ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
巨人

伊藤琉偉(BC新潟)、巨人「若いから伸びしろある」

2023年09月22日

9/22、スポーツ報知4面より 

伊藤琉偉(新潟アルビレックスBC・遊撃手)
180cm・左投右打・動画

今秋ドラフトでのNPB入りを目指す選手を中心に構成されたBCリーグ選抜とDeNA2軍の試合が21日、横須賀スタジアムで行われた。10球団のスカウトが視察に訪れる中、新潟の伊藤琉偉(動画)が1番・二塁で出場し、6打数3安打と気を吐いた。

第1打席は中前安打、第2打席は左前安打、第5打席は右前安打、2022年ドラフト4位ルーキーのDeNA・森下から2安打など広角に打ち分けアピールした。右打ちの21歳は、好調の理由を「内角をセンターからライトにさばく意識に変えたこと」と説明。

巨人・柏田スカウトは「うまく打っていた。若いから伸びしろがある」と評価した。

(9月21日 交流試合 DeNA二軍 10―7 BCリーグ選抜)



伊藤君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:05|この記事のURL

津田啓史(三菱重工East)に4球団、巨人が高評価

2023年09月21日

スポーツ報知websiteより (source)

津田啓史(三菱重工East・遊撃手)
181cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の1人、三菱重工East・津田啓史内野手(動画)が「1番・遊撃」で出場。先制の2点適時二塁打を含む2安打3打点の活躍で存在感を示した。

初回、先頭の第1打席。相手先発・林の3球目を強く振り抜くと、左越え二塁打を放ち、好機を演出。続く、2回2死二、三塁では、右中間を破る先制の2点適時二塁打でチームを牽引した。

ネット裏には4球団のスカウトが集結。巨人・森中スカウトは「ピッチャーによって考え方を変えられる器用なバッター。走攻守すべてにおいて高いレベルにある」と貴重な右打者の遊撃手を高く評価した。

2打席連続となった二塁打を「1打席目真っすぐを打って、(2打席目の)配球を変えてくると思った。変化球待ちに変えた結果、いい方向に飛んでいった」と振り返った津田。

肩の強さと走力がアピールポイントだと語る高卒3年目の若武者は「自分を出すだけというかありのままの自分を見てもらうだけ」と約1か月後のドラフトに向け、力強く語った。

(9月20日 関東選抜リーグ戦 三菱重工East 9―1 エイジェック)



津田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

度会隆輝(ENEOS)、巨人「即戦力で使える選手」

2023年09月20日

スポーツ報知websiteより (source)

度会隆輝(ENEOS・外野手)
183cm・右投左打・動画

プロ注目のENEOS・度会隆輝外野手(動画)が「3番・右翼」で出場し、ネット裏で5球団のスカウト陣が見守る中、3打数1安打の活躍を見せた。

逆転されて迎えた4回先頭の第2打席。遊撃への緩いゴロで快足を飛ばして内野安打に。会心の当たりを飛ばすことはできなかったが、どんな形でも出塁する貪欲な姿勢を示した。暑さの影響で7回の守備時に右足のふくらはぎをつって交代したが、「全く問題ないです」と軽傷を強調。20日の茨城トヨペット戦出場にも意欲を見せた。

視察に訪れた巨人・森中スカウトは「一番の魅力は長打が打てるところ。即戦力で使える選手」と分析。さらに「現役選手の中に同じタイプが見つからない。それくらい可能性を秘めた選手」と最大級の評価をした。

この1年はこれまで以上にミート力とパワーの向上に取り組んだ。「コンスタントにアベレージを残せているのが今年の強みかなと思います」。7月に行われた都市対抗野球大会後に出場したOP戦など計9試合で、驚異の打率6割超えをマーク。憧れのプロの世界へのステップを確実に歩んできている。

運命のドラフト会議まで残り1か月を切った。度会は「絶対にドラフト1位で行くって入社して気づいたらあと1か月。自分のやるべき事を全力でやって駆け抜けていきたいと思います」と力強く話した。

(9月19日 関東選抜リーグ 東京ガス 6―1 ENEOS)



度会君のスカウト評はこちら

度会君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:33|この記事のURL

萩原義輝(流通経大)、巨人「良いキャッチャーです」

2023年09月19日

日刊スポーツwebsiteより (source)

萩原義輝(流通経済大・捕手)
180cm・右投左打・動画

流通経済大が東京国際大に2連勝し、勝ち点をつかんだ。ドラフト候補の流通経済大・萩原義輝捕手(動画)はスカウトが見守る中、2安打2打点の活躍で攻守に躍動。0-0の3回2死一、二塁の好機では、中堅手の頭上を越える先制2点適時三塁打でチームを勢いづけた。

「風が強かったので、もしかしたらセンターも追いついちゃうんじゃないかなって、ひやひやしたんですけど。越えた時はうれしかったです」と笑顔で振り返った。

守備ではエース阿部優太投手とのバッテリーで、相手打線をわずか1点に抑えた。4回には2死一塁から、盗塁をしかけた走者を刺して流れを渡さなかった。

バックネット裏には巨人の実松一成スカウトが視察。萩原の活躍に「良いですね。コンタクトもなかなか。体が春より少し大きくなって、力強さも出てきているので。スローイングも良かったですし、良いキャッチャーですね」と春からの成長ぶりにうなずいた。

盗塁阻止については「スローイング自体は少し高めに浮いてしまったんですけどね、取ってからの速さとかフットワークの速さがありますね」と評価した。

13日にプロ志望届を提出した萩原は「大安に出すのが親にも良いって言われて、それでその日に出しました」とドラフトを意識。それでも「リーグ戦期間中なので、ドラフトの前にまずリーグ優勝して、チームのみんなと喜びを分かち合いたい」と目の前の試合と、1つずつ向き合う。

(9月18日 東京新大学野球 流通経済大 5―1 東京国際大)



萩原君のスカウト評はこちら

萩原君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:25|この記事のURL

下川隼佑(BC新潟)巨人3軍を1回0封、6球団視察

2023年09月16日

9/16、スポーツニッポン4面より 

下川隼佑(新潟アルビレックスBC・投手)
176cm・右投右打・動画

ルートインBCリーグの選抜チームは15日、川崎市のジャイアンツ球場で巨人3軍との交流戦を行い、3―0で勝利した。6回から5番手で登板した最速137キロの下手投げ右腕・下川隼佑投手(動画)は1回を無安打無失点。わずか5球ながら地上約15センチから繰り出す「サブマリン」を視察した6球団にアピールした。

今季はリーグ2位の11勝、リーグ3位の防御率2・38と実績を残した隠し玉候補。「ここからの1カ月が勝負になる」と、10月26日のドラフト会議までアピールを続ける。



下川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL


ドラフトニュース検索