ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
日本ハム

日本ハムの話題の新人、中山晶量(四国IL徳島)

2023年01月27日

1/27、スポーツニッポン4面「球界新士録」より 

2022日本ハム育成2位 中山晶量
徳島インディゴソックス・投手・動画

日本ハム育成ドラフト2位指名の中山晶量投手(動画)は一言で表せば「実直な男」だ。年明けに千葉・鎌ケ谷の勇翔寮に入寮した際は「隣の部屋の方に配ろうかな」と、愛飲しているスポーツ飲料の“手土産”を持参したほど。律義な性格は経営者家系で形成されてきた。

祖父は徳島市で一般廃棄物の収集・運搬などの事業を行う会社「三幸クリーンサービスセンター」を立ち上げ、父は専務を務める。「家族も含めて自分の周りの人は大切にしなさい、とずっと言われてきた」。

指名漏れした明大卒業後、自身も同社の取締役に就任。役員報酬という金銭サポートを受け、独立リーグで挑戦することができた。

独立リーグ時代は金銭面で苦労していなかったが、中山は「社会勉強がしたい」と、自主的にマクドナルドでアルバイト。オフシーズンには多い時で週5日、平日6時間ほどレジに立った。「接客は人とのコミュニケーションが大事」。時にはファンや友人らが立ち寄り、応援が自身の力になってきた。

体づくりを一から見直した2年目の昨季は最速150キロを計測。先発、救援とフル回転して22試合で4勝4敗3セーブを挙げ、育成契約ながらプロ入りという夢をかなえた。

「家族にも1年でNPBに行きます、と言っておいて2年かかってしまったので。その分、受けた恩も大きい。NPBでいいニュースを届けて恩返しがしたい」。「取締役」の肩書を持つ異色のルーキー。まずは春季キャンプで“名刺代わり”の快投を見せ、支配下登録に向けてアピールする。



下は2022年育成ドラフトで日本ハムが指名した選手です。中山晶量は2位指名入団。スカウト評はこちら

日本ハムの2022育成ドラフト指名選手
1位 藤田 大清 花咲徳栄高 外野手
2位 中山 晶量 四国IL徳島 投手
3位 山口 アタル テキサス大タイラー校 外野手
4位 山本 晃大 BCリーグ信濃 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

日本ハムの2023ドラフト補強ポイント

2023年01月22日

週刊ベースボール1月30日号「2023補強ポイント」より
昨年はチームの若返りが加速した一方で、ドラフトでは即戦力中心に補強を進めた。新球場で迎える今年、さらなる新戦力として誰が台頭するかによって戦略は変わっていくが「その年のNo.1を指名する」という大きな軸に変わりはない。

大谷翔平(エンゼルス)の後輩である花巻東・佐々木麟太郎(動画)はドラフトの目玉だが、果たして。



日本ハムの歴代ドラフト指名選手とプロ入り後の成績はこちら


draftkaigi at 06:44|この記事のURL

あの甲子園優勝投手は今、南竜次(ドラフト4位)

2023年01月17日

1/17、日刊ゲンダイ26面より 

1990日本ハムドラフト4位 南竜次
天理高・投手

「もともと全然大したことない選手でしたから、プライドが邪魔をするなんてことはありませんでした」。こう話すのは、現在、家電製品の設置や飲食店経営などを手掛ける「株式会社AIRECサービス」の代表取締役を務める南氏(1990日本ハム4位)だ。

天理高時代の1990年、夏の甲子園優勝投手となり、日本ハムにドラフト4位で入団。4年目に肘を痛めたことが原因で、97年に戦力外に。一軍での登板はわずか11試合にとどまった。翌年、米独立リーグに挑戦するも、半年後に帰国。最初に就いた職は引っ越しのアルバイトだった。

「大阪の実家に帰って、すぐバイトを始めました。日本ハムからもらった契約金は両親に渡していましたが、もう残ってなかったんですよ(笑)。とりあえず割のいい仕事ということで日当1万円ほどの引っ越しバイトを。『あれ、南君じゃない?』なんて話しかけられても、恥ずかしいとかまったく思わなかった。元プロ野球選手だぞ! 甲子園V投手だぞ! なんて、おごることもない。そもそも甲子園優勝はトーナメントによる運も大きいですから!」

一般人が音を上げるような作業でも難なくこなし、3カ月ほどで正社員に勧誘された。しかし、給料面の問題で断り、次に灯油の巡回販売員のアルバイトに就いた。

灯油を積んだ車で、スピーカーで宣伝しながら決められた道を巡回するこの仕事の給与は歩合制。繁忙期の冬は朝7時に出社し、8時ごろにタンクローリーに乗り込む。順路の途中で灯油が空になったら、事務所に戻って補給し、中断地点から再開。仕事を終えて会社に戻るのは夜10時ごろで、そこから精算作業をすると、退社時には日付が変わっていたという。

「週6回の勤務でした。そんな生活を送りながら、引退後初めての冬を越しました。月収は70万円ぐらい。しんどかったけど、稼げたんです。この会社は冬に灯油を売り、夏はエアコンの設置を請け負っていた。だから、夏場は先輩の見習いとしてエアコン設置に付いていき、ノウハウを学びました」

会社の業績は好調で、99年10月には名古屋支店がオープン。南氏にとっては願ってもない展開となった。

「現役時代から付き合っていた当時の彼女で今の妻は、名古屋に住んでいました。それまで、大阪から会いに行っていたので、本当にラッキーだと。名古屋支店の立ち上げメンバーに立候補して、正社員になった。支店の課長の肩書も付きました。店長と私の2人だけでしたけどね(笑)。ちょうどこの時期に結婚しました」

新生活を始めた南氏だが、思わぬ事態に見舞われる。(つづく)


下は1990年ドラフト会議で日本ハムが指名した選手です。南竜次は4位指名入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの1990ドラフト指名選手
1位 住吉 善則 プリンスホテル 内野手
2位 石本 努 別府大付高 内野手
3位 小島 善博 NTT九州 投手
4位 南 竜次 天理高 投手
5位 小牧 雄一 三菱自動車水島 捕手
6位 真栄喜 正和 川崎製鉄水島 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:53|この記事のURL

日本ハムがスカウト会議、スカウティング方針を確認

2023年01月09日

1/9、デイリースポーツ5面より
日本ハムが8日、千葉・鎌ヶ谷市内でスカウト会議を開いた。出席した稲葉GMは、ソフトバンクにFA移籍した近藤健介外野手の人的補償について言及。「基本的に投手と考えている」と説明した。新人合同自主トレが始まる9日に新庄監督の意向を確認したうえで最終決定する。

また、同会議では今年のスカウティング方針を確認。新任の矢野謙次氏が関東地区、石本努氏は九州地区を担当する。



日本ハムの歴代ドラフト指名選手はこちら

draftkaigi at 06:53|この記事のURL

度会隆輝(ENEOS)、日本ハム絶賛「天才的」

2023年01月06日

1/6、スポーツ報知4面より  

度会隆輝(ENEOS・外野手)
183cm・右投左打・動画

フルスイングを身上とするなかで、対応力の高さを示す。昨夏の都市対抗は、ENEOS・度会(動画)の魅力が最大限に発揮された大会だった。

大会4本目のホームランは、決勝の大舞台。昨秋のドラフトで広島が3位指名した東京ガス・益田武尚投手の直球を右翼席へ打ち込んだ。「落ちる球を意識するなか、真っすぐに反応して打てた。自分の成長を感じたし、一年で最も記憶に残る一打でした」と振り返る。

「天才的。うまい。この言葉しかありません」と日本ハム・坂本スカウトは評する。「外の球を待っているところに内が来たら、くるっと(体が)回ってライトスタンドへ。逆の場合は、うまく(バットを)遅らせて左中間へヒットを打つ。教えてできることではないですね」

久々に現れた社会人野手のスター候補生は、熱い気持ちを前面に出すスタイルでも魅了する。決勝のヒーローインタビューでは「絶対やってやると決めてました! 最高で~す」と絶叫し、東京ドームを沸かせた。

「父は、ガッツにあふれ負けん気が強い選手でした。意識しているというより、自然とそうなりました」。最近「お父さんに似てるね」と声をかけられることが増えたといい、「父は僕の憧れ。『お前は頑張った』と言ってもらえるようになりたい」と目を輝かせた。

度会には、自身の言葉で紡いだ人生の指針がある。夢は、夢のままじゃかなわない。夢を目標に変えた時、初めて近いものになる・・・。

名門・横浜3年の時にプロから声がかかることはなく、いったんはついえた夢。それでも「攻走守の全てにおいて自分を超える」と心に決めてENEOSで鍛え、50メートル走は6秒1から6秒0に。遠投は110メートルから118メートルへ伸びた。

「成長があったから、目標に変えることができた。かなえなければならないな、と思えるようになりました」。伸びしろ十分の二十歳は、確かな自信を胸にドラフトイヤーに臨む。



度会君のスカウト評はこちら

度会君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:52|この記事のURL


ドラフトニュース検索