ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

巨人

巨人ドラ2・畠世周、2軍で152キロデビュー

2017年05月01日

5/1、スポーツ報知1面より

2016巨人ドラフト2位 畠 世周
近畿大・投手・動画

巨人のドラフト2位・畠世周投手(動画)が、大物感たっぷりの2軍デビューを飾った。30日の阪神とのファーム交流戦に先発し、最速152キロで5回3安打、無失点。昨秋に受けた右肘手術から順調な回復を見せ、1軍戦前にテレビでチェックした由伸監督も期待を膨らませた。

今後は2軍戦で球数を増やしていく予定だが、1軍先発陣の状況次第では、前半戦中に1軍昇格を果たす可能性も十分にありそうだ。

糸を引くような真っすぐが捕手のミットに収まった。畠の剛腕がうなりを上げた。「自分は直球中心(の投手)だと思う。直球中心で押していけた」。両軍無得点の3回2死三塁のピンチで4番・陽川と対峙した。カウント2―2からの5球目、149キロの直球で空振り三振を奪った。「ヨッシャー!」と右拳を握り、ガッツポーズ。

普段は物静かな性格の男が、初の公式戦マウンドで心を熱くした。全79球中、直球は約50球。最速は152キロを計時した。直球はほとんどが140キロ台後半で150キロ超は6球。5回の最後の打者相手に148キロを出すなど威力は落ちなかった。

走者を出してからも落ち着き払っていた。2、3、5回に安打を許し、3度、得点圏に走者を背負ったが最後は全て直球を投じ苦境を乗り切った。2四死球を与えたが、5回3安打無失点、5奪三振と堂々のデビュー。「先輩方に声をかけていただいたりして冷静になれた」と周囲へ感謝を忘れなかった。

昨秋に受けた右肘手術から完全復活への過程とあって、球数を考慮されて降板したが「もう少し投げられそうだった」と余力を残しての快投だった。

この日は“伝統の一戦”。2軍とはいえ、両軍のファンがスタンドを埋め尽くした。2回1死一、二塁の場面では大山に死球を与えてヤジも浴びたが「関西(の大学)で慣れていたので大丈夫でした。鳴り物の音が大きいなとは思った」とケロリ。強心臓ぶりも見せつけた。

右肘手術後は「全てに意味がある」と、プラス思考で地道なリハビリに取り組んできた。プロ初登板は4月2日のオリックス2軍戦で、3軍の一員として、非公式試合にあたる交流戦で自己最速の155キロをマーク。さらに同15日のプロ・アマ交流戦、NTT東日本戦でも2回1失点ながら154キロを出すなど、潜在能力の高さを見せた。

斎藤2軍監督は「ホレボレするね。公式戦初登板の相手が阪神だったけど、全く動じることはなかった」とベタ褒め。ナイターのヤクルト戦前にテレビでチェックしていた由伸監督も「楽しみだね。まだ焦らせる必要はないから、徐々にね」と期待を膨らませた。

順調にステップアップすれば前半戦中の1軍デビューも十分。現状、1軍の先発は菅野、大竹寛、宮国、マイコラス、田口、内海の6人だが、故障者や不調の投手が出れば、さらに昇格が早まる可能性もありそうだ。「ゼロに抑えれば負けはない。負けない投球を続けたい」と畠。強烈な輝きを放つ新星が現れた。

(4月30日 ファーム交流戦 阪神 10―0 巨人)




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。2位・畠君のスカウト評はこちら


巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:42|この記事のURL

岡田和馬(近畿大)に4球団、巨人「能力高い」

5/1、サンケイスポーツ6面より

岡田 和馬 (近畿大・投手)
182cm・左投左打・動画

2回戦2試合が行われ、近大が2―1で関学大に連勝し、勝ち点を4に伸ばした。先発したプロ注目のMAX147キロ左腕、岡田和馬投手(動画)は7回を6安打、1失点(自責0)。近大は第7節の京大戦で勝ち点を挙げれば、8季ぶり45度目の優勝が決まる。

近大の岡田は七回に失策がからんで失点したものの、その1点だけで踏ん張ると八回に味方が逆転。勝ち投手となったが、「きょうは投げ切ろうと思った。代えられて悔しかった」と唇をかんだ。この日の最速は143キロで、プロ4球団が視察。巨人の益田スカウトは「要所を抑えている。能力が高い。順調にきている」と評価した。

チームは第7節の京大戦で勝ち点をとれば8季ぶりの優勝が決まる。2014年春に就任した田中秀昌監督は「優勝が見えたとは全然思っていない。京大さんはあなどれない」と、かぶとの緒を締めた。

(4月30日 関西学生野球 近畿大 2―1 関西学院大)




岡田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:08|この記事のURL

中日ドラ1・柳裕也が2軍初勝利、視察の巨人も称賛

2017年04月30日

4/30、中日スポーツ2面「ファーム竜情報」より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

中日のドラフト1位・柳裕也投手(動画)が29日、ウエスタン・リーグのオリックス戦でプロ入り2度目の登板。先発で5イニング、83球を投げて3安打、8奪三振、1四球の無失点に抑え、2軍戦ながらプロ初勝利を挙げた。試合は7回途中で降雨コールドゲームとなり、中日が6―0で4連勝。

ナゴヤ球場で初となる「ファーム竜陣祭」と銘打たれた試合で、柳が昇竜ユニホームを身にまとって躍動。詰めかけた今季最多となる観衆2612人の前で、奪三振ショーを演じた。「結果的に5イニングを無失点に抑えられてよかった。三振も狙ったところで取れました」

1回、2死一、三塁を招いてから本領発揮だ。5番・岩崎から125キロスライダーで2つめの三振を奪ってピンチを脱すると一気に波に乗っていった。イニングをまたいで3回先頭・縞田まで5者連続三振。4、5回にも1つずつ取り、毎回の8三振を奪った。

明大時代は東京六大学リーグ歴代8位の通算338奪三振。そんな右腕が、プロの打者相手にも力を見せつけた。1球あった最速140キロの直球を軸にカーブ、スライダー、カット、ツーシームを織り交ぜてオリックスの若手打線を翻弄。

これには、視察に訪れていた巨人の藤本チーフプロスカウトも「球速は出ていなかったけど相変わらず球の質はいいし、右打者にあのカーブは効く。ゲームを壊さないのはさすが」と舌を巻いた。

明大の2学年先輩のオリックス・山崎福との先発対決を制してプロ初白星。柳は「うれしいです。ウイニングボール?。雨が降っていたし、もらってないです」と苦笑いした。同じ明大からプロ入りしたヤクルト2位・星らが1軍で奮闘。負けていられない、という思いを内に秘め「先のことを考え過ぎずに、結果を出すことに集中していきたい」という。

次回登板について高山2軍投手コーチは「まだ決まっていないけど上(1軍)と相談してね。(2日から)社会人との試合もあるので・・・」と語った。

右肘炎症からの復帰戦でもあり、公式戦初登板となった前回22日の広島戦では3イニングを投げ無失点。今回も着実にイニングを伸ばし結果を出した。1軍からお呼びが掛かるのもそう遠くはなさそうだ。

(4月29日 ウエスタン・リーグ 中日 6―0 オリックス)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 10:14|この記事のURL

本田仁海(星槎国際湘南)に12球団、巨人・ヤクルト評価

2017年04月26日

4/26、サンケイスポーツ4面より

本田 仁海 (星槎国際湘南高・投手)
180cm・右投左打・動画

神奈川大会準々決勝が保土ケ谷で行われ、星槎国際湘南が昨秋の神奈川大会王者の慶応を3―1で下し、初の4強入りを決めた。プロ注目の右腕、本田仁海投手(動画)が自己最速に並ぶ146キロの直球と縦のスライダーを駆使し、11三振を奪って6安打完投(1四球)。12球団のスカウトを「間違いなく今年のドラフトの上位候補」とうならせた。

最後の130球目は145キロの直球。空振り三振で完投勝利を挙げた本田は、マウンドで雄たけびを上げた。「夏の第1シード(今大会の4強)を取ることが目標だったし、秋の王者(慶応)に勝てて自信になった」

スタンドではプロ12球団、27人のスカウトが視察し「コンパクトでいい投げ方。体は入団してから作れるが、投げ方はそうはいかない」と巨人・岡崎スカウト部長。ヤクルト・斉藤スカウトも「将来、前田(米大リーグ、ドジャース)のような投手になるかもしれない、いい投げっぷり」と高く評価した。

学校に野球部の専用グラウンドはなく、校庭を他の部活と分け合ったり、球場を借りて練習を行っている。同じ神奈川の名門、桐蔭学園を30年間指導し、甲子園に春夏合わせて10度導いた土屋恵三郎監督が2015年に就任。昨秋の神奈川大会準々決勝で横浜に善戦するなど、徐々に結果が出てきた。

当面の目標は、30日の準決勝(保土ケ谷)での打倒・横浜。そして関東大会で、2年前の練習試合で本田が本塁打を浴びた早実・清宮に“雪辱”だ。

(4月25日 神奈川大会準々決勝 星槎国際湘南 3―1 慶応)




本田君のピッチング動画はこちら

本田君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:09|この記事のURL

山下輝(木更津総合)に8球団、巨人が高評価

2017年04月25日

スポーツ報知websiteより (source)

山下 輝 (木更津総合高・投手)
187cm・左投左打・動画

木更津総合のプロ注目の187センチ左腕・山下輝が23日、昨秋の県準V・中央学院戦で、12奪三振、5安打、2失点の完投勝利を飾った。「直球が走っていた。ワインドアップにして、球が指にかかるようになった」。自己最速を1キロ更新する141キロ直球にスライダーが切れた。初回先頭から4者連続を含め、3回まで7奪三振と飛ばした。

プロ8球団のスカウトが視察。巨人・吉武スカウトは「体に力があり、重い球を投げる。右打者には直球がクロス気味に来るし、スライダーは左打者には打ちにくい曲がり」とうなった。五島卓道監督は「ひと冬越して、威圧感が出てきたし、先輩の早川に似てきた」と昨年春夏甲子園8強のエース(現早大)と姿を重ね合わせた。

(4月23日 千葉大会2回戦 木更津総合 8―2 中央学院)




山下君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索