ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
中日

岩見雅紀(慶大)、ロッテ・中日が高評価

2017年10月18日

10/18、スポーツ報知終面より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

ドラフト会議(26日)を前に、慶大・岩見雅紀外野手(動画)がまたもや本塁打の記録を更新した。立大戦の1回、今季7号(通算21本)となる中越え2ランを放った。春の5本を加えて年間12本とし、丸山泰令(慶大=11本)のリーグ記録を更新した。シーズン7本は最多(法大・田中彰)タイ。

岩見の1発で勢いづき、チームは連勝で勝ち点3とし、首位に浮上した。28日からの早慶戦に優勝と先輩高橋由伸(現巨人監督)の通算23本塁打更新をかけて臨む。

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「バットの角度が非常に良く、加えてあのパワーがある。自分のスイングさえできればかなり打てる」

▼中日・中田スカウト部長
「絶対にボール球に手を出さない。真のホームランバッターになれる素質は十分」

(10月17日 東京六大学野球 慶応大 7―2 立教大)



岩見君のスカウト評はこちら

岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:50|この記事のURL

岩見雅紀(慶大)21号本塁打、中日が高評価

10/18、サンケイスポーツ24面より

岩見 雅紀 (慶応大・外野手)
187cm・右投右打・動画

雨が上がった神宮球場で、バックスクリーンへ推定飛距離130メートルの豪快弾だ。一回二死三塁。慶大・岩見(動画)が立大の右腕・手塚のスライダーを強振し、先制7号2ラン。三塁ベースを回ると、右手でガッツポーズを見せた。

「1回も負けられない状況で、ふだんどおりに打席に入れた。スライダーで、少し(バットの)先だったけど、ホームランにできてよかった」

シーズン7本はリーグタイ記録で、年間12本は1994年の慶大・丸山泰令の11本を超え単独トップ。通算21本塁打も岡田彰布(早大)を抜いて、単独3位に浮上した。23本で歴代1位の高橋由伸、22本の田淵幸一(法大)に次ぐ偉業に「(記録に)載せてもらって光栄」と照れた。

今年だけで12本塁打。数字の上では、先輩の高橋由伸が15.9打数に1本塁打なのに対し、岩見は8.19打数に1本塁打。まさに驚異の量産ペースなのだ。

こうなると、26日のドラフト会議での指名に注目が集まる。この日もプロ6球団が視察。中日・中田スカウト部長は「今回、足が速い選手が求められているが、一発のある選手となれば文句なしに岩見君だね。ストライクは100%打ちにいくが、ボールには手を出さない。打率もよくなり、変化球を打てている」と好評価した。

ふだんは辛口の大久保監督も、優勝への道を大きく広げた岩見の先制弾を高く評価した。「岩見の1打席目(の本塁打)は珍しいが、四球、死球と最後の中前打もよかった。ベストな戦いにしてくれた」

残るは28日からの早慶戦。今週末、明大が東大に連勝しても、早大に1回戦から連勝すれば7季ぶり35度目の優勝となる。“慶大のエルドレッド”がリーグ制覇と、通算最多本塁打記録に挑む。 

(10月17日 東京六大学野球 慶応大 7―2 立教大)



岩見君のスカウト評はこちら

岩見君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

巨人や中日では清宮(早実)を育てられないという声

2017年10月16日

週プレ 10月30日号より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実・清宮(動画)各球団関係者との面談の席で、特に熱心に耳を傾けていたのが、筒香嘉智(DeNA)や柳田悠岐(ソフトバンク)らが、どんな成長曲線を描いて今日に至ったか、という育成の話だったという。

「かねて和製大砲の育成は難しいといわれます。チーム全体で育成プランを共有し、根気強く実戦で起用し続ける我慢も必要です。DeNAは、中畑清前監督が筒香を一人前になるまで起用し続けた育成実績が光ります。ソフトバンク西武は、キャンプのフリー打撃から“強く叩く”ことを徹底する土壌がある。1軍クラスだけでなく若手にも飛距離のある打者が多いだけに、清宮にとって大きな刺激になるでしょう。また、育成といえば広島日本ハムも定評がありますが、広島は早々と清宮獲得戦線からの撤退を発表しています」(球界関係者)

一方、近年、スラッガーをほとんど育成できていないのが巨人、中日、ロッテ、楽天だ。特に巨人は岡本和真、中日は高橋周平といったドラ1が停滞しているのは気になるところ。

あるアマチュア指導者は「巨人はチームとしての長期的な育成プランが機能していない。そんななか、打者は目先の結果を求めるから、みんな打撃が小さくなってしまうんだよ」とこぼしていた。また、中日も若い選手が出場機会の少なさなどを理由に自ら退団を申し出るなど、近年、アマチュア指導者からの評判が芳しくない。当然、こうした情報は清宮サイドにも入っているだろう。



清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:21|この記事のURL

中日、白井オーナーにドラフト中間報告

2017年10月14日

10/14、サンケイスポーツ5面より
中日・白井文吾オーナーは13日、名古屋市内で5位に終わった森繁和監督からシーズン終了の報告を受け、予定を1時間以上も超える2時間10分をかけて、質問攻めにした。

「きょうは3つ聞きたいことがあったからね」。(1)14日から始まる秋季練習をどうするのか、(2)ドラフトの中間報告、(3)オフの外国人とFA補強、の3点。「秋季練習もいい加減なものにしないでほしい」と要望すると、早実高・清宮幸太郎内野手を含む5人が1位候補となったドラフトについても言及。

清宮推しの総帥は、最後は森監督が決めることを伝えられ、「くじ引きになって外れたときに、どういう手を打つのか、など、いろいろ聞かせてもらった」と話した。

また外国人は、先発投手とゲレーロの残留交渉が失敗した場合の大砲を狙って、友利国際渉外担当が渡米。11月中旬には指揮官も現地で選定作業をする報告も受けた。

「誰を獲るとか、名前は出なかったな。監督も(有力候補の)案はもっているのだろうが、外に漏れると困るみたいだから。ハッハッハッ」。報告会の後は森監督の会見に報道陣を装って出席。これには強面の指揮官もタジタジだった・・・。



2017高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2017大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2017社会人のドラフト候補・一覧はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

中日がスカウト会議、ドラ1候補を5人に絞った

2017年10月13日

10/13、中日スポーツ2面より
中日は12日、名古屋市中区の球団事務所でスカウト会議を行い、森繁和監督、スカウト陣らが出席。26日のドラフト会議での1位入札候補には早実・清宮幸太郎内野手(動画)広陵・中村奨成捕手(動画)とともに、ヤマハの鈴木博志投手(動画)JR東日本の田嶋大樹投手(動画)青藍泰斗の石川翔投手(動画)がリストアップされた。

会議を終えた中田スカウト部長は1位候補の基準を「何年か後にチームを背負って立つ選手」と説明。即効性よりも、チーム再建の屋台骨を背負う逸材を優先する方針を明確に示した。

清宮、中村の二者択一から選択肢が増えた。将来性や人気を優先するなら、高校生2人が本命。投手優先なら、最速157キロ右腕の鈴木と即戦力の呼び声高い左腕・田嶋も捨てがたい。そして、中田部長が「単独指名を狙うなら推したい」と力説した石川も加わる。

指揮官の希望も素材重視。中田部長によると、会議で「目先にとらわれずに素材の良い選手を」という趣旨の発言があったという。その上で、投手、野手のバランスも考慮して5人が選び出された。石川以外を指名する場合は、当然ながら競合を覚悟している。

「現段階では方向性を決めただけ。(この中から指名することは)間違いない」。5年連続Bクラスと冬の時代が続いている竜にとって、「仕入れ」の失敗は再建の遅滞に直結する。26日のドラフト当日までに慎重に結論を出す方針だ。



清宮君(早実)のスカウト評はこちら

中村君(広陵)のスカウト評はこちら

田嶋君(JR東日本)のスカウト評はこちら

鈴木君(ヤマハ)のスカウト評はこちら

石川君(青藍泰斗)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 08:02|この記事のURL

ドラフトニュース検索