ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
巨人

達孝太(天理)、巨人「来年ドラフト候補の素材」

2020年08月12日

8/12、スポーツ報知3面より 

達孝太(天理高・投手)
193cm・右投右打・動画

甲子園の空気に物おじせず聖地デビューを飾った。2点ビハインドの9回。2番手としてマウンドに上がった193センチ右腕の天理・達(動画)は、まず4番打者を140キロの直球で右飛に打ち取ると、続く打者を130キロのフォークで見逃し三振。最後は127キロのスライダーで空振り三振に斬って取った。

2年生ながら堂々の13球だった。奈良代替大会では3年生がメインで出場したため右腕はスタンドで応援。今季初の公式戦が夢の舞台、甲子園での登板となったが、自身最速を更新する143キロをマーク。

「緊張はなかった。(今季公式戦)初めてにしては良かった。力でいってファウルにされても嫌だったので、自信のある変化球でいった。甲子園でこんな投球ができて自信になった」と心地よさそうに汗を拭った。

1990年夏の甲子園でWエースとして優勝に導いた大先輩、193センチの南竜次氏(元日本ハム)、191センチの谷口功一氏(元巨人)を思わせる投げっぷり。スカウトを兼務する巨人・水野巡回投手コーチは「上背があるし、2年生で伸びしろも感じる。来年の(ドラフト)候補に挙がってくる素材」と評価した。

小学6年で177センチあった身長は中学で192センチまで成長。その頃から大阪・難波のネイルサロンに3週間に1回のペースで通い、投球中に爪が割れないよう、透明に固めるケアをしているという。体は大きいが、繊細さも持ち合わせる。

自粛期間中には、エンゼルス・大谷の下半身の体重移動など国内外の投手の動画を見て研究した。元々、高校卒業後すぐにメジャー挑戦したい思いを持っていたが「まだまだ実力が足りていない」と実感し「まずは(日本の)プロに行きたい」と軌道修正した。

練習で150キロをマークしたことのある右腕は「卒業までに155キロまでもっていきたい。来年は勝ち進んで優勝」と聖地に戻ってくることを誓った。

(8月11日 甲子園交流試合 広島新庄 4―2 天理)



達君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

小深田大地(履正社)、巨人「いい打撃している」

2020年08月11日

8/11、スポーツ報知websiteより (source)

小深田大地(履正社高・三塁手)
178cm・右投左打・動画

履正社が大阪桐蔭を破り、大阪夏の公式戦の連敗を11で止めた。今秋ドラフト候補の小深田大地三塁手(動画)が4安打1打点をマークするなど、16安打9得点で2018年の秋季府大会以来、宿敵を倒した。大阪桐蔭は、2年生左腕の松浦慶斗が、自己最速を4キロ更新する150キロを計測した。

大阪代替大会は日程の都合で準決勝で打ち切り。甲子園の交流試合で、履正社は15日に星稜(石川)と、大阪桐蔭は17日に東海大相模(神奈川)と対戦する。

宿敵を撃破した瞬間、履正社の小深田は右手を突き上げた。大阪の夏の公式戦では、21年ぶりに大阪桐蔭から白星を挙げた。小深田は「何十年勝っていないと言われ続けて『この代で』と思っていた。最後まで一番しんどい試合だった」と、安どの表情を浮かべた。

登録30人が全員3年生で挑み、6試合を全勝で駆け抜けた。元阪神・関本賢太郎氏の長男・勇輔捕手も、父が見守る前での勝利に「打倒・大阪桐蔭でやってきた。素直によかった」と、胸をなで下ろした。

7―1の5回1死二、三塁で右前適時打を放つなど、小深田は4安打1打点。スカウトを兼務する巨人・水野投手巡回コーチは「いい打撃をしている。自分の間合いで打てている」と、うなった。(以下略)

(8月10日 大阪大会準決勝 履正社 9-3 大阪桐蔭)



小深田君のスカウト評はこちら

小深田君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 10:00|この記事のURL

土田龍空を巨人、長谷川勝紀をソフトバンクが評価

2020年08月10日

スポーツ報知websiteより (source)
プロ注目の近江・土田龍空主将(動画)が木製バットで2安打2打点1得点と勝利に貢献し、4強入りを決めた。「苦しい試合になると思ったけど、勝てて良かった」と笑みを浮かべた。

同じくプロ注目の瀬田工・小辻鷹仁投手との対決は3回2死二塁で回ってきた。「ストレートがきててびっくりした」とライバルの成長を感じた。1―1からスライダーを捉え、右前の適時打となり土田に軍配が上がった。「一本は打ちたいと思っていたので、打てて良かった」。

プロ10球団18人が視察に訪れ、巨人・水野スカウト部参与は「ミート力がある」と木製で打つ土田を評価した。

土田、小辻と同様に近江・長谷川勝紀捕手(動画)も「プロ志望届」を提出しており、二塁送球のベストタイムは1秒81。この日も1秒9前後を記録し、安定の送球を見せた。打っては1回2死一、三塁から左前の先制打を放ち、2安打1打点2得点とスカウト陣にアピール。ソフトバンク・宮田スカウトは「全体的にまとまっているし、打撃もいい」と称賛した。

(8月9日 滋賀大会準々決勝 近江 10―0 瀬田工)



土田君のバッティング動画はこちら

長谷川くんのバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:52|この記事のURL

蓼原慎仁(桐生第一)、巨人「違う一面見られた」

2020年08月09日

日刊スポーツwebsiteより (source)

蓼原慎仁(桐生第一高・投手)
180cm・右投右打・動画

昨秋王者の桐生第一が危なげなく決勝進出を決めた。毎回の15安打で前橋商の最速145キロ右腕・橋本優雅投手を攻略した。

投げては、今大会初戦まで背番号1を背負った宮下宝投手と、エースでプロ注目の蓼原慎仁投手(動画)のリレーで2失点に抑えた。背番号の変更が認められている今大会ならではのダブルエースが躍動した。

蓼原は「直球の調子はあまり良くなかった。回転数が少なかった。フォークが良かったので、そっちを中心にして抑えられた」と修正能力の高さをアピールした。

プロ4球団も視察に訪れた。巨人・内田スカウトは「今日は変化球がよくて、今までとは違う一面が見られた」と得意の直球以外にも存在感を見せた右腕を評価した。決勝へ向けて、蓼原は「悔いのないように臨んで優勝したい」と力を込めた。

(8月8日 群馬大会準決勝 桐生第一 6-2 前橋商)



蓼原君のスカウト評はこちら

蓼原君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:52|この記事のURL

小林(智弁和歌山)、オリックス・巨人・日本ハムの声

2020年08月07日

8/7、スポニチwebsiteより (source)

小林樹斗(智弁和歌山高・投手)
182cm・右投右打・動画

各都道府県高野連が開催する代替大会は6日、13大会計60試合が行われた。和歌山の決勝は、今秋ドラフト候補右腕である智弁和歌山・小林樹斗投手(動画)が9回を3者連続三振締めでV。自己最速152キロをマークし、プロ7球団のスカウトから絶賛の嵐が起きた。

~以下、スカウト評のみ抜粋~

▼オリックス・下山スカウト
「相手が直球だと分かっていても、まっすぐで空振りが取れる。低めにも投げられる。ワクワクさせてくれる投手だ」

▼巨人・岸スカウト
「プロ入り1年目の後半か、2年目から戦力になりそうな印象がある。まっすぐで空振りが取れるのが魅力」

▼日本ハム・林スカウト
「本塁ベース付近のボールが強い(球威がある)という特徴がある。この夏に向けて、状態がしっかり上がってきた。気持ちが入った投球で、中継ぎ、抑えタイプ」


(8月6日 和歌山大会決勝 智弁和歌山 10―1 初芝橋本)



小林君のスカウト評はこちら

小林君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 06:54|この記事のURL


ドラフトニュース検索