ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 スカウト評価
2018指名予想 12球団情報まとめ 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
日本ハム

日ハムドラ2・西村天裕、栗山監督「1軍で使える」

2018年02月18日

2/18、スポーツ報知websiteより (source)

2017日本ハムドラフト2位 西村天裕
NTT東日本・投手・動画

日本ハムのドラフト2位・西村天裕投手(動画)が17日、完全デビューを飾った。沖縄・国頭村で行われた1、2軍紅白戦に白組の2番手で登板。最速150キロの直球で1回無安打、2奪三振と打者3人に完璧な投球を披露した。

会心の直球がミットを突き刺した。矢野、森本を打ち取り2死走者なし。3人目の市川を、見逃し三振で切って落とした。球団関係者のスピードガンの数字はこの日最速の150キロ。「いい感じでアピール出来てました。良い点数を上げられる。95点くらい」。最速154キロの剛腕は満足気に笑った。

持ち味を発揮した。直球が軸。森本から空振り三振を奪ったのは外角のカットボール。「真っすぐの軌道に乗せて入っていけた。変化球を見せての真っすぐが自分の投球スタイル」。自慢の直球とのコンビネーションがプロでも通用することを証明した。

春季キャンプ前半は1軍の米アリゾナ州に帯同する可能性もありながら、2軍スタート。反骨心に火がついた。右腕の仕上がりに「1軍でも勝負できる。2軍でいい感じに調整してくれた」と栗山英樹監督はにやり。評価を上げる即戦力右腕は「(先発か中継ぎ?)どこでも。1軍に食らいつきたい」とがむしゃらに上の舞台を目指す。




下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。2位指名・西村君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

高卒ドラ1トリオの下馬評、安田が一歩リードか?

2018年02月17日

週刊文春 2月22日号より

2017ロッテドラフト1位 安田尚憲
履正社高・三塁手・動画

プロ野球キャンプも中盤を迎えたところで、注目の高卒ドラ1トリオの下馬評も出揃いつつある。まず、日本ハムの清宮幸太郎内野手(動画)は、一軍キャンプに参加しながらも右手親指打撲の影響で打たせてもらえず、守備練習漬けの日々。10日に守備で実戦デビューを果たし、ティーバッティングでようやくバットも振った。

「実戦デビューは無難にこなしました。打撃は心配ないと言われていますが、守備は、金子コーチに言わせれば、『基本以前のこと』をやっている。担ぎ投げだったスローイングは肩を痛めない投げ方に改善されてきていますが、キャッチングは時間がかかりそう。よくも悪くも早実では放任され、全て我流なんです」(日ハム担当記者)

一方、去年夏の甲子園で清原和博の1大会最多本塁打数記録を更新し、広陵高校から地元・広島に入団した中村奨成捕手(動画)は2軍キャンプで汗を流す毎日だ。

「打つ方は、押し込んで打つ木製バット仕様のバッティングができなくて、ボールを飛ばせない状況です。守備も、コーチが付きっ切りで教えてキャッチングが良くなったと言われていますが、三連覇を狙うチームの1軍の壁は厚いですよ。磨けば光る原石であるのは間違いないので、球団も時間をかけて育てる方針です」(ベテラン記者)。本人は開幕1軍が目標と公言するが、「それは2、3年先でしょう」(同前)

高卒トリオの中で下馬評が高かったのは、履正社からロッテに入団した安田尚憲内野手(動画)だ。10日の紅白戦に4番として出場、初の実戦で2安打と結果を出した。

「対応力があるという評価です。守備面の問題点も指摘されておらず、高卒ルーキーが苦労する木製バットへの対応も、他球団のスカウトから『バットを折ったのを見たことがない』、『高卒1年目とは思えない』という声がしきりです」(ロッテ担当記者)

(以下略)



清宮君(日ハム1位)のスカウト評はこちら

中村君(広島1位)のスカウト評はこちら

安田君(ロッテ1位)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

新スター候補、森山恵佑(日ハム・大卒2年目)

2018年02月13日

2/13、スポーツニッポン6面「NEWスター候補生」より

2016日本ハムドラフト4位 森山恵佑
専修大・外野手・動画

今季初実戦初スイングは強烈な打球だった。11日の韓国KT戦。森山(動画)は5番・一塁で出場すると、2回の第1打席の初球を左中間フェンス直撃の二塁打。「逆方向へ強い打球を意識してきて、初打席で打てたのはやってきたことが間違いじゃなかった」と充実感をにじませた。

愛称はサリー。人気アニメ「モンスターズ・インク」の主人公のモンスター「サリー」に似ていることから名付けられた。1メートル88、92キロの左打ち。巨人、ヤンキースで活躍した松井秀喜氏と同じ星稜出身で、高校時代はゴジラ2世とも呼ばれた。2年目の今年が初の1軍キャンプで「打撃でアピールしていきたい」と意気込む。

高卒の大谷とプロでのキャリアは違うが、同じ94年生まれ。星稜1年の時には花巻東との練習試合で大谷と対戦し、4打数4三振に打ち取られた因縁もある。金子内野守備コーチが「森山が思い切り引っ張った打球なら(プロの打球に不慣れな)清宮は一歩も動けないと思う」という強烈な打球がアピールポイントだ。

1年目の昨季はイースタン・リーグで最多タイの18本塁打。しかし、1軍では5試合で11打数無安打、9三振。1、2軍の差を痛感した。安定感を求め、城石打撃コーチの助言で昨秋キャンプから左中間方向を意識した練習を始めた。体が前に突っ込む悪癖を矯正するためで、「体の使い方、体重移動がしっかりしなければ逆方向に伸びる打球が打てない」と説明する。

本職は外野だが中田、清宮がいる一塁にも挑戦中だ。「結果を出したい」という森山が他球団の投手の脅威となる。



下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。4位指名・森山君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
× 田中 正義    
× 佐々木 千隼    
1位 堀 瑞輝 広島新庄高 投手
2位石井 一成 早稲田大 内野手
3位高良 一輝 九州産業大 投手
4位森山 恵佑 専修大 外野手
5位高山 優希 大阪桐蔭高 投手
6位山口 裕次郎 履正社高 投手
7位郡 拓也 帝京高 捕手
8位玉井 大翔 新日鉄住金KM 投手
9位今井 順之助 中京高 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ネット炎上、中田翔(日ハム)に「日本の恥」と非難殺到

2018年02月02日

2/2、夕刊フジ終面より

2007日本ハム高校ドラフト1巡目 中田翔
大阪桐蔭高・外野手・18歳

脱線してネット上でたたかれているのが、日本ハムの中田翔内野手(2007日ハム1巡目)。キャンプ地の米アリゾナ州に先乗りし自主トレ中の29日、現地のスーパーマーケット内で手押しのショッピングカートの商品かごの中に乗った自身の写真をインスタグラムに投稿。かごに尻を入れて、手足を外に出している姿は、「日本の恥」と非難する声が殺到し、この写真を削除した。

大の大人が米国まで行って、公共の場所でベビーカー遊びとはいただけない。今季はチームの主将に就任し、ドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎も入団してポジションを争っているが、威厳も何もあったものではない。

ネットは炎上した。中田は31日、「炎上してる件に関してなんですが、確かに子供が真似したらダメですもんね」、「子供みたいな行動とってすいません!!次から気をつけます!!」と書き込んで謝罪したが、情けないといわざるをえない。

広島OBで野球評論家の北別府学氏はブログで、「プロ野球を背負っていくものがあんな写真をアップするんじゃない」、「私達の頃はSNSなどもなかったのですが、ここでは詳しく書けないような後悔している失敗は山ほどある」と警鐘を鳴らしている。

野球だけでなく、各種スポーツ団体のSNS利用は有効な情報発信ツールとしてすっかり定着したが、広く普及しただけに改めて注意喚起が必要だ。

阪神は昨年5月から球団の新たなコミュニケーションツールとして公式インスタグラムを運営し、フォロワーは10万人を超えている。一方で若手選手を中心に個人的なインスタグラムの開設も相次いでいる。

球団関係者は「選手は個人事業主ですし(SNSによる個々の情報発信を)禁止にはできない」とした上で「SNSの活用法については、新人選手を対象に講習会を開いています。また(クラブハウスなどに対処法の)張り出しもしています」と説明。注意を喚起しているところだ。



下は2007高校ドラフトで日ハムが指名した選手です。中田翔のプロ入り後の成績はこちら

日本ハムの2007高校ドラフト指名選手
1巡目中田 翔大阪桐蔭高外野手
2巡目指名権なし
3巡目津田 大樹倉敷高投手
4巡目大平 成一波佐見高外野手
5巡目松山 傑横浜商大高投手
6巡目豊島 明好北陸大谷高投手
7巡目浅沼 寿紀旭川南高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:52|この記事のURL

斎藤佑樹(日ハム)、高校時代のフォームに戻せない理由

2018年01月26日

1/26、夕刊フジ26面より

2010日本ハムドラフト1位 斎藤佑樹
早稲田大・投手・22歳

かつてのハンカチ王子も今年6月に三十路を迎える。一昨年の秋から早実高3年時の投球フォームを取り戻すことを目指してきた日本ハム・斎藤佑樹投手(2010日ハム1位)に、年齢の壁が立ちふさがっている。

24日には、ケビン山崎氏が主宰するトレーニングジム「トータルワークアウト」(東京・港区)で自主トレを公開。最新鋭の機器が並ぶ中でトレーニングの総仕上げに位置付けているのが、ストロボ機能が搭載されたゴーグル「VIMA REV」を装着して行う投球練習だ。

目の前で連続してカメラのフラッシュがたかれたような状態になり、視界が阻害され、トレーニングで学んだ股関節の動きや体重移動の再現に、より高い集中力が必要とされるという。「試合後はいつも頭がさえて眠れなくなるんですが、この練習をすると、同じようになる。ものすごく脳を使っている感じ。ゴーグルを外すと、視界が開けて体が大胆に動かせるようになるんです」と効果を実感している。

2016年の秋からケビン氏に師事し、06年に早実高のエースとして甲子園を制した頃の投球フォームへの回帰を目指してきたが、「下半身の動きはかなり近づいてきたんですが、あの頃は上体のしなやかさをフルに使って投げていた。いま同じようにやるとケガをする」と一部断念。

早大2年時に左の股関節を痛め、プロ1年目に左の腹斜筋を、そして3年目には右肩を痛めた。復活を目指す中で18歳の頃とは比べものにならないほどの筋肉もまとった。あの頃には戻りたくても戻れないのだ。

「だからこそ、あの時のいい部分を取り入れて、今の体に合ったフォームに仕上げていく。もう股関節も右肩も痛みは全くない」と斎藤佑。確かに、この日のフォームは力強く地面を蹴り、低く沈み込むような往年の面影を感じさせた。まばゆいストロボの向こう側に、本当の光明を見いだせるか。




下は2010ドラフトで日本ハムが指名した選手です。1位指名・斎藤佑樹のスカウト評はこちら

日本ハムの2010ドラフト指名選手
1位斎藤 佑樹早稲田大投手
2位西川 遥輝智弁和歌山高外野手
3位乾 真大東洋大投手
4位榎下 陽大九州産業大投手
5位谷口 雄也愛工大名電高外野手
6位齊藤 勝セガサミー投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索