ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
巨人

巨人、ドラフト1位に小林誠司の後輩が急浮上

2017年08月19日

8/19、日刊ゲンダイ42面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

夏の甲子園に出場している広陵の中村奨成捕手(動画)が、試合ごとに評価を上げている。17日の2回戦で、優勝候補の秀岳館を撃破するダメ押し本塁打を左翼席へ叩き込んだ。2本塁打した1回戦に続き、これで3本目。中村は「打った瞬間、いったと思った。自信を持って打席に入れている」とキッパリ言った。

守っても二塁送球タイム1・74秒、遠投120メートルの強肩を披露。各球団のスカウトが評価する中、捕手難にあえぐ巨人は特に垂ぜんのまなざしを向ける。岡崎スカウト部長は「1位で消える可能性もある。入札もある」と目を細めているのだ。

「本命の早実・清宮次第ではあるものの、もし大学進学などでプロ入りしない場合の“控え1位”候補に急浮上しているようです。小林の高校の後輩ながら鉄砲肩は互角。まさに巨人が探している『打てる』捕手でもある。この打撃力に加え、足も速いという走力と身体能力の高さは、すでに先輩を超えているのではないか、と冷やかすスカウトもいるほどです」(球界関係者)

巨人の首脳陣は小林の2割前後の打撃に不満がある。この日も1点を追う八回2死一塁で代打・相川を送っている。村田ヘッドコーチは開幕前、「終盤に代打を出されているうちは正捕手じゃない」と苦言を呈していた。このオフの補強ポイントであることは間違いない。

小林は広陵から同大へ進学、社会人の日本生命を経由して巨人入りした。2人の恩師でもある広陵・中井監督は「高校時代の小林と比べたら中村の方が全然上。比べちゃいかん。モノが違う」とまで言い、太鼓判を押している。

清宮がプロに行かない場合の1位は、他にJR東日本の左腕・田嶋らが候補に挙げられるが、まだ流動的である。中村は「小林が目標」と言うが、この高校生ナンバーワン捕手は近い将来、打率・201の「先輩」を脅かす存在になりそうだ。



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

中村奨成(広陵)、巨人・オリックスが異例の連続視察

2017年08月18日

8/18、日刊スポーツ終面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

早実・清宮不在の今大会で、目玉となっている広陵・中村(動画)は2回戦もプロの熱視線を集めた。巨人、オリックスなどが、2試合連続のおかわり視察

巨人・渡辺スカウトは「近年の高校生捕手では、3拍子そろっているという意味でも屈指の選手。肩は強いし、長打力がある。さらに足も速い。今春の地方大会から見てきましたが、甲子園の大舞台であらためて能力の高さを証明した」とうなった。

オリックス・柳川スカウトも「大舞台でこれだけ打てるのは、それだけの力があるということ。こんな捕手は本当に、いない。アマチュアの中でナンバー1捕手。(2塁打した)1試合目で、(評価は)12人の中に入っているんじゃないですか」と絶賛。ドラフト1位で消える逸材と力説した。

(8月17日 甲子園2回戦 広陵6―1秀岳館)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:00|この記事のURL

ドラフト逆指名制度、巨人と広島はグルだった

8/17、日刊ゲンダイ31面「球界への遺言」より
「以前から申し上げている通り、ドラフト制度には反対の立場ですが、今すぐ制度を撤廃して自由競争にできないのであれば、現行の逆指名制度は継続しなければ、仕方がないでしょう」。12球団代表者会議であるとき、現行のドラフトの逆指名制度を維持するか否かが議題になった。口火を切ったのは広島だった。

すると巨人が、待ってましたとばかりに、合いの手を入れた。「我々はかねてから、選手の職業選択の自由を奪うようなドラフト制度には反対です。ぜひもう一度、みなさんでドラフト制度について議論していただきたいと思います」

新人の契約金の上限は1億円という申し合わせ事項は有名無実化。逆指名制度があった当時のドラフトは、ケタ違いの裏金が飛び交っていた。

「新人選手に5億、いや、10億円という大金を使う球団も中にはあるといいます。契約金が青天井に膨れ上がれば、さまざまな問題が生じます。そうなる前に、何か対策を立てておくべきではないでしょうか。コミッショナーはどうお考えですか?」

こう提案した球団も中にはあったが、「そんな大金が動くとは思えませんが、仮にそのような話が問題になったとしても、我々には捜査権がありません。大金を支払った証拠がない限り、調べようがないですな」とコミッショナー。

そこに広島の代表が割って入ってこう言った。「そんな実際にあるかどうか分からない話を議論するより、現在のドラフト制度を継続するか否かを話題にしましょうよ」。この発言をきっかけに裏金問題は立ち消えになった。

ドラフトにしてもFAにしても、12球団代表者会議の図式は、いつも一緒だった。パ・リーグが反対しそうな議案に関しては、必ずといっていいくらい広島が口火を切った。広島の代表がまず、FAは悪くないと言い出す。すると巨人が、そうだな、悪くないじゃないかとフォローする。

逆指名制度にしても同様だ。そもそも反対のパ・リーグは、せいぜい1位の1人だけにしようと提案する。ところが、巨人は有力選手をできるだけ多く獲得したい。すると、すかさず広島が、2人くらいまでならいいんじゃないかと言い出し、それを巨人がフォローする。コミッショナーにしても事を荒立てたくないという姿勢がアリアリだった。

 
「巨人がリーダーシップを取れば、マスコミに横暴だ、ゴリ押しじゃないかと非難される可能性がある。だから広島が代弁者になっているのだろう。いつものことさ」。こんな声がどこからともなく上がったものだ。

当時、巨人戦のテレビ放映権料は1試合1億円といわれた。セ・リーグ5球団は巨人戦の放映権料で潤っていた。寄らば大樹。巨人に従っていれば平穏無事というセ・リーグ各球団の事なかれ主義は、パ・リーグものみ込んでいった。 (つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

ちょうどこの頃、「逆指名制度はやめて完全ウエーバー制度を導入すべきではないか」という論調のスポーツ紙が増えてきた時期ですが、その完全ウエーバー制度に関しても広島は反対の立場でした。

完全ウエーバー制度の導入は間違いなく広島に有利に傾くはずなのに、どういう思惑があって反対していたのか、巨人と歩調を合わせていたのはなぜか・・・。他のセ4球団(ヤクルト、横浜、阪神、中日)とは明らかに違う方向を見ていたように感じました。


ドラフト制度の変遷はこちら



draftkaigi at 08:21|この記事のURL

増田珠(横浜)、巨人・日ハム・中日が診断

8/18、東京スポーツ終面「プロのスカウトが診断」より

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

神奈川県大会で新記録の4試合連続本塁打、タイ記録の通算5本塁打をマークした逸材。清宮不在の大会を盛り上げる男として注目を浴びたが、初陣の秀岳館戦で不発に終わり、チームとともに1回戦で甲子園を去った。

それでも巨人の岡崎スカウト部長は「自分たちは1試合で評価するのではない。たまたま本塁打とか打てなかったということもあるから、そのために1年間長い時間を見ている」。増田が県大会で本塁打を量産していた点について「それが彼の力だと思う」と言い、今秋のドラフト候補として含みを持たせる言葉も口にした。

他にも「軸がぶれずに体の近くで打てている。何より人柄も良いよね。性格も明るく前向きなところが特に評価」(日本ハム・大淵スカウト部長)。

「神奈川県大会から見ているけど、ここにこういうボールがくれば本塁打を打てるというツボを持っている。飛ばす能力は天性のものがある。しっかり甘い球を確実に一発で仕留められるタイプの打者」(中日・中田スカウト部長)
との声が上がった。

その一方で一部のスカウトからは「素材は確かにいいのかもしれないが、技術はまだまだ」、「体がまだできていない。そういう意味では鍛えがいはありそう。プロで一番必要になってくるのは甲子園で打つ、打たないよりも体力」との手厳しい意見も。今後の進路についてプロ志望を明言している増田だが、まだ課題が多く残されている感も否めない。



増田君のスカウト評はこちら

増田君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:05|この記事のURL

巨人ドラ6・大江竜聖、高卒新人2軍で好調!

2017年08月16日

8/15、スポーツ報知4面「巨人2軍監督・内田の眼」より

2016巨人ドラフト6位 大江竜聖
二松学舎大付高・投手・動画

この1週間は2勝2分けでした。どの試合も投手陣がしっかりと頑張ってくれたと思います。先発は、大江、宮国、メルセデス、大竹寛がそれぞれ6回を2点以内に抑えていました。特に8日のDeNA戦で6回3安打、無失点の高卒・大江(動画)は、内容の濃い1年目を送っているのではないでしょうか。度胸のある投球をしてくれています。

また、戸根、篠原、1軍に昇格した山口鉄ら中継ぎもしっかりと抑えてくれていました。投手陣が、1人の打者としっかり勝負できているからこその結果だと思います。

打線では、岡本が13日の日本ハム戦でマルチ安打を放つなど、前週の2打席連発から継続して調子が上がっています。一方で吉川尚はこの1週間、16打数1安打と結果は出ていませんが、スイングは悪くない。結果を追い求めるばかりに手打ちになってしまうのが一番よくありません。自分の打撃を心がけてほしいですね。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。6位・大江君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 08:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索