ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
楽天

楽天、ドラフト1位に石川昂弥(東邦)急浮上

2019年10月16日

10/16、日刊スポーツ5面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

楽天の1位候補に日本の4番・石川(動画)が急浮上した。球団関係者によると「10年に1度、出てくるかの逸材。将来の主砲候補として調査している」と説明。高校通算55本塁打の右の大砲について石井GMら首脳陣の評価が高く、佐々木と並んで1位候補に絞り込まれた模様だ。

甲子園の星に熱視線を注ぐ。石川は今春のセンバツ決勝で2本塁打を放ち、投げては完封。U18W杯でも全試合に4番で出場して存在感を示した。投打二刀流としても魅力があるが、スラッガーとしての才能を評価。浅村に続く和製長距離砲は補強ポイントの1つで、競合必至での指名を検討している。

「令和の怪物」も1位候補に残る。最速163キロをマークした大船渡・佐々木(動画)の動向をつぶさにチェック。8月末のU18高校日本代表壮行試合では石井GMも視察し「何十年かに1人の逸材」と絶賛していた。

4日にはプロ志望届を提出した佐々木と面談。宮越スカウトは「日本球界としてどう育てていくか」とスケールの大きさを口にしていた。東北6県に根ざす球団として、岩手出身のご当地選手は魅力が十分にある。

石川か、佐々木か。どちらにしても競合は避けられない。16日に石井GMらも出席してのスカウト会議を行い、1位指名の最終決定をする。



石川君のスカウト評はこちら

石川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

楽天、秋山翔吾(西武)の獲得調査へ乗り出す

2019年10月08日

10/8、スポーツ報知4面より

2010西武ドラフト3位 秋山翔吾
八戸大・外野手

楽天が、今季途中に海外FA権を取得した西武・秋山翔吾外野手(2010西武3位)の獲得に向けた調査に乗り出すことが7日、分かった。秋山はかねてメジャー志向を明かしており、今オフにメジャー挑戦に踏み切る可能性が高いが、国内移籍に方針転換するケースを想定して調査を進めていく。

楽天は今季、中堅のレギュラー候補だった田中が左手首骨折で途中離脱。わずか59試合の出場にとどまった。代わりにドラフト1位の辰己が主に中堅を守ったが、俊足と強肩を生かした守備力が光る一方で、打力不足が目立った。

秋山は、15年にシーズン216安打のNPB新記録を樹立するなど、実績、実力ともに申し分ない。今年5月に国内FA権を取得した広島・会沢翼捕手とともに、今後の動向を注視していく。



下は2010ドラフトで西武が指名した選手です。秋山翔吾は3位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の2010ドラフト指名選手
1位大石 達也早稲田大投手
2位牧田 和久日本通運投手
3位秋山 翔吾八戸大外野手
4位前川 恭兵阪南大高投手
5位林崎 遼東洋大内野手
6位熊代 聖人王子製紙外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)、楽天と面談

2019年10月05日

10/5、サンケイスポーツ6面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

17日のドラフト会議で1位指名競合が予想される最速163キロ右腕、大船渡高・佐々木朗希投手(動画)が4日、楽天と面談。前日3日のヤクルト、ロッテに続き、3球団目の話し合いを行った。

この日、同校を訪れた楽天・宮越スカウトとは佐々木本人に加え、国保陽平監督、吉田小百合部長、母・陽子さんも同席。宮越スカウトは具体的な内容は明かさなかったが、「プロ野球がこんな世界というのを話しました」と約50分間、本人からの質問も含めて、ゆっくりと話し合ったという。

すでに日本ハムが1位指名を公言しているが、東北に本拠を構える楽天も「日本球界として、どうやって育てていくかということなので」とスケールの大きな163キロ右腕を高く評価している。過去には田中将大(現ヤンキース)が高卒1年目から活躍、エースに育て上げ、メジャーに送り出した、好例もある。

日には巨人・長谷川スカウト部長や中日、広島などが面談に訪れる予定。令和の怪物をめぐる争奪戦は今後も続く。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

森下暢仁(明大)、楽天「プロで2ケタ勝てる」

2019年10月01日

10/1、スポーツ報知4面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

早大が、明大の今秋ドラフト1位候補・森下暢仁投手(動画)を攻略し、初戦黒星からの2連勝で勝ち点を挙げた。同点の9回、2死満塁から小藤翼捕手が、左中間へ走者一掃の二塁打を放ち勝負を決めた。

中1日で133球を投げた森下は、自己最速に並ぶ155キロをマークするなど力の入った投球を見せたが、9回途中4失点(自責0)で今春開幕戦以来の黒星を喫した。

森下が同点の9回2死満塁、149キロの高め直球を早大・小藤に左中間二塁打され、勝負は決した。「抜いた球でいけばなんてことはなかった。力でいってしまった。まだまだ冷静になれてなかった」。126球完封から中1日で133球。2回には自己最速タイの155キロをマーク。8回2/3を投げ7安打4失点。自責ゼロも悔しさが残った。

それでも楽天・福田プロアマスカウトアドバイザーは「制球力、キレ、スピードの3要素を全て持っている。コンディションさえ整えば、2ケタ勝てる」と高評価を与えた。

(9月30日 東京六大学野球 早稲田大 4-1 明治大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

柳町達(慶大)、DeNA・楽天が高評価

2019年09月23日

スポーツ報知websiteより (source)

柳町 達 (慶応大・三塁手)
180cm・右投左打・動画

今秋のドラフト候補選手5人を擁する慶大は、柳町達中堅手(動画)の適時打などで、5回に6点を挙げ、東大に大勝した。

今春、令和初の通算100安打を達成した柳町が大量得点の号砲を鳴らした。4点リードの5回無死一、二塁で中前適時打。「来た球をしっかり打つ意識で打席に入った」と振り返った。打線はこの回、打者一巡で6点。柳町は6回も右前打で、4打数2安打1打点。開幕2試合目で安打が出たことに「調子は悪くないが、もっと上げていきたい」と上を向く。

プロのスカウト陣からも注目を浴びるが「チームが勝つことが前提。あまり意識していない」と自然体だ。18年春以来のリーグ優勝に向け、まずは勝ち点1。「最後に優勝して終わるのが一番。そこを目指してやっていけたらと思います」と次戦を見据えた。

バックネット裏で見守った楽天・鷹野スカウトは「バットコントロールが良く、率を残すタイプ」と評価。DeNA・八馬スカウトは「ミートできる力があり、スイングも強い巧打者」と話した。

(9月22日 東京六大学野球 慶応大 10-0 東京大)



柳町君のスカウト評はこちら

柳町君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索