ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
阪神

阪神、牧野翔矢(遊学館)の指名を検討

2018年10月22日

10/22、スポーツニッポン1面より

牧野 翔矢 (遊学館高・捕手)
178cm・右投左打・動画

次世代の正捕手育成も新監督に託す。阪神が25日に都内で開催されるドラフト会議で、遊学館の牧野翔矢捕手の指名を検討していることが21日、分かった。

阪神は現在、7人の捕手が在籍しているが、最年少の長坂も来年で25歳。未来の正妻候補となる若い捕手は、大きな補強ポイントとなっている。ドラフトで高校生捕手を指名したの10年3位の福岡工大城東・中谷(現在は外野手)が最後。

球団関係者も「ドラフトで捕手を一人獲らないといけないとは思っています。どの順位になるかは分かりませんが。矢野監督だから、は特別関係ないですが、捕手は補強したい」と明かした。

その筆頭候補が、遊学館で4番を務めた牧野翔矢。甲子園出場はなく、中央球界では無名に近い存在だが、強肩強打に加え50メートル走6秒25の俊足も兼備する身体能力抜群の捕手。阪神スカウト陣は早くからマークしており「隠し玉」的な存在だ。

遠投115メートルで二塁送球完了は1.8秒台を誇る強肩が最大の武器で、今夏の石川大会では投手として登板も果たし142キロを計測した。打っても高校通算15本塁打を記録した。穴水中時代には家の近くの能登の海に潜り、モリでタコやベラを突いて獲っていたという野生児。「素潜りで全身を使うので、肩も強くなったのかなと思います」と笑う。

憧れの捕手は大リーグや阪神でも活躍した城島。プロを意識し始めたのは高校2年生と言い、まだまだ成長を続ける、伸びしろ十分な金の卵だ。

今季は梅野が急成長し、132試合の出場で初の規定打席到達。打率.259、8本塁打、47打点と打力でも貢献し、10年城島以来の100試合先発マスクも果たした。ただ、不動の正捕手の域にまでは達しておらず16、17年はバッテリーコーチとして指導した矢野新監督も「競争」を強調している。将来を見据え、捕手の層をさらに厚くすることがチーム方針だ。

ドラフトはウエーバー制で、他球団との兼ね合いもあるだけに、指名順位は流動的。牧野を指名できなかった場合に備え、こちらも強肩強打の青藍泰斗・益子京右捕手(動画)もリストアップしているもよう。運命のドラフト会議まで、あと3日。「矢野2世」となる高校生捕手の逸材を獲得できるかにも注目が集まる。



牧野君(遊学館)のバッティング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 11:28|この記事のURL

阪神、FA補強は西勇輝(オリックス)を優先的に

10/22、デイリースポーツ3面より

2008オリックスドラフト3位 西勇輝
菰野高・投手・18歳

阪神が今オフの補強に関して、国内移籍が可能なFA権を取得しているオリックス・西勇輝投手(2008ドラフト3位)の獲得調査を、優先的に進める方針であることが21日、分かった。外国人補強などはまだ流動的な部分を残す中、FAに関しては西に対する明確な方向性が見えており、本格的に調査を行っていく。

金本前監督の時から、球団としては西の調査を進める方向で進んでいた。突然の監督交代劇で、矢野新監督が就任する形となったが、ある球団幹部は「(FAの)方針は変わっておりません」と話す。ここまでの実績に加え、まだ27歳と今後に伸びしろを残す右腕への評価は不変だ。

18日に就任会見を行ったばかりの矢野監督は、ここまで出席してきた編成会議の中で、ドラフトや外国人補強に加えて、FAに関する方針も確認済み。話し合いの中で、西の獲得調査に対しても、前向きな姿勢を示しているもようだ。

チームとして、投手陣の整備が一つの課題となっている中、1年間ローテを守れる投手は最下位からの逆襲を誓うチームにとって必要不可欠な存在となる。仮に西が権利を行使する場合には、迅速に獲得に動けるように、抜かりなく準備を進めていく。



下は2008ドラフトでオリックスが指名した選手です。西は3位指名入団。プロでの成績はこちら

オリックスの2008ドラフト指名選手
1位甲斐 拓哉東海大三高投手
2位伊原 正樹関西国際大投手
3位西 勇輝菰野高投手
4位高島 毅青山学院大内野手
5位西川 雅人四国九州IL愛媛投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

阪神、太田光&石橋康太ら捕手の指名めざす

10/22、デイリースポーツ1面より
阪神が今秋ドラフトで捕手の指名を目指すことが21日、分かった。今季、梅野が規定打席に到達し、正捕手としての地位を築いたが、捕手陣の年齢構成を見ても次世代を担う女房役の獲得が急務。候補としてリストアップしているのは大商大・太田光捕手(動画)関東第一・石橋康太捕手(動画)らで、捕手出身でもある矢野新監督の下、新たな素材に“矢野イズム”を注入していくことになりそうだ。

矢野新監督の下でイズムを踏襲し、未来の司令塔となり得る逸材を獲得する。今季、梅野が生え抜き選手としては1988年の木戸克彦以来、30年ぶりに規定打席へ到達した。ただ捕手陣の年齢構成に目を向けると、数ある補強ポイントの中で若手捕手の獲得は急務な状況となっている。

球団幹部は「捕手に関してはドラフトで確実に、1人は獲得しないといけない。どの順位でどの選手を行くかという話になってくる」と明かした。今季、1軍でマスクをかぶったメンバーを見ればベテランの岡崎は35歳。そして梅野、原口、坂本、長坂と25歳前後の選手たちが正捕手争いのグループを形成している。

数年後を見据えた上で、次世代の捕手育成に着手していかなければならないのが現状。特に捕手というポジションは“チームの司令塔”と評されるように、キャッチング、スローイングだけでなく、配球やゲームコントロール能力、フォーメーションなど試合中の局面、局面で瞬時に判断してゲームを動かしていく必要がある。

そのためには何よりも経験が必要。捕手の育成には時間がかかると言われる要因であり、大卒捕手で3年、高卒捕手で7年というのがプロ野球界の一般的な見方だ。

今秋ドラフトで筆頭候補にリストアップされているのが大商大・太田関東第一・石橋ら。太田は1年春から安定感のある守備力を評価され、正捕手に抜てきされた。いきなりリーグMVPを獲得し、今年の春には首位打者のタイトルを獲得するなど攻守で高いレベルに位置する選手だ。

石橋も恵まれた体格を持ち、2年夏の東東京大会で4試合連続アーチを放つなど強肩強打が魅力の捕手。今オフ、新たに就任した矢野監督も現役時代、名捕手と言われた野村監督から捕手論をたたき込まれ、球界トップクラスのキャッチャーへ階段を駆け上がった。

貴重な経験をした指揮官がいる今だからこそ、必要になってくる新たな素材。矢野イズムを受け継ぎ、グラウンドで表現できるような未来の司令塔候補を、ドラフトで指名する。



太田君(大商大)のスカウト評はこちら

石橋君(関東第一)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

林直人(報徳学園)に9球団、阪神・中日が高評価

10/22、サンケイスポーツ6面より

林 直人(報徳学園高・投手)
178cm・左投左打・動画

1回戦3試合が行われ、報徳学園(兵庫3位)は林直人投手(動画)が7安打2失点で完投し、近江(滋賀1位)の林優樹投手に投げ勝って5-2で勝利した。

報徳学園-近江の先発は、ともに左腕で背番号1の林。7安打2失点で完投した報徳学園の林が対決を制し、最後は雄たけびをあげた。「僕も向こうも夏の甲子園に出ていて、存在は知っていた。意識はかなりしていました」

互いに今夏の甲子園で8強に進出。林-有馬の2年生コンビで勝ち上がった強敵を相手に、マウンドでは気持ちを前面に出す投球で立ち向かった。自己最速を1キロ更新する141キロをマークするなど、自慢の直球がさえ渡った。

ネット裏では9球団のスカウト陣が視察し、阪神・熊野スカウトは「夏よりも腕の振りが良くなって、全体的に安定感が増した」。中日・米村チーフスカウトは「来年には145キロは出る」と期待した。

「きょう勝った勢いで次も勝っていきたい」。試合後の整列では近江・林から「頑張れよ」とエールをもらい「頑張るわ」と返した。同姓のライバルに投げ勝ち、さらに上を目指していく。

(10月21日 近畿大会1回戦 報徳学園 5-2 近江)



林君(報徳学園)のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

阪神、外れ1位に渡辺勇太朗(浦和学院)浮上

10/22、サンケイスポーツ2面より

渡辺 勇太朗 (浦和学院高・投手)
190cm・右投右打・動画

阪神が25日のドラフト会議に向け、外れ1位候補に浦和学院・渡辺勇太朗投手(動画)をリストアップしていることが21日、わかった。今夏の甲子園ではチームの8強進出に貢献し、U18アジア選手権日本代表にも選出。競合必至の1位筆頭候補にあげている大阪桐蔭・根尾昂内野手を外した場合に備え、準備は怠らない。

根尾に負けないくらいの可能性を秘めている。阪神が浦和学院の渡辺勇太朗投手が外れ1位候補に急浮上したことが判明した。球団幹部は「(1位指名の)12人には入ってくるでしょうね。すばらしい投手と聞いています」と明かした。

1メートル90、90キロという恵まれた体格から最速149キロとキレのあるストレートを投げる。本人も明かしているように、ゆったりとしたフォームは大谷翔平(米大リーグ・エンゼルス)似。今夏の甲子園では大阪桐蔭と対戦して、根尾らに本塁打を浴びて4強入りを逃したが、スケールの大きさでスカウト陣から大いに注目を集めた。

阪神は当初、外野陣の後継者として大阪桐蔭・藤原恭大外野手を最上位候補としていたが、チームメートの根尾が国体などで活躍し、評価が逆転していた。次世代の強打者が最優先ながら、今季ブレークした才木に続く先発ローテの担い手も必要。渡辺にも注視しながら、ギリギリまでシミュレーションを重ねていく。



渡辺君のスカウト評はこちら

渡辺君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索