ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ソフトバンク

ソフトバンク、ドラフト1位コンビが好調

2019年08月19日

8/19、西日本スポーツ3面より

2018ソフトバンクドラフト1位 甲斐野央
東洋大・投手・動画

シーソーゲームで流れをたぐり寄せたのは、「ドラ1」右腕コンビだった。4、5回に2点ずつ奪われ逆転を許した後、1点ビハインドの6回に出番が訪れたのは甲斐野(2018ドラフト1位)だ。「とにかく3人で終わらせたい」。その思いを、見事に結果で示した。

先頭木村をフルカウントから外角高め154キロの直球で空を切らせると、エンジン全開。永江はフォークで3球三振、2安打と当たっていた秋山にもフォークを多投しフルカウントからの決め球もフォーク。内角低めに落ちる球を振らせ、3者連続空振り三振で料理した。

球団では2014年に58試合に登板した森以来となる、1年目での50試合登板の節目を華々しく飾った。開幕戦でプロ初勝利を挙げると、デビューから13試合連続無失点の新人記録も樹立。森の離脱中は代役で8セーブもマークした右腕は「本当に濃い、いい経験をしている。もっとチームの勝利に貢献したい」と貪欲な姿勢を貫く。

相乗効果がある。「甲斐野さんの3者連続三振が刺激になった」。奮い立たされたのは、7回のマウンドに上がった4年目の高橋純(2015ドラフト1位)。甲斐野に負けじと、金子侑からオール直球で空振り三振を奪うと森、中村と続く上位打線を3者連続三振に仕留め、球場のボルテージを一気に上げた。

「三振は全打者狙っている。早くリベンジしたい気持ちがあった」。前回登板の15日楽天戦では、延長11回に満塁策を選んだ後、銀次にサヨナラ適時打を浴び、プロ初黒星を喫した。この登板では先頭茂木に二塁打を浴び「あらためて、先頭を切る意識が強くなった」と教訓を得た。長打力のある打線相手に大量失点を防ぐためにも、金子侑への投球は力が入った。

2人で6者連続奪三振という圧巻の投球に、打線も奮起し逆転。高橋純には3勝目が舞い込んだ。「しっかり三振で抑えるとチームにも勢いが付きますし、そういう意味ではあそこの三振というのは非常に大きかった」。工藤監督も勝敗を分けたターニングポイントを絶賛。ピッチングで流れを変えられる才能が、2人にはある。

(8月18日 パ・リーグ ソフトバンク 5―4 西武)



甲斐野君(2018ドラフト1位)の大学時代のスカウト評はこちら

高橋君(2015ドラフト1位)の高校時代のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ソフトバンク、佐々木(大船渡)密着マークへ

2019年08月17日

8/17、西日本スポーツ1面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

「令和の怪物」密着マーク! 福岡ソフトバンクが、30日から韓国で開催される「第29回WBSC U18野球W杯」に、全スカウトを派遣することが16日、分かった。同大会には、大船渡高の最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(動画)の選出が決定的。プロ志望届提出が確実視される今秋ドラフト会議の超目玉候補を、異例のオールスカウト態勢でチェックする。

チームが2年ぶりのVへ向けたマジック点灯を目前とする中、球団も常勝軍団構築への準備を進めている。30日から9月8日まで韓国・機張で開催されるU18野球W杯に、各地区担当全9人のスカウト派遣を計画。一昨年にカナダで行われた同大会など海外での大会では2、3人の視察が通例だが、今回は「オールスカウト態勢」を敷く。

異例の全スカウト派遣について、福山アマスカウトチーフは「特に今年は佐々木君をはじめ有望な選手が多い。絶対に抜け漏れがないようにしたい」と説明する。

今年の高校3年生には大注目の佐々木だけでなく、夏の甲子園に出場中で佐々木と双璧の素材ともされる星稜の奥川、最速154キロを誇る創志学園の西ら有望選手がひしめく。秋のドラフト会議に向け、担当地区を越えた全スカウトの目で分厚いチェックをする狙いだ。

中でも密着マークの最大の的は、もちろん佐々木だ。福山チーフは「国際大会という舞台。リミッターを外した最高のパフォーマンスを見逃さないようにしたい」と強調。

同大会は12チームが出場し、各チームが予選を5試合行い、スーパーラウンド→決勝戦(3位決定戦)へと進む。日本代表の出場選手は、8月20日の夏の甲子園準決勝後に正式決定。佐々木の選出は濃厚とみられるが、登板日は流動的なだけに全日程で常時数人のスカウトが現地でチェックできる態勢をとる。

佐々木は4月5日から3日間、関西で行われた高校日本代表候補研修合宿中に163キロをマークしたことで、もともと高かった注目度がさらに急上昇した。実はこの合宿にも、ソフトバンクは12球団で唯一、全スカウトを派遣。また7月の岩手大会3回戦には、三笠杉彦取締役GMが異例の地方大会視察を行った。

これまで明言こそしていないが、佐々木がプロ志望届を提出した場合、今秋ドラフト1位指名の最有力候補となることは間違いない。ただ、球団は例年通り大学・社会人選手の視察もくまなく行ってドラフトへ向けた会議を重ね、他球団の動向も注視しながら、ドラフト会議前日および当日に1位指名選手を最終チェックする方針だ。

佐々木がプロ入りを表明した場合、1位指名の競合は必至とみられるが、ホークス球団はどこにも引けを取らない分厚いマークを実施する。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ソフトバンクスカウトの甲子園ドラフト候補総括

2019年08月14日

8/14、西日本スポーツ22面より
第101回全国高校野球選手権は大会第7日の12日で出場49校が全て登場した。スカウト陣が丹念にチェックした「プロ注目の逸材」を、福岡ソフトバンクの永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長に語ってもらった。

今大会には出場していないが、高校野球史上最速となる「163キロの剛腕」に触れないわけにはいかない。大船渡の右腕・佐々木朗希(動画)について「彼中心のドラフトになる。佐々木君にいくのか、いかないのかで変わる。いいのは、もう分かっているので」と断言。佐々木次第で、各球団のドラフト戦略も変わってくるというわけだ。

さて、今大会ナンバーワンに挙げたのは、星稜のエース奥川恭伸(動画)「コントロール、変化球の質。投げるレベルが高く、既にゲームメークができる。佐々木君か、奥川君の将来性を取るか。各球団の方針次第」と佐々木と“双璧”の素材という位置づけだ。

春夏連続出場だった津田学園の右腕・前佑囲斗(動画)は、静岡との1回戦で160球を投げ切って完投。182センチ、87キロの恵まれたサイズから投げ下ろす力強さとタフネスぶりに「投手らしい投手。伸びしろも感じるし、春より全然良かった」と成長を評価した。

左腕では、2年連続出場だった近江の林優樹(動画)と春夏連続出場の高松商の香川卓摩(動画)。身長は林が174センチ、香川は165センチながら「小柄で細身の左腕ですが、2人とも指先の感覚がいいし、将来が楽しみな存在」という。

野手では、八戸学院光星の遊撃手・武岡龍世(動画)の名前を挙げ「ボディーバランスがいい。足もあるし、センスがある。選抜のときより、打球も飛んでいるイメージがある」と絶賛。

履正社の4番・井上広大(動画)「体に力がついて、選抜よりずっと良くなった」と高評価した上で「まだ、ぼてっとした子どもの体ですから、上の世界で体をつくれば、もっとすごくなるでしょう」と将来の大砲候補として位置づけた。

地元の九州勢は、筑陽学園の捕手・進藤勇也(動画)を高く評価。「肩の強さだけじゃなく、送球の正確性、ストライク送球の確率が圧倒的に高いですね」と能力の高さに二重丸をつけた。

同じ捕手では智弁和歌山の東妻純平(動画)「(身長172センチで)体は小さめだけど、打撃に力もあるし、動きも速い。ウチの(甲斐)拓也っぽいです」と甲斐キャノン2世に指名。同じ智弁和歌山の二塁手、黒川史陽(動画)「二塁、三塁が守れて、打つ方もいいのは魅力」と評価した。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

井上広輝(日大三)進路は未定、ソフトバンク高評価

2019年07月25日

7/25、スポニチwebsiteより (source)

井上 広輝 (日大三高・投手)
180cm・右投右打・動画

日大三は2年連続の甲子園出場を逃し、19年連続の4強入りもならなかった。プロ注目の152キロ右腕・井上(動画)は、3回無死二塁から3番手で登板。ただ、6回8安打2失点と流れを引き戻せず「真っすぐが走らず、コントロールも悪かった。自分の力不足です」。 

今後の進路は未定だが、ネット裏には複数球団のスカウトが集結。ソフトバンク・永井智浩スカウト部長は「本調子ではないと思いますが、直球も変化球もボールを操れる。指先の感覚が優れた選手」と評価した。

(7月24日 西東京大会準々決勝 桜美林 6-4 日大三)



井上君のスカウト評はこちら

井上君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

米山魁乙(昌平)、ソフトバンク「十分候補になる」

2019年07月24日

7/24、スポニチwebsiteより  (source)

米山 魁乙 (昌平高・投手)
176cm・左投左打・動画

埼玉大会では昌平のドラフト候補左腕・米山魁乙投手(動画)が0―0の6回から登板し4イニングを無失点救援。打線の援護を呼んで聖望学園を破り、2年連続で8強に進出した。

米山が0―0の6回から登板すると、明らかに球場の空気が変わった。自己最速を1キロ更新する144キロ直球軸に4回無失点。登板直後に打線の援護も受け、2年連続の8強進出に導いた。投げるたびに雄叫びを挙げ、気迫あふれるマウンドだった。

「打たれる怖さはあった。でも、気持ちが乗れば乗るほどボールに伝わる。頭は冷静に内野を信じて打たせて取った」

パワフルな投球が持ち味のドラフト候補左腕。1年から公式戦に登板。昨夏北埼玉大会2回戦で春日部共栄を破り、一躍名前をとどろかせた。ラストイヤーの今年は1月から2月前半まで1日おきに300球を投げ込んで夏に耐えられる体をつくり上げた。

さらに4回戦翌日の21日には黒坂洋介監督の発案で、指揮官の駒大時代の後輩が住職を務める長光寺で40分座禅を組んだ。「最初は長いなあ、とか思ったけどだんだん体がフワッとして無になれた。凄く良い体験だった」と雑念や欲を捨て、投球に集中。走者を背負っても冷静に後続を断った。

3球団のスカウトが視察し、ソフトバンク・永井智浩スカウト部長は「球速以上にボールは来ていると思う。十分候補」と評価した。

(7月23日 埼玉大会5回戦 昌平 6―0 聖望学園)



米山君のスカウト評はこちら

米山君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 09:25|この記事のURL


ドラフトニュース検索