ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
ソフトバンク

あのドラフト選手は今、塚田正義(ソフトバンク3位)

2021年02月14日

西日本スポーツ2面より

2011ソフトバンクドラフト3位 塚田正義
白鴎大・内野手

元福岡ソフトバンク外野手の塚田正義さん(2011ソフトバンク3位)が新たなステージへ踏み出した。白鴎大からドラフト3位で2012年に入団し、8年間プレーして引退。球団職員として1年を過ごした後で球団を離れ、現在は故郷・茨城県古河市で、中学生以下の年代向け少年野球スクール開講を目指している。

昨年はスポーツ振興部で競技普及に携わり、小学生を選抜したジュニアチームのコーチも務めた。チーム方針で走塁を重視。「小学生には難しいだろうな」と初歩から教えたが、約3カ月、週末だけの練習で「小6が走者三塁の場面でのゴロゴーもできるようになった。固定観念が消えました」と笑う。

「短い間でしたが、子どもたちが成長する姿を見るのが本当に楽しかった」と少年野球スクールの計画を思い立った。「自分が子どものころ、プロや元プロに触れる機会は少なかった。地域の野球人口も減っている。茨城で野球を楽しむきっかけを少しでもつくれたら」と意気込む。このほど学生野球資格も回復した。

茨城県で独自の緊急事態宣言が出ている事情もあり、グラウンドの利用は難しく、まずバッティングセンターなどでのレッスンから始動。並行して拠点となる室内練習場を整備する方針。

「プロになって初めて行った福岡はファンの方が本当に温かかった。強いホークスで、長谷川さんや摂津さんのようなベテランが最後まで練習する姿を見せてもらったのも財産です」。第二の故郷で培ったものを、地元に還元していく。



下は2011ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。塚田正義は3位指名入団。プロでの成績はこちら

ソフトバンクの2011ドラフト指名選手
1位武田 翔太宮崎日大高投手
2位吉本 祥二足立学園高投手
3位塚田 正義白鴎大内野手
4位白根 尚貴開星高投手
5位嘉弥真 新也JX-ENEOS投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ブレイク必至、砂川リチャード(ソフトB高卒4年目)

2021年02月07日

2/7、日刊ゲンダイ37面より

2017ソフトバンク育成3位 砂川リチャード
沖縄尚学高・内野手

「世界の王」もゾッコンだ。昨季、二軍で12本塁打、47打点。ウエスタン2冠と結果を残し、4年目の今季はいよいよ一軍での活躍が期待される。球団スタッフは「打撃職人の長谷川に弟子入りしている」と、こう続ける。

「長谷川がケガで二軍調整中だった夏場から、打撃について熱心にアドバイスを求めていた。そのせいか、長谷川が8月にPCR検査で陽性反応が出たとき、同じ外野手でもないのに濃厚接触者と判定。しばらく練習を休まざるを得なかったほどです」

砂川に目をかけているのはベテランの長谷川だけではない。王球団会長もそのパワーに惚れ込み、キャンプでも熱心に手取り足取り指導。「無駄な動きが多い。あまり力まないように」とアドバイスを送っている。

「性格も変わった。以前の砂川はネガティブというかマイナス思考。打撃でも追い込まれたら慣れないミート重視に切り替えては失敗を繰り返していた。そんな消極的な癖も鳴りを潜めている。印象的なのは1月に沖縄の地元メディアの取材。もともとの性格もあって、あまり大きいことは言わないのだが、今年は一軍で30本打つと珍しく意気込んでいる」(前出のスタッフ)

定位置は三塁。ベテランの松田からポジションを奪えるか。



下は2017育成ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。砂川リチャードは3位指名入団。プロでの成績はこちら

ソフトバンクの2017育成ドラフト指名選手
育1 尾形 崇斗 学法石川高 投手
育2 周東 佑京 東農大北海道 内野手
育3 砂川リチャード 沖縄尚学高 内野手
育4 大竹 耕太郎 早稲田大 投手
育5 日暮 矢麻人 立花学園高 外野手
育6 渡辺 雄大 BCリーグ新潟 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ソフトバンクの2021ドラフト補強ポイント

2021年01月24日

週刊ベースボール2月1日号「2021補強ポイント」より
現チームの課題、主力陣の後継者を育てるべく、過去2年は投手より野手の指名。彼らを含めた若手野手陣が順調に成長を見せてくれれば、今後も即戦力より将来性と数年後を見据えた補強に特化できる。

となれば、1位に関しては、投手・野手にしばられることなく「その年最も評価が高い選手」を競合必至で狙いにいく可能性が高い。また、昨年同様に、支配下全員高校生の可能性も。



2016ドラフト、12球団の指名選手一覧はこちら

2017ドラフト、12球団の指名選手一覧はこちら

2018ドラフト、12球団の指名選手一覧はこちら

2019ドラフト、12球団の指名選手一覧はこちら

2020ドラフト、12球団の指名選手一覧はこちら



draftkaigi at 06:41|この記事のURL

2021期待の新人、田上奏大(ソフトBドラフト5位)

2021年01月18日

1/17、スポーツニッポン2面「球界新士録」より 

2020ソフトBドラフト5位 田上奏大
履正社高・外野手兼投手・動画

投手に転向してまだ9カ月。ソフトバンクのドラフト5位右腕・田上(動画)は、スケールの大きな将来性であふれている。09年に捕手としてベストナインを獲得した球団OB、田上秀則氏のおいっ子としても注目。わずかなチャンスをモノにして、プロの世界に飛び込んだ。

履正社3年だった昨年4月。コロナ下の自粛期間に岡田龍生監督に「投手がやりたい」と直訴した。5月のシート打撃で147キロをマーク。DeNA4位指名の主軸・小深田のバットを曲げるなど、主力9人を完璧に抑えた。

同月の練習試合で、直球は最速151キロを計測。小深田や、楽天6位となった内の視察に訪れたスカウトの目に留まった。公式戦登板もなかったが、一躍ドラフト候補になった。

「3、4年後、お客さんから“ウワッ”と思われる球を投げたい」。入寮後には憧れるエース千賀の投球動画を中心に研究し、スケールアップを目指している。持ち球もカットボール、スライダー、チェンジアップ、ツーシームと豊富。

「高3のとき、投手の仲間に聞いてスナップスローで覚えました」と急成長の裏には類いまれな器用さもあった。10日の新人合同自主トレ初日を視察した藤本博史2軍監督も「手首の使い方、フィールディングが一番うまい」と能力の高さを認めた。

叔父と同じ背番号70を背負い、プロ生活がスタート。「母子家庭なので活躍して、母を楽にさせてやりたい」。都市伝説が大好きで中学時代にUFOと遭遇したと言い張る右腕は、ユーモアと優しさを兼ね備えて、計り知れない投手としての才能を伸ばしていく。



田上君のスカウト評はこちら

田上君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

内川聖一(ソフトB自由契約)、ヤクルトが獲得

2020年12月09日

12/9、サンケイスポーツ3面より

2000横浜ドラフト1位 内川聖一
大分工高・内野手

ヤクルトは8日、ソフトバンクを自由契約となった現役通算最多2171安打の内川聖一内野手(2000横浜1位)を獲得したと発表した。1年契約で背番号は「7」。11日に東京都内の球団事務所で正式に契約を結ぶ。

通算2171安打を誇るバットマンが、3球団目のユニホームに袖を通す。内川は今季、ソフトバンクで1軍での出場はなかったが、2軍では42試合に出場して打率・327、1本塁打、17打点をマーク。

今季2年連続の最下位に終わったヤクルトは、チーム打率がリーグワーストの・242、468得点がリーグ5位と低迷しており、球団幹部は「チームの力になってくれると思います」と期待を寄せた。

両リーグで首位打者に輝いた巧みな打撃技術は健在で、一塁や外野で起用が可能。背番号「7」は町田行彦、豊田泰光、小早川毅彦(本紙専属評論家)らが背負った伝統の番号だ。豊富な経験と高い技術を持つベテランが燕を浮上に導く。



下は2000ドラフトで横浜(現DeNA)が指名した選手です。内川聖一は1位指名入団。プロでの成績はこちら

横浜の2000ドラフト指名選手
1位内川 聖一大分工高内野手
2位吉見 祐治東北福祉大投手
3位後藤 伸也東北高投手
4位東 和政宿毛高投手
5位鈴木 健之藤代高投手
6位西崎 伸洋糸島高捕手
7位稲嶺 茂夫東海大投手
8位竹下 慎太郎大分硬式倶楽部投手
9位渡辺 雅弘東北高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索