ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
中日

中日がスカウト会議、主に高校生について話し合い

2017年06月10日

6/10、中日スポーツ2面より
中日は9日、東京都内でスカウト会議を開いた。中田宗男スカウト部長と各地区の担当スカウト、松永幸男編成部長が出席し、主に高校生について話し合った。リストアップした約80人の高校生のうち、40人ほどを重点チェック対象に挙げた。

早実・清宮(動画)ら高校生の最上位ランクには3、4人が挙がった。清宮は有力な1位候補と見られるが、中田部長は「清宮の話は特にしていない。夏の地方大会で見る選手を絞り込んだ」と説明。

大学、社会人を含めた候補は200人ほどで、各選手の現状や進路の決定状況なども報告された。社会人は7月の都市対抗、大学は秋季リーグ戦をチェックしてさらに絞り込みを進める。



清宮君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:33|この記事のURL

浜口雄大(岐阜経大)、中日が大絶賛もプロ拒否か?

2017年06月09日

6/9、中日スポーツ9面より

浜口 雄大 (岐阜経済大・投手)
176cm・右投左打・動画

存在感は見せた。岐阜経大の152キロ右腕、浜口雄大投手が1―4の5回から登板。自身初となる全国大会のマウンドで2イニングを1安打、2奪三振、無失点。球場の球速表示で140キロ台後半を連発すると、ソフトバンクのスピードガンでは自己最速に迫る151キロを計測した。

「いつもと違う苦しい場面で1点もやらないつもりだった。勝ちたかったけど、自分の投球には満足しています」

5月末の東海地区春季選手権で152キロをマークした。神宮出場が懸かった同選手権は緊張でガチガチだったというが、「全国は楽しんでやろうと決めていた。テレビで見ていたマウンドで気持ち良く投げられた」と納得の表情を見せた。

中日・中田スカウト部長は「腕の振りなどを見ても素材は素晴らしい。強烈なボールを投げる投手になる可能性がある。プロ志望なら、間違いなくドラフト指名される」と絶賛した。

176センチ、74キロの21歳は「社会人で野球を続けたい。プロ志望届は出さないつもり」と話す。すでに社会人入りが内定しているが、神宮の好投でプロ側の注目度はさらに上がったと言えそうだ。

(6月8日 全日本大学選手権 東海大北海道 4―2 岐阜経大)



浜口君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

社会人内定から一転、ドラフト直前になり志望届を出すケースもあります。則本君(楽天)がそうですね。今秋ドラフト有力候補の東君(立命館大)も社会人入りを希望していますが、最近、「プロ志望届を出すかもしれない」とコメント。こちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

宮川哲(上武大)、中日「先発でも抑えでもいける」

2017年06月07日

6/7、サンケイスポーツ6面より

宮川 哲 (上武大・投手)
178cm・右投右打・動画

プロ注目の最速149キロ右腕、宮川哲(動画)は7回8安打、2失点。この日の最速は147キロながらチェンジアップを効果的に使った。延長十回、タイブレークの末の8強入りに「完封するつもりだったけどバテた。次は頑張りたい」

プロ12全球団の関係者が視察し、中日・中田スカウト部長は「変化球も多彩で、先発でも抑えでもいけるタイプ」と評価した。

(6月6日 全日本大学選手権 上武大 5―4 福井工大)




宮川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

近藤弘樹(岡山商大)、中日が高評価「上位候補だね」

2017年06月06日

6/6、日刊スポーツ6面より

近藤 弘樹 (岡山商科大・投手)
187cm・右投右打・動画

岡山の剛腕が、完投勝利で全国デビューした。2点リードの9回。1死三塁のピンチにも表情は変わらない。変化球で空振り三振、最後の打者を149キロの直球で見逃し三振。2者連続三振で切り抜けると雄叫びを上げ、186センチの体を折り曲げ、派手なガッツポーズを決めた。

「三振を狙うより腕をしっかり振ろうと思っていました」と人生初の全国舞台も冷静に振り返った。

どっしりとした体格に、丸太のような太もも。太い右腕から投げる自己最速152キロの直球は、迫力がある。この日は3回に150キロを記録し、プロスカウトのスピードガンでは最速152キロを計測。「球は良くなかった。真っすぐも、変化球も」と本調子ではない中で、9回8安打、2失点と近大打線を押し込んだ。

全国区では無名の大学からドラフト候補に躍り出た。中国六大学リーグでは今季7勝。参考記録ながら7回完全試合も達成して神宮に乗り込んだ。この日はメジャー2球団を含む14球団約100人のスカウトが集結。中日・中田スカウト部長は「下半身が使えたらまだまだ速くなる。上位(候補)だね」と評価した。

近藤は「自分だけじゃなくチームが勝てるように頑張りたい」。勝ち続けることが、何よりのアピールになる。

(6月5日 全日本大学選手権1回戦 岡山商科大 4―2 近畿大)



近藤君のスカウト評はこちら

下は当サイトが選んだ2017ドラフト上位候補(2位以内)です。

高校生
古屋敷匠真(八戸工大一・投) スカウト評
本田仁海(星槎国際湘南・投) スカウト評
村上宗隆(九州学院・捕) スカウト評
清宮幸太郎(早稲田実・一) スカウト評
安田尚憲(履正社・三) スカウト評
増田珠(横浜・外) スカウト評
大学生
馬場皐輔(仙台大・投) スカウト評
宮台康平(東京大・投) スカウト評
高橋遥人(亜細亜大・投) スカウト評
鍬原拓也(中央大・投) スカウト評
東克樹(立命館大・投)
スカウト評
近藤弘樹(岡山商科大・投) スカウト評
草場亮太(九州産業大・投) スカウト評
山崎剛(国学院大・二) スカウト評
島田海吏(上武大・外) スカウト評
岩見雅紀(慶応大・外) スカウト評
社会人
鈴木康平(日立製作所・投) スカウト評
西村天裕(NTT東日本・投) スカウト評
石田光宏(東京ガス・投) スカウト評
田嶋大樹(JR東日本・投) スカウト評
鈴木博志(ヤマハ・投) スカウト評


draftkaigi at 07:31|この記事のURL

中日、「清宮を取らないといけない」 スカウト部長明言

2017年06月05日

6/5、中日スポーツ8面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

中日は改めて清宮(動画)を今秋ドラフト1位指名の最有力候補に挙げた。100号達成を受け、中田宗男スカウト部長は「将来を考えれば高校生のスターを取らないといけない。清宮は毎年出る選手ではない。他の候補とは比べようがない」と絶賛。現時点で清宮は卒業後の進路を明言していないが、プロ志望となれば競合覚悟で勝負する可能性が高い。

中田部長は5月の熊本遠征と関東大会で清宮をチェックしたため、3、4日は高校野球の北信越大会を視察した。3日の本塁打はテレビで見たといい、「内角はさばけるし、外も泳がない。中京大中京戦の最初のホームランは苦し紛れだったが、下半身が残っているから角度が良ければ飛ぶ。引っ張った時の打球は別格。パワーも余力を残しているから確率が高い」と評価。

守備位置が外国人と重なりがちな一塁手である点を指摘する声もあるが、「そういうレベルで語る選手ではない」と不問に付した。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:29|この記事のURL

ドラフトニュース検索