ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ソフトバンク

ソフトバンク、コロナ拡大でスカウト陣の活動休止に

2020年04月03日

日刊スポーツwebsiteより (source)
動きが止まったのは「現場」だけではない。ソフトバンクは3月31日からチームの活動を休止した。グラウンドから選手の姿が消え、スタッフを含め自宅待機を強いられている。

活動を一時休止しているのは全国に散らばるスカウト陣も同じだった。球団の方針で当分の間、スカウト活動休止を決めた。高校、大学、社会人・・・。チームの補強ポイントに合わせ、好素材を追い続ける彼らも「自粛」を余儀なくされた。

「先週くらいまでは(アマチュアも)動きがあったんですけど、一気に動きがなくなりました」。関東地区を担当する荒金スカウトは残念そうに話した。

新型コロナウイルス拡散が一気に増加した東京都や神奈川県などをカバーする同スカウトは「相手に迷惑をかけるわけにもいきませんから」と自宅待機の日を送っている。キャンプ中の2、3月は大学、社会人チームを見ることができたが、高校生はセンバツ大会中止を含め、部活自体が行われていないため、動きようがないのも現実のようだ。

プロ野球の「開幕」が大きくずれ込むことになれば、ホークスに限らず12球団のスカウト活動にさらに支障が出る可能性もある。MLBでは今季のドラフトの大幅縮小を表明。開催時期も6月から7月に変更した。当然、日本でも議論の対象となるだろう。ドラフト開催時期もそうだが、指名選手数などいろんな問題が出てくるはずだ。

「早く(新型コロナウイルス感染が)終息してくれるといいんですが…。じゃないと、僕らもいつ動いていいのかわからない」。荒金スカウトはため息を漏らした。問題は「現場」だけでは、ない。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ソフトBドラ1・佐藤直樹、小川2軍監督大絶賛

2020年03月29日

3/29、西日本スポーツ1面より

2019ソフトバンクドラフト1位 佐藤直樹
JR西日本・外野手・動画

生まれ育った関西の地で“ドラ1の足”がキラリと光った。兵庫・報徳学園高出身の佐藤直樹(動画)が、プロ入り後初の関西遠征となった2軍練習試合・オリックス戦に「1番・中堅」でスタメン出場すると、1回に右前打、5回にも四球で出塁し、いずれも生還しての2得点をマーク。

50メートル5秒8の俊足を生かした好走を「成長が楽しみだよ」と小川2軍監督も大絶賛だ。

開幕1軍を目指す野手のサバイバル戦は、同期入団の柳町(慶大)に上林、周東ら、すでに実績のある先輩たちも交えての超激戦。「1軍、2軍は関係なく、できることをアピールしたい。全部がアピールなので、一試合一試合を大切にしていきたい」というルーキーの熱い意気込みが、そのプレーの中に、存分にあふれていた。

1回、オリックスの先発本田の147キロ直球をライトへ流し打ちして出塁。小川2軍監督を「うまく打ったよ」とうならせると、3番古沢の初球に二盗、さらに4球目の暴投の間に三塁を陥れ、古沢の中前打で先制のホームインだ。

さらに5回、2死から8球粘って四球を選ぶと、続く周東が右前打。オリックスの右翼・佐藤優がジャッグルしたスキを突いて三塁へ。俊足を生かした“巧走”に小川2軍監督も「いいスタートを切ったね。気持ちが前向きで、全力疾走もできるのがいい」と高く評価した。

「自分でしっかりと見て(三塁へ)行けました。そういう点ではよかった」と佐藤自身も納得のプレーでチャンスを広げ、古沢の中前打で生還。2得点をマークし、1番打者の仕事を見事に果たした。

新型コロナウイルス感染予防のため、チームは遠征中の外出自粛を通達。兵庫県の実家に戻れたのは「1度だけでした」という。昨秋の社会人日本選手権以来となる京セラドーム大阪への凱旋も「無観客でしたし、両親でも見に来てくれていたら気持ちも違ったんでしょうけど…。今回は仕方ないです」と残念そう。

とはいえ、この「足」をもってすれば、1軍での成長した晴れ姿を見せられる日も、そう遠くないようだ。

(3月28日 2軍練習試合 ソフトバンク 3-2 オリックス)



下は2019ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位指名・佐藤直樹のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2019ドラフト指名選手
1位佐藤 直樹 JR西日本外野手
2位海野 隆司 東海大捕手
3位津森 宥紀 東北福祉大投手
4位小林 珠維東海大札幌高内野手
5位柳町 達慶応大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:30|この記事のURL

ソフトBドラ1・佐藤直樹が好調、打率4割に乗せる

2020年03月15日

3/15、西日本スポーツ1面より

2019ソフトバンクドラフト1位 佐藤直樹
JR西日本・外野手・動画

社会人時代を過ごした広島での凱旋試合を前に、ドラ1・佐藤(動画)が大暴れした。5回に左前打を放つと、7回1死二塁からは2戦連続となる適時二塁打。体勢を崩されながらも外角低めの直球に食らいつくと、打球が右翼手の頭上を越えた。オープン戦初のマルチ安打をマーク。出場10試合で計15打数6安打と、規定未満ながら打率を4割に乗せた。

この日の2安打は初球からスイングした結果の快音。好調の要因は弱気を乗り越えた積極性だ。「初球を思い切り振れた打席は社会人時代から成績がいい。余裕が持てるんです。キャンプではいろんな人の打撃を見て、自分に自信が持てなさすぎた。それじゃ駄目と思い、しっかりスイングするようにした」。

工藤監督も「対応力が非常にうまい。打席の中でいろいろと考え、冷静に対処できている」と高く評価する。

バットだけでなく50メートル走5秒8の俊足も見せつけた。5回に二盗。母校である兵庫・報徳学園高の2学年後輩で、遊撃を守っていた小園のタッチをかいくぐった。一度はアウトの判定も、工藤監督のリクエストの要求で判定は覆った。牧原に並ぶチームトップタイの4盗塁目だ。二塁上では小園と談笑。「打率、えぐいっすねと言われました」と先輩の威厳を示し、胸を張った。

派手な活躍だけでなく、9回無死二塁ではきっちりと犠打を成功。一塁線へ確実に転がし、サヨナラの好機を演出した。7日のDeNAとのオープン戦では9回無死一、二塁で失敗していただけに「二度ミスをしたらこのチームでは試合に出られない」。激化する外野手争いを生き抜くため、細かなプレーも気を抜くつもりはない。

15日のオープン戦最終戦はJR西日本時代に3年間を過ごした広島でのゲームが待っている。「親や元同僚が球場に来てくれる予定だったんですけど…」。無観客試合を残念がったが、目標の開幕1軍をつかみ取るためにも元気なプレーで堂々とした姿を示すつもりだ。「なんとか食らいついていきたい」。過酷なサバイバルでその存在感はじわりと増している。

(3月14日 オープン戦 ソフトバンク 4-4 広島)



下は2019ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位指名・佐藤直樹のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2019ドラフト指名選手
1位佐藤 直樹 JR西日本外野手
2位海野 隆司 東海大捕手
3位津森 宥紀 東北福祉大投手
4位小林 珠維東海大札幌高内野手
5位柳町 達慶応大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

木沢尚文(慶応大)、巨人・ソフトバンク高評価

2020年03月14日

スポーツ報知websiteより (source)

木沢 尚文 (慶応大・投手)
182cm・右投右打・動画

東京六大学リーグの慶大が13日、神奈川・横浜市の同校グラウンドで、首都大学リーグの日体大とオープン戦を行い、11-4で快勝した。先発は、プロ注目の最速155キロ右腕・木沢尚文(動画)。182センチ、78キロという恵まれた体から投げ込む直球と鋭く落ちるスプリットを武器に、6回まで毎回の9三振を奪った。

この日の最速は150キロ。見守ったソフトバンク・山本スカウトは「この段階で150キロが出るのだから、順調ということ。フォームがどっしりしたし、最上級生になったことで、いい雰囲気で投げている」と成長を認めた。

6回を4安打2失点。ソロホームランを1本浴びたが、パワーで圧倒したという印象が強かった。ネット裏には、計9球団のスカウトが集結。初めて見たという巨人・脇谷スカウトは「球に強さがあるのが一番。意外とコントロールもいい。ホームランを打たれたが、問題になることではない」と高い評価を与えた。

「暖かいアメリカで調整したこともあって、いい内容だった。ウチは、いいピッチャーが多いが、木沢が柱になるのは間違いない」と堀井哲也監督。昨秋のリーグ戦に続く連覇へ、大車輪の活躍が期待されている。

木沢は野球部を通じて「米国キャンプでメジャーリーガーの試合への準備の仕方などを見たことが、プラスになっている。監督がかけて下さる言葉や起用などから、僕がやらなきゃいけないと、ひしひしと感じている。結果を問われていると思う」とコメントした。

(3月13日 オープン戦 慶応大 11―4 日本体育大)



木沢君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:05|この記事のURL

早川隆久(早大)、巨人・ソフトB・ハム・オリが視察

2020年03月11日

スポーツ報知websiteより (source)

早川 隆久 (早稲田大・投手)
179cm・左投左打・動画

東京六大学リーグ・早大と巨人3軍との練習試合は10日、雨のため中止に。先発を予定だった早大の151キロ左腕の早川隆久投手(動画)「社会人より、もうひとつ上のレベルという意味で楽しみにしていたので投げたかった」と残念がった。

試合で試したいと思っていたのが、「チェンジアップの使い分けだった」という早川。「カウントを取るブレーキの利いた球と、真っすぐに近い軌道から落ちる決め球のチェンジアップの2種類で、バッターの奥行きを使うことを課題にしている」。

試合中止が決まると室内練習場のブルペンに入り、巨人、ソフトバンク、日本ハム、オリックスのスカウトが見守る中、40球の投球練習を行った。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、予定していた沖縄・浦添キャンプが中止に。調整スケジュールの見直しを余儀なくされたが、「プラスにとらえて取り組んできた」と早川。「向こうに行くより練習時間は確保できたし、体のケアという意味では万全」とリーグ戦に向けての仕上げに自信を示した。



早川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL


ドラフトニュース検索