ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
日本ハム

大阪桐蔭、日本ハムの育成システムに影響受ける

2018年04月05日

日刊スポーツwebsiteより (source)
大阪桐蔭の西谷浩一監督が春夏6度目の優勝を飾り、PL学園・中村順司監督に優勝回数で並んだ。智弁和歌山との決勝戦では7回にエンドランをしかけ、1番宮崎の勝ち越しタイムリーを演出。投打でスキを見せない戦いで、PL学園以来、史上3校目の春連覇に導いた。

「昨年の夏に敗れてから、日本一を目指してやってきた。達成できてうれしい。私がどうこうではなく、大阪桐蔭として、(優勝回数を)重ねられたのがうれしい」。穏やかな語り口は試合後も変わらなかった。

48歳の若さながら、甲子園通算勝利は「49」となった。プロで活躍する選手も多く、選手育成には定評がある。指導哲学で大きな影響を受けたのは、日本ハムの「育成システム」だった。就任当初は「へたくそは試合に出なくていい」という考えを持っていた。「練習で試合に出られるラインまで持ってこい」。選手にはそう言っていた。

ふと目にした記事が転機になる。「2軍の若い選手に、年間の打席数を保証するというのを読んだ。プロ野球でも、そんなことをするのかと思った。目からうろこが落ちた。高校生なら、なおさら失敗も成功も経験したほうが伸びるんじゃないか。紅白戦を増やしたり、平日のナイターもやった。チャンスを渡し、そこからはい上がってくるほうがいいと今は思う」。

一般的に控え選手で構成するチームの試合を「B戦」と呼ぶことがあるが、西谷監督は「育成試合」と表現する。「以前もメンバーを外れた子もよくやってくれていたが、今はチャンスをもらっていないということはない。一体感は年々、増している」。試行錯誤で、選手が伸びる指導に取り組んでいる。

2年連続で胴上げ投手になった根尾が指揮官について、こう語る。「ずっと練習や試合のことを考えている。いつ寝ているのか。すごいと思う」。西谷監督にとっては特別なことではない。「たくさんある学校から、大阪桐蔭を選んでくれた。大切な子どもを預かっている」。100回大会の節目を迎える今夏は、史上初となる2度目の春夏連覇がかかる。



下は大阪桐蔭からドラフト指名された選手です。(大学・社会人経由も含む)

選手名 指名年度とプロ入り後の成績
今中 慎二 1988中日1位
萩原 誠 1991阪神1位
背尾 伊洋 1991近鉄5位
淵脇 芳行 1992近鉄6位
川井 貴志 1998ロッテ3位
水田 圭介 2000西武7位
福井 強 2000西武8位
中村 剛也 2001西武2巡目
谷口 悦司 2001近鉄4巡目
西岡 剛 2002ロッテ1巡目
森本 学 2002ダイエー6巡目
北川 利之 2002横浜6巡目
三島 輝史 2003ロッテ5巡目
桟原 将司 2003阪神4巡目
岩田 稔 2005(大・社)阪神希望枠
平田 良介 2005(高校)中日1巡目
辻内 崇伸 2005(高校)巨人1巡目
中田 翔 2007(高校)日本ハム1巡目
浅村 栄斗 2008西武3位
高島 毅 2008オリックス4位
江村 直也 2010ロッテ5位
丸毛 謙一 2010(育成)巨人8位
西田 直斗 2011阪神3位
藤浪 晋太郎 2012阪神1位
森 友哉 2013西武1位
岡田 雅利 2013西武6位
香月 一也 2014ロッテ5位
青柳 昴樹 2015DeNA6位
高山 優希 2016日本ハム5位
沢田 圭佑 2016オリックス8位
山足 達也 2017オリックス8位
中村 和希 2017楽天(育成3位)


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

高卒新人・清宮(日ハム)、2軍練習で130メートル弾

2018年04月04日

4/4、デイリースポーツ6面より

2017日本ハムドラフト1位 清宮幸太郎
早稲田実・一塁手・動画

限局性腹膜炎からの復帰を目指す日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(動画)が3日、千葉・鎌ケ谷で2軍練習に合流した。3月11日以来となる屋外フリー打撃を行い、39スイング中6本の柵越え。そのうち1本は130メートルの場外弾だった。

体重99キロまで回復した怪物が、いきなり規格外の飛距離を見せつけた。マシン打撃での6球目。打球は右翼防球ネットを越えた。車道で大きく弾んだ球に、ファンが群がった。「思ったよりボールが飛んでいった。楽しかった」と笑顔。

打撃ケージ裏で見守った早実の先輩、荒木2軍監督は「打撃を見たらやっぱり、ほかの選手との違いはあるよね。ホームランバッターの打球」と話した。

この日は他の野手陣同様、内野でノックを受け、ポール間をみっちり走るなどフルメニューをこなした。「疲れました。走る体力はつけないといけない」と慎重。今後、状態が上がってくれば、6日のイースタン・巨人戦での実戦復帰も視野に入れている。




下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。1位指名・清宮君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

高卒新人・難波(日ハム)、2軍でサヨナラ安打

2018年04月01日

スポニチwebsiteより (source)

2017日本ハムドラフト4位 難波侑平
創志学園高・投手・動画

日本ハムのドラフト4位・難波侑平内野手(動画)が31日、イースタン・リーグ、ヤクルト戦の延長10回にプロ初のサヨナラ安打を放った。7-7の延長10回。2死一、二塁で打席に入った。前打者の谷口は申告敬遠だったが「荒木監督に“申告敬遠があるから準備しておけ”と言われたいたので」と冷静に、松岡のフォークを右前に運んだ。

「小、中、高でもサヨナラを打ったことはあるけど、あんな感じにはならない。一塁ベースにいたら、ベンチからみんなが襲ってきたので・・・」。チームメートから手荒い祝福を受け、初めての経験に戸惑いながらも喜びをかみしめていた。

(3月31日 イースタン・リーグ 日本ハム 8-7 ヤクルト)




下は2017ドラフトで日本ハムが指名した選手です。難波君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位 清宮 幸太郎 早稲田実高 内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

増居翔太(彦根東)、広島・日ハム「大会ナンバー1」

2018年03月29日

3/29、スポーツ報知5面より

増居 翔太 (彦根東高・投手)
171cm・左投左打・動画

先発で京大志望の彦根東・増居翔太(動画)が3失点完投で、慶応打線を封じた。5回2死三塁のピンチでは「ギアをマックスにできた」と自己最速を更新する140キロをマーク。相手先発の生井惇己を空振り三振に斬って取った。

171センチ左腕の快投に、日本ハム・大渕スカウト部長は「腕が長く見える」と話し、広島・苑田スカウト統括部長も「一番投手らしい投手」と高く評価。現時点で今大会のナンバー1投手に躍り出た。

(3月28日 センバツ2回戦 彦根東 4-3 慶応)




増居君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:10|この記事のURL

日ハムドラ2・西村天裕、開幕1軍入り内定

3/29、サンケイスポーツ4面より

2017日本ハムドラフト2位 西村天裕
NTT東日本・投手・動画

日本ハムは28日、西武との開幕戦に向けて札幌ドームで練習。ドラフト2位・西村天裕投手(動画)がチームの新人でただ一人、の開幕1軍入りが内定した。

「最終目標の課程。新人王を取るために、アピールして1軍に定着したい」。春季キャンプは2軍スタートも2月17日の1、2軍の合同紅白戦でアピールに成功。栗山監督の目にとまり、1軍昇格を決めた。オープン戦では救援で6試合に登板。吉井投手コーチは「いい球をもっている」と期待する。

離脱中のD1位・清宮幸太郎内野手の兄貴分でもある。20日の巨人戦後には入院中の清宮にLINEで「大丈夫か?」と連絡を入れた。自身も試合で左膝に打球を受けて降板していたこともあり「西村さんこそ大丈夫ですか。無理しないで頑張ってください」と励ますつもりが逆に激励されたという。清宮も当面の目標に掲げていた開幕1軍。後輩の思いも背負って、西村が開幕戦を迎える。




下は2017ドラフトで日ハムが指名した選手です。2位指名・西村君のスカウト評はこちら

日本ハムの2017ドラフト指名選手
1位清宮 幸太郎早稲田実高内野手
2位西村 天裕NTT東日本投手
3位田中 瑛斗柳ヶ浦高投手
4位難波 侑平創志学園高投手
5位北浦 竜次白鴎大足利高投手
6位鈴木 遼太郎東北学院大投手
7位宮台 康平東京大投手


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索