ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
オリックス

あのドラフト選手は今、町豪将(ドラフト4巡目)

2018年06月16日

6/16、サンケイスポーツ終面「球界ここだけの話」より

2004オリックスドラフト4巡目 町豪将
JR九州・投手・22歳

日本列島全体で雨の日が増えた。梅雨が明ければ、本格的に夏の高校野球の時期が始まる。それと同時に、スポーツ新聞読者の方々は、紙面上で「〇〇2世」や「浪速の〇〇」などといった見出しを目にする機会も多いと思う。

イチローにダルビッシュ、大谷・・・。注目選手がそのプレースタイルやフォームを参考にしていたり、各球団のスカウトの方が「似ている」と評したことを元に比較。読者の方にもイメージしてもらいやすいように付けられる“ニックネーム”だが、名付けられた側はどう思っているのか。

かつて、ビッグネームと比較された人に聞いてみた。オリックスで広報を務める町豪将氏(2004オリックス4巡目)だ。福岡県出身の町氏は熊本・城北高→JR九州を経て、2004年にドラフト4位でオリックスに入団。残念ながら07年には戦力外となり、現在は球団職員

入団当時は1メートル85、90キロという恵まれた体格に加え、トルネード気味の投球フォームだったこともあり、元メジャーリーガーの野茂英雄氏になぞらえ「野茂2世」と呼ばれた。そのときの心境はどうだったのか。

「僕の場合はですよ」と前をした上で「うれしかったですよ。あれだけ日米で活躍された方と僕を比べていただいて、ありがたかったです」と振り返った。重圧に感じることはなかったのだろうか。

「プレッシャーとかはなかったです。いじられはしましたけど、嫌な気持ちはなかったですよ。でも、野茂さんと話したこともないので、野茂さんがどう思われているのかな、というのはありました」

町氏の場合はだが、好意的に受け止めていたようだ。そして「町、と覚えてもらえるように、とは思ってました。活躍はできませんでしたが・・・」と付け加えた。同じように思っている選手も、また違う選手もいるだろう。何より、肩書が足かせにならなければいいのだが、と感じた。



下は2004ドラフトでオリックスが指名した選手です。町豪将は4巡目指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2004ドラフト指名選手
自由枠金子 千尋トヨタ自動車投手
自由枠(行使せず)
1巡目(指名権なし)
2巡目光原 逸裕JR東海投手
3巡目(指名権なし)
4巡目町 豪将JR九州投手
5巡目田中 彰法政大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

上茶谷&梅津(東洋大)、DeNA・オリックス評価

2018年06月14日

6/14、スポーツニッポン6面より
上茶谷(動画)梅津(動画)に最速159キロ右腕・甲斐野(動画)を加えた「東洋大150キロトリオ」を目当てに全12球団約60人のスカウトが集結

DeNA・吉田孝司スカウト部長は「上茶谷は今日は良くなかったけど、(梅津と)2人ともドラフト上位候補で間違いない」と変わらぬ評価を口にした。オリックス・長村裕之球団本部長兼編成部長は1メートル87の梅津について「上背があってフォークもいい」と話した。

(6月13日 全日本大学選手権2回戦 九州産業大 10-3 東洋大)



上茶谷君のスカウト評はこちら

梅津君のスカウト評はこちら

甲斐野君のスカウト評は
こちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

辰己涼介(立命大)、日ハム・オリックス・楽天の声

2018年06月12日

6/12、スポーツニッポン3面より
 
辰己 涼介 (立命館大・外野手)
180cm・右投左打・動画


虎も大絶賛だ! 「第67回全日本大学野球選手権」に2年ぶりに出場した立命大の今秋ドラフト1位候補・辰己涼介外野手(動画)が11日、奈良学園大との初戦で決勝打を含む2安打2打点の活躍。福留や糸井の後釜になれる存在として、視察した阪神スカウト陣をうならせた。

▼オリックス・長村裕之球団本部長兼編成部長
「走攻守全てにおいて高いレベルにある。肩も強い。そういう意味ではイチローみたいなタイプ。打撃を見てイチローというわけではなく、全体的にレベルが高いという意味で。広角に打てるし、力強さと器用さがある。大学生の野手ではトップレベル」

▼楽天・長島哲郎スカウト部長
「脚力と肩の強さは(西武の)秋山に近い。スピードがあって飛距離が出れば秋山みたいに1、3番を打つような選手になる可能性はある。1軍のレギュラーを奪える能力はある」

▼日本ハム・大渕隆スカウト部長
「リストが強く、素晴らしい。守備と足もあるので、補強ポイントが合う球団によっては1位でいくところもあるのではないでしょうか。1軍ですぐやれる力を持っている」


(6月11日 全日本大学選手権1回戦 立命館大 4-3 奈良学園大)




辰己君のスカウト評はこちら

辰己君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:40|この記事のURL

横浜VS松商学園に11球団のスカウト集結

2018年06月11日

6/11、日刊スポーツwebsiteより (source)

及川 雅貴 (横浜高・投手)
182cm・左投左打・動画

横浜のタレントたちが輝きを放った。2年生左腕の及川(動画)が、11球団のスカウトの視線をくぎ付けにした。初回。2番の土井に直球勝負を挑んで3球三振を奪うと、3番吉田はスライダーで空振り三振。4安打3失点完投で使った球種はこの2種類のみ。内角を攻め、4者連続を含む計13三振を奪った。

力強さの増した直球は最速を2キロ更新する152キロを計測。駆け付けたスカウトのお目当ては主に、投げ合ったドラフト候補の松商学園・直江大輔投手(動画)だったが“来年のドラ1”が主役の座をさらった。

オリックス・中川アマスカウトグループ長は「直江くんは指先の感覚が良く将来的に楽しみだが、及川くんは今年(のドラフト対象)でもナンバー1」と評価した。

もう1人、観衆の度肝を抜いたのが5番中堅で先発した万波(動画)だ。2回無死一塁で直江の直球を左翼後方の林へ突き刺し、推定135メートルの特大弾とした。続く3回には浮いたフォークに反応し、再び左越えのソロアーチ。規格外のパワーで通算35、36号を固め打ちした。

この春は打撃不振でスタメン落ちも経験。チームは前日9日の抽選会をもって取材対応を終了。景気のいいコメントを聞くことはできなかったが、打棒で状態の良さを証明した。

大暴れした投打の主役を、西武・渡辺SDは「及川くんは今年の3年生を含めた中でも一番いい。体がもっとできてくれば菊池雄星クラスになれる。万波くんの打球はプロでもあまり見たことのない飛距離。ケタ違いのパワー」と絶賛した。

昨夏の甲子園を経験した及川は常々言ってきた。「100回大会には絶対行きたい。でも、行くだけじゃだめ。全国で勝てるチームにならないと」。有言実行の夏は7月14日に幕を開ける。

(5月10日 練習試合 横浜 9-3 松商学園)



及川君のスカウト評はこちら

万波君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:01|この記事のURL

オリックス、浅村栄斗(西武)獲得調査へ

2018年06月05日

6/5、日刊スポーツ6面より

2008西武ドラフト3位 浅村栄斗
大阪桐蔭高・内野手

オリックスが、5月30日に国内FA(フリーエージェント)権を取得した西武・浅村栄斗内野手(2008西武3位)が今オフ権利を行使した場合に備えて調査を行っていくことが4日、分かった。FAとなれば複数球団との争奪戦が予想されるが、オリックスも参戦の準備を進める。

浅村が主戦場とする二塁は、オリックスの補強ポイントの1つである。今季は3年目・大城を筆頭にルーキーの福田、山足ら5選手が先発で起用されているが、固定には至っていない。来季構想を考えれば、センターラインのさらなる強化は必要不可欠だ。

今季浅村は「3番二塁」を任され、2割7分9厘、9本塁打、35打点の成績を残している。驚異的な破壊力を誇る「山賊打線」の中心的存在として、首位快走の原動力になっている。オリックスは吉田正ら若手の台頭があり、外国人野手が打線の軸を担う。浅村が加われば、チームの総合力が増すことは確実だ。常勝軍団を形成する上で、これ以上ない人材といえる。

浅村はオリックスの本拠地である大阪出身。大阪桐蔭では3年夏に甲子園制覇を果たした。27歳と年齢は若い。17年シーズンからは西武のキャプテンを務めるなど、野球に対する姿勢も評価が高い。一昨年、昨年と2年連続で143試合に出場。平成生まれでは初の通算1000安打を記録している。今後は動向を注視し、慎重に調査を進めていく。



下は2008ドラフトで西武が指名した選手です。浅村栄斗は3位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の2008ドラフト指名選手
1位 中崎 雄太 日南学園高 投手
2位 野上 亮磨 日産自動車 投手
3位 浅村 栄斗 大阪桐蔭高 内野手
4位 坂田 遼 函館大 外野手
5位 岳野 竜也 福岡大 捕手
6位 宮田 和希 甲賀専門学校 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索