ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
巨人

巨人がスカウト会議、清宮(早実)を最上位候補に

2017年06月13日

6/13、日刊スポーツ5面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

巨人が高校通算100本塁打を達成した早実・清宮幸太郎内野手(動画)を最上位候補に位置づけた。12日、都内の球団事務所でスカウト会議を行い、約160人をリストアップ。1位候補は約10人で、その中でも目玉の清宮に対し、岡崎スカウト部長は「(評価は)変わらないと思う。最後まで」と不変の評価を明言。

チームは低迷し、若き大砲も芽が出てきていない現状で、怪物スラッガーの進路動向を注視しつつ、1位候補の軸に据える。

清宮の評価を聞かれ、岡崎スカウト部長の口角が上がった。「変わらないと思う。最後まで。どんどん良くなっている。そういう報告を聞いてます」。高3の春で通算100本塁打を達成。最後の夏にかけての、さらなる成長期を含めても評価は不変の姿勢だ。現在約10人の1位候補選手の中でも、最上位の軸として据えられた。

チームは現在、球団ワーストの13連敗を喫すなどリーグ5位と迷走している。打線の貧打ぶりは深刻。阿部、坂本勇ら既存の主力に続く若手選手が芽吹いてこない。高卒3年目の岡本も含めて大砲が育っていないのが現状だ。

清宮は巨人が抱える苦悩を解消する貴重な存在だ。左の長距離砲は高橋監督、阿部の系譜を受け継げる資質を備える。甲子園で証明したスター性は、OBでヤンキースでも活躍した松井氏と通ずる。表現豊かな言動も、今の若手選手に持ち合わせていない能力だ。

清宮の動向に注視する必要がある。現在まで高校卒業後の進路は明言しておらず、プロ志望か大学進学かで球団の対応は変化することになる。それでもプロを選択すれば、競合辞さずの決意を迫られることになる。最後まで揺るぎない1位評価を与えることは、争奪戦に臨む覚悟も垣間見える。巨人の未来を担うかもしれない逸材をぶれずに追い続ける。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

巨人がスカウト会議、草場亮太・近藤弘樹も高評価

6/13、サンケイスポーツ1面より
巨人は12日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、岡崎スカウト部長らスカウト陣と堤GM、鹿取GM特別補佐が参加。今秋のドラフトに向け、すでに候補に挙げている150人に加え、新たに約10人をリストアップした。

岡崎部長は早実高・清宮幸太郎内野手(動画)について「評価は変わらない」とマークを続ける考え。大学選手権で視察した九産大・草場亮太(動画)岡山商大・近藤弘樹両投手(動画)については「もともと高い評価」とした。



清宮君(早実)のスカウト評はこちら

草場君(九産大)のスカウト評はこちら

近藤君(岡山商大)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

巨人のドラフト育成、高卒ドラ1の移籍でわかったこと

2017年06月11日

6/11、スポーツ報知3面「仙ペン」より

2008巨人ドラフト1位 大田泰示 
東海大相模高・内野手・18歳

今、札幌ドームの打席に立っているのは誰だ。自転車でコケて大ケガ。原さんに涙が出るほど怒られていた、あの男じゃない。それにしても、大田泰示(2008巨人1位)の威圧感にビビることになるなんて。そんな日がやって来るとは思わなかった。

以前、由伸監督に大田のトレードについて聞いたことがある。やはり苦渋の決断だったようだ。自分が打てなくても、いつもベンチの最前列で大声を出し、ナインを鼓舞する姿。指揮官が現役の時から感心していたという。

いや、そんなことよりもポテンシャルだ。あの打球を、肩を、足を見せつけられては諦めがつかない。それが一年に数回しかお目にかかれなくてもだ。それでも8年間というのは、結論を迫られるには十分な時間。巨人ラストシーズンとなった昨年、監督は化学反応を待っていた。

プロ入り以来、ずっと保護者的な存在だった原さんがいなくなった。独り立ちという大きな変化。ここで覚醒せよ。ご存じのとおり、化学反応は起こらなかった。過去7シーズンと何も変わることはなかった。そこに日本ハムからオファーが来た。

もっと環境を変えてやれば・・・。しかも、相手に求められて行くんだし。かくして永遠の未完の大器は、北の大地で大志を抱くことになった。そんなわけで、夢は一夜にして覚めてしまった本日の試合。一つ勝つのは難しいが、二つ勝つのはもっと難しい。

絵に描いたように大田にやられてしまったけど、巨人はお人よしでも、敵に塩を送ったわけでもない。監督は、こうも言っていた。「もし泰示が日本ハムで活躍したら、巨人に足りないものがきっちりと見えてくると思う」

若手の育成。この10年来の課題に答えは見つかっていない。それを突きつけてくれるのは?。巨人の未来へのカギは、依然として大田泰示の手の中にある。



大田君(日ハム)は、昨日の巨人戦で4打数3安打、1本塁打の大活躍でした。

<大田の巨人戦での成績>
6月 9日 3打数2安打 
6月10日 4打数3安打 
---------------------
合計    7打数5安打 (打率.714)




下は2008ドラフトで巨人が指名した選手です。大田泰示は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

巨人の2008ドラフト指名選手
1位大田 泰示東海大相模高内野手
2位宮本 武文倉敷高投手
3位斎藤 圭祐千葉経大付高投手
4位橋本 到仙台育英高外野手
5位笠原 将生福岡工大城東高投手
6位仲沢 広基国際武道大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:11|この記事のURL

巨人のドラフト育成、スカウト名簿に「育成の巨人」

6/12、日刊ゲンダイ38面より
巨人が9日、札幌の地でようやく連敗を13で止めた。マイコラスが八回まで無四球の5安打1失点。九回はマシソンが締め、助っ人2人で2点を守り切った。高橋由伸監督は「1つ勝つことの難しさはこうなる前から分かっていたけど、よりそれを感じた期間だった。なかなか結果が出なかったが、結果でしか示せない世界。時間がかかったけど、結果が出て良かった」と安堵の表情を見せた。

ようやく長いトンネルを抜けたとはいえ、83年の歴史に泥を塗る「13連敗」のワースト記録を樹立した事実は重い。連敗は止まっても、ここまで弱体化したチームの根本的な問題点は横たわったままだ。球団の育成下手とドラフトの失敗である。

高校、大学・社会人のドラフトが現行制度となった08年以降、巨人は昨秋までの9年間で計51人を指名している。しかし、その中で主力に成長しているのは長野、沢村、小林、菅野、田口の5人だけ。そのうち長野、沢村、菅野は「巨人しか行かない」と宣言したほぼ“逆指名”の完成形。高卒は田口しかいないのだ。

この日の日本ハム戦のスタメン10人(外国人選手を除く)を比べると、08年のドラフト以降に入団したのは巨人3人、日本ハム6人。生え抜きは巨人の4人に対し、日本ハムは8人だ。高卒は巨人3人、日本ハム7人。日本ハムは最近のドラフトで獲得した自前の若い選手が次々と台頭。こちらも6連敗と苦しむが、「未来」があるだけマシである。

高校野球に詳しいスポーツライターの美山和也氏がこう指摘する。

「高卒選手の方が伸びしろが大きく、将来的に球団を支える主力に成長する可能性が高い。これは球界の常識です。かつて清武代表が巨人に在籍していた頃、高校に巨人のスカウト名簿を配り歩いたことがある。その中には『育成の巨人』と書かれていたそうです。受け取ったある強豪校の監督は気味悪がっていましたが、今となっては懐かしい。あの頃はまだ育てる意志があった。最近の高校野球ではすっかり巨人離れが進んでいます」

美山氏が続ける。

「高校から巨人に入団してもロクに育ててもらえず、一軍に抜擢されることが他球団と比べると極端に少ない。2年前に発覚した巨人の野球賭博事件も暗い影を落としています。そして、高校側が最も困惑しているのは、巨人が獲得した有望選手をあっさり手放すこと。これが高校側のアレルギーとなっているのです」

毎年のように繰り返されるFA補強。大物を取れば、プロテクトできる28人以外の選手が相手球団に「人的補償」として指名される。これまで何人もの若手が流出した。

「最近では11年ドラフト3位の一岡が広島へ、13年4位の奥村は巨人でたった1年を終えたところでヤクルトへ移籍した。高校球界で『まだ1年しかやってないのに巨人はリストに入れなかった』とブーイングが起きた。同年5位の平良もしかり。最後の夏の沖縄大会は巨人のスカウトだけがチェックできたそうです。それなのに、こちらも昨オフに人的補償でDeNAへ。毎年山ほど獲得している育成契約の評判も良くありません。新設された三軍の試合のためだけのメンバーだと、高校やアマチュア側はそう見ています」(美山氏)

ある強豪校の監督は実際、巨人のスカウトにこう頼んでいるという。「どうせ使ってくれないんだから、うちの選手を指名しないでくれ」。ドラフトはチームづくりの根幹。この10年間で、肝心なその部分が完全に崩壊した。今後を考えると、連敗が止まったことを喜んではいられない。



下はここ2年間のドラフトで巨人が指名した選手です。巨人の歴代ドラフト指名選手はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BC新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BF兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL香川 外野手


巨人の2015ドラフト指名選手
1位 桜井 俊貴 立命館大 投手
2位 重信 慎之介 早稲田大 外野手
3位 与那原 大剛 普天間高 投手
4位 宇佐見 真吾 城西国際大 捕手
5位 山本 泰寛 慶応大 内野手
6位 巽 大介 岩倉高 投手
7位 中川 皓太 東海大 投手
8位 松崎 啄也 日本製紙石巻 内野手
育1 増田 大輝 四国IL徳島 内野手
育2 小林 大誠 BC武蔵 捕手
育3 松沢 裕介 四国IL香川 外野手
育4 田島 洸成 BC武蔵 内野手
育5 大竹 秀義 BC武蔵 投手
育6 山下 篤郎 鎮西高 投手
育7 矢島 陽平 BC武蔵 投手
育8 長谷川 潤 BC石川 投手


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

巨人ドラ2・畠世周が2軍で快投、交流戦明け1軍も

2017年06月09日

6/9、スポーツ報知2面より

2016巨人ドラフト2位 畠 世周
近畿大・投手・動画

巨人のドラフト2位右腕・畠世周投手(動画)が8日、イースタン・西武戦で先発し、5回を68球、1安打、無失点の快投で公式戦初勝利を挙げた。右肩の疲労により、5月9日の同ロッテ戦以来の先発も、最速は151キロをマークし「しっかり腕を振って投げられた」と振り返った。交流戦明けの1軍昇格に向け、上々の再出発を果たした。

剛速球がうなりを上げた。3回2死には藤沢のバットを直球で2度折るほどの威力で圧倒。「精度を上げていかないと」と課題にしていた変化球で緩急をつけ5奪三振でデビューから14回2/3連続無失点を継続。

2軍では来週に100球、7回以上をめどに先発する予定で、結果を残せば交流戦明けに昇格となる。「誰もから、上がって当然と思われるような結果を残して(1軍に)行きたい」と背番号28。1軍の救世主となるため、万全の態勢を整えていく。

(6月8日 イースタン・リーグ 巨人 7―2 西武)



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。2位・畠君のスカウト評はこちら


巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
育1 高井 俊 BCL・新潟 投手
育2 加藤 脩平 磐田東高 外野手
育3 山川 和大 BFL・兵庫 投手
育4 坂本 工宜 関学大・準硬式 投手
育5 松原 聖弥 明星大 外野手
育6 高山 竜太朗 九州産業大 捕手
育7 堀岡 隼人 青森山田高 投手
育8 松沢 裕介 四国IL・香川 外野手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索