ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
日本ハム

五十幡亮汰(中大)、ロッテ・日本ハムびっくり

2020年09月23日

9/23、スポーツ報知4面より 
 
五十幡亮汰(中央大・外野手)
171cm・右投左打・動画

昨秋覇者の中大は東洋大との開幕戦を3―0で制した。サニブラウンに勝った男として知られる快足外野手・五十幡亮汰(動画)が1安打2盗塁。超絶スピードに全12球団のスカウト陣から驚嘆の声が上がり、ドラフトで外れ1位指名の可能性も出てきた。

春季リーグは新型コロナウイルスの影響で中止。今秋は2回戦総当たり制で、勝利数の多いチームが優勝となる(従来は2戦先勝の勝ち点制)。

風を切って本塁に滑り込んだ。1点リードの8回2死満塁、内山京祐の中前安打で、二塁走者の五十幡は、相手中堅手の前進守備のなか、悠々セーフ。昨秋からの連覇を狙うチームに貴重な3点目をもたらした。

全12球団52人のスカウトの度肝を抜いた。2つの二盗を決め、ソフトバンクのスカウトが計測したスタートから二塁到着までのタイムは2秒97。3秒3を切れば俊足とされるだけに超人的だ。ロッテ・永野プロアマスカウト部長も「超トップクラス。ウチの和田もここまでは速くない」と話す。

足だけじゃない。相手の失策を呼んだ遊直に、一直、左前安打と、強くて低い打球を連発した。「球が速い投手には力負けしないように、しっかり振っていくことを心がけています」。

俊足選手にありがちな走り打ちとは無縁の力強いスイングに、日本ハム・大渕スカウト部長も「凡打を含め、バッティングの中身がいい」とうなずいた。50メートル5秒6の俊足だけでなく、遠投110メートルの強肩も魅力。周東を発掘したソフトバンク・永井編成育成本部長は「だいぶ評価を上げたんじゃないか」と指摘した。

これまでドラフト上位候補の一人とされてきたが、俊足選手を補強ポイントとする球団が外れ1位で指名する可能性も出てきた。

(9月22日 東都大学野球 中大 3―0 東洋大)



五十幡君のスカウト評はこちら

五十幡君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:40|この記事のURL

日ハム、伊藤大海(苫小牧駒大)を1位指名する可能性

2020年09月22日

9/22、スポーツニッポン4面より 

伊藤大海(苫小牧駒大・投手) 
175cm・右投左打・動画

日本ハムが10月26日のドラフト会議で苫小牧駒大の最速156キロ右腕・伊藤大海投手(動画)を1位指名する可能性があることが21日、分かった。

04年の北海道移転後、道内チームからの1位指名は06年の駒大苫小牧・田中将大(楽天→ヤンキース)のみ。23年開場の新球場の目玉として道産子右腕を早大・早川らとともに最上位候補に位置付けた。

伊藤は19日に苫小牧市内で北海道六大学野球秋季リーグの函館大戦に先発。0―0の延長10回にサヨナラ打を浴びた一方、10球団のスカウトの前で最速152キロを計測し19三振を奪い、「北海道で生まれた人間として、北海道で頑張れたらなとは思っています」と素直な心境を明かした。

視察した日本ハム・大渕スカウト部長も「4年間の集大成を見せてもらった。変化球を上手に使って、直球を生かしていた」と評価した。



伊藤君のスカウト評はこちら

伊藤君のピッチング動画は
こちら



draftkaigi at 07:50|この記事のURL

高田孝一(法大)、日本ハム「真っすぐが魅力」

2020年09月21日

9/21、スポニチwebsiteより (source)

高田孝一(法政大・投手)
183cm・右投右打・動画

法大の今秋ドラフト候補の高田孝(動画)が7回6安打1失点、10奪三振でリーグ通算7勝目を挙げた。「今日はストレートが良かった。あとは変化球の決め球を制球できれば」。この日は最速151キロをマークした直球で圧倒した。

今月3日、駒大とのオープン戦では自己最速の155キロを計測。視察した日本ハム・大渕スカウト部長は「真っすぐが魅力」と評価していた。

(9月19日 東京六大学野球 法大 10―1 東大)



高田君のスカウト評はこちら

高田君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:05|この記事のURL

森博人(日体大)、日本ハム「確実に上位候補」

2020年09月20日

日刊スポーツwebsiteより (source)

森博人(日本体育大・投手)
177cm・右投右打・動画

今秋のドラフト上位候補の最速155キロ右腕、日体大・森博人投手(動画)が先発し、7回を1安打7奪三振の無失点に抑えた。この試合の最速は148キロ。「今日は真っすぐの走りがよくなかった」と振り返ったが、キレのいいカットボールにカーブ、ツーシームを交え、打者の目線をかわした。

成長を見せた。これまでは、ピンチでは力んで真っすぐの制球を乱していたが「力まずに、球種を考え、振らせることができた。変化球をバランスよく投げられたのが収穫」。どんな状態でも粘り強く投げ、チームを勝利に導くエースとしての責任を果たした。

古城隆利監督は「森は、エースとして投げる最初の試合。緊張もしていたと思う。苦しい展開の中でよく踏ん張ってくれて、勝利につながってくれたと思う」と成長に目を細めた。

この試合はNPB8球団のスカウトが視察。日本ハム・坂本スカウトは「今日は変化球をうまく使えていた。着実に成長している。体のバランスもいい。慎重に投げていて森君の良さが出ていた。確実に上位候補でしょう」と新たな一面に、高評価だった。

(9月19日 首都大学野球 日体大 4-0 武蔵大)



森君のスカウト評はこちら

森君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

伊藤優輔(三菱パワー)、日ハム「どこの球団もほしい」

2020年09月17日

 中日スポーツwebsiteより (source)

伊藤優輔(三菱パワー・投手)
179cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の三菱パワー・伊藤優輔投手(動画)が16日、第91回都市対抗野球大会の西関東予選・代表決定リーグのENEOS戦に先発。12球団のスカウト視察の前で、5イニングを被安打5、失点3で涙をのんだ。試合は三菱パワーが延長12回、3―5で敗れ、敗退が決まった。

今秋の公式戦初登板となった155キロ右腕の伊藤はリードを許したまま5回で降板した。運営母体の社名変更にともない、9月からチーム名を三菱日立パワーシステムズから三菱パワーに変え、来年は三菱重工名古屋などとのチーム統合もあるだけに思い入れのあるシーズンだった。

「ことしは三菱パワーとして最初で最後だったので、何としても都市対抗に出たかった」。都小山台高、中大で注目され続けて、ことしは社会人2年目でドラフト解禁。9日の王子との練習試合で自己最速の155キロもマークした。

立ち上がりから150キロ台を見せたが、制球に苦しんだ。カットボールなどでかわしたが、3回に小豆沢に逆転二塁打、5回にもベテラン柏木にタイムリーを浴びた。「調子が良かったので、飛ばしていって終盤までと思いましたが、球数が多すぎました」。101球でマウンドを譲った。

この日は12球団のスカウトが視察。日本ハム・山田スカウト顧問は「大事な試合で力みもあったと思う。どこのチームもほしい即戦力」とあらためて評価した。

(9月16日 西関東予選代表決定リーグ ENEOS 5―3 三菱パワー)



伊藤君のスカウト評はこちら

伊藤君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索