ドラフト会議
情報局
2018ドラフト
高校生の候補
2018ドラフト
大学生の候補
2018ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
12球団情報
まとめ
ホームに
もどる
阪神

2018期待の新人、石井将希(阪神育成1位)

2018年01月20日

1/20、スポーツニッポン2面「球界新士録」より

2017阪神(育成)1位 石井将希
上武大・投手・動画

昨秋のドラフトで石井(動画)は阪神から唯一、育成選手として指名を受けた。左腕から最速145キロを投げ込む直球を武器に持ち、将来性を見込まれての指名だ。「(指名されて)ビックリしました。もう無理だと思っていたので・・・」

プロへ導いたのは、度重なる偶然だった。3学年上、6学年上の兄を持つ末っ子で、兄2人ともバスケットボールを習っていたこともあり、小3までバスケ一筋だった。ところが、たまたま参加したソフトボール大会で大活躍。その喜びが大きく、野球に転向することを決断した。

とはいえ、家族は根っからのバスケ一家。野球に興味もなければ、知識もない。何となく右利きのグラブを購入してプレーしたが、その姿を見た指導者から「左利きじゃなかったか?」。試しにサウスポーにしたところ、ずば抜けた能力を発揮した。中学時代には全国の有望選手が掲載される雑誌「野球小僧」に取り上げられるほどになった。その後、桐生第一→上武大と経歴を重ね、ついにプロの門を開いた。

阪神の育成選手は石井を含め、わずか3人だけだ。27人のソフトバンクや25人の巨人と比べれば格段に少ない。しかも、横田と歳内は昨季まで支配下でリハビリのための育成扱いである。心細さもあるだろうが、8日の新人合同自主トレ初日に視察した金本監督から掛けられた言葉に勇気づけられた。「ドラフト1位だろうが、育成で入団した選手だろうが、力がある者を使っていく」

プロは実力の世界。入ってからが勝負だ。背番号121の左腕は「まずは支配下を」と意気込み、プロ生活をスタートさせた。



下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手



draftkaigi at 06:55|この記事のURL

阪神の2018編成&スカウトの顔ぶれ(計11人)

下は阪神タイガースの2018編成&スカウトの顔ぶれです。

阪神の2018編成&スカウト一覧
球団本部本部長 谷本 修
球団本部アマスカウト統括スカウト 佐野 仙好
球団本部アマスカウトディレクター課長 永吉 和也
球団本部アマスカウト統括補佐 畑山 俊二
球団本部アマスカウト 熊野 輝光
球団本部アマスカウト 山本 宣史
球団本部アマスカウト 平塚 克洋
球団本部アマスカウト 葛西 稔
球団本部アマスカウト 田中 秀太
球団本部アマスカウト 吉野 誠
球団本部アマスカウト 筒井 和也


週刊ベースボール(1月29日号)を参考にしました。

draftkaigi at 06:52|この記事のURL

阪神ドラ1・馬場皐輔、「工藤公康・渡辺久信級」の声

2018年01月19日

1/19、サンケイスポーツ1面より

2017阪神ドラフト1位 馬場皐輔
仙台大・投手・動画

上々の初投げで、堂々のアピールだ。矢野2軍監督やスカウト、評論家らがズラリと見守る中で、始まったドラ1の初ブルペン。独特の雰囲気をものともせず、馬場(動画)が力強く右腕を振った。「傾斜の角度やフォームの確認など自分の中で確認するポイントをいくつか持って投げました。思ったところに、ある程度、まとまって投げられたかなと思います」

捕手の長坂を立たせ、セットポジションからコンパクトなテークバックで直球のみ35球。白球はほぼ胸の前に構えたミットに吸い込まれ、長坂の「ナイスボール!!」の声がブルペンに響いた。「(納得いく球は)全然・・・。(仕上がりは)50%以上くらいですね」

本人は控えめも“ギャラリー”の心はがっちりつかんだ。捕手の後ろから見守った黒田正宏氏(1970南海6位)「久しぶりのマウンドで関係者が大勢見守る中、物怖じすることなく堂々と投げていた」と感服。技術面にも踏み込んだ。

「剛速球タイプだが、想像以上に制球がいいのに驚いた。捕手の構える胸元にしっかり投げ込んでいたし、抜け球が全くなく、器用さも感じた。球のキレ、回転がいいから、長坂のミットの音も良い。テークバックが小さいフォームが大きな特長で、下半身がバランス良く使えている」

真っ先に頭に浮かんだのは、西武での捕手、コーチ時代に受けた、左右のエースの姿だ。「左なら工藤公康、右なら渡辺久信」。

西武黄金期を支えた工藤公康(ソフトバンク監督)は通算224勝、渡辺久信(西武SD)は125勝。「どちらも(テークバックが小さく)タイミングを取りづらい投手だった。馬場も打者がタイミングを合わせようとしたら、その時は右腕が耳の後ろあたりに来ている感じに映るだろう。打者は相当苦労するはず」とうなずいた。

「(スカウトから)変化球も素晴らしいと聞いている。捕手の立場から言えばリードするのが楽しみな投手だ」。最速155キロの速球。ここにカットボール、縦&横のスライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットが加われば・・・。楽しみは尽きない。

自身のフォームについて、馬場は「(体が)開かないようにするのは大前提。体重移動だったり股関節を使って投げることを意識しています」と話すと「自分がやるべきことをやっていきたい。もっと最後にボールを押せる感覚を持っていきたい」と課題を挙げた。

風邪による2日間の離脱で調整が遅れ、1軍キャンプ入りに黄色信号が灯っていたが、この初投げを見せられたら・・・。確定はメッセンジャー、秋山のみの先発ローテへ、殴り込みをかける即戦力右腕。いきなり、大きなインパクトを残した。 



下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名・馬場君のスカウト評はこちら

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手


draftkaigi at 06:52|この記事のURL

阪神ドラ5・谷川昌希、コーチ「中日の谷元タイプ」

2018年01月18日

1/18、スポーツニッポン2面より

2017阪神ドラフト5位 谷川昌希
九州三菱自動車・投手・動画

阪神のドラフト5位・谷川(動画)も2日ぶりのブルペン投球で感覚を確かめた。視察した金村投手コーチからは「挙げるなら(中日の)谷元。投げ方も似ている」とプロ9年間で計369試合登板を誇る中継ぎのスペシャリストに例えられた。

特に連投がきく体力面を特長に挙げられ、「社会人時代に5連投したとか、タフだと聞いている。タフであるのは、ありがたい。セ・リーグは中継ぎが重要。うちはレベルが高いが、争いに割って入ってほしい」と期待を向けられた。

12日に新人一番乗りでブルペン入りし、15日には変化球も解禁してスライダーなど4種類を試投。社会人出身だけに1年目から戦力と目され、仕上がりの早さは問題ない。同コーチも「ブルペンは4度目らしい。飛ばしすぎるな、とみんなに言われていた」と明かし、実戦も新人最速デビューとなりそうだ。



下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。5位指名・谷川投手のスカウト評はこちら

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手


draftkaigi at 06:54|この記事のURL

阪神ドラ2・高橋遥人、「河本クラス」という声

2018年01月16日

1/16、サンケイスポーツ4面より

2017阪神ドラフト2位 高橋遥人
亜細亜大・投手・動画

キャッチャーミットから威勢のいい音が響いた。初めて入った鳴尾浜のブルペンで、ドラフト2位・高橋遥人(動画)が剛球31球を披露。受けた本田ブルペン捕手は、興奮気味に明かした。「すごいボールを放っていた。わかっていても真っすぐで勝負できるようなピッチャー。ロッテの河本みたいでした。これからが楽しみですね」

ロッテの河本育之氏といえば「分かっていても打てない」といわれた最速149キロの直球で強打者をねじ伏せた左のリリーフ。ロッテ、巨人で通算95セーブをあげた河本ばりの剛球を次々と投げ、順調な調整ぶりを見せつけた。

前日14日の練習後にはブルペン入りについて「できるだけ早く入りたいです」と話していたが、最高気温13度と暖かかったこの日に敢行。視察に訪れた片岡ヘッドコーチや矢野2軍監督にいいアピールとなったはずだ。「いいボールは数球しかなかったので、確率を上げていかないと」と自己評価は控えめだったが、本田ブルペン捕手は「本人が思っている以上にいいんじゃないかな」と目を細めた。

大学時代は通算5勝(7敗)。最速151キロを投げる素材を買われての上位指名だったが、初投げの評価は上々。即戦力としての期待も高まる。高橋遥は「体は全然大丈夫なので、これから多く(ブルペンに)入っていきたいです。しっかり上からたたくイメージで投げられるようにしたいです」と意気込んだ。伸びしろ十分のルーキーが、キャンプインに向けて徐々に段階を上げていく。



下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。2位指名・高橋君のスカウト評はこちら

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索