ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
中日

岡田俊哉(2009中日ドラ1)、大学進学予定だった

2019年04月24日

4/23、日刊ゲンダイ31面「最強監督(智弁和歌山・高嶋仁)が語る甲子園」より

2009中日ドラフト1位 岡田俊哉
智弁和歌山高・投手

この連載の初回でも書きましたが、私が2008年にお遍路に行くきっかけになったのが、09年ドラフト1位で中日に入団した岡田俊哉(2009中日1位)です。当時は高校2年生でしたね。

入学当初は170センチそこそこで、いまは180センチ近くある。体が大きくなるにしたがって、球速も伸びてきた。高校時代は140キロ台後半は出ていましたね。でも、プロに行ったら140キロ出るか出ないかでしょう。なんででしょうねえ。本人には「早く億をもらえる投手になれ」とは言っているんですけど。

性格はといえば、とにかく気が強い。高校時代は個人プレーに走ることが多く、注意しても聞く耳を持たない。だから私もカッとなって、つい彼の足を蹴飛ばしてしまった。その日のうちに、和歌山県内にある彼の実家に行きました。親御さんに起こったことを全部説明して「責任は取ります」と頭を下げたんです。

すると、彼のお母さんが言うんですね。「いやいや、ちょっと待ってください。この子は親の言うことも聞かないんだから、監督からもっと言ってやってください」って。なぜ怒られたかは、本人が一番よくわかっていたと思います。

そんな岡田ですが、当初は大学進学予定でした。でも、私は意中の大学名を聞いて、「これはまずいな」と思った。その大学の野球部は、岡田なら練習しなくてもエースになれるレベル。私は高校から直接プロ入りすることには否定的で、大学に進学すべきという考えですが、“この大学では、むしろ岡田のためにならない”と判断したんです。

お遍路から帰ってきて、岡田と話をしました。「大学に行くんか?」と聞いたら、「行きます」と答えたものだから、「わかった。それやったら、もう公式戦で一球も投げさせんぞ。早稲田や慶応ならともかく、試験を受ければ即合格なんて大学はあかん。でも、プロに行きたいなら、責任を持っておまえを育てる。家に帰って親と相談してこい」と言ったんです。

岡田は家族会議の結果、高卒でプロを選んだ。そこからは練習態度も改善されて、ボールも速くなっていった。私もプロのスカウトに連絡して、「ウチの岡田は良い投手になりますよ」と伝えました。中日がドラフト1位で指名してくれたときは、本当にうれしかったんですよ。



上の記事は智弁和歌山名誉監督の高嶋仁氏が書いたものです。

下は2009ドラフトで中日が指名した選手です。岡田俊哉は1位指名入団。プロでの成績は
こちら

中日の2009ドラフト指名選手
1位岡田 俊哉智弁和歌山高投手
2位小川 龍也千葉英和高投手
3位中田 亮二亜細亜大内野手
4位松井 佑介東京農大外野手
5位大島 洋平日本生命外野手
6位諏訪部 貴大ホンダ投手
7位松井 雅人上武大捕手
8位吉田 利一奈良産大捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

米山魁乙(昌平)に7球団、中日「投げっぷりいい」

2019年04月23日

日刊スポーツwebsiteより  (source)

米山 魁乙 (昌平高・投手)
176cm・左投左打・動画

今秋ドラフト候補左腕の昌平・米山魁乙投手(動画)が、春季埼玉大会初戦にリリーフ登板した。2回を2安打無失点に抑え、3奪三振だった。

この日の最速は139キロ。得意の高速スライダーは封印し、直球だけで攻めた。「県大会初戦で少し緊張もありましたが、思っている以上のストレートは投げられました。ヒットされたのは、まだ甘いということ。高めに浮いたら花咲徳栄や浦和学院には捉えられる。低めの精度を上げたい」と話した。

秋のドラフト会議に向け、現時点では左腕投手候補の不足が叫ばれる。この日もネット裏では7球団が視察。中日正津スカウトは「腕の振りは強く、投げっぷりもいい。今後はしなやかさがもっと出てくれば」とさらなる飛躍に期待していた。

(4月22日 埼玉大会1回戦 昌平 4-0 庄和)



米山君のスカウト評はこちら

米山君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)、中日・ソフトバンクなどの声

2019年04月21日

4/21、スポニチwebsiteより (source)

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

高校歴代最速の163キロを誇る今秋ドラフト1位候補、大船渡の佐々木朗希投手(動画)が20日、仙台育英との練習試合に登板。日米合わせて20球団40人のスカウトが視察に訪れた。(以下スカウト評)

▼中日・八木スカウト
「カーブとチェンジアップで空間を使おうという意図が見えた。ケガさえしなければ良い能力なので、今回はこういう投球も見られてよかった」

▼ソフトバンク・作山アマスカウトチーフ補佐
「変化球の制球も定まっていてポテンシャルの高さを感じた。今までに出会ったことのないスケール感」

▼巨人・柏田スカウト
「球をコントロールしたい意識が表れていた。チェンジアップの抜け方も良い。全てに光るものがある」

▼オリックス・長村球団本部長
「課題を持って投げていた。余力を持って。上背もリーチもあって、スケールの大きさを感じた。将来楽しみな選手」


(4月20日 練習試合 仙台育英 8-4 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

中日ドラ1・根尾、智弁和歌山のスカウトを断っていた

2019年04月19日

4/19、日刊ゲンダイ31面「最強監督が語る甲子園(智弁和歌山・高嶋仁)より

2018中日ドラフト1位 根尾昂
大阪桐蔭高・遊撃手兼投手・動画

私は高卒で直接プロに行くことは、あまり勧めていないんです。もちろん家庭の事情などはありますが、可能なら大学を経てからプロに行ってほしい。そう考えて、監督をやっていました。だから、去年のドラフト1位で大阪桐蔭から中日に入団した根尾昂くん(動画)も、大学を卒業してからプロでもよかったんじゃないか、と思っているんです。

もともと、根尾くんは中学時代、慶応大学への進学を希望していた。そのウワサを聞いたとき、「これはウチに来てくれるかもしれない」と思いましたね。

彼が中学時代に所属していたチームが3月に名古屋で試合をやるというので、見に行ったことがある。でも、どこを探しても根尾くんがいない。おかしいな? と思ってチームの関係者に聞いてみると「いまはスキーの大会に出ているから、日本にいません」と言われた。「おいおい、ちょっと待て。どんだけ才能豊かなんだ」と、驚くやら呆れるやら、でした。

後日、根尾くんの出身地である飛騨高山に行って、彼のお父さんとも話しました。私が、「智弁和歌山は特待制度はありませんが・・・」と水を向けてみると、お父さんは全然気にせず、「ウチは大丈夫ですから」と言ってくれたんです。しかも慶大志望でしょう。これなら進学率の高いウチも脈はあるな・・・と思っていたら、大阪桐蔭の西谷監督ですよ。

根尾くんが大阪桐蔭に進学したこと自体はいいんです。でも、西谷監督にはちょっと言いたいことがあります。根尾くんは野球も勉強も、両方できる。ああいう子は大学を経てからでも、十分プロで活躍できるんです。それに、大学を卒業すれば将来、プロ野球のコーチ、あるいは監督やフロントにもなれる逸材だと思います。

プロ野球選手の現役は長くても20年でしょう。なにも甲子園や現役プロだけが野球じゃないんです。私の教え子に阪神の二軍チーフコーチをやっている高代延博がいます。彼は法政大学を卒業後、日本ハムに入団してからというもの、指導者としてさまざまな球団でユニホームを着続けているでしょう。大学で学んだことがいかに大きいか、ということです。

根尾くんがプロに行きたい気持ちがあったにせよ、西谷監督には「大学を卒業してからでも遅くない」と説得してほしかった。選手の才能を見極めて、時にはワンクッション置かせるのも指導者としての仕事のひとつだと思うんです。(つづく)



上の記事は智弁和歌山名誉監督の高嶋さんが書かれたものです。

下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。1位・根尾君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

中日1位・根尾昂、左手人さし指を裂傷し8針縫合

2019年04月17日

4/17、スポーツニッポン4面より

2018中日ドラフト1位 根尾昂
大阪桐蔭高・遊撃手兼投手・動画

中日のドラフト1位・根尾昂内野手(動画)が16日、ウエスタン・リーグの阪神戦の7回守備で、盗塁を試みた走者・高山と二塁ベース上で交錯。左手人さし指を裂傷し、途中交代した。 

球団の発表によると、名古屋市内の病院で「左手示指の挫創」と診断され、8針縫合。抜糸まで約2週間を要する見込みで、負傷箇所に包帯を巻いた根尾は「(痛みは)そんなにない。早く治したい」と話した。

小笠原2軍監督は「中途半端は良くないので、しっかり治してから」と当面は試合に出さず、練習にも制限をかける方針を示した。



下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。1位・根尾君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 08:35|この記事のURL

ドラフトニュース検索