ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
オリックス

奥川恭伸(星稜)、阪神・オリックス高評価

2019年03月24日

3/24、サンケイスポーツ32面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

優勝候補として帰ってきた聖地の中心で、観客の視線を独り占めにした。星稜エース・奥川(動画)が散発3安打、自己最多で毎回の17K完封。最後の九回は1死一、三塁で相手4番・井上を投ゴロ併殺に打ち取り、力強く拳を握った。「まずはストレートが基本。どんどん押していこうと思って初回から飛ばそうと決めていた」

鼓動の高鳴りを抑えるように腕を振りしきる。一回の先頭打者に対して149キロから入り、エンジン全開。4球目であっさり自己最速となる151キロを計測してどよめきを巻き起こす。天下一品の直球に加え、さえ渡るスライダーは鬼に金棒。五回までで、はや10奪三振と寄せ付けなかった。

相手が強打の履正社打線だけに、プロ球団のスカウト陣も目を見張る。阪神・筒井スカウトは「アマチュア界の中で最高レベルの投手。初回から腕を振って強い球を投げて、終盤になってもいい高さにボールを投げられている。気持ちの強さが大きい」と目を細めた。(以下略)

▼オリックス・長村球団本部長
「(奥川について)いい投手。去年よりも体が確実に大きくなっている感じがする」


(3月23日 センバツ1回戦 星稜 3-0 履正社)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:25|この記事のURL

奥川恭伸(星稜)、オリックス「完成度高い」

2019年03月17日

3/17、スポーツ報知4面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

第91回センバツ高校野球大会に出場する星稜(石川)は16日、滋賀・彦根市で近江(滋賀)と練習試合を行った。今秋ドラフト候補の最速150キロ右腕・奥川恭伸(動画)は先発して7回を投げ5安打5三振無四球で無失点と好投した。

大会初日の第3試合で対戦する履正社(大阪)との戦いへ、準備は万端だ。奥川は立ち上がりから148キロをマークして先頭打者を三振に封じると、これまでほとんど投げていなかったフォークを含めた全球種を駆使。

9日の練習試合初戦以降4度目の登板で最長となる7イニング94球を投げ「緊張感も徐々に高まってきている。今日は本番に近い形でと考えていたので、まずはゼロに抑えられて良かった」。林監督も「8、9割ぐらいまできてるんじゃないか」と合格点を与えた。

ネット裏では、6球団13人のスカウトが視察。オリックスの古屋英夫スカウトは「変化球の使い方など、高校生なのに完成度が高い。センバツが楽しみ」と評価した。履正社戦へ向け注目度は増すばかりだが、奥川は「優勝候補と言われているが、チャレンジャー精神を忘れずぶつかっていきたい」と力を込めた。

(3月16日 練習試合 星稜 1-1 近江)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 08:04|この記事のURL

オリックス2位・頓宮裕真が2号弾、西村監督絶賛

3/17、デイリースポーツ2面より

2018オリックスドラフト2位 頓宮裕真
亜細亜大・捕手兼一塁手・動画

大学まで捕手のオリックス・ドラフト2位・頓宮(動画)は、打席に入るまでに頭をフル回転させた。三回1死一塁。「一塁走者の西浦は足が速いから初球は直球。僕は前の打席で死球を受けているから外角に来るはず」

大瀬良の初球は136キロのカットボール。読みは外れたが甘く入って来た。これを豪快に振り抜き、打球は高々と舞い上がり左翼席に飛び込んだ。昨季のセ最多勝右腕からオープン戦2号。

同点の九回には1死満塁から二ゴロ併殺崩れの間に決勝点も挙げた。「前に飛ばせばなんとかなると思った。本塁打?自信に変えていきたいです」。

西村監督は「クリーンアップでもおかしくない。対外試合に入ってからの打撃を見ると十分できる」と、開幕クリーンアップに太鼓判を押した。

前日には亜大の卒業式に出席。同級生たちと再会を喜んだのもつかの間、そのまま広島に移動してきたが、そのかいはあった。球団の新人開幕クリーンアップは1957年に5番に入った中田昌宏以来、62年ぶり。頓宮が手中に収めた。

(3月16日 オープン戦 オリックス 5-3 広島)



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。2位指名・頓宮君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 08:00|この記事のURL

河野竜生(JFE西日本)に11球団、オリックス高評価

2019年03月12日

3/12、デイリースポーツ4面より

河野 竜生 (JFE西日本・投手)
174cm・左投左打・動画

今秋ドラフト上位候補のJFE西日本・河野竜生投手(動画)が11日、横浜スタジアムで東芝戦に先発した。畑山統括スカウトら3人で視察した阪神など11球団のスカウトの前で6回2失点。今季初の公式戦で上々のスタートを切った。

社会人屈指の左腕が実力の片りんを見せつけた。六回、無死一塁で5番・吉田に対しての3球目。中飛に仕留めたボールは150キロの表示。「打球じゃないですかね」と納得はしなかったが、捕手のミットに収まったボールでも自己最速となる147キロをマーク。「いまの力は出せた」と手応えをつかんだ。

自慢の直球でファウルにするなど、何度も打者を差し込んだ。果敢に内角を突いたと思えば、90~100キロ台のスローカーブも駆使する。緩急自在の投球に、オリックス・古屋編成部副部長は「キレがいい。(ドラフト)上位に入ってくる」と評価。高卒3年目と若さも魅力の左腕は秋を盛り上げる存在だ。

(3月11日 JABA東京大会 東芝 2-0 JFE西日本)



河野君のスカウト評はこちら

河野君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

オリックス高卒2年目の西浦、巨人・菅野から本塁打

2019年03月09日

3/9、スポーツ報知2面より

2017オリックスドラフト6位 西浦颯大
明徳義塾高・外野手・動画

球界を代表するエースから会心の1号だ。4回2死一、二塁。プロ通算1安打の西浦(動画)は、菅野の146キロの高め直球を捉えた。打球は完璧な弾道で右翼スタンドへ。「100%直球を狙っていた。打てると思っていなかった。(チームの)みんなもビックリしていました」と自他ともに驚く3ランだった。

2年連続の沢村賞投手を攻略した。3回1死三塁では「早いカウントから打たないと打てる投手ではない」と、2球目のスライダーを捉えて右前適時打。続く打席で西村監督から「積極的にいけ」と助言を受け、本塁打を放った。「めちゃくちゃ気持ちよかったです」と本拠地のダイヤモンドを一周した。

キャンプ中の実戦は好調だったが、オープン戦は3試合目で初安打。「キャンプ最初より調子は落ちてきたかな」と漏らしていたが、一気に盛り返した。菅野からの2安打4打点には、西村監督も「大きいと思います」と納得の表情。高卒2年目、19歳の開幕スタメンがまた一歩近づいた。

(3月8日 オープン戦 オリックス 7-1 巨人)



下は2017ドラフトでオリックスが指名した選手です。6位指名・西浦君のスカウト評はこちら

オリックスの2017ドラフト指名選手
1位 田嶋 大樹 JR東日本 投手
2位 鈴木 康平 日立製作所 投手
3位 福田 周平 NTT東日本 内野手
4位 本田 仁海 星槎国際湘南高 投手
5位 西村 凌 SUBARU 捕手
6位 西浦 颯大 明徳義塾高 外野手
7位 広沢 伸哉 大分商高 内野手
8位 山足 達也 ホンダ鈴鹿 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索