ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
中日

石川昂弥(東邦)、中日「来年の目玉になる」

2018年10月22日

10/22、中日スポーツ8面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

左へ、右へ、東邦・石川(動画)のバットが火を噴いた。満塁本塁打を含む4安打5打点の活躍で東邦が準決勝進出。2年連続となるセンバツへ、事実上の王手をかけた。新チームから主将も務める長距離砲は「もう1試合勝たないといけない。集中して臨みたい」と浮かれることなく、準決勝の中京学院大中京戦に視線を向けた。

県大会は投手としても引っ張り、自身初の背番号1で臨んだ今大会。本職の三塁手で出場し、打撃に集中したこの日は水を得た魚のように打ちまくった。1回はスライダーを中前に軽打。3回は直球をはじき返し、左中間を破る適時二塁打。

そして、4回は1死満塁から岐阜第一の最速142キロ右腕、高倉のカーブを右中間席に運んだ。「打った瞬間に手応えはあったので、入ったと思った。どんな球が来ても、打てる状態だった」

高校通算35本塁打に伸ばしたが、実は満身創痍。夏に左太ももを痛め、かばいながらプレーするうちに痛みは右すねにまで及んだ。「歩くのも痛い」と打ち明けるものの主砲、主将で今大会は主戦まで務める大黒柱が休むわけにはいかない。この日も痛み止めの薬を服用して出場。バットで、背中でチームを引っ張った。

視察した中日・中田スカウトディレクターは「打撃の技術はあるし、足も肩もある。文句なし。来年の目玉になる」と絶賛。センバツ出場を当確とすれば、注目度はさらに増す。

(10月21日 東海大会準々決勝 東邦 7-0 岐阜第一)



石川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 10:46|この記事のURL

中日の外れ1位候補・辰己涼介(立命大)、歴代2位に

10/22、中日スポーツ2面「運命のドラフト」より
 
辰己 涼介 (立命館大・外野手)
180cm・右投左打・動画

今秋のドラフト1位候補で中日が外れ1位候補にリストアップしている立命大・辰己涼介外野手(動画)が21日、わかさスタジアム京都で行われた関西学生リーグの同大戦に1番・中堅で出場。5打数3安打1打点でリーグ通算120安打とし、同大・小俣滋の118安打を抜いて歴代2位に浮上した。

「得意ではない」という1番で起用されながらも、3回は同点の適時一塁内野安打。5回の一塁内野安打は勝ち越し点につながり、7回は左中間二塁打。2盗塁も決め、守備も強肩で飛び出した一塁走者をアウト(併殺)にするなど、攻守走に活躍した。

22日の同大戦で、あと3本に迫る歴代1位の関学大・田口壮(オリックス2軍監督)に挑める機会も得た。ただ「歴代2位でもう十分。明日は一打席一打席かみしめるようにフルスイングして終わりたい」と記録にこだわらない姿勢だ。

(10月21日 関西学生野球 立命館大 8-6 同志社大)



辰己君のスカウト評はこちら

辰己君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:10|この記事のURL

中日は外れ1位2人、外れ外れ1位3人候補に

10/22、スポーツ報知4面より
中日は25日のドラフト会議に、外れ外れ1位まで綿密に用意する「1位ピラミッド」で臨むことが分かった。大阪桐蔭・根尾(動画)の1位指名を公表済みだが、抽選で外した場合はハズレ1位で金足農・吉田(動画)立命大・辰己(動画)の指名を想定。

さらに抽選で外した場合は東洋大・梅津(動画)浦和学院・渡辺(動画)日大鶴ヶ丘・勝又(動画)の本格派3右腕の指名を検討する。編成担当者は「今年は1位候補が12人そろわない。外れ1位も抽選必至。その次も想定しないと」と説明した。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら




draftkaigi at 07:43|この記事のURL

中日、勝野昌慶&太田光を上位候補にリストアップ

10/22、日刊スポーツ5面より
中日が25日のドラフト会議で、三菱重工名古屋の勝野昌慶投手(動画)と大商大の太田光捕手(動画)を上位候補にリストアップしていることが21日、分かった。

地元の社会人チームに所属する勝野は150キロを超す直球が魅力の本格派右腕だ。今夏には社会人の日本代表に選出され、アジア大会で銀メダル。ドラフト指名が解禁となる高卒3年目に、いきなり上位候補の素材として注目を集めている。

大商大の太田は強肩強打が持ち味だ。1年時からマスクをかぶり、経験豊富でリード面でも定評がある。「勝てる捕手」として、今年6月にはチームを全日本選手権に導いた。

6年連続Bクラスからチームを再建するため、与田新監督が就任。ヘッドコーチには、日本一指揮官の伊東勤氏を招聘する。課題の投手力強化を鮮明に組閣作業を進めている。

与田ドラゴンズ最初の補強となるドラフトで即戦力バッテリーの獲得に動く可能性が高まった。加入すれば、戦力の底上げは間違いない。ドラフト1位指名には、大阪桐蔭の根尾昂内野手(動画)をすでに公言。会議直前まで、ドラフト戦略を練っていく。



勝野君(三菱重工名古屋)のスカウト評はこちら

太田君(大商大)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:27|この記事のURL

林直人(報徳学園)に9球団、阪神・中日が高評価

10/22、サンケイスポーツ6面より

林 直人(報徳学園高・投手)
178cm・左投左打・動画

1回戦3試合が行われ、報徳学園(兵庫3位)は林直人投手(動画)が7安打2失点で完投し、近江(滋賀1位)の林優樹投手に投げ勝って5-2で勝利した。

報徳学園-近江の先発は、ともに左腕で背番号1の林。7安打2失点で完投した報徳学園の林が対決を制し、最後は雄たけびをあげた。「僕も向こうも夏の甲子園に出ていて、存在は知っていた。意識はかなりしていました」

互いに今夏の甲子園で8強に進出。林-有馬の2年生コンビで勝ち上がった強敵を相手に、マウンドでは気持ちを前面に出す投球で立ち向かった。自己最速を1キロ更新する141キロをマークするなど、自慢の直球がさえ渡った。

ネット裏では9球団のスカウト陣が視察し、阪神・熊野スカウトは「夏よりも腕の振りが良くなって、全体的に安定感が増した」。中日・米村チーフスカウトは「来年には145キロは出る」と期待した。

「きょう勝った勢いで次も勝っていきたい」。試合後の整列では近江・林から「頑張れよ」とエールをもらい「頑張るわ」と返した。同姓のライバルに投げ勝ち、さらに上を目指していく。

(10月21日 近畿大会1回戦 報徳学園 5-2 近江)



林君(報徳学園)のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ドラフトニュース検索