ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
日本ハム

韮沢雄也(花咲徳栄)、日ハム「守備は全国トップ級」

2019年04月23日

4/23、日刊スポーツ6面より

韮沢 雄也 (花咲徳栄高・遊撃手)
176cm・右投左打・動画

命中力にこだわる強力打線が、24安打26得点と爆発した。ドラフト候補の花咲徳栄・韮沢雄也内野手(動画)は高校通算10号となる先制弾など5打点。先輩の西武・西川のフォームを取り入れ「力が軸足にたまりやすくなりました」。

日本ハム・今成スカウトは「遊撃守備は全国トップ級。打撃も間を作れるし、玄人好みの職人肌」と評価していた。

(4月22日 埼玉大会1回戦 花咲徳栄 26-0 伊奈学園総合)



韮沢君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 11:17|この記事のURL

日ハム4位・万波中正、2軍で2打席連続本塁打

2019年04月13日

4/13、スポーツ報知6面より

2018日本ハムドラフト4位 万波中正
横浜高・外野手・動画

日本ハムドラフト4位・万波(動画)が公式戦初本塁打からの2打席連発で自慢の長打力を見せつけた。

イースタン・リーグ、ロッテ戦に途中出場。6回2死では関谷のチェンジアップを中堅左へと運ぶ1号ソロ。1点を追う9回先頭でもフルカウントから成田の内角スライダーに反応し、左翼後方の防球ネット中段を直撃する推定130メートルの2号ソロを放った。

15戦目で飛び出した初アーチを「風で後押しされて入ってくれたかな」と振り返った。

(4月12日 イースタン・リーグ 日本ハム 4-3 ロッテ)



下は2018ドラフト日本ハムが指名した選手です。4位指名・万波君のスカウト評はこちら

日本ハムの2018ドラフト指名選手
× 根尾 昂    
1位 吉田 輝星 金足農高 投手
2位 野村 佑希 花咲徳栄高 内野手
3位 生田目 翼 日本通運 投手
4位 万波 中正 横浜高 外野手
5位 柿木 蓮 大阪桐蔭高 投手
6位 田宮 裕涼 成田高 捕手
7位 福田 俊 星槎道都大 投手
育1 海老原 一佳 BC富山 外野手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

村西良太(近畿大)に9球団、広島・日ハム高評価

2019年04月08日

4/8、スポーツニッポン6面より

村西 良太 (近畿大・投手)
173cm・右投左打・動画

最速152キロを誇り、今秋ドラフト指名有力候補の近大・村西良太投手(動画)がリーグ戦初先発し、5回1安打1失点で先発初勝利をマークした。5つの三振を奪うなど、安定感あふれる内容に「先発の勝利は違う。嬉しい」と思い切り目尻を下げた。   

初回1死二塁、飛球を右翼手が見失い、二塁打としたことで先制点を失ったが、動じない。サイドから投じる最速148キロの直球を軸にスライダー、カットボール、スプリットなど多彩な変化球で的を絞らせず、順調に回を重ねた。

昨秋は中継ぎとして12試合中10試合に登板。チームの3季ぶり優勝、12年ぶり神宮大会出場の原動力となったが、今季からは先発に転向。「初回は何も分からなかった。どう(試合に)入ったらいいのか・・・」と戸惑いもあったが、すぐに適応してみせた。

意識しないまま、初勝利の“前祝い”を行っていた。球場入り後、近隣のコンビニエンスストアでタイの身をほぐし、具にしているおにぎりを補食用として購入。「めでたい」として古くから縁起物とされる魚だけに、試合に向けての勝利への験担ぎと思いきや・・・。

「おいしそうだなと思って・・・」。いつも笑みを絶やさず、穏やかな性格で誰からも愛される“癒やし系”。チームにとってグラウンド内外での存在感は大きい。

ネット裏には9球団のスカウト陣が詰めかけた。日本ハム・大渕スカウト部長は「右打者の内角に強い球が投げられる。キレがあって球が強い。変化球が決まれば、打者はもっとイヤに感じる」と評価し、広島・鞘師スカウトも「サイドであれだけの球速が出れば、打者は当然打ちにくい」と話す。

プロ志望を公言する豪腕。チームの連覇、そして自らも充実の秋を迎えるために、全力で腕を振り続ける。

(4月7日 関西学生野球 近大 11―1 同大)



村西君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

高校球児の行きたい球団、「日ハム・ソフトB・広島」

2019年04月04日

4/4、日刊ゲンダイ27面より
「阪神ですか? ウーン・・・」。日刊ゲンダイの記者が関西地区の出場校のエース投手に好きな球団、行きたい球団を尋ねた。「好きな球団は日本ハムです」と笑顔で話した一方、地元の阪神の印象を尋ねると、苦笑いをうかべてこう言ったのだ。

「阪神は若い選手が育っていないし、暗い印象です・・・。藤浪晋太郎さんも苦しんでるし。自分はやっぱり育成が上手な球団に行きたいです、ハイ」

中には「親が阪神ファンだから阪神が好き」(中国地方の出場校野手)という選手もいるが、複数の選手が行きたい球団に挙げたのは「日本ハム、ソフトバンク、広島」といった育成に定評がある球団が多かった。

「中日も指導者仲間の評判がよくないですね。編成トップが代わると方針もひっくり返るので、一貫性がない。若手も育っていない。ドラフト1位の根尾が育てば、少しは見方も変わるんでしょうけど」とは、関東地方の強豪校の監督だ。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

日ハム1位・吉田輝星が2軍で好投、3回1失点

4/4、サンケイスポーツ5面より

2018日本ハムドラフト1位 吉田輝星
金足農高・投手・動画

日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(動画)が3日、イースタン・リーグ、巨人戦で公式戦初先発し、3回4安打1失点。プロ初黒星も4三振を奪った。

吉田輝が高校時代から慣れ親しんだ先発のマウンドで、持ち味の快速球を存分に投げ続けた。「最少失点で切り抜けられた。安定したピッチングができました」。5度目の実戦登板は自己最長の3回を投げ、49球中、実に44球が直球。三回1死三塁でマルティネスに右前適時打を浴びたが、追加点は防いだ。

「アップとか終わったら、すぐピッチングに入れる。遠投で長い距離を低い球で投げられた。フォームも大体、同じ型で投げられました」。先発登板が安定を生んだ。四球も1つで、荒木2軍監督は「きょうはよかった。一番」と評価。次回は13日のロッテ戦で、再び3回を投げる予定だ。

(4月3日 イースタン・リーグ 巨人 2-0 日本ハム)



下は2018ドラフトで日本ハムが指名した選手です。1位指名・吉田君のスカウト評はこちら

日本ハムの2018ドラフト指名選手
× 根尾 昂    
1位 吉田 輝星 金足農高 投手
2位 野村 佑希 花咲徳栄高 内野手
3位 生田目 翼 日本通運 投手
4位 万波 中正 横浜高 外野手
5位 柿木 蓮 大阪桐蔭高 投手
6位 田宮 裕涼 成田高 捕手
7位 福田 俊 星槎道都大 投手
育1 海老原 一佳 BC富山 外野手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索