ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
オリックス

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その5)

2017年07月21日

7/19、日刊ゲンダイ31面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳



「いや~、栽監督はヒドいですよ」。1998年11月26日の夕方、電話をかけてきた三輪田勝利の第一声がこれだった。20日のドラフト会議で「ダイエー以外なら進学」の新垣渚投手(沖縄水産高)を1位指名。交渉役で編成部長の三輪田は現地へ飛んだが、本人はもちろん、沖縄水産高野球部の栽弘義監督に会うことすらできない。

栽監督の知人から持ち掛けられた裏金5000万円の要求をのむと伝え、ようやく会えることに。栽監督と話をしてきた三輪田は堰を切ったようにこう続けた。

「だって代表、僕はここに1週間いて、話をするどころか、会うことすらかなわなかったんですよ。それがきょう、グラウンドに行って、タクシーから降りるなり、監督の方から僕の方に近づいてきたんですから」。これまでグラウンドにいながら顔も見せなかった栽監督が、自分から挨拶に出向いてきたというのだ。三輪田があきれたのは無理もない。こちらが裏金の要求に応じたとたん、態度が豹変したのだから。

三輪田の話は続く。「三輪田君、君はすごいね。早稲田ってのは、すごい力を持ってるね。僕はこの3日間、早稲田のOBからものすごく責められたよ。三輪田をこれ以上、困らせるなってね。僕はもう、どうしようもない。早稲田に負けたよ。新垣を取ってくれと、栽監督はこういう言い方をするんですから」

なにはともあれ、とりあえず、道は開けた。「そうか、良かったやないか。結局、カネが効いたんやないか」、「会社には迷惑をかけることになりますけど、これで新垣は取れますよね?」。新垣獲得に関して確信にも似た感触が生じたのだろう。三輪田の声は弾んでいた。

「栽監督は、早稲田のOBに迷惑をかけるといかんから、僕が全部、新垣に会う段取りをする、三輪田君、あすには会えるからもう心配するなと、こうですよ」、「それは良かったやないか。あした、すぐに会え!」

聞けば、翌27日夕方6時に自宅で本人と両親に会う段取りになっているという。こちらからは三輪田と九州担当スカウトの山本公士の2人が出向くことになった。三輪田とは、新垣家への手土産は何にしたらよいかといった話もした。

栽監督が「新垣を取ってくれ」と言っている以上、何も心配することはない。我々にとっては万々歳じゃないかと、そんな会話もあった。三輪田の声のトーンは明らかに明るかった。しかし、三輪田との会話はこれが最後になった。(つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は10年前(2007年)の日刊サイゾーの記事ですが、本当の話だったんですね。

「アマチュア球界・プロ野球界は裏金で成り立ってきた過去がある。特に名将といわれる監督ほど黒い噂は絶えない。5月に逝去した沖縄水産高校の栽弘義監督が、沖縄本島に栽御殿と呼ばれる豪邸を建てたのは有名な話」。スポーツ紙記者がそう語るように、西武ライオンズのスカウト活動に伴う不正行為に端を発したアマチュア球界の裏金問題。(以下略)



下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

柳橋巧人(金沢西)に3球団、オリックス「制球がいい」

2017年07月20日

7/20、スポーツ報知websiteより (source)

柳橋 巧人 (金沢西高・投手) 
177cm・右投左打・動画

16日の1回戦で同大会初の完全試合を達成した右腕・柳橋巧人を擁する金沢西が松任に7―0で7回コールド勝ち。柳橋は6安打を喫したが、無四球11奪三振で完封した。

金沢西・柳橋のパーフェクトピッチングは、打者29人目、112球目で途切れた。初回先頭打者を3球三振に仕留めたが、2番・米沢享介三塁手に3球目をはじき返された。打球は柳橋の左を抜け、中前に転がった。「打たれるのはいつも通り。仕方ないなと思った」。すぐに気持ちを切り替えると、スコアボードに7個の「0」を並べた。

大会前は無名の投手だった。だが、完全試合の快挙を受けプロのスカウトも動き出した。バックネット裏では、オリックス、楽天、ロッテの3球団が視察。オリックスの由田慎太郎スカウトは「低めのスライダーのコントロールがいいので、高校生は手こずるだろう」と評価した。

イケイケの速球派が、コントロールで開眼した。柳橋はもともと、「ストレートを思い切り『打ってみろや』と投げて、どんどん打たれていた」投手だった。しかし、春の1回戦・金沢学院戦で2回1/3、8失点と炎上。「高さを変えたり、コースをつかないと打たれる。やっぱりコントロールが大事」と痛感した。

春の大会後は、体の上下動をなくし、ひじを頭から離さないことを意識したフォームに改良。打者心理を読み、配球理論も学んだ。最速144キロの直球と、楽天・則本昂大投手の動画で学んだスライダーを駆使し、今大会はまだ四死球を与えていない。

川場裕佑監督は「今は逆に『ストライクを取りすぎるな』と言うぐらい、コントロールが良くなった」とエースの急成長に目を細めた。

完全試合の翌日、コンビニの女性店員から「すごいですね」と祝福された。周囲の注目にも「自分はそんなすごい投手じゃないんで、プレッシャーはない」と冷静だ。3回戦では、昨秋王者・日本航空石川に挑む。「シード校に勝って優勝したい」。大の阪神ファンの柳橋が、甲子園のマウンドを目指す。

(7月19日 石川大会2回戦 金沢西7―0松任)



柳橋君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 08:20|この記事のURL

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その4)

7/15、日刊ゲンダイ43面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳



「何を言っているんだ! ここまできて、降りられるか! 5000万円だろうと、1億円だろうと、カネについてはオレが責任をもつから、いくぞ。カネで解決するのなら、いくらでもええやないか。ウチは引っ込むわけにはいかない」。わたしは交渉の打ち切りを訴えてきた三輪田勝利編成部長にこう言った。

1998年のドラフト会議でオリックスは「ダイエー入り以外は進学」の沖縄水産高・新垣渚投手を1位指名した。翌日、担当の三輪田が沖縄に飛んだが、新垣サイドはかたくなだった。沖縄水産高野球部監督の栽弘義を突破口にしようとしたものの、彼も頑として三輪田に会おうとしない。

そのうち栽監督と親しいという沖縄の人物が交渉に入ってきて、5000万円の裏金を要求された。三輪田は裏金で5000万円なんてとんでもない、会社にそんな大金を使わせるわけにはいかないと考えていた。

「いや、もう、代表、それはやめましょう。5000万円といったら、実際は税金も入れて1億円を払うんですよ。僕はね、会社に1億円も使わせるわけにいきませんよ。いいです、僕が責任を取りますから、この話はなかったことにしましょう」

辞任まで示唆して切羽詰まった様子の三輪田をなだめ、カネのことは自分がなんとかするから要求をのむよう説得した。カネで片が付く、突破口が開けるならいくべきだと判断したものの、三輪田は執拗だった。「うぉー、僕はそんなカネを会社に使わせるわけにいかんのです」、「いや、いいんだ。カネはオレが何とかする」

そんなやりとりが続いてようやく、三輪田は納得したようだった。「本当にいいんですね? それなら裏金を払うと返事をします」。ドラフト会議から5日後、11月25日のことだ。

翌26日、朝一番で三輪田から電話がかかってきた。「栽監督に会えることになりました!」。声が心持ち、弾んでいる。「どうしたんや」、「きのう代表に言われた通り、ウチはカネを払うと。裏金で5000万円を払うと言ったのです。そうしたら先ほど、返事がきて、きょう栽監督が会うと言ってくれました」

「よかったじゃないか、カネで解決したんやないか」、「そうですね。とにかく、きょう、僕はグラウンドに行ってきますから」。税金を含め1億円の裏金で、これまでビクともしなかった重い扉が開いた。暗闇の中で出口も見えず、もがいていた私たちに、ついに光が差し込んだと思った。三輪田から再び連絡が入ったのは、その日の夕方だった。 (つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その3)

2017年07月19日

7/14、日刊ゲンダイ26面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳

新垣サイドは案の定、かたくなだった。1998 年11月20日のドラフトで、オリックスは「ダイエー以外なら進学」の新垣渚(沖縄水産高)を1位指名した。翌朝、当時の編成部長で、新垣を担当する三輪田勝利は沖縄へ。新垣の自宅を訪れたものの、雨中、3時間も待ちぼうけを食らった揚げ句、本人への対面はかなわなかった。

翌22日には新垣が九州共立大に進学誓約書を提出した。交渉の突破口は沖縄水産高野球部の栽弘義監督だと思った。新垣に地元・九州のプロ球団に行きたいという思いはあるにせよ、高校生がひとりで、ダイエー以外は進学という絵図を描き、それに沿って動けるはずがない。

ダイエーと新垣の間のパイプ役が必ず必要だ。それが栽監督かどうかは定かでないにせよ、恩師であれば、新垣に対してそれなりの影響力をもっているに違いない。本人への扉が開かない以上、我々はターゲットを栽監督に絞った。

三輪田は沖縄水産高に日参した。グラウンドにも足を運んだが、しかし、栽監督は当初、頑として三輪田に会おうとしなかった。むしろ、会うことを避けた。九州担当の山本公士には会うのに、新垣との交渉役の三輪田には顔も見せなかった。

「ダメです、代表。何度、グラウンドに行っても、栽さんに会えないんです。山本さんは会えるんですが・・・」。それなら山本スカウトを通して話を進めろと指示したものの、らちが明かない。山本も三輪田に対して、いま、行っても栽監督には会ってもらえない、と言っているようだった。

さまざまな沖縄の有力者に連絡を取って、手伝って欲しいと頼み込んでも、状況は変わらなかった。そうこうするうちに、交渉にある人物が入ってきた。具体的な職業はわからないが地元沖縄の人間で、栽監督と親しいという。山本もその人物とは面識があるようだった。

その人物は最初、どうやっても無理、栽監督は会わないと言っていたが、あるとき、状況が変化した。要するに裏金だ。栽監督と親しいというその人物が、裏金を5000万円払えば、自分が栽監督に話をつけると。そういう趣旨のオファーが山本を通してなのか、三輪田のもとにあったというのだ。

三輪田はすぐに連絡してきた。「もう、この話は降りましょう」、「どうしたんや」、「栽監督との間に入っている人が、裏金で5000万円をよこせと言ってきたんです。これはもう、無理です。あしたもう、僕は帰ります。この話はなかったことにしましょう」。三輪田はこう言って、交渉の打ち切りを訴えてきた。(つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:26|この記事のURL

イチローを発掘した名スカウト、自殺の真相(その2)

2017年07月18日

7/13、日刊ゲンダイ30面「球界への遺言」より 

1998オリックストドラフト1位 新垣渚
沖縄水産高・投手・18歳


「さっき、九州担当の山本公士スカウトから電話があったのです。きょうの会議でドラフト1位は新垣渚でいくと結論が出たと聞きましたけど、絶対にやめてほしいと。これまで自分が散々、話をしてきたが、ダイエーに決まっているんだから取れません。だからやめてくれと言われました。ですから、あすはやめましょう」

98年11月19日、ドラフト前夜の深夜11時くらいだった。ホテルのロビーで会った編成部長の三輪田勝利はこう言った。しかし、新垣の1位指名は、数時間前の会議で決まったばかり。当初、反対していた三輪田も最終的に納得した、はずだった。わたしは三輪田の提案を蹴った。

「みんなでよく話し合った末に出した結論なんだから、いこう。取れる取れないはやってみなければわからないんだから」、「う~ん、そこまで代表が言うのであれば・・・。じゃ、僕は1位指名が決まったら、すぐ現地に行きます。ベストを尽くしてやってみます」。彼がこう言って、その晩は別れた。

三輪田を新垣との交渉権を獲得した際の担当者にしたのには理由があった。彼が編成部長だったというのはもちろんあるが、彼自身の経験を生かせるのではないかと考えた。
早稲田大のエースだった三輪田は、67年のドラフトで近鉄の1位指名を拒否して社会人の大昭和製紙に進んだ。当時の希望球団は地元の中日だったといわれている。

オリックスの前身の阪急に1位指名されてプロ入りしたのは2年後、69年のドラフトだった。ドラフトで意中でない球団から指名された際の選手の気持ちはだれよりも理解できると思ったのだ。

オリックスの仕事をするようになって以来、なにかと世話になっていたダイエーの根本陸夫さんには事前に連絡もしなかった。5年前の93年、ダイエーが囲っているとウワサされた平井正史を1位指名したときは事前に連絡して指名の許可をもらった。

ダイエーは当時、逆指名枠の1、2位を渡辺秀一(神奈川大)と小久保裕紀(青山学院大)で使い切っていて、平井を指名するとしても3位以下になった。是が非でも1位で獲得したいウチには説得の余地もあった。

しかし、今回はダイエーもウチも2位の選手を逆指名で決めていて、ダイエーは新垣を1位で指名することになっていた。ウチが新垣を指名するのはドラフト戦略上、伏せておきたかった。ウチの1位指名が事前にダイエーに伝われば、どんな手を使ってでも潰しにくる。

根本さんに対して義理を欠くことにはなるが、だからといって、降りるわけにはいかなかった。怒られるのは怖かったし、あるいは抽選後、「おまえ、そんなことをしても取れないぞ!」と、どやされたことがあったかもしれない。とにかく平井のときとは明らかに事情が違った。

そして11月20日、ドラフト会議当日。ダイエーとオリックスが新垣を1位指名、王貞治監督と仰木彬監督がクジを引き、仰木監督がすっと右手を挙げた・・・。 (つづく)



上の記事はオリックス・元球団代表の井箟重慶氏が書かれたものです。

下は1998ドラフトでオリックスが指名した選手です。新垣渚は1位指名されるも入団拒否しました。

オリックスの1998ドラフト指名選手
1位新垣 渚沖縄水産高投手
2位川越 英隆日産自動車投手
3位相川 良太東海大内野手
4位木村 昌広日立製作所投手
5位徳元 敏東農大生産学部投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索