ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
オリックス

金子千尋(オリックス)、巨人入りのウワサ

2018年11月23日

11/23、日刊ゲンダイ26面より

2004オリックスドラフト自由枠 金子千尋
トヨタ自動車・投手

「自由契約を選択する可能性もある」。21日、こう言ったオリックス・金子千尋(2004オリックス自由枠)の去就に注目が集まっている。今季は17試合に登板して4勝7敗、防御率3.87。8月に首から背中にかけて張りを訴え二軍落ちとなり、そのままシーズン終了となった。

今季で終了した大型契約は4年総額20億円超。この期間は30勝30敗で、今季の年俸6億円から来季は野球協約が定める減額制限を大幅に超える年俸1億円の提示を受けている。プロ野球史上最大のダウンとなる5億円減を受け入れるか、自由契約になるかの二者択一を迫られ、20日の3度目の交渉でも合意せず、冒頭のコメントに至った。

オリックスの関係者は「ナカジ(中島)と一緒では・・・」とこう漏らす。

「減額制限を超えた提示をされて、それなら辞めますと退団の道を選び、原監督の引きで巨人入りするというものです。最多勝、防御率、MVP、沢村賞と賞を総なめした2014年オフに国内FA権を行使したでしょう。ポスティングでのメジャー移籍も含めた騒動があった時、原監督の2次政権中だった巨人が水面下で獲得できないか模索していましたからね。原監督は15年限りで辞めているから、金子が良かった時の4年前までの印象が強いのではないか」

通算120勝。かつての沢村賞右腕が自由契約となれば、原監督が手を挙げないはずはないというのだ。ビヤヌエバの入団が決まり、丸、炭谷、中島・・・。これまで巨人が認めた獲得を狙う選手は野手が多い。しかし、補強ポイントはむしろ投手だ。崩壊した救援陣ばかりが取り沙汰されるものの、先発の駒不足も4年連続V逸の要因のひとつである。

17年に14勝を挙げたマイコラスが大リーグ復帰した穴は最後まで埋まらず、2ケタ勝利は菅野1人だけ。期待された山口俊、田口、野上の3人で15勝21敗。前年6勝の畠は故障で先発登板なしに終わった。だからこそ、マリナーズを退団した岩隈を調査。「いい投手は何人いてもいい」が原監督の持論でもある。



下は2004ドラフトでオリックスが指名した選手です。金子千尋は自由獲得枠で入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2004ドラフト指名選手
自由枠金子 千尋トヨタ自動車投手
自由枠(行使せず)
1巡目(指名権なし)
2巡目光原 逸裕JR東海投手
3巡目(指名権なし)
4巡目町 豪将JR九州投手
5巡目田中 彰法政大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

オリックスドラ2・頓宮裕真、プロでは三塁手転向へ

デイリースポーツwebsiteより (source)

2018オリックスドラフト2位 頓宮裕真
亜細亜大・捕手兼一塁手・動画

オリックスがドラフト2位で指名した亜大・頓宮裕真内野手(動画)と都内のホテルで交渉し、契約金8000万円、年俸1200万円で契約合意した。背番号は44に決まった。(金額は推定)

「小さいころから憧れていたプロの世界に一歩踏み出せたかなと思います。自分の持ち味は長打力だと思っているので、打撃でどんどんアピールしていきたいです。目標は1年目から2桁ホームランです。オリックスは明るいチームという印象なので、自分も笑顔を大切にしてプロの世界でも“顔晴りたい”と思います。」

頓宮は侍ジャパン大学代表の4番を務めた大学屈指のスラッガー。今春のリーグ戦では5本塁打を放ち注目を集めた。大学時代は捕手だったが、オリックスでは三塁に転向させる方針



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。2位指名・頓宮君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

オリックスドラ7・中川圭太、スカウト「今岡めざせ」

2018年11月22日

スポニチwebsiteより  (source)

2018オリックスドラフト7位 中川圭太
東洋大・二塁手・動画

オリックスからドラフト7位指名された東洋大・中川圭太内野手(動画)が21日、東京都のホテルメトロポリタンエドモントで仮契約を結んだ。契約金2500万円で年俸は700万円。背番号は67に決まった。 最後のPL戦士と呼ばれる中川は1年目の目標に「開幕1軍。そして1年間居続けること」を掲げた。

パンチ力とミート力を兼ね備え、リーグ通算9本塁打を誇るスラッガーは開幕1軍を力強く誓い「まずは1年間勝負できるケガしない身体作りを。入団までに3キロ増やしたい」。

また、牧田担当スカウトに「PLの先輩の今岡さんのように打つ方でチームをけん引する選手になってほしい」と期待を寄せられると「首位打者や打点王を獲った今岡さんのような勝負強いバッターになりたい」と期待に応える活躍を誓った。

オリックスは縁のある球団だったことを明かした。本拠地である京セラドームは地元が大阪だったこともあり試合観戦もしていたが、試合でも訪れており「(泉佐野シニアに所属していた)中学2年の時、レフトへホームランを打ったことがあった。オリックスにドラフト指名されたときにそれが頭に浮かんできた。縁を感じた」と話した。

背番号は67に決まり「西村徳文新監督(背番号77)に近いのでうれしい」と笑顔をみせた。



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。7位指名・中川君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフト選手の家庭の事情、太田椋(オリックス1位)

2018年11月17日

11/17、日刊ゲンダイ39面「ドラフト選手の家庭の事情」より

2018オリックスドラフト1位 太田椋
天理高・遊撃手・動画

オリックスの打撃投手を務める父親の暁さん(1988近鉄ドラフト6位)は、30年近く経ったいまでも近鉄時代のプロ初打席を鮮明に記憶している。91年5月4日。ビジターの西武戦の九回表、中根仁の代打で打席へ。抑えエースの潮崎から四球を選んだ。

「緊張し過ぎたせいなのかどうか、ボールがすごくよく見えたことを覚えています。シンカーもよく見えた。最後はインコース低めのストレートでした」(暁さん)。

京都府出身。帝京五(愛媛)から88年のドラフト6位で近鉄に入団。高校時代は投手で、投げないときは一塁や外野を守ったが、プロ入りと同時に内野手に転向することになった。8年間の現役生活で一軍出場は計3試合。そのうちの1試合だから覚えていて当然かもしれないが、中でも四球で出塁した打席が強烈な印象として残っているのは理由がありそうだ。

「近鉄は当時、選手層が厚く、なかなかチャンスが回ってきませんでしたけど、太田は選球眼が良かったし、野球センスもあった。それに2人とも心が強い。そのあたりは息子が受け継いでいるのかもしれません」と言うのは近鉄で暁さんの2年先輩の内野手だった中村良二・現天理高監督。

「息子」とは暁さんの次男で、先のドラフトでオリックスに1位指名された天理・太田椋(動画)のことだ。

「太田(暁さん)は線が細く、近鉄の首脳陣から(鳥)ガラなどと呼ばれていましたけど、息子の方が体は大きいし、体力もあるように思いますね」(中村監督)

手だれのベテランスカウトによれば「野手にとっての選球眼は足や肩と同じくらい重要。例えばベースの手前でワンバウンドするボールに手を出す選手は、プロで鍛えようと、まず直らない」そうだ。椋はつまり、野手にとって何より重要な要素を父親から受け継いだことになる。

大阪府羽曳野市内の4LDKの一戸建てに、暁さん、暁さんの保育園からの同級生で近所でパートをする母の綾子さん、大学生の兄、次男の太田、妹の5人で暮らす。

太田が軟式の少年野球チームに入ったのは小学3年生のとき。中学に入るとダルビッシュ(現カブス)も所属した羽曳野ボーイズへ。高校は奈良の天理へ進学し、昨夏は2年生ながら3番・遊撃手としてチームのベスト4進出に貢献した。暁さんは96年に現役引退後、近鉄の用具係に。その後、オリックスでは打撃投手を務め、現在に至る。

「20年以上、打撃投手をやっていますからね。イチローさんだけでなく、オールスターや日米野球でも投げ、一流選手の打撃を目の当たりにしてきました。(太田には)高校に入る前まで、こういう選手のこういうところは参考にした方がいいとか、この選手の映像は見ておくといいとは言いましたね。食が細かった自分と比べ、かなり食べますし、体も大きくて強いと思います」(暁さん)

太田は父親から受け継いだ財産を、プロで有効活用するに違いない。



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。1位指名・太田君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

オリックスドラ3・荒西祐大、スカウト「即戦力になる」

2018年11月16日

デイリースポーツwebsiteより (source)

2018オリックスドラフト3位 荒西祐大
ホンダ熊本・投手・動画

オリックスは15日、ドラフト3位で指名したホンダ熊本・荒西祐大投手(動画)と熊本市内で交渉し、契約金6500万円、年俸1100万円で仮契約した。背番号は15。今季限りで引退した佐藤達也の背番号を引き継がせるだけでも期待の高さが分かる。

長村裕之球団本部長は「すぐ1軍で対応できる投手。即戦力に1番近い。先発、リリーフどちらでもできる。社会人では予選も本選も一人で投げ抜いたタフさもある。140キロ後半のストレート、スライダー、シンカーのキレ、コントロールも安定している。コンビネーションで組み立てができる投手」と高評価を口にした。

荒西はMAX149キロを誇るスリークオーター右腕。26歳は今秋ドラフトで指名された最年長選手でもある。昨年12月にはウエスタン選抜、イースタン選抜などが参加し、台湾で行われたアジア・ウインターリーグに社会人チームの一員として参戦。5試合に登板し9回を投げ被安打8、6奪三振、1四球で防御率0.00の好成績を残した。

今夏にジャカルタで行われたアジア大会には社会人侍ジャパンとして参加。4試合を投げ6回2/3を被安打4、8奪三振、無四球で防御率0.00の好投で銀メダル獲得に貢献した。

荒西は「仮契約を終えて、少し実感がわいてきました。ホンダ熊本で培った強気のピッチングスタイルで、チームの勝利に貢献できるようにがんばります。15という素晴らしい番号をいただいたので、ホンダの大先輩である佐藤達也さんのように、結果を残しファンに愛される選手になりたいです」と意気込みを話していた。



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。3位指名・荒西君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 06:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索