ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
日本ハム

日ハムドラ1・清宮幸太郎、三塁や外野も挑戦へ

2017年12月08日

12/8、サンケイスポーツ3面より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

日本ハム・栗山英樹監督が7日、北海道・仁木町の銀山小学校などを訪問し、ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(動画)について、高校時代の一塁にこだわらず三塁、外野にも挑戦させると示唆。「メジャーで本塁打王」という将来の夢を抱く怪物スラッガーを、米大リーグ挑戦を表明した大谷翔平投手と同様のプランで育成する。

一面に銀世界が広がり、氷点下まで気温が下がった北海道・仁木町。毎年オフの恒例行事となっている仁木神社での優勝祈願を終え、栗山監督の言葉には熱がこもった。清宮をホットコーナーと呼ばれる花形ポジションの「三塁」に挑戦させる可能性を口にした。

「外野もできると本人もいっているし、それは(早実高の)和泉監督とも同級生だから話している。外野もできるし、サードもできるといっている。もちろん(可能性を)探ります」

早実高時代は主に一塁手だった清宮だが、2年春には中堅手として公式戦に出場。三塁手の経験はないが、11月16日の仮契約の際の会見で「どこでも、やれればやりたい」と話すなど守備から打撃のリズムを作るタイプと自覚している。

大胆なコンバート案は、大谷流の育成プランでもある。投打二刀流として球界を代表する選手に成長した大谷は、入団1年目の春季キャンプで遊撃手に挑戦。花巻東高時代は未経験のポジションを守らせたのは、将来のために幅を広げてあげたいという指揮官の狙いがあった。チーム事情もあり、開幕以降は外野手としての出場となったが、貴重な経験となっている。

清宮が1軍でレギュラーに定着するためには、一塁は主将で主砲の中田、三塁はレアード、外野やDHは近藤、新外国人らと激しい定位置争いが必至。だが、守るポジジョンが増えるのはプラスになる。

「日本の宝の素材であるのは間違いない。清宮幸太郎が成長する、その選手のために一番いい方法を見つけたい。いろいろなことを考えて、布石を打っていく」と指揮官。北海道から世界へ。大谷流のノウハウで、金の卵を育てる。 



下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

凄腕スカウト部長のドラフトの朝

2017年11月25日

朝日新聞websiteより (source)

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

2017年10月26日午前8時。プロ野球ドラフト会議が始まるまで、あと9時間。日本ハムの大渕隆スカウト部長は東京都八王子市にある、早稲田実野球部の「王貞治記念グラウンド」にいた。左打席の土に、そっと左手を置く。「ドラフトの朝って、することないじゃん。でも、居ても立ってもいられない、というかさ」

1位指名が決まっていた清宮幸太郎(動画)は、ここで汗を流し、声をからし、この打席でバットを振っていた。2年あまりの月日に思いをはせながら、土に触れた。国内の試合は当然、9月にカナダ・サンダーベイであったU18ワールドカップにも足を運んだ。1球1打を注視するのはもちろん、性格を把握しようと、ベンチや試合後の行動も見逃さなかった。

2010年、斎藤佑樹を1位指名する日も、東京都西東京市にある早大野球部の東伏見グラウンドを早朝、訪れた。「テレビ局のスタッフがいて、躊躇したけどね」。2014年に有原航平を指名するときも、朝、東伏見に行った。自身も早大野球部出身。後輩たちと縁があることを念じた。

どんなに手を尽くしても、最後は運頼みになるのがドラフトだ。それでも、後悔だけはしたくない。「当日は、もう何にもできないけどさ、練習場の空気を会場に持って行きたいんだよ」。選手への熱意が、大渕部長をいつも突き動かしている。

16日の仮契約会場、24日の新入団発表、いずれも大渕部長の姿があった。表情は厳しい。「何も終わってないよ。1月の合同自主トレ、2月のキャンプ。ホッと、なんてできるわけないじゃん」。これからは、「日本ハムの清宮」を見守っていく。



下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

日ハムドラ1・清宮幸太郎、中田翔へ対抗心

2017年11月17日

11/17、スポーツニッポン終面より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

日本ハムからドラフト1位指名された早実・清宮幸太郎内野手(動画)が16日、東京都内の明治記念館で入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円の最高条件で入団に合意した。高校通算111本塁打を誇る至宝は、同じ一塁を守る4番・中田翔内野手へ尊敬のまなざしとともに、レギュラー奪取へ対抗心を燃やした。

厳かな金屏風の前で、清宮ははっきり口を開いた。最高条件で仮契約を終え「趣のある場所で緊張感のある中、一社会人としての一つのステップアップができた」と、まずは安どした。覚悟はできている。同じ一塁手の主砲・中田について問われ「これから練習して(今は)一つも勝ってるところはないけど、飛距離だったり本塁打の数だったりは負けないようにしたい」と言った。

試合に出るには、侍ジャパンでも主軸を担ってきた中田からポジションを奪わなければならない。その先に、東京五輪での侍ジャパンの4番がある。高校通算111本塁打を誇るルーキーは、プロでは年齢が関係ないことを分かっている。

おごりはない。「中田さんは、(日本)代表の時にチャンスでの勝負強さは見ていて格好良かった。心の持ちようだったり、その辺を尊敬している」。来春キャンプは米アリゾナでの1軍スタートが濃厚で、実戦で多く起用される。1年目から勝負することは、チームの推進力にもなる。

清宮は一塁以外のポジションについて「ちょっとキャッチャーは(無理)」と照れ笑いを浮かべたが「自分は守備が嫌いということはないので、どこでもやれればやりたい」と語った。早実では一時期、中堅手もこなした。チームのためなら、どんな役割も挑戦していく思いもある。

会見には12年6月27日の日本ハム―楽天戦で始球式をした際、栗山監督からもらったメッセージ付きサインボールを持参した。「ずっと自分の机の上に置いてあった。そういうところから運命を感じている」。大阪桐蔭時代に87本塁打を放ち同じ怪物と呼ばれた中田と競い合うのもまた運命だ。

将来の夢はメジャーで本塁打王。清宮はこのオフ、メジャー挑戦を表明し、すれ違いとなる大谷を引き合いに出して言った。「大谷選手のように人にどう言われようと自分の決めた目標だったり、信念だったりをこれからも貫いていきたい。自分もそこは目指している」

高ければ高い壁の方がいい。2018年。「日本ハムで一番印象に残った選手は清宮と言っていただければベスト」と真っすぐ前を見た。 



下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

東妻勇輔(日体大)、日ハム「巨人ドラ1より安定感ある」

2017年11月16日

11/16、サンケイスポーツ7面より

東妻 勇輔 (日本体育大・投手)
170cm・右投右打・動画

大学の部決勝が行われ、日体大が星槎道都大を3―0で下し、1980年以来37年ぶり2度目の優勝を果たした。首都大学リーグ勢の優勝は6度目。プロ注目の最速152キロ右腕、東妻勇輔投手(動画)が2安打4奪三振で完封し、日本一へ導いた。

最後の打者を右邪飛に仕留めた東妻が、神宮のマウンドで、右手人さし指を高々と上げた。「絶対に優勝のマウンドは譲らないとベンチの他の投手にも言っていた。百点をあげたい。一回は緊張で腕が振れなかったけど、二回からは修正できた。成長できているが、まだまだ、プロで通用はしない」。試合後、東妻が声を弾ませた。

初戦の準々決勝では七回から登板し、150キロ台の直球を武器に9奪三振。中1日のこの日は、低めに集めた直球に高速スライダーを織り交ぜ、9回2安打1四球と抑え込んだ。

部員数172人で、教員志望が多数という環境。古城監督は2年前、チーム成績の安定化を目指して、大学ラグビー界で常勝軍団の帝京大・岩出監督の指導を参考にした。下級生が練習に集中し、早く力を発揮できるように、上級生が朝、夕の掃除を担うようにした。

さらに、約30年ぶりに平日早朝の2、3軍戦を復活し、その首位打者らを1軍に登用。部が活性化して、下級生でも自己主張ができ、選手層は厚みを増した。

「ここまで来たら勝って泣こうと。寒い中、スタンドからの応援が力になった。首都大学リーグを見てもらえる絶好の機会だった。来年の春もまた日本一を狙いたい」と古城監督。37年ぶりの明治神宮大会制覇を成し遂げた指揮官は、来年の全日本大学選手権優勝に照準を合わせた。

▼日本ハム・山田スカウト顧問
「(東妻について)前の登板(九州共立大戦)は救援で150キロが出ていたし、中大の鍬原(巨人ドラフト1位)より安定感があると思った」

(11月15日 明治神宮大会決勝 日本体育大 3―0 星槎道都大)



東妻君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:09|この記事のURL

日ハムドラ7・宮台康平、まずは1勝したい!

11/16、サンケイスポーツ6面より

2017日本ハムドラフト7位 宮台康平
東京大・投手・動画

日本ハムからドラフト7位指名された東大・宮台康平投手(動画)が15日、東京・文京区の同大で入団交渉に臨み、契約金2500万円、年俸750万円で合意した。前日14日に受けた学生最後の試験を終え、無事に卒業できる見込み。東大出身では6人目のプロ野球選手として、新たな競争に挑む。

東大から史上6人目のプロ野球選手が誕生した。シンボルの赤門をバックに、学生服に身を包んだ宮台が、表情を引き締めた。「(東大は)プロ野球の中でいえば珍しいので、どうしても目立ってしまうとは思う。やるからには、プロ野球選手として結果を出したいです」

学生支援センターの会議室で行われた約35分の入団交渉には、予習ばっちりで臨んだ。宮台の在籍する法学部は卒業論文がなく、残るは2単位。前日14日に受けた学生生活最後の試験問題は、入団交渉を前に、くしくもお金に関する「近年の年功賃金制度の変容により、影響を受けた実制度について」だった。

論文形式の試験を難なくこなし「ばっちりです」と手応えは十分。自身は年功賃金制度とは真逆の世界に進む。「東大生はお金持ちになるのが既存の価値観。自分は、そことは戦わない」と、今後は1月の新人合同自主トレに向けて野球に打ち込む。

日本ハムは大谷を投打二刀流として育てた実績がある。大渕スカウト部長には「世の中に変革をもたらし、いままでの既存のものを変えてもらいたい」との願いから「チェンジメーカーになってほしい」と託された。

「大谷さんがいたチーム。いろいろな可能性がある。開幕を1軍で迎えるのと、まずは1勝を挙げたい」。東大卒の投手がプロで勝利を挙げれば、1967年の井手峻(中日)以来。赤門が生んだ左腕が、プロ野球界に変革をもたらす。 



下は2017ドラフトで日本ハムが指名した選手です。7位指名・宮台君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索