ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
日本ハム

清宮幸太郎(早実)不調、日ハム「練習は悪くない」

2017年09月05日

9/5、デイリースポーツ5面より 

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

日本ではあり得ない光景だった。捕手が立ち上がり、目の前の打者が歩かされる。「ないっすけど、しょうがない。悔しかったけど、全然打っていないので」。野球人生初と振り返る屈辱。それを2度も味わった自身へのいら立ちを、清宮(動画)は懸命に抑えた。

最初に3番・安田が敬遠されたのは、同点の三回無死二、三塁から。次は4点リードの八回2死二、三塁からだった。三回は初回に続く右犠飛で勝ち越し点をたたき出したが、八回は引っかけ、一ゴロに打ち取られた。他の2打席も投ゴロと空振り三振。価値ある勝利の余韻にも浸れなかった。

試合後は浮かない表情で「全然ダメです。う~ん、調子が悪い時の自分が全部出ている。体が開きまくって、もう訳わかんなくなってます」と自嘲気味に言った。

最速150キロ台の3投手に封じられた米国戦から一夜。日本ハム・岩舘スカウトは「昨日速いボールを見て、今日は遅いボール。感覚のズレがあるだけで、打者にはよくあること。練習は悪くなかった」と話した。まだ深みにはまる前なら、一つの快音でガラッと変わることもできる。

宿敵米国に完敗し、朝のミーティングでは気持ちを強く持つことを再確認。上位と下位が小技と足でかき回し、チームとしては立ち直った。待たれるのは主砲の復活。「連戦が続くので切り替えが大事。次、次とやっていきたい」。もがき苦しみ、きっかけをつかんだ先に、最強の若き侍が完成する。

(9月4日 U―18W杯 日本 7―2 キューバ)



下は高校日本代表20人です。

投手
清水達也(花咲徳栄) 動画 スカウト評
川端健斗(秀岳館) 動画 スカウト評
三浦銀二(福岡大大濠) 動画 スカウト評
山下輝(木更津総合) 動画 スカウト評
桜井周斗(日大三) 動画 スカウト評
磯村崚平(中京大中京)    
徳山壮磨(大阪桐蔭) 動画 スカウト評
田浦文丸(秀岳館高) 動画 スカウト評
捕手
中村奨成(広陵) 動画 スカウト評
古賀悠斗(福岡大大濠) 動画 スカウト評
内野手
西巻賢二(仙台育英) 動画 スカウト評
鯨井祥敬(東海大市原望洋)       
清宮幸太郎(早稲田実) 動画 スカウト評
安田尚憲(履正社) 動画 スカウト評
小園海斗(報徳学園・2年) 動画 スカウト評
井上大成(日大三)    
外野手
丸山和郁(前橋育英) 動画 スカウト評
伊藤康祐(中京大中京) 動画  
増田珠(横浜) 動画 スカウト評
藤原恭大(大阪桐蔭・2年) 動画 スカウト評


U―18高校日本代表の試合はabemaTVで全試合生中継されます。こちら

abemaTVは「Fire TV Stick」を使うと自宅のテレビで見れます。
↓↓↓

Fire TV Stick (New モデル)


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

高卒新人・堀瑞輝(日ハム)2軍で好投、来月1軍へ

2017年08月25日

8/25、スポーツニッポン4面より

2016日本ハムドラフト1位 堀瑞輝
広島新庄高・投手・動画

日本ハム・ドラフト1位左腕の堀(動画)がイースタン・リーグ、西武戦で公式戦初先発し3回無失点と好投した。最速144キロの直球とスライダーを軸に4三振を奪い、「変化球をしっかり投げられた」と振り返った。

1軍では3試合に救援登板。その後、先発調整を指示され、18日に出場選手登録を抹消された。次回先発は30日の巨人戦に先発。順調なら9月中にも先発で1軍デビューが見込まれ、「もっと制球と切れを上げたい」と力を込めた。

(8月24日 イースタン・リーグ 日本ハム4―4西武)



下は2016ドラフトで日本ハムが指名した選手です。1位・堀君のスカウト評はこちら

日本ハムの2016ドラフト指名選手
1位 堀 瑞輝 広島新庄高 投手
2位 石井 一成 早稲田大 内野手
3位 高良 一輝 九州産業大 投手
4位 森山 恵佑 専修大 外野手
5位 高山 優希 大阪桐蔭高 投手
6位 山口 裕次郎 履正社高 投手
7位 郡 拓也 帝京高 捕手
8位 玉井 大翔 新日鉄住金KM 投手
9位 今井 順之助 中京高 内野手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

日ハムがスカウト会議、清宮進学なら中村(広陵)か

2017年08月22日

8/22、日刊スポーツ1面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

大舞台での活躍が、日本ハムのドラフト候補選手の勢力図を変えた。6月のスカウト会議の時点では「1位候補」に名前のなかった広陵・中村(動画)が、この日の同会議でトップ評価に格上げされた。大渕スカウト部長は「能力の高い捕手。3拍子そろった選手です。(活躍する)素養はあったけど、あの場面で、あの大会でできるのはすごいことだと思います」。

現時点では早実・清宮の評価が1番手ではあるが、進路が不透明であるため、中村も一気に有力候補となった。

夏の甲子園で躍動する姿が、評価を変えた。今日22日に天理との準決勝を戦う中村は、ここまで4試合で4本塁打。4戦連続マルチ安打の打撃に加え、盗塁も成功させる走力、さらに定評のあるスローイングでもスカウトをうならせている。この日、同会議に出席した栗山監督も「あそこで打つ、運を引っ張り込む力」と、ここ一番での勝負強さに天性の素質を感じている。

徹底マークを決めた。清宮、中村の両選手が選ばれている「U18W杯」(9月1日開幕、カナダ)に、大渕スカウト部長をはじめ、チーム統轄本部から3人を派遣。さらに現地で90年代のチームを支えた主砲、マット・ウインタース氏らが務める駐米スカウトも合流し、最後までチェックする。

カナダまでスカウトが足を運ぶ予定なのは、現時点ではソフトバンク、西武と日本ハムのみ。同スカウト部長は「あれだけの選手が集まっている中で、化学反応する姿を見たい」。同大会から使用する木製バットへの対応なども評価の対象となりそうだ。

大谷は早ければ今オフにも、ポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する可能性がある。今月17日には、中田も国内FA権を取得。チームが変革期を迎える中で、超高校級の清宮、中村には、豊かなスター性と将来性が備わっている。



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:33|この記事のURL

日ハムがスカウト会議、栗山監督「清宮が欲しい」

8/22、サンケイスポーツ4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

日本ハムは21日、札幌市内のホテルでスカウト会議を開き、今秋のドラフト指名候補90人をリストアップした。栗山英樹監督は注目の早実高・清宮幸太郎内野手(動画)に対し、ソフトバンク・王貞治球団会長のシーズン55本塁打を超える存在として期待。最大12球団の競合も覚悟した。

竹田球団社長、島田球団代表ら球団幹部も出席し、神戸に移動前の栗山監督も駆けつけた今年最大のスカウト会議。約3時間の話し合いを終えた指揮官は、清宮への思いを情熱的に語った。「清宮? 俺は欲しいよ。本当に55本の王さんの記録を超えていくのかとか・・・そういう選手が出てくるのを見てみたい」と、“世界の王”の年間55本塁打を超える存在とまで言い切った。

清宮には大学進学の可能性も残されているが、プロ志望を表明すれば、「12球団、いの一番に欲しいと思っている選手なのは間違いない」と史上空前の12球団競合も覚悟。すでに札幌ドームの監督室には、ドラフト会議の抽選箱を模した箱を用具係が準備。抽選に向けてイメージを膨らませている。

栗山監督の思いは、球団の総意でもある。これまで2007年の中田、10年の斎藤、11年の菅野、そして12年の大谷と真っ向勝負でナンバーワンの選手を指名してきたチームの方針にブレはない。

また、同会議では今夏の甲子園で4本塁打の広陵高・中村(動画)を新たに1位候補に加えた。大渕スカウト部長は「捕手として能力は相当高い」と評価した。球団は22日から始動する高校日本代表の国内合宿から清宮を徹底マークする。



清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

増田珠(横浜)、巨人・日ハム・中日が診断

2017年08月18日

8/18、東京スポーツ終面「プロのスカウトが診断」より

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

神奈川県大会で新記録の4試合連続本塁打、タイ記録の通算5本塁打をマークした逸材。清宮不在の大会を盛り上げる男として注目を浴びたが、初陣の秀岳館戦で不発に終わり、チームとともに1回戦で甲子園を去った。

それでも巨人の岡崎スカウト部長は「自分たちは1試合で評価するのではない。たまたま本塁打とか打てなかったということもあるから、そのために1年間長い時間を見ている」。増田が県大会で本塁打を量産していた点について「それが彼の力だと思う」と言い、今秋のドラフト候補として含みを持たせる言葉も口にした。

他にも「軸がぶれずに体の近くで打てている。何より人柄も良いよね。性格も明るく前向きなところが特に評価」(日本ハム・大淵スカウト部長)。

「神奈川県大会から見ているけど、ここにこういうボールがくれば本塁打を打てるというツボを持っている。飛ばす能力は天性のものがある。しっかり甘い球を確実に一発で仕留められるタイプの打者」(中日・中田スカウト部長)
との声が上がった。

その一方で一部のスカウトからは「素材は確かにいいのかもしれないが、技術はまだまだ」、「体がまだできていない。そういう意味では鍛えがいはありそう。プロで一番必要になってくるのは甲子園で打つ、打たないよりも体力」との手厳しい意見も。今後の進路についてプロ志望を明言している増田だが、まだ課題が多く残されている感も否めない。



増田君のスカウト評はこちら

増田君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索