ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
オリックス

岸田護(オリックス)、現役引退を表明

2019年09月18日

9/18、デイリースポーツ4面より

2005オリックス大・社ドラフト3巡目 岸田護
NTT西日本・投手


オリックス・岸田護投手(2005ドラフト3巡目)が今季限りでの現役引退を決断したことが17日、関係者の話で分かった。

プロ14年目の今季は1軍登板がなく、今月初旬には球団から来季の戦力構想から外れていることを告げられていた。16日には「まだ何も決めていない。18日からの(2軍の)名古屋遠征に帯同する。そこでいい投球をすることしか考えていない」と揺れる心中を明かしていた。

岸田は2005年度大学・社会人ドラフト3巡目でNTT西日本からオリックスに入団。09年には先発として初の2桁勝利を記録した。10年にはこの年から指揮を執った岡田監督の指示でシーズン途中からリリーフに専念。11年には33セーブを挙げ、守護神として君臨した。

通算44勝30敗63セーブ、63ホールドと先発、中継ぎ、抑えとあらゆる役割をこなしてきた。ここ数年は故障禍に見舞われ満足な投球ができていなかった。球団では功労者に敬意を表し、引退試合も用意。大阪出身の右腕が地元ファンに見守られる中、ユニホームを脱ぐ。



下は2005大学・社会人ドラフトでオリックスが指名した選手です。岸田護は3巡目指名入団。プロ入り後の成績はこちら

オリックスの2005大・社ドラフト指名選手
希望枠平野 佳寿京都産業大投手
1巡目指名権なし
2巡目指名権なし
3巡目岸田 護NTT西日本投手
4巡目森山 周ヤマハ内野手
5巡目中山 慎也JR東海投手
6巡目妹尾 軒作一光投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:59|この記事のURL

東田健臣(西脇工)、オリックス「将来性あり楽しみ」

2019年09月16日

スポニチwebsiteより (source)

東田 健臣 (西脇工高・投手)
171cm・左投左打・動画

13年に夏の甲子園2回戦まで進んだ西脇工が2回戦で敗れ、選抜大会出場が絶望的となった。初回に3点を先制したが、5回に2点を返され、7回にはさらに2点を奪われ逆転された。

最速141キロ左腕の東田健臣(動画)は5回1/3を2失点。6回に後を受けた桑形康平が東田のつくったピンチを無失点で切り抜けたが、2回2/3を3失点でリードを守れなかった。

東田は知名度こそ高くない左腕だが、すでにプロの複数球団がマーク。身長171センチと上背はないものの、今秋から背番号1のエースとなり、しなやかな腕の振りで伸びのあるボールを投げ込む。この日も2回には2者連続三振を奪うなど、ポテンシャルの高さを見せた。

試合後は「良かったところはなかった」と視線を落としたが「春は何としても絶対に勝ちにいく」と、来年の春季大会までにフォームの見直しから体幹トレーニングまで徹底的に練習する覚悟を語った。ネット裏で視察したオリックスの谷口悦司スカウトは「ボールにキレがある。将来性があって楽しみですね」と話していた。

(9月15日 兵庫大会2回戦 六甲アイランド 5-3 西脇工)



東田君は現在2年生で来年のドラフト対象選手です。ピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

立野和明(東海理化)、ヤクルト・オリックス高評価

2019年09月11日

スポニチwebsiteより (source)

立野 和明 (東海理化・投手)
180cm・右投右打・動画

今秋ドラフト上位候補の最速152キロ右腕・東海理化の立野和明(動画)が先発し、5回途中4失点で降板した。初回から制球に苦しみ、3回までに3四球。4回は2死を簡単に取ったが、3連打で1点を先制されると、「9番左翼」の鈴木光に低めの直球をうまく拾われ右越えへ3ランを浴びた。

打線が9回2死の土壇場で追いつき、敗戦投手は免れたが「各球種の制球力があまりなくて打たれてしまった」と不満の残る内容。

気象庁の発表によると、10日の岡崎市の最高気温は愛知県内で最も高い37・0℃。「気合でいくしかないと思っていたが、予想以上に暑かった」と振り返ったが、最速は147キロをマークし「真っすぐで特に悪かったところはなかった」と一定の手応えは得た様子だった。

この日は編成トップクラスも含めNPB全12球団30人超のスカウトが視察最多の6人体制を敷いたオリックスの福良淳一GMは「ボールに力はある。全体を見た感じではそう(上位候補に)なると思う」と評価。

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスクも「上位候補ということは再確認しました。若さもあるので潜在能力が高い。1年間戦えるピッチャーとしての資質がある」と目をこらしていた。

(9月10日 日本選手権東海地区予選 ヤマハ 5-4 東海理化)



立野君のスカウト評はこちら

立野君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

オリックスが29日に入団テスト、「育成契約もある」

2019年09月03日

9/3、スポーツニッポン4面より
オリックスは29日に大阪・舞洲のオセアンBSで、アマ選手対象の入団テストを実施すると発表した。04年オフに近鉄と合併してからは初めて。福良GMが就任時から提案していたもので、「ドラフト上位候補は見に行くことができるが見られない選手もたくさんいるから」と意図を明かした。

応募資格は20年4月1日時点で18歳以上24歳までで、電子メールで6日午後5時まで受け付ける。大船渡・佐々木や星稜・奥川ら今秋ドラフト上位候補を徹底マークする一方で、アマ球界を広く把握し、隠れた原石も同時に模索する構えだ。

福良GMは「一芸に秀でている選手もいるだろうし、育成契約とかそういうこともできる」と説明。続けて、「もちろん、そういう選手にもチャンスを与えたいという思いもあった。今年やってみてからだが、来年以降も続けられたらと思っている」と話した。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:20|この記事のURL

海野隆司(東海大)、オリックス「上位候補」

2019年09月02日

9/2、スポニチwebsiteより (source)

海野 隆司 (東海大・捕手)
174cm・右投右打・動画

東海大が開幕戦を白星で飾った。大学日本代表で今秋ドラフト候補の捕手・海野(動画)が9回にリーグ戦1号となる左越えソロ。「前の打席は内容が良くなかったが、狙いのスライダーをうまく引っ張れた」。今季から1部へ昇格した相手でほぼデータがない中、対応力の高さを見せた。

10球団のスカウトが視察しオリックスの古屋英夫編成副部長は「総合力は一番高い。上位候補」と評価した。

(9月1日 首都大学野球 東海大 6-2 大東大)



海野君のスカウト評はこちら

海野君のスローイング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL


ドラフトニュース検索