ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
中日

近藤弘基(中日戦力外)、2軍サブマネジャーに転身

2019年12月14日

12/14、日刊スポーツ4面「さよならプロ野球」より

2014中日(育成)ドラフト4位 近藤弘基
名城大・外野手

中日に球界では異例の親子スタッフが誕生する。今季限りで戦力外通告を受け、現役を引退した近藤弘基外野手2014育成4位)は来季から2軍サブマネジャーに就任する予定だ。父はスカウトを務める真市氏だ。

近藤は享栄高から名城大を経て14年育成ドラフト4位で中日に入団。16年に支配下登録を勝ち取り、同年2本塁打を放ち、存在感を見せた。しかし、16年の21試合出場を最多に、今季は1軍に上がることなくシーズンを終えた。トライアウトに参加したが、獲得球団はなく、グラウンドを去った。

「子ともにユニホーム姿を見せたかったけど、これからも妻と子どもを支えていきたい」。中日からマネジャー職の打診を受け、気持ちを切り替えた。

父・真市氏も86年ドラフト1位で中日に入団。翌年にプロ野球史上初のデビュー戦ノーヒットノーランを達成した。しかし、肩、肘の故障から8年目の94年に現役引退。その後は打撃投手、スカウト、投手コーチを歴任し、今季からスカウトに返り咲いた。

裏方に回る息子へ、「何でも経験。後輩たちには時には厳しく、時には優しく接していって欲しい」とエールを送る。

近藤は新たな仕事への決意を語る。「選手時代にも素晴らしい環境をつくってくれたのは、球団スタッフのおかげ。これからは恩返しの意味でも、やるからにはきっちり仕事をしていきたい」。26歳の若さでユニホームを脱いだ。くしくも父・真市氏がユニホームを脱いだ年齢と同じだ。環境は違うが、来季から親子で竜を支える。



下は2014育成ドラフトで中日が指名した選手です。4位指名・近藤弘基のプロでの成績はこちら

中日の2014育成ドラフト指名選手
育1 佐藤 雄偉知 東海大相模高 投手
育2 石垣 幸大 いなべ総合高 投手
育3 藤吉 優 秀岳館高 捕手
育4 近藤 弘基 名城大 外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 11:30|この記事のURL

松坂大輔(中日自由契約)、西武と契約合意

2019年12月04日

12/4、サンケイスポーツ4面より

1998西武ドラフト1位 松坂大輔
横浜高・投手・18歳

西武は3日、今季限りで中日を退団した松坂大輔投手(1998西武1位)と契約に合意したと発表した。1999年にプロデビューを飾った古巣への復帰は14年ぶり。年俸3000万円プラス出来高払いの1年契約で、背番号は16に決まった。

年俸8000万円からの大幅減俸を飲んだ“平成の怪物”が、慣れ親しんだ埼玉・所沢のマウンドで復活を期す。入団記者会見は11日に行われる。

師走の日本列島に“怪物帰還”のニュースが駆け巡った。10月4日に中日退団が決まってから60日。ついに松坂の14年ぶりとなる古巣復帰が正式に発表され、西武・渡辺GMは「まだ現役でやりたい、うちとしても先発が必要ということで獲得に乗り出した。1軍の舞台で活躍してほしい」と晴れやかな表情を浮かべた。

米国滞在中の右腕は、球団を通じて「プロ野球選手としてのスタートであり、育ててもらった所沢、そしてライオンズファンの皆さんの前で、再び野球ができることをとても楽しみにしています」とコメント。さらに「リーグ3連覇、日本一を目指すチームの力になれるよう努力していきたい」と力強く誓った。

かつての常時150キロを超える“剛腕”のイメージは既にないが、酸いも甘いもかみ分けた経験が武器だ。日米通算22年目のマウンドに向かう男に、渡辺GMは「若い頃とピッチングスタイルは変わっているけど、ボールを動かしながら打ち取るゴロピッチャー。パ・リーグにはあまりいないし、体が元気なら戦力になってくれる」と期待。

「相当の思いで来ると思う。まずは現役を全うしてほしい。引退を考えず、いけるところまでいってほしい」と続けた。

所沢では早くも歓迎ムードが広がった。辻監督は「集大成だと思って頑張ってくれるだろう」。現役時代に一緒にプレーした松井2軍監督は「とんでもないルーキーが入ってきたと感じた。また同じユニホームでやれることを楽しみにしている」と、1999年に松坂が西武に入団してきた時のことを思い返した。

入団記者会見は11日の予定。涌井(ロッテ)、菊池(マリナーズ)らが背負った16のユニホームを身にまとい“怪物”が再び復活の一歩を踏み出す。



下は1998ドラフトで西武が指名した選手です。1位・松坂大輔のプロでの成績はこちら

西武の1998ドラフト指名選手
1位 松坂 大輔 横浜高 投手
2位赤田 将吾日南学園高内野手
3位星野 智樹プリンスホテル投手
4位柴田 博之東北福祉大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

武山真吾(中日戦力外)、2軍コーチで再出発

2019年12月03日

12/3、スポーツニッポン4面「ユニホームを脱いだ男たち」より

2002横浜ドラフト10巡目 武山真吾
享栄高・捕手

地元で現役を終えたい。14年に移籍してきた時から武山(2002横浜10巡目)の心は決まっていた。「ドラゴンズのユニホームを着て野球をやるのが昔からの夢だった。だから名古屋で終わろうと思っていた」

名古屋市緑区出身。幼少期から身近な野球チームは中日ドラゴンズだった。同じ捕手の中村武志氏をはじめ、立浪和義氏、今中慎二氏・・・。憧れの選手はたくさんいた。「99年のリーグ優勝は凄く覚えている」。武山少年はドラゴンズブルーのユニホームに袖を通す日を夢見て、練習に励んだ。

享栄から02年ドラフト10巡目で横浜入団。西武を経て14年5月に中日へトレードが決まった際には「夢がかなった」と心を躍らせた。18年からは中村氏がつけていた背番号「39」に変更。正捕手にこそなれなかったが、豊富な経験を武器に投手陣を引っ張った。

通算本塁打は5本ながら、広島・前田(現ドジャース)や阪神・能見ら一線級の投手に手痛い一発を浴びせた。だが、捕手らしく「自分が打った試合より、投手が活躍した試合の方が印象に残っている」と振り返る。

特に思い出深いのは、昨年7月28日の巨人戦。小笠原とバッテリーを組み、プロ初完封を好リードでアシストした。「(小笠原)慎之介の完封は覚えているよね」。20歳の左腕が菅野に投げ勝った試合を自分のことのように喜んだ。

今季は強肩捕手・加藤の台頭もあり出番が減少し、オフに戦力外通告を受けた。その後、球団からコーチ就任の打診があり「ありがたい話。未練なくやめられる」と現役にピリオドを打つ覚悟を決めた。

来季も2軍バッテリーコーチとして中日のユニホームを身にまとう。選手ではなく、今度は指導者と立場は変わる。「相談に来る選手は答えをすぐに欲しい場合もある。すぐに答えられるコーチになりたい」。次代の正捕手育成が、憧れだったドラゴンズへの恩返しと信じ、第二の野球人生を歩む。



下は2002ドラフトで横浜が指名した選手です。武山真吾は10巡目で指名され入団。プロでの成績はこちら

横浜の2002ドラフト指名選手
自由枠 村田 修一 日本大 内野手
自由枠土居 龍太郎法政大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目加藤 武治三菱ふそう川崎投手
5巡目吉村 裕基東福岡高内野手
6巡目北川 利之川崎製鉄水島内野手
7巡目飯田 龍一郎兵庫育英高投手
8巡目河野 友軌法政大外野手
9巡目堤内 健日本大投手
10巡目武山 真吾享栄高捕手
11巡目木村 昇吾愛知学院大内野手
プロ入り後の成績 


draftkaigi at 11:25|この記事のURL

佐藤輝明(近畿大)に9球団、中日・ヤクルト高評価

2019年12月01日

12/1、スポーツニッポン8面より

佐藤 輝明 (近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

侍ジャパン大学代表候補選考合宿が11月30日、愛媛県松山市内でスタートし、初日は42選手が参加。来秋ドラフト上位候補、近畿大・佐藤輝明内野手(動画)が存在感を示した。

第1打席は明大・竹田の前に中飛で、第2打席は法大・鈴木に空振り三振。「それぞれに役割があるし、長打を打てる選手も必要」と身上のフルスイングを徹底し、代表入りを全力でアピールした。

スタンドでは9球団のスカウトが視察。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「スラッガーとしては力が抜けている」と話し、中日・山本アマスカウトチーフ補佐は「大砲はどこも必要」と認めた。

本職が三塁のためヤクルトは村上、中日は今秋ドラフト1位の石川と守備位置が重なるが、チーム事情を差し引いても佐藤の群を抜くパワーは魅力がある。



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:10|この記事のURL

中日2位・橋本侑樹、スカウト「外れ1位の噂あった」

2019年11月28日

11/28、中日スポーツ1面より

2019中日ドラフト2位 橋本侑樹
大阪商業大・投手・動画

中日からドラフト2位で指名された大商大・橋本侑樹投手(動画)が27日、兵庫県芦屋市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金8000万円、年俸1200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。球団は先発として期待しており、橋本も開幕ローテを目指すことを宣言。さらには世代ナンバーワンを狙う。

中日はこれでドラフト指名選手7人(育成1人含む)全員の入団が決まった。

プロの世界への扉が完全に開いた。入団交渉を終え、橋本は「しっかり体づくりをしていって、最初からしっかりアピールできるように頑張りたい」と胸躍らせた。即戦力左腕。当然、自身も1年目から1軍の舞台で戦う気満々だ。

松永編成部長が「外れ1位で取られてもおかしくなかった。そういううわさもあった」と言うほどの逸材。大商大では先発だけでなく、中継ぎ、抑えもこなした。連投もお構いなし。ただ、球団が描く主戦場は、現時点では先発だった。

完投能力、夏場でも問題なく投げられる体力をすでに兼ね備えているということが、先発で推す理由だ。同じ左腕で、橋本が尊敬する大野雄が今季177イニング2/3を投げた。松永部長は「先発して完投できる。大野のように、チームの中心になってほしい。開幕ローテを狙ってほしい」と期待を寄せる。

橋本はどこでもフル回転する覚悟だ。「毎日投げても、次の日に球威が落ちない」とタフネスに自信を見せ、「先発なら開幕ローテを目指していきたいです」と言葉に力を込めた。中日でルーキーの開幕ローテ入りは、2005年に北九州市大から入団した中田賢一(現阪神)を最後にないが、本気で見据える。

目指すは世代ナンバーワンだ。大垣日大高時代、雲の上の存在がいた。同じ岐阜県で名をはせた高橋純平だ。県岐阜商3年時のドラフトでは中日を含む3球団が1位競合。入団したソフトバンクで今季、その能力を開花させた。「高卒でプロに行って、取り残された感じがしていた。絶対に追いつくぞと思ってやっていた。今度は交流戦でやりたい」と意気込む。



橋本君のスカウト評はこちら

橋本君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:50|この記事のURL


ドラフトニュース検索