ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
中日

西純矢(創志学園)、広島・中日など「来年1位候補」

2018年08月10日

8/10、デイリースポーツ終面より

西 純矢 (創志学園高・投手)
183cm・右投右打・動画

最速150キロを誇る創志学園エース・西純矢投手(動画)が、16奪三振の快投を披露した。2年生ながらU-18日本代表の1次候補にも選ばれている右腕は、自慢の快速球と3種類のスライダーなどを武器に4安打、しかも無四球で創成館打線を完封。鮮烈な投球でチームに夏の甲子園初勝利をもたらし、西日本豪雨で甚大な被害を受けた地元・岡山を喜ばせた。

西の衝撃的な甲子園デビューをスカウト陣が称賛し、早くも来秋ドラフト1位候補との声まで挙がった。

広島・苑田スカウト統括部長は「(今大会で)今日まで見た投手の中で一番いい。速さ、キレ、コントロール、力強さ、度胸。何を取っても素晴らしい。センスも感じる。来年の1位候補になる」と絶賛した。

中日・中田アマスカウトディレクターも「角度とキレがいい。特に(右打者は)アウトローへの球のキレには手も足も出ない。来年の目玉になる」と高い素質を感じ取った。

阪神・山本スカウトが「腕が振れるし、スライダーのキレがいい。このまま順調に育てば、来年は上位で消えるでしょう」と話せば、オリックス・柳川スカウトも「県大会と比べると抜群にいい。2年生でこの投球ができれば来年が楽しみ。3年生の中に入っても遜色ない」とさらなる成長を期待した。


(8月9日 夏の甲子園1回戦 創志学園 7-0 創成館)



西君のスカウト評はこちら

西君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:23|この記事のURL

吉田輝星(金足農)、中日・広島が評価も大学進学か

2018年08月09日

8/9、西日本スポーツ19面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

評判通りの快投だ。金足農のエース右腕・吉田(動画)が、自慢のストレートを軸に甲子園デビューを14奪三振で飾った。自己最速の150キロに迫る148キロをマークして1失点完投。ベスト8だった1995年以来23年ぶりとなる甲子園勝利をもたらし「先輩たちがつくりあげた歴史の中に名前を刻めてよかった」と笑顔を見せた。

いきなりのピンチは1回だった。四球を足がかりに2死二塁で4番の西を迎えたところで、ギアチェンジ。オール直球で勝負し、フルカウントから最後は144キロで空振り三振だ。「一番いいバッターだと思ったので、ストレートを見せつけておこうと思った」

直球は3段階でギアチェンジする。ランナーがいないときは140キロ前後で、走者を出すと1段上げて140キロ台中盤、得点圏に走者を背負って1点もやれなくなると、さらに1段上げて最速150キロの剛腕がうなる。この日は2回を除いて得点圏に走者を背負うたびに、ギアを変えた。低めのツーシームなどを見極められると、カーブと直球を軸に変えて、終盤はスライダーも織り交ぜた。

大学進学が濃厚だが、中日の中田アマスカウトディレクターは「ランナーを出してからしっかり抑えるピッチングができる。今年の高校生では完成度が高い」と強調。広島の苑田スカウト統括部長は「今日は高めの球が多かったが、いい投げ方をしている。バランスがいい」と評価した。

(8月8日 夏の甲子園1回戦 金足農 5-1 鹿児島実)



大学進学濃厚とありますが本当???。個人的には、他紙は書いてないのでまだ分からないと思っていますがはたして・・・。

吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 09:24|この記事のURL

北村恵吾(近江)1試合2本塁打、中日スカウト絶賛

2018年08月08日

8/8、中日スポーツ7面より

北村 恵吾 (近江高・三塁手)
183cm・右投右打・動画

近江の主砲が甲子園に2本のアーチを架けた。プロ注目の4番・北村恵吾三塁手(動画)が同点&ダメ押し弾。今春センバツ準優勝で、今大会も優勝候補の一角だった智弁和歌山を打ち破った。

「ビックリした。これまで打った本塁打で一番気持ちが良かった」。1試合2発は、6月の遊学館との練習試合以来2度目。滋賀大会は打率5割を超えたが、本塁打はなかった。「奇跡に近い」と高校通算43、44本目の2ラン2本を興奮気味に振り返った。

1年夏から甲子園で4番を打った経験が、最後の夏に生きた。1回の第1打席は相手先発・平田の直球に押され、見逃し三振。その反省から、2打席目からバットを指一本分短く持ち、打席で立つ位置もやや後方に変えた。

2点を追う4回は1死二塁で初球ストレートを迷わず振り抜き、左翼に同点弾。リードを2点に広げた8回は2死一塁から、スライダーを再び左翼席に放り込んだ。「2本目は打った瞬間に、入ったと思った。経験させてもらっているので、緊張せずに入れた」と北村。

中日・中田スカウトディレクターは「もともと評価している選手。パワーはあるし、確率も高い。バットの出がシャープ」とうなった。岐阜・大垣北中時代は西濃ボーイズに所属し、岐阜県選抜チームで大阪桐蔭・根尾とチームメートだった。「尊敬している。上過ぎて、ライバルとは思っていない」と話すが、根尾より先に甲子園で本塁打を放った。

(8月7日 夏の甲子園1回戦 近江 7-3 智弁和歌山)



北村君のスカウト評はこちら

北村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:24|この記事のURL

垣越建伸(山梨学院)、中日「145、6キロ出る」

2018年08月07日

8/7、中日スポーツ7面より

垣越 建伸 (山梨学院高・投手)
183cm・左投左打・動画

山梨学院のプロ注目左腕・垣越建伸投手(動画)は、6回途中10失点で降板した。打線が5回に8点を奪って逆転してくれたが、最速146キロを誇る直球が走らず、踏ん張り切れなかった。「スピードが出ず、相手が打ちやすい球を投げてしまった。みんなに迷惑をかけた」とうなだれた。

183センチ、93キロの大型左腕は岐阜県高山市出身。中学時代は飛騨高山ボーイズで、大阪桐蔭・根尾と同僚だった。この日は山梨学院の試合の次が大阪桐蔭の試合。5日の開会式で会った際は「お互い頑張ろう」と声をかけあったという。

「まだまだ、根尾と対戦できるレベルではない」と垣越。室内練習場のモニター画面などで見ていたという根尾は「かなり気になっていた。気付いたら、交代していた」と残念そうに話した。

中日・中田スカウトディレクターは「きょうは良くなかったが、ゆったりしたフォームから145、6キロが出る。肘の使い方などは悪くない」と評価した。垣越も「高校3年間で目指していた。そこ(プロ)に行けるようにレベルアップしたいです」。プロ志望届は提出する方向で検討する。

(8月6日 夏の甲子園1回戦 高知商 14-12 山梨学院)



垣越君のスカウト評はこちら

垣越君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 11:42|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)、中日「ウチに必要な選手」

8/7、中日スポーツ7面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭の5番・根尾昂遊撃手(動画)が、作新学院との初戦は野手で輝いた。2回の先頭で左翼線へ三塁打で出塁し、7番・山田の犠飛で先制のホームイン。8回の第4打席は打球が左中間に落ちると、50メートル6秒1の俊足で全力疾走。一気に二塁を陥れた。

「2回は前の回が4番で終わったので、チャンスメークしようと・・・。走塁はいつも通り。チームで徹底している」。史上初2度目の春夏連覇が懸かる最後の夏。初戦は長打2本でスタートした。

バットと足以上に甲子園を沸かせたのが、遊撃の守備だ。7回、2死走者なしで6番・石井の中前に抜けそうな打球に追いつき、体をくるっと一回転。体勢を崩しながらも、一塁にストライク送球した。「いつも通り。捕れるところに来て、さばけたという感じ」と涼しい顔で振り返ったが、エース・柿木の投球に打者が押されていると見るや、守備位置を二塁ベース寄りに移していた。

根尾を有力な1位候補に挙げる中日の中田スカウトディレクターは「遊撃、中堅の大事なセンターラインを任せられる。ウチに必要な選手という印象」と絶賛。米村チーフスカウトも「7回の守備は春までなら考えられなかった。打つだけでなく、守備までできるのだから、いい評価になる」と、改めて二重丸をつけた。

(8月6日 夏の甲子園1回戦 大阪桐蔭 3-1 作新学院)



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 10:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索