ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
オリックス

いなべ総合学園のバッテリー、全球団が視察済み

2020年06月13日

6/13、スポニチwebsiteより (source)
バッテリーで同時に夢のプロ入りを目指す。今秋ドラフト候補のいなべ総合学園の伊東邑航投手、田所宗大捕手が12日、同校で練習後に取材に応じ、ちょうど1カ月後となった来月11日に開幕する県独自の代替大会と最高峰の舞台への熱い思いを口にした。

伊東は最速145キロを誇る右の本格派。体の使い方が柔らかく、少しの補助があれば両肘を背中で付けられるほどだ。ソフトバンクの千賀を尊敬し、動画でも研究を続けているが「無意識に(フォームが)千賀さんの足の使い方と同じになっていた」と、センスの高さを感じさせる。

夏の選手権大会が中止になった先月20日には「甲子園に出ることは小学校からの夢だったので実感が湧かなかった」と率直な思いを吐露したが「プロに入ることではなく、10年以上長く活躍することが目標。代替大会は圧倒的に勝ちたい」と力強い。

田所もまだ中央球界でこそ無名の存在だが、実力は確かだ。高校通算30本塁打を誇り、逆方向に強い打球を飛ばせる長打力と、正確なキャッチング、スローイングを武器とする。二塁送球到達タイムも1・79秒と一級品。

監督歴40年目で、県内現役監督として最多勝の尾崎英也監督をもって「今まで指導してきた中でも1、2を争う力を持っている」と高い評価を受ける。キャプテンシーもあり、伊東も「信頼しかない。誰も気がつかないようなことまで気を配っている」と話す。

下級生の時から先輩投手の性格を熟知するために、昼食を一緒にとってもらうようお願いしていたという熱心さに加え、昨秋の自校グラウンドでの練習試合で、ヤクルトの山田哲のフォームを“完コピ”宣言して打席に立ち、右中間の最深部へ本塁打を放った逸話を持つ女房役は「代替大会は優勝しか狙っていません。プロに入って、いつか日本一になりたい」と高校では果たせなかった夢を思い描いている。

すでに国内のほぼ全球団が視察済み。この日視察に訪れたオリックスの谷口悦司スカウトも「将来性を感じました」と話した。同学年のバッテリーが高校から直接、同時にプロ入りとなれば、82年阪神の佐藤文男&月山栄珠(印旛)、87年中日の近藤真一&長谷部裕(享栄)など数例しかない。

「一緒に行きたい」と“ニコイチ”での大願成就を熱望する2人。後世に語り継がれるであろう代替大会で、その名を轟かせるつもりだ。



伊東君のピッチング動画、田所君のバッティング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

あのドラフト選手は今、葛城育郎(ドラフト2位)

2020年06月12日

夕刊フジ26面「俺の人生第二幕」より

1999オリックスドラフト2位 葛城育郎
立命館大・外野手・22歳

オリックス、阪神で活躍した葛城育郎氏(1999オリックス2位)。甲子園のお立ち台で上げた雄叫びはいまだに虎党の語り草だ。現役引退後に球場と同じ兵庫県西宮市内に開いた料理店は、その名も「酒美鶏(さけびどり)葛城」。溶岩プレートで焼いて食べる地鶏が好評を博してきた。

長期戦となったコロナとの闘いでも、バイプレーヤーとして生きる道を探した経験が生きている。

もともと2月は野球界が春季キャンプということもあり、客足は鈍いんです。一気にお客さんが減り出したな、と感じたのは3月上旬のこと。歓送迎会が一斉にキャンセル。さらにオープン戦が無観客試合となったのも響き、例年の半分くらいしか入りませんでした。

4月はさらにひどくなり、売り上げは例年の3割まで落ち込んで頭を抱えました。それでも14人のスタッフを守るには、お店をたたむわけにはいきません。兵庫県では飲食店の営業短縮の給付金はわずか30万円で、私の業種は休業要請の対象に入らず。

私1人が店に立ち、午後5-8時の短縮営業でしのぎましたが、34席の店にお客さんがゼロの日もあり、さすがにこたえました。

開店以来の大ピンチ。「打てる手は打とう」と思って始めたのが、ランチタイムの持ち帰り弁当でした。店の裏メニューのカレーから、ハンバーグ、ホルモン丼など初挑戦の商品まで8種類を投入。店内飲食と比べれば正直、客単価はすずめの涙です。

それでも阪神の現役選手まで「頑張れよ」と買いに来てくれて、本当に勇気づけられました。5月7日からは営業を午後10時まで延長。現在は午前0時までの平常営業となりましたが、午後9時を過ぎると新規のお客さんはまだ来ません。

なかなか先が見えない状況ですが、救いは店の家賃がまだ安かったことです。大阪・北新地、神戸・三宮などの歓楽街と比べれば、感覚的には3分の1くらい。阪神の後輩たちでも、北新地で鶏料理店を営むサジキ(桟原将司氏)やバーを開く浅井(良氏)のことは心配です。家賃が違えば仕入れや収入にも直接、響きますから。

私が鶏の卸売市場などの修業を経て、2013年8月に西宮の下町に店を構えたのは、プライベートでなじみがあったからではありません。候補地を歩く中での「直感」でした。

阪神西宮駅に近いのに当時、ここは意外に寂れていて人も少なかった。でも、正月は多くの人でにぎわう西宮神社も近いし、集客がある程度は見込めると思ったんです。今では阪神・矢野監督ら球界関係者や野球ファンだけでなく、地元の方も来てくださる。本当にありがたいですね。

現役時代は「隙間産業」の中を生きました。レギュラーではなくバイプレーヤー。代打出場、守備固め、内外野で枠が空いた方へ行ったり。必死に「埋め合わせ」をする気持ちは人より強い。そうすることで、チームもいい形で回り出すんです。

お店はまだ通常営業にはほど遠いですし、第2波のことも考えないといけない。でも今の原動力には、そこでの経験が生きていると思います。



下は1999ドラフトでオリックスが指名した選手です。葛城育郎は2位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの1999ドラフト指名選手
1位 山口 和男 三菱自動車岡崎 投手
2位 葛城 育郎 立命館大 外野手
3位 迎 祐一郎 伊万里商高 投手
4位 岩下 修一 三菱自動車岡崎 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:40|この記事のURL

オリックスドラ1・宮城大弥、2回無失点に監督絶賛

2020年05月28日

 5/28、スポーツニッポン6面より

2019オリックスドラフト1位 宮城大弥
興南高・投手・動画

オリックスのドラフト1位・宮城(動画)が27日、京セラドームで行われた紅白戦に紅組の3番手で登板。2回を1安打無失点で首脳陣にアピールした。  

「最初は緊張して、どうなるか分からなかったのですが、結果的に抑えられて良かったです」。
1イニング目の7回、西村に146キロ直球を右前に運ばれた。それでも、続く中川をチェンジアップで泳がせ中飛に打ち取ると、モヤは143キロ外角直球で遊ゴロ併殺に仕留めた。

8回は3者凡退。実戦登板は3月20日の大商大との練習試合以来で、プロの打者との初対戦、しかも1軍メンバーの白組相手に非凡な才能をほとばしらせた。

ベールを脱いだ“新鮮力”を初めて直に見たという西村監督もニンマリだ。「いいとは聞いていたが、その通りのピッチング。いいものを見せてくれた。将来が楽しみですね」。開幕1軍の可能性については「しっかり育成していく」とかわしたものの、大器を感じさせる高卒1年目左腕への期待はさらに高まったようだった。

この日はMAX148キロ。大商大戦での球団スピードガンによる150キロの自己最速には2キロ及ばなかった。ただ「引っかかった感じで、あまりよくなかった」と反省。変化球はスライダーとチェンジアップ。カーブと練習中のフォークは投げなかった。

「真っすぐをいいところに決められればプロを打たせられる」。新型コロナウイルスの感染拡大でとんだプロ1年目になったが、宮城は確かな第一歩をしるした。



下は2019ドラフトでオリックスが指名した選手です。1位指名・宮城大弥のスカウト評はこちら

オリックスの2019ドラフト指名選手
1位宮城 大弥 興南高投手
2位紅林 弘太郎 駿河総合高内野手
3位村西 良太近畿大投手
4位前 佑囲斗 津田学園高投手
5位勝俣 翔貴 国際武道大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

オリックスドラフト懸念、今年も入団テスト実施か

2020年05月23日

日刊スポーツwebsiteより (source)
オリックス福良淳一GMが、2年連続で入団テストを行う構想を示した。今夏の甲子園大会中止を残念がった上で、今後のスカウト活動について「影響は大きい。(2年生から)一冬越えてどれくらい成長があったか見られない」と言及。

今秋のドラフト会議へ向けた情報収集が進まず、入団テストの実施を問われて「考えていかないといけない。集まっていいのかという状況にもよる」と明かした。

センバツ、春季大会に続き地方大会も中止。独自で代替開催が検討される地方大会や、再開した場合の部活動を視察できるか現時点では不明。福良GMは「それができないと2年生までの(材料で)でやるしかない。社会人なら大体の力は分かっているが高校生は急に伸びる。下位指名は難しくなる」とドラフト戦略への影響を懸念した。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

オリックス、スカウトをまとめる牧田勝吾氏は今…

2020年05月15日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2001オリックスドラフト11巡目 牧田勝吾
日本通運・内野手

逆境に屈しない人々が、球界を支えている。新型コロナウイルス感染拡大で球団フロントも普段通りに活動できない状況が続くが、その時間を再開後につなげようと奮闘中だ。オリックスの「コロナ禍にも負けずチームを支える人々」にスポットを当てる。前編は、スカウト陣をまとめる牧田勝吾編成部副部長(2001オリックス11巡目)

オリックスのスカウトの屋外活動は、4月6日から休止している。緊急事態宣言を受け、球団はスカウトの視察業務をストップ。例年ならドラフト候補を追いかけて担当地区を駆け回るスカウトたちも、自宅待機を続けている。1月1日に現職に就いた牧田編成部副部長は、自宅時間を使って読書に励んでいる。

▼牧田氏
「今の立場になって痛感したのが、言葉の大切さでした。自分の言葉の拙さで、うちのスカウトたちに伝えたつもりのことが相手に伝わっていない場合もある。それでは意味がないと思い、伝える力を身に付けようと本を読むことにしたんです」


脳科学とスピーチの専門書を1冊ずつ購入。大事と思う箇所に線を引き、時間をかけてこの1カ月でじっくり読み込んだ。真意を伝える、相手をその気にさせる表現力を学んだ。

今年は、昨年まで1軍打撃コーチだった下山真二スカウトや北京五輪ソフトボール金メダリストの乾絵美スカウトらが加わった。「球界初の女性スカウト」も交えた顔触れを強力な仕事人集団にして、5年連続Bクラスのチームを変える人材を獲得したい。

育成による強化を目指すオリックスは、昨秋ドラフトで育成8人を含む13人を指名。スカウトは手腕を発揮できる仕事場にいる。

▼牧田氏
「うちのみんなには、ほれた選手は全員取ろうと伝えています。チームを強くしたいですから。言葉には不思議な力がある。人をやる気にさせる。言葉をちゃんと使うことができたら、いろんなことを変えられる。視察ができるようになったら、移動時間はひたすら本を読みます」


読書による「言葉力」の向上で、「育成のオリックス」を支える。



下は2001ドラフトでオリックスが指名した選手です。牧田勝吾は11巡目指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2001ドラフト指名選手
自由枠小川 裕介立命館大投手
自由枠平野 恵一東海大内野手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目島脇 信也近江高投手
5巡目早川 大輔本田技研外野手
6巡目肥田 高志立命館大外野手
7巡目山本 拓司大産大投手
8巡目辻 竜太郎ヤマハ外野手
9巡目本柳 和也日本通運投手
10巡目後藤 光尊川崎製鉄千葉内野手
11巡目牧田 勝吾日本通運内野手
12巡目板倉 康弘東農大生産学部外野手
13巡目深谷 亮司河合楽器捕手
14巡目藤本 博史元阿部企業捕手
15巡目橋本 泰由箕島球友会投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:50|この記事のURL


ドラフトニュース検索