ドラフト会議情報局 2023高校生ドラフト候補 2023大学生ドラフト候補 2023社会人ドラフト候補
2023ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
オリックス

オリックス7位・権田琉成、スカウト「即戦力として期待」

2023年11月26日

中日スポーツwebsiteより (source)

2023オリックスドラフト7位 権田琉成
TDK・投手・動画

オリックスは25日、ドラフト7位指名したTDKの権田琉成投手(動画)と仮契約を結んだと発表した。契約金は3000万円、年俸は700万円(金額は推定)。

これで本年度ドラフト会議で指名した7選手および育成ドラフト指名5選手全員の仮契約が完了。30日に大阪市内のホテルで開かれる新人選手入団発表の記者会見で、全選手の背番号が発表される。

権田は球団を通じて「仮契約をしていただき、実感がわいてきましたし、とてもうれしく思います。武器であるストレートのレベルをさらに上げて、任されたポジションで100%の力が出せるように頑張っていきます。1日も早くチームに貢献して、1年でも長く1軍で投げられるような選手になっていきたいです」とコメントした。

権田は180センチ、83キロ、右投げ右打ち。上田西高(長野)では甲子園出場はなく、明星大(東京)では首都大学二部リーグで4年春に最優秀選手に輝いた。TDKでは昨年夏の都市対抗に出場し、日本選手権には昨年から2年連続で出場。今秋は1回戦でENEOSに敗れた。

その社会人として最後となった試合で、権田は4点を先行されて迎えた5回の1死二塁から救援登板。遊ゴロ失策が絡む不運と四球で満塁とピンチを広げ、渡会右翼手(DeNA1位指名)を146キロのストレートで浅い中飛に打ち取ったが、次の丸山一塁手に高め147キロのストレートを捉えられて右越えの満塁本塁打を浴びた。3分の2イニングを打者6人、1安打(本塁打)、2与四球の3失点と本領を発揮できなかった。

今秋ドラフト1位指名された横山聖弥内野手の先輩にあたる。担当の岡崎大輔スカウトは「2022年のU23WCでは守護神を任され、MVPを獲得。MAX152キロのストレートは球速以上のスピード感があり、1年目から即戦力としての活躍が期待される実戦派投手」と評価している。



権田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

オリックス6位・古田島成龍、スカウト「即戦力右腕」

2023年11月22日

中日スポーツwebsiteより (source)

2023オリックスドラフト6位 古田島成龍
日本通運・投手・動画

オリックスは21日、ドラフト6位指名した日本通運・古田島成龍投手(動画)と仮契約を結んだと発表した。契約金3000万円、年俸700万円(金額は推定)。背番号は30日の新人選手入団発表の記者会見で発表される。

古田島は球団を通じて「仮契約をしていただき、夢でもあったプロ野球の世界に入れるという実感がわいてきました。自分の持ち味は、強い真っすぐです。そして人を楽しませる能力もあると思っていますので、そういったところもファンの皆さんには見てほしいと思います。将来的には球団を代表するピッチャーを目指して、まずは1年目からチームの戦力になれるように頑張ります」とコメントした。

古田島は175センチ、85キロ、右投げ右打ち。取手松陽高(茨城)では甲子園出場はなく、中央学院大では通算29試合13勝8敗の防御率1.73。3年秋には最優秀選手賞を獲得し、4年秋の明治神宮大会では優勝に貢献した。

日本通運では昨年と今年に都市対抗出場。日本選手権にも昨年から2年連続で出場し、今秋はヤマハとの1回戦に先発して7イニングを5安打、11奪三振の1失点で勝利投手となった。大阪ガスに敗れた2回戦は登板機会がなかった。

担当の岡崎大輔スカウトが「気持ちを前面に出した投球スタイルで、MAX152キロのキレのあるストレートと鋭く落ちるチェンジアップが魅力的な投手。1年目からの活躍が期待される即戦力右腕」と評価され、来季からの台頭を見込まれている。 


古田島君のスカウト評はこちら

古田島君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

オリックス2位・河内康介、ウエトレで今夏150キロ

2023年11月21日

11/21、スポーツニッポン4面より 

2023オリックスドラフト2位 河内康介
聖カタリナ学園高・投手・動画

オリックスからドラフト2位で指名された聖カタリナ学園・河内康介投手(動画)が20日に松山市内で契約金5000万円、年俸600万円で仮契約を結んだ。交渉を終え、引き締めた表情で大志を言葉にした。

「山本由伸投手を目標にしたい。勝ちが多くて負けが少ないのはエースとして必要なこと。エースになって沢村賞や最多勝を目指したい」

甲子園出場の経験はなくても、肘を柔らかく使ったフォームから繰り出す切れ味鋭い速球とスライダーが武器の逸材。今春までは最速141キロで決して目立つ存在ではなかった。2月に就任した浮田宏行監督にスポーツジムを紹介され、本格的なウエートトレーニングを始めてから急成長し、今夏には150キロまで一気に上がった。

1メートル80、72キロの細身の体は伸びしろ十分で「1年で体重10キロは難しいかもしれないが、5キロ以上は増やしたい。(球速は)155キロを目指したい」と意欲。新球のスプリットにも挑戦中だ。

オリックスは山本、宮城、山下と毎年のように高卒投手が台頭。「自分も加わりたい。1年目から(1軍で)投げることを目標にしている」。大阪・高槻市出身の右腕も、その系譜を継ぐつもりだ。



河内君のスカウト評はこちら

河内君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:59|この記事のURL

オリックス1位・横山聖哉、スカウト「3拍子全て期待」

2023年11月19日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2023オリックスドラフト1位 横山聖哉
上田西高・遊撃手・動画

オリックスのドラフト1位、上田西・横山聖哉内野手(動画)が18日、長野・上田市内のホテルで球団と仮契約を結んだ。契約金8500万円、年俸700万円。(金額は推定)

高校通算30本塁打、遠投120メートルの強肩強打を誇る高校No・1ショート。仮契約を終えて「すごい緊張した。より一層気が引き締まった思い。はやくユニホームに袖を通して、オリックスの一員としてやりたいなという思いです」と初々しく話した。

オリックスに指名された後、阪神の日本シリーズもしっかり目に焼き付けた。「パリーグの選手はすごいピッチャーもすごいので、そういうところを見たり、オリックスに入るので、どのような選手がいるかとかを注目していた」と“予習”はばっちり。

中でも印象に残ったのは「左第4中足骨疲労骨折」を抱えながら、存在感を見せた頓宮裕真捕手。「けがした後もホームランを打ったり、意地を感じた」と“先輩”の強さに目を見張った。

目指すのはチームだけでなく、球界の中心で輝く選手。「将来的な大きな目標は、日本代表として球界を背負って活躍すること。ファンから愛されて、球団から必要とされる選手になりたいと思う」。

担当の小松聖スカウトも「3拍子全てにおいて期待したい。とにかく今のチームのさらなる上積み、底上げというか、そこを越えてこれる能力を持った選手。躍動する姿を期待してもらいたい」とスケールの大きさに期待した。



横山君のスカウト評はこちら

横山君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:47|この記事のURL

オリックス3位・東松快征、スカウト「馬力がある」

2023年11月18日

スポーツ報知websiteより (source)

2023オリックスドラフト3位 東松快征
享栄高・投手・動画

オリックスからドラフト3位で指名された享栄・東松快征投手
(動画)が愛知・名古屋市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金は5000万円で年俸600万円(いずれも金額は推定)。

ユニホームに袖を通した東松は
「責任というか、自分も早くチームの戦力として日本一に貢献できるように。日本シリーズも全試合、勉強だと思って見させていただいた。チームの雰囲気はすごいですし、自分はなじんでいけそうだなと思って、ワクワクでいっぱいです」と決意をにじませた。

享栄では甲子園に無縁だったものの、今年のドラフトの注目株の一人だった最速152キロの直球を誇る快速左腕。
福良GMも「(魅力)は力のある真っすぐ。馬力はありますよね」とうなずき、「そこは期待しています」とスケールの大きな投手になることを望んだ。


東松君のスカウト評はこちら

東松君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:58|この記事のURL


ドラフトニュース検索