ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
日本ハム

増田珠(横浜)、巨人・日ハム・中日が診断

2017年08月18日

8/18、東京スポーツ終面「プロのスカウトが診断」より

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

神奈川県大会で新記録の4試合連続本塁打、タイ記録の通算5本塁打をマークした逸材。清宮不在の大会を盛り上げる男として注目を浴びたが、初陣の秀岳館戦で不発に終わり、チームとともに1回戦で甲子園を去った。

それでも巨人の岡崎スカウト部長は「自分たちは1試合で評価するのではない。たまたま本塁打とか打てなかったということもあるから、そのために1年間長い時間を見ている」。増田が県大会で本塁打を量産していた点について「それが彼の力だと思う」と言い、今秋のドラフト候補として含みを持たせる言葉も口にした。

他にも「軸がぶれずに体の近くで打てている。何より人柄も良いよね。性格も明るく前向きなところが特に評価」(日本ハム・大淵スカウト部長)。

「神奈川県大会から見ているけど、ここにこういうボールがくれば本塁打を打てるというツボを持っている。飛ばす能力は天性のものがある。しっかり甘い球を確実に一発で仕留められるタイプの打者」(中日・中田スカウト部長)
との声が上がった。

その一方で一部のスカウトからは「素材は確かにいいのかもしれないが、技術はまだまだ」、「体がまだできていない。そういう意味では鍛えがいはありそう。プロで一番必要になってくるのは甲子園で打つ、打たないよりも体力」との手厳しい意見も。今後の進路についてプロ志望を明言している増田だが、まだ課題が多く残されている感も否めない。



増田君のスカウト評はこちら

増田君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:05|この記事のURL

日ハムスカウトが明かす広島スカウトの執念

2017年08月17日

8/17、夕刊フジ25面より

1989広島ドラフト4位 前田智徳
熊本工高・外野手・18歳

日本ハムの山田正雄スカウト顧問は少しの後悔と、懐かしさとともに28年前の甲子園を思い出すことがある。

「3年生の気になる打者がいたんだけど、『打つ方はいいが、性格面に問題がある』という感じで周りの評判があまりよくなくてね。ウチもあまり評価してなかった。でも、俺にはそうは見えない。まじめさを判断するには、守備の様子を見るのが一番いい。その選手はセンターだったからバックスクリーンの横まで行って、じっくり見てやったんだ」

現役引退後サラリーマン生活を経て球界に復帰した山田氏は、当時スカウト3年目。

「外野席に着いたら、広島の九州担当の宮川スカウトにいきなり声を掛けられた。『こんなところで何やってんだ?』って。ギョッとしたよ。まさか選手を見てるとはいえない。『気分転換ですよ』ってごまかしたんだけど、宮川さんも横に座って動いてくれない」

2016年に亡くなった宮川孝雄氏(享年79)は北別府学氏や緒方孝市現監督らを発掘した名スカウトだ。

「そのうち『出前で鰻を取ったから一緒に食おう』なんて言い出した。当時はおおらかだったから、外野まで出前が来てくれたんだよ。確かに腹も減ってたから、そのまま食べながら見ればいいかと思ったんだけど、『うまいか?』なんて話しかけられて全然プレーが見られなかった」

甲子園に集まるスカウトは通常、全チームの初戦を視察するとそれぞれの担当地区に戻る。判断を下す唯一のチャンスを逃してしまったのだ。山田氏が見逃した選手は1989年のドラフトで広島に4位指名された熊本工の前田智徳外野手だった。多くのケガに悩まされながら通算2119安打を積み上げることになる。

「プロに入ってから様子を聞いてみたら、『すごく真面目でよく練習する』と。2年目にはレギュラーに定着した。悔しかったね。もっと強く推薦できなかったかと。でも判断の材料が足りなかった。多分あのよくない話も、宮川さんが他球団を寄せ付けないために流していたんだろう。それくらい前田に懸けていた。あの時も外野で他球団のヤツが来ないか見張っていたんだろう」

ほれ込んだ選手に懸けるスカウトの執念。「あの鰻はめちゃくちゃうまかったなあ」。そう笑った山田氏。夏が終わればすぐにドラフトの時期がやってくる。 



下は1989ドラフト会議で広島が指名した選手です。前田智徳は4位指名入団。プロでの成績はこちら

広島の1989ドラフト指名選手
1位佐々岡 真司NTT中国投手
2位仁平 馨宇都宮工高外野手
3位前間 卓鳥栖高投手
4位前田 智徳熊本工高外野手
5位山口 晋島田商高投手
6位浅井 樹富山商高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:23|この記事のURL

西川愛也(花咲徳栄)、日ハム「ウチの西川に似てる」

2017年08月15日

8/15、夕刊フジ29面より

西川 愛也 (花咲徳栄高・外野手兼一塁手)
180cm・右投左打・動画

「将来はプロに行きたい。走攻守で高いレベルの選手として長くやりたいです」。端正なマスクをほころばせながら将来を語るのは花咲徳栄・西川愛也外野手(動画)。第8日目・第3試合の2回戦・日本航空石川戦に向け、13日には京都府内のグラウンドで調整した。今秋ドラフト候補に挙げられ、ネット裏から熱視線を送るプロのスカウトにとって最後の希望となりつつある。

岩井監督は、大阪の浜寺ボーイズでプレーしていた中学時代の西川を初めて見たときの衝撃を振り返る。「当時は投手もやっていましたが、ぼくは断然打者だと思った。ボールをとらえるのがうまくて、走ってもバネがある。輝いてましたよ」

昨秋からチーム方針で長打力重視を打ち出したこともあり、「ロングヒットが打てるように練習を積んできました」と西川。埼玉県大会では4本塁打。約10キロのトレーニング用のハンマーを振り下ろして体幹を鍛え上げた効果が出た。10日の1回戦・開星戦では5打数2安打1打点も、「2安打のあとの3打席がよくなかった」と貪欲だ。

日本ハム・山田スカウト顧問は「広角に打てるタイプ。足もあるから高い打率が残せるんじゃないか。顔もいいし、華がある。ウチの西川遥輝外野手に似てるよ」と、同じ右投げ左打ちのリードオフマンに姿を重ねる。岩井監督も「西川選手には名字が同じこともあって、似てるってよく言われますね。でも、あちらは天才。ウチのは努力しないとダメ」とピシャリ。

横浜・増田と並んで高校生外野手として最高ランクの評価を受けているが、「高校からすぐにプロに行きたいのが本音ですが、試合になればネット裏のスカウトの方を気にする余裕なんてない」と目の前の試合に勝つことだけに集中している。

スカウト陣が気にするのは、昨秋に負った右胸筋断裂の回復具合だけ。西川本人は「もう大丈夫です」と万全を強調するが、目玉不在といわれる今大会で抜きんでた存在になれるか。



西川君のスカウト評はこちら

西川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

西武・日ハム・ソフトBなど高校日本代表にスカウト派遣

8/15、サンケイスポーツ終面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

史上最多タイの高校通算107本塁打を誇る早実高・清宮幸太郎内野手(動画)の日本代表入りが有力で、9月1日にカナダ・サンダーベイで開幕するU―18(18歳以下)ワールドカップに、日本ハム、西武がスカウトを派遣することが14日、分かった。ほかにもソフトバンク、巨人が派遣を検討しており、10月26日のドラフト会議を控えて、清宮フィーバーはついに海を渡る。

人口11万人の街、カナダ・サンダーベイがフィーバーに沸く。9月1日に開幕するU―18ワールドカップ。清宮ら今秋のドラフト候補を視察するため、複数球団のスカウトがカナダを訪れることが明らかになった。

「カナダへのスカウトの派遣が決まりました」。日本ハム球団幹部が明言した。大渕隆スカウト部長を筆頭に、清宮担当の岩舘学スカウト、遠藤良平GM補佐、さらに駐米スカウトを務めるマット・ウインタース氏の総勢4人を派遣する予定。昨秋の早実-日大三の東京大会決勝を栗山英樹監督が視察するなど、かねて徹底マークしている。

他球団も黙ってはいない。西武もスカウト2人の同行が決定ソフトバンクも視察に訪れる予定で、20日に発表予定の高校日本代表のメンバー次第では、巨人も派遣を検討している。

第1次候補には、代表選出が濃厚な清宮だけではなく、今夏の甲子園で1試合2本塁打を放ち、ドラフト1位候補に浮上した広陵の中村奨成捕手(動画)や、今夏、神奈川大会新記録となる4試合連続本塁打をマークした横浜の増田珠外野手(動画)ら有力選手がそろう。

同大会では木製バットを使用する。各球団のスカウト陣は10月26日のドラフト会議をにらみ、清宮らに誠意を示すのはもちろん、世界の好投手を相手に、どれだけ木製バットに適性があるのかをはかる狙いもある。

清宮はプロ野球志望届を提出する可能性が高く、プロに進んだ上で早大に進学するプランも検討しているとみられる。9日には早実高OBでソフトバンク球団会長の王貞治氏が「プロでやる力はあると思う」と断言したが、清宮は進路を表明していない。最終決断は同大会終了後に下す見込みだ。

日本から飛行機でトロントを経由して、約17時間をかけて移動しても見たい逸材。史上最多タイの高校通算107本塁打を誇る怪物スラッガーをカナダまで追いかけて、密着する。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:06|この記事のURL

中村奨成(広陵)、楽天・日ハムなど5球団の声

2017年08月12日

8/12、スポーツ報知5面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

▼楽天・長島スカウト部長
「高校生ではナンバー1捕手。ケガをしても県大会から出ていたし、ハートの強さも魅力。鍛えがいがあるな、という印象。上位で指名される可能性は十分ある」

▼日本ハム・大渕スカウト部長
「ここまで走攻守そろった捕手は今までにいない。みんなが注目する大舞台で、いいところが全部出た。文句のつけようがない」

▼ヤクルト・小川SD
「能力の高さを証明してくれた。肩も長打力も捕手としてのフットワークも、一つ一つで能力の高さを感じた。高校生の捕手では抜けている存在」

▼DeNA・吉田編成部長
「肩もバッティングも良かったし、足も見せてくれた。捕手が欲しいところは、いの一番でいくんじゃないか」

▼ブレーブス・大屋スカウト
「将来的な伸びしろも残した選手。こんな子に、メジャーに行きたいですと言ってもらいたい」

(8月11日 夏の甲子園1回戦 広陵10―6中京大中京)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索