ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
日本ハム

湯浅京己(BC富山)、DeNA・日ハムなど評価アップ

2018年10月20日

10/20、スポーツ報知websiteより (source)

湯浅 京己(富山GRNサンダーバーズ・投手)
183cm・右投右打・動画

プロ野球ドラフト会議は25日、東京都内で行われる。BCリーグ・富山GRNサンダーバーズの最速151キロ右腕、湯浅京己(動画)複数球団から調査書が届いており、支配下での本指名が期待される。富山に残ってトレーニングを続ける湯浅は「ドキドキも、ワクワクもしています」と運命の日を心待ちにしている。

高校入学後は成長痛の腰痛に苦しんだが、全快した高校2年秋に内野手から投手に転向。3年夏には最速145キロをマークした。高校卒業時には、周囲から大学進学を勧められたが「野球に集中したい」とBCリーグのトライアウトを受験し、ドラフト1位で富山に入団した。

今春からは伊藤智仁監督の指導で急成長。5月にはMAX147キロに伸び、9月17日の福井戦では151キロを記録。ロッテ、DeNA、日本ハムなど、視察していた複数球団の評価は大幅アップした。湯浅は「NPB(日本野球機構)から指名を受けたら、本当のスタートラインだと思ってます」と吉報を待つ。



湯浅君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:55|この記事のURL

日ハム栗山監督、2日続けて東都ドラ1候補を視察

2018年10月19日

10/19、サンケイスポーツ4面より
各球団のスカウトに混じって、日本ハム・栗山監督も前日17日に続いて東都大学野球リーグを視察した。

東洋大・甲斐野(動画)国学院大・清水(動画)らドラフト指名候補をバックネット裏から見守り「聞いていた通りみんないい選手で、これからが楽しみ。2日続けていいものを見せてもらった」と満足そうだった。この日は東洋大の梅津(動画)が初勝利。「何かあるな」と笑顔で神宮球場を後にした。

(10月18日 東都大学野球 東洋大 8-0 国学院大)



梅津君(東洋大)のスカウト評はこちら

甲斐野君(東洋大)のスカウト評はこちら

清水君(国学院大)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

日ハムがスカウト会議、根尾(大阪桐蔭)最上位に

2018年10月18日

10/18、日刊スポーツ5面より

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

日本ハムも「根尾争奪戦」に参加する可能性が高まった。17日、都内のホテルでスカウト会議を実施。25日に行われるドラフト会議での1位指名候補を14人に絞り、大阪桐蔭・根尾昂内野手(動画)を最上位に位置づけているもようだ。

根尾について問われた大渕スカウト部長は「(1位候補に)入っています」と明かした。投打での評価については「どちらも・・・ネオアキラを評価しています」。スケール感、ポテンシャル、人間性を含めて高く評価していることをうかがわせた。

全体で約80人に絞った指名リストの中で、ナンバーワンに極めて近い評価であることは間違いない。吉村GMは「今年のナンバーワン選手を指名します。ぶれません」と方針を示した。中日が1位指名を公表し、巨人と楽天も参戦が濃厚。競合となれば、昨年は7球団争奪の清宮との交渉権を引いた木田GM補佐が再登板する。

会議に出席した栗山監督は「イメージが出来た」と表情を引き締めた。投打「二刀流」の大谷を育成した日本ハムが、その後継となりうる逸材を果敢に狙うことになりそうだ。



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

日ハム・栗山監督、東洋大ドラ1候補を電撃視察

10/18、スポーツ報知4面より

上茶谷 大河 (東洋大・投手)
180cm・右投右打・動画

東洋大はドラフト1位候補右腕・上茶谷大河(動画)が、8回2失点と好投。159キロ右腕・甲斐野央(動画)が締めて1勝1敗とし、4連覇に望みをつないだ。中大以外の5校が優勝の可能性を残す激戦になっている。

負ければ4連覇が消滅する崖っぷちで、上茶谷と守護神・甲斐野のドラ1候補リレーでタイに持ち込んだ。上茶谷は「優勝がなくなると思って気負いすぎたけど、リズム良く投げられた。連投もあるけど、総力戦で戦いたい」。

都内でのスカウト会議後、電撃視察に訪れた日本ハム・栗山監督は「自分の目でも見ておきたかった。いいものを見せてもらった」と満足そうだった。

(10月17日 東都大学野球 東洋大 3-2 国学院大)



上茶谷君のスカウト評はこちら

上茶谷君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿)、ロッテ・日ハムが注目!

2018年10月17日

10/17、中日スポーツ8面「ドラフトを待つ」より

松本 桃太郎 (ホンダ鈴鹿・三塁手)
177cm・右投左打・動画

2年越しの夢がかなうか。ホンダ鈴鹿の松本桃太郎内野手(動画)は、抜群のスイングを誇る左打ちの強打者。指名打者制のパ・リーグ球団の注目度が高く、ロッテや出身地・北海道の日本ハムが高く評価している。

「パ・リーグは好き。評価してもらうことはうれしいけど、ドラフトは本番までどうなるか分からない。それは、よく分かっているつもりです」

北海高で春夏の甲子園に出場。仙台大では仙台六大学リーグの最多安打記録を更新する通算120安打をマークした。2度の最優秀選手、4度の本塁打王などの成績を残し、大学からのプロ入りは確実とみられていた。迎えた4年時のドラフト。事前に指名をほのめかす球団もあった。しかし、本番で名前は呼ばれなかった。

「もう無理。これ以上、頑張っても意味がない」。目標を見失いかけた。そんな松本を救ったのは、ホンダ鈴鹿の甲元訓監督。「2年後を目指して、一緒に頑張ろう。社会人野球も面白いぞ」と励まされ、立ち上がった。「その言葉を信じて、チームに貢献したいと思った。僕の人生の中で、大きなことだった」

入社直後はレベルの違いに戸惑ったものの、すぐに対応。1年目からクリーンアップを任された。今年の都市対抗予選では最終の第6代表決定戦・永和商事ウイング戦で決勝の先制3ランを放つなど活躍。「社会人で成長できた」と胸を張る。

課題は三塁の守備。チームでは公式戦になると、指名打者に回ることが多い。「指名打者だと、メジャーリーガーと勝負しないといけない。守れないと、プロでは食っていけない」。打撃以上にノックなどの守備練習に時間を割くなど、課題克服に力を入れている。



松本君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:56|この記事のURL

ドラフトニュース検索