ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
阪神

阪神、清宮の外れ1位に斉藤大将(明治大)浮上

2017年09月12日

9/12、サンケイスポーツ1面より 

斉藤 大将 (明治大・投手)
178cm・左投左打・動画

外れ1位は即戦力投手! 阪神は今秋のドラフト会議で早実高の清宮幸太郎内野手(動画)を指名する方針を固めているが万が一、抽選に外れた場合、大学ナンバー1左腕の明大・斉藤大将投手(動画)らを1位候補としてリストアップしていることが11日、分かった。この日、早明戦をスカウト4人態勢で視察した。

掛布2軍監督の退任が決まり、金本阪神は3年目の2018年へ動き出す。水面下で動くドラフト戦略も具体的になってきた。1位は高校通算111発の清宮で動かないが、複数球団による抽選は必至。クジに外れた場合の1位は大学生の即戦力投手を指名する可能性が高いことが分かった。

球団関係者は「清宮選手を指名しないで、他の選手を指名することはないだろう。ただ、外れた場合の備えは必要。チーム事情を考えれば即戦力投手、特に左腕が必要になるのではないか」と見通しを明らかにした。

補強戦略と合致するのが明大の左腕・斉藤(動画)だ。スリークオーターよりも低い位置から投げるボールは最速146キロ。この日、東京六大学リーグの早大戦に先発し、佐野統括スカウト、平塚スカウトら4人がスタンドに陣取って熱視線を送った。

113球で6安打完封した9日の1回戦に続いて中1日で先発。延長十一回途中まで154球を投げた。試合前から足の裏の皮がむけていたが「しっかり抑えられた」と7安打2失点。明大のエース番号「11」を背負う男を善波監督は「我慢しながらよく投げてくれた」とねぎらった。

スタンドには計8球団のスカウトが集結。阪神は球団方針でコメントしなかったが、2016年には高山、17年には大山と2年連続でD1位を担当した明大OBの平塚スカウトが駆けつけているところに、力の入れようがうかがえる。(以下略)

(9月11日 東京六大学野球 明治大 3―2 早稲田大)



斉藤君のスカウト評はこちら

斉藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 11:10|この記事のURL

阪神、清宮(早実)進学なら1位は先発型の左投手

9/12、デイリースポーツ1面より

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

仮に清宮がプロ志望届を出さなかった場合は、先発型の左投手補強が基本線となる見通し。能見、岩田ら先発左腕の高齢化に加え、岩貞、横山らの伸び悩みが重なっており、同幹部は「チームを見れば分かると思いますが、左投手の補強は課題の一つ」と言う。

今年の都市対抗で2戦連続完封勝利をマークしたJR東日本・田嶋大樹(動画)に加え、秋季リーグ戦の結果次第では、明大・斉藤大将(動画)亜大・高橋遥人(動画)らも候補に挙がってくる。また高校生捕手の獲得も検討しており、広陵・中村奨成(動画)も選択肢の中に入っている。

若手育成に力を注ぐ金本監督体制の中で、将来的に清宮、大山、中谷らが組む純国産クリーンアップはファンも望んでいる部分。セ・リーグを独走する広島のように、生え抜き選手中心の強いチームを作るために・・・。清宮の動向次第ではあるが、今秋のドラフトがその試金石となる。



田嶋君(JR東日本)のスカウト評はこちら

斉藤君(明大)のスカウト評はこちら

高橋君(亜大)スカウト評はこちら

中村君(広陵)のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:08|この記事のURL

阪神は清宮(早実)1位指名濃厚、背番号31用意か?

9/12、スポーツニッポン1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

阪神が、進路を明言しないままの早実・清宮幸太郎内野手(動画)がプロ志望した場合、ドラフト1位指名する方針を固めたことが11日、分かった。10日に退任が発表された掛布雅之2軍監督の付けていた背番号31は空き番号となり、球団は来季以降「ふさわしい選手に」と構想。清宮がプロを志望し、阪神が獲得に成功すれば・・・。夢の「清宮31番」が現実味を帯びる。

カナダで開催されたU―18W杯に出場し、この日、高校野球を戦い終えた清宮だが、注目の進路を明言することはなかった。だが猛虎の心は揺るがない。清宮1位・・・。その大方針に変わりはない。プロを志望すれば、他球団との競合を覚悟の上で10月26日にあるドラフト会議で1位入札する方針を固めている。

球団幹部も「現時点で清宮選手以上の評価をしている選手はいません。プロ志望なら、清宮選手以外に1位指名はないでしょう」と言い切った。

ただし現時点では、早大への進学が有力視されている。それでも清宮がプロを志望してくれたら・・・。そして阪神が他球団との競合で清宮を引き当てることができれば・・・。「たられば」を言い出すとキリがない。ただ、確実に夢は膨らむ。上記2つの条件をクリアできれば、阪神のレジェンド番号である「31」の後継者となりうるスター候補だからだ。

10日に掛布2軍監督の今季限りでの退任が発表された。ということは今オフから「31」が空き番号となることを意味する。そして球団幹部は「31」の今後について、「そういう(しかるべき選手に付けてもらう)ことに、なるでしょう。31番を背負うのに、ふさわしい人に付けてもらうことになると思います」と見通しを立てた。

そこで、清宮だ。史上最多とされる高校通算11本塁打を放った実力、そして老若男女から愛される人気は、すでに規格外。もしもタテジマに袖を通すことになれば、「31」を背負う最有力候補となること間違いなしだ。

2人の間には不思議な「縁」もある。4年前の冬、早実中2年だった清宮は、当時所属していた調布シニアを激励に訪れた掛布2軍監督(当時GM付き育成兼打撃コーディネーター)から「清原、松井クラス」と大絶賛を受けた上で「こういう打者が阪神を引っ張っていってほしい」と阪神入りを熱望されていた。

そして今・・・。くしくも、その掛布監督が背負っていた「31」を、清宮が受け継ぐ可能性が出てきたのだ。同じ右投げ左打ちのスター候補。清宮以上に、「31」が映える選手はいない。阪神は背番号「31」という最高の待遇を準備し、清宮が決断を下す日を待っている。



清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

阪神、電鉄本社が清宮(早実)1位指名容認

9/12、デイリースポーツ1面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

阪神が今秋ドラフトで早実・清宮幸太郎内野手(動画)がプロ志望届を提出後、プロ入りを表明した場合、1位指名する方針を固めていることが11日、分かった。高校通算111本塁打を放ったスラッガーに照準を定め、電鉄本社サイドも容認。仮に大学進学となった場合は補強ポイントとなっている先発型左腕の優先順位を上げる予定だ。

重要な戦力補強の場となるドラフト会議を1カ月半後に控え、虎の基本方針が固まった。1位は清宮・・・。球団幹部は「まず清宮君で考えていって、志望届を出さなかった場合はまたそこから考えていくことになる」と明かす。

高校1年の夏から甲子園を席巻し、大フィーバーを巻き起こした清宮。その後も順調に成長を続け、高校通算本塁打は新記録となる111本に到達した。超高校級のパワーとボールを遠くへ飛ばせる技術は、スカウト陣も高く評価する。U―18W杯では2本塁打を放つなど、木製バットを握っても飛距離が落ちないことを証明した。

さらに電鉄本社サイドが望む「華のある選手」という条件にもピッタリと当てはまる。地方大会で神宮球場を満員にできるほどのスター性、ファンが“どうしても見たい”と思える選手は、今年のドラフト候補の中でも清宮が群を抜いている。

チーム状況を見れば、25歳以下で中軸を任せられる可能性を秘めた左打者は高山、横田らの名前が挙がるが、いずれも外野手。戦力バランスや数年後のオーダーを想定すると、内野を守れる左の長距離砲は補強しなければならないポイントだ。



清宮君のスカウト評はこちら

清宮君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

阪神・金本監督のドラフト育成術

2017年09月06日

9/6、日刊ゲンダイ31面より

2016阪神ドラフト1位 大山悠輔
白鴎大・三塁手・動画

「育成を重視するというだけのことはあるな」。ある阪神OBがこう語るのは金本監督の選手起用についてだ。2位阪神は5日から6・5ゲーム差で首位に立つ広島との首位攻防戦に臨む。この3連戦はひとつの「ヤマ場」ではあるが、阪神の残り試合は22(広島18)もある。本当にシビれる試合はまだ先だ。

しかし、阪神は優勝から10年以上も遠ざかっている。若手はガチガチに緊張する試合経験がない。「その点が懸念されているから、手を打っているのだろう」と、冒頭のOBがこう続ける。

「金本監督が視野に入れているのはペナント争いだけではない。阪神はCSにめっぽう弱い。若手が終盤の優勝争いやCSで実力を発揮するには、事前に緊張感をもたせて慣れさせておくしかない。阪神はファンが多く、マスコミもうるさい。重圧のかかる役割を与え、そこで結果を出すのは容易ではないが、期待に応えれば若手は急激に伸びる。

多くの監督はそれが分かっていても、優勝を争っている時にはなかなか実行できない。金本監督は、8月後半から2年目捕手の坂本にスタメンマスクをかぶらせ、9月に入ると1年目の大山を4番に抜擢。機動力のある高卒3年目の植田を遊撃のスタメンで使い出したのはそのような意図からだと思う」

8月26日から坂本がスタメンマスクをかぶるとチームは6勝2敗。大山は4番に起用され、いきなりホームランを放ち、植田も30日のヤクルト戦で好走塁。「育てながら勝つ」といった金本監督の信念に若手は正念場で応えることができるか。



下は2016ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名の大山君のスカウト評はこちら

阪神の2016ドラフト指名選手
1位大山 悠輔白鴎大 内野手
2位小野 泰己富士大 投手
3位才木 浩人須磨翔風高 投手
4位浜地 真澄福岡大大濠高 投手
5位糸原 健斗JX-ENEOS 内野手
6位福永 春吾四国IL・徳島 投手
7位長坂 拳弥東北福祉大 捕手
8位藤谷 洸介パナソニック 投手


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索