ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
ソフトバンク

杉尾剛史(宮崎産経大)、ソフトバンクが評価

2018年06月13日

6/13、西日本スポーツ18面より

杉尾 剛史 (宮崎産業経営大・投手)
173cm・右投右打・動画

郷土愛に満ちたエースが宮崎産経大に歴史的な1勝をもたらした。創価大から10三振を奪った杉尾(動画)が胸を張る。田中正義(ホークス)ら多数の選手をプロに送り出してきた創価大を相手に堂々の勝利。「(九州地区南部)連盟の代表として何としてもいい試合がしたかった」。沸き立つベンチの中で一人、穏やかな笑みを浮かべた。

5回まで内野安打1本のみ。最速143キロの真っすぐを低めに集め、縦横のスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜた。7回1死一、二塁のピンチも見逃し三振と游邪飛で脱出。2失点した8回に右ふくらはぎがつり、この回限りで降板したが、快勝の立役者となった。

三輪監督は「これくらい投げられると思った」と能力の高さを認める。部員89人のうち甲子園経験者は杉尾を含めて2人だけだ。杉尾は宮崎日大高3年の夏に出場したが、初戦で上田西(長野)に0-3で敗れた。

「もう一度宮崎代表として全国に出て1勝したい」。関東や福岡の大学からの誘いを断り、特待生制度もなく、全国的に無名の宮崎産経大へ進学。「うちは環境も整ってないし・・・」。三輪監督は入部を喜ぶどころか逆に一度は断ったという。

グラウンドは、高校サッカーの強豪で全国優勝の経験もある系列の鵬翔高校と共用。平日は3日間、週末も午前中しか使えない。しかも、入学当初は自主練習する選手も皆無だった。ミーティングなどで叱咤しながら、チームメートの意識を高めることから取り組んだ。

その熱意が徐々に伝わり、2年生となった昨年から午前7時半からの朝練習を導入。杉尾自身も居酒屋のアルバイトを辞めて野球に専念するようになった。

来秋のプロ野球のドラフト会議も視野に入れる杉尾の126球は、プロのスカウトにもインパクトを与えた。福岡ソフトバンクの岩井スカウトは「もう一段階上がればプロ、さらにレベルアップすれば桑田(元巨人)のようなタイプになる可能性を秘めている」と評価した。

(6月12日 全日本大学選手権1回戦 宮崎産業経営大 6-2 創価大)



杉尾君は現在大学3年生です。ピッチング動画はこちら

draftkaigi at 13:00|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)に巨人など5球団、ソフトB評価

2018年06月04日

6/4、スポーツニッポン6面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

大阪桐蔭は春季近畿大会決勝で智弁和歌山を3-1で下し、2年連続5度目の優勝。今春のセンバツ決勝と同じ顔合わせで、今秋ドラフト1位候補の二刀流・根尾(動画)が投打で活躍して返り討ちにした。

2失点完投したセンバツに続き、1失点完投。「終始荒れていたが、どんどん攻めていく気持ち」と11安打を許しながらも、8三振を奪った。打っても4回に同じドラフト1位候補の4番・藤原の同点適時二塁打に続き、右前へ決勝打を放った。

2本の適時打を含む3安打。巨人など5球団が視察し、ソフトバンクの稲嶺誉スカウトは「打球が速い」と舌を巻いた。史上3校目となる連覇を果たした今春のセンバツから公式戦15連勝。史上初となる2度目の春夏連覇に向けて、根尾は「このチームで最後まで試合がしたい」と意気込んだ。

(6月3日 近畿大会決勝 大阪桐蔭 3-1 智弁和歌山)


 
根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

太田光(大商大)、阪神・ソフトB・楽天など注目

2018年05月31日

5/31、スポニチwebsiteより (source)

太田 光 (大阪商業大・捕手)
177cm・右投右打・動画

大商大(関西六大学野球連盟)が初の大学日本一へ突き進む。6月11日に開幕する全日本大学選手権に出場する硬式野球部は30日、東大阪市内の同大キャンパスで開催された壮行会に出席した。今秋ドラフト上位候補の捕手・太田光主将(動画)「全国大会でも強い商大を見せたい」と決意を語った。

大商大は1982年の新リーグ発足以降、同大史上初のリーグ4連覇を成し遂げ、東の聖地へ乗り込む。今春は、開幕節で勝ち点を落とす苦しい船出を、固い結束力と猛練習で乗り越えた。第3節の龍谷大2回戦に敗れた4月16日の夜。太田は頭髪を自ら丸刈りにすると、メンバー全員が続いた。

掲げた合言葉は「形より気持ち」。太田は「苦しい状況でも誰ひとり諦めなかった」とチームの結束に手応えを示す。

勝てる捕手だ。1年春から全試合に先発。15年の入学以降、7度のリーグ戦で実に6度もチームを優勝へ導いてきた。3学年上の広島・岡田を筆頭にどんなタイプの投手と組んでも結果を残してきた。二塁送球タイムは最速で1秒78。

中日の米村明スカウトは「勝たせる術を知っている頭脳派」と評価するように、阪神、ソフトバンク、楽天など複数球団が注目する逸材だ。

今春は、課題だった打撃も飛躍的に向上した。主に中軸に座り、2本塁打を放つなど打率・522で首位打者に輝いた。昨冬から1.5キロのバットを振り込んできた成果が出た。理想の捕手は、カージナルスのヤディアー・モリーナ。大学選手権1回戦は天理大が相手だ。

「日本一が目標ですが、トーナメントなので、まず初戦です」と太田。関西ナンバー1の頭脳派捕手が本気で大学日本一を狙いにいく。



太田君のスカウト評はこちら

太田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 10:42|この記事のURL

藤原恭大(大阪桐蔭)、ソフトバンクが本塁打評価

2018年05月28日

5/28、日刊スポーツ7面より

藤原 恭大 (大阪桐蔭高・外野手)
180cm・左投左打・動画

スイッチ・オンだ。ドラフト1位候補の大阪桐蔭・藤原恭大外野手(動画)が今年初本塁打を放った。27日、横浜市内で首都大学リーグの日体大と練習試合を敢行。1試合目の7回にソロ本塁打を放ち2試合で3安打3打点と大暴れ。

前日に近畿大会1回戦を勝利した後、バスで東上したが疲れは無縁。4年生を除くレギュラーの多くが出場した日体大に、2試合とも10-5で勝利した。

▼ソフトバンク・荒金スカウト
「(藤原について)身体能力の高さで持っていった1発。全開ですね」





藤原君のスカウト評はこちら

藤原君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

高卒3年目・川瀬(ソフトB)1軍デビュー、首脳陣評価

2018年05月24日

5/24、スポニチwebsiteより (source)

2015ソフトバンクドラフト6位 川瀬晃
大分商高・内野手・18歳

敗戦の中にも光明があった。ソフトバンクの3年目、20歳の川瀬(2005ドラフト6位)が9番・遊撃で1軍デビュー。4打数無安打に終わったが、6度の守備機会も無難にこなし「いいことも悪いこともあった。グラウンドに立てたことが一番の収穫」と初々しく振り返った。

プロ初打席は2回1死一塁で二ゴロ併殺打に倒れた。4、6回は満塁のチャンスで打席に立ち三飛、二ゴロ併殺打。結果は出なかったが、全4打席とも初球のストライクにバットを出した。第2打席は2球で追い込まれながら9球粘るしぶとさも見せた。藤本打撃コーチは「振れるのは大したもの。タイミングも合っていた」と振り返った。

今宮が右肘関節炎のため2試合連続でスタメンから外れ、巡ってきたチャンス。スタンドには家族が駆けつけていた。川瀬は「やっとスタートラインに立てた。もっともっと練習して、次は期待に応えられるバッティングがしたい」と力を込めた。

チームは相手を上回る10安打を放ちながら1得点止まり。首位・西武とのゲーム差は4.5に開いたが、工藤監督は「初めて1軍に上がって自分ができることをやってくれた。他の選手にも刺激になってくれれば」と川瀬については評価した。

(5月23日 パ・リーグ 西武 2-1 ソフトバンク)




下は2015ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。6位指名・川瀬晃のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2015ドラフト指名選手
1位 高橋 純平 県岐阜商高 投手
2位小沢 怜史日大三島高投手
3位谷川原 健太豊橋中央高捕手
4位茶谷 健太帝京三高投手
5位黒瀬 健太初芝橋本高捕手
6位川瀬 晃大分商高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索