ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる
オリックス

高木渉(真颯館)、「オリックス・武田より断然上」の声

2017年06月24日

6/24、西日本スポーツ23面より

高木 渉 (真颯館高・投手兼外野手)
180cm・右投左打・動画

投打にわたってプロのスカウトから熱視線を送られる真颯館の高木(動画)が、最後の夏に懸ける。「甲子園に出たチームを倒して甲子園に行く」。昨夏の福岡大会準決勝で敗れた九州国際大付、センバツ大会8強の福岡大大濠と東海大福岡・・・。強豪ひしめく激戦区の頂点に立つ。

最速146キロ右腕として昨年から注目を集めながら、昨秋の福岡大会で右肩を痛め、今年はここまで公式戦の登板がない。今春の福岡大会は左翼手で出場したが、逆方向(左)にも本塁打を打てる長打力、50メートル5秒9の俊足など野手としてのセンスもずば抜けている。

末次秀樹監督は、前任校の自由ヶ丘でプロに送り出した武田健吾(2012オリックス4位)と比べても「高木の方が断然上。スケールが違う」と断言する。

ここまでの練習試合では短いイニングを数試合投げており、夏に向けて投手としてもスタンバイする。末次監督も「高木にも投げてもらわなくては勝ち進めない」と言い切る。ただ、高木には「4番打者」という、もう一つの看板がある。高校通算25本塁打の強打に対する期待は当然大きい。(以下略)



高木君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:33|この記事のURL

山本拓実(市立西宮)、中日・オリックスの前で好投

2017年06月23日

6/23、スポーツニッポン6面より

山本 拓実 (市立西宮高・投手)
167cm・右投右打・動画

プロ注目の147キロ右腕・山本(動画)が今春のセンバツ王者・大阪桐蔭との練習試合で7回を被安打3の3失点と力投した。中日、オリックスが視察する中、146キロを計測。鋭いスライダーを織り交ぜ、計6三振を奪った。

序盤は力みで球数が多くなったが、中盤から修正。「力で押すことができた」と胸を張った。敵将の西谷浩一監督からも「(新チーム結成後)3安打は記憶にない。投げっぷりがいい」と絶賛された。

夏の甲子園の開会式で入場行進時にプラカードを持つのが市西宮の女子生徒。「女子は毎年出場するので男子も出たい」と54年ぶりの夏切符獲得へ意気込んだ。

(6月22日 練習試合 大阪桐蔭3―0市立西宮)



山本君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:50|この記事のURL

ドラフト隠し玉は軟式にいた! オリックス高評価

2017年06月22日

6/22、サンケイスポーツ6面より

中山 匠 (キャプティ・投手)
186cm・右投右打・動画

最速148キロの軟式の星が、プロへ猛アピール! 全日本実業団野球連盟主催の軟式大会、紅龍旗争奪第67回実業団野球全国大会の準決勝が21日、東京ドームで行われ、キャプティ(東京)の中山匠投手が、AKIRA(東京)戦で3安打、1失点、13奪三振で完投し、3―1の勝利に貢献した。

オリックスのスカウトも視察に訪れ、今季のヤクルトドラフト6位・菊沢竜佑投手(相双リテック)に続く軟式からのプロ入りがなるか、注目される。

最後の打者を三振に仕留めた中山は、フッと息をついた。3安打1失点で完投。軟式ボールは、バットに当たる瞬間に大きく変形するため、飛びにくく、安打が少ない一方、投手の球速も出にくい。そのため三振も少ない傾向がある中で、13奪三振。しかも東京ドームで完投。22日の25歳の誕生日を、自ら前祝いした。

「序盤は真っすぐが走っていて、途中から変化球も切れてきた。7回まで無安打で(無安打無得点試合を)意識したけど、バテた」

1メートル86、90キロの恵まれた体格で、直球の最速は148キロ。サイドハンド気味のフォームで、打者からは球筋が見にくい。この日はスピードガン表示がなかったものの、打者の体感は140キロ台前半だったとみられる。七回まで無安打で4四球。八回に3安打を許して1点を失った。

視察したオリックス・牧田チーフスカウトは「(硬式のように)上から腕をたたく感じで振ると、軟球では制球がしにくい。それでも140キロ以上が出るのは、指先の感覚がいいんでしょうね。ピュッと切れる変化球もあったし、秋にもう1度見てみたい」とうなずいた。



中山君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

下は大学時代のピッチング動画です。(オーバースロー)



draftkaigi at 07:05|この記事のURL

佐々木健(小笠)12球団視察、オリックス高評価

2017年06月21日

6/21、スポニチwebsiteより (source)

佐々木 健 (小笠高・投手)
189cm・右投右打・動画

1メートル89の長身。全国的に無名のビッグ右腕が静岡県内でにわかに脚光を浴びている。常葉大菊川と同じ菊川市にある小笠の佐々木健(3年)。インステップから投げ込む角度のある直球は140キロの大台に乗り、5月までにプロ全12球団が足を運んでいる。

「プロに行きたい。夢が目標に変わりました」ときっぱり。言動そのものに自覚も生まれている。近代野球で右の140キロは決して驚くべき数字ではない。何が魅力なのか。人並み外れた身体能力。大柄でありながら50メートル走6秒2の俊足。

ベースランニングを見たオリックスの牧田勝吾チーフアマスカウトは「全身バネ。走り方が素晴らしい」と絶賛し「ひょっとしたら大化けする。鍛えたら常時145キロは出る」と評価した。最後の夏。全国デビューは甲子園の舞台だ。



佐々木君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 09:24|この記事のURL

村上宗隆(九州学院)に6球団、西武・オリックス高評価

2017年06月10日

サンケイスポーツwebsiteより (source)

村上 宗隆 (九州学院高・捕手)
187cm・右投左打・動画

高校野球の強豪、九州学院(熊本)が9日、神奈川・横浜市の慶応日吉台野球場で慶応高と練習試合を行い、4―3で勝利した。国内6球団視察の中、ドラフト候補の3番・村上宗隆捕手(動画)は第3打席で右翼へ推定飛距離130メートルの2ランを放つなど4打数3安打、2打点と活躍した。

6人の球団スカウトと共に目撃した西武・渡辺シニアディレクターは「力強さだけでなく、柔らかさがあるし、1球で仕留めるのがいい。清宮(早実)、安田(履正社)、3人とも左(打者)だね」と絶賛した。

オリックス・中川スカウトグループ長は、「打った瞬間、打球がどこに飛んだのか、という当たりだった。高い打球でネットに突き刺さる感じだから、神宮球場でも上段かな。楽しみ」と高く評価した。

(6月9日 練習試合 九州学院 4―3 慶応)



村上君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索