ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ソフトバンク

島袋洋奨(ソフトB戦力外)、サラリーマンで再出発

2019年12月11日

12/11、スポーツニッポン4面「ユニホームを脱いだ男たち」より

2014ソフトBドラフト5位 島袋洋奨
中央大・投手・スカウト評

戸惑いの連続で、一日があっという間に過ぎていく。サラリーマンとして第二の人生をスタートさせた島袋(2014ドラフト5位)「野球とは全然違う疲れ方ですね。覚えることが多くて大変です」と苦笑いした。

入社したのはサポートギアなどを扱うメーカー「アスリートビジョン」。販売員として東京、横浜の店舗で働いている「僕がプロに入ってから肘のサポーターなどを使わせてもらっていた。興味がある分野だったので、決めました」と話した。

生活拠点を東京に移し、妻を沖縄に残しての単身赴任生活。「通勤時間の満員電車が本当に苦手」と、朝は自宅を出る時間を早め、各駅停車の電車で座席を確保する。食事面の苦労も多いが「米だけ炊いて、総菜を買っています」。

学生時代にアルバイト経験もなく、パソコンの使い方から学んだ。「エクセルって何だろう」というレベルからのスタートだったが、メールや資料のプリントアウトなどはこなせるようになった。

興南では10年にエースとして甲子園春夏連覇の立役者となり、沖縄は「トルネード旋風」に沸いた。中大を経てソフトバンク入り。プロでは1年目に2試合に登板したが、2年目以降は1軍に呼ばれることはなかった。「春夏連覇がなかったら、あの後の僕はなかった。プロでは結果が出なかったけど、悔いはない」と5年間のプロ生活を振り返った。

将来の夢は、故郷の沖縄で野球の指導者になることだ。興南の我喜屋優監督からは「(指導者の)道の中に興南もあるよ」とエールを送られたという。プロでは左肘を手術するなど、リハビリ生活も経験しただけに「プロで教わったことがたくさんある。指導者になれば経験したことを言ってあげることができる」と自身の体験談も指導に生かす構えだ。

11月に一度、沖縄に帰省し、故郷への思いを再確認した。「僕にとって沖縄は特別な場所。甲子園は想像はできないけど、やるなら上を目指していきたい」。まずはサラリーマンとして野球以外の世界を勉強し、視野を広げる。そして、母校を率いて甲子園の頂点へ。島袋の新たな挑戦が始まった。



下は2014ドラフトでソフトBが指名した選手です。5位指名・島袋君のスカウト評はこちら

ソフトBの2014ドラフト指名選手
1位松本 裕樹盛岡大付高投手
2位栗原 陵矢春江工高捕手
3位古沢 勝吾九州国際大付高内野手
4位笠谷 俊介大分商高投手
5位島袋 洋奨中央大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:30|この記事のURL

ソフトB1位・佐藤直樹、スカウト「1軍割り込める」

2019年11月28日

11/28、西日本スポーツ3面より

2019ソフトバンクドラフト1位 佐藤直樹
JR西日本・外野手・動画

球団69年ぶり野手新人王へ発車オーライ!! 福岡ソフトバンクからドラフト1位で指名されたJR西日本・佐藤直樹外野手(動画)が27日、広島市のJR西日本広島支社で入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円(金額はいずれも推定)で合意した。

50メートル走5秒8、遠投120メートルを誇る“フィジカルモンスター”が球団史に名を刻む活躍を誓った。

準備された「開幕1軍切符」を手に、佐藤が満面の笑みを浮かべた。「ホークスの一員になった実感と、身の引き締まる思いでいっぱい。偉大な選手の方々とプレーするのが楽しみ」。普段は駅員として乗客案内に励む21歳はかみしめるように思いを口にした。

即戦力外野手として69年ぶりの偉業に挑む。26日には、高橋礼がホークスでは10年ぶり12人目の新人王に輝いたが、野手ではドラフト制導入前の1951年に球団初の新人王となった蔭山和夫(大卒2年目で104試合出場、打率3割1分5厘、6本塁打、28打点、42盗塁)のみ。

佐藤が同タイトルを獲得すればドラフト制導入後では球団初となる。「今の実力じゃ全然(新人王を)取れる選手じゃない。開幕1軍が目標」としながらも、「そこから力をつけて、できれば取れたらいいですね」と声を弾ませた。

佐藤にはライバル心を燃やす相手がいる。同じ年齢で、今や日本を代表する投手に成長したオリックスの山本だ。直近の国際大会「プレミア12」でも、セットアッパーとして日本の世界一に大きく貢献した右腕。ソフトバンクも今季3勝を献上するなど苦しめられた。

「テレビを見ていてすごいピッチャーだなと思っていたら、同い年と知ってびっくりした。でも負けたくない」。1軍に定着すれば、対戦が可能な同じリーグの好投手に負けん気をのぞかせた。

50メートル走5秒8、遠投120メートルの俊足強肩はすでに1軍レベルとの声もある。自身が課題に挙げる打撃も同じ右打者である内川の動画を参考に、確実性を高める努力を継続中だ。ユーティリティープレーヤーの福田が退団するのも佐藤にとっては追い風になる。

永井編成育成本部長兼スカウト・育成部長も「層の厚い野手陣に割り込める十分な素材。パワーもあるし、将来はクリーンアップを打つ可能性も秘めている」と高く評価。駅員として3年間を過ごした佐藤が新人王へ続く線路を真っすぐにひた走る。



佐藤君のスカウト評はこちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ソフトB3位・津森宥紀、スカウト「貴重な右サイド」

2019年11月27日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2019ソフトバンクドラフト3位 津森宥紀
東北福祉大・投手・動画

ソフトバンクにドラフト3位指名された東北福祉大・津森宥紀投手(動画)が26日、仙台市内のホテルで契約金6000万円、年俸1100万円(金額はすべて推定)で仮契約した。セットアッパーとして即戦力の期待を背負う。ケンカ投法を武器にする最速149キロの横手投げ右腕は、150キロの大台突破と将来の侍ジャパン入りも目標に掲げた。(金額は推定)

3年連続日本一のソフトバンクに、期待の新戦力が誕生した。契約合意した津森は、福山龍太郎スカウトチーフと大学の先輩でもある作山和英スカウトが持参したユニホームに袖を通し、「少しずつプロの世界に近づいている。1軍にいって中継ぎで1年間任せてもらえるピッチャーになりたい」と闘志を燃やした。

大学野球日本選手権に1年春から4年連続出場。昨春はエースとして、大学日本一に導いた。今秋は自身初の明治神宮野球大会出場し、初戦で強豪・東海大と対戦。最終回に味方が一挙4失策し無念のサヨナラ負けを喫した。しかし、7回から救援した津森は打者12人を無安打に抑え、3者連続を含む6三振を奪って輝きを放った。

大学日本代表でも過去3大会に出場。国際試合6戦(計6回2/3)に救援し、防御率0・00の成績を残している。
死球も恐れない。打者の胸元を突く速球と手元で浮き上がるような球筋が持ち味だ。

福山スカウトチーフは「うちにいない貴重な右サイド。ケンカ投法は勝ちゲームのセットアッパーむき。近い将来、大事な試合を任せられる即戦力になってほしい」と期待した。

入団後は「力強い投球を参考にしたい」とプロ6年目で通算ホールド96の先輩右腕・森唯斗への弟子入りを志願。「体のケアや試合の入り方。モチベーションやコンディション作りを聞きたい」と救援投手の極意を追及する。

この日は、実家の和歌山から父正喜さんと母悦子さんも駆けつけた。正喜さんは「1年でも長く活躍してほしい」と期待を込めれば、孝行息子は「体を作ってキレを大事にしながらスピードも高めたい。西武のクリーンアップを抑えたい」と、すでに心はプロそのものだった。




津森君のスカウト評はこちら

津森君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL

岡本健(ソフトB戦力外)、現役引退を表明

2019年11月26日

11/26、西日本スポーツ3面より
ソフトバンクから戦力外通告を受けトライアウトを受験した岡本(2013ソフトB3位)が、現役を退くことを明かした。選手会納会ゴルフに参加し「野球はやり切りました。また、違う道を考えます」と今後は未定ながらも野球には一区切りを付けるという。

同じくトライアウトを受けた塚田(2011ソフトB3位)「連絡はまだ。厳しいです」とオファーがない現状を語った。



12球団の戦力外通告選手まとめはこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ソフトB2位・海野隆司、スカウト「守備は一線級」

11/26、西日本スポーツ3面より

2019ソフトバンクドラフト2位 海野隆司
東海大・捕手・動画

甲斐野のような愛されキャラになる!! 福岡ソフトバンクからドラフト2位で指名された東海大・海野隆司捕手(動画)が25日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。

今年ドラフト1位で入団し、開幕1軍から“いじられ役”としてチームに溶け込んだ甲斐野は大学日本代表でチームメートだった「憧れの先輩」。1年目からフル回転し、侍ジャパンにも選出された右腕の出世ロードを自らも歩むつもりだ。 (金額は推定)

海野にとって吉兆の場所だった。ちょうど1年前、甲斐野が入団交渉に臨んだのも、同じホテルの一室だった。「全然知らなかった。甲斐野さんみたいに1年目からバリバリとまでは言わないけど、僕も開幕からずっと1軍にいられる選手でありたい」。緊張の面持ちが少し和らいだ。

甲斐野は近くて遠い存在だ。大学3年時に大学日本代表で初めてバッテリーを組んだ。「そのころからすごい球を投げていた。コースを狙わなくても打たれないから、ど真ん中に構えていました」。今でも衝撃は忘れられない。

その右腕はルーキーイヤーからチーム最多のシーズン65試合に登板。侍ジャパンにも選出され、快速球で世界を驚かせた。「一緒にプレーしたのは自信になった」と振り返る。

憧れの先輩と同じく“愛されキャラ”にも名乗りを上げる。甲斐野はチームの守護神、森をはじめ、先輩選手からいじられることも多く、「かわいがられ上手」としてすぐにチームになじんだ。捕手の海野にとっても、投手陣とのコミュニケーションは重要だ。

「いじられたいかどうかは微妙ですけど・・・」と苦笑いしつつも、「かわいがってもらって早く溶け込めたらいい」。現在はホークス選手がインタビューを受ける動画などをチェックし、人となりを猛勉強中だという。もちろん本職でも気合は十分だ。

最大の長所は、最速1秒73の二塁送球タイムを誇る強肩。「総合的な守備力には自信がある」。真剣な表情を浮かべた海野に対し、福山チーフスカウトも「久々にこれだけ肩の強い捕手を見た。守備だけならすでにプロでも一線級。打撃も大振りせず、バットコントロールも持っている。(甲斐)拓也の尻にも火が付くでしょう」と、日本を代表する捕手に成長した甲斐のライバル役としても期待する。

「甲斐さんは尊敬する存在だけど、いつかは超えなきゃいけない。そして将来的には自分も侍ジャパンに選ばれる選手に成長したい」。大学ナンバーワン捕手の評価を受ける22歳が出世ロードを駆け上がる。



海野君のスカウト評はこちら

海野君のスローイング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索