ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
オリックス

宮本丈(奈良学園大)に巨人・オリックスなど5球団視察

2017年09月03日

9/3、スポーツニッポン6面より

宮本 丈 (奈良学園大・遊撃手)
181cm・右投左打・動画

侍ジャパン大学日本代表の一員としてユニバーシアード夏季大会で優勝に貢献した奈良学園大・宮本(動画)が3番・遊撃で先発。台湾から31日に帰国したばかりだが、巨人やオリックスなど5球団が見守る前で1安打を放ち、リーグ戦通算安打を98とした。

今秋から主将を退き、背番号は1から小3時に初めてもらったという33に変更。今秋は連盟記録の113安打更新がかかる。開幕戦は敗れたが「巻き返したい。集大成の年にしたい」と前を向いた。

(9月2日 近畿学生野球 大市大 3―2 奈良学園大)



宮本君のスカウト評はこちら

宮本君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

高卒新人・山本由伸(オリックス)、23年ぶりの快挙

2017年09月01日

9/1、デイリースポーツ8面より

2016オリックスドラフト4位 山本由伸
都城高・投手・動画

これが本当に19歳なのか。オリックスのドラフト4位・山本(動画)がMAX152キロの速球に多彩な変化球を交え、5回2失点でプロ2試合目にして初勝利。球団の高卒新人の勝利は1994年の平井正史(現投手コーチ)以来、先発に限れば78年の三浦広之以来となった。

それでも「うれしい気持ちはありますけど思っていたほどの実感はないです。力みをなくして全力で投げることを心掛けました」と冷静に振り返った。福良監督も「大したもの。安定感もある」と絶賛した投球。

最大の魅力である速球は高校時代の食トレの成果でもある。毎日2リットルの保存容器にご飯を詰めて登校。ふりかけをかけて食べた。体重は60キロから77キロまで増え、球速は150キロを超えるようになった。プロ入り後は大きくなった体をトレーニングで絞った。体脂肪率は17%から2%減。MAXは154キロまで伸びた。

「まさか1年目から1軍で投げるとは思ってなかった」という伸び盛りの新星がオリックスの未来を明るく照らす。

(8月31日 パ・リーグ オリックス 14―4 ロッテ)



下は2016ドラフトでオリックスが指名した選手です。4位・山本君のスカウト評はこちら

オリックスの2016ドラフト指名選手
1位 山岡 泰輔 東京ガス 投手
2位 黒木 優太 立正大 投手
3位 岡崎 大輔 花咲徳栄高 内野手
4位 山本 由伸 都城高 投手
5位 小林 慶祐 日本生命 投手
6位 山崎 颯一郎 敦賀気比高 投手
7位 飯田 大祐 ホンダ鈴鹿 捕手
8位 沢田 圭佑 立教大 投手
9位 根本 薫 霞ケ浦高 外野手
育1 張 奕 日本経済大 外野手
育2 榊原 翼 浦和学院高 投手
育3 神戸 文也 立正大 投手
育4 坂本 一将 BCL・石川 内野手
育5 中道 勝士 明治大 捕手


draftkaigi at 07:50|この記事のURL

中村奨成(広陵)、オリックス・巨人・DeNAが評価

2017年08月27日

8/27、スポーツニッポン5面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

バックネット裏には12球団38人のスカウトが集結した。注目の中村(動画)が第1打席の初球でいきなり適時打。木製バットの対応力をチェックポイントとしていたスカウト陣からは問題ないとの声が相次いだ。

オリックスの中川隆治アマスカウトグループ長は「対応力が高い。ヘッドの使い方が上手だし、木製に合っている」と絶賛した。巨人の福王昭仁・東日本統括スカウトも「迷わないであれだけ振れるのは凄い」と指摘。DeNAの河原隆一・東日本統括グループリーダーは「木でも関係ないですね」と評価した。

(8月26日 練習試合 日本大 6―4 高校日本代表)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

高校日本代表初練習、阪神・オリックスが視察

2017年08月23日

8/23、スポーツ報知4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

第28回U-18W杯に出場する高校日本代表の早実・清宮幸太郎内野手(動画)が22日、千葉県内で代表合宿初日に参加し、広陵・中村とのアーチ競演を望んだ。高校通算最多タイとされる107発の怪物が、中村の新記録ラッシュに胸を躍らせた。「今日も2本打って。どうかなと思っていたんですけど。いろんな記録を塗り替えて、頼もしい」。

この日は代表20選手のうち、甲子園で準決勝に進んだ中村、花咲徳栄・清水を除く18人で始動。「早くこっちに来てほしいですけど、JAPANの余力を残しながら、燃え尽きてほしい。仲間なんで、バンバン打ってほしい」と呼び掛けた。

2年ぶりの高校侍で、大会仕様の木製バットを使ったフリー打撃では、両翼99メートル、中堅121メートルの球場で63スイングのうち場外を含むサク越え9発。阪神、オリックスのスカウトが視察する前で「詰まったりしてましたけど、いい感じに仕上がっている」

西東京大会決勝で敗れてからも、入念に振り込んできた。「(目標は)もちろん、世界一。チームJAPANで勝ちにいく中で、ホームランが出れば」。合宿中の練習試合、さらに本大会で、神港学園・山本大貴を抜く108本の期待が高まる。

高校通算62発の履正社・安田尚憲内野手も中村の打棒に「すごい」と触発され、フリー打撃で場外弾。ノックでは三塁に加え、「初めてに近い」と清宮とともに一塁も守った。小枝守監督はDH・清宮、一塁・安田のオプションを携え、「今年は攻撃力がアップしている。(中村は)扇の要でチームが締まる」と主軸のそろい踏みを待ちわびた。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 10:20|この記事のURL

高卒新人・山本由伸(オリックス)、1軍で152キロ計測

2017年08月21日

8/21、スポーツニッポン6面より

2016オリックスドラフト4位 山本由伸
都城高・投手・動画

39年ぶりの偉業こそ逃したが、堂々のデビュー戦だった。プロ初登板初先発となったオリックスのドラフト4位・山本(動画)は最速152キロ速球主体に5回7安打1失点。勝ち投手の権利を持って降板したが、岸田が同点ソロを浴び、78年三浦広之以来となる球団高卒新人の先発デビュー勝利は飾れず。

それでも今後に期待を抱かせる19歳の好投だった。「楽しめた。思い切って投げられた。またしっかり練習してレベルアップしたい」。初回1死から連打され一、二塁も後続を断った。2回2死から田村に同点ソロを浴びたが失点はこれだけ。5回1死満塁では代打・井口を三ゴロ併殺打に仕留めリードを守った。

観戦した母・由美さんは「感動した。夢はかなうんだなと思った」と感慨深げ。福良監督は「良く投げた。大したもの」と評価し次回先発を確約。21日に出場選手登録を抹消し31日ロッテ戦での登板が濃厚となった。

(8月20日 パ・リーグ オリックス 3―2 ロッテ)



下は2016ドラフトでオリックスが指名した選手です。4位・山本君のスカウト評はこちら

オリックスの2016ドラフト指名選手
1位 山岡 泰輔 東京ガス 投手
2位 黒木 優太 立正大 投手
3位 岡崎 大輔 花咲徳栄高 内野手
4位 山本 由伸 都城高 投手
5位 小林 慶祐 日本生命 投手
6位 山崎 颯一郎 敦賀気比高 投手
7位 飯田 大祐 ホンダ鈴鹿 捕手
8位 沢田 圭佑 立教大 投手
9位 根本 薫 霞ケ浦高 外野手
育1 張 奕 日本経済大 外野手
育2 榊原 翼 浦和学院高 投手
育3 神戸 文也 立正大 投手
育4 坂本 一将 BCL・石川 内野手
育5 中道 勝士 明治大 捕手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索