ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
巨人

藤原&根尾、巨人・DeNAなど7球団スカウトの声

2018年08月07日

8/7、日刊スポーツ3面より 
大阪桐蔭が2度目の春夏連覇へ大きな一歩を踏み出した。春夏連覇経験校同士の対決で、作新学院に競り勝った。走攻守でチームを引っ張ったのは今秋ドラフト1位候補の藤原恭大外野手(動画)根尾昂内野手(動画)。藤原はタイムリーと快足、根尾は2安打と美技で甲子園を沸かせ、プロのスカウトをあらためてうならせた。

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「(藤原について)足が速いのはもちろんだが、状況を見極める勘や判断がいい。瞬発力もある」
「(根尾について)選球眼が良くなっている」

▼オリックス・長村球団本部長
「(藤原について)走攻守高いレベルでバランスのとれた選手。何より野球への取り組みがすばらしい」
「(根尾について)身体能力が高い。高校生トップクラスだが、これからますます楽しみ」

▼楽天・長島スカウト部長
「(藤原について)走攻守そろっている。即戦力に近い」
「(根尾について)潜在能力が高い。楽しみな選手。ドラフト1位の12人に入るだろう」

▼広島・鞘師スカウト
「(藤原について)ストライドが大きくて、力強い走り。走って、甲子園が沸いたのはオコエ(現楽天)以来じゃないですか」

▼DeNA・吉田スカウト部長兼GM補佐
「(根尾&藤原について)スイング、体に力強さがある。上位候補なのは間違いないです」

▼阪神・畑山チーフスカウト
「(根尾&藤原について)将来、スター選手になれる逸材なのは間違いない。スピード、スイングで見るものをワクワクさせる、魅了するものを持ってる。根尾は守備でノーミスで非常にいい動き。体幹の強さはソフトバンク・今宮と似たところがある」

▼巨人・岡崎スカウト部長
「(藤原について)守備も肩も足もいい。外野手として3拍子そろっている」
「(根尾について)投手としても野手としても高校トップクラス。(投手か野手)どっちがいい?。それは入ったチームが決めることでしょ。この2人は特に高校生トップクラス」


(8月6日 夏の甲子園1回戦 大阪桐蔭 3-1 作新学院)



根尾君のスカウト評はこちら

藤原君のスカウト評はこちら

柿木君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 09:42|この記事のURL

巨人、ドラフト前に入団テスト

8/7、スポーツ報知8面より
巨人は18年度の新人テストを9月15日にジャイアンツ球場で行う。19年4月1日時点で18歳以上24歳までなど条件付き。受け付けは必要事項を9月12日午後5時までにEメールで。詳細は球団HPまで。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 08:11|この記事のURL

巨人トレーナー、準強制わいせつで送検

2018年08月02日

8/2、サンケイスポーツ21面より
マッサージを装い、女性の胸などを触ったとして、警視庁渋谷署は1日までに、プロ野球巨人の男性の元トレーナー(31)を準強制わいせつの疑いで書類送検した。7月31日付。

書類送検容疑は5月中旬ごろ、東京都渋谷区の美容サロンで40代女性の胸を触るなどした疑い。巨人広報部によると、元トレーナーは巨人が業務委託した会社に所属し、6月初旬まで2軍の担当をしていた。同広報部は取材に対し「球団業務以外の行為とはいえ、当球団で働いていた元トレーナーが書類送検されたことは誠に遺憾」としている。

巨人では、不祥事が相次いだとして7月17日に老川祥一前オーナーが辞任。理由として支配下選手の球団内での窃盗事件が発覚したことや、元トレーナーのわいせつ疑惑が一部の写真週刊誌に報じられたことなどを挙げていた。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

勝又温史(日大鶴ヶ丘)、中日・巨人は投手で評価

2018年08月01日

8/1、夕刊フジ32面より

勝又 温史 (日大鶴ヶ丘高・投手)
178cm・右投左打・動画

日大鶴ヶ丘・勝又(動画)が投じた154球目の131キロカットボールは、捕手の要求よりも少しだけ内側に入った。日大三の4番・大塚にすくい上げられ、左翼席に飛び込むサヨナラ2ラン。突然の幕切れにマウンドに座り込み、呆然と着弾点を見つめるしかなかった。

西東京大会ではまぎれもなく主役を張った。150キロ台の快速球を連発したかと思えば、クリーンアップに座り目の覚めるような長打を放つ。活躍を報じるスポーツ紙二は二刀流の見出しが躍り続けた。

この日は試合後、熱中症のためにけいれんを起こし都内の病院に救急搬送され、コメントを残すことはできなかったが、右腕はこれまで「投げるのも打つのも両方好きです。上のレベルでも二刀流?。そうですね。続けたいです。大谷選手ほどの力はないですが、謙虚に力を伸ばしていきたい」とプロでの二刀流挑戦を口にしてきた。

中日・中田アマスカウトディレクターは「投打ともに素材はトップだが、まだまだ投手として力を出し切れていない。球速はまだまだ伸びていくだろうね。ウチとしては150キロ以上を投げる選手は投手一本で考えたい」と通算30発以上の長打力よりも投手としての能力に魅力を感じている。

巨人・青木スカウトも「150キロ以上を出せる投手はなかなかいない。負けん気の強い性格も投手向き」と、やはり投手優位とみている。



勝又君のスカウト評はこちら

勝又君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 10:17|この記事のURL

巨人がスカウト会議、近本光司(大阪ガス)急浮上

2018年07月31日

7/31、中日スポーツ5面より

近本 光司 (大阪ガス・外野手)
170cm・左投左打・動画

巨人の今秋ドラフト上位候補に、大阪ガス・近本光司外野手(動画)が30日、急浮上した。俊足巧打が売りで、今夏の都市対抗野球では決勝で適時打を放つなど21打数11安打の打率・524。チームの優勝に貢献し、首位打者賞と最高殊勲選手賞にあたる橋戸賞を受賞した。

この日、巨人は都内の球団事務所でスカウト会議を開いた。終了後に対応した岡崎スカウト部長は都市対抗野球の印象を問われ「近本なんかはいい活躍をしたけどね」と自ら名前を出し、「彼ももともといい選手。足も速くてバッティングも良くて」と賛辞の言葉を続けた。

巨人の外野陣は亀井、長野、陽岱鋼の3人が主力を張る。一方で若手が伸び悩んでおりこの日は育成の松原と支配下選手契約を締結した。レギュラーを張れる若手外野手の育成は大きなテーマの一つ。著しい活躍を見せた近本は即戦力としてうってつけの存在で、今後も注視を続けていく。



近本君のスカウト評はこちら

近本君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索