ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

中日

中日ドラ1・柳裕也、2軍で3回無失点デビュー

2017年04月23日

4/23、中日スポーツ2面「ファーム竜情報」より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

中日のドラフト1位ルーキー・柳裕也投手(動画)が22日、ウエスタン・リーグの広島戦でプロ入り初登板した。先発で3イニング、34球を投げて3安打、無失点と上々のデビュー。試合は二転三転する展開で、7回に育成・岩崎が逆転2点右中間二塁打を放ち、5―3で勝った。

23歳の誕生日と重なった柳のプロ初登板。先発で予定の3イニングを無失点に抑え、ほっとした表情を浮かべていた。「誕生日に投げるのは大学(明大)の時もなかった。とりあえずは点を取られなくて良かった」

3月初旬に右肘の炎症を訴え、やっと巡ってきた公式戦初マウンド。1回、2死から連打で一、二塁のピンチを背負ったが、1軍でも実績のある岩本を二ゴロに仕留めた。「肘は何の不安もなく投げられたけど」と言いながらも「けがをして初めてなので、入れ込まないようにテンポよく投げることに心掛けて投げました。点数としては70点かな」と投球を振り返った。

大学時代は150キロ近いスピードをマークしていた直球は、この日は138キロ止まり。しかし、プロに入ってからマスターした新球ツーシームも要所で使い、縦のカーブも効果的に決まった。2回1死一塁、磯村の打席で一塁走者のバティスタをけん制で刺し、投球以外の得意技も早速披露してみせた。

許した3本の安打については「みんな甘い球ばかりだったですね。真っすぐも変化球もまだまだだし、まずはストレートをしっかり投げられるように取り組んでいかないと」と課題を挙げた。

だが高山2軍投手コーチは「投げられただけいい。肘の状態が2、3日様子を見てからになるけど、これから真っすぐがきっちり投げられるようにしていくことだね」と見通しを口にした。

1軍の試合はテレビで観戦しているという。「京田が頑張っているしね」とドラフト同期入団選手の活躍をちょっぴりうらやましがりながらも、柳にはこの誕生日登板がいい出発点になったに違いない。

(4月22日 ウエスタン・リーグ 中日 5―3 広島)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 08:10|この記事のURL

増田珠(横浜)に4球団視察、中日「良い打者」

4/23、スポニチwebsiteより (source)

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の横浜4番・増田(動画)が桐蔭学園との4回戦で3回に勝ち越し2ランを放ち、8強進出に導いた。内角高めの直球を引っ張って左翼席に運ぶ高校通算23号。「軸回転でうまく打てた」と喜んだ。2安打3四球で全打席で出塁。

7回には、一塁走者として捕邪飛で二塁に進塁する積極的な走塁も見せた。4球団のプロのスカウトが視察し、中日の佐藤充スカウトは「内角高めをホームランにできるのは良い打者の証拠」と絶賛した。

(4月22日 神奈川大会4回戦   横浜 7―3 桐蔭学園)




増田君のバッティング動画はこちら

増田君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

中日ドラ6・丸山泰資、2軍戦でまずまずの投球披露

2017年04月22日

4/22、中日スポーツ2面「ファーム竜情報」より

2016中日ドラフト6位 丸山泰資
東海大・投手・動画

中日のドラフト6位ルーキー・丸山泰資投手(動画)が21日、ウエスタン・リーグの広島戦で、プロ2度目の登板。6回から2イニングを投げ、守備の乱れでプロ初失点したが、連打を許さず、まずまずの投球を見せた。試合は先発・八木の立ち上がりが悪く、1―4で敗れた。

19日のソフトバンク戦以来、プロ2度目の登板。東邦高―東海大と野球のエリートコースを歩んできた丸山は落ち着き払っていた。得意とするスライダーで打ち取り、最速147キロの直球もさえた。7回1死二塁から遊撃野選と犠飛で1点を失ったものの、2安打だけに抑えた。

「この前は少し緊張したけど、きょうは今までやってきたことが出せたと思います」と笑みを浮かべた。高山2軍投手コーチも「腕も横振りから縦振りになってきたし、これからイニングを増やしていくと、楽しみだね」と評価した。

前回対戦したソフトバンクの首脳陣の間では「あのスライダーは絶品だね。なんでこんなピッチャーをこれまで投げさせなかったの?」とすごさにビックリしていたという。「そう言ってもらえるのはうれしいですが、まだ肝心なところでボールが高めに浮いたり、勉強することがいっぱいです」と丸山は浮かれることはなく、前を向いた。

(4月21日 ウエスタン・リーグ 広島 4―1 中日)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。丸山泰資は6位指名入団。スカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手
2位 京田 陽太 日本大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手
育1 木下 雄介 四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 08:17|この記事のURL

中日ドラ2・京田陽太、最下位脱出に貢献の殊勲打

2017年04月21日

4/21、スポーツ報知2面より

2016中日ドラフト2位 京田陽太
日本大・遊撃手・動画

無我夢中だった。同点に追いついた直後の7回2死満塁。京田(動画)は、桑原の真ん中高めの直球をたたいた。打球は一、二塁間を抜ける勝ち越しの2点打。「本当に、飛んでくれたところが良かった。運というかラッキーというか」。会心ではなかったが、試合を決める一打に表情を崩した。

23回目の誕生日を迎えた日にヒーローとなった。「今年は忘れられない誕生日になりましたね」と笑った。チームが本拠地で4勝したうち、京田は3度もお立ち台に上がった。今やラッキーボーイだ。

阪神・北條は高校時代から意識する存在だ。京田は青森山田で、北條は同じ青森の光星学院でともに遊撃手。甲子園のスターで、先にプロ入りした北條に対して京田は甲子園出場なし。日大で力をつけ、昨年のドラフト2位でプロ入りした。

「自分が一方的に意識してますけど・・・。向こうは守っていてもオーラがありますし、自分も追いつきたい」とライバル心を燃やした。

開幕から苦戦続きだった竜が今季初の連勝、初の同一カード勝ち越し。昨年は19年ぶりの最下位に沈み、今季も開幕から最下位だったが、ようやく5位に浮上した。「(京田は)持ってるのか持ってないのか分かりませんけどね。(チームは)一時期とは違うかも」と森監督。

開幕から先発投手に勝ち星なしは17試合に伸び、1959年の近鉄に並んだ。だが、それを忘れさせてくれる快勝だった。

(4月20日 セ・リーグ 中日 5―2 阪神)




下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。2位・京田君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大 投手
2位京田 陽太日本大 内野手
3位石垣 雅海酒田南高 内野手
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大 投手
5位藤嶋 健人東邦高 投手
6位丸山 泰資東海大 投手
育1木下 雄介四国IL・徳島 投手


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

宮原大樹(宇治山田商)、中日・ソフトB「化けるかも」

2017年04月20日

4/20、中日スポーツ9面より

宮原 大樹 (宇治山田商高・投手)
186cm・右投右打・動画

宇治山田商(三重)に今秋ドラフト候補の大型投手がいる。最速143キロを誇る宮原大樹だ。187センチの長身から投げ下ろすストレートが魅力の右腕。春季県大会は初戦で敗れたものの、将来性豊かな原石にプロのスカウトが目を付けている。

宮原の潜在能力は東海地区でも屈指だろう。小柄な投手が多い今年の高校生ドラフト候補の中で、187センチ、82キロの体格は目を引く。直球は最速143キロ。球速はまだ物足りないが、伸びしろを多く残している点も魅力だ。宮原も「プロに行きたい」と話している。

15日の春季県大会1回戦・四日市工戦。戦力底上げを図るチームの狙いから、宮原は2点を追う6回から3番手で登板した。「直球が走っていなかった」というこの日は変化球を織り交ぜ、4イニング1安打、1失点。失点は8回2死三塁からボークで許したもので、3者連続を含む7奪三振と能力の高さを示した。

昨年夏前に右肩を痛めた影響で、新チームとなった昨秋は本調子ではなかった。冬の間に下半身強化と体重アップに力を入れ、体重は1年間で11キロも増えた。「以前は力んで球が走らないという負のループになっていた。今は腕を軽く振っても球がいく。投球が楽しくなってきた」。夏に向けて手応えはあるようだ。

四日市工戦を視察した中日・中田スカウト部長は「大化けする可能性を秘めている。あとはバランス。全力で投げた時の精度をどれだけ上げられるか。ただ、片りんは見せてくれた」と評価。ソフトバンク・山崎スカウトも「いつもより決まった球が多かった。もう少しスピードが欲しいが、三振も取っていたし、切れのいい球は随所に見られた。夏まで成長を見ていきたい」と話す。

「大事なのは夏。もう負けたくない。甲子園で勝ちたいので」と宮原。春の悔しさを力に変えて、最後の夏に飛躍するつもりだ。




宮原君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブにアップお願いします。

宮原君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:55|この記事のURL

ドラフトニュース検索