ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
巨人

森下暢仁(明治大)、巨人「ドラフト1位だろう」

2019年04月23日

4/23、スポーツ報知6面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

明大は今秋ドラフト1位候補の森下投手(動画)が、4安打1失点、10奪三振、140球の力投で完投勝利。チームに勝ち点をもたらし、初戦の雪辱を果たした。敗れた立大は2カード連続で勝ち点を落とし、5位となった。

最後のピンチも、明大・森下は変化球で切り抜けた。9回2死一、二塁。最後の打者を105キロのカーブで遊ゴロに仕留め、リードを守り切った。100キロ台のカーブとMAX149キロの緩急を生かし、9回を4安打1失点、10奪三振でリーグ戦通算10勝目を飾った。

20日の第1戦、6回10安打4失点でKO。試合後、「3戦目投げさせてくれ」とチームメートに頭を下げた。一塁側に体が倒れる悪癖と、左腕の使い方を修正して臨んだ一戦、「みんなが2戦目で結果を出してつなげてくれた。やらないといけないと思っていた」と勝ち点に笑みがこぼれた。

見守った巨人・長谷川スカウト部長は「バランスがいい。リリースがしっかりしていて、崩れそうもない。1位だろうね」と高評価。主将の重責も担う森下は「次は1戦目で勝てるようにしたい」と、第1戦での本領発揮を誓っていた。

(4月22日 東京六大学野球 明治大 4-1 立教大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 10:34|この記事のURL

岡林勇希(菰野)、巨人・阪神・ハムなど5球団視察

2019年04月22日

スポーツ報知websiteより (source)

岡林 勇希 (菰野高・投手)
176cm・右投右打・動画

プロ注目の最速150キロ右腕で菰野の岡林勇希(動画)が9回11奪三振で、巨人、阪神、日本ハムなど視察した5球団のスカウトにアピールした。味方の失策に足を引っ張られて6失点(自責2)したが、勝ち越しは許さなかった。

ただ、9四球を与えて181球を要したため「序盤はいい感じで投げられたけど、途中から四球が多くなって、自分を苦しくしてしまった。球速を意識し過ぎて、フォームがばらついて、四球が多くなってしまっている。課題を克服できていない」と反省した。

広島の育成投手でOBの飛翔を兄に持ち、昨年のU-18アジア選手権の日本代表第1次候補に選ばれた好投手だ。今冬は制球を安定させるため、左手を大きく上げるフォームを改良した。「慣れていない分、安定していない。夏までにはフォームを安定させて、勝てる投手になりたい」と、意気込みを示した。

(4月21日 三重大会準決勝 菰野 10-6 いなべ総合学園)



岡林君のスカウト評はこちら

岡林君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

坂本裕哉(立命館大)、巨人「真っすぐの制球いい」

2019年04月21日

4/21、デイリースポーツ6面より

坂本 裕哉 (立命館大・投手)
180cm・左投左打・動画

1回戦2試合が行われ、立命大が京大を、同大が関大をそれぞれ下して先勝した。立命大は今秋のドラフト候補・坂本裕哉投手(動画)が5安打無失点、9奪三振の力投で、自身リーグ戦初完封勝利を挙げた。

最後までマウンドを譲らなかった。126球の完封勝利に、坂本は「100球を超えても球威は落ちなかったので。うれしいです」と笑顔を見せた。自己最速の148キロ超えとはいかなかったが、この日最速の146キロ直球を軸に、京大打線を相手にゼロを並べた。

ネット裏では巨人の長谷川スカウト部長、渡辺スカウトが見つめた中、渡辺スカウトは「まっすぐの制球がいい。これからもっと上がってくるのでは」と評価。バットでもダメ押しの適時二塁打を放って勝利に貢献した。

福岡大大濠では、阪神・浜地の1学年上の先輩として、一緒にプレー。今でも連絡を取り合う間柄だ。「刺激になりますし、負けないようにがんばりたい」と、さらに上を目指していく。

(4月20日 関西学生野球 立命大 3-0 京大)



坂本君のスカウト評はこちら

坂本君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:00|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)、巨人・DeNA・オリックスの声

4/21、サンケイスポーツ5面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

最速163キロを誇る剛腕、大船渡高の佐々木朗希投手(動画)が20日、宮城・仙台育英高との練習試合に登板。3回2/3を投げて3安打2失点、4四球5奪三振だった。最速も150キロで数字上は際立ったものはなかったが、多彩な変化球を中心とした技巧派投球に、視察した日米合計20球団のスカウトら関係者は、評価をさらに高めた。(以下スカウト評)

▼オリックス・長村球団本部長
「初めて見たが、変化球中心に課題を持って投げていると思った。上背、リーチ、スケール感のある投手」

▼巨人・柏田スカウト
「意図があって、こういう(変化球中心の)投球をしている。夏には、こういう対応をしないといけないと分かっているのでしょう」

▼DeNA・欠端スカウトグループリーダー
「夏を考えて、真っすぐを生かすための変化球を試しているのだろう」

▼フィリーズ・大慈彌環太平洋担当部長
「クイック、牽制、フィールディングという勝てる投手に必要な部分を見せた」


(4月20日 練習試合 仙台育英 8-4 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

森下暢仁(明治大)に12球団、西武・巨人など評価

スポーツ報知websiteより (source)

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

明大のドラフト1位候補右腕・森下暢仁(動画)が今春初戦の立大戦に先発したが、6回10安打4失点で黒星を喫した。主将として責任を背負った。「全然、出し切れていない。開幕の緊張感があって球をコントロールできず、修正できなかった。それが試合を壊してしまった原因だと思います」。

4回2死一、三塁で、高く一塁手の頭上に弾む先制二塁打を許し、5回には暴投で追加点を献上。「低めを意識しても真ん中に行き、腕の振りがうまくいかなかった」と首をひねった。善波達也監督は「今まで見た中で一番悪いかな。球がどこに行くか分からないくらい」と指摘。「ビデオを見て、本人と話します」と次戦までの立て直しを期待した。

ネット裏にはプロ12球団のスカウトが集結。球場表示で152キロをマークし、西武のスピードガンでは自己最速にあと1キロと迫る15キロを計測した。西武・潮崎編成ディレクターは「スマートな投手でカーブ、チェンジアップもある。楽天・岸みたいなタイプで即戦力」と高評価。

楽天・後関スカウト部長は「高校時代から上位候補。真っすぐの質はいい」。巨人・織田スカウトは「今日の結果だけで評価が変わることはない」と語った。

(4月20日 東京六大学 立大 4-0 明大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ドラフトニュース検索