ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
中日

奥川恭伸(星稜)、中日「こういう投手そうはいない」

2019年06月17日

6/17、中日スポーツ9面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

中日などが今秋ドラフト1位候補に挙げる星稜の152キロ右腕、奥川恭伸投手(動画)が16日、愛知県春日井市の愛工大名電グラウンドで、同校との練習試合に先発。6イニングで8安打2失点したものの、毎回の12奪三振、直球は最速149キロをマークした。

自慢のスライダーがさえ渡った。大きく曲がり、低めに決まる奥川のウイニングショットに、愛工大名電打線のバットが次々に空を切った。6イニングで4連続を含む12奪三振。うち10個をスライダーなど変化球で奪った。昨夏の甲子園経験者が残る愛工大名電の鋭いスイングに、直球で空振りを奪えなかった。

「序盤はムキになった」というが、投球のリズムを変えたり、変化球でカウントを稼ぐことで対応した。「対処法を学べて、いい勉強になった。引き出しが増えた」。この日は早朝5時半に金沢を出発し、約3時間のバス移動。その影響もあってか、本来の出来ではなかったが、収穫はあった。

3人態勢で視察した中日・中田スカウトアドバイザーは「スライダーは天下一品。直球も普通に140キロ台後半が出る。こういう投手はそうはいない」と改めて高評価した。

直球は最速で149キロを計測。5回に1番・堀内に左中間に二塁打を打たれた146キロの直球は、金属バットの芯がへこんだほどの球威だった。「全てにおいて、レベルアップしないといけない」と奥川。来月12日の石川大会開幕まで1ヵ月を切り、仕上げの段階に入る。

(6月16日 練習試合 愛工大名電 4-1 星稜)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

中日がスカウト会議、1位は高校ビッグ4を軸に検討

2019年06月15日

6/15、中日スポーツ2面より
中日は14日、東京都内でスカウト会議を開いた。候補選手を200人から142人に絞り込み、11人をリストアップした1位候補は、大船渡・佐々木朗希(動画)星稜・奥川恭伸投手(動画)ら高校BIG4を軸に、引き続き検討を重ねていく。

会議を終えた松永編成部長は「4人を中心に、大学、社会人も検討していくことになるでしょう」と説明。創志学園・西純矢(動画)と、横浜・及川雅貴(動画)を加えた高校生4投手が中心のドラフトになるとの見方を示した。

佐々木は最速163キロを計測したスケールの大きさが光り、すでに日本ハムが1位指名を公表。最速152キロの奥川は多彩な変化球に制球力を備え、完成度の高さは高校生離れしている。夏に向けた練習試合で好投を続けている西や、及川の評価も上昇。

さらに、即戦力との呼び声高い明大のエース・森下(動画)や、伸びしろを備えた東海理化の152キロ右腕・立野(動画)に加え、野手では高校通算52本塁打を誇る東邦のスラッガー、石川(動画)の注目度も高い。

「1位指名の優劣は付けていない。与田監督とも相談して、決めることになる」と米村チーフスカウト。今後は、高校生の夏の地方大会を中心に視察を重ねる方針を確認。社会人は7月の都市対抗、大学は秋季リーグ戦をチェックし、さらに絞り込みを進める。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

森下暢仁(明治大)、中日「1位で競合する選手」

2019年06月14日

6/14、西日本スポーツ7面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

9回2死二塁。東洋大は山崎の左前打で、二塁から佐藤が本塁をついたが左翼からの返球でアウト。東京六大学リーグでもあと一歩で逃し続けていた完封を決めた明大の森下(動画)はホッとした表情。「やってしまった・・・と思った。しっかりアウトにしてくれました」と素直に喜んだ。

東洋大の3年生エース村上は連投。森下は温存してもらった。「年下だし疲れもあった。自分は昨日は声を出していただけ。打たれるわけにはいかないと思った」。直球は荒れ気味だったが、変化球でカバー。チェンジアップを空振りさせ、カーブでストライクを取り、カットボールを打ち損じさせた。

見せ場は6回1死一、二塁。2安打されていた3番・山田を緩い変化球で中飛に仕留め、ドラフト候補の4番・佐藤を迎えてさらにギアを上げた。「打たれたら流れが向こうにいく打者」。この日最速の152キロで三邪飛に詰まらせた。

初の全国舞台で、ドラフト1位候補の評価はさらに上がった。中日・米村アマスカウトチーフは「即戦力右腕としてはナンバーワン。決め球となる一流のボールを持っている。タイプ的には楽天・岸。1位で競合する選手になった」とほめた。

(6月13日 全日本大学野球選手権準々決勝 明大 3-0 東洋大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:55|この記事のURL

杉尾剛史(宮崎産経大)、中日「試合を作れる投手」

2019年06月13日

6/13、西日本スポーツ5面より

杉尾 剛史 (宮崎産業経営大・投手)
173cm・右投右打・動画

打球の行方を確認しなくても、結果は分かっていた。タイブレーク(延長10回から無死一、二塁で開始)の延長11回1死二、三塁、センターにはじき返された初球のストレート。宮崎産経大の杉尾(動画)は両膝に手を当てたまま、マウンドでしばらく動けなかった。

「向こうの打者がそれまで初球を打ってこなかったので・・・。高めに浮いたのは僕に隙があったから」。149球目の悔い。人目をはばからずに泣きじゃくる仲間の輪の中で、エースも目を真っ赤にした。

初出場の昨年、創価大を倒すなど8強入りに導いた。この日の相手、東海大はプロ注目の捕手海野を擁し、スタメンの出身校も甲子園で優勝経験のある東海大相模(神奈川)、広陵(広島)、大阪桐蔭などビッグネームがそろう。

「実力では勝っていないけど、僕たちには、勝ちたい、うまくなりたいという気持ちがある」。杉尾は127球で完投した初戦の環太平洋大戦の疲れも考慮。直球をやや抑え気味にし、少ない球数で打ち取れるように今年習得したワンシームを駆使して強力打線に立ち向かった。

目標に「日本一」を掲げるのには理由がある。「宮崎の学校は高校も大学も達成できていないから」。自身は宮崎日大高3年の夏に甲子園出場も初戦敗退。「宮崎を全国区に」との思いが右腕の原動力でもある。「天下の東海相手によくやった」とたたえた三輪正和監督も「(8強に)満足した去年と違い、悔しさがある」と口にした。

プロ入りも選択肢にある杉尾にとって日本一のチャンスは秋の明治神宮大会しかない。「点を取られない、負けない投手になる」。決意の涙をふいて、東京ドームを去った。

▼中日・三瀬スカウト
「(宮崎産経大の杉尾について)沈む球を有効に使いながら落ち着いた投球ができる。ゲームメークにたけた投手。今年の大学生の中でも楽しみ。昨年と同様に、評価は変わっていない」


(6月12日 全日本大学野球選手権2回戦 東海大 2-1 宮崎産業経営大)



杉尾君のスカウト評はこちら

杉尾君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 09:40|この記事のURL

大西広樹(大商大)、中日・阪神「12人の中に入る」

2019年06月11日

サンスポwebsiteより (source)

大西 広樹 (大阪商業大・投手)
176cm・右投右打・動画

第68回全日本大学野球選手権大会第1日が行われ、大商大はプロ注目の最速148キロ右腕・大西広樹投手(動画)が3安打1失点で完投し、勝利に貢献した。「しっかりと投手戦を制することができた。最後の年で力が入りすぎていたので、力を抜いて投げていきました」

一回は緊張と気合が入りすぎたことで低めへの制球を乱したが、脱力することで修正し、三回以降は危なげない投球を披露。1-1で進む中、八回2死三塁ではフォークで空振り三振を奪うなど、強気の投球で相手打線を封じ込めた。

ネット裏からはスカウト陣が熱視線を送り、阪神・渡辺スカウトは「三回以降は組み立ても変えて、修正能力の高さが見られた。試合を作る能力があるし、この展開で完投して勝ったのは素晴らしい」と高評価。

中日・米村チーフアマスカウトは「何が何でも抑えるという一番持っていないといけないものをしっかりと持っている。エースとしてのスピリットがある。(1位指名の)12人の中に入ってくる」と話した。大商大は12日の2回戦で九産大(福岡六大学)と対戦する。



大西君のスカウト評はこちら

大西君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:30|この記事のURL


ドラフトニュース検索