ドラフト会議
情報局
2018ドラフト
高校生の候補
2018ドラフト
大学生の候補
2018ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
12球団情報
まとめ
ホームに
もどる
阪神

阪神ドラ1・馬場皐輔、体調不良で1軍キャンプピンチ

2018年01月15日

1/15、サンケイスポーツ2面より

2017阪神ドラフト1位 馬場皐輔
仙台大・投手・動画

冷え込む鳴尾浜球場にドラフト1位・馬場(動画)の姿がなかった。練習開始の午前10時をまわっても、姿をみせない。ざわめく報道陣・・・。二神広報が、厳しい表情で説明した。「かぜで体調不良です。屋内で別メニュー調整になります」

日本列島を襲っている大寒波の影響か、それとも疲れか・・・。前日までは他のルーキー同様、元気に声出しもしていたが、ダウンしてしまったという。新人を率いる伊藤トレーニングコーチは「疲れが出たんじゃないですか。熱は下がっているみたいだし、大事をとって」と軽症であることを強調。肩肘など体の故障ではなかったことは、よかったが・・・。

同コーチは練習再開について「次のクールに出てこられれば」と説明。15日も静養に努め、16日の休日を挟んで、グラウンドに出るのは第3クール初日の17日になりそう。調整の遅れは必至となった。

春季キャンプは2月1日からスタートする。馬場の1、2軍振り分けについて、金本監督はこれまで「見たいのもある」と宜野座行きを示唆していた。一方で合同自主トレ初日の8日には「ドラフト1位というので、みんな注目して期待するとは思うんですが、あんまり過度な期待はかけてあげないでほしいなと思います」など、焦りは厳禁と強調。決して無理はさせない育成方針も明かしていた。

思わぬアクシデントにより、実質3日間、休むことになる馬場。ブルペンでの投球練習も、今後の状態次第だが、予定より遅れることは間違いない。チーム関係者は「十分、取り返せる。(キャンプは1軍か2軍かは)まだまだ、わからないよ」と巻き返しに期待したが、まずは順調にキャンプのスタートを切ることが最優先だ。

最速155キロの即戦力右腕。どういう形が、一番いいか。素材と伸びしろをきっちり生かすためにも、首脳陣は慎重に判断していく。



下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名・馬場君のスカウト評はこちら

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)、巨人・阪神が注目

2018年01月13日

1/13、スポーツ報知4面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

今春のセンバツV最右翼に挙がる大阪桐蔭。スター軍団の中で、ひときわまばゆい輝きを放つのが根尾(動画)だ。昨秋の新チームから4番を任されると、大阪府大会と近畿大会の11試合で5本塁打と打ちまくった。投げても近畿大会準決勝の近江戦で16奪三振完封を成し遂げるなど、投打で圧倒的な実力を見せつけた。

プロのスカウト陣も下級生の頃から熱視線を送っている。巨人・岡崎スカウト部長は「ポテンシャルが高い」と能力の高さを認め、阪神の畑山チーフスカウトは「いろんな可能性を抱かせてくれる。ポジションは今、1つに決めることはない」と、三刀流を可能にする野球センスを評価している。投手としては最速148キロを誇り、内外野も高いレベルでこなす。投手と野手の両方でドラフト1位候補に挙がる逸材だ。

昨年11月の明治神宮大会では、自身の失策などチーム全体でミスが重なり、準決勝で創成館に敗退。公式戦全勝の夢はかなわなかった。それでも、チーム力は全国屈指。センバツを制した昨年は夏の甲子園は3回戦で敗れて逃したが、史上初となる2度目の甲子園春夏連覇に再挑戦するチャンスは残されている。

「今のままでは春は勝てない。もっとレベルアップしないと」と根尾。今年はセンバツが90回、夏の選手権大会が100回の記念大会。高校球界にとって大きな節目となる一年に、前人未到の記録を打ち立てる。



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:55|この記事のURL

阪神ドラ3・熊谷敬宥、1軍キャンプ内定

1/13、サンケイスポーツ3面より

2017阪神ドラフト3位 熊谷敬宥
立教大・遊撃手・動画

1軍宜野座キャンプ行き切符の“内定”を真っ先につかんだのは、ドラフト3位の熊谷敬宥(動画)だった。自慢の守備力で、1軍首脳陣に猛アピールを誓った。「守備をまずアピールしたいです。どこでも守れることを見せないと、1軍にいられないので」

第2クール初日。キャッチボールやダッシュで汗を流す新人たちに熱視線を送る人物がいた。視察に訪れた高代作戦兼総合コーチだ。動きにキレの出てきた熊谷について「目に飛び込んできた」とうなり「つれていく方針」と春季キャンプ1軍スタートを明言。1月下旬のコーチ会議を経て、正式に決まる見通しだ。

「どこでも守る」と鼻息の荒い熊谷だが、本職は遊撃だ。今季の阪神では西岡、糸原、北條、植田ら個性派がひしめく超激戦区。同コーチは「(似たタイプの)植田もいるけど、競争やし、ルーキーがいい存在になる」と期待を込める。

先輩たちには強烈な刺激となり、熊谷はレベルの高い競争に身を投じることで、ひと回りもふた回りも成長できる。昨年はD5位の糸原が1軍キャンプ発進のチャンスをつかみ、そのまま鳥谷以来13年ぶりにルーキー内野手として開幕切符も手にした。熊谷も同じ道を駆け上がりたい。

歩んでほしい道は、現役時代に中日の遊撃、二塁手として活躍し、ゴールデングラブ賞を7度獲得した井端(現巨人コーチ)だ。虎の参謀は名手の名を振られると「捕球姿勢がいい。ペッパーは膝が高かったけど、もともと井端も膝が高かったからね」と守備面で合格点を与えた。

「(井端さんの)動画は何回もみたことありますし、すごく参考にしている部分もある。そういってもらえてうれしい」。初々しく、声を弾ませた熊谷。「遠慮もしてられないと思うので、元気を出してやっていきたいです」。虎のイバタになるために。今はただ、ガムシャラに突っ走る。



下は2017ドラフトで阪神が指名した選手です。3位指名・熊谷君のスカウト評はこちら

阪神の2017ドラフト指名選手 
× 清宮 幸太郎       
× 安田 尚憲     
1位 馬場 皐輔 仙台大 投手
2位 高橋 遥人 亜細亜大 投手
3位 熊谷 敬宥 立教大 内野手
4位 島田 海吏 上武大 外野手
5位 谷川 昌希 九州三菱自動車 投手
6位 牧 丈一郎 啓新高 投手
育1 石井 将希 上武大 投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

阪神がスカウト会議、近畿の高校生に注目

2018年01月09日

1/9、サンケイスポーツ4面より
阪神は8日、西宮市内の球団事務所でスカウト会議を開き、2018年のドラフト候補約200人をリストアップした。大阪桐蔭高には投打二刀流の根尾昂投手(動画)、U-18日本代表の藤原恭大外野手(動画)、報徳学園高には小園海斗内野手(動画)と、近畿に金の卵が多数そろい、佐野仙好統括スカウトは「注目していきたいです」と話した。

またスカウト陣の担当エリアの一部変更も行われ、これまで中国地方の一部と九州を担当していた田中秀太スカウトが九州エリア専任となる。佐野統括スカウトは「大会を地区ごとに行うので、そういう方がベターではないか」と説明した。




根尾君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

藤原君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

小園君(報徳学園)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

藤浪(阪神)、大阪桐蔭監督にベビースター差し入れ

2018年01月06日

1/6、スポーツニッポン5面より
阪神・藤浪(2012阪神1位)が恒例の差し入れを行った。大阪桐蔭・西谷浩一監督の大好物である「ベビースターラーメン」約780袋を特大のビニール袋に入れて持参し、自ら報道陣にも振る舞った。一昨年は600袋、昨年は750袋で過去最多を更新。指揮官愛用の専用サーバーを念入りに洗うなどサービス満点だった。




下は2012ドラフトで阪神が指名した選手です。1位指名・藤浪晋太郎の高校時代のスカウト評はこちら

阪神の2012ドラフト指名選手
1位藤浪 晋太郎大阪桐蔭高投手
2位北條 史也光星学院高内野手
3位田面 巧二郎JFE東日本投手
4位小豆畑 真也西濃運輸捕手
5位金田 和之大阪学院大投手
6位緒方 凌介東洋大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:26|この記事のURL

ドラフトニュース検索