ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
楽天

梅津&上茶谷(東洋大)、中日・楽天「評価不変」

2018年06月14日

6/14、スポーツ報知8面より
今秋のドラフト1位候補投手3人を擁し、優勝候補の筆頭だった東洋大(東都大学)が、まさかの7回コールド負けを喫した。上茶谷大河(動画)梅津晃大両投手(動画)が、九産大(福岡六大学)に計14安打を浴びて10失点。東都勢のコールド負けも2年連続初戦敗退も初の屈辱となった。

右翼席へ吸い込まれる打球を見送ると、梅津は大きく息を吐いて汗を拭った。5点ビハインドの7回2死一塁。5回にも右越えソロを許した9番・横田翼に、2打席連発でコールド負けが決まる“サヨナラ”2ランを浴びた。「負けた時は、あっという間すぎて分からなかった。状況をのみ込むというよりは、頭が真っ白になったというか・・・」。伏兵の2発に沈み、肩を落とした。

今秋ドラフト1位候補右腕トリオが、見せ場なく散った。1試合20奪三振のリーグ記録を作った上茶谷は、体調不良で3回途中7安打6失点(自責4)KO。3回1死満塁から登板した153キロ右腕の梅津も打たれ、守護神の159キロ右腕・甲斐野央は、登板なく終わった。

東都勢のコールド負けと、2年連続初戦敗退は、リーグ史上初の屈辱だ。杉本泰彦監督は「上茶谷は昨日と別人だった。今日の体調が良くなかったのかな」と首をかしげた。

ネット裏には日米13球団、約70人のスカウトが集結。楽天・長島スカウト部長は「打たれた、点を取られた、負けたからといって、評価は不変。秋まで徹底的に追っていきます」。中日・中田スカウトディレクターも「梅津くんは本来の力が10としたら、まだ5ぐらい。2人とも素晴らしい素材を持っているし、我々の評価は変わらない」と更なる成長に期待を込めた。

リーグ戦未勝利の梅津は、真価が問われる秋へ視線を向けた。「ストライクカウントを取りにいけるコントロールをつけたい。もっと球の威力も上げたい」。敗戦の悔しさをバネに、切磋琢磨していく。

(6月13日 全日本大学選手権2回戦 九州産業大 10-3 東洋大)



上茶谷君のスカウト評はこちら

梅津君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL

太田光(大商大)、楽天「勝たせるキャッチャー」

2018年06月12日

6/12、日刊スポーツwebsiteより (source)

太田 光 (大阪商業大・捕手)
177cm・右投右打・動画

大商大(関西6大学)が天理大(阪神大学)に5回コールドで圧勝した。今秋ドラフト候補の太田光捕手(動画)は、二塁打を2本放ち、先発の大西広樹投手を5回無失点と好リードした。富山陽一監督も「慎重に研究してくれた。さすが太田ですね。ゼロでいくというね」と手放しでほめた。

昨年の2回戦で対戦した時は、2-4で敗戦。この日の先発と同じ、当時1年生だった森浦大輔投手に16三振を奪われた。この日は森浦を3回途中でKO。同じ舞台でリベンジを果たした。

1年時から正捕手を務める太田が目指すのは勝てるキャッチャー。「守備だけじゃなくて、打ってランナーをかえすこと。打つだけ守るだけじゃやなく、トータルで勝てるキャッチャーに」と力強く話した。

チームを快勝に導いた姿を、見守ったプロスカウト陣も評価。楽天・愛敬スカウトは「勝たせるキャッチャー。スローイングも落ち着いているし、(関西6大学リーグでの)優勝経験が生きている。今までの成績が物語っている」と話した。

(6月11日 全日本大学選手権1回戦 大商大 10-0 天理大)




太田君のスカウト評はこちら

太田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 16:44|この記事のURL

山口航輝(明桜)、楽天「中田翔タイプ」

2018年06月08日

6/8、サンスポwebsiteより (source)

山口 航輝 (明桜高・投手兼外野手)
181cm・右投右打・動画

山口(動画)の強烈な打球は瞬く間に右中間芝生席の最深部に突き刺さった。推定130メートル弾。山口は悠々とダイヤモンドを一周した。

「好投手の直球を打ち崩そうとヤマを張った。(強烈な当たりで)気持ちよかった」。6-1で迎えた五回、無死三塁。磐城の好投手・小山の外角高め直球をとらえた高校通算20本目に白い歯がこぼれた。前の打席も右越え三塁打を放ち、2安打3打点だ。

その雄姿を11球団のスカウトが視察した。楽天の長島哲郎スカウト部部長は「馬力もあるし、右に押し込めるのは魅力。中田翔タイプでスケール感は魅力」と高評価。山口も「右へ強く打つ練習をした。持ち味を出せた」と自賛した。

昨夏の秋田大会決勝、金足農戦で右肩を負傷するまで、最速146キロを誇る「4番・投手」の大黒柱だった。その後手術を受け、3月から投球練習も再開。「今では1日100球くらい投げたりする」(山口)と“投手復活”へ着実に歩を進めている。

今大会は、高校入学後の主要大会では初めて背番号1で登録された。チームの復活へ対する期待の表れだ。「何番でもやることは変わらないと思っているが、ビックリした」と山口。

投打の“二刀流”には特別な思いを抱く。寮ではベッド横の壁に、エンゼルス・大谷の投打両方の写真を貼っている。横たわって壁側を向くと、そこにはいつも憧れの大谷の姿。「毎日(一緒に)います。こういう選手になりたい」。恋人を見つめるように目を輝かせる。

夏の大会へ向けた試金石となる大会で、まず1勝を挙げた。「夏につなげる試合をしたい。いい投手と勝負して、自信をつけたい」。プロ注目の有望株はさらなる高みで己を磨く。 

(6月7日 東北大会1回戦 明桜 8-1 磐城)



山口君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 11:37|この記事のURL

楽天ドラ1近藤が2軍で好調、近日中1軍デビュー

2018年06月05日

6/5、スポーツ報知2面より

2017楽天ドラフト1位 近藤弘樹
岡山商科大・投手・動画

楽天のドラフト1位・近藤弘樹投手(動画)が6日の巨人戦で初先発する可能性が4日、急浮上した。6日に先発予定だった塩見が、へんとう炎による体調不良で急きょ登録抹消。パ・リーグのドラフト1位ルーキーが交流戦の巨人戦で先発デビューすれば、史上初となる。

楽天は交流戦にここまで5戦全敗。泣きっ面に蜂とも言える緊急事態のため、ギリギリまで状態を見極めての判断となるが、森や池田らとともに近藤が候補に挙がった。この日は、1軍本隊とともに新幹線で東京入り。プロ初登板初先発のチャンスが舞い込んできた。

186センチ、96キロの恵まれた体から投じる最速153キロの直球が武器。岡山商大で頭角を現し、3年時には大学日本代表候補に選出された。4年春には大学選手権にも出場。

キャンプでは2月中旬に2軍落ちし、イースタンでは5月上旬までは苦しんだが、同16日のロッテ戦から3試合、16回連続無失点で3安打しか浴びておらず、「やっとよくなってきた」と手応えを口にしていた。

大学4年間を過ごした岡山は、1月に亡くなった星野副会長(享年70)の故郷。外れ外れ1位で闘将が指名し、昨年12月には初対面。直接指導も望んでいた。借金が今季最多17の犬鷲軍団。闘将の思いを継ぎ、救世主となるべく新風を吹かせる。



下は2017ドラフトで楽天が指名した選手です。1位指名・近藤君のスカウト評はこちら

楽天の2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×村上 宗隆  
1位近藤 弘樹岡山商科大投手
2位岩見 雅紀慶応大外野手
3位山崎 剛国学院大内野手
4位渡辺 佑樹横浜商科大投手
5位田中 耀飛BFL兵庫外野手
6位西巻 賢二仙台育英高内野手
7位寺岡 寛治BCリーグ石川投手
育1井手 亮太郎九州産業大投手
育2松本 京志郎 光南高内野手
育3中村 和希天理大外野手


draftkaigi at 07:16|この記事のURL

上茶谷大河(東洋大)、楽天「12人で消える」

2018年05月31日

5/31、日刊スポーツ6面より

上茶谷 大河 (東洋大・投手)
180cm・右投右打・動画

東洋大が亜大に雪辱し、3季連続優勝に王手をかけた。2試合連続で先発したドラフト1位候補の上茶谷大河投手(動画)が、6回無失点の好投。7回から甲斐野央投手(動画)が3回無失点に抑えた。今日31日の第3戦に勝てば優勝が決定し、敗れれば国学院大の優勝が決まる。

上茶谷が、気迫で王手をかけた。29日の第1戦は7回3失点で敗退。寮に帰った後、杉本監督から「いけるか?」と聞かれ、「やり返すチャンスをもらったので、やってやろうと思った」。起床時は「いつも以上の張りを感じた」が、目安の3回を大幅に超える6回無失点で5勝目を挙げた。

杉本監督は「先発は向こうは中村稔君でしょうし、僕らは上茶谷」と3連投を示唆した。

▼楽天・長島スカウト部長
「上茶谷君は投げ方がいいので球が暴れない。あとは状態だけ。(甲斐野、梅津を含め)3投手は12人で消える」

 
(5月30日 東都大学野球 東洋大 1-0 亜細亜大)




上茶谷君のスカウト評はこちら

上茶谷君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:10|この記事のURL

ドラフトニュース検索