ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
中日

赤星優志(日本大)、中日「ドラフト上位候補」

2021年09月22日

9/22、西日本スポーツ6面より  

赤星優志(日本大・投手)
175cm・右投右打・動画

関東の大学生投手ではトップレベルに浮上した。日大の赤星(動画)が開幕戦の国学院大に続いて中大も完封。「すごい自信になる。今の自分のピッチングが通用すると分かったので、これを続けていきたい」。

春までは最速152キロの直球で押していたが、打たせて取るスタイルにイメージチェンジ。ツーシームを軸に3安打1四球で三塁を踏ませなかった。

もともと変化球は多彩だった。この日はシュート系と縦変化のツーシーム2種類を使い分けたほか、7回2死一、二塁でプロ注目の古賀を空振り三振に仕留めたカットボールも要所で生かした。

中日・米村チーフスカウトが「コーナーをうまく突き、緩急を使える。威圧感はないが、ドラフト上位候補」と話すなど評価が高まった。

(9月21日 東都大学野球 日本大 1―0 中央大)



赤星君のスカウト評はこちら

赤星君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

福元悠真(大商大)、中日「力は評価している」

2021年09月20日

日刊スポーツwebsiteより (source)

福元悠真(大阪商業大・外野手)
180cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の大商大・福元悠真外野手(動画)が3番DHで先発し、3打数無安打1四球1打点だった。

「力み過ぎていた」と振り返ったように1回、3回は内野フライに倒れた。後半からは力を抜くことを意識し、4回はフェンス手前の中飛。7回無死三塁では、軽く振りながらも、センターへ犠飛とし、追加点を挙げた。

福元は「まだまだ自分の整理や準備が必要。力は全く出せなかった。力んでしまった」と悔しい表情で課題を挙げた。この日は3球団のスカウトが福元のプレーを見つめていた。

中日・米村アマスカウトチーフは「パワフルなバッティングとフルスイングが特徴。引っかかり気味だったが、最後は犠牲フライを見せてくれたりと本来の力を見せてくれた。スイングも打球もいいし、力は評価しています」とコメントした。試合は相手のミスも重なり、11安打10得点で快勝した。

(9月19日 関西六大学野球 大商大 10-0 大院大)



福元君のスカウト評はこちら

福元君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:42|この記事のURL

中日、正木・ブライト・鵜飼の3人を候補に

2021年09月18日

9/18、中日スポーツ1面より
中日が来月11日のドラフト会議へ向けて、右の長距離砲3選手の動向を注視していることが17日、分かった。慶大・正木智也外野手(動画)上武大・ブライト健太外野手(動画)駒大・鵜飼航丞外野手(動画)。本塁打数リーグ最低のカンフル剤を見つけるべく、全国に散らばるスカウト陣は血眼になって探し、吟味し、戦略を練っていく。

広い本拠地で戦う構造上のハードルを越えられる選手はいるのか。いるならば、誰なのか。スカウト陣は慶大・正木、上武大・ブライト健太、そして駒大・鵜飼をリストアップしていた。

正木は大学ナンバーワンの呼び声高いスラッガー。慶応高で通算50本塁打。慶大進学後は2年秋の神宮大会で日本一を経験した。2度目の頂点に輝いた今春の全日本大学選手権では、決勝・福井工大戦で先制2点弾を含む3安打3打点の大活躍。バックスクリーン右へたたき込む放物線でMVPをゲット。スカウト陣をうならせた。

ブライト健太は今春ブレークした赤丸急上昇中の長距離砲。ガーナ人の父と、日本人の母の間に生まれた。上武大の所属する関甲新学生リーグで今春、打率3割8分、3本塁打、12打点をマーク。全日本大学選手権では西日本工大戦で決勝弾を見舞った。身体能力抜群で、50メートル5秒台の脚力は見どころ十分。守備力も期待できる。

鵜飼は大化けする可能性を秘めた、球団のお膝元出身者。中京大中京高では2年秋から4番を任された。高校通算56本塁打。駒大進学後は2年秋から4番に座る。メインは指名打者、左翼での出場となっている。今秋の東都大学野球・中大戦で12球団のスカウトが見る中、バックスクリーンに放り込んだのはインパクト大。中日・伊藤は高校時代の同級生。当時は1番・伊藤、4番・鵜飼だった。

竜にとっては、喉から手が出るほど長距離砲が欲しい。本塁打数はリーグワースト。野球の華である、きれいな放物線を竜党に届けたい。

獲得後はぶれない育成方針も欠かせない。竜戦士は出場機会を得るために、中距離砲にスケールダウンせざるを得なかった歴史がある。バンテリンドームナゴヤは東京ドームと比べて、本塁から左中間・右中間最深部まで約5メートル遠い。加えて、フェンスも高い。

他球場で本塁打になる打球も、結果はただのフライアウト。毎試合出るために、長距離砲の肩書で入団した金の卵もスタイル変換を強いられてきた。新入団選手には、圧倒的飛距離で負の慣例打破の期待がかかる。

ドラフト会議まで残り3週間。今月下旬にはスカウト会議が予定されている。フロント一体となって、未来のスター候補生を絞り込む。



正木君(慶応大)のスカウト評はこちら

ブライト君(上武大)のスカウト評はこちら

鵜飼君(駒沢大)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:15|この記事のURL

中日ドラフト波乱含み、長距離砲の補強急務か

東京スポーツwebsiteより (source)
中日のドラフト戦略が波乱含みとなっている。17日現在、12球団トップのチーム防御率3.16を誇る投手陣に対し、野手陣はチーム打率2割4分2厘、総得点350、63本塁打といずれもリーグワーストに低迷。得点力不足が大きな課題となっている。

ここ3年はドラフト1位で根尾→石川昂→高橋宏といずれも将来性豊かな高卒選手を獲得してきたが、今年は即戦力の長距離砲の補強が急務とされている。

今秋のドラフト会議は不作の年ともいわれるが、ここまでスカウト陣は上武大・ブライト健太外野手(動画)駒大・鵜飼航丞外野手(動画)ら右の大砲候補を上位候補としてピックアップ。

チーム関係者は「今季は阪神の佐藤輝やDeNAの牧が1年目からホームランを打ちまくって活躍している。いまや投手陣は12球団ナンバーワンになっているんだから、ウチも一発長打のある社会人や大学生を今年は何としても取らないといけない」と指摘する。

しかし、あるスカウトは「打てない、打てないと言われるけど、ウチにだって石川昂や根尾、岡林、石垣とか、いい選手はいっぱいいる。現場の指導者がどう育てるのか、どう起用するのかという問題の方が大きいのでは。もっとそういう選手を使ってほしい。特に石川は故障(左腕骨折)してしまったが、今年は開幕から一軍で起用してほしかった。すでに右の大砲はいるのに…。じゃあ、打線が弱いからといって投手は補強しなくてもいいとはならない。現状では左の投手も必要」と打ち明ける。

2018年の根尾、19年の石川昂と2年連続で当たりくじを引き当てた強運を持つ与田監督だが、今秋10月11日に行われる運命のドラフト会議で再び出番はあるのか。そして誰を指名するのか…。注目される。



ブライト君(上武大)のスカウト評はこちら

鵜飼君(駒沢大)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

中日の2021ドラフト1位予想

週刊ベースボール9月27日号「12球団ドラフト1位はこの選手だ」より
補強ポイントは投手よりも野手。そして即戦力のスラッガータイプだ。俊足巧打の左打ちの選手は大勢いるから、長打力が持ち味の大砲を指名したい。重点を置きたいのは内野手ではなく外野手。今年で44歳の福留孝介、36歳の大島洋平、33歳の福田永将らの後釜は急務。

候補となるのは、内外野を守れる慶大・正木智也(動画)、身体能力の高い上武大・ブライト健太(動画)だろう。

ただし、地元の東海地区にも見逃せない選手がいる。高卒だけに即戦力とはいかないが、左打者の岐阜第一高・阪口樂(動画)は候補の一人。野球センス抜群の二刀流だが、プロが注目するのはスケールの大きい打撃力。球団としては獲得しておきたい選手だ。

それでも1位が打者とは限らず、2年連続で高校生投手の可能性もある。その場合は市和歌山高・小園健太(動画)高知高・森木大智(動画)天理高・達孝太(動画)を狙う。



2021高校生のドラフト候補まとめ

2021大学生のドラフト候補まとめ

2021社会人のドラフト候補まとめ


draftkaigi at 07:03|この記事のURL


ドラフトニュース検索