ドラフト会議
情報局
2014高校生の
ドラフト候補
2014大学生の
ドラフト候補
2014社会人の
ドラフト候補
スカウト
評価
2014ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

ソフトバンク

松坂大輔、来季は「せいぜい6~10勝」と専門家予想

2014年12月11日

12/11、日刊ゲンダイ終面より

1998西武ドラフト1位 松坂大輔
横浜高・投手・18歳

「15勝や20勝ができるか? それはちょっと厳しいかもしれない。西武時代の後輩ですし、頑張ってほしいですが・・・」。西武OBでスカパー・JスポーツのMLB中継解説者を務める三井浩二氏がこう言った。4年16億円ともいわれる破格の条件でソフトバンク入りする松坂大輔(1998西武1位)には専門家のシビアな見方が多い。

9年ぶりに日本球界復帰が決まった松坂は西武時代、新人年の99年にいきなり16勝を挙げる鮮烈デビューを果たしてチームのエースとして君臨。04年アテネ五輪、06年WBCでは日本のエース格として活躍すると、06年オフにポスティングでメジャー移籍。1年目に15勝、2年目には18勝をマークした。

が、11年の右肘手術以降は3年でわずか7勝。今季は中継ぎに降格していた。日米通算164勝の実績はあっても、年俸4億円なら来季は少なくとも15勝以上はしないとワリに合わない。

松坂は入団会見で「不安に思われるのは当然だが、来季が終わったころに、その心配はいらなかったと思われるように頑張りたい」と力強かったが、「かつての輝きを取り戻すのは難しい」という関係者は少なくないのだ。

松坂は来季を迎えるにあたり、体重を今季の92キロから西武時代の85~86キロに落とす、肉体改造を試みるという。アメリカに比べて日本のマウンドは軟らかいといわれる。西武時代のように下半身主導の投球フォームに戻すことを目的にしているのだが・・・。

前出の三井氏(2000西武2位)は、10勝10敗、防御率3点台前半はやってくれると思う」と期待を込めて予想しつつ、「ただ不安もある。米国の硬いマウンドに対応するため、上体で投げられるようにわざと体重を増やしたと思うが、8年間で染み付いたフォームはなかなか抜けない。以前のような投げ方に戻すのは難しいでしょう」と、こう続けた。

「松坂はフォームを変えて日本の軟らかいマウンドに適応できれば勝てる、というイメージを持っていると思う。しかし、体重を減らすとむしろ、ボールのキレや勢いが落ちる危険もある。多くのファンは、かつての凄かった頃のイメージを持っている。4億円という高い年俸をもらうわけだから、15勝以上は当たり前という目でも見られる。プレッシャーは大きいですが、むしろメジャーでやってきたスタイルを貫く方がいい結果が出るかもしれない」

評論家の高橋善正氏(1966東映1位)の見立てはさらに厳しいものだ。

「10勝はおろか、6~7勝できればいいところだろうね。34歳になり、また米国では投手の投げ込み量が全体的に少なく、体が鈍っているはず。西武時代の球威、キレを取り戻すのはほとんど無理だと思う。活路を見いだすには変化球の制球力がカギを握るわけだが、そもそも制球がいい投手ではない。西武時代ですら、縦のスライダーがストライクを取れるときはいいものの、ストライクが入らないとKOされることが多い印象があった。日本はメジャーよりも打者はしつこく食らいついてくるし、以前のように打者を見下ろす投球もできない。技術面だけでなく、精神的にも相当タフな戦いを強いられるはずで、そんなに簡単には勝てないとみている」

米球界に詳しい友成那智氏は、米国時代のデータを引用しつつ、「8勝12敗、防御率は3.80程度」と分析する。友成氏によれば、松坂は18勝を挙げた08年と今年では、投球スタイルがガラリと変わった。

「大きなポイントはフォーシーム(速球)の平均球速が08年の91.8マイル(約148キロ)から今年は90.3マイル(約145キロ)と3キロも落ち、松坂の最大の武器だったスライダーの使用が大きく減った。フォーシームとスライダーとの球速差が縮まり、効果的なボールにならなくなったのが大きな理由だと思う。今年は、平均球速がほぼ同じのフォーシームとツーシーム、カットボールの3球種で全体の7割を占めている。以前のように力で押すのではなく、打者の手元でボールを動かし、打たせて取る投球にモデルチェンジした。昨年はカーブを多投したのが効果的だったが、今年はそのカーブもストライク率が約45%と制球に苦しんだ。縦に変化するボールがないため、リリーフの1イニングだけならまだしも、先発となると打者の目も慣れてくる。決め球に苦しんで痛打を浴びるケースも増えるとみている」

また友成氏は前出の高橋氏と同様、制球力の低さをこう指摘する。「9イニングの四球率を表す『BB/9』が5.40。これはメジャー平均の倍、今季15勝を挙げた岩隈(マリナーズ)の約5倍という酷さ。四球連発で苦戦する姿が目に浮かびます」

15勝どころか2ケタ勝てば上出来・・・。これならソフトバンクの大型投資は失敗といえる。厳しい意見が多い中、松坂はこれをはねのける活躍ができるだろうか。



下は1998ドラフトで西武が指名した選手です。松坂大輔は1位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の1998ドラフト指名選手
1位松坂 大輔横浜高投手
2位赤田 将吾日南学園高内野手
3位星野 智樹プリンスホテル投手
4位柴田 博之東北福祉大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 09:31|この記事のURL

島袋洋奨、ドラフト4位以下は社会人の予定だった

2014年12月08日

12/8、日刊スポーツ4面「決断」より

ソフトバンクドラフト5位 島袋洋奨 (動画)
中央大・投手・22歳

中大・島袋洋奨投手(動画)は、未勝利で終わった春季リーグ戦終了直後の6月、社会人チームの強豪、JR東日本の堀井哲也監督と会った。プロに行かなかった場合、JR東日本を進路先の最有力候補とすることを確認した。その中で、島袋自ら提案をした。

「順位の目安をお話しさせてもらいました」。
ドラフトで3位以上の指名を受けたらプロへ、それ以下なら世話になる、そう決めた。堀井監督からは「君が野球を続けていく環境は、どういう形でもあるということだよ」と声をかけられた。

プロ以外の選択肢が出てきたのは4月のことだった。中大・秋田秀幸監督と進路面談した際、プロだけでなく社会人という道も示された。島袋が振り返る。「(プロ志望届を)出さない決断もありえました。あの時の状態では、下位でも指名されない可能性はありました。本当に迷っていました」。

調子を落とし、プロの評価が下がっていることは本人が最も理解していた。4年前は想像もしない現実だった。興南(沖縄)のエースとして、史上6校目となる甲子園の春夏連覇を成し遂げ、さらなる成長を目指して進学した。

「大学を卒業した後は、プロに行くことしか考えていませんでした」。
入学直後の1年春には開幕投手に抜擢され、大学野球生活も順調にスタート。ドラフト1位でプロ入りする姿を、誰しもが想像した。

迷路にはいったのは3年の秋だった。青学大との初戦。思い切り腕を振ると、球は捕手のミットを大きく外れてバックネットを直撃した。「その時は、そこまで(重大なこと)とは思っていませんでした」。その後も同じことが起きた。左ひじや肩に問題はなかったが、ボールがコントロールできなくなっていった。

「原因は分かりませんでした」。それからは、沖縄に帰れば恩師を訪ね、アドバイスをあおいだ。手を尽くし、練習を重ねたが、手応えをつかめないまま4年の秋を迎えた。

9月、プロ志望届の提出期限が近づき、毎日のように自問自答を繰り返した。出た答えは「プロに行きたい」だった。故郷を離れ、大学に入学した日の思いと同じだった。

「もし、社会人野球に進んでも、その先でプロへ行けるかは分かりません。そもそも、プロに行くために大学に来たんです。親も、(秋田)監督も『どんな形でも応援する』と言ってくれました」

プロ野球で勝負する。この決断の前に、もはやドラフト順位は関係なかった。志望届提出後の10月16日には約1年ぶりの白星を飾った。「吹っ切れたのかもしれません」。

誕生日前日の10月23日、ドラフト会議でソフトバンクから5位で指名された。記者会見場に入ると、野球を始めた頃からの幼なじみで、学生コーチの慶田城開が号泣しているのが見えた。島袋の目も赤くなっていた。

会見を終えると、すぐに堀井監督に電話をした。3位より下だったが、プロに行く決断を報告した。開口一番に「おー!、よかったな、頑張れよ」と言われ、祝福してもらえたことが心底うれしかった。



島袋君のピッチング動画はこちら

島袋君のスカウト評はこちら

島袋君の家庭の事情はこちら


draftkaigi at 16:33|この記事のURL

SB育成1位・幸山一大は日本一小さな村からプロ入り

2014年12月03日

12/3、スポーツニッポン5面より

ソフトバンク育成ドラフト1位 幸山一大 (動画)
富山第一高・外野手・18歳

ソフトバンクは福岡市内のホテルで育成枠8選手の新入団発表記者会見を行った。1位の富山第一・幸山(動画)の出身地は、日本一面積が小さい自治体で知られる富山県の舟橋村(3・47平方キロメートル)。しかし、身長は現役日本人外野手では最長身となる1メートル91で「特技は遠くへ飛ばすこと」とアピールした。

高校1年から1日6000キロカロリーをノルマに設定し、ご飯を毎日6合食べ続けた。体重は93キロまで増え、高校通算25本塁打を記録。日本一小さな村で生まれ育ち、日本一大きな外野手となった18歳は「支配下選手は通過点。球界を代表する選手になって30発打ちたい」と意気込んだ。




幸山君のバッティング動画はこちら

幸山君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 11:21|この記事のURL

SBドラ5・島袋洋奨、制球難でもフォーム変えない

2014年12月02日

12/2、デイリースポーツ5面より

ソフトバンクドラフト5位 島袋洋奨 (動画)
中央大・投手・22歳

ソフトバンクは1日、福岡市内のホテルで新人5選手の入団会見を開いた。ドラフト5位左腕の中大・島袋洋奨投手(動画)は、代名詞の「トルネード投法」をプロでも継続することを宣言した。

沖縄・興南高時代に甲子園で春夏連覇を果たした島袋は「初志貫徹」を掲げた。工藤監督も見守った記者会見で「投球フォームには自信を持っています」と言い切った。自身の代名詞といえるトルネード投法を、プロでも継続する決意を示した。

打者に一度背中を向けてから投げるトルネード投法。中大では左肘痛の影響もあって制球難に苦しんだが、「(当時は)フォームがばらついていただけ。打者に向けたお尻を目印に、狙いを定める感覚は残したい」とこだわりを明かした。

工藤監督も「彼のやってきたことを尊重し、まずは見るところから始めたい」と容認。トルネード投法を貫く左腕は「投手として一番上のタイトルを狙う」と沢村賞を目標に掲げた。背番号39を打者に見せつけながら、プロでの第一歩を踏み出す。




島袋君のピッチング動画はこちら

島袋君のスカウト評はこちら

島袋君の家庭の事情はこちら


draftkaigi at 07:33|この記事のURL

ソフトバンク・田口スカウトは元気いっぱい楽しい男

2014年11月27日

11/27、東京スポーツ4面「越智正典のネット裏」より
秋の東都第6週の10月9日、13時開始予定の第2試合で亜大と対戦する駒大が神宮球場にやって来たのは、早かった。10時過ぎには来ていた。チーフマネ・土屋雅飛が下級生に手伝わせないで、バスから下ろした弁当を見て驚いた。折りのフタが出来ないほどにご飯がいっぱい。

試合前にこんなに食べて大丈夫かな、食べ過ぎると動きが鈍くなる。が、「これから食べます」にまた驚いた。朝ご飯を食べてきたのにだ。駒大の寸景だが、春に優勝。今月14日から始まった全国11地区代表が戦った明治神宮大会でも制勝した。

「駒大が勝つのは当然ですよ」ソフトバンクスカウト、田口昌徳は中大が勝ち点2を挙げて先行しても、言い続けていた。

田口は河原純一(1994巨人1位)のキャッチャーで4番。卒業目の前の秋は、開幕の対青学大でいきなり1号、2号ホームラン。この駒大の張りきりボーイは92年秋ドラフト4位で日本ハム。それからダイエーに。ベンチで監督・王貞治と、彼ほど喋った男はいない。

彼は神宮球場に調査に来ると、いつもネット裏の、ピッチャーとキャッチャーを結ぶ線の、少し後ろでも5番目から7番目ぐらいまでの前の席に座っている。プロ野球のスカウトたちは、こんなに前で見るのを遠慮している。目立ち過ぎる。学生野球の関係者にも悪い・・・と思っている。

が、彼は堂々と座っている。プロ野球のスカウトたちや、学生野球の関係者が顔をしかめたり、不快な気持ちにならないのは、彼の明るい立ち居振る舞いからである。

彼は神宮球場にやって来ると、だれに会っても、大きな声で「スカウト、田口です。よろしくおねがいしまあーす」と、元気一杯に挨拶するのである。ヒソヒソ話がない男であるからでもある。

春のリーグ戦中もネット裏、前の席にいたが、この秋は特に「この席にいるのは調査のためではありません。太田監督(前監督、駒大野球部OB会長)に教わった通りにしているんです。人生ど真ん中ですよ」。

特に秋がそうであったのは、「太田監督」が浜松の自宅近くでひき逃げされ大怪我だったのに、8月半ば、猛暑のさなかに上京し、東京・世田谷区上祖師谷の駒大グラウンドで西村亮監督はじめ全選手を激励指導したからである。そこで、田口は駒大の勝利を予言したのであった。

「太田監督に教わったら、ここが違ってきますよ」と胸を叩いた。度胸が違ってくる。間違いなく、度胸がすわってくるというのであった。田口はその後、楽天に一軍バッテリーコーチで呼ばれた。来年の楽天のキャンプで正式に、楽天の選手たちとご対面の時にも、ここですよと言ってドンと胸を叩くに違いない。楽しい男だ。



下は1992ドラフトで日本ハムが指名した選手です。田口昌徳は4位指名され入団。プロでの成績はこちら

日本ハムの1992ドラフト指名選手
1位山原 和敏川崎製鉄水島投手
2位松田 慎司西濃運輸投手
3位今関 勝NTT東京投手
4位田口 昌徳駒沢大捕手
5位西浦 克拓上宮高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 11:19|この記事のURL

ドラフトニュース検索