ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
中日

石川昂弥(東邦)、中日「上位に入ってくる」

2018年11月25日

11/25、スポーツニッポン6面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

来秋ドラフト上位候補の東邦・石川昂弥(動画)が4安打2打点、3盗塁と暴れ回った。阪南大高との練習試合に3番・投手で先発。初回に右前へ先制の適時打を放つなど4安打の固め打ち。投げては6回2失点で9ー3で勝利を収めた。

最速144キロを誇り高校通算37本塁打の二刀流。視察した中日・米村スカウトは「押し込む力があるから打球が速い。上位に入ってくる」と評価した。石川は来春のセンバツ出場に向け「勝ち抜く力をつけたい」とさらなる成長を誓った。

(11月24日 練習試合 東邦 9ー3 阪南大高)
 


石川君のスカウト評はこちら

石川君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:51|この記事のURL

及川雅貴(横浜)を中日が視察、「もっと良くなる」

2018年11月24日

日刊スポーツwebsiteより  (source)

及川 雅貴 (横浜高・投手)
182cm・左投左打・動画

来秋ドラフト上位候補の横浜・及川雅貴投手(動画)が23日、横浜市内で行われた国学院久我山(東京)との練習試合で先発し、13奪三振5失点で完投した。4回以外は毎回三振を奪い、自己最速を1キロ更新する153キロをマークした。

「スピードは意識していないが、指のかかりは良かった」と話す一方で、5失点(自責1)を反省。投げ終わりで三塁側に体が倒れてしまう点をうまく修正できなかったとし「今日はおしりに体重が乗ってしまってブルペンからバランスが良くなかった。でも、修正ポイントは分かっている。自分の課題はコントロール。しっかり下半身を鍛えたい」と冬を見据えた。

平田徹監督は「及川は常にいいところへ投げようとしすぎている。スピードが出ているのはいいが、もう少し要所でビシッと放るぐらいの考え方で投げてほしい。打者陣は良くなっている」と言った。秋季関東大会で8強入りし来春センバツ出場の可能性を残す。及川は「まずは、そこを目指してやっていきたい」と見据えた。試合は11-5で横浜が勝利した。

視察した中日・小山スカウトは「今日は思った通りに投げられなかったところもあったと思うが、ポテンシャルはすごい。まだ体も大きくなるだろうし、もっと良くなる」と話した。

(11月23日 練習試合 横浜 11-5 国学院久我山)



及川君のスカウト評はこちら

及川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

中日ドラ3・勝野昌慶、「プロでも1番になりたい」

2018年11月22日

11/22、スポーツニッポン5面より

2018中日ドラフト3位 勝野昌慶
三菱重工名古屋・投手・動画

中日からドラフト3位指名された三菱重工名古屋の勝野昌慶投手(動画)が21日、名古屋市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金6500万円、年俸1200万円(いずれも推定)で仮契約した。

社会人野球日本選手権ではエースとしてチームを初の日本一に導きMVPを獲得した右腕は「どんなジャンルでも一番になりたい。負けず嫌いです」とプロの世界でもナンバー1になることを宣言。新人王についても「狙ってやるわけではないが」と言いながらも目標に掲げた。

話をしてみたい選手に松坂の名を挙げ「アメリカも経験している。どういう考えをもっているか聞いてみたい」と日米通算170勝右腕に興味津々。ただメジャー志望については「特に・・・。まずは日本で一番の投手になってから」と日本球界でチームも自身もトップに立つことを誓った。



下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。3位指名・勝野君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 09:00|この記事のURL

中日ドラ3・勝野昌慶、スカウト「6人中1番の即戦力」

2018年11月16日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2018中日ドラフト3位 勝野昌慶
三菱重工名古屋・投手・動画

中日のドラフト3位、三菱重工名古屋・勝野昌慶投手(動画)が15日、名古屋市の同社で松永編成部長、米村アマチーフスカウトらの指名あいさつを受けた。勝野は12日まで行われた社会人日本選手権に出場していたこともあり、ドラフト指名された6人のうちで最後の指名あいさつになった。

勝野は同選手権で2試合に先発し、決勝ではリリーフ登板。チームを初優勝に導き、MVPにも輝いたばかりだ。優勝とタイトルを手土産にプロ入りするが「1人だけじゃなく家族がいる。自覚と責任を持ってやっていきたい」と意気込んだ。今年6月に結婚した妻の希さんからは「やりたいことをやって」とプロ入りを後押しされていた。

土岐市出身の勝野は、同じ岐阜県出身のドラフト1位の大阪桐蔭・根尾昂内野手も意識。「山の方(高山市)にすごいのいるって、僕が高校時代から聞いたことがありました。実際に会ったことはないですが、中学時代の動画とかは当時から見てました」と話す。根尾は二刀流と決別して遊撃1本でプロ入りするが、それでも「負けたくない」と言い切った。

前日14日にはナゴヤドームでの日米野球を観戦。中日から笠原とともに侍ジャパンに選出された佐藤の登板もチェックした。「こんなすごい投手もいるんだ。負けられんぞ、って思いました」。大リーガーを抑える先輩の姿からも刺激を受けていた。

「(先発でも中継ぎでも)どこでも投げたい」と、勝野は開幕1軍入りを目標に掲げる。米村スカウトも「先発、リリーフのどちらでもやれる。6人の中では一番の即戦力。与田監督の期待にどういう状況でも応えられる」と太鼓判を押す。

愛称は名字から1文字取っての「勝(カツ)」。「カツと試合をやると勝つね」とチームメートから言われる。与田竜に勝ち運をもたらす右腕が仲間入りする。



下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。3位指名・勝野君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 06:05|この記事のURL

ドラフト選手の家庭の事情、根尾昂(中日1位)

2018年11月14日

11/14、日刊ゲンダイ30面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2018中日ドラフト1位 根尾昂
大阪桐蔭高・遊撃手兼投手・動画

「文武両道」を体現する高校球児を輩出したのは、冬は雪深い岐阜県飛騨市。中日1位の大阪桐蔭・根尾昴(動画)は、周囲を山々に囲まれた河合町(旧河合村)で育った。

母の実喜子さんは自宅のすぐそばにある「国民健康保険飛騨市河合診療所」に勤務する。診療所は人口1000人に満たない河合町で唯一の医療機関だ。常勤医師は実喜子さんひとりで、日々、住民の診療や往診に追われている。

実喜子さんは兵庫県たつの市出身。地域医療に力を入れる自治医科大学で学び、同級生だった浩さんと結婚した。大学の卒業生には「9年間の地域病院や診療所での勤務」が義務付けられており、9年中最後の3年間を河合診療所で過ごし、そのまま現在に至る。

岐阜県白川村出身の浩さんもへき地医療に従事。「国民健康保険飛騨市宮川診療所」の院長を務めている。県立岐阜病院を経て、97年から現在の診療所に勤務。日刊ゲンダイが連絡した際は、インフルエンザ患者の診療で多忙を極めていた。

姉の春陽さんは富山大学医学部看護学科を卒業後、看護師に。兄の学さんは岐阜大医学部3回生。現在は医学部バスケットボール部に所属している。昂は学さんの影響で、保育園の頃はバスケットボール選手になるのが夢だったという。

学さんもかつては高校球児。岐阜県立斐太高校入学直後はバスケットボール部に所属していたが、1年の冬に野球部に移籍し、エースを任された3年夏は県大会準決勝で県岐阜商業に完投勝ち。相手ベンチには、15年ドラフト1位でソフトバンクに入団した高橋純平がいた。昂が古川中学時代に所属していた飛騨高山ボーイズの森本健吾監督はこう言う。

「お父さんはお忙しい中でかなりサポートしていただいて、試合ではほぼ毎回ベンチに入ってスコアを書いてもらっていました。スキーをやられていて、野球をやっていたというのは聞いたことがなかったんですが、スコアの書き方を覚えられていたと思います」。

父親の手を借りながら、昂は野球選手として成長していく。

「基本的に練習や試合は土日祝日。病院もお休みであることが多く、練習が終わってからもグラウンドでお父さんとピッチング練習をしているのを何度も見かけました。自宅でも夜遅くまでバットを振ったり走りこんだりしていたと聞いています。すでに腹筋は割れていましたね。中学では陸上部に所属していたから、トレーニングもしっかりしていた。地元では小学校の頃からすでに有名で、特に足と肩が光っていた。塁に出れば必ずといっていいほど盗塁を決める。守備ではショートを守っていたとき、レフトオーバーの打球をレフトの子を追い抜いて捕りに行っていました」(同)

昂は当初、スキー、陸上、野球と「三足のわらじ」を履いていた。インストラクター資格を持つ両親の影響で2歳からスキーを始め、2015年2月、中2のときにアルペンスキースラローム回転で全国中学校大会優勝。翌3月イタリアで行われたユース世界大会にも出場したが、大回転(GS)は44位、回転(SL)は途中棄権と惨敗に終わった。

日程の重なるボーイズリーグ春季全国大会支部予選に主将であるにもかかわらず出られなかったことで負い目を感じ、集中力を欠いたらしい。おまけに、飛騨高山ボーイズも初戦敗退。責任を感じた昂が「野球一本」を決意したのは、その頃だろう。

出場資格があった3月末のスキージュニア五輪を辞退。陸上はスキーよりも早く、中2の夏でやめていた。結果が主に個人に跳ね返ってくるスキーや陸上に対して、野球は完全なチームスポーツ。いなければチーム全体に迷惑がかかる。「三足のわらじ」に限界を感じたに違いない。

父親は大阪桐蔭の寮へ毎月書籍を送っていた。昂はそれを読破するだけではなく、学校の成績も良かった。「高校生なんだから勉強するのは当然」とも話している。しかし、ただの「ガリ勉」ではない。昂の母校、古川中学校で3年時に担任だった橋本浩典教諭はこう言う。

「意外と言ったらアレなんですが、普通なんです。クラス内では友達に冗談を言う、よく笑う生徒でした。その一方で、授業の合間の10分休みでも参考書を開いたり、本を読んでいたりしていた。そこで友達から声をかけられたら、自然と輪の中に交じることができる子でした。3年生のときは前期は生徒会長、後期は学級長を務めていて、そういう立場の責任感もあってか、授業でも率先して挙手をするし、周りにも『みんな挙手して』と言っていましたね」

橋本教諭の専門は美術。絵の出来以上に驚かされたのが、絵を描く過程だった。

「絵は上手でしたね。器用で、誰よりも早く最初に仕上げていたと思います。先にビジョンを描いて取り組んでいたので、迷いがない。当時はすでにプロ野球選手になりたいという夢が固まっていたので、その大きな目標に向かってどうすべきか、というのを組み立てられていたんだと思います」

勉強も出来るうえにスポーツ万能で人気もある・・・そんな昂にも意外な弱点があった。

「当時から身長(が低いこと)を気にしていましたね。常に姿勢が良く、授業中は猫背になる子が多い中、彼はいつも背筋をピンと伸ばしていたので、そこまで気にはなりませんでしたが。当校の給食は取り分けるタイプだったので、休みの生徒さんがいれば余ることもあります。牛乳が余ったとき、根尾くんは積極的にジャンケンに参加していました。ただ、あまりジャンケンが強くなかった(笑い)」

運も実力のうち、という。プロで使う「運」を取っておいたとすれば、根尾の描いた未来は明るいか。



下は2018ドラフトで中日が指名した選手です。1位・根尾君のスカウト評はこちら

中日の2018ドラフト指名選手
1位 根尾 昂 大阪桐蔭高 内野手
2位梅津 晃大東洋大 投手
3位勝野 昌慶 三菱重工名古屋 投手
4位石橋 康太 関東第一高 捕手
5位垣越 建伸 山梨学院高 投手
6位滝野 要 大阪商大 外野手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索