ドラフト会議
情報局
2014高校生の
ドラフト候補
2014大学生の
ドラフト候補
2014社会人の
ドラフト候補
スカウト
評価
ホームに
もどる

ソフトバンク

松本裕樹(盛岡大付)、ソフトB・阪神など高評価

2014年08月17日

8/17、デイリースポーツ終面より

松本 裕樹 (盛岡大付高・投手)
182cm・右投左打・動画

2回戦が行われ、盛岡大付(岩手)が優勝候補の一角である東海大相模(神奈川)を逆転で下し、夏の甲子園8度目の出場で初めて初戦を突破した。最速150キロ、高校通算54本塁打の“二刀流”松本裕樹投手(動画)は、右肘の不調を抱えながらも打たせて取る投球で8安打3失点完投。打っても六回安打を放って逆転を呼ぶなど、投打で勝利に貢献した。


▼ソフトバンク・永山アマスカウトチーフ
「ピッチングセンスがいい投手。キレがいい。将来が本当に楽しみ」

▼中日・中田スカウト部長
「直球とスライダー、カットボールの見極めがつきにくい。意識して投げているのだろう。打席では内角をカットして外角を逆方向に打った。打撃も投球もセンスを持っている」

▼阪神・中村GM
「状態はあまり良くなかったんじゃない?。(それでも)逸材には変わりない。長所は外、内のコントロール。北別府さん(元広島)みたいな感じかな。(ドラフトは)当然上位になる」

(8月16日 夏の甲子園2回戦 盛岡大付 4―3 東海大相模)




松本君のピッチング動画はこちら

松本君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:56|この記事のURL

岡本和真(智弁学園)、ソフトB・オリなど高評価

2014年08月16日

8/16、スポーツニッポン4面より

岡本 和真 (智弁学園高・一塁手兼投手)
183cm・右投右打・動画

▼ソフトバンク・永山勝アマスカウトチーフ
「遠くへ飛ばす力があるし、さらに鍛えれば、右の長距離砲として楽しみな存在」

▼オリックス・中川隆治編成部アマスカウトチーフ
「打撃は言うことない。変化球で崩されても対応できる。今年のアマ球界でこの選手ほど飛ばす選手はいない」

▼巨人・原沢敦球団代表兼GM
「生で見るのは初めてですが、スケールが大きいし、豪快」

▼DeNA・吉田孝司スカウト部部長
「雰囲気があるし、ヘッドスピードが速い」

▼広島・鞘師智也スカウト
「(将来的に)中軸を打てる力があるし、配球を読む力もある」

(8月15日 夏の甲子園1回戦 明徳義塾 10―4 智弁学園)




岡本君(智弁学園)のスカウト評はこちら

岡本君(智弁学園)のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 08:21|この記事のURL

松本裕樹(盛岡大付)、ソフトバンク「ダルみたい」

2014年08月04日

8/4、スポニチwebsiteより (source)

松本 裕樹 (盛岡大付高・投手)
182cm・右投左打・動画

2年春のセンバツ以来の甲子園。盛岡大付のエース松本(動画)はスケールアップした姿を披露するために高らかに宣言した。「150キロを出せれば。ここまで三振も全部狙って取ってきたので、取れるだけ取りたい。早く試合がしたい」。

1年半前の甲子園では130キロ台だった。あれから体重は15キロ増えて80キロとなり、球速も最速150キロまで伸ばした。高校通算54本塁打を誇り、4番も務めるが「投げる方で貢献したい」と投手としてのこだわりをみせる。岩手大会以降、投球練習はしていない。甲子園の連投に備えて「走り込んで体をつくり直した」という。

甲子園練習では打撃のみの調整で、その後に西宮市内で行われた割り当て練習でキャッチボールを行った。

阪神が今秋ドラフトで1位候補にリストアップするなど、今大会注目の右腕を視察したソフトバンク・作山和英スカウト「センスの良さにタフさが加わった。ダルビッシュみたい。甲子園の舞台でどんな投球をするか楽しみ」と期待を寄せた。

盛岡大付は夏8度目の出場だが、未勝利。松本は「まず1勝。そして全国制覇したい」と力強く誓った。



松本君のピッチング動画はこちら

松本君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:40|この記事のURL

岡本和真(智弁学園)、ソフトB・楽天が高評価

2014年07月26日

7/26、スポーツ報知1面より

岡本 和真 (智弁学園高・一塁手兼投手)
183cm・右投右打・動画

スーパー怪童に巨人スカウト陣も太鼓判を押した。今秋ドラフト上位候補の智弁学園・岡本和真一塁手(動画)が、奈良大会準々決勝の登美ケ丘戦で高校通算72号となる特大の130メートル弾を放ち、プロ7球団のスカウトに圧倒的な力を見せつけた。

すでに松井秀喜、清原和博ら歴代アーチストの高校通算本塁打数を超えている強打者。巨人の山下スカウト部長は「大物のホームランバッターになるのは間違いない」と断言した。


▼ソフトバンク・永山スカウト部長
「広角に、遠くに飛ばせる力が一番の魅力。70本塁打以上も打っているように、非常に楽しみな選手」

▼楽天・愛敬スカウト
「飛距離はずば抜けている。勝負運も持っている。将来性があるし、鍛えがいのある選手」


(7月25日 奈良大会準々決勝 智弁学園 15―0 登美ヶ丘)




岡本君(智弁学園)のスカウト評はこちら

岡本君(智弁学園)のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:15|この記事のURL

松本裕樹(盛岡大付)に7球団、ソフトB高評価

2014年07月25日

7/25、スポーツ報知5面より

松本 裕樹 (盛岡大付高・投手)
182cm・右投左打・動画

最後の打者を三ゴロに打ち取ると、150キロ右腕・松本(動画)はマウンド上で右拳を力いっぱい突き上げた。チームメートが駆け寄り、歓喜の輪ができた。うれし涙が止まらない松本は「ずっと自分の代で甲子園に行くんだとやってきた。勝って泣いたのは初めて」。

昨夏甲子園4強の花巻東を相手に、完投勝利と一発を含む4打点の独り舞台で2年ぶりの甲子園をつかんだ。まずはバット。初回、左翼へ高校通算54号となる2ラン。5回2死一、二塁の第3打席では再逆転の2点二塁打を放った。

投げては9回4失点で完投。3回戦から5試合連続の先発で「疲れで体が重かった」と最速は144キロ止まり。4回、相手打線につかまり2―4と逆転を許し、5回終了時に左足がつり、7回には右肘にテーピングを巻いた。試合後は、過呼吸状態になるほど消耗しきっていた。

絶対に負けたくなかった。昨夏、同じ決勝の舞台で花巻東と戦い、5回2/3を投げ5失点。「今までずっと悔しかった」。普段は感情を表に出すことは少ないが、試合後は重圧から解放され、人目をはばからず涙を流した。

スタンドでは7球団のスカウトが視察。ソフトバンク・作山スカウト「打者としても高校トップクラス」と絶賛した。投打ともに能力が高い「二刀流」だが、本人は投手に重点を置く。「勝ち続けて長い夏にしたいです」。みちのくの「大谷2世」が、13年センバツ以来となる聖地で大暴れする。

(7月24日 岩手大会決勝 盛岡大付 5―4 花巻東)




松本君のピッチング動画はこちら

松本君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:23|この記事のURL

ドラフトニュース検索