ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
阪神

佐藤輝明(近畿大)、阪神は本気モードの9人態勢

2020年10月20日

10/20、スポーツニッポン2面より

佐藤輝明(近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

敗れれば優勝が遠のく一戦で、近大・佐藤(動画)が真価を発揮した。4―0の4回2死一、三塁。勝利を大きく引き寄せる右前打を放ち「低めは好きなので、うまく拾えた。チャンスで打てて良かった」とかみしめるように話した。

前日の1回戦で通算14本塁打のリーグ記録を樹立。それでも「自信にはなるが、満足はしていない」と振り返る。

4年間の通算は打率・288、88安打69打点。今春リーグ戦が中止となった中での数字だが「もっとヒットを打ちたかったし、守備走塁でも、できることがあった。これが実力と受け止め、次のステージに向けてやりたい」と前を見据えた。

この日は6球団のスカウトが視察。阪神は和田TA、畑山統括をはじめ、スカウト陣8人。竹内孝行球団本部企画統括部長も球場に姿を現した

ドラフト会議に向け、佐藤は「やることはやった。あとは見届けるというか、しっかり待ちたい」と静かに言う。会議まで1週間。現段階で1位指名を公表しているのはオリックスのみだが、周囲は慌ただしさを増してきた。

大学最後のリーグ戦は8勝2敗で全日程を終了。2位・立命大が最終節で連勝すれば勝率で並び、優勝は今月28日の決定戦で決まる。「気を抜かず、準備をしていきたい」。注目を一心に集める大砲はドラフト後の決定戦に向け、心身ともに準備を整える。

(10月19日 関西学生野球 近大 5-1 関大)



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:44|この記事のURL

森浦大輔(天理大)、阪神・巨人など6球団視察

2020年10月19日

日刊スポーツwebsiteより (source)

森浦大輔(天理大・投手)
175cm・左投左打・動画

天理大は落とせない一戦でエース・森浦大輔(動画)が好投した。直球、変化球で追い込んではチェンジアップを決め球に空振りを奪い、2試合連続12奪三振。阪神、巨人など6球団が見守る前で結果を出し、「追い込んでから自分のボールで勝負できました」と振り返った。

負ければ関西国際大の優勝が決まる試合で踏ん張ったエースを、藤原忠理監督は「先制点を与えないという先発として大事なことをやれる。試合を作れる投手」とねぎらった。

(10月18日 阪神大学野球 天理大 6-1 大産大)



森浦君のスカウト評はこちら

森浦君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:50|この記事のURL

阪神、ドラフト1位指名選手明言せず

2020年10月18日

10/18、デイリースポーツ2面より
阪神・矢野監督が26日のドラフト会議での1位指名選手について明言を避けた。「球団の戦略もあるし、人によって何が(評価するポイント)というのは変わる部分もあって当然やと思うし。今言えることは何もないよ」と話すにとどめた。

現時点で、阪神は近大・佐藤輝明内野手(動画)の1位指名が有力視されている。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら

2020ドラフト指名予想はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

佐藤輝明(近大)に対する各球団の主な動き

2020年10月10日

10/10、日刊スポーツwebsiteより (source)

佐藤輝明(近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

阪神はコロナ禍から練習再開した6月15日に畑山統括スカウト、担当の渡辺スカウトが近大グラウンドを視察。秋季リーグでは和田テクニカルアドバイザーなど6人が視察に訪れるなど、多くの目でチェックを重ねている。

巨人は8月の編成会議で即戦力野手を指名する方針を決定。10月1日に面談した榑松スカウト部次長は「球団として最高の評価をさせていただいていることをお伝えしました」と明かした。

西武は中村、ソフトバンクは松田宣と、来季38歳を迎える三塁手の後継者として指名を検討。野手では今秋ドラフトNO・1評価をする球団がほとんどで、競合必至の情勢だ。



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:10|この記事のURL

阪神、今秋ドラフト戦略の現状

2020年10月01日

10/1、デイリースポーツ1面より
阪神は8月末の段階で高校、大学、社会人合わせて全体で約130人をリストに挙げていた。そこから各地で大学のリーグ戦や、社会人野球の都市対抗予選も開幕。近日中に行われるスカウト会議で、さらに人数が絞り込まれる方向だ。

1位を野手指名にする場合、現状は近大・佐藤(動画)が1位の有力候補となる。畑山統括スカウトはこれまで「1位の決定はギリギリまで。そんなに早くそこは決められない」と話しており、10月26日のドラフト当日に決定することも視野に、状況を見極めていく。

全体的には右の強打者の指名も、一つのポイントとして挙げられている。また、一昨年の育成枠・片山、昨年の藤田に続き、3年連続で捕手の指名も検討されているもようだ。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら

2020ドラフト指名予想はこちら

draftkaigi at 08:18|この記事のURL


ドラフトニュース検索