ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ソフトバンク

河本光平(神戸学院大)にソフトバンクなど3球団視察

2016年09月25日

9/25、スポーツニッポン6面より

河本 光平 (神戸学院大・遊撃手)
168cm・右投左打・動画

今秋ドラフト候補の河本(動画)が3安打。ソフトバンクなど3球団が視察する中。7回には右翼フェンス直撃の適時三塁打を放つなど気を吐いた。武器とする50メートル走5秒9の快足に加え、今宮(ソフトバンク)らの打撃フォームを参考にパンチ力も向上。

リーグ戦通算83安打となり、史上12人目の100安打へ「ここまできたら達成したい」と意気込んだ。

(9月24日 関西六大学野球 大商大 9―2 神院大)



河本君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:54|この記事のURL

小野泰己(富士大)12球団OK、広島・ソフトバンク視察

2016年09月18日

9/18、日刊スポーツwebsiteより (source)

小野 泰己 (富士大・投手)
183cm・右投右打・動画

富士大(岩手)が八戸学院大(青森)を7―1で下して8勝1敗とし、リーグ6連覇を達成した。最速152キロを誇るドラフト上位候補の先発・小野泰己投手(動画)が9回10奪三振、2安打、1失点で完投し、29度目の優勝に導いた。明治神宮大会の出場権をかけて、10月22日に始まる東北地区大学野球代表決定戦で南東北大学野球連盟代表と激突する。

進化を遂げた剛腕・小野が無傷の5連勝でリーグ6連覇に導いた。「達成できて良かった。5回ぐらいから制球が乱れたけど、カーブを効果的に使えた」。リーグ開幕前まで封印していた100キロ台のカーブでカウントを稼ぎ、この日広島のスピードガンで計測した最速149キロの直球でコーナーを突いた。

今リーグでは5戦5勝で40回49奪三振、21安打、3失点。50キロ差の緩急をつける投球が完成した。春よりスケールアップして、満を持してプロの世界に殴り込みをかける。リーグ戦が終了予定の今日18日にプロ志望届を提出する見込み。

この日広島、ソフトバンクのスカウトが見守る前で名詞代わりの好投を見せた。「1軍で勝てる投手になりたい。12球団どこでもOKです」。富士大からは山川、外崎、多和田が3年連続で西武に入団している。偉大な先輩たちに続く。

(9月17日 北東北大学野球 富士大 7―1 八戸学院大)



小野君のピッチング動画はこちら

小野君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 15:39|この記事のURL

田中和基(立大)プロ志望、ソフトバンク高評価

2016年09月14日

9/14、西日本スポーツ20面より

田中 和基 (立教大・外野手)
180cm・右投両打・動画

スイッチヒッターのギータを目指す・・・。10日に開幕した東京六大学野球秋季リーグ戦で立大のプロ注目スラッガー、田中和基(動画)が夢の実現へ挑む。福岡・西南学院高から進学した立大で外野に転向して急成長した。福岡ソフトバンク・柳田を彷彿させる豪快なスイングと高い身体能力が売り。

既に10日にプロ志望届を提出している。大学最終シーズンで、1999年秋以来34季ぶりの優勝をつかむとともに、プロへの扉を開けられるか。17日に法大との初戦を迎える。

左右の打席で鮮やかな放物線を描く。立大のスイッチヒッター・田中のリーグ戦通算8本塁打は現役最多。7本を左打席で放っている。「これからどれだけ増やせるか」。大学最後シーズンへ熱い思いを口にした。

180センチ、75キロのスケールにパワーとスピードを兼ね備える。立大の中軸を担い、上原(明大→日本ハム)や今秋ドラフト上位候補の柳(明大)ら大学トップクラスの投手に一発を浴びせてきた。50メートル走は5秒89、遠投125メートル。理想の選手はホークスの柳田だ。

母校の西南学院高は進学校で甲子園出場なし。田中も無名だったが、高校通算18発と力はあった。当時は捕手。左腕の有吉(福岡大)と臨んだ3年夏は福岡大会3回戦で敗れた。

「強い大学でレギュラー争いを」と立大へ。入学当時の監督から「早く試合に出たいなら外野に」と勧められ、選手層の厚い捕手から転向。2年秋から出場機会を得て才能を開花させた。大学進学後、内野安打も稼げる左打ちに一時専念。3年秋はリーグ2位タイの4本塁打、打率.353をマークした。

その後、プロへのアピールも考えて再び両打ちへ。福岡ソフトバンク・小川一夫編成・育成部長兼スカウト室長が「身体能力が高い」と語るなどプロ側も素質を認める。

今春はプロ数球団のスカウトが視察する中、右打席の実戦不足から、2本塁打、打率.256に終わったが、7月には東京六大学選抜としてオランダで開催された国際大会に出場。動くボールを操る海外の投手と対戦し「上のレベルでやるならこういう球に対応しなければ」とミートへの意識を高め、状態を上げて秋を迎えた。

チームは春、勝てば優勝だった明大との最終戦に敗れた。「あと1勝を勝ち取るところにこだわってきた」。優勝とプロ入り・・・。今秋、二つの夢を結実させる。



田中君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:09|この記事のURL

河本光平(神戸学院大)、ソフトバンク・日ハムが注目

2016年09月13日

9/13、スポーツニッポン6面より

河本 光平 (神戸学院大・遊撃手)
168cm・右投左打・動画

2日にプロ志望届を提出した河本(動画)が千金のV撃だ。1番・遊撃で先発。0―0で迎えた3回1死二塁から真ん中直球を仕留める右前適時打を放った。現部員で4年生は2人だけ。もう一人の4年生・江後の右翼線二塁打で生まれたチャンスを生かした。

「足が持ち味」と話すように50メートル走は5秒9。ソフトバンク・日本ハムが注目しており、日本ハムの芝草宇宙スカウトは「走攻守すべてで初めのアクションが良い」と評した。

(9月12日 関西六大学野球 神戸学院大 1―0 大阪学院大)



河本君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 09:19|この記事のURL

土肥星也(大阪ガス)、巨人・ソフトBなど10球団視察

2016年09月10日

9/10、スポーツニッポン6面より

土肥 星也 (大阪ガス・投手)
184cm・左投左打・動画

大阪ガスは4年連続20度目の出場を決めた。今秋ドラフト候補の最速147キロ左腕・土肥(動画)が先発で5回2失点の粘投。巨人、ソフトバンク、楽天など10球団が視察する中、被安打4の6奪三振で直球は最速144キロを計測した。

今季は6月の都市対抗予選中に左肩の違和感を訴え、満足のいく投球ができなかった。現状では「7割くらい」までに回復。高卒3年目の本格派左腕は本大会での完全復活へ向け「まっすぐで押していきたい」と意気込んだ。

(9月9日 日本選手権近畿地区予選 大阪ガス 5―3 新日鉄住金広畑)



土肥君のピッチング動画はこちら

土肥君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:12|この記事のURL

ドラフトニュース検索