ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ソフトバンク

森下暢仁(明治大)、広島・ソフトB・オリックスの声

2019年06月18日

6/18、日刊スポーツ1面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

明大が6-1で佛教大(京滋)を破り1981年以来、38年ぶり6度目の優勝を果たした。ドラフト1位候補の森下暢仁投手(動画)が準々決勝に続く2試合連続完封こそ逃したが10三振を奪い1失点完投。胴上げ投手となった。

▼広島・苑田スカウト統括部長
「大学NO・1。本当に即戦力。この投球ならば、プロでも1軍のローテーションにも入れるんじゃないですか。フィールディングがいいのも魅力」

▼ソフトバンク・宮田スカウト
「これまでは150キロの球がシュート回転していた。それがなくなった。カットボールでも141キロ。チェンジアップもいい。リーグ戦以上の投球を全国大会で見せてくれた」

▼オリックス・由田スカウト
「球も全てにおいてレベルアップしているし、この春、主将になってから何より勝負強くなった。勝ちきれる投手になった。精神的な成長を感じます」


(6月17日 全日本大学野球選手権決勝 明大 6-1 佛教大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:50|この記事のURL

海野隆司(東海大)、ソフトB「甲斐みたいになれる」

2019年06月12日

6/12、スポニチwebsiteより (source)

海野 隆司 (東海大・捕手)
174cm・右投右打・動画

最後の打者のバットが空を斬った。東海大・海野(動画)のミットに勝利球が収まった。プロ注目捕手が決勝打を放ち1点差で逃げ切って初戦突破。クローザーの小郷とタッチを交わすと笑みがこぼれた。「優勝した年(14年)以来初戦は勝てていなかったと聞いた。凄くうれしい」

二塁送球は1・7秒台を誇るドラフト上位候補が攻守で本領を発揮した。ソフトバンクの甲斐になぞらえて「海野キャノン」と称される強肩を3、6回に披露。糸を引くような送球で、ともに二盗を刺し三振併殺を完成させた。

ところが、2点リードの7回には自らのミスで窮地に追い込まれた。三塁へのけん制が悪送球となり、逆転を許した。「流れを変えたかったがこれで負けたら自分のせいだ」。

8回1死満塁で回ってきた打席も追い込まれたが、好投手・有村の鋭いスライダーを見極めて冷静になれた。相手捕手の大本は昨秋の日本代表候補合宿でともにプレーしている。「(大本の)性格的に直球が来るかなと思った」と捕手らしい読みで、直球に食らいつき左前へ決勝の2点適時打とした。

捕手としての高い総合力にソフトバンク・永井智浩スカウト部長は「バランスがいいしマイナス面が少ない。甲斐みたいになれる力はある」と評価した。5年ぶりの頂点へ、海野は「ずっと日本一と言ってきた。まずは一戦一戦に集中したい」と力をみなぎらせた。

(6月11日 全日本大学野球選手権1回戦 東海大 4-3 立命大)



海野君のスカウト評はこちら

海野君のスローイング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

杉山晃基(創価大)、ソフトB「ボールに力がある」

2019年06月11日

6/11、西日本スポーツ6面より 

杉山 晃基 (創価大・投手)
183cm・右投右打・動画

いきなりのアクシデントにも動じなかった。創価大の杉山(動画)は1回のマウンドで捕手の二塁送球が右背中を直撃。「痛かったけど、あれで力が抜けて変化球がまとまった」。昨年は春も秋も勝てず、2年秋の神宮大会以来の全国舞台白星を挙げた。

東京新大学リーグでは1年秋に初黒星を喫したあと、2年春の初白星から22連勝中の負けない男だ。今季序盤は抑えだったが、優勝を決めた流通経大戦は完封勝ち。「抑えをやったことが気持ちの面で生きている。立ち上がりが良くなった」

望月、小孫とともに創価大のプロ注目トリオを形成。最速154キロを誇る直球は、この日は149キロ止まりだったが、ソフトバンク・作山スカウトチーフ補佐が「ボールに力があるのは大きな武器」と話すなど素材として高評価。変化球の精度が上がれば上位候補となる力も十分だ。

(6月10日 全日本大学選手権1回戦 創価大 6―1 大工大)



杉山君のスカウト評はこちら

杉山君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:50|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)、ソフトB・中日など4球団の声

2019年06月03日

6/3、日刊スポーツ3面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

(スカウト評のみ抜粋)

▼ソフトバンク・作山スカウト
「今日の投球で打たれた、抑えたとかは参考にならない。少し力を入れて投げれば、直球にスライダーも打たれないでしょう」

▼西武・渡辺GM
「20キロ近く球速を抑えて投げることは難しい。力を入れるようになれば変化球のキレも変わる。フィールディングやけん制に優れた部分があると思う」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「力を抜いて抑えても、体幹がぶれない。フォームがしっかりしている」

▼中日・八木スカウト
「どれくらい変化球の精度が上がってくるのか本当に楽しみです」


(6月2日 練習試合 佐久長聖 4-1 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:00|この記事のURL

西純矢(創志学園)、巨人・ソフトバンク高評価

2019年05月20日

日刊スポーツwebsiteより (source)

西 純矢 (創志学園高・投手)
183cm・右投右打・動画

プロ注目の最速153キロ右腕、創志学園の西純矢投手(動画)が、ダブルヘッダー2試合目の九州国際大付戦にも先発し、1試合目同様、5回を3安打無失点に抑えた。

この試合の最速は145キロながらコーナーに投げ分け、変化球のキレも1試合目よりさえていた。3回と5回に2度、走者を三塁に置きながら得点を許さなかった。「強打者がそろっている打線だったので絶対に点は取られないという強い気持ちで臨みました」とその言葉を実践した。

1日2試合に先発し、計10イニングで6安打無失点。143球を投げ「スタミナ強化にも取り組んできたので結果が出て良かった」とニッコリ。大船渡・佐々木朗希投手が最速163キロを出しているが「自分はもう153キロが出たんでスピードはこだわらず、点を取られない勝てる投手を目指します」と胸を張った。

ネット裏には数球団のスカウトが見守った。ソフトバンクの山崎スカウトは「2試合目の方が無駄な力がなく、よかった。1日2試合先発という難しい登板ながらしっかり結果を出したのはいい」と絶賛。巨人の渡辺スカウトも「ドラフト上位指名候補として見ている。今日はややセーブして投げていたが評価は変わらない」と話した。

「去年の甲子園は力んで自分を見失った。今年はどの球でも自分の投球ができるようになりたい」。昨夏甲子園から成長した姿を最後の夏に見せるつもりだ。

(5月19日 福岡県招待試合 創志学園 3-3 九州国際大付)



西君のスカウト評はこちら

西君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索