ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
楽天

田浦文丸(秀岳館)、楽天・広島が診断

2017年08月18日

8/18、東京スポーツ終面「プロのスカウトが診断」より

田浦 文丸 (秀岳館高・投手)
170cm・左投左打・動画

熊本県大会決勝では自己最速の148キロを計測し、ポテンシャルの高さを証明した左腕。横浜との1回戦では7回からマウンドに立ったが、それまで右翼手で守備に就いていた影響もあって両足がつるアクシデントに見舞われ、3ランを被弾。それでも変化球主体の投球に切り替えて相手の反撃を断ち切った。

「外野も守って野球好きな野球小僧という印象。体はそう大きくないけど、タイプ的には巨人の田口みたいな感じ。使い減りがしないぐらい投げられそうだ」とは楽天・早川副会長補佐の弁。

広島の鞘師スカウトも「川端君とともに、プロで十分活躍できる素質は持っている」と二重丸をつけた。

だが、高評価ばかりではない。「横浜との初戦はフォームがいいときと全然違った。体重が左に乗って前に向かってこない。上体が遅れて追いついてこない。あれでは・・・」と首をかしげるスカウトもいた。



田浦君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:52|この記事のURL

川端健斗(秀岳館)、中日・楽天が診断

8/18、東京スポーツ終面「プロのスカウトが診断」より

川端 健斗 (秀岳館高・投手)
174cm・左投左打・動画

初戦の横浜戦で先発し、6回1失点に抑えてチームを2回戦進出へと導いた。最速148キロ左腕でマウンドでは冷静沈着だ。

「今大会(の投手)では1番か2番じゃないですか。ピッチングを知っている。ムキになってガンガン行くようなタイプじゃない。抜くという緩急(の使い分けができるタイプ)だよね」とは楽天・早川副会長補佐

中日・中田スカウト部長も「左で球に角度がある。ストレートは140キロ後半は出て右打者のヒザ元にしっかり投げ込んでいるし、カーブは昔でいうドロップみたいな感じ。直球も変化球も角度がいい」と褒めた。

ただし、他のスカウトからは「まだ高校生だから仕方のない面もあるが、体ができていない」との声も。現時点では大学進学が濃厚だが「大学でさらにレベルの高い打者と対戦し、おそらく壁にぶち当たる。いろいろ考え込むタイプにも見えるから、その壁を乗り越えられるかどうか」と分析する関係者もいた。



川端君のスカウト評はこちら

川端君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:34|この記事のURL

長谷川拓帆(仙台育英)、楽天が打撃を評価

2017年08月13日

8/13、スポーツニッポン6面より

長谷川 拓帆 (仙台育英高・投手)
177cm・左投左打・動画

恐怖の9番だ。仙台育英・長谷川(動画)が大甲子園を埋め尽くした4万7000人の観衆をバットで沸かせた。2回無死二、三塁、チェンジアップを捉えた打球は右翼席へ一直線。ガッツポーズしてダイヤモンドを一周し「バッティングは好き。とても気持ちよかった」と頬を緩ませた。

高校通算本塁打はまだ4本目だが、佐々木順一朗監督は「新チームのスタートは4番だった」と話す。大会注目の左腕エースは、打撃も非凡。小6時に在籍した楽天ジュニアの監督だった楽天の沖原佳典スカウトは「(現在の同僚の)西巻、佐川がいた当時のメンバーの中でもパワーがあった」と回想した。

投球では4回まで毎回先頭打者の出塁を許したが、3併殺を奪った。佐々木監督から助言された、力を適度に抜く「8割投法」。力投型だった今春センバツでは1回戦の福井工大福井戦で、2点リードの8回以降に4点を与えて逆転負けした。反省を生かした変身で6回を2安打無失点に抑え「心の余裕ができた」とうなずいた。

昨秋の明治神宮大会も初戦敗退。これが新チームでつかんだ初めての全国1勝だ。いずれも敗戦投手となっていただけに「全国で1勝できて安心した」と笑顔。平沢(ロッテ)、佐藤世(オリックス)を擁して準優勝した15年夏はスタンド観戦だった。「先輩たちを超えられるように頑張りたい」。たくましくなった姿で帰ってきた長谷川が、東北勢初優勝の悲願達成に導く。

(8月12日 甲子園大会1回戦 仙台育英15―3滝川西)



長谷川君のスカウト評はこちら

長谷川君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:24|この記事のURL

中村奨成(広陵)、楽天・日ハムなど5球団の声

2017年08月12日

8/12、スポーツ報知5面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

▼楽天・長島スカウト部長
「高校生ではナンバー1捕手。ケガをしても県大会から出ていたし、ハートの強さも魅力。鍛えがいがあるな、という印象。上位で指名される可能性は十分ある」

▼日本ハム・大渕スカウト部長
「ここまで走攻守そろった捕手は今までにいない。みんなが注目する大舞台で、いいところが全部出た。文句のつけようがない」

▼ヤクルト・小川SD
「能力の高さを証明してくれた。肩も長打力も捕手としてのフットワークも、一つ一つで能力の高さを感じた。高校生の捕手では抜けている存在」

▼DeNA・吉田編成部長
「肩もバッティングも良かったし、足も見せてくれた。捕手が欲しいところは、いの一番でいくんじゃないか」

▼ブレーブス・大屋スカウト
「将来的な伸びしろも残した選手。こんな子に、メジャーに行きたいですと言ってもらいたい」

(8月11日 夏の甲子園1回戦 広陵10―6中京大中京)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:05|この記事のURL

増田珠(横浜)プロ志望表明、楽天が高評価

8/12、スポーツ報知4面より

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

高校通算33発の今秋ドラフト候補、横浜・増田珠(動画)が2点を追う9回2死から左飛で最後の打者になり、11年ぶりに初戦敗退。「あのアウトも一生の思い出。宿舎に帰って泣きたい」と笑顔を貫いた。

神奈川大会から5戦連発は逃したが、2回に死球、5回には10打席連続出塁となる中前打。三盗からの生還で気を吐いた。楽天・長島スカウト部長は「リストの利いた打撃」と評価。背番号8は進路について「プロ一本。センター返しで安打を量産したい」と誓った。

(8月11日 夏の甲子園1回戦 秀岳館6―4横浜)



増田君のスカウト評はこちら

増田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:21|この記事のURL

ドラフトニュース検索