ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

ソフトバンク

ソフトバンクドラ1・田中正義、「サファテ級」という声

2017年01月22日

1/22、サンケイスポーツ6面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手(動画)が21日、筑後での新人合同自主トレで初めてブルペン投球を行った。変化球も交えて24球。剛速球を飯田一弥ブルペン捕手がデニス・サファテ投手の球質に例えるなど、いきなり周囲の度肝を抜いた。

キャッチボールから周囲の視線を集めた剛球は18.44メートルで、さらに輝いた。見るからに速い。今年初めての本格的な投球。田中は自らも上々の仕上がりを実感した。「いい感じでした。ボールもそこそこいっているし、下(半身)を使えている感じでした」

マウンドを踏み、すぐに力を込めた。13球を投じたところで捕手を座らせて11球。カーブやカットボールも試したが、やはり目立ったのは最速156キロの直球だ。「8割くらい」で自己採点は「140キロ中盤」。ただ、受けた側の反応はそれ以上だった。

飯田ブルペン捕手は「150キロ近いと思います。140後半は。速くてビックリした」と証言した。さらに驚いたのは球質だ。好投手ぞろいのソフトバンクで「サファテ系です」と例えた。2年連続セーブ王に似た速球を「キレ系でズドン。そういう球はプロでもそんなにないと思う。ベース上で速い。サファテに次ぐ衝撃でした」と表現した。

伸びがあって重い。カーブの精度は未完成も、見守った入来3軍投手コーチは「カットボールは投げられていた。まず長所を」と話すと、巨人時代の同僚に重ねた。「上原も入ったとき、ほぼ直球とフォークで20勝した。(田中は)直球は上原より上」。

1999年に20勝で新人王に輝いたカブス・上原浩治。最近20年で最強の大卒新人のような活躍を期待した。

試運転で周囲の度肝を抜いた右腕は春季キャンプは1軍でのスタートが決まったばかり。さっそく実力を証明したが、通過点にもならない。「そのつもりでやってきたので、特に。A組はありがたいですけど、ここからが大事です」。5球団が競合した今季のナンバーワンルーキー。球界全体がほれこんだ逸材はやはり大物だ。



下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:55|この記事のURL

宮台康平(東大)、ソフトバンク「1年間追い続ける」

2017年01月15日

1/15、日刊スポーツ2面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

東大史上初のドラフト1位指名選手の誕生も!。最速150キロ左腕の東大・宮台康平投手(動画)が14日、5球団のスカウトが視察に訪れる前で今年初練習を行った。同大の始動で、これだけのスカウト陣が集まるのは異例のこと。スカウト間では「(1位指名の)12人に入る素質」と高い評価が飛び交った。

東京・文京区の東大グラウンドのスタンドに、オリックス、ソフトバンク、ヤクルト、DeNA、西武の5球団のスカウトがズラリと並び、左腕の姿を見つめた。オリックス由田スカウトは「今年、1回戦を通年で投げられたら1位は十分ある。12人に入ってくる」と惜しみない評価を与えた。

ソフトバンク山本スカウトも「ドラフトの目玉。掛け値なしにトップクラスの投手。1年間かけて経過を追い続けます」と続けた。

昨年末、宮台は悩んだ末にプロ志望を宣言した。実家に帰り両親にあらためて報告した。「両親は『したいようにしたらいい』と言ってくれた」と笑顔を見せた。年始は地元で4日から始動。この日も約40メートルの距離でフォームを確認しながら約80球のキャッチボールを行った。3月には対打者に投げられる見込みだ。

練習前、根津神社で必勝祈願を行い、絵馬には「勝ち点獲得」と書いた。「まずは左肩を万全にする。プロは憧れですが、いざ行くとなったら現実的な目標にできるよう頑張りたい」。この日行われたセンター試験同様、限られた時間でベストを尽くし合格をつかむ。




宮台君のピッチング動画はこちら

宮台君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 11:44|この記事のURL

鍬原拓也(中大)、巨人・ソフトバンク・ロッテがあいさつ

1/15、スポーツ報知4面より

鍬原 拓也 (中央大・投手)
176cm・右投右打・動画

中大は清水達也新監督の下、東京・八王子市内の同校グラウンドで始動。今秋ドラフト候補の最速152キロ右腕・鍬原拓也(動画)は、サイドスローだった中学時代に習得したシンカーが武器。腕の位置を上げてからは、ロッテ・石川、ソフトバンク・摂津を参考に「打者のタイミングを外して、空振りが多くなった」

この日は巨人、ソフトバンク、ロッテのスカウトがあいさつ。エース右腕は「プロを目指し、春は全チームから勝ち星を挙げたい」と誓った。




鍬原君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 11:30|この記事のURL

清宮幸太郎(早実)、ソフトバンク・王会長「成長見守る」

2017年01月12日

1/12、スポーツニッポン4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

早実OB総会が11日、都内で開かれ、OB顧問を務める王貞治氏らが昨秋の東京大会を制し、今春のセンバツ出場が確実な早実ナインを激励した。王氏は高校通算78本塁打の清宮幸太郎主将(動画)について「見るたびにたくましくなるね。3桁(本塁打)行くんじゃないか」と100本超えに太鼓判。

清宮も懇親会でのあいさつで「早実の一年にしたい」と力を込めたという。王氏が清宮と直接会うのは昨年1月の早実練習場「王貞治記念グラウンド」の竣工式以来。プロ入りか大学進学か進路が注目されているが、王氏は「それは清宮家が決めること。こちらは成長していく姿を見守る」と話すにとどめた。

同校OBで早大に進学した斎藤も「僕は大学進学を選んだが、どちらを選んでも正解も間違いもない。本人がやれるならどっちでも大丈夫」と話した。



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 13:51|この記事のURL

飯田晴海(東洋大)プロ志望、西武・ソフトバンク視察

2017年01月09日

1/9、デイリースポーツ4面より

飯田 晴海 (東洋大・投手)
175cm・右投右打・動画

東洋大の今秋ドラフト候補・飯田晴海投手(動画)が8日、埼玉県川越市の同大グラウンドで始動した。主将も務める最速145キロ右腕は「優勝するには5、6勝はしないといけない」と、11年春以来のリーグ制覇へ決意表明した。冬場は新球のシュートを習得中。

この日は西武、ソフトバンクのスカウトが視察した。高校日本代表では松井裕(楽天)、高橋光(西武)らとともにU―18W杯で準優勝。「上の世界でやりたい。チームのために1勝を積み上げていけば近くなる」と、プロも見据えてフル回転を誓った。




飯田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:08|この記事のURL

ドラフトニュース検索