ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
日本ハム

一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した森本稀哲

2019年12月15日

西日本スポーツ15面「一匹狼と呼ばれたスカウト山田正雄」より

1998日本ハムドラフト4位 森本稀哲
帝京高・内野手


山田は1986年に一般企業を退職し、日本ハムのスカウトとして球界に復帰した。1年目に担当した逸材がドラフトで指名された。入団にこぎつけた第1号の選手だ。高卒の内野手。新米スカウトはゾッコンだった。「足が速い。体もいい。打撃の形もいいし、飛ばす」。

50メートル5秒7の快足が最大の武器。未来のサードのレギュラー候補に入れ込んだ。自宅に招待し「プロ野球の世界とは・・・」とレクチャーし始めた、その時だった。聞いていると思いや、その選手は居眠りしていた。

素材は抜群でも内面がネックだった。人が見ていないところでは、練習しない。同僚に誘われると断れず、つるんで外出した。フリー打撃で柵越えを連発しても実戦に入ると打てず、研究や工夫をすることもなかった。ひたむきに練習する心、熱心に勉強し、配球などを理解しようとする姿勢の両方が欠けていた。その内野手は大成しなかった。

スカウト1年目の失敗。この教訓を生かすと心に決めた。「選手の性格を見抜いていかないといけない。外見で見えるものと内面は絶対に違う。選手が成功するためには内面的なことが重要」。山田が後のスカウト活動で、人間性を重点的にチェックするようになったゆえんである。

練習に取り組む姿勢も「周囲が黙っていても、やるような選手。俺がいちいち練習しないとダメだよと言うような選手は絶対に獲ってはいけない」と固く決意した。

学校側に連絡を入れず、監督がグラウンドで目を光らせていない時間帯に抜き打ちで選手の練習をチェックしたこともあった。有望な高校生を極秘視察した。日本ハムが1998年度ドラフト4位で獲得した帝京・森本稀哲(1998日ハム4位)。走攻守の三拍子そろった逸材。

森本は、プロ球団のスカウトの前で元気にアピールするタイプで「それが本当の姿なのかを見たい」とミッションを決行した。

帝京の校舎横にあるビルに潜入した。3階のスペースに入り込み、ガラス張りから帝京のグラウンドをまじまじと見た。選手たちはトンボがけをしていた。監督はいない。一生懸命やっているふりをする選手、座り込む選手・・・。そんな中、森本は自分が任されたグラウンドのエリアを黙々と整備していた。

「あいつはずーっと、トンボをかけていた」。周囲の監視がないと思っていても一生懸命、取り組む姿に「うそはない。性格は、絶対に大丈夫」と評価が決まった。

森本は、日本ハム時代に新庄剛志、稲葉篤紀と鉄壁の外野陣を形成した。明るいキャラクターで、ムードメーカーぶりも発揮して人気が高かった。徹底的に内面を見抜いたスカウト時代。ドラフト上位候補の逸材でも、性格や練習態度を見て指名を断念したことは「たくさんありますよ」と平然と言う。

山田の恩師である親分こと大沢啓二は「お前、すげえな。性格、分かるのか?。どこで調べた?、誰かに聞いてきたのか?」と驚いていたという。



下は1998ドラフトで日ハムが指名した選手です。森本稀哲は4位指名入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの1998ドラフト指名選手
1位実松 一成佐賀学園高捕手
2位建山 義紀松下電器投手
3位立石 尚行NTT関東投手
4位森本 稀哲帝京高内野手
5位阿久根 鋼吉NTT関東内野手
6位伊藤 剛NTT関東投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

立田将太(日ハム戦力外)、JR北海道クラブで再出発

2019年12月12日

12/12、日刊スポーツwebsiteより (source)

2014日本ハムドラフト6位 立田将太
大和広陵高・投手

今季限りで日本ハムを戦力外になった立田将太投手(2014日ハム6位)が、社会人野球のJR北海道クラブ入りすることが11日、分かった。立田は5年目の今季、2軍で53試合に登板も、1軍出場はなし。現役続行を希望し、11月のトライアウトに参加していた。

北海道の社会人球界で再起を図る。180センチ、101キロの大型右腕で、2軍では昨季から2年連続50試合以上登板している。

トライアウトではBC栃木の西岡剛ら打者3人すべてを打ち取りアピール。投手補強を目指していたJR北海道クラブのスタッフも視察し、その後すぐに実家の奈良まで出向くなど、獲得に向け誠意を見せていた。立田は来年1月から合流し、アマ野球の日本一へ踏みだす。

JR北海道クラブは、12年から6シーズン楽天でプレーした右腕、武藤好貴投手が18年に復帰。同年は都市対抗本大会出場を果たした。今季は都市対抗、日本選手権両大会ともに代表権を逃しており、再び元プロ投手を加え、巻き返しを図る。



下は2014ドラフトで日ハムが指名した選手です。立田将太は6位指名入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの2014ドラフト指名選手
1位 有原 航平 早稲田大 投手
2位清水 優心九州国際大付高捕手
3位浅間 大基横浜高外野手
4位石川 直也山形中央高投手
5位瀬川 隼郎室蘭シャークス投手
6位立田 将太大和広陵高投手
7位高浜 祐仁横浜高内野手
8位太田 賢吾川越工高内野手
9位佐藤 正尭愛知啓成高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

今季限りで引退の田中賢介、日ハムのSAに就任

2019年12月11日

12/11、スポーツニッポン5面より

1999日本ハムドラフト2位 田中賢介
東福岡高・内野手


日本ハムは10日、今季限りで現役引退した田中賢介氏(1999日ハム2位)が来年1月1日付でスペシャルアドバイザー(SA)に就任すると発表した。契約は1年ごとに更新する。

札幌市内の球団事務所で行われた会見に出席した田中SAは、春季キャンプ中は他の全11球団を視察する計画を明かし「日本のプロ野球はファイターズしか知らないので、他のチームがどういうキャンプをしているか、開幕までどう臨んでいるか知らない。いいものを取り入れて助言できれば」と意欲的に話した。

同職は新たに設けられた役職で、アマチュア選手やプロ野球の他球団の視察などの編成面の仕事に加え、野球の普及活動などの事業面、23年完成予定の新球場建設に関して、選手目線での助言も行う。



下は1999ドラフトで日ハムが指名した選手です。田中賢介は2位指名入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの1999ドラフト指名選手
1位正田 樹桐生第一高投手
2位田中 賢介東福岡高内野手
3位吉崎 勝ミキハウス投手
4位佐々木 貴賀高松西高投手
5位藤崎 大輔中央学院高捕手
6位神島 崇インディアンヒルズ短大投手
7位遠藤 良平東京大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した吉田輝星

2019年12月06日

デイリースポーツ21面「一匹狼と呼ばれたスカウト山田正雄」より

2018日本ハムドラフト1位 吉田輝星
金足農高・投手・動画

金足農の吉田輝(動画)は、スター性を高く評価した。18年のドラフト前。日本ハムでは、競合が確実な大阪桐蔭・根尾(中日)の1位入札が確定していた。ドラフト会議前日の10月24日にハズレ1位について議論した。会議中に山田が、自身の意見を述べた。「吉田がどうも気になる」

9月に宮崎県で開幕したU18アジア選手権を約10日間視察し、高校代表の吉田輝を「いろんな面、いろんな角度から見た」と言う。議論の結果、1位入札でクジを外した場合は吉田輝、で意見が一致した。結果的にドラフトでは、単独の外れ1位で吉田輝の交渉権を獲得した。

吉田輝については「ボールの質はいい」と認めていたが、制球力と変化球に課題があった。ただ右腕には、山田が、特に大事にしてきた魅力があった。甲子園で輝いた逸材。「華、人気のある選手。スター選手1人で、チームがガラッと変わることがある」

経験則で、日本ハムを活性化させる可能性があると見た。会議で「気になる」と言ったのも、吉田輝の希有なスター性を見いだしていたからだ。エース・吉田輝、4番でキャプテンの清宮。いつか、そんな投打の軸が君臨する新時代が到来したら・・・。山田にとっても日本ハムにとっても、最高だろう。



下は2018ドラフトで日本ハムが指名した選手です。1位指名・吉田君のスカウト評はこちら

日本ハムの2018ドラフト指名選手
× 根尾 昂    
1位 吉田 輝星 金足農高 投手
2位 野村 佑希 花咲徳栄高 内野手
3位 生田目 翼 日本通運 投手
4位 万波 中正 横浜高 外野手
5位 柿木 蓮 大阪桐蔭高 投手
6位 田宮 裕涼 成田高 捕手
7位 福田 俊 星槎道都大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 14:18|この記事のURL

一匹狼と呼ばれたスカウトが獲得した清宮幸太郎

デイリースポーツ21面「一匹狼と呼ばれたスカウト山田正雄」より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手

長い間、スカウト活動をしてきた山田にとっても無限の可能性を秘めた逸材だ。2017年ドラフト1位の清宮幸太郎(動画)18年ドラフト1位の吉田輝星。スカウト顧問として、高校時代の2人を独特の視点で評価し、追いかけてきた。

高校通算111本塁打。早実・清宮の才能を疑う余地はなかった。山田は17年7月28日、西東京大会準決勝、八王子学園八王子戦を視察。清宮は、左中間席に高校通算107号の本塁打を放った。山田はタイミングの取り方を見るためにバックネット裏ではなく、三塁側内野席でチェックした。

松井秀喜や清原和博に「匹敵するだろうなと。10年とか20年に一人の選手」。球界を代表する打者になるとの感触も得ていた。

日本ハムでは、17年春の時点でドラフト1位を清宮に決めていた。球団が、徹底的にほれ込んだ超高校級スラッガー。山田は、打撃以外の部分でも舌を巻いていた。高校時代の清宮の記事で、試合後などに発したコメントだ。

「自分がホームランを打った、打たないというよりも、まずチームが勝ったことがうれしいと話していた」と謙虚な姿勢に感心した。

早実、U18W杯の高校日本代表でも、主将を務めた清宮の人間性。入団2年間で14本塁打と未完の大器だが、山田は「将来は今まで球界にいなかったようなリーダーシップを取れる選手という印象」と語る。独りよがりに打つだけの選手では決してない。求心力と統率力のある、時代にも合ったニュータイプのリーダーとして期待する。



下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。清宮幸太郎は1位指名入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位 清宮 幸太郎 早稲田実高 内野手
2位 西村 天裕 NTT東日本 投手
3位 田中 瑛斗 柳ヶ浦高 投手
4位 難波 侑平 創志学園高 投手
5位 北浦 竜次 白鴎大足利高 投手
6位 鈴木 遼太郎 東北学院大 投手
7位 宮台 康平 東京大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 13:47|この記事のURL


ドラフトニュース検索