ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

中日

中日スカウト部長のドラフト候補総括(2017選抜)

2017年03月26日

3/26、中日スポーツ11面より
出場32校が出そろった25日、中日スカウト陣は一通りのチェックを終えて甲子園を後にした。

中田宗男スカウト部長は今秋のドラフト1位候補に挙げる早実・清宮(動画)「別格。ものが違う。何年かに1人の選手」と改めて絶賛。明徳義塾戦は4打数1安打だったが、「選球眼がいい。甘い球には必ずバットが出る。シャープなスイングで球をつかまえられる」と非凡な打撃を高く評価した。

日大三戦で左腕・桜井から3連続三振を喫した履正社・安田(動画)「清宮は安打の延長が本塁打だが、安田は本塁打を打ってナンボ。本塁打打者になれるかどうかが評価の分かれ目」と指摘。

野手では盛岡大付・比嘉智弁学園・太田(動画)の両遊撃手、捕手では福岡大大濠・古賀(動画)神戸国際大付・猪田(動画)に加え、秀岳館・幸地(動画)「地肩が強い。将来性がある」と評価した。

投手で目を引いたのが熊本工の149キロ右腕・山口(動画)「肘の使い方、可動域の広さなど天性の素質がある。去年の今井(作新学院→西武)のように大化けする可能性がある」と潜在能力に二重丸を付けた。

さらに左腕の日大三・桜井(動画)秀岳館・川端(動画)、右腕の智弁学園・松本(動画)報徳学園・西垣(動画)の名前も挙がった。全体的には「いい選手はいるが小柄」と指摘した。リストに残った選手は夏まで継続チェックする方針だ。



draftkaigi at 11:55|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)、中日・巨人が高評価

3/26、日刊スポーツ3面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

最強復活の予感が漂う。大阪桐蔭「ミレニアム世代」が、甲子園にデビューした。2000年(平12)生まれの新2年5人がスタメンに名前を連ねた打線。

1番・藤原の左中間二塁打で、初回5点の猛攻は幕を開けた。5番・根尾(動画)が2点適時打で続いた。5回には3番・中川が二塁ゴロで10点目を奪い、9回は3番手投手の柿木がチーム最速143キロ速球で締めた。

そしてチームの世代1号は、6番・山田だった。4回2死二塁。弾丸ライナーが左翼スタンドへ一直線に伸びた。「素直にうれしい。3月のオープン戦は調子がよかったので」という言葉を証明する年明け5本目の高校8号。元4番の成長のアーチだった。

14年センバツ4強の豊川(愛知)の左翼手だった兄・大地さんを見て、甲子園の活躍に憧れた。同年夏全国制覇の大阪桐蔭に進み、昨秋近畿大会1回戦は同学年でも最速で4番に座った。だが重責に技術がついていかず、無安打。出場機会を失った。

復活をかけたこの冬。右手をかぶせてバットのヘッドを立てるフォームで「強い球に負けない打ち方を身につけ、タイミングの取り方も変えました」。強打者がよみがえった。

さらにプロの目をくぎ付けにしたのが根尾だ。「瞬発力があるしバネがすごい」と中日・中田スカウト部長が声を上げ、巨人・岡崎スカウト部長は「ポテンシャルが高いね」。

古川中時代は山田と中日本選抜で中軸を組み世界大会に出場したが、アルペンスキー回転でも全国制覇し世界大会を経験した異次元の「二刀流」。1安打2打点の結果、4回に中飛ながらバックスクリーンぎりぎりまで飛ばした打力、遊撃と中堅を守りきった守備力で才能を証明しても「まだ結果を残せていない。みんながライバル」と表情を引き締める。

試合前、福井主将から「2年はどんどん行けよ」と背中を押された。先発の2年全員で健闘を誓い、ベンチ裏で拳を当て合った。ミレニアム世代で6打点。来夏、100回大会に向けて、甲子園の主役に躍り出た。

(3月25日 センバツ高校野球大会 大阪桐蔭 11―0 宇部鴻城)




根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:35|この記事のURL

池谷蒼大(静岡)、中日「変化球見るべきものあった」

2017年03月25日

3/25、中日スポーツ8面より

池谷 蒼大 (静岡高・投手)
173cm・左投左打・動画

甲子園のマウンドでエースが周囲の懸念を振り払った。静岡のエース左腕・池谷蒼大(動画)が7イニング1失点で9三振を奪い、「気持ちが安定して、フォームもバランスが良くて。納得のいくボールをどんどん投げられた」と自信を深めた。冬場に腰を痛めて調整が出遅れたが、その影響を感じさせない好投だった。

1回に1失点したが「打撃がいいチームと分かっていたんで、すぐに気持ちを切り替えられた」。自信のある直球を外角低めにテンポよく投げ込み、スコアボードに0を並べた。この日最後の登板となった7回は1死一、二塁で変化球を駆使し、2者連続空振り三振で締めくくった。

この日の最速は自己最速144キロを下回る137キロ。中日・中田スカウト部長は「球速がもう少し欲しいけど、変化球は見るべきものがあった」と評した。

好きになったドラマや音楽は、繰り返し見たり聞いたりするほど何事も熱中する性格。それが裏目に出ることもあり、捕手・森は「熱中すると視野が狭くなるんで監督や自分が気をつけてあげないと」と言う。腰痛の原因は昨年12月にロングティーをやり過ぎたせいだ。

2月末まで投球を控え、昨年の倍以上という1日50分を走り込みに費やした。結果、昨秋以上の制球力と球威を身につけることができたのだから、まさにケガの功名だ。「まだ7、8割の力しか出していない。決勝に向けてアップしていければ」と意気込む池谷。決勝を見据え、あとは調子を上げていくだけだ。

(3月24日 センバツ高校野球大会 静岡 12―3 不来方)




池谷君のピッチング動画はこちら

池谷君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:25|この記事のURL

清宮幸太郎(早実)、巨人・中日など6球団の声

3/25、スポーツニッポン1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

1回戦3試合があり、早実は明徳義塾に延長10回の末に5―4で逆転勝ちした。1点差とした9回2死一塁、清宮幸太郎内野手(動画)が次打者で控えた場面で相手投手が失策。打席では四球を選んで同点につなげた。

▼巨人・岡崎スカウト部長
「高校生の中に一人だけプロが交ざっているみたい。特にスイングスピードの速さは抜群」

▼中日・中田スカウト部長
「何か持っているよね。いろんな意味で相手に重圧をかけている。一つ間違えたら本塁打になってもおかしくない打席もあった」

▼DeNA・吉田スカウト部長
「構え、リスト、全てが理想的な打ち方をしている」

▼広島・苑田スカウト統括部長
「9回、あそこで打順が巡ってくるんだからやはり何か持っていますよね」

▼オリックス・長村球団本部長
「一段とたくましくなったように感じるし、高校生離れした打球ですね」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「反応の良さとミートの良さは非凡なものがある」

(3月24日 センバツ高校野球大会 早稲田実 5―4 明徳義塾)




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:44|この記事のURL

中日ドラ2・京田陽太、18年ぶり開幕1軍スタメン見えた

2017年03月24日

3/24、中日スポーツ1面より

2016中日ドラフト2位 京田陽太
日本大・遊撃手・動画

その存在感は、文句のつけようがない。新人が放つ初々しさに加わる頼もしさ。「これだけチャンスをもらっているので結果を出さないと申し訳ない」。そう言う京田(動画)は表情を変えないが、また期待に応えてみせた。

西武の先発は、開幕投手が決まっている菊池。一線級に「球は速いし、キレがすごかった」。ただ、バットは言葉とは裏腹。3回1死一、二塁で低めのスライダーをすくって右中間への適時二塁打に。6回1死では、143キロの直球をはじき返して右中間を深々と破ると、快足で三塁に達した。

球界トップクラスの左腕を攻略した姿に、土井打撃コーチは「スピードに対応して振る力もある。エース級に強いね」とべた褒めした。17日の阪神とのオープン戦でもメッセンジャーから二塁打。漂う大物食いの予感に、森監督も「左でも右でも打ってくれるんであればね。チャンスをものにできているんじゃないかと思う」と目を細める。

9回にも、獅子の守護神を担う増田から左前打を放ち、初の3安打を記録。本塁打でサイクル安打だったと振られると「そうなんだと試合後に知りました」とはにかんだ。これまでのオープン戦全17試合に出場し、打率.273、ゲレーロに次ぐチーム2位タイの5打点と誇らしい。

昨秋にドラフト直後に打ち立てた「開幕スタメン」の目標。5カ月がたち、現実味を帯びてきた。この日は二塁で先発予定だったが、右肩の違和感を訴えて急きょ欠場した堂上に代わって遊撃で出場。ライバルの居ぬ間の躍動に、指揮官も「大きいだろうよ」と言う。

新人野手の開幕スタメンとなれば、2010年の大島以来。さらに内野手に限れば、1999年の福留までさかのぼる。18年ぶりの快挙にも京田自身に意識はなく「あと2試合ある。まだ1軍だと決まっていない。気を抜かずにやりたい」と言い切る。

春季キャンプから無我夢中の日々。腹から笑って疲れを癒やしている。動画サイトで偶然見つけたのは、人気沸騰中の女性芸人「ブルゾンちえみ」。デキる女を演じるネタに「クセになりますね」と大ハマりした。LINEのスタンプも購入し、ネタ中に流れる曲は「自分の登場曲にしようかな」と画策中。デキる新人も負けじとブレークを目指す。

チームは5試合ぶりに4得点を奪ったものの、2つの引き分けを挟んで5連敗。オープン戦4勝11敗2分と苦しい現状だが、確かな兆しもある。それが背番号51。竜の未来を明るく照らす太陽になるべく、グラウンドで光る。

(3月23日 オープン戦 西武 6―4 中日)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。2位・京田君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大 投手
2位京田 陽太日本大 内野手
3位石垣 雅海酒田南高 内野手
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大 投手
5位藤嶋 健人東邦高 投手
6位丸山 泰資東海大 投手
育1木下 雄介四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 10:48|この記事のURL

ドラフトニュース検索