ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

巨人

巨人育成6位・高山竜太朗、プロでもトップ級の強肩

2017年02月10日

2/10、スポーツ報知2面「伸戦力の武器」より

2016巨人(育成)ドラフト6位 高山竜太朗
九州産業大・捕手・動画

降雪で気温が1度まで冷え込んだG球場。3軍キャンプに参加中の高山竜太朗(動画)は、室内練習場で体を火照らせながら、守備練習でゴロ捕球を黙々とこなした。「今、やっているのは下半身の強化。打撃にも守備にも影響するので」。全体練習後に自主トレに励む毎日だ。

武器は、九産大時代に二塁到達で最速1秒79を記録した鉄砲肩。平均では1秒8台後半から1秒9台前半だった。2秒を切れば強肩とされるプロの世界でも速い部類に入る。キャンプでは本格的な送球練習は行っていないが、川相3軍監督は「普段の練習を見ても強いことが分かる。スローイングもきれいでしっかりしている」と太鼓判を押す。

肩に自信を持ったのは大学3年。「ウェートを始めてから強くなった。4年のリーグ戦では、ほとんど盗塁を企画されてない」。所属していた福岡六大学リーグでは高山の強肩を恐れ、盗塁を仕掛けてはいけないという暗黙の了解ができあがっていた。

憧れの存在は、中学時代に現役晩年だった元ヤクルト・古田敦也だ。「送球はコントロール、速さ、強さの順だと話していたのをテレビで聞いて、今でも心がけている」。大学2年秋から古田モデルの青いミットを使い始めた。古田モデルは、大きいため捕球がしやすい一方で、送球する際の握り替えが難しくなる仕様。

「慣れるために普段のキャッチボールから握り替えを練習していた。完全じゃない握りになったときも想定して、いろんな握りでの送球も行った」。今では、素早い送球と確実な捕球に欠かせない相棒となっている。

課題も自覚している。「打撃、冷静さ、試合を作るリード、投手とのやりとり・・・。古田さんが持つ(味方への)安心感、(相手への)威圧感を出せるようにしたい」。育成からはい上がり、巨人で扇の要を担うため、古田流での成長を目指す。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 12:40|この記事のURL

巨人ドラ7・廖任磊、2軍監督「恐怖心感じた」

2017年02月09日

2/9、スポーツ報知2面より

2016巨人ドラフト7位 廖任磊(リャオ・レンレイ)
開南大卒(台湾)・投手・動画

巨人のドラフト7位・廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(動画)が8日、キャンプ最多の69球を投げ込んだ。最後の18球を左右両打席に立って見守った斎藤2軍監督は「なんせでかいよ。山本昌もでかいけど比じゃない」と驚きを隠せなかった。

リャオが51球を投げ終えたとき、斎藤2軍監督が右打席に入った。剛速球がうなりをあげると「おぉ~~ほほ!」と、思わず笑い声の交じる驚きの声。右で4球、左で14球を見極めた。リャオは実戦を想定し、チェンジアップ、スライダー、カーブを織り交ぜ内角攻め。18球中7球がインコースへの球。「リリーフ投手もそこに本気で投げないと通用しない」と狙いを明かした。

201センチ、125キロの巨体から放たれる剛球を体感した斎藤監督は「迫力があるね。恐怖心を感じる」と絶賛。ブルペンでの投球内容に関しても「最高だよ。十分」と今後の戦力として期待を示した。

11日の紅白戦では、杉内と新人3人の登板は見送られる予定。リャオは「出ることができたらいいですけど」と出場を希望するが、今は課題の制球力などを磨く。「まずはやってきたことをしっかりやるべきです。自分の課題、ポイントをやった方が(実戦に)つながる」と気を引き締めた。




下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

巨人ドラ6・大江竜聖、カーブを教えてもらい特訓中

2017年02月06日

2/6、スポーツ報知2面「伸戦力の武器」より

2016巨人ドラフト6位 大江竜聖
二松学舎大付高・投手・動画

ジャイアンツ球場のブルペン。シャドーピッチングをする大江竜聖(動画)は、空気を切り裂くように力強く腕を振った。「意識していることは、腕と腰、体の軸の回転です。全て直球、(想定する)コースを変えながらやりました」。4日にはプロ初となるブルペン入りで30球。感覚を忘れないようにと、自然と力も入った。

まっすぐな性格そのままに、投球もまっすぐにこだわる。二松学舎大付高時代は最速149キロの直球を武器に甲子園出場に貢献。「直球のキレを一番見てほしい。プロでも(直球で)打ち取れる投手になりたい」と将来を見据える。

元々、直球が自慢だったわけではない。1年生だった14年夏の甲子園。3回戦の沖縄尚学戦で5回途中から救援で甲子園のマウンドに。同点で迎えた9回1死二塁で左翼へサヨナラ二塁打を浴びた。そのとき投げたのは直球だった。「本当に悔しかったですね・・・」。その日は部屋にこもって泣き続けた。

もう一度直球で勝負がしたい。市原勝人監督にお願いし、フォーム、ステップを修正。毎日、何百回もシャドーピッチングを繰り返し、技術も意識もゼロからの再スタートでまっすぐを磨き直した。

そして2年春にはセンバツで再び甲子園に戻ってきた。回転数が増え、キレが増した直球を武器に、初戦の松山東戦で、敗れはしたものの毎回の16奪三振。3年夏の東東京大会・小山台戦では6者連続を含む16奪三振をマーク。昨秋のドラフト6位で、プロへの切符をつかんだ。

キャンプの個別練習では阿波野3軍投手コーチにカーブを教えてもらい特訓中だ。「1年間頑張って、上に上がること。いつかは三振がとれたらいいですね」と目を輝かす。自信のある直球を軸に緩急も身につけ、1軍のマウンドを目指す。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。6位・大江君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 10:54|この記事のURL

岩見雅紀(慶大)に巨人・DeNAのスカウト

デイリースポーツwebsiteより (source)

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

東京六大学野球リーグの慶大が5日、横浜市内の同大グラウンドで今年のチーム初練習を行った。今秋ドラフト候補の岩見雅紀外野手(動画)は、フリー打撃で鋭い打球を披露。「年末年始も太らないように、動けるように過ごしていた。例年よりいい感じ」と、心地よさそうに汗を流した。

現役最多のリーグ戦通算9本塁打。昨秋も130メートル級の特大弾を放つなど、飛距離は群を抜く。アーチ量産にも期待がかかる右の大砲は「個人というより、とにかく勝つこと、優勝することが大事。そのために、僕の数字が上がればいい」と、チーム第一を強調。

最終学年を迎えるが「上(プロ)でやりたい気持ちはあるけど、今まで通りしっかりやることが大事」と、落ち着いて抱負を語った。この日は巨人、DeNAのスカウトが練習を視察した。




岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

巨人ドラ5・高田萌生、投手コーチ「完成度高い」

2017年02月05日

2/5、スポーツ報知5面「伸戦力の武器」より

2016巨人ドラフト5位 高田萌生
創志学園高・投手・動画

力強い腕の振りから繰り出す直球がミットを叩き、乾いた音を大きく響かせた。G球場での3軍キャンプ4日目。ドラフト5位右腕の高田(動画)はプロ初のブルペン投球で、中腰の捕手を相手に30球を投げ込んだ。「最初にしてはまあまあ。(力は)8割くらい。回転が安定していないので、徐々に直していきたい」。静かな口調に、強い意欲をにじませた。

追求するのは、直球の質だ。野球を始めたとき、当時メジャー1年目の松坂大輔に強く憧れ、フォームをまね始めた。高校時代は甲子園の土を踏み「松坂2世」として名をはせた。ブルペン投球を見守った阿波野3軍投手コーチも「フォームに無駄な部分もクセもない。球にもキレがある」と、完成度の高さにうなずく。

現在、新たに参考にしているのは楽天・則本。「自分の武器は直球。でもまだ、速さも回転数も、キレも足りない」。自らの体形、理想から考えて、一番近いと感じた球界の先輩を新たな手本にしている。

もともと研究熱心な性格だ。「ネットで野球の動画を見て、興味があるのを見つけると、いろいろ調べて見入ってしまいます」。読書も、野球関連本の他に、ラグビー日本代表・五郎丸の著作本も手に取る。「メンタルや考え方を、野球以外からも勉強しようと思って読んでいます」。幅広く吸収しようとアンテナを張る。

最終的な目標は、メジャーで通算219勝を挙げた元Rソックスのペドロ・マルティネス。公称180センチとメジャーでは小柄な部類ながら、160キロ近い速球と多彩な変化球を繰り出す米球界のレジェンドだ。「ああいう投手になるのが目標。今はまだ届かないので、できることをやっていく」。冷静に自身の現在地を見つめながら、大投手の道を進み続ける。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。5位指名の高田君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 08:45|この記事のURL

ドラフトニュース検索