ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

阪神

阪神ドラ5・糸原健斗、監督高評価「欠点ない」

2017年02月17日

2/17、デイリースポーツ1面より

2016阪神ドラフト5位 糸原健斗
JX-ENEOS・二塁手兼三塁手・動画

阪神のドラフト5位・糸原健斗内野手(動画)が対外試合初安打をマークした。非凡な打撃センスを持つルーキーが、結果でアピールした。

「2番・二塁」で先発出場。一回無死一塁でカウント2―2から内寄りの変化球を鋭いスイングで捉えた。打球はあっという間に右翼フェンスまでワンバウンドで到達。二塁打を放った。「2番の役割を考えていた。つなげてよかった」と振り返った糸原。。

金本監督も「特にこれと言った欠点は今のところないね」と走攻守全てで及第点を与えた。「実戦でアピールすることが一番」と背番号33。結果にこだわり、ポジションを奪う。

(2月16日 練習試合 阪神 9―0 韓国サムスン)




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 08:43|この記事のURL

阪神ドラ1・大山悠輔、12打数0安打も・・・

2/17、サンケイスポーツ2面より

2016阪神ドラフト1位 大山悠輔
白鴎大・三塁手・動画

阪神のドラフト1位・大山悠輔内野手(動画)が8番・三塁で先発出場したが、4打数無安打に終わった。8日からの実戦4試合で12打数ノーヒット。5点を先制した一回、一死三塁の好機がまわってきたが、右飛に。あとは遊ゴロ、三ゴロに見逃し三振。快音はこの日も出ず、試合後、日が傾いたグラウンドで、居残り特打に取り組む背番号3の姿があった。

「ヒット1本が出れば楽ですけど、当てるバッティングをしていても意味はない。シーズンは疲れていない状態で試合に出ることなんかないと思うので、疲れている中でどう動けるかが課題です」

八回一死の守りでは、ボテボテのゴロに前進し、ランニングスロー。地肩の強さを見せた。三塁守備に不安がないだけに打てれば、ポジション争いに加わる余地は残されている。

金本監督は「まだアマチュアという目でみてやらないと」と話した上で「でも雰囲気あるよ。タイミングの取り方とかステップとか。(スイング)スピードがついてくれば打つと思うよ、俺は」と不問にした。目先の小さな結果にこだわらず大きく育ててみせる。

(2月16日 練習試合 阪神 9―0 韓国サムスン)




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名の大山君のスカウト評はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

阪神ドラ4・浜地真澄、2軍監督が絶賛「球の質いい」

2017年02月15日

2/15、サンケイスポーツ4面より

2016阪神ドラフト4位 浜地真澄
福岡大大濠高・投手・動画

阪神のドラフト4位・浜地真澄投手(動画)が14日、ブルペンに入りプロ入り後初めて捕手を座らせて30球を投げた。キレのいい投球に、視察した掛布雅之2軍監督は「(球に)すばらしいスピンがかかっていた」と声を弾ませた。高卒1年目右腕は今後も徐々に状態をあげて、実戦デビューを目指す。

ピッチピチのキレのある球筋を見せつけた。浜地がプロ入り後初めて捕手を座らせて30球投げ、昨年11月の自主トレ以来の感覚に白い歯を見せた。「感覚は悪くなかった。しっかりと(フォームが)連動すればイメージ通りの球がいくと思います」

かじかむような寒さの中、一心不乱に右腕を振り、視察した掛布2軍監督を「すばらしいスピンがかかっていた。質のいい球を投げていた」とうならせ、球を受けた山田2軍バッテリーコーチも「肘から先が振れて(球の)回転がすごくいい。表情が変わらないところは能見みたいだったよ」とベテラン左腕を引き合いに出して評価した。

18歳も中2年時からいかに力みをなくし、力感の少ない投球フォームで伸びのある球を投げられるかを模索し、元阪神監督の野村克也氏、巨人で活躍した桑田真澄氏らの著書を読みあさった。イメージ通りのアピールに成功したかたちだ。

だが、高卒1年目右腕にとって焦りは禁物。浜地も「焦っても意味がない。いい状態をキープすることに努めたい」と気を引き締め直した。1軍を目指して一歩ずつ確実に階段をあがっていく。 




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。4位・浜地君のスカウト評はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

阪神ドラ1・大山悠輔にプロの壁、攻守ともに力不足

2017年02月14日

2/14、スポーツニッポン4面より

2016阪神ドラフト1位 大山悠輔
白鴎大・三塁手・動画

8番・三塁で先発出場したドラフト1位・大山(動画)が、プロのレベルの高さを痛感した。「手元に来るボールの勢い、伸びがすごかった。そういう投手を打っていかないといけない」。苦い表情で振り返ったのは、昨季、チームとしても苦戦したDeNAの左腕・今永との対戦だ。

2回の第1打席はバットを折られての遊ゴロ。5回の第2打席も平良の前に平凡な中飛。平田と対した第3打席も二飛に終わり、8日の紅白戦から実戦3試合で7打数無安打と苦しんでいる。

守備では、初回1死から田中浩の三塁ライナーをジャンピングキャッチして観客を沸かせた一方で、6回1死一、二塁でシリアコの三ゴロを捕球すると、二塁送球ではなく、三塁ベースを踏んで一塁送球する併殺を狙うも一塁はセーフとなり「アウトにしないといけない」と攻守で反省の一日となった。

(2月13日 練習試合 DeNA 4―1 阪神)




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名の大山君のスカウト評はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 09:22|この記事のURL

阪神ドラ6・福永春吾が2軍で好投、監督「実戦向き」

2017年02月12日

2/12、サンケイスポーツ4面より

2016阪神ドラフト6位 福永春吾
徳島インディゴソックス・投手・動画

阪神のドラフト6位・福永春吾投手(動画)がキャンプ初の対外試合となった四国銀行戦に3番手で登板し、2回1安打無失点と上々のデビューを飾った。掛布雅之2軍監督は実戦向きと評し「攻める気持ちがあった」と目を細めた。試合は3―5で敗れた。

上々の初投げだ。福永がプロ初となる対外試合に2―5の六回から登板し、2回無失点デビューを飾った。「シート打撃より冷静に、軽い力感で楽に投げられました。父(麻規さん)も来ていて『えらい軽く投げとったな』といわれました。一歩前進です」

最速143キロの直球にスライダー、カーブを織り交ぜて打者7人を1安打1三振に抑え、ホッと息を吐いた。バッテリーを組んだD7位・長坂拳弥捕手(東北福祉大)も「球に力がありましたね」と振り返った。

シート打撃登板時より、制球がまとまった。即戦力としての期待がかかる22歳右腕について、掛布2軍監督は「彼にはこういう対外試合のほうがいい面が出るんじゃない?」と実戦向きな一面を評価。「あのスピードボールと変化球があれば連打はないと思っていた。その通りどんどん攻めていってね。攻める気持ちがあったよね」と声を弾ませた。

1軍行きへの戦いはまだ始まったばかり。福永は「1試合ずつ結果を残していきたいです。課題を意識しながら結果にこだわっていきたい」と力を込めた。0を並べ続けて1軍切符をつかんでみせる。




下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 09:20|この記事のURL

ドラフトニュース検索