ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

日本ハム

日ハムドラ1・堀瑞輝、コーチ評価「素晴らしいものある」

2017年02月06日

2/6、スポーツ報知websiteより  (source)

2016日本ハムドラフト1位 堀瑞輝
広島新庄高・投手・動画

日本ハムのドラフト1位・堀瑞輝投手(動画)が5日、沖縄・国頭2軍キャンプで初めてブルペン入り。捕手に座ってもらい、オール直球で30球を投じた。左腕は「久々にブルペンに入ったので気持ちが良かった。しっかり指にかかったボールもあったので、いい感じでした。初めてにしてはちゃんと投げられたと思う」と笑みを浮かべた。

ただ、初々しさものぞかせた。ブルペンの周囲にはテレビカメラがあり、カメラのシャッター音が鳴る中での投球も人生で初めてだった。それだけに「カメラは苦手なので、緊張しました。力は入らなかったけど、すごく見られているなと思いました」と振り返った。

それでもキレのあるボールを投げ込み、堂々とした投球を披露したドラ1左腕について、後ろで見ていた伊藤総合兼投手コーチは「十分じゃないですか。指にかかったボールは素晴らしいものがあった。いい角度もあった」と高く評価した。

今後は球団の方針もあり、2クール目でもう一度、ブルペン入りし、2月終盤にシート打撃に登板。実戦デビューは3月以降の予定となっている。

「ちょっとずつ力を入れて投げて、上げていきたい。このキャンプでしっかりとレベルアップをして、期待に応えられるようにしたい」と意気込んだ。大きな期待がかかるルーキーが、プロとしての一歩を踏み出した。




下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。1位・堀君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
1位堀 瑞輝 広島新庄高 投手
2位石井 一成 早稲田大 内野手
3位高良 一輝 九州産業大 投手
4位森山 恵佑 専修大 外野手
5位高山 優希 大阪桐蔭高 投手
6位山口 裕次郎 履正社高 投手
7位郡 拓也 帝京高 捕手
8位玉井 大翔 新日鉄住金KM 投手
9位今井 順之助 中京高 内野手


draftkaigi at 09:02|この記事のURL

日ハムドラ2・石井一成、監督絶賛「ワクワクする選手」

2017年02月03日

2/3、日刊スポーツwebsiteより (source)

2016日本ハムドラフト2位 石井一成
早稲田大・遊撃手・動画

初日から持ち味を存分に発揮した。日本ハムの新人で唯一米アリゾナキャンプに参加しているドラフト2位・石井一成内野手(動画)が1日(日本時間2日)、自慢の守備で高評価を得た。「ガチガチです。緊張しました。これからもっとコミュニケーションを取っていけたら」と、戸惑いもあったが、周りの目は違った。

見守った栗山監督は「久々に見た、プロに入ってきて、あんなにうまい内野手。スポンジみたいにやわらかい。ワクワクする」と絶賛した。2年連続143試合に出場している正遊撃手・中島は、コンディション不良で2軍の沖縄・国頭キャンプに参加中。石井一のメドが立てば、指揮官にとっても心強い。

アリゾナメンバーとともに日本を離れて5日。大卒新人が、慣れない環境で奮闘する心の支えのひとつが、無料通話アプリ「LINE」。家族でグループをつくり、連絡を取り合っているという。「がんばってる?、とか来ています。やっぱり、心配していると思うので」。親の温かさが、疲れた体に安らぎを与えてくれる。

8日(日本時間9日)からは実戦も組み込まれる。「早く、いろいろ身につけてレベルアップしたいです」。新人野手の開幕スタメンとなれば13年の大谷以来。連覇を狙うチームの中で、新戦力がキャンプインからキラリと光った。




下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。2位指名・石井君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
1位堀 瑞輝 広島新庄高 投手
2位石井 一成 早稲田大 内野手
3位高良 一輝 九州産業大 投手
4位森山 恵佑 専修大 外野手
5位高山 優希 大阪桐蔭高 投手
6位山口 裕次郎 履正社高 投手
7位郡 拓也 帝京高 捕手
8位玉井 大翔 新日鉄住金KM 投手
9位今井 順之助 中京高 内野手


draftkaigi at 11:56|この記事のURL

話題の新人、日ハムドラ1・堀瑞輝

2017年01月28日

1/28、スポーツニッポン2面「球界新士録」より

2016日本ハムドラフト1位 堀瑞輝
広島新庄高・投手・動画

ファンの声援に応える時、取材に応じる時、ドラフト1位・堀(動画)は申し訳程度に笑みを浮かべる。本人いわく「人見知りが凄く激しい」という。ところが、ブルペンではひょう変する。眼光鋭く、ムチのようにしなる左腕から力強いボールを次々と繰り出していく。

「(寮の)部屋ではずっとゴロゴロして音楽を聴いている。部屋からは出ることはあまりない」。広島新庄時代も4人部屋で寮生活だったが、当時も野球以外の用事で部屋から出ることはなく、「後輩に話しかけることもなかった」。

勘違いされそうな性格だが、広島新庄の恩師・迫田守昭監督との出会いが大きかった。ある時、味方の失策でいらいらしていると、「マウンドでムスッとするな」と叱られた。すぐさま帽子のつばに「笑え」と書いた。人見知りでも、素直だった。その言葉を目にするうちに、マウンドで自然と笑顔が生まれ、落ち着いて投球できるようになった。

練習中に笑顔はなかなか見られないが、ドラフト2位の石井一(早大)は「マイペース。まだ高校生で可愛い」と笑う。同じ高卒の同7位・郡(帝京)は「毎朝、練習前に堀の部屋に行く。気がついたらベッドで横になっているので練習いくぞって声を掛けている」。放っておけないキャラクターが愛されている。

新調した紺のグラブに刻んだ言葉は「不撓不屈」「プロ入りが決まってからは、くじけずに頑張ろうと思ってこの文字にした。プロで笑えるかどうかは分からんけど、ムスッとはせんとこうとは思う」。武器は最速150キロの直球と切れ味鋭いスライダー。その笑顔はプロの舞台でもきっと輝く。



下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。1位・堀君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
1位堀 瑞輝 広島新庄高 投手
2位石井 一成 早稲田大 内野手
3位高良 一輝 九州産業大 投手
4位森山 恵佑 専修大 外野手
5位高山 優希 大阪桐蔭高 投手
6位山口 裕次郎 履正社高 投手
7位郡 拓也 帝京高 捕手
8位玉井 大翔 新日鉄住金KM 投手
9位今井 順之助 中京高 内野手


draftkaigi at 12:40|この記事のURL

日ハムドラ7・郡拓也、スカウト「積極性すばらしい」

1/28、サンケイスポーツ終面「球界ここだけの話」より

2016日本ハムドラフト7位 郡 拓也
帝京高・捕手・動画

日本ハムになかなか面白いルーキーが入ってきた。ドラフト7位の郡拓也捕手(動画)だ。遠投120メートルの強肩に加えて、50メートル走は6.0秒という俊足の持ち主である。

幼少時代から、俊敏性は飛び抜けていた。本人談では、保育園で友達と毎日のようにやっていた鬼ごっこでは、捕まった記憶がない。つまり鬼になったことがないという。「小さい頃から素早い方でした」と笑う。

帝京高3年時、夏の東東京大会3回戦の正則高戦では、珍しいサイクルスチールまで決めた。左前打で出塁し、二盗、三盗に続き、「ノーアウト三塁で、ホームスチールもできるかなと思っていたんです。ベンチからは『走るな』のサインも出ていなかったし。そして、バッター2人が倒れて、2アウトになったから、何としても点がほしかった」と二死三塁からの初球に本盗を成功。あまりのスピードに捕手はタッチもできなかった。

「盗塁王を目指しています」と郡は本気で言い切る。獲得に尽力した日本ハム・岩舘学スカウトは「何よりも郡のいいところは積極性。打撃も走塁にもすごく意欲がある。守備も二塁への送球はだいたい2秒は切る」と野球センスの高さを絶賛する。捕手は高校から始めたが、すでに二塁送球はプロレベルの1秒台に達している。

「高校のときには初球か2球目には走れていたけど、プロではそんなに簡単じゃない。もっともっと研究しながらやっていきたい。ファイターズだったら、西川さんにいろいろ話を聞いてみたい」と意欲を燃やす。

元ヤクルト・飯田や元阪神・関川ら捕手からスタートした俊足の選手たちはいるが、いずれも外野などにコンバートされた。正捕手として盗塁王に輝いた選手は、日本プロ野球はおろかメジャーリーグにもいない。日本でのシーズン最多は1952年に大洋・荒川昇治が記録した「32盗塁」だ。

「自分の持ち味は足と肩。体を大きくしつつ、足ももっと速くしたい。打って、走って、守れる捕手になりたい。盗塁王を目指しています」と郡。大谷が投打で成功したように、日本ハムから新たな歴史を作る選手が誕生するかもしれない。




下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。7位・郡君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
1位堀 瑞輝 広島新庄高 投手
2位石井 一成 早稲田大 内野手
3位高良 一輝 九州産業大 投手
4位森山 恵佑 専修大 外野手
5位高山 優希 大阪桐蔭高 投手
6位山口 裕次郎 履正社高 投手
7位郡 拓也 帝京高 捕手
8位玉井 大翔 新日鉄住金KM 投手
9位今井 順之助 中京高 内野手


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

日ハムドラ5・高山優希、2軍スタートも軽快な動き

2017年01月25日

1/25、スポーツ報知websiteより (source)

2016日本ハムドラフト5位・高山優希
大阪桐蔭高・投手・動画

ドラフト5位・高山優希投手(動画)は、最速150キロを誇るキレのある直球を武器に、プロの舞台で戦っていく。左腕は「角度のある投球が持ち味。角度を使った真っすぐをしっかり投げ込んでいきたい。いずれはチームを代表する投手になれれば」と意気込んだ。

高校時代からその能力の高さは際立っていた。2年の夏には、プロではチームメイトとなるドラフト1位・堀瑞輝投手と投げ合った。当時の高山の印象について、ドラ1左腕が「バッターのみんなに『打てた?』って聞いたら、みんな『無理』って言っていた。こういう選手がプロにいくんだろうなと思った」と振り返るほど、圧倒していたという。

その後、2年秋に出場した明治神宮大会では、準決勝の高松商戦で自己最速150キロをたたき出し、一躍脚光を浴びた。しかし、3年春にセンバツ出場後、腰痛を発症したため、最後の夏は地方大会3回戦で敗退した。

それでも「苦しかったけど、周りのサポートがあったから、(ドラフトで)指名されることができた」。現在は患部の痛みもなく、合同自主トレでも初日から軽快な動きを見せている。

春季キャンプは2軍スタートとなり、まずはプロで活躍するための土台作りに励む。好きな言葉は「迷わず1球を投げろ」だ。「どんな時でも自信を持って投げたい。どの球でも抑えられるという位、強い気持ちで思い切っていきたい」。大きな志を抱く左腕が、近未来のエースに成長していく。。




下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。5位・高山君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
1位堀 瑞輝 広島新庄高 投手
2位石井 一成 早稲田大 内野手
3位高良 一輝 九州産業大 投手
4位森山 恵佑 専修大 外野手
5位高山 優希 大阪桐蔭高 投手
6位山口 裕次郎 履正社高 投手
7位郡 拓也 帝京高 捕手
8位玉井 大翔 新日鉄住金KM 投手
9位今井 順之助 中京高 内野手


draftkaigi at 10:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索