ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
阪神

谷川刀麻(近畿大)に中日・阪神など4球団視察

2018年04月19日

4/19、スポーツニッポン4面より

谷川 刀麻 (近畿大・外野手兼投手)
176cm・右投左打・動画

2回戦1試合があり、近大が関学大に連勝して今季初の勝ち点を挙げた。2回に6安打を集めて一挙9得点。来秋ドラフト候補・谷川刀麻外野手(動画)が投手としてリーグ戦初先発して5回2/3を5失点。初勝利をマークした。

投打二刀流の来秋ドラフト候補・谷川がリーグ戦初先発で初勝利を挙げた。「気合いが入りすぎて空回りしてしまった」と猛省したように、5回2/3を被安打10の5失点。阪神、日本ハム、ソフトバンクなど4球団が見守る前で直球の最速は144キロを計測した。

星稜では高校球史に刻まれる小松大谷との激闘を経験。8点ビハインドを9回にひっくり返した14年夏の石川大会決勝は3番手で3回/3を無失点と好投し、ミラクル劇を演出。再び相まみえた15年夏の準々決勝は3点リードの9回に4点を奪われ、サヨナラ負け。最後にマウンドに立ったのが谷川だった。

大学では高い打撃センスを買われ、1年春から野手で出場。大谷(エンゼルス)に憧れ、1年冬に田中秀昌監督に二刀流を志願した。中日の米村明チーフアマスカウトは「身体能力が高い」と評価した。

(4月18日 関西学生野球 近畿大 9-5 関西学院大)



谷川君は現在3年生で2019年のドラフト対象選手です。バッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:13|この記事のURL

佐藤輝明(近大)に8球団、阪神「糸井と互角」

2018年04月18日

4/18、スポーツニッポン6面より

佐藤 輝明 (近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

1回戦1試合があり、近大が関学大に先勝した。近大は4点リードの4回に4番・佐藤輝明内野手(動画)が右翼へ満塁本塁打。3回にも右翼へ適時三塁打を放つなど計5打点と活躍した。

「糸井2世」の2年生4番が勝負を決めた。見せ場は4点リードの4回だ。佐藤は右翼へ豪快な満塁弾を放り込んだ。3回には右翼線に適時三塁打を放つなど、3安打5打点と爆発。「頭をよぎった」という連盟史上2人目のサイクル安打には届かなかったが、強烈な存在感を示した。

1メートル86、92キロ。堂々とした体格は、近大出身の阪神・糸井を想起させる。田中監督が「飛距離は規格外。飛ばす力もナンバー1」とホレ込む逸材で、1年春から中軸を任されている。左の長距離砲に課された春のノルマは15打点だが、1試合で3分の1を稼いだ。佐藤は「春は5本は打ちたい」と意気込む。

ネット裏には巨人、中日、日本ハムなど8球団14人のスカウトが集結。阪神の畑山チーフアマスカウトは「飛ばす力、スイングスピードは大学トップクラス。近大出身の糸井(阪神)、林威助にも負けないくらいの飛距離」とうなった。軸足に体重を残す新フォームに柵越え量産の期待が高まる。

(4月17日 関西学生野球 近畿大 10-7 関西学院大)




佐藤君は現在2年生で、2020年ドラフト対象選手です。バッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

頓宮裕真(亜大)に12球団集結、阪神・中日が評価

4/18、デイリースポーツより

頓宮 裕真 (亜細亜大・捕手兼一塁手)
183cm・右投右打・動画

1回戦2試合が行われ、亜大と国学院大がそれぞれ今季初戦を白星で飾った。亜大は今秋ドラフト候補の頓宮裕真捕手(動画)が公式戦初となる2打席連続の本塁打を放ち7打点を挙げるなど大勝。

12球団のスカウトが視察する中、頓宮が豪快な打撃を披露した。三回に1点を先制し、なおも2死満塁で迎えた第2打席。直球を捉え、左翼へグランドスラムを突き刺した。勢いは止まらない。四回2死二、三塁ではスライダーに泳がされながらも再び左翼席へ運んだ。

通算6号の技あり弾に「左足に体重が残っていたのでうまく打てた」と笑顔。阪神・吉野スカウトは「遠くに飛ばす能力がある」、中日・正津スカウトも「リストが柔らかい」と称えた。

打撃フォームの修正が奏功した。春季キャンプから左足をすり足気味に変更。ボールを前でさばけるようになり、好感触を得た。チーム事情から打撃に専念すべく、この日は捕手ではなく一塁手として出場。主将も担う4番が好スタートを切った。

(4月17日 東都大学野球 亜細亜大 12-3 中央大)




頓宮君のスカウト評はこちら

頓宮君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

川辺凜(京都産業大)に5球団、阪神「将来性ある」

2018年04月17日

4/17、スポーツニッポン6面より

川辺 凜 (京都産業大・投手)
193cm・右投右打・動画

プロ注目の144キロ右腕・川辺(動画)が逆転劇を呼び込んだ。今季初先発で5回を被安打4の1失点と粘投。今季初の勝ち点奪取に貢献した。リーグ戦と並行して就職活動にも励む春。「野球と両方やっていけば、道は切り開けると思う」と汗をぬぐった。

1メートル93の長身はエンゼルス・大谷と同じサイズで、巨人、楽天など5球団が視察。阪神の熊野スカウトは「体もあるし、将来性も感じる。継続して見ていきたい」と評価した。

(4月16日 関西六大学野球 京都産業大 3-2 大阪学院大)




川辺君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:20|この記事のURL

阪神高卒2年目・才木、2軍で清宮を完璧に封じる

2018年04月15日

4/15、デイリースポーツ4面「阪神2軍情報」より

2016阪神ドラフト3位 才木浩人
須磨翔風高・投手・18歳

1軍昇格へ準備万端だ。先発した才木(2016阪神3位)が6回を投げて4安打、2失点。2四球は与えたものの6奪三振と、4失点した前回6日のウエスタン・中日戦から修正した姿を披露した。

2軍戦にも関わらず、詰めかけた観衆は2623人。注目ルーキー・清宮との対戦は初回だ。2球続けて真っすぐで空振りを奪い、3球目にこの日最速となる150キロで一ゴロ。二回は4番・高浜、1軍で実績のある5番・矢野と続く岡から3者連続三振を奪った。

3度訪れた高卒ドラ1との対戦も、全て凡打で清宮封じに成功「ストレートで空振りを取れたのは良かった。別に意識はしていなかった」と振り返った。

許した2点はともに2死までこぎ着けながら粘れなかった。「点を取ってもらった次の守りで、先頭をヒットで出したり、2死からの四球は反省」と自身に言い聞かせた。それでも矢野2軍監督は「ゾーンの中で押し込んだファウルを取りながら、最後に、決めに行ったろっていうメリハリはすごくあった」と評価した。

同時に「今日のピッチングを1軍で出せるのであれば、勝負できるんちゃうかなっていうレベル」。来るべき1軍の先発マウンドに向け、才木が結果と内容の両方にこだわり続ける。

(4月14日 ウエスタン・リーグ 阪神 7-2 日本ハム)
 


下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。3位指名・才木浩人のスカウト評はこちら


阪神の2016ドラフト指名選手
1位 大山 悠輔 白鴎大 内野手
2位 小野 泰己 富士大 投手
3位 才木 浩人 須磨翔風高 投手
4位 浜地 真澄 福岡大大濠高 投手
5位 糸原 健斗 JX-ENEOS 内野手
6位 福永 春吾 四国IL徳島 投手
7位 長坂 拳弥 東北福祉大 捕手
8位 藤谷 洸介 パナソニック 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:53|この記事のURL

ドラフトニュース検索