ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
楽天

楽天ドラ1・藤平尚真、高卒新人が1軍堂々デビュー

2017年06月17日

6/17、スポーツ報知2面より

2016楽天ドラフト1位 藤平尚真
横浜高・投手・動画

堂々たるマウンドだった。楽天のドラ1右腕・藤平(動画)が、5回84球、5安打、2失点。初登板で初黒星を喫したが「緊張は全然しませんでした。これからやっていかないといけないことが見つかって、得ることも多かった」と充実感いっぱいだった。

失ったのは2回に浴びた原口の2ランだけ。最速144キロの直球を軸にスライダーとフォークも効果的に使った。ただ、2軍では51回で58個奪った三振は0。「空振りが取れなかった。三振をとるカウントにさせてくれなかった。もっとコントロールよく強いボールを投げないと厳しい」と冷静に分析した。

甲子園での登板は横浜高時代の昨年8月14日、夏の甲子園2回戦・履正社戦以来。「楽天ファンの声援が聞こえなくて、やばいなと思いました」という大アウェーで投げ切った。梨田監督も「高校を出て半年もたたないのによく投げた。(今後も先発の)十分候補。使えるメドは立った」と合格点を与えた。

2月のキャンプは1軍スタートも2週間で2軍落ち。ファームで開幕投手を任され、初登板から13イニング連続無失点など結果を残した。「とにかく早く1軍で投げたかった」と言いながら、登板日以外にも週に2度、100球近く投げ込み、土台づくりをしてきた。

ドラフト制以後では19人目となる高卒新人の初登板初白星は逃したが、「チームに勝ちをつけられる投手になれるように、もっと成長してまた1軍で投げられるようになりたい」。実力を十分に発揮し、将来性を十二分に示した。

(6月16日 セ・パ交流戦 阪神4―2楽天)



下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。1位・藤平君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高 投手
2位池田 隆英創価大 投手
3位田中 和基立教大 外野手
4位菅原 秀大阪体育大 投手
5位森原 康平新日鉄住金広畑 投手
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式 投手
7位野元 浩輝佐世保工高 投手
8位石原 彪京都翔英高 捕手
9位高梨 雄平JX-ENEOS 投手
10位西口 直人甲賀専門学校 投手
育1千葉 耕太花巻東高 投手
育2南 要輔明星大 内野手
育3向谷 拓巳BFL・兵庫 内野手
育4木村 敏靖履正社専門学校 投手


draftkaigi at 07:25|この記事のURL

楽天ドラ1・藤平尚真、高卒新人最速1軍デビューへ

2017年06月11日

6/11、スポーツ報知5面より

2016楽天ドラフト1位 藤平尚真
横浜高・投手・動画

楽天のドラフト1位・藤平尚真投手(動画)が交流戦中に1軍デビューする可能性が10日、浮上した。ローテの谷間となる16日・阪神戦(甲子園)での先発が有力だ。

期待の高卒ドラ1右腕にこれ以上ない舞台が用意される。高校野球の聖地・甲子園での登板。横浜高3年だった昨夏の甲子園の初戦・東北戦では初回先頭から5者連続を含む13奪三振、7回途中1失点と好投を見せた思い出の地でもある。

梨田監督は「7、8月くらいの夏頃に投げてくれたら」とじっくり育成する方針を示していたが、苦しい台所事情も重なった。首位を走る楽天の先発は則本、岸、美馬の3本柱が軸。辛島と森は結果が出ずに降格し、塩見も腰痛で登録抹消された。

13日からのヤクルト、阪神の敵地6連戦では釜田と安楽を抜てき。最終的にはロングリリーフで待機する戸村や菊池の調整を見極めて判断することになるが、期待を込めて最後の1枠に滑り込みそうだ。

この日、藤平はイースタン・ロッテ戦(浦和)に先発。3回3失点で敗戦投手になったが、中5日での登板へ向けて最終チェックを行った。ファームでは11登板で1勝2敗。「早く1軍で投げてみたいです」と胸を躍らせていた。今季の高卒新人の中では、12球団最速デビューとなりそうだ。



下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。1位・藤平君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高 投手
2位池田 隆英創価大 投手
3位田中 和基立教大 外野手
4位菅原 秀大阪体育大 投手
5位森原 康平新日鉄住金広畑 投手
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式 投手
7位野元 浩輝佐世保工高 投手
8位石原 彪京都翔英高 捕手
9位高梨 雄平JX-ENEOS 投手
10位西口 直人甲賀専門学校 投手
育1千葉 耕太花巻東高 投手
育2南 要輔明星大 内野手
育3向谷 拓巳BFL・兵庫 内野手
育4木村 敏靖履正社専門学校 投手


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

与座海人(岐阜経大)1安打完封、巨人・楽天が高評価

2017年06月07日

6/7、日刊スポーツ7面より

与座 海人 (岐阜経済大・投手)
173cm・右投右打・動画

うみんちゅサブマリン、岐阜経大・与座海人投手(動画)が石巻専大を1安打完封し8強入りを決めた。初出場初勝利を飾り、亡きチームメートへ届けた。

▼巨人・岡崎スカウト部長
「ほとんどノーヒットノーラン。球自体が良く打ちづらいのが分かる。両サイドのコントロールもいい」

▼楽天・長島スカウト部長
「制球力が良くいつでもストライクが取れる。1軍の投手枠に入っても貴重なピースになれる可能性がある」

(6月6日 全日本大学選手権 岐阜経大 1―0 石巻専大)




与座君のピッチング動画はこちら

この子はプロアマ交流戦で中日2軍をきりきり舞いさせた投手です。球速はほとんど120キロ台でたまに130キロ台前半が出るくらいですが、面白いように打ち取っていきます。同じ下手投げの牧田君(2010西武ドラフト2位)の社会人時代と非常に似た部分があります。


draftkaigi at 07:40|この記事のURL

宮川哲(上武大)、楽天「縦の変化球すばらしい」

6/7、西日本スポーツ7面より

宮川 哲 (上武大・投手)
178cm・右投右打・動画

上武大は延長10回タイブレークを5―4で制して福井工大を破り、3年連続で初戦を突破し8強入りした。右腕エース・宮川哲投手(動画)が、キレのいい変化球を軸に7イニングを8安打、2失点で試合をつくり、今秋ドラフト候補としての評価を高めた。

先発に復帰した上武大のエース・宮川哲は反省しきりだった。今季リーグ戦はリリーフが多く、先発は4月16日の作新学院大戦以来。制球が甘くなった7回に2死から3連打を浴びて2点を失った。「バテてしまった。大事なところで点を取られて流れがあっちに行ってしまったが、勝ってくれたので、次は今日の反省を生かして投げ切りたい」。チームのタイブレーク勝ちに、あらためて気を引き締めた。

昨春の福井工大戦でも先発したが、今年はエースとしての責任もあった。「緊張して、夜は2時ごろまで寝付けなかった」。立ち上がりこそヒットと2四球で満塁とされたが、2回以降は先頭打者を全てアウトにした。

自己最速の149キロには届かなかったが、プロのスカウトの評価を上げたのは、決め球に使った縦に落ちる変化球。チェンジアップやカットは、開き気味の投球フォームから打者が推測する軌道と違って打ちづらく、楽天の仁村スカウト副部長は「フォームに合った変化球。打者は腰が引けたようになる」と表現した。

大学での全国舞台は春秋合わせて4度目。立ち姿も堂々としてきたが、宮川哲の自己採点は「50点」と低め。「プロに行けるレベルになるために課題のコントロールをもっとよくしたい」と目標を掲げた。

(6月6日 全日本大学選手権 上武大 5―4 福井工大)




宮川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:08|この記事のURL

東克樹(立命大)に楽天など視察、「志望届出すかも」

2017年05月30日

5/30、スポニチwebsiteより (source)

東 克樹 (立命館大・投手)
170cm・左投左打・動画

今秋ドラフト候補に挙がる最速152キロ左腕・立命大の東克樹投手(動画)が同大を4安打完封し、今春5勝目(2敗)を挙げた。7回2死まで圧巻の無安打投球。「アドレナリンがはるかに多く出ました」という8回1死二、三塁、9回1死一、三塁のピンチをいずれも併殺で切り抜けた。

この日は最速150キロを計測するなど直球もキレ味抜群で7三振を奪った。今春は関大1回戦で自身2度目のノーヒットノーランを達成。リーグ戦は2位に甘んじたが「この春は(個人的に)一番満足のいくシーズンでした」と胸を張った。

この日は楽天などが視察したように、プロからも熱視線を浴びる大学日本代表候補左腕。卒業後の進路に注目が集まる。「社会人野球に進むつもりで今はいますが、気が変われば、プロ志望届を出すかもしれません。自分の人生は自分で決めたい」と東。7月の代表強化合宿などを経て進路を熟考する考えだ。

(5月29日 関西学生野球 立命館大 1―0 同志社大)




東君のピッチング動画はこちら

東君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

ドラフトニュース検索