ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

楽天

期待の新人、田中和基(楽天ドラフト3位)

2017年01月20日

1/20、スポーツニッポン4面「球界新士録」より

2016楽天ドラフト3位 田中和基
立教大・外野手・動画

即戦力としての意識の高さを感じさせた。新人合同自主トレ初日に行われた恒例のシャトルラン。次々と脱落していく他の13選手を尻目に楽天ドラフト3位の田中(動画)は最多の128本を走り切り「トップになるのは決めていた」と胸を張った。

昨年1位だった茂木の記録を超えたと思い、やめてしまったが、余力はあった。実際には茂木は132本だったため「ミスりました」と苦笑い。それでも、基礎体力と走力の高さを披露した。

最近は少なくなったスイッチヒッター。昨秋のドラフト後は1日1000スイング(左右500ずつ)をノルマとし「大学の時よりも振ってきた」。仕上がりも早く、マシン打撃を見た梨田監督も「スイングスピードが速い。3割ぐらい打てたら最高」と期待は大きい。

合同自主トレ開始後も連日、居残りで打撃練習。大学時代は左右で通算9本塁打とパンチ力もあり、走攻守そろっている。

入寮時には野球ゲームを持ち込んだ。自作のチームは東京六大学でプレーした選手がそろう。4番は早大出身の茂木。「(打撃時の)上半身の使い方は動画で見ている」と手本とし、「打席に入るとき、テレビ中継に音が入るぐらい声を出している。気持ちを出すことは自分に欠けている部分」と精神面でも参考にする。

寮の部屋も隣になり「光栄です」と喜んだ。その先輩は昨季、新人ながら遊撃のレギュラーを獲得。田中ももちろん後を追う。出身の西南学院は偏差値70。立大へは指定校推薦で進学するなど、知力も兼ね備える。4拍子そろった外野手が定位置争いに割って入る。



下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。3位・田中君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高 投手
2位池田 隆英創価大 投手
3位田中 和基立教大 外野手
4位菅原 秀大阪体育大 投手
5位森原 康平新日鉄住金広畑 投手
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式 投手
7位野元 浩輝佐世保工高 投手
8位石原 彪京都翔英高 捕手
9位高梨 雄平JX-ENEOS 投手
10位西口 直人甲賀専門学校 投手
育1千葉 耕太花巻東高 投手
育2南 要輔明星大 内野手
育3向谷 拓巳BFL・兵庫 内野手
育4木村 敏靖履正社専門学校 投手


draftkaigi at 11:31|この記事のURL

楽天ドラ1・藤平尚真、マー君クラスの声

1/20、スポーツニッポン4面より

2016楽天ドラフト1位 藤平尚真
横浜高・投手・動画

楽天のドラフト1位右腕・藤平(動画)が「マー君級」の評価を得た。Koboパーク宮城の室内練習場で行われた新人合同自主トレで2度目のブルペン入り。捕手を立たせ、シンカーなど変化球を交ぜ20球を投げ込んだ。「満足は全然いっていない」と納得していないが、周囲の評価は違った。

視察した小山2軍投手コーチは「スピンが掛かったきれいな球。球の勢いを感じる投手。田中(ヤンキース)もそうだったが、パッと見てボールの質に可能性を感じる」と絶賛。田中が新人だった07年からメジャーに移籍する前年の13年まで、ともにプレーしてきた存在だけに真実味がこもった。

右手関節の柔らかさが回転量の多い球を演出する。藤平は小学校時代、6年間、マット運動や鉄棒などの体操も並行して行っており、体に柔軟性がある。日本ハム・大谷と同じように右親指は前腕の内側に付くほどで、スナップを聞かせた投球が捕手手前でも落ちない球を生み出している。




下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。1位・藤平君のスカウト評はこちら

楽天の2016ドラフト指名選手
1位藤平 尚真横浜高 投手
2位池田 隆英創価大 投手
3位田中 和基立教大 外野手
4位菅原 秀大阪体育大 投手
5位森原 康平新日鉄住金広畑 投手
6位鶴田 圭祐帝京大・準硬式 投手
7位野元 浩輝佐世保工高 投手
8位石原 彪京都翔英高 捕手
9位高梨 雄平JX-ENEOS 投手
10位西口 直人甲賀専門学校 投手
育1千葉 耕太花巻東高 投手
育2南 要輔明星大 内野手
育3向谷 拓巳BFL・兵庫 内野手
育4木村 敏靖履正社専門学校 投手


draftkaigi at 07:25|この記事のURL

田嶋大樹(JR東日本)が始動、楽天・ソフトバンク視察

2017年01月05日

1/5、スポーツ報知4面より

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

社会人ナンバー1左腕のJR東日本・田嶋(動画)が、都市対抗V経由ドラフト1位行きの発車ベルを鳴らした。千葉・柏の同社グラウンドで始動。ソフトバンク、楽天のスカウトが見つめるなか、キャッチボールなどで体をほぐすと、「ドラフト解禁の年で実感が湧いてきた。(プロに)行くなら、1位でいきたい」と決意表明した。

佐野日大を14年センバツ4強に導き、ドラ1候補の評価を得たが、「まだ技術、体力が足りない」とプロ志望届を提出せず。入社後は苦手だった走り込みを力強くこなし、球速は高校時代から7キロ増の152キロに成長。昨年はU―23W杯の日本代表に選出された。軽いぎっくり腰のため登板機会はなかったが、同学年の楽天・安楽らプロに交じり、「自信がつきました」。

無類の旅好きで、オフには鉄道で名所を巡る。正月は地元の鬼怒川温泉で英気を養った。おみくじは吉。「旅はしっかり計画して、と書かれていた。今年こそ都市対抗で優勝したい」。夢を乗せて列車は走り出す。




田嶋君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:27|この記事のURL

安田尚憲(履正社)が始動、阪神・楽天が熱視線

1/5、サンケイスポーツ4面より

安田 尚憲 (履正社高・一塁手)
188cm・右投左打・動画

昨秋の明治神宮野球大会で優勝し、今春の選抜大会出場を確実にしている高校野球の履正社が4日、大阪・茨木市内で2017年の練習を開始し、今秋のドラフト1位候補のスラッガー、安田尚憲内野手(動画)が始動。1位がほぼ決定的な早実・清宮幸太郎内野手とともに注目する阪神は畑山俊二チーフスカウトがかけつけ、早くも熱視線を送った。

さわやかな風が吹き抜けるグラウンドに、誰よりも大きな声で白球を追う安田の姿があった。その男の姿を追っていたのは今月1日付でチーフとなった阪神・畑山スカウトだ。高校通算45発を誇る左のスラッガーの始動をひと目見ようと駆けつけた。

「まだまだ成長するだろうし、どう成長していくか。もちろん打撃が中心の選手なのは間違いないので、それ以外の部分でどこまで成長があるのか、しっかりチェックしていきたい。清宮という存在を感じて刺激しあってくれたら。注目していきますよ」

安田は昨秋の神宮大会決勝で早実と対戦し、4打数2安打、1本塁打、4打点。通算78発の清宮と遜色ない逸材だ。金本監督の超変革方針をバックアップする電鉄本社は3年連続野手1位指名を後押しする構えで、清宮1位の方針をほぼ固めているが、清宮が進学を選択した場合は、安田が有力な候補になる。

畑山チーフは「2人ともしっかり見ていきたい」と徹底マークを宣言した。この日は阪神、楽天から熱視線を浴びた安田は聖地の頂点を見据えた。

「直近で春の甲子園があるので、まずそこで優勝すること。ずっと『日本一』と言ってきましたし、春夏ともに日本一を目標にしてやっていきたい」。秋を制し、今春の選抜大会出場は確実。その舞台でまず優勝し、史上8校目の春夏連覇を目指す。「プロに行くためにも守備や打撃での安定性(向上)を目標にしていきたい」と個人の目標も明確にした。

一番の課題に挙げる守備ではこの冬からゴロ捕球の体勢など基礎の部分を特に意識し、エラー数の削減へ地道な練習に励む。長打力は折り紙つきだけに、守備が向上すれば、プロから清宮以上の評価を受ける可能性もある。成長著しい西の横綱がチームとともに一冬を越える。




安田君のバッティング動画はこちら

安田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:11|この記事のURL

楽天のドラフト指名選手即戦力度チェック

2016年11月29日

週刊ベースボール12月5日号より
球団では過去最多、今ドラフト最多の10人指名。そのうち8人が投手と、「投手力強化」という明確な方針が反映される結果となった。現在の先発ローテーションは則本昂大、美馬学、左の塩見貴洋が3本柱となっているが、今季の2ケタ勝利は則本のみで、成績も11勝11敗と貯金なしに終わった。

FAで岸孝之が加入したのは朗報だが、投手の頭数が足りていないのが現状。

つまり、高校生の横浜高・藤平尚真(動画)、そして大学、社会人出身の投手が即戦力と言える。指名あいさつで藤平と顔を合わせた梨田昌孝監督は「田中将大(ヤンキース)が入団したときのような体型」とベタ惚れ。春季キャンプでの一軍スタートが決定し、期待は早くも高まっている。

即戦力度が最も高いのは9位のJX-ENEOS・高梨雄平(動画)だろう。早大3年時に東京六大学史上3人目となる完全試合を成し遂げた左腕は、社会人入り後にサイドに転向、変則さが武器となった。金刃憲人以外、中継ぎで機能する左腕がおらず、補強ポイントに合致。1年目からフル回転が期待される。

また、2位の創価大・池田隆英(動画)4位の大体大・菅原秀(動画)5位の新日鉄住金広畑・森原康平(動画)はいずれも本格派右腕。チームには釜田佳直、安楽智大といった伸び盛りの若手右腕がおり、これらの投手が競争することで投手陣の底上げを図る。

6位の左腕、帝京大・鶴田圭祐(動画)も準硬式野球で速球派として鳴らした。慣れるまでに時間はかかりそうだが、大化けする可能性も十分になる。



下は2016ドラフトで楽天が指名した選手です。

楽天の2016ドラフト指名選手
1位 藤平 尚真 横浜高 投手 動画
2位 池田 隆英 創価大 投手 動画
3位 田中 和基 立教大 外野手 動画
4位 菅原 秀 大阪体育大 投手 動画
5位 森原 康平 新日鉄住金広畑 投手 動画
6位 鶴田 圭祐 帝京大・準硬式 投手 動画
7位 野元 浩輝 佐世保工高 投手 動画
8位 石原 彪 京都翔英高 捕手 動画
9位 高梨 雄平 JX-ENEOS 投手 動画
10位 西口 直人 甲賀専門学校 投手 動画


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

ドラフトニュース検索