ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
巨人

吉村貢司郎(東芝)、巨人「バランスのいい投手」

2021年03月04日

3/4、スポニチwebsiteより  (source)

吉村貢司郎(東芝・投手)
183cm・右投右打・動画

今秋のドラフト候補に挙がる東芝・吉村貢司郎投手(動画)が3日、横浜市内で行われたJFE東日本とのオープン戦に先発した。

3回2安打4奪三振3失点の内容に「(3失点した)初回は自分の中でタイミングが合っていなかった。2回から修正できたのはプラスに捉えたい。真っすぐで内角を突いたり、カーブの抜けた球がなかったところは良かった」と振り返った。

4球団のスカウトが視察する中、この日は最速147キロを計測。巨人・榑松伸介スカウト部次長は「直球も変化球も高いレベルのボールを投げられる。バランスのいい投手」と評した。



吉村君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:37|この記事のURL

西垣雅矢(早大)に4球団、巨人・ロッテ高評価

2021年02月28日

スポニチwebsiteより (source)

西垣雅矢(早稲田大・投手)
184cm・右投左打・動画

昨秋の東京六大学リーグ戦で優勝した早大が27日、都内で昨年の都市対抗を制したHondaとオープン戦を行い、5―4で競り勝った。今秋のドラフト候補で最速147キロ右腕の西垣雅矢投手(動画)巨人など4球団のスカウトの前で先発し、5回1安打無失点の快投を披露した。

前日は徳山壮磨投手が好投し、昨年の都市対抗で通算100勝を達成したENEOSに1―0で勝利。社会人野球の強豪相手に連勝を飾り、小宮山悟監督は「2人(徳山と西垣)とも良かった。この感じでリーグ戦を迎えたい」と手応えを口にした。

1メートル84の大型右腕でドラフト候補に挙がる西垣は「徳山に負けないくらいのピッチングができたら」と意気込みマウンドに上がった。最速で145キロを計測した直球を軸に、昨年の都市対抗は5試合で29得点を挙げた強打戦を封じ込めた。

小宮山監督は「日頃の練習の成果ということ。言うことなかった」と投球を称え、西垣は「0で抑えられたのは自信になる」と笑顔を見せた。

昨年までシュート回転していた直球は、体を開かず手首を立てて投じるよう改良。威力が増した速球に2種類のフォーク、大きく曲がるスライダーなどを組み合わせる完成度の高い投球で視察したスカウト陣に猛アピールした。

巨人・水野雄仁スカウト部参与は「制球が良くなっている。球速ももっと上がってくると思う」と評し、ロッテ・中川隆治スカウトは「真っすぐの質が良い。ストライクゾーンを広く使えていた」と高評価を与えた。

小宮山監督が「早川が昨年、ああいう形(4球団競合)でプロに行ったことが刺激になっている」という右腕は「チームを勝たせることがアピールにつながる」と表情を引き締めた。

(2月27日 オープン戦 早稲田大 5-4 ホンダ)



西垣君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:42|この記事のURL

古屋敷匠真(法大)、巨人「順調に来ている」

2021年02月26日

2/26、スポニチwebsiteより (source)

古屋敷匠真(法政大・投手)
180cm・右投左打・動画

東京六大学野球リーグの法大が25日、千葉県習志野市内で日大とオープン戦を行い、6―1で勝利。今秋ドラフト候補の右腕・古屋敷匠真(動画)は先発して3回無安打無失点、5奪三振の好投を見せ「自分で組み立てて、打者の反応を見て投げた」と振り返った。

昨年の夏ごろにフォームを崩し、イップスに陥ったという。同症状の研究施設に通ってフォーム、メンタル面を改善し、復調につなげた。

5球団のスカウトも視察する中で直球の最速も152キロを計測。巨人・高田誠スカウトは「仕上がりも早いし順調に来ている」と評価した。2年前の4月に母・桃子さんをがんで亡くした。「(母は天国で)見てくれていると思う。絶対にプロにいきたい」と決意を新たにした。

(2月25日 オープン戦 法政大 6-1 日本大)



古屋敷君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:43|この記事のURL

三浦銀二(法政大)、巨人・DeNAが高評価

2021年02月25日

スポーツ報知websiteより (source)

三浦銀二(法政大・投手)
175cm・右投右打・動画

東京六大学リーグ・法大の150キロ右腕・三浦銀二主将(動画)が24日、川崎市内のグラウンドで行われた社会人ENEOSとのチーム今季初戦となるオープン戦に先発。3球団のスカウトが視察に訪れたが、3回で35球を投げ、1安打無失点。毎回の4三振を奪う好投を見せた。

不調に苦しんでいた昨年の姿が、別人のような投球だった。三浦は社会人屈指の強豪・ENEOS打線を力で封じ込んだ。直球は2月下旬ながら、自己最速にあと1キロに迫る149キロを計測。バットを押し込み、コーナーにも決まった。

「バッターの反応的に、手が出なかったり、打ってもファウルになっていた。真っすぐの感触はよかったです」と、充実した表情を見せた。

福岡大大濠時代は、3年時に17年センバツに出場。延長15回引き分け再試合となった2回戦の滋賀学園戦で1失点完投するなど8強入りに貢献した。同年夏に行われたU-18W杯にも日本代表として出場。

鳴り物入りで入学した法大でも1年春から活躍したが、昨年はフォームのバランスを崩した影響で春秋通じて勝利なしに終わった。

昨秋のリーグ戦終了後にフォームの見直しに着手。軸足にしっかり体重を乗せた上で体重移動することを意識することで、しっかりと踏み込んだ左足に体重を乗せ、打者寄りでボールをリリースできるようになった。

「真っすぐが走ってきた分、緩急が大事になってくる」と、現在はチェンジアップを以前よりも球速が出にくくなるように改良中。今年はこれで紅白戦を含め、実戦4試合で計13回を投げ、無失点を継続している。

この日は3球団のスカウトが視察。巨人・高田スカウトは「真っすぐの質、スピード、キレ、コントロールのすべてがよくなっている。持ち球もすべて精度よく投げていたし、この時期にしては非常にいい」と高評価。

DeNA・八馬スカウトも「直球はスピンがよく効いて、ホップしているように見える」とうなずいた。

最終学年を迎える今年は、主将に就任して背番号10を背負う。「プロに行くことも目標ではありますが、キャプテンとしてチームのことを優先したい。どれだけ競っても負けないチームを作って、しっかり自分のピッチングで優勝に導けたら」。復調を遂げたエースが、チームを12年ぶりの大学日本一に導く。

(2月24日 オープン戦 ENEOS 1-0 法政大)



三浦君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:40|この記事のURL

中川智裕(セガサミー)、巨人スカウト評価

2021年02月21日

2/21、サンケイスポーツ5面より  

中川智裕(セガサミー・遊撃手)
186cm・右投右打・動画

今秋のドラフト候補、身長186センチの大型遊撃手、セガサミー・中川(動画)がENEOSとのオープン戦で左越えに今季1号ソロを放った。「内角気味の真っすぐをうまく(腕を)たたんで打てた」

近大出身で阪神ドラフト1位・佐藤輝とは大学時代に三遊間を組み、「自分はもともと阪神ファンで後輩は刺激になる」という。前日は4打数無安打で、この日は3安打1本塁打の活躍。視察した巨人・高田スカウトは「よく修正できた」と評価した。

(2月20日 社会人野球オープン戦 セガサミー 6-2 ENEOS)



中川君のスカウト評はこちら

中川君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:44|この記事のURL


ドラフトニュース検索