ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ソフトバンク

山口翔(熊本工)、ソフトバンク・中日が高評価

2017年03月20日

3/20、西日本スポーツ24面より

山口 翔 (熊本工高・投手)
180cm・右投右打・動画

憧れのマウンドには、苦い思い出だけが残った。熊本工の山口(動画)は智弁学園に11安打の9失点(自責5)と打ち込まれた。「自分の悪い部分が全て出た。力を出し切れず、悔しい」。175球の力投も報われず、名門のエースは唇をかみしめた。

昨春覇者を相手に「打てるものなら打ってみろ」と、強気の投球で立ち向かった。1回には自己最速の149キロに1キロと迫る148キロを計測。だが、足を絡めた攻撃に対し、スタメンに2年生が7人並ぶ若いチームは浮足立った。失策が重なり、失点が増えていくうちに右腕の強気は弱気へと変化した。

「ボールになったらどうしようとマイナス思考になってしまい、切り替えができなかった。抑えなければという気持ちが強すぎた」。制球を乱して8四球。9回は警戒していた相手4番の太田英毅に真っすぐを左翼席に運ばれた。

初回の失点で「焦った」と真鍋主将は、チームの雰囲気を代弁。「エラーが多かったのは予想外。相手打線も予想以上に良かった」と安田監督も完敗を認めるしかなかった。

「熊本に元気を」と合言葉に厳しい練習を耐えた。昨年4月の熊本地震で、熊本市内にある山口の自宅は断水が約1ヶ月続き、特別に設けられた入浴施設に通った。学校は避難所となり、選手は1ヶ月ほど練習ができなかった。

「奇跡のバックホーム」で知られる1996年夏の甲子園決勝の相手、松山商(愛媛)からは義援金が届けられたという。「口にはしないけど、熊本のためにという気持ちは強かったようです」。山口の父、護高さんは息子の思いを明かした。

山口は夏の再来を誓った。「今までの投球では通用しない。コントロールを改善して、夏までに仕上げて完成形を甲子園で披露したい」。屈辱をレベルアップへの糧にして、もう一度マウンドに立つ。


▼ソフトバンク・小川一夫編成育成部長兼スカウト室長
「スピードもあって、体も関節が柔らかく、投手としての素質は持っている。楽しみな部分は多い」

▼中日・中田宗男スカウト部長
「手投げ気味で球が浮いていたが、肘の使い方はいい。低めにビシビシと決まるようになれば、1位候補クラスになる」

(3月19日 センバツ高校野球 智弁学園 9―0 熊本工)




山口君のピッチング動画はこちら

山口君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 12:00|この記事のURL

ソフトバンクドラ3・九鬼隆平、高卒新人7年ぶり大抜擢

2017年03月18日

3/18、西日本スポーツ2面より

2016ソフトバンクドラフト3位 九鬼隆平
秀岳館高・捕手・動画

ウエスタン・リーグ5連覇中の福岡ソフトバンクは17日、阪神との開幕戦に臨み、4―5で逆転負けした。ドラフト3位の九鬼隆平捕手(動画)が、高卒新人としては2010年の今宮以来となるウエスタンでの開幕スタメン出場。プロ初安打&初打点となる適時三塁打をマークした。

18歳の若鷹がオープニングゲームで輝いた。1点を追う5回1死二塁。九鬼が左腕・榎田の真っすぐを捉えた。右中間を破ると、足をもつれさせながら三塁を陥れた。公式戦初出場で初安打初打点をマーク。「甘い球だったのでしっかり振り抜けて良かった。足が動いてなかったですけど」と苦笑いを浮かべた。

「正直びっくりしました」という開幕戦のスタメンだった。高卒新人では今宮以来、7年ぶりの大抜てき。それでも高校日本代表で4番も務めた九鬼は落ち着いていた。「特別な感じはなかった。いつも通り」。3回の第1打席は空振り三振に倒れたが、5回に早くも見せ場が待っていた。

この日はDHでの出場。新人合同自主トレから右肩に違和感があり、捕手としての調整は遅れていたが、シートノックに加わるまでに回復した。「ほぼ制限もなくなった。守って出たいという気持ち」。捕手としての本格始動も近い。

初安打の記念ボールも手にしたが、満足はしていない。「三塁打1本で(試合で)負けているんじゃ意味がない。最後で打ってこそ本物」。1点を追う9回1死二塁。昨季までホークスに在籍した柳瀬のフォークにバットは空を切った。「高校とは緊張感も違う。試合に出て、経験を重ねて、まずは2軍のスタメンを目指す」

ルーキーの活躍に水上2軍監督は「びっくりした。初球から振っていく積極性がすごい」と目を丸くした。若手を育てながら、V6を狙う戦いも始まった。指揮官は「負けたけど、いい粘りも見せた。いい戦いができると感じている」と断言。若鷹たちが筑後の地で成長を目指す。

(3月17日 ウエスタン・リーグ 阪神 5―4 ソフトバンク)




下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。3位・九鬼君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 09:57|この記事のURL

金成麗生(日大三)、ソフトバンク「体格ナンバー1」

3/18、サンケイスポーツ4面「春の怪物たち」より

金成 麗生 (日大三高・一塁手)
193cm・左投左打・動画

1メートル93、101キロながらスラリとしたモデル体形に、甘いマスク。日大三(東京)の4番を担うのがプロ注目の強打者、金成麗生内野手(動画)だ。初出場のセンバツでは、大会第1日の第2試合に登場。明治神宮大会を制した優勝候補の履正社(大阪)と当たる。

強豪校との対戦に、腕をぶしている。10日の抽選会。「やっちまったと思った」と苦笑いを浮かべた桜井主将に、金成が声を掛けた。何、やっちゃったとか言っているんだよ! いいくじを引いたな」。大会前のアンケートでは、対戦したい相手として「履正社」と記入。「モチベーションがさらに上がった」と心待ちにしている。

高校通算20本塁打。同じ左の強打者で同79本の清宮には本数で劣るが、ソフトバンク・山本スカウトは「体格は大会ナンバーワン。スイングはコンパクトで逆(左)方向への柵越えも期待できる。楽しみ」と評価。今後のアーチ量産を期待される。

米国人の父と日本人の母から、獅子座生まれで「ライオンのようにたくましく、きれいな生き方をしなさい」と「麗生」と名付けられた。ニックネームは、体が大きいことから、米俳優、レオナルド・ディカプリオに引っかけて「デカプリオ」。甲子園でデッカいアーチを描く。




金成君のバッティング動画はこちら

金成君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

ソフトバンクドラ1・田中正義、2軍降格に

3/18、西日本スポーツ3面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

福岡ソフトバンクのドラフト1位、田中正義投手(動画)が、開幕2軍スタートすることが分かった。春季キャンプはA組スタートだったが、2月下旬から疲労の蓄積もあり状態は上がらないまま。実戦登板のめどは立っていない。

首脳陣は中継ぎでの開幕1軍入りも視野に入れていたが、今後は2軍で調整、トレーニングする方針が固まった。17日は東京・汐留のソフトバンク本社で行われた恒例の激励会に参加。きょう18日は大学の卒業式に参加後、ファームに合流する。

シーズン開幕まで2週間を切り、田中に厳しい現実が突きつけられた。前日16日の練習後に1軍首脳陣からファーム行きを通告されていたもの。当面の目標だった開幕1軍を果たすことができなかった。

主力主体のA組でスタートした春季キャンプでは、ブルペンで精力的に投げ込み、剛速球で首脳陣をうならせるなど、5球団が競合した大物の片りんを見せた。一方でフィールディングなどの課題も露呈。日ごとに主力選手との体力差も明らかになり、2月23日の紅白戦を最後に実戦マウンドには上がっていない。

右肩に故障歴があることから、首脳陣も肩を含めた体全体の疲労を完全に取った上で、体力強化に移行するプランを決定。今月上旬に投球練習を再開した後は、数日の間隔を置きながらブルペンに入っているものの、現時点で対外試合の登板予定は立っていない。

倉野投手統括コーチは「右肩の状態を上げるだけじゃなく、体全体でもっと筋力を付けなければいけない。まずは体づくりから、ということ」と説明。実戦登板のめどについては「今月中になるか、来月になるか」とあえてリミットを設けない考えを示した。

一時は中継ぎでの開幕1軍が検討された時期もあったが、首脳陣は体づくりを最優先させる考え。「(実戦では)短いイニングを投げることから始めることになる。先発かリリーフか、まだ適性も分からない。何度か投げてもらい、判断したい」と倉野コーチは補足した。

田中は17日、チームとともに福岡から空路東京入りし、ソフトバンク本社での激励会に参加。今季の新入団として、達川ヘッドコーチ、ジェンセンとともに約600人の社員に紹介された。「遠回りしているかもしれないけど、何が正解かは分からないから」と現状を受け入れ、やるべきことにベストを尽くす構え。

きょう18日は大学の卒業式に出席。己のキャリアにひと区切りをつけ、孤独な戦いに挑む。




下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

安田尚憲(履正社)、ソフトバンク「意識の高い選手」

2017年03月15日

3/15、スポーツニッポン6面より

安田 尚憲 (履正社高・一塁手)
188cm・右投左打・動画

今秋ドラフト上位候補で高校通算47本塁打を誇る履正社の安田尚憲内野手(動画)が堂々のアーチ宣言だ。「まずはチームの勝利が前提。その結果、本塁打が出れば」と前を向いた。フリー打撃は8スイングで安打性の当たりが5本。左翼フェンス直撃の一撃や右中間、三塁線へ痛烈な打球を飛ばした。

沖縄であった12日の招待試合・美里戦で2本塁打を含む6打数5安打5打点。「流れを決める、勝負を決める一打を」。早実・清宮から5連続三振を奪った日大三の144キロ左腕・桜井攻略のイメージも膨らませた。

視察したソフトバンク・稲嶺誉スカウトを「自分から進んで左投手を要求していた。意識の高い選手」とうならせ、昨秋の明治神宮大会決勝で破った早実との再戦にも「戦うことがあれば、もう一度勝つ」と力を込めた。




安田君のバッティング動画はこちら

安田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

ドラフトニュース検索