ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
阪神

ドラフトで巨人に真っ向勝負を挑んだ阪神

2019年12月13日

12/13、日刊ゲンダイ27面「阪神が巨人に勝てない内幕」より

1978阪神ドラフト1位 江川卓
作新学院職員・投手

1978年11月。翌日のドラフト会議を控え、岡崎義人はスカウトらとともに上京し、戦略を確認し合った。岡崎は当時の阪神球団代表で、指名相手の近況を聞いたあと、すぐ大阪に残る球団社長の小津正次郎に電話を入れた。小津は阪神電鉄専務で、この年から球団社長を兼務。「ブルドーザー」の異名をとったヤリ手だ。

「ほんまに江川(卓)でええんですか? 本当に・・・」。電話の向こう側から小津の甲高い声が返ってくる。「ええ言うたらええ。なにを言いたいんや? この期に及んで」

ドラフト会議の当日の朝も、岡崎は小津に確認の電話を入れる。「よろしいんでっか。やはり江川で? 巨人と戦争になりまっせ。ほんまに」

また甲高い声が返ってくる。「変えたら許さん。巨人がなんぼのもんや。いつまでもペコペコできんわい。江川をとる。そのクジを引け」。ドラフト会場で岡崎は本当に江川のクジを引き当て、その場で「あわわわ。えらいこっちゃ。ほんまに江川を当ててもうたがな」と慌てふためいた。

この「阪神江川」の解決は翌年1月までもつれ込んだ。結局はコミッショナー権限で、阪神江川卓と巨人小林繁の1対1交換トレードが成立したのは野球通でなくても知らぬ者はいなかったろう。それほどの騒動になったが、あそこまで江川にこだわった小津はなぜ、最終的に巨人の軍門に下ったのか。

やはり・・・小津の上司・田中隆造(当時の本社社長、タイガースオーナー)から「巨人には逆らわない方がええ。小津君、折れてやれ」。この一言だった。小津は呆然としたが、結果はともあれ、巨人と正面衝突した阪神の役員は小津が初めてである。

もう一人、巨人、というより読売新聞のドン渡辺恒雄に逆らったのが野村克也、星野仙一時代の球団社長・野崎勝義だった。 (つづく)



下は1978ドラフト会議で阪神が指名した選手です。プロ入り後の成績はこちら

阪神の1978ドラフト指名選手
1位江川 卓作新学院職員投手
2位枝川 正典長門高投手
3位渡辺 長助九州産交捕手
4位青木 重市山形相互銀行投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:14|この記事のURL

小宮山慎二(阪神戦力外)、第二の人生はブルペン捕手

12/13、サンケイスポーツ3面より

2003阪神ドラフト5巡目 小宮山慎二
横浜隼人高・捕手

阪神から戦力外通告を受けた小宮山慎二氏(2003阪神5巡目)が12日、鳴尾浜を訪れ、来季からチームのブルペン捕手になることを明かした。「ピッチャーが投げたい時にすぐ投げられるように、なるべくストレスなく練習できるようにサポート役に徹していきたいと思います」。

2003年ドラフト5位で横浜隼人高から入団。17年以降、1軍出場はなかった。8月に腰椎椎間板摘出術を受けてリハビリを続けていた。「身体がダメでしたし、選手としての諦めはついていました」とすっきりとした表情だった。



下は2003ドラフトで阪神が指名した選手です。小宮山慎二は5巡目指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の2003ドラフト指名選手
自由枠 鳥谷 敬 早稲田大 内野手
自由枠筒井 和也愛知学院大投手
1巡目(指名権なし)
2巡目(指名権なし)
3巡目(指名権なし)
4巡目桟原 将司新日鉄広畑投手
5巡目小宮山慎二横浜隼人高捕手
6巡目庄田 隆弘シダックス外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

藤浪晋太郎(阪神)、現役ドラフト導入なら1位指名の噂

2019年12月08日

12/8、日刊ゲンダイ29面より

2012阪神ドラフト1位 藤浪晋太郎
大阪桐蔭高・投手


6日、阪神の藤浪晋太郎(2012阪神1位)が契約更改し、今季8400万円から減額制限いっぱいの25%減となる6300万円でサインした。藤浪は新人年の2013年から3年連続2ケタ勝利をマークしたが、16年以降は制球難に苦しみ、4年間でわずか15勝。今季はプロ初の0勝に終わった。

藤浪を巡っては昨オフから今春にかけて、複数球団が水面下でトレードを打診したといわれている。阪神はあくまで自らの手で再生することを選んだが、二軍暮らしが続いた上に、制球難が改善される気配はない。

今秋キャンプでは切り札として中日OBの山本昌氏を臨時コーチとして招聘したものの、球界には「過去を振り返ってみても、スポット的な指導で劇的に変化するケースはまれ。阪神は藤浪を囲い込みはするものの、打つ手なしの状況が続き、山本昌氏にすがるしかなかった。来季も苦しい状況が続くだろう」との声が少なくない。

そんな中、5日には労組・日本プロ野球選手会が定期大会を開催し、かねて議論が進められてきた「現役ドラフト」について、NPBに来季の導入を要望した。メジャーの「ルール5ドラフト」を参考に、チーム内で埋もれている選手の飼い殺しを防ぐのが目的。韓国にもこれと似た制度がある。

そこで藤浪である。球界OBがこう言う。

「藤浪が来季も苦戦するようなら、『藤浪を現役ドラフトに!』という意見は間違いなく出てくる。指名対象に加われば、イの一番に指名されるかもしれない。現時点で有力視されているルールは、トレード期限を終えた8月に球団が支配下70人弱の中から8人を選ぶというもの。選手会は『戦力外対象の選手だけになる』と懸念しているが、現役ドラフトは藤浪のような選手を救済することに意義がある。阪神は谷本副社長が選手関係委員長として選手会との窓口。藤浪をドラフトにかけるくらいの決断をしないと、選手会も納得しない」

現役ドラフト第1号が藤浪ならインパクトは大きい。囲い込むにせよ放出するにせよ、阪神は責務を果たす必要がある。



下は2012ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名・藤浪晋太郎の高校時代のスカウト評はこちら

阪神の2012ドラフト指名選手
1位藤浪 晋太郎大阪桐蔭高投手
2位北條 史也光星学院高内野手
3位田面 巧二郎JFE東日本投手
4位小豆畑 真也西濃運輸捕手
5位金田 和之大阪学院大投手
6位緒方 凌介東洋大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:10|この記事のURL

森越祐人(阪神戦力外)、西武が獲得へ

2019年12月06日

12/6、西日本スポーツ2面より

2010中日ドラフト4位 森越祐人
名城大・内野手

西武が、阪神を戦力外となった森越祐人内野手(2010中日4位)を獲得することが5日、分かった。きょう6日にも発表される。森越は2011年にドラフト4位で中日に入団。14年オフに戦力外通告を受け、15年からは阪神でプレーしていた。

通算94試合の出場で打率1割1分5厘。今季は1軍出場がなく、再び戦力外通告を受け、11月の12球団合同トライアウトにも参加し、本塁打を放つなどアピールしていた。西武は選手層に厚みを持たせるため、守備力の高い森越の獲得を決めたとみられる。



下は2010ドラフトで中日が指名した選手です。森越祐人は4位指名入団。プロでの成績はこちら

中日の2010ドラフト指名選手
1位大野 雄大佛教大投手
2位吉川 大幾PL学園高外野手
3位武藤 祐太ホンダ投手
4位森越 祐人名城大内野手
5位関 啓扶菰野高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:35|この記事のURL

阪神がスカウト会議、中森&来田リストアップ

2019年12月04日

12/4、スポーツニッポン2面より
阪神が来秋ドラフト上位候補として明石商の中森俊介投手(動画)来田涼斗外野手(動画)をリストアップしていることが3日、分かった。

まずは最速151キロ右腕・中森だ。球団幹部も「来年のドラフト1位候補になる可能性を秘めた選手」と期待する逸材。182センチ、83キロとバランスの取れた体格で明石商では1年春からベンチ入りし、今年はエースとして春夏連続の甲子園大会4強入りの原動力となった。

特に今夏の甲子園では151キロを計測。2年生時点では大谷翔平(エンゼルス)らを抜く歴代2位の球速を誇るダイヤの原石だ。

そして別の球団幹部は来田にも熱視線を送る。「強打の野手は常に補強ポイント。来田君は、すでに甲子園でも結果を残している選手だし、しっかり見ていくことになる」

来田は180センチ、82キロの体格から規格外のフルスイングを繰り出す超高校級スラッガー。明石商では1年春からレギュラーとなり、今春センバツ準々決勝の智弁和歌山戦では先頭打者弾&サヨナラ弾という離れ業もやってのけた。

50メートル走5秒9、遠投100メートルと身体能力抜群で、阪神・糸井やソフトバンク・柳田に近いアスリートタイプの長距離砲だ。

球団はこの日、西宮市内の球団事務所で今年最後のスカウト会議を開催。来年の候補リスト上位には、地元が生んだ逸材2人の名が記されている。



中森君のスカウト評はこちら

来田君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 12:50|この記事のURL


ドラフトニュース検索