ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ソフトバンク

佐々木朗希(大船渡)、日ハムを除く11球団と面談

2019年10月11日

10/11、日刊スポーツ6面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(動画)が10日、プロ球団との面談を終了した。日本ハムは面談予定がなく、のべ5日間で11球団のスカウト陣と面談した。

最終日は、西武とソフトバンクが訪問。大トリとなったソフトバンクは3人で、福山アマスカウトチーフが「孫オーナーが掲げる『目指せ世界一』というスローガンや、球団の取り組み、3軍制度を敷いて競争力を高める球団であることを伝えました」と話した。

福山チーフも今春以降複数回、佐々木の登板などを視察してきた。あらためて「最上位候補の1人。私の20年のスカウト人生の中で、彼ほど素材感のすごい選手はいない。最終地点が想像つかない」と高く評価した。すでに1位指名方針を公言した日本ハム以外の11球団は、面談内容も踏まえ、17日のドラフト会議に向けて結論を出す。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ソフトバンク、佐々木朗希(大船渡)と面談

10/11、西日本スポーツ2面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

福岡ソフトバンクの福山龍太郎チーフスカウト、作山和英チーフスカウト補佐らが10日、大船渡高を訪れ、最速163キロの今秋ドラフトの目玉・佐々木朗希投手(動画)と面談した。

福山チーフスカウトは「ホークスが『めざせ世界一!』という球団スローガンを掲げていることをはじめ、充実した練習施設や3軍制を敷いていることなどについて伝えさせていただきました」と説明。

1位指名候補には最速158キロ右腕の星稜高・奥川恭伸投手(動画)、大学ナンバーワン投手の呼び声高い大分商高出身の明大・森下暢仁投手(動画)らも挙げられているが、球団はここまで密着マークを継続してきた佐々木を最有力候補としているとみられる。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

西武VSソフトバンク、FA戦線でも水面下で暗闘

2019年10月10日

10/10、日刊ゲンダイ30面より
グラウンドの戦いだけでなく、こちらの“場外乱闘”も面白そうだ。9日に始まるCSファイナルステージ。昨年同様、首位西武が2位ソフトバンクを迎え撃つ形となった。今年こそ日本シリーズに出場したい西武、2年連続V逸の雪辱をしたいソフトバンクという、ドラマ性も見どころだろう。

だが、水面下では別の争いもある。それがオフにFA濃厚といわれている千葉ロッテの鈴木大地(2011ロッテ3位)争奪戦だ。鈴木は内野ならポジションを問わず、外野も守れるオールマイティー。中でも二塁をこなせる守備力は最大のセールスポイントだろう。

ソフトバンクはここ数年、正二塁手が不在。今季は明石や牧原を筆頭に計10人が守ったが、いずれも定着には至らなかった。さらに37歳の内川、36歳の松田といったベテラン勢に次ぐ中堅層が手薄。30歳の鈴木は、彼らが抜けた後もチームを引っ張れる存在として、是が非でも欲しい。

西武は一見、鈴木は不要に見えるものの、実情は異なる。

「オフに海外FA権行使の可能性が高い秋山の去就が絡んでくる。秋山の後釜の中堅手は金子侑でしょう。となれば、今度は金子が抜けた左翼は誰か、という問題になる。そこに鈴木を入れてもいいが、二塁の外崎を外野に戻す手もある。外崎は浅村移籍の穴埋めで、今季から二塁に転向。もともと内野手で守備も無難だが、球団内では『あの鉄砲肩は外野で生かしたい』という声もある。外崎外野再転向なら、鈴木が必要というわけです」(球団OB)

西武の二塁手候補には社会人出身で昨年ドラフト3位の山野辺がいるが、それも成長次第。西武は三塁手の中村も来年37歳と高齢だ。いずれにせよ、鈴木獲得なら内野の問題は解決する。肝心の資金も、年俸5億円のメヒアが退団濃厚なので捻出は可能。ソフトバンクとはFA戦線でも火花を散らすことになりそうだ。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ソフトバンクがスカウト会議、1位指名選手確定せず

2019年10月06日

10/6、日刊スポーツwebsiteより  (source)
17日のドラフト会議に向けたソフトバンクのスカウト会議が2日連続で行われた。4日に約5時間のロング会議を行い、CS初戦となったこの日も午前中から約4時間、ヤフオクドーム内の球団事務所で行った。全リストアップ選手の確認作業を終えたが、1位指名選手の確定には至らなかった



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ソフトバンクがスカウト会議、50人前後に絞る

2019年10月05日

10/5、西日本スポーツ2面より
福岡ソフトバンクは4日、ヤフオクドーム内の球団事務所で17日に行われるドラフト会議に向けたスカウト会議を開いた。今年から各地区担当スカウトが、それぞれリストアップした指名候補選手をプレゼンテーションする形で会議を進行。

全体でリストアップした選手は50人前後いるもようで、三笠杉彦GMは「今日は、指名選手全体の評価の確認」と説明し、きょう5日以降も引き続き会議を行う。1位指名には大船渡高・佐々木朗希投手(動画)が筆頭候補に挙げられているとみられるが、球団は例年同様にドラフト会議当日か直前に最終決定する方針だ。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 13:28|この記事のURL


ドラフトニュース検索