ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
中日

福島蓮(八戸西)、中日・ロッテ高評価

2020年10月16日

日刊スポーツwebsiteより (source)

福島蓮(八戸西高・投手)
186cm・右投?打・動画

2年生の福島蓮が福島商との県立校対決を制し、来春センバツ切符獲得へ好発進した。チーム打率4割超えの相手強力打線に序盤に3失点したが、フォークなどの縦変化を有効活用して立ち直った。

「かなり打つと聞いていたので5点くらいは取られると思っていた。調子が悪い中で、守備もしっかり守ってくれたので感謝したい。まず1勝。流れも良くなったと思うので勢いで優勝したい」。

カウントが悪くなると「コンパクトになって制球がよくなる」と打者の途中でセットポジションに変えるなど、対応力も抜群だった。

ネット裏のスカウト陣も、来秋のドラフト向けて動画撮影した。中日・八木スカウトは「こんな魅力のある素材は全国でもなかなかいない」。ロッテ・柳沼スカウトも「骨が固まれば、もっと強い球も投げられる。打ったり走ったりする能力も高い」と高評価した。

学校生活でも大物ぶりを発揮している。62キロの体重を増やすために休み時間に補食を継続中。友人からもらった団子を授業中にもほおばり、担任教師からカミナリが落ちたこともある。やんちゃさに度が過ぎた時は、1番の“好物”の野球を取り上げられ、練習時間中に教室で勉強。

「最近は練習がしたいので、先生に怒られないようにしています」。身長も含めて、まだまだ成長中だ。

準々決勝では憧れの存在でもあるエンゼルス大谷の母校花巻東と対戦する。ヤンキースそっくりのユニホームをまとった長身右腕は「タイプは似ていると思うので、大谷さんみたいな投球が出来るようになれたら良い」。

3回には盗塁。4回には逆転の適時二塁打後に中飛で三塁にタッチアップ。高い身体能力で、東北の強豪校も食べまくる。まだまだ空腹だ。

(10月15日 東北大会 八戸西 10-3 福島商)



福島君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

中日がスカウト会議、高橋宏斗1位が確実な情勢に

2020年10月14日

10/14、中日スポーツ1面より

高橋宏斗(中京大中京高・投手)
184cm・右投右打・動画

ドラフト会議まで2週間を切った中で実施されたスカウト会議。会議後に報道陣の代表取材に応じた松永幸男編成部長は「(1位の決定は)まだですね」と話した。ただ、関係者の話を総合すると、1位は地元・中京大中京高の高橋(動画)が、確実な情勢となったようだ。

100人弱がリストアップされ、そのうち1位候補は10人ほど。現場からの要望は即戦力投手だった。早大の左腕・早川隆久投手トヨタ自動車の栗林良吏投手らの名前も挙がった中、竜の本命は高校生ナンバーワン投手、最速154キロ右腕だった。

高橋は大学進学から一転、6日にプロ入りを表明。中日は以前から実力を高く評価していた。松永編成部長と一緒に代表取材に応じた米村明チーフスカウトは、高橋のプロ表明によって「ウチ(のドラフト戦略)は確かに変わった」と言い、魅力をこう語った。

「高橋君はこの1年間負けていない。過去の例を見ても、松坂(大輔)投手とか田中(将大)投手とかは高校時代(ほぼ)負けていない。そのくらいのレベルの投手で、将来的にはそれくらい伸びしろはある。先発ローテーションを守ってくれる、最多勝、沢村賞が取れるような将来性豊かな選手だと思っている」。

将来性だけでなく、即戦力としても位置付けていると強調。「高橋君は高校生だけじゃなしに、大学、社会人を含めてもトップクラスのものは持っている」とも語った。



高橋君のスカウト評はこちら

高橋君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 15:39|この記事のURL

中日がスカウト会議、ドラフト1位は波乱含み

10/14、東京スポーツwebsiteより (source)
中日のドラフト1位候補選びが波乱含みとなっている。

13日に名古屋市内の球団事務所でスカウト会議が行われ、与田剛監督が初めて出席したが、スカウト陣らとドラフト1位候補を巡って意見が衝突。地元の逸材である中京大中京の最速154キロ右腕・高橋宏斗投手(動画)の将来性を推すスカウト陣に対し、現場の与田監督は即戦力投手を要望した。

米村アマスカウトチーフは高橋について「負けない投手。過去の例を見ても松坂(大輔)投手とか田中(将大)投手とか高校時代は負けていない。そのくらいのレベル。将来的にはそれぐらいの伸びしろはある。先発ローテーションをきっちり守って最多勝、沢村賞が取れるような将来性のある豊かな選手」と大絶賛する。

しかし、与田監督は最速155キロを誇る早大のエース左腕・早川隆久投手(動画)を要望している模様で、約2時間も1位候補に関する話題に終始。米村スカウトは「高橋君は大学、社会人全員を含めて比べてもトップクラス」と即戦力としても最大級の評価をしているが結局、この日は結論は出なかった。

球団内の間では「確かにチームが今、2位も狙える位置まできて監督が即戦力がほしいというのは当たり前の話で、もう少し戦力が整ったら優勝できるのではないかという考えも重々分かるが、われわれは将来的なこともあるし、そこらへんの温度差があるので、それを徐々に埋めていかないといけない。最終的に球団と監督とこの選手で行きましょうとなるには、おそらくドラフト会議前日ぐらいまで決まらないと思う。それぐらい混沌としている」と頭を抱えている。

果たして中日のドラフト1位は、地元の高橋か、それとも与田監督の母校(木更津総合=当時は木更津中央)出身の早川か…。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら

2020ドラフト指名予想はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

森浦大輔(天理大)、中日「コントロールがいい」

2020年10月13日

10/13、スポーツニッポン6面より 

森浦大輔(天理大・投手)
175cm・左投左打・動画

ドラフト候補で最速148キロを誇る天理大の左腕・森浦大輔投手(動画)が今秋初黒星を喫した。

毎回12三振を奪うなど7安打1失点で完投。しかし、関西国際大のエース左腕・武次春哉投手を前に散発3安打と打線の援護はなく、全勝対決に敗れ「0点に抑えられるのがいい投手。優勝につながる一戦だったので勝ちたかった…」と肩を落とした。

阪神、広島など8球団14人のスカウトが視察。中日・中田アマスカウト・アドバイザーは「いつでもストライクを取れるし、直球と変化球のコンビネーションがいい」と評価した。

(10月12日 阪神大学野球 関西国際大 1-0 天理大)



森浦君のスカウト評はこちら

森浦君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

早川隆久(早大)、中日「余裕が出てきた」

2020年10月12日

10/12、中日スポーツ7面より 

早川隆久(早稲田大・投手)
179cm・左投左打・動画

これが勝てるピッチングだ。早大の早川(動画)は1回先頭の遊ゴロ失策をきっかけに先制打を浴びたが、変化球の制球の悪さをステップ幅の微修正で直した。

「今日はマウンドがいつもと違うと思った。ちょっと軟らかかったので滑らないように歩幅を短くした」。台風の影響で順延してのスライド登板。土を入れ替えたマウンドの異変をすぐに感じ取り、スパイクのサイズのわずか4分の1だけ歩幅を変えることで見事に対応してみせた。

立ち上がりに悪かったカットボール、スライダーの精度が上がると、中盤からは変化球を見せ球に、この日の最速150キロの直球を軸に奪三振を重ねた。5回には自ら適時打も。配球を読み、チェンジアップを狙い打った。

小宮山監督は「全幅の信頼を置いているが、多少の間違いも想定内。それをどう立て直すのかを見ていたのが半分」と余裕だった。むしろエンジンのかかりが遅い打線にイライラしていたという。

これで今秋は2完投と救援を合わせ、登板4試合(計26イニング)で2失点(自責1)。防御率0.34の安定ぶりで3連勝とし、リーグ現役トップの通算11勝となった。

この日は巨人、広島などのスカウトが視察したが、評価は上がるばかり。ドラフト1位候補にリストアップしている中日・米村チーフスカウトは「いい意味で一生懸命さがなくなって余裕が出てきた」と、修正能力も含めた総合力を高く評価した。

(10月11日 東京六大学野球 早大 7-1 東大)



早川君のスカウト評はこちら

早川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 18:30|この記事のURL


ドラフトニュース検索