ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
阪神

井上広輝(日大三)、阪神「高校四天王に迫る力ある」

2019年03月17日

3/17、スポニチwebsiteより (source)

井上 広輝 (日大三高・投手)
180cm・右投右打・動画

日大三(東京)は、今秋ドラフト候補の150キロ右腕・井上(動画)が栃木県で行われた国学院栃木との練習試合に先発。今季初の連投で直球、スライダーに加え、チェンジアップとカーブを解禁して3回2安打無失点と好投した。 

試合も10―8で勝利。2回には高校通算1号となる左越えソロを放ち「冬場の体づくりで打球が飛ぶようになった」と喜んだ。視察した阪神・平塚克洋スカウトは星稜・奥川、横浜・及川、大船渡・佐々木、創志学園・西の「高校四天王」と比較し「4人に迫る力がある」と評価した。

(3月16日 練習試合 日大三 10-8 国学院栃木)



井上君のスカウト評はこちら

井上君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:03|この記事のURL

阪神1位・近本光司がマルチ安打、打率.314に上昇

3/17、サンケイスポーツ3面より

2018阪神ドラフト1位 近本光司
大阪ガス・外野手・動画

聖地が歓声と興奮に包まれる中、ガッツポーズで喜びを表現した。阪神ドラフト1位・近本(動画)が2試合連続のマルチ安打。左腕から打ったことに大きな意味があった。「(相手左腕の持ち球が)スライダーとカーブだったので・・・。そのときそのとき、何をするか考えてやっていました」

シュアな打撃で相手先発の変則左腕・武隈を攻略した。まずは三回の第2打席。1死から北條と木浪の連打で一、三塁とし、打席に入った。初球、外角のカーブにうまくバットを合わせ、流し打ち。打球は遊撃手の上を越え、左翼の芝生に弾んだ。これがオープン戦初打点。しかし本人は「たぶんそうですね、あんまり覚えていないです」と泰然自若だった。

五回は、セーフティーバントなどの小技を使って揺さぶりをかけながら、最後はフルカウントから外角低めの直球をしぶとく左前に運んだ。

これまでのオープン戦では左投手に対し、7打数無安打と快音はなかったが、この日マークした2つのHランプで問題なしを証明。矢野監督は「左(投手)もそんなに苦にするような感じにもともと見えていないし。自分の持ち味というのを、自分自身を分かっている部分があると思うから」と称賛した。

1番にドラフト3位・木浪聖也内野手が入れば糸井も含めて左打者が3枚並ぶ。近本の対左への対応力が今後を左右する。オープン戦打率も・314まで上昇させ、同規定打席に到達。五回にはチームトップとなる5個目の盗塁を成功させた。

「(2番として)慣れはないですけど、2番(目で打席回ってくるの)は初回だけなので。次からは打順関係なく、そのとき回ってきた状況に応じてやらないといけないと思います」。現状では破壊力不足の打線。電光石火のドライチが激変させてみせる。

(3月16日 オープン戦 西武 5-1 阪神)



下は2018ドラフトで阪神が指名した選手です、1位・近本君のスカウト評はこちら

阪神の2018ドラフト指名選手 
×藤原 恭大   
×辰己 涼介    
1位近本 光司 大阪ガス 外野手
2位小幡 竜平 延岡学園高 内野手
3位木浪 聖也 ホンダ 内野手
4位斎藤 友貴哉 ホンダ 投手
5位川原 陸 創成館高 投手
6位湯浅 京己 BC富山 投手
育1片山 雄哉 BC福井 捕手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

大西広樹(大商大)が阪神抑えた、スカウト高評価

2019年03月16日

3/16、サンケイスポーツ3面より

大西 広樹 (大阪商業大・投手)
176cm・右投右打・動画

メッセと堂々の投げ合い! 今秋のドラフト指名候補、大商大・大西広樹投手(動画)が、1軍クラスも出場した阪神2軍相手に5回2安打無失点と好投した。

「うれしいです。(フォークでも空振りを奪ったが)1個、上に行くだけで持っていかれる。真っすぐもそう。真っすぐも悪くなかったが変化球の反応が見たかった」。スピードガンの最速は144キロ。自己最速148キロには届かなかったがキレのあるスライダーとフォークも駆使し、内野安打2本のみに封じた。

バックネット裏には、複数球団のスカウトの姿も。阪神・渡辺スカウトは「変化球でカウントが取れていた。1軍を経験している選手もいるなかで2安打。きょうの投球を自信にしてほしい。リーグ戦も始まるので、見させてもらおうと思う」と、今後も動向を注視していくことを明言した。

(3月15日 プロアマ交流戦 阪神 1-0 大商大)



大西君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

阪神、大学生ドラフト候補打てず矢野監督怒り!

3/16、サンケイスポーツ2面より

大西 広樹 (大阪商業大・投手)
176cm・右投右打・動画

若手のアピール、モノ足りない-。阪神・矢野燿大監督は15日、甲子園での1軍練習後に2軍の大商大との練習試合を視察。1軍生き残りを目指す若手野手に熱視線を送ったが、今秋のドラフト候補右腕、大西広樹投手(動画)に5回2安打0封の快投を許すなど、1-0の薄氷勝利。「もうちょっと、いい内容のバッティングを見たかった」と不満を漏らした。

相手がドラフト候補でも関係ない。秋の話は秋にすればいい。この春の戦いがまだ続いているからこそ、矢野監督は凡打を繰り返す若虎の姿が寂しかった。1軍生き残り、開幕レギュラーを目指す身ならば「内容」を見せてほしかった。

「最初の投手(大商大・大西)は変化球を結構うまく投げるし、コントロールも良かった。簡単に初めての対戦でボンボン打てるかっていうと、まあ(難しさは)あるかもしれないけど。対応というか内容がね。もうちょっと、いい内容のバッティングを見たかったなっていうのはあるよね」

メッセンジャーの調整ぶりだけを視察しに来たワケではなかった。1軍から板山、中谷、北條、伊藤隼、そして梅野もスタメン出場させた。つい先日まで1軍にいた江越、陽川もいた。開幕1軍を目指したい、1打席も無駄にできないメンバーの食らいつく姿を見に来たはずだったが・・・。結果も中身も真逆だった。

好投手の大西に、スライダーやフォークをコーナーに集められ、五回まで2安打で無得点。それも島田の内野安打2本で、外野まで飛んだのは板山の右飛のみだった。大西降板後の八回1死から、江越が左越えソロを放ち1-0で辛くも勝利したが、寂しすぎだ。

16日の西武戦から糸井が初出場するなどフルメンバーがそろい、若手のチャンスはグッと減る。矢野監督は前日14日に「1打席1打席が勝負だったり評価だったりになってくる」と話したばかり。舞台は鳴尾浜、相手は大学生でも、間違いなくアピールにはつながったはずだが、予想外に静かな一戦となってしまった。

「江越が一発で仕留めたっていうのはいいバッティングだと思うし、そういうのは続けていかないかんし」。ベストメンバーがオープン戦に出そろっても、これでは何も安心できない。突き上げと、競争の激化が、矢野監督にはまだまだモノ足りない。

(3月15日 プロアマ交流戦 阪神 1-0 大商大)



大西君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

阪神、奥川恭伸(星稜)シフトを敷く方針

3/16、スポーツニッポン1面より 

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画


阪神は今秋ドラフト1位候補の1人に挙げる星稜・奥川恭伸投手(動画)の選抜大会初戦を“総出”で迎える方針が判明した。第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日に大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれ、星稜は開幕日の第3試合で履正社と対戦。難敵との激突を成長と真価を見極める格好の機会として位置づけた。   

大会初日から激アツの甲子園になる。猛虎の恋人は開幕日の第3試合、星稜―履正社に登場。屈指の好カードに胸を躍らせるのは、高校野球ファンだけではない。今秋ドラフト1位候補に挙げる阪神は最速150キロを誇る大会No.1右腕の初戦を“総出”で迎え、奥川シフトを敷く方針だ。球団関係者は言葉に力を込めた。

「今年の選抜は星稜の奥川君、横浜の及川君、この2人を中心に見ていくことになります。いずれも勝ち進むごとに見ていくことになると思います」

V候補筆頭とあって勝ち進めば“追加視察”も増えそうだ。谷本修球団本部長も「チームもこちら(関西圏)にいますし、タイミングが合えば見に行こうと思います」と話していて、昨年は一度も生視察が出来なかった超高校級の逸材を直にチェックする予定だ。

大船渡・佐々木朗希、創志学園・西純矢、横浜・及川雅貴とともに『高校四天王』と称される一人。ただ、完成度の高さでは現時点で奥川が一歩抜けた存在だ。

準優勝した昨秋の明治神宮大会では3試合(計15回1/3)で26奪三振。05年に駒大苫小牧・田中将大(現ヤンキース)がつくった大会記録の47奪三振(4試合計28回2/3)には及ばなくても、奪三振率14・63は田中の14・1を上回った。

この冬を越え、どのまで伸びたのか。午後2時から金沢市内のグラウンドで約4時間の調整に努めた奥川は強豪、履正社との激突に表情を引き締めた。

「最初は嘘かなと思った。(主将の)山瀬の引きが強いので打力の高いチームかなと予想はしていましたけど…。勝てば勢いづくと思う。腹をくくってやるしかないので、今はワクワクしている。チャレンジャー精神で受け身にならず、絶対に向かっていく気持ちを出していきたい」

開幕日は2年生で背番号1を付けた昨夏甲子園でも経験済み。「たくさんの人の前で試合をやるということでアドレナリンも出る。押すところは押す、引くところは引く投球ができれば・・・」。猛虎からも熱い視線を注がれる聖地のマウンドを力強く見据えた。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索