ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
楽天

奥川恭伸(星稜)、ヤクルトなどスカウト絶賛の嵐

2019年08月18日

8/18、日刊スポーツ2面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

甲子園で星稜・奥川(動画)の賛歌が相次いだ。テレビ中継でゲスト解説を務めた星稜の山下智茂名誉監督は「調子が悪くて心配だったのに・・・失投は1、2球。こいつ、本当に人間なんかな?と思った」と驚いた。ともに解説した智弁和歌山の高嶋仁名誉監督も「甘い球がない。完璧。3安打じゃ勝てません」と脱帽だった。

星稜の林和成監督は「僕が見た中でベストピッチ。末恐ろしい。相手によって(強いほど)牙をむく。延長に入ってコーナーに150キロ以上の球を投げていたので、もう奥川でいくしかないと思った。ゾーンに入っているようでした」と興奮気味に語った。

プロ野球関係者もうなるしかない。現場に駆けつけた楽天・立花球団社長は「毎年甲子園に来てはいますが、ここ数年ではNO・1投手。150球投げても150キロが投げられるのはすごい」と話す。阪神・筒井スカウトは「いい意味で心と体のバランスが取れている」と大人の投球ぶりに感心。

ロッテ・永野チーフスカウトは「前の試合と全然違う。スライダーの精度が変わった。ものにしたと思う。強烈だった」。中日・米村チーフスカウトは「彼は負けない。いい状態でも悪い状態でも勝って、総合力ではNO・1。プロに入ったら勝つことが一番重要」。

ヤクルト・阿部スカウトは「試合開始後の初球からチェンジアップを続けるのは今までなかった。配球も含めて考えている。勝てるピッチャーだから、そこはプラスアルファの評価になるでしょう」など高い評価が続いた。

(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 11:27|この記事のURL

奥川恭伸(星稜)、中日・楽天・ロッテなど熱視線

2019年08月14日

8/14、中日スポーツ6面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

中日は米村チーフスカウト、松永編成部長ら全スカウトが初戦に続いて星稜・奥川(動画)を視察した。1大会で2試合を視察するのは昨年のドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)に続いてで、中日・米村チーフは「評価はこの大会でワンランク上がったでしょう」と改めて高評価した。

ほかにも楽天、ロッテなどが甲子園に姿を見せた。楽天・後関スカウト部長は「表情はくたびれているようにも見えたが、いいボールを投げていた」と評価。ロッテ・永野チーフスカウトも「真っすぐはシュート回転が減っていた。フォークがゾーンに決まりだしたら、手がつけられなくなる」とうなった。

(8月13日 甲子園大会2回戦 星稜 6-3 立命館宇治)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:00|この記事のURL

楽天ドラ6・渡辺、横浜高校前監督の孫が大活躍

2019年08月12日

8/12、サンケイスポーツ6面より

2018楽天ドラフト6位 渡辺佳明
明治大・三塁手・動画

ルーキーが勝利の立役者だ。楽天のドラフト6位・渡辺佳明内野手(動画)が2本の適時打を放ち、チームの3位タイ浮上に貢献した。「どの打席も集中していますが、チャンスで回ってくると、さらにスイッチが入ります」

四回に左前適時打。同点の六回は勝ち越しの中前適時打。打率・248ながら、得点圏打率は・552(29打数16安打)で13打点。プロ入り時は横浜高の前監督、渡辺元智氏の孫として注目されたが、勝負強い打撃を続けている。

プロで活躍するために食生活を変えた。これまで、サラダにはドレッシングをかけてきたが「体にいいから」とオリーブオイルに。焼き肉店に出向いた際は肉をサンチェで包む。野菜も多く食べるように心掛け、疲労が蓄積する夏場を乗り切ろうとしている。

「試合の流れが相手に傾いてもおかしくない場面で打った。普通の適時打とは価値が違う」と平石監督。渡辺佳が仙台の夜に輝きを放った。

(8月11日 パ・リーグ 楽天 8-2 オリックス)



下は2018ドラフトで楽天が指名した選手です。6位指名・渡辺君のスカウト評はこちら

楽天の2018ドラフト指名選手 
× 藤原 恭大    
1位 辰己 涼介 立命館大 外野手
2位 太田 光 大阪商大 捕手
3位 引地 秀一郎 倉敷商高 投手
4位 弓削 隼人 スバル 投手
5位 佐藤 智輝 山形中央高 投手
6位 渡辺 佳明 明治大 内野手
7位 小郷 裕哉 立正大 外野手
8位 鈴木 翔天 富士大 投手
育1 清宮 虎多朗 八千代松陰高 投手
育2 則本 佳樹 山岸ロジスターズ 投手



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

佐々木(大船渡)の体力不足問題、楽天GMが異議

2019年08月10日

8/10、日刊ゲンダイ43面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

「甲子園の視察? 行かないですよ。(ネットの)裏で見るより、(テレビで)正面から見た方が、よく分かるじゃないですか」。こう言って笑ったのが、楽天の石井一久GMだ。もっぱらチームと行動を共にしている石井GM。気になるのが、大船渡(岩手)の佐々木朗希(動画)に対する評価だ。

佐々木は夏の岩手大会の決勝で登板しないまま敗戦。その是非はともかく、これを「体力に問題あり」と見る球界関係者は少なくない。佐々木は今秋ドラフトの目玉。1位指名は揺るがないだろうが、指名球団の数に影響しかねない。

そんな地元のスターを楽天の編成のトップはどう評価しているのか。日刊ゲンダイの直撃に石井GMは「評価というのは変わらない」と、こう続けた。

「体力不足? なんで、そうなるんですか? (連投回避でも)そうはならないと思いますよ。(少し考えて)限界というのを見極められたんじゃないかな。例えば、マラソンランナーは100キロは走らないじゃないですか」。独特の例えだが「プロだって2日連続で先発して長いイニングを投げない」ということだろう。

「そうですね。(佐々木はまだ)成長段階だから・・・。まあ、あまりこういう論争に巻き込まれたくないので」と、言葉少なだった石井GM。

もっとも、東北全域をフランチャイズにしている楽天にすれば、佐々木は新たな「東北の星」。何球団と競合しようと、どのみち指名しなければいけないというならば、体力うんぬんは関係なく、「評価は変わらない」のは当然か。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

奥川恭伸(星稜)、西武・楽天・中日・ヤクルトの声

2019年08月08日

8/8、スポーツ報知5面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

星稜の今秋ドラフト1位候補右腕・奥川恭伸(動画)が、94球の1-0で令和初完封を飾った。ロッテのスピードガンでは最速154キロをマークし、3安打1四球9奪三振。旭川大高打線に三塁を踏ませなかった。

~以下、奥川のスカウト評~

▼中日・米村スカウトチーフ
「総合力の高さは高校生で一番。素材型の佐々木、総合力の奥川、馬力の西、左腕の及川。1-0で勝つのがエース。制球力や投げっぷりが川上憲伸に近い」

▼ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク
「完成度に磨きがかった。松坂、ダルビッシュ、マー君のレベル。あとはローテに入るための体力をつけるだけ」

▼西武・渡辺GM
「嫌な展開でも完封。流れが変わりそうな中でも抑えている。高校野球で何が起こるか分からない中で、何かしら強いものを持ってるんだろうね」

▼楽天・後関スカウト部長
「球も強くなっているけど、一番は制球。意思通りに投げている。ピッチングをしてるよね。調子が悪くても勝てる投手」


(8月7日 甲子園大会1回戦 星稜 1-0 旭川大高)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索