ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

中日

中日ドラ5・藤嶋健人、ホロ苦デビューも収穫あり

2017年02月26日

2/26、中日スポーツ2面「読谷発」より

2016中日ドラフト5位 藤嶋健人
東邦高・投手・動画

中日ドラフト5位の藤嶋健人投手(動画)が25日、読谷球場でプロ入り後初となる実戦形式のシート打撃に登板。1イニング、打者6人と対戦し、2安打1四球の2失点とホロ苦いデビューとなったが、大きく崩れることなく、きっちりと潜在能力を示してみせた。

「渡辺さんには悪いカウントになったけど、カットボールで詰まらせてライトフライに打ち取れたことが収穫でした」。先頭打者の渡辺には2ボール1ストライクから、持ち味である切れ味鋭い変化球をコーナーに制球できたことを、藤嶋は唯一の収穫として口にした。

それ以降の打者には打たれはしたが「体が前に突っ込んでしまって、変化球の制球が悪くなって、ストライクを取りにいった真っすぐを狙い撃ちされました」。並の高卒新人なら落ち込むところを、打たれた原因をしっかりと自己分析し、次への課題に掲げるあたりに将来性をうかがわせる。

小笠原投手コーチも「大きな球のばらつきもなく、だいたいまとまっていた。今後の様子をみてだけど、実戦に入っていける段階にきている」と評価した。




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。5位・藤嶋君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大 投手
2位京田 陽太日本大 内野手
3位石垣 雅海酒田南高 内野手
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大 投手
5位藤嶋 健人東邦高 投手
6位丸山 泰資東海大 投手
育1木下 雄介四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 08:34|この記事のURL

渡辺佑樹(横浜商大)、巨人・中日・ロッテが視察

2017年02月25日

2/25、西日本スポーツ7面より

渡辺 佑樹 (横浜商科大・投手)
182cm・左投左打・動画

神奈川大学野球リーグの横浜商大は24日、横浜市緑区の同校グラウンドで今季初のオープン戦。今秋ドラフト候補左腕の渡辺佑樹投手(動画)が日大を相手に5安打、3失点完投した。最速は130キロ台後半ながら、内外角に変化球を散らし打たせて取った。1回に3四球から先制を許したものの、フォームを微修正して立ち直った。

巨人、ロッテなどのスカウトが視察し、中日の石井スカウト「内と外を攻められる。右打者の内角をもっとつければ評価もさらに上がる」と話した。渡辺は「今年は先発が多くなるので、今日のようなことがないようにしっかり試合をつくりたい」と誓った。




渡辺君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

中日ドラ1・柳裕也、2回0封も制球に課題

2/25、スポーツニッポン4面より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

中日のドラフト1位・柳(動画)が24日、2軍の練習試合、韓国・ネクセン戦でプロ初先発。2イニングを3安打無失点も、46球を費やして制球に課題を残した。「ストライクをほしがってしまった。甘い球を打たれて反省の多い内容でした」

苦しんだのは2回だ。2安打と四球で1死満塁とされた。後続は断ったが、高めに浮いたボールが目立ち、この回だけで30球。「余裕がなかった。打たれるべくして打たれた」。それでも沖縄での実戦は3試合計5イニングを無失点。「何をすれば打たれ、何をすれば抑えられるのか感じることができた」と貴重な経験と捉えた。

今後はイニングを伸ばす方針。25日にはオープン戦がスタートし、先発ローテーション争いが激しくなる。即戦力として期待される右腕は「納得できる内容でゼロを積み重ねていきたい」と前を向いた。

(2月24日 2軍練習試合 中日 11―0 韓国ネクセン)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

中日ドラ3・石垣雅海、2軍で充実のキャンプ

2017年02月24日

2/24、中日スポーツ2面「読谷発」より

2016中日ドラフト3位 石垣雅海
酒田南高・遊撃手・動画

高校通算37本塁打のパワーが魅力の高卒ルーキー、中日ドラフト3位の石垣雅海内野手(動画)が23日、読谷球場を訪れた母校の鈴木剛監督の激励を受けた。プロ初キャンプ完走を前に英気を養い、あらためて今後の目標を設定した。

2軍はこの日、雨のためメイングラウンドが使えない状態となるや、すぐさまメニューを一部変更。石垣はアップ後「タイミングを取るのがヘタクソなので、いろんな投手を打席で見て勉強したいと思いました」と志願してベテランの荒木とともにブルペンに直行。打席に入って武藤や伊藤、小川ら投球練習をした投手の生きたボールに目を慣らし、間を感じ取る練習に集中した。

プロ1年目のキャンプは、初日から小笠原2軍監督のマンツーマン指導が続くが「本当に光栄です。下半身を使った打ち方を指導していただいているけど、少しは成長したかなと実感できています」と、石垣はここまでの充実したキャンプを振り返った。

そんな18歳にとって、恩師の訪問は残り1週間を切ったキャンプを完走するための何よりの栄養剤。鈴木監督は「疲れもあるだろうし、落ち込んでいるのかな?と思ったけど、元気そうで良かった。楽しいですと言っていたし、安心しました」と、目を細めた。

石垣は「一年間で劇的に進化できるように取り組んで、大学出身選手に負けないように1、2年で追いつけるようにしていきたい」と、決意を新たにした。早期の1軍での活躍を目標に定める石垣が、今後も自己研さんに努めていく。



下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。3位・石垣君ののスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大 投手
2位京田 陽太日本大 内野手
3位石垣 雅海酒田南高 内野手
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大 投手
5位藤嶋 健人東邦高 投手
6位丸山 泰資東海大 投手
育1木下 雄介四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 08:14|この記事のURL

椎野新(国士舘大)、ヤクルト・中日が熱視線

2/24、スポニチwebsiteより (source)

椎野 新 (国士舘大・投手)
194cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補に挙がる国士舘大の1メートル94右腕、椎野新投手(動画)が23日、東京都町田市内で行われた鷺宮製作所とのオープン戦に先発。ヤクルト、中日のスカウトが訪れる中、2回1安打無失点と上々のスタートを切った。

自己最速にあと3キロと迫る142キロを低めに決め、2回は主軸を3者連続三振。「直球で空振りを取れて良かった」と手応えを口にした。中日の正津英志スカウト「力強くなった。腰の回転が速くなっているのでもっと球速は出ると思う」と評価した。




椎野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:16|この記事のURL

ドラフトニュース検索