ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

中日

中日の来秋ドラ1は清宮幸太郎(早実)、「競合しても」

2016年12月31日

12/31、中日スポーツ1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

恋人が清宮なら、来年のことを話しても鬼は笑わない。来秋ドラフト戦略の骨格である、1位候補の最上位が固まった。ターゲットは高校球界ナンバーワンスラッガー。早実・清宮(動画)に競合覚悟で挑む。

「ナゴヤドームで30発打てる素材だと思います。バッティングを見た印象では、(日本ハム)中田以来の衝撃を受けた。指名すれば競合になるでしょうけど、それでも指名したくなる選手。何より、ファンがナゴヤドームに行きたくなる選手だと思っています」。中田スカウト部長は、こう力説した。

甲子園を湧かせたプレーヤーとの比較はどうか。「清原、松井とはタイプが違う。三者三様やね。清宮はストライクを確実にとらえる能力が高い」という。

清原はパワーと技術を兼ね備えていた。松井は圧倒的なパワーの持ち主。身長184センチ、体重100キロの清宮は「パワーはもちろん、どっしりとした下半身があって、選球眼がいい。ボール球を振らない。空振りが少ないね」と評価。好球必打。目を見張る技術があるという。

中田との比較では「スイングの柔らかさは清宮の方が上やろうね」と断言した。正津スカウトを担当として置くことも決まっており、年明けの始動から張り付く。出場が確実視されている来春のセンバツも、もちろん徹底マークする方針だ。

清宮の交渉権を獲得できれば、ファンの心も踊るのは間違いない。東京北砂リトルでリトルリーグ世界選手権優勝、調布シニアでは全国V、早実では1年夏から甲子園に出場するエリート。名将としてラグビー界で知られる父・克幸さん以上の知名度をもつ。

すでに阪神やDeNA、日本ハムなどが指名に前向きな言動を発している。競合確実。それでも実力にスター性を兼ね備えた逸材の争奪戦から、リスク回避という理由だけで降りるわけにはいかない。

「あとは、彼がプロ志望届けを出すかどうかです」。今後のスカウト会議で話し合いが進められていくが、常に清宮の動向が議題の中心になる。早実の星、高校球界の宝。竜のスカウトが総力を結集し、清宮を追う。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:01|この記事のURL

中日・落合GM脅迫事件、息子の福嗣氏も被害に!

12/31、スポーツ報知4面より

1978ロッテドラフト3位 落合博満
東芝府中・内野手・25歳

来年1月末の中日退団が決まった落合博満GMの長男で声優の落合福嗣さんが30日、同GMが何者かに退団要求の脅迫を受けていたことを認め、自身も投石される被害を受けたとツイッターで明かした。今年は両親に関するツイートが例年より少なかったことについて「警察が介入するような脅迫等があったためです」と理由を述べた。

GMの退団が発表された20日、中日・白井オーナーが、GMが辞めなければ危害を加える旨の脅迫文が8月に球団に届いていたことを明かしていた。退団の遠因ともなった事件の発生を、GMの家族も裏づけた格好だ。さらに福嗣さんは「実家じゃなしにうちにも石飛んできたもんね(中略)こわいね」と都内の自宅にも投石被害があったと告白した。

「なので両親の年末の動向等は呟きません」と記す一方、「ただ一言だけ、和歌山の海は青くてとても綺麗です。ということは?」とサービス精神たっぷりに、GMらが同県太地町の「落合博満野球記念館」で年の瀬を過ごすことを示唆した。




下は1978ドラフトでロッテが指名した選手です。落合博満は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

ロッテの1978ドラフト指名選手
1位福間 納松下電器投手
2位菊地 恭一東芝外野手
3位落合 博満東芝府中内野手
4位武藤 信二我孫子高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:25|この記事のURL

中日・落合GM、ドラフト新人食事会を欠席の波紋

2016年12月14日

12/14、日刊ゲンダイ31面より
中日のドラフト1位・柳(明大)ら新人選手は先日、家族を交えて球団幹部との食事会を行った。ところが、その席に落合GMの姿がなかったという。球界関係者が言う。

「昨年まで落合GMは毎年、この食事会で新人に野球選手の心構えを伝えていた。『12球団から欲しいと思われる選手になれ』と訓示したこともあれば、新人が落合GMに質問することもあった。GMと選手、その家族が親睦を深める大事な機会なのに今年は欠席した。落合GMは来年1月で契約が切れる。今年は、トライアウトにもGM就任以降、初めて姿を見せなかった。そのまま退任する方向なのでしょう」

落合GMの去就を巡っては退任説だけでなく、さまざまな情報が錯綜している。「GM続投説」を唱える関係者や、「球団副会長で残留」とみるOBもいる。だが、仮に球団に残ったとしても、単なるお飾りになることは間違いなさそうだ。

今、中日は森新監督主導による球団、チームづくりが進行している。その一つが編成だ。今オフ、FA権を取得した大島、平田の提示条件を見直し、残留にこぎつけたのも森監督。メジャー経験のある大塚二軍コーチをパドレス3Aに派遣し、手薄だった北米ルートを開拓するため助っ人発掘の任にも就けた。

キューバに関してもリナレス巡回コーチをスカウトとし、2人の育成選手を獲得する方針を決め、今後は大物選手を引っ張れる体制をつくりたいという。

「落合GMが主導したドラフトは失敗続きだったこともあり、国内のスカウト部門の強化も検討している。多くの選手を発掘してきた中田スカウト部長が来年1月で定年を迎えるタイミングで人員の強化、配置転換を行うようだ。そもそも、今年のドラフトも森監督の意向が強く反映されている」(中日OB)

選手起用でも特別扱いはなくなる。11年ドラ1の高橋は育成を念頭に置いて我慢強く使われてきたが、森監督は今オフ、同じ三塁手の新助っ人・ゲレーロ(ドジャース)を獲得。前出OBは「開幕投手もエースの大野に加え、吉見や助っ人らと競争させる方針。落合GMの監督時代はベテラン中心の起用だったが、年齢を問わず良い選手を使う形になるのではないか」と言う。

落合GMが監督時代に重要視しなかったファンサービスにも力を入れている。昨12日の新入団発表で披露された新ユニホームは、ファンの意見を参考にした。胸のロゴは落合時代のものではなく、星野監督時代などで使われていた筆記体を採用。

森監督はこの日、「地元、ファンあってのプロ野球」と発言したが、それは落合監督、落合GMが最も蔑ろにしてきた部分だ。

「秋季キャンプでは外野席を開放し、自らサイン会を開いた。落合GMが毛嫌いされている地元財界についても、スズキの鈴木会長らと良好な関係を築くつもり。観客動員、シーズンシート販売に直結するだけに抜かりはないようだ」(前出OB)

「森繁流」が浸透するほど、落合GMの存在意義はなくなる。来年1月の任期切れを前に、オレ流不要論がますます広がりそうだ。



下は1978ドラフトでロッテが指名した選手です。落合博満は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

ロッテの1978ドラフト指名選手
1位福間 納松下電器投手
2位菊地 恭一東芝外野手
3位落合 博満東芝府中内野手
4位武藤 信二我孫子高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:29|この記事のURL

中日1位・柳裕也が仮契約、スカウト「開幕ローテある」

2016年11月30日

11/30、中日スポーツ1面より

2016中日ドラフト1位 柳裕也
明治大・投手・動画

偉大な先輩を超えるスピード白星奪取だ!! 中日からドラフト1位で指名された明大・柳裕也投手(動画)が29日、東京都内のホテルで入団交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で合意した。即戦力右腕は、来季の開幕ローテ入りと、明大OBの楽天・星野仙一副会長や川上憲伸を超える速さでのプロ初勝利に意欲十分。

これで中日は育成を含むドラフトで指名した全選手の入団が決まった。

仮契約を済ませ、力強い足取りで記者会見場に入る。柳はホテルに「ジングルベル」の曲が流れるクリスマスムードも、球団から提示された最高の待遇も意に介さない。プロで飛躍・・・。その決意に満ちあふれていた。

「ドラゴンズの一員になるということで、しっかりと自覚と責任を持って行動していきたい。一番はファンのみなさまに応援していただける選手になりたい」。多くのフラッシュを浴びながらも堂々とした受け答え。すでに大器の片りんを見せつけていた。

目指すは開幕1軍ローテ入り。さらに偉大な先輩を上回るスピードでのプロ初勝利だ。先輩とは柳と同じく明大の投手で主将を務め、ドラフト1位で中日に入団した星野仙一や川上憲伸。星野はルーキーイヤーの1969年5月5日の広島戦でプロ初勝利、川上は98年4月9日の阪神戦でプロ初登板初勝利を手にした。

期待が膨らむのは、来季の開幕カード。3月31日から巨人との3連戦(東京ドーム)で幕を開ける。宿敵相手に1軍デビュー。そして快投を演じれば、星野、川上より早くプロ初白星を手にする可能性は十分だ。

「開幕ローテに入って投げたい? そうですね。早く活躍できるようにやっていきたい」。柳は同じ系譜をたどる大先輩以上の活躍に思いをはせた。中田スカウト部長も「開幕ローテに入る力はある。しっかり自分で一歩一歩、馬なりでいいから体をつくって、普通に投げさえすれば当然戦力になる」と太鼓判を押す。

来るべきときに備え、着実にプロへの準備も進めている。今年の東京六大学リーグ戦で春秋計17試合、計121イニング2/3を投げて11勝1敗。明治神宮大会にも全3試合に先発するなどフル回転の大学ラストイヤーだった。現在は疲労も考慮し、ランニングや体幹、ウエートトレーニングで調整。

「アピールも大事だけど、けがをしないように体をつくりながらやっていきたい」。焦らず、着実にステップを踏むことが先輩超えにつながる。

年間表彰式のNPBアワーズが開かれた28日には、明大の1学年先輩で阪神のルーキー・高山が新人王を獲得。「自分も目指したい気持ちがある。一日一日を大事に。1年でも1球でも長くやっていきたい」。偉大な先輩たちに追いつけ、追い越せ。そんな思いを胸に深く刻み、大学生屈指の右腕がプロの世界に飛び込む。



下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。1位・柳君のスカウト評はこちら

中日の2016ドラフト指名選手
1位柳 裕也明治大投手動画
2位京田 陽太日本大内野手動画
3位石垣 雅海酒田南高内野手動画
4位笠原 祥太郎新潟医療福祉大投手動画
5位藤嶋 健人東邦高投手動画
6位丸山 泰資東海大投手動画
育1木下 雄介四国IL・徳島投手動画


draftkaigi at 10:25|この記事のURL

中日のドラフト指名選手即戦力度チェック

週刊ベースボール12月5日号より
11月16日に行われた明治神宮大会決勝で、ロッテドラフト1位の佐々木千隼を破り、大学日本一の座を手にした明大・柳裕也(動画)が最大の注目株だ。星野仙一、川上憲伸ら、歴代のエースが名を連ねる明大の主戦投手兼主将の肩書を受け継いだ右腕は、開幕先発ローテーション入りの期待が大きい。

その川上は入団1年目の1998年に14勝6敗、防御率2.57の好成績で新人王を獲得した。来季に開幕先発ローテーション入りが濃厚なのは吉見一起、大野雄大、若松駿太の3人のみで、柳がこの3本柱に続くことができれば、最下位からの巻き返しの可能性がグッと高まる。

2位の日大・京田陽太(動画)も開幕一軍入りが期待されている。走塁・守備には定評があり、遊撃・二塁の定位置争いに加わりたい。チームでも屈指の内野守備を誇る堂上直倫と二遊間を形成できれば、伝統の守り勝つ野球復活につながる。

4位の新潟医療福祉大・笠原祥太郎(動画)は直球、変化球ともまとまりがあり、先発、救援どちらにも適性を見せる。求められる役割は柳よりも多いかもしれない。6位の東海大・丸山泰資(動画)は春先に起こした右肩の炎症で評価を落としたが、それまでは1位候補にも名を連ねていた逸材。回復次第ではダークホース的存在になりそうだ。

長打力、走力に優れた3位の酒田南高・石垣雅海(動画)、打撃にも非凡な才能を持ち、野球センスに優れた5位の東邦高・藤嶋健人(動画)はまずは体づくりから。将来の主力を目指してファームで腕を磨いていく。



下は2016ドラフトで中日が指名した選手です。(育成除く)

中日の2016ドラフト指名選手
1位 柳 裕也 明治大 投手 動画
2位 京田 陽太 日本大 内野手 動画
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手 動画
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手 動画
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手 動画
6位 丸山 泰資 東海大 投手 動画


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

ドラフトニュース検索