ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
中日

中日、石川昂弥(東邦)の一本釣り最有力に

2019年10月16日

10/16、中日スポーツ1面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

刻一刻と迫る17日、運命のドラフト会議。中日は昨年、競合覚悟で根尾の指名に踏み切ったが、今年は一転、一本釣りの戦略へかじを切る可能性が出てきた。その名前が高校球界No.1スラッガーの呼び声高い地元・東邦高の石川(動画)だ。

中日は4日のスカウト会議後、米村チーフスカウトが「奥川、佐々木、森下、河野の4人が1位候補。意見が分かれている」と説明。投手の1位指名が基本線と見られていたが、右の大砲候補として石川の名前を捨てたわけでなかった。

今春センバツ大会。エース、主砲、主将として東邦高を優勝へと導いた。高校通算55本塁打。その数字が示すように、長距離砲として中日も早くから注目してきた。8月末から韓国で開催されたU―18W杯では日本の4番を任され、木製バットで打率3割3分3厘、1本塁打、9打点の好成績。その評価を一気に高めた。

その石川は各球団も注目し、今や外れ1位候補として浮上。米村チーフスカウトが「最大に評価している。勝てるピッチャー」と一貫して評価してきた星稜・奥川(動画)は巨人、阪神なども熱視線を送るなど競合は避けられない。

最悪のシナリオは、奥川をクジ引きで外し、外れ1位で競合の可能性もある石川もクジ引きで外すケース。ならば、石川を一本釣りで…という青写真が出来上がるのも自然の流れだ。

プロでは野手で勝負を挑む石川のポジションは、U-18W杯でも務めた三塁。中日の三塁といえば、今季は高橋がレギュラーに定着したが、競争が激化することは、おのずとチームの底上げにつながる。西武・中村&山川、広島・鈴木、巨人・岡本・・・。そんな右の和製4番候補として夢は膨らむ逸材だ。

ドラフトを前日に控えた16日には、スカウト会議が開かれる。そこで決まるのか、はたまた当日まで決まらないのか。奥川の可能性も消えないものの、石川がドラフト1位の最有力候補となったことは間違いない。



石川君のスカウト評はこちら

石川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:14|この記事のURL

中日、上位候補に上野響平(京都国際)リストアップ

10/16、日刊スポーツ5面より

上野 響平 (京都国際高・遊撃手)
174cm・右投右打・動画

中日が17日のドラフト会議で京都国際・上野響平内野手(動画)上位候補でリストアップしていることが15日、分かった。昨年のドラフトでは4球団競合の末に、目玉的存在だった根尾の1位指名に成功。さらに若手野手の選手層を厚くするため、2年連続で高校屈指の遊撃手をターゲットに定めた。

上野は身長174センチと小柄だが、俊敏性に優れ、その守備力は高校ナンバーワンの呼び声が高い。今夏の京都大会では京都国際の1番遊撃として、チームを準優勝に導いた。2回戦では2ランを放つなど、パンチ力もある。右投げ右打ちで、「井端2世」として化ける可能性は大いにある。

中日は目前に迫ったドラフト会議で準地元として位置づけている星稜の奥川を1位の最有力候補に挙げている。また高校生捕手の指名も目指しており、奥川とバッテリーを組んだ山瀬や智弁和歌山・東妻、中京学院大中京・藤田らが有力候補だ。

ドラフト当日まで他球団の動向を調査しながら、慎重にシミュレーションを進める方向だ。内野手では上野を高く評価。高校球界の有望株を獲得し、7年連続Bクラスから常勝軍団への再構築を図る。



上野君のスカウト評はこちら

上野君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

中日、岡野祐一郎(東芝)の指名を検討

10/16、スポニチ8面より

岡野 祐一郎 (東芝・投手)
180cm・右投右打・動画

中日が17日のドラフト会議で最速149キロ右腕の東芝・岡野祐一郎投手(動画)の指名を目指していることが15日、分かった。今春のスポニチ大会では2試合連続完封。敢闘賞に輝いた。都市対抗でも2次予選と本大会で2試合連続完投勝利を挙げ、4強進出に貢献。抜群の制球力を武器とする即戦力だ。

ドラフト解禁イヤーの昨年はまさかの指名漏れ。社会人3年目の今季はチームの後輩で今ドラフト1位候補で154キロ右腕の宮川哲とキャッチボールを繰り返し、直球の質を向上させた。試合終盤にも落ちない安定感をプロ側が評価した。

福島・聖光学院時代にはU18高校日本代表に選出。社会人でも国際舞台を経験した。中日のほか地元・楽天、ヤクルト、巨人なども指名を検討している。



岡野君のスカウト評はこちら

岡野君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

中日、星稜高校バッテリーをリストアップ

2019年10月15日

10/15、スポニチwebsiteより (source)
中日が17日に行われるドラフト会議で星稜の奥川恭伸投手(動画)を1位で指名する方針を固めたことが14日、分かった。さらに、奥川の女房役である山瀬慎之助捕手(動画)もリストアップ。大船渡・佐々木朗希投手とともに最大の目玉である奥川は複数球団の競合となるが、今夏に準優勝して甲子園を沸かせた星稜バッテリー獲りを狙う。 

3年連続の5位に終わった中日が、次世代のエース候補として選んだのは奥川だった。4日のスカウト会議で米村明チーフスカウトが「完成しているが、伸びしろを感じる」と話していたように、即戦力の評価とともに将来性も併せ持つことが決め手になった。

最速154キロの直球に加え、スライダーなどの変化球や制球力も抜群。今夏の準優勝を含め甲子園に4度出場。智弁和歌山との3回戦では延長14回を投げ23三振を奪った。U18W杯でもカナダとのスーパーラウンドで7回1失点、18三振を奪った。

即戦力という観点では最速163キロを誇る佐々木を上回り、高卒でも1年目から先発ローテーション入りできる逸材。中日は今年1月から北陸地区担当となった星稜OBの音重鎮スカウトが密着マークを続けてきた。

奥川はプロ志望表明時に「総合力の高い投手になりたい」と目標を掲げた。目指すは顔も似ている田中(ヤンキース)のような投手。その田中が楽天で高卒1年目から11勝を挙げたような活躍が期待され、4、5球団の1位競合が予想される。

さらに中日は小学4年から奥川とバッテリーを組んできた捕手の山瀬もリストアップした。二塁送球タイムが1・8秒台というプロでもトップレベルの強肩。奥川とともにU18高校日本代表に選出された。奥川を競合の末に獲得し、山瀬も指名できれば準優勝バッテリーがプロの舞台でも見られることになる。

2人は石川県出身。北陸地区は親会社・中日新聞の販売地域であり「準地元」の選手を獲得できれば岐阜出身の昨年ドラフト1位・根尾とともに地域密着をアピールできる。

奥川を抽選で外した場合は今春センバツで「4番・投手」として東邦を優勝に導いた地元・愛知出身の石川(動画)を外れ1位で指名する可能性が高い。高校通算55本塁打を誇るU18高校日本代表の4番。中日のドラフト戦略は見えた。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

中日、井上広大(履正社)をリストアップ

10/15、スポニチwebsiteより (source)

井上 広大 (履正社高・外野手)
187cm・右投右打・動画

中日は履正社の4番・井上(動画)をリストアップした。高校通算49本塁打を誇る右の長距離砲。今夏甲子園の前にプロ入りの希望を決め「ホームランを打って結果を出すしかない」と打率・385、3本塁打、14打点と大活躍。星稜との決勝では奥川からバックスクリーン左へ決勝3ランを放ち、初優勝に導いた。  

ヤクルト・山田哲、オリックス・T―岡田、ロッテ・安田らをプロに送り出した履正社のスラッガーの系譜に名を連ねる逸材だ。



井上君のスカウト評はこちら

井上君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:06|この記事のURL


ドラフトニュース検索