ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
巨人

巨人、野茂英雄の獲得に動いていた

2018年04月11日

4/10、夕刊フジ26面「団野村のザ・エージェント」より

1989近鉄ドラフト1位 野茂英雄
新日鉄堺・投手・21歳

野茂英雄さん(1989近鉄1位)はデビルレイズ(現レイズ)を戦力外になった2005年オフ、ある日本の球団と交渉しました。今回初めて話しますが、オファーしてきたのは、あの巨人でした。

巨人は堀内恒夫監督のもとで同年5位に沈み、原辰徳監督の3年ぶりの復帰が決定。当時の清武球団代表は、ムチャクチャ熱心でした。チーム防御率はリーグワーストの4.80と投手力が弱かったことに加え、人気が落ちていると言われていた時期だったので、話題性という面も考えたようです。

かなり交渉は進んだのですが、結局最後は野茂さんが「まだメジャーでやりたい」と断り、06年はホワイトソックスとマイナー契約を結びました。しかしメジャーに上がれず、3Aジャーロットで右肘を痛めて6月に戦力外。再び手術し、07年10月にようやくベネズエラのウインターリーグで投げられるまでに回復しました。

08年、ロイヤルズとマイナー契約を結んだ野茂さんは中継ぎで開幕メジャーを勝ち取り、3年ぶりにメジャーのマウンドに立ちます。しかし3試合で戦力外となり、他球団からのオファーもなく、ついに7月に現役引退を表明しました。

日本のスポーツ新聞では「楽天が獲得へ」と報じられましたが、具体的な動きはありませんでした。野茂さんも「メジャー球団から話が来なければ引退する」と言っていましたし、その時は日本に復帰するつもりはありませんでした。

清武代表とは、マイケル中村が日本ハムから巨人に移籍した時(08年オフ)にも交渉しましたし、定期的に会って野球談議をしていました。常識のある人で、曲がったことが嫌い。「これでは野球界はよくならない。発展しなければいけない」と育成選手制度をはじめ、将来を見据えていろいろ考えていました。

11年に巨人を去ることになりましたが、すごく仕事のできる人だったので残念でした。(以下略)
 


上の記事は団野村氏が書いたものです。

下は1989ドラフトで近鉄が指名した選手です。1位指名・野茂英雄のプロでの成績はこちら

近鉄の1989ドラフト指名選手
1位野茂 英雄新日鉄堺投手
2位畑山 俊二住友金属外野手
3位石井 浩郎プリンスホテル内野手
4位藤立 次郎天理高外野手
5位平江 巌成章高外野手
6位入来 智三菱自動車水島投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:45|この記事のURL

梅津晃大(東洋大)、巨人「ドラフト上位候補」

4/11、日刊スポーツ4面より

梅津 晃大 (東洋大・投手)
187cm・右投右打・動画

東洋大の梅津、甲斐野がスピードで驚かせた。先発の梅津(動画)は最速153キロで7回1失点。2番手の甲斐野(動画)は同154キロで2回2失点だった。

リーグ戦未勝利の梅津は「上茶谷に続きたかったが、勝ち投手は遠いなと感じた」と話した。チームは敗れたが、評価は高く、巨人・岡崎スカウト部長は「ドラフト上位候補」と絶賛。ロッテ・永野チーフスカウトは「スケールがずば抜けている」と評価した。

(4月10日 東都大学野球 中央大 3-1 東洋大)




梅津君のスカウト評はこちら

梅津君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:36|この記事のURL

辰己涼介(立命館大)に9球団、巨人「三拍子揃う」

2018年04月08日

スポーツ報知websiteより (source)
 
辰己 涼介 (立命館大・外野手)
180cm・右投左打・動画

今秋ドラフト候補の立命大・辰己涼介(動画)9球団のスカウトが視察した開幕戦で、4打数2安打と好スタートを切った。9回無死一塁では左翼へ二塁打を放ち、奈良龍の決勝2点適時打につなげた。「1本出てちょっと調子に乗った。欲が出た」と苦笑した。

巨人の岡崎スカウト部長は「三拍子そろった選手。足が速いし、肩も強いし、打撃もいい」と、今後も注目していくことを明かした。

通算100安打まであと15本。元オリックス・田口壮(関学大)のリーグ最多123安打更新も見据える。「同学年が就職活動を頑張っているので、僕も野球が就職活動。神宮(大学選手権)に行くことがアピールになる。チームを全国に連れて行きたい気持ちは例年に比べて強い」と、4季ぶりの優勝に向けて意気込みを示した。

(4月7日 関西学生野球 立命館大 3-2 京都大)




辰己君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

巨人がスカウト会議、甲子園球児30人の映像確認

2018年04月03日

4/3、スポーツ報知4面より
巨人は2日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行った。今年に入って2度目。今春センバツに出場した選手を対象に、大阪桐蔭・根尾昂内野手(動画)藤原恭大外野手(動画)ら約30人の映像を見返しながら約1時間30分、各スカウトが意見交換、情報の共有を行った。

岡崎スカウト部長は「根尾君とか藤原君は順調なら上位に来る選手じゃないかな」と評価しつつ「上位で(指名に)行く人は、見に行く回数は増えるかも」と動向を注視していく姿勢を示した。




根尾君のスカウト評はこちら

藤原君のスカウト評は
こちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL

育成2年目・高山(巨人)、2軍で2試合連続本塁打

4/3、スポーツ報知4面「巨人2軍監督・川相の眼」より

2016巨人(育成)ドラフト6位 高山竜太朗
九州産業大・捕手・動画

先週は5試合を戦い、2勝3敗。負けは全て完封でした。2軍の試合に慣れないといけない発展途上の選手もいます。それぞれの持ち味を生かしつつ、つないでいけたらと思います。

育成2年目捕手の高山(2016育成ドラフト6位)が2試合で2ランを放ちました。びっくりでした。もともとパワーがありましたけど、キャンプからフリー打撃の対応が良くなった。2つとも狙った直球を捉えての本塁打。1日の楽天戦での1本は初球から積極的に振りに行って見事でした。捕手としての技術も成長しています。宇佐見、田中貴と3人で競争していってほしいですね。

1軍の開幕ローテ入りのテストとして3月27日のヤクルト戦に先発した中川(2015ドラフト7位)も、今週から2軍で投げます。大江、内海、中川と先発は左腕3人がいて、競争です。いい内容の投球をしないと1軍に推薦できない。与えられたところでいい内容の投球をしてほしいと思います。


上の記事は巨人・川相2軍監督が書いたものです。


下は2016育成ドラフトで巨人が指名した選手です。高山竜太朗は6位指名され入団しました。

巨人の2016育成ドラフト指名選手
育1 高井 俊 BC・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索