあけるための『支配下外し』が疑われ、物議を醸しました」(マスコミ関係者)。

その影響で現在、支配下選手は57人。上限の70人まで13人分の枠が残されているとはいえ、育成選手が支配下を勝ち取る倍率は約3.5倍の「狭き門」だ。

だが、その上をいくのがソフトバンクである。球界初となる四軍を設置し、昨秋のドラフトでは両リーグ最多となる14人の育成選手を指名。大量指名の影響で、育成選手は54人に膨れ上がった。

と同時に、FAで日本ハムから近藤健介やDeNAから嶺井博希など大補強を敢行したため、支配下枠は残り3。育成選手の支配下入り倍率は、実に18倍になっている。

千賀滉大(現メッツ)や甲斐拓也の出世でソフトバンクは育成に定評があるといわれてきた。が、2020、21年で育成指名を受けた計22選手のうち、支配下登録をもぎ取ったのは1人だけだ。門戸はほぼ閉じていると言っていい。



巨人にドラフト指名された選手のプロ入り後の成績はこちら

ソフトバンクにドラフト指名された選手のプロ入り後の成績は
こちら

draftkaigi at 06:53|この記事のURL

巨人1位・浅野翔吾、原監督「スーパーボールみたい」

2023年01月15日

1/15、スポーツ報知3面より 

2022巨人ドラフト1位 浅野翔吾
高松商高・外野手・動画

黄金ルーキーの元気な姿が目に留まった。原監督は浅野翔吾(動画)の動きを初めて生チェック。

G球場の外野天然芝を軽快に走る姿を見て、「非常にピチピチしているよね。若アユのごとくね。我々の時代スーパーボールってあったんだよな。ドラゴンボールのような。ドラゴンボールとスーパーボールは全然違うけどね。何かこう『パンパン!』と、そういう印象ですね。デレッとしてない」と笑った。

スーパーボールはゴム製で弾力があり、地面に投げると高く跳ね上がる。筋肉隆々の浅野は171センチ、90キロのムチムチした体格で身体能力が高く、スピードもある。

ひげの濃さなどから高校時代に「おっさん」と称された18歳だが、反発力の高い玩具を連想させる身のこなしが、原監督には若々しく輝いて映った。昨年11月23日のファンフェスタ(東京D)以来の対面。グラウンド上で2人で会話する場面もあり「元気そうだな」と声をかけたという。

練習前には、左翼の定位置付近で浅野を含めた新人14選手に訓示。「一番大事なのは全力で投げる、全力で走る、全力で振れるということ」と金言を送った。

その真意は「野球選手にとって単純なようだけど。晩年、全力で投げることを怖がる、走ることを怖がる、振ることを怖がる状況になると、引退という状況になる」。常に「全力」を念頭に置いて日々のトレーニングに臨むことを求めた。

高校通算68本塁打、球団史上初の高校生外野手1位指名で、自らドラフトでくじを引き当てた金の卵。新人合同自主トレ2日目のこの日も、ティー打撃で豪快なスイングを披露するなど順調だが、「地に足をつけて背伸びすることなく、一歩一歩というところは非常に重要。我々も1、2、3という形で一つ一つ積み立てるような見方をしながら彼を育ててきたい」と焦らせない方針を強調した。

プロ野球の第一歩となる練習を視察し、「少々、高松から出てきて寂しいかもしれないけど、元気そうで安心しました」。躍動感あふれる「スーパーボール浅野」の伸びしろに期待を膨らませた。



下は2022年ドラフト会議で巨人が指名した選手です。1位指名・浅野君のスカウト評はこちら

巨人の2022ドラフト指名選手
1位 浅野 翔吾 高松商高 外野手
2位 萩尾 匡也 慶応大 外野手
3位 田中 千晴 国学院大 投手
4位 門脇 誠 創価大 内野手
5位 船迫 大雅 西濃運輸 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

藤本竜輝&谷脇弘起(立命館大)、巨人スカウト視察

2023年01月12日

1/12、スポーツニッポン4面より
関西学生野球連盟の立命大が11日、今年の練習始めを迎え“最速150キロ超コンビ”が今秋ドラフト1位でのプロ入りへ意気込んだ。

154キロ右腕の藤本竜輝(動画)は「真っすぐだけでは打たれる。変化球の精度を上げたい」と話し、昨年12月の侍ジャパン大学代表候補合宿に参加した151キロ右腕の谷脇弘起(動画)は「スライダーは自信になった。平均球速を上げたい」とうなずいた。

15年ドラフト1位で巨人に入団したOBで、今年から巨人のスカウトを務める桜井俊貴氏もあいさつに訪問。先輩の熱視線を励みに創部100周年のメモリアルイヤーを優勝で飾ってみせる。



藤本君のピッチング動画はこちら

谷脇君のピッチング動画は
こちら

draftkaigi at 06:54|この記事のURL


ドラフトニュース検索