ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
日本ハム

渡辺勇太朗(浦和学院)、日ハム「大谷に似ている」

2018年08月13日

8/13、スポーツ報知websiteより (source)

渡辺 勇太朗 (浦和学院高・投手)
190cm・右投右打・動画

浦和学院(南埼玉)は、今秋ドラフト候補の190センチ右腕・渡辺勇太朗(動画)が6回を3安打7奪三振で無失点と好投しベスト16に進出した。

初回から闘争心をむき出しにした。2点の援護をもらった直後の初回2死一、三塁。浦和学院・渡辺は、仙台育英の5番・小関遥翔へ投じた2球目に自己最速に並ぶ149キロをたたき出した。最後は130キロのスライダーで空を切らせ、ピンチをしのいだ。

「立ち上がりが課題でしたが、後ろの投手を信頼して投げることができました」。6回を投げ、4者連続を含む7奪三振。3安打無失点に抑え、6年ぶり白星をもたらした。

憧れの投手をまねて進化した。身長190センチで、しなやかな投球フォームはエンゼルス・大谷にそっくり。昨秋、「ゆったりとしたフォームから安定した投球ができる」とまねしたところ、球速が昨夏から5キロアップ。ボールの伸びや球威も上がった。

日本ハムの大渕スカウト部長も「スケールが大きくて夢のある選手。体を柔らかく使って投げられているし、大谷に似ているね」とうなずいた。

(8月12日 夏の甲子園2回戦 浦和学院 9-0 仙台育英)



渡辺君のスカウト評はこちら

渡辺君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:50|この記事のURL

小園海斗(報徳学園)、各球団からドラフト1位の声

2018年08月12日

8/12、デイリースポーツ終面より

小園 海斗 (報徳学園高・遊撃手)
177cm・右投左打・動画

今秋ドラフト1位候補である報徳学園・小園海斗内野手(動画)が走攻守で存在感を示し、チームを8年ぶりの夏勝利に導いた。大会タイ記録となる3本の二塁打で全3得点に絡むと、走塁や守備でも勝利に貢献した。その躍動ぶりを阪神を含め各球団のスカウト陣が絶賛。超高校級ショートが目標の日本一へ向け、最高のスタートを切った。

各球団スカウトから小園を今秋ドラフト1位候補として評価する声が相次いだ。広島・苑田スカウト統括部長は「1位じゃないと取れない魅力がある」。楽天・長島スカウト部長は「ドラフト会議では1位の12人で消えるでしょう。難しいショートで高校生ながら1年目からレギュラーを争える。即戦力に近い。根尾と小園の2人はずば抜けて居る」と話した。

オリックス・古屋編成部副部長は「スピード感がある。足と守備は1軍クラス。二塁打を打てる打者で、元中日の立浪みたいになれるんじゃないかな」と評価した。

プレースタイルも評価する声も多かった。日本ハム・大渕スカウト部長は「高校生でここまで(走攻守3拍子が)そろっている選手はいないし、チームリーダーらしい振る舞いもできている」と話せば、ロッテ・永野チーフスカウトも「高校生のショートとして1番。ガツガツした性格もプロ向き」と話した。

(8月11日 夏の甲子園2回戦 報徳学園 3-2 聖光学院)



小園君のスカウト評はこちら

小園君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 16:01|この記事のURL

根本太一(木更津総合)、日ハム・楽天「成長楽しみ」

2018年08月11日

8/11、スポーツ報知4面より

根本 太一 (木更津総合高・投手)
180cm・右投右打・動画

木更津総合(東千葉)の2年生右腕・根本太一(動画)は、敦賀気比(福井)戦の8回途中から2番手登板。2球目に自己最速を更新する149キロをマークし、堂々の甲子園デビューを飾った。

甲子園がまたしても、2年生の剛速球にざわついた。9点リードの8回2死二、三塁。2番手で登板したのは背番号11の根本だ。右腕を振り抜くと、初球から外角へ148キロ。観衆の視線をくぎ付けにし、続く内角低めで149キロを叩き出した。自己最速を1キロ更新。聖地は感嘆の声であふれた。

「ワーッとなって球速表示を見ました。どよめきが力になった。打たれる気がしなくて、軽く投げた」。1回1/3を1安打無失点1奪三振。房総の大魔神が、15年センバツ優勝校・敦賀気比の前に仁王立ちした。

前日のスーパー2年生の活躍が闘志に火をつけた。創志学園の怪物右腕・西純矢が16奪三振完封。同学年の偉業を見て「2年生であれだけ投げられるのはすごい。スライダーもいいボールを投げていた。戦ってみたい」。根っからの負けず嫌い。ほとばしる闘争心を右腕に込めた。

東の横綱・横浜にもライバルがいる。侍ジャパンU-18第1次候補にも選出された、2年生で最速152キロ左腕・及川雅貴はロッテジュニア時代のチームメート。LINEでも連絡を取り合う。開会式では「150キロってどうやったら投げられるの?」と助言を求めるほどの仲だ。しかし及川は「わからない」と一蹴。頂点に立つため、倒さなくてはならない相手でもある。

9回1死一塁ではストレートの四球。「クイックの時に課題が出た」とまだ粗さをのぞかせるが、連日輝く2年生の原石にプロも黙っていない。日本ハム・岩舘スカウトが「球質が強い。ひと冬越えたら、150キロを超えてくる」とうなれば、楽天・長島スカウト部長は「あのボールを見たら、おぉーとなる。これからが楽しみ」と絶賛した。

「150キロを出したい。将来は全国で一番になりたい」と根本。夢の大舞台が、さらなる怪物を育てる。

(8月10日 夏の甲子園1回戦 木更津総合 10-1 敦賀気比)



根本君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

野村佑希(花咲徳栄)、日ハム「右打者でアマNo.1」

2018年08月09日

8/9、デイリースポーツ7面より

野村 佑希 (花咲徳栄高・三塁手)
185cm・右投右打・動画

昨年王者の花咲徳栄は今秋ドラフト候補の野村佑希投手(動画)が投打で引っ張り初戦突破した。日本一の4番が、大黒柱になって真夏の聖地に戻ってきた。149球目、こん身の直球で最後の打者を見逃し三振に仕留めた花咲徳栄・野村が雄たけびを上げた。「本当にホッとした、のひと言です」。苦しい初戦を乗り越えた安ど感がにじんだ。

初めて立つ甲子園のマウンド。昨年は一塁を守っていた。「去年とは全然違う緊張感、責任感があった」と二回までに4失点した。悪い流れを止めたのは北埼玉大会では出なかった自身のアーチ。四回先頭で変化球を捉える高校通算57号ソロを左翼席に運び「自分の中で楽になった」と落ち着きを取り戻した。

唯一の昨夏レギュラー。主砲、エースに加え、今春までは主将の肩書も背負った時期もあった。苦しい時に支えになるのは、かけがえのない経験値。「甲子園は点を取られる場所」と緩急をつけた投球に切り替えて粘ると、八回は味方の集中打で逆転。九回は自身も中堅に適時二塁打を放ってダメ押しした。

2安打3打点&5失点完投。あらためて能力の高さと成長を示した。日本ハム・今成スカウトは「強引な飛ばし方じゃない。魅力は右打者ではアマNo.1」と言い切った。

「甲子園の1勝はとても難しい。ずっと甲子園の成績はよかったので、自信を持って臨めた」と野村。重圧という“聖地の魔物”にも打ち勝ち、花咲徳栄が連覇への一歩を踏み出した。

(8月8日 夏の甲子園1回戦 花咲徳栄 8-5 鳴門)



野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画は
こちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

大谷拓海(中央学院)、日ハム・楽天が打者で評価

2018年08月06日

8/6、サンケイスポーツ2面より

大谷 拓海 (中央学院高・投手兼外野手)
180cm・右投右打・動画

最速145キロ、高校通算33本塁打の二刀流で注目された中央学院(西千葉)のエース、大谷拓海投手(動画)は「4番・右翼」で出場。一回に一時は勝ち越しとなる犠飛で1打点を記録したものの、3打数無安打に終わった。

登板することなく4-5で敗れ、「西千葉大会はみんなのおかげで勝ち進んだ。甲子園では自分が助けたかったけど、打てなくて申し訳ない」と涙をこぼした。

5月の練習試合で頭部に打球を受け、頭蓋骨を骨折。父・昭彦さんは「ICU(集中治療室)で寝ている姿を見ているから、歩いたところを見ただけでも感動しました」と当時を振り返る。大けがを乗り越えて春夏連続出場を果たしたが、大谷は「今は西村の方がいい投手」とマウンドへの思いを断ち切った。

その西村が四回までに5失点。八回に1点差まで追い上げたが、及ばなかった。今後に向けては「打者に専念しようと思います。プロ志望届は出したい」。不完全燃焼に終わった最後の夏を糧にプロを目指す。

▼楽天・後関スカウトグループマネジャー
「(大谷について)けが明けでも柔らかな打撃は魅力。リストワークのいい打者」

▼日本ハム・岩館スカウト
「(大谷について)積極的な打撃で逆方向に強く飛ばす力を持っている。きょうは体が回復途上だと思った」

(8月5日 夏の甲子園1回戦 済美 5-4 中央学院)



大谷君のスカウト評こちら

大谷君のバッティング&ピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索