ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ソフトバンク

ソフトバンクドラ1・田中正義、2軍降格に

2017年03月18日

3/18、西日本スポーツ3面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

福岡ソフトバンクのドラフト1位、田中正義投手(動画)が、開幕2軍スタートすることが分かった。春季キャンプはA組スタートだったが、2月下旬から疲労の蓄積もあり状態は上がらないまま。実戦登板のめどは立っていない。

首脳陣は中継ぎでの開幕1軍入りも視野に入れていたが、今後は2軍で調整、トレーニングする方針が固まった。17日は東京・汐留のソフトバンク本社で行われた恒例の激励会に参加。きょう18日は大学の卒業式に参加後、ファームに合流する。

シーズン開幕まで2週間を切り、田中に厳しい現実が突きつけられた。前日16日の練習後に1軍首脳陣からファーム行きを通告されていたもの。当面の目標だった開幕1軍を果たすことができなかった。

主力主体のA組でスタートした春季キャンプでは、ブルペンで精力的に投げ込み、剛速球で首脳陣をうならせるなど、5球団が競合した大物の片りんを見せた。一方でフィールディングなどの課題も露呈。日ごとに主力選手との体力差も明らかになり、2月23日の紅白戦を最後に実戦マウンドには上がっていない。

右肩に故障歴があることから、首脳陣も肩を含めた体全体の疲労を完全に取った上で、体力強化に移行するプランを決定。今月上旬に投球練習を再開した後は、数日の間隔を置きながらブルペンに入っているものの、現時点で対外試合の登板予定は立っていない。

倉野投手統括コーチは「右肩の状態を上げるだけじゃなく、体全体でもっと筋力を付けなければいけない。まずは体づくりから、ということ」と説明。実戦登板のめどについては「今月中になるか、来月になるか」とあえてリミットを設けない考えを示した。

一時は中継ぎでの開幕1軍が検討された時期もあったが、首脳陣は体づくりを最優先させる考え。「(実戦では)短いイニングを投げることから始めることになる。先発かリリーフか、まだ適性も分からない。何度か投げてもらい、判断したい」と倉野コーチは補足した。

田中は17日、チームとともに福岡から空路東京入りし、ソフトバンク本社での激励会に参加。今季の新入団として、達川ヘッドコーチ、ジェンセンとともに約600人の社員に紹介された。「遠回りしているかもしれないけど、何が正解かは分からないから」と現状を受け入れ、やるべきことにベストを尽くす構え。

きょう18日は大学の卒業式に出席。己のキャリアにひと区切りをつけ、孤独な戦いに挑む。




下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

安田尚憲(履正社)、ソフトバンク「意識の高い選手」

2017年03月15日

3/15、スポーツニッポン6面より

安田 尚憲 (履正社高・一塁手)
188cm・右投左打・動画

今秋ドラフト上位候補で高校通算47本塁打を誇る履正社の安田尚憲内野手(動画)が堂々のアーチ宣言だ。「まずはチームの勝利が前提。その結果、本塁打が出れば」と前を向いた。フリー打撃は8スイングで安打性の当たりが5本。左翼フェンス直撃の一撃や右中間、三塁線へ痛烈な打球を飛ばした。

沖縄であった12日の招待試合・美里戦で2本塁打を含む6打数5安打5打点。「流れを決める、勝負を決める一打を」。早実・清宮から5連続三振を奪った日大三の144キロ左腕・桜井攻略のイメージも膨らませた。

視察したソフトバンク・稲嶺誉スカウトを「自分から進んで左投手を要求していた。意識の高い選手」とうならせ、昨秋の明治神宮大会決勝で破った早実との再戦にも「戦うことがあれば、もう一度勝つ」と力を込めた。




安田君のバッティング動画はこちら

安田君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

清宮幸太郎(早実)、ソフトバンクが評価「打球速い」

2017年03月13日

3/13、スポーツ報知4面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

今春センバツに出場する早実(東京)の清宮幸太郎内野手(動画)が12日、東京・八王子市の中大グラウンドで中大Bチームとの練習試合に出場し、5打数1安打、1四球、2三振で、王手をかけている高校通算80号はお預けとなった。

9回2死で、最速142キロ右腕・小林奨吾の初球、真ん中直球を右翼線にはじき返す二塁打。視察したソフトバンク・宮田スカウトは「序盤はタイミングが遅れ気味だったけど、最後に修正できた。芯を食った時の打球は速い」とうなずいた。打線は11安打を放ち、10―3で勝利した。

(3月12日 練習試合 早稲田実 10―3 中央大2軍)




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:35|この記事のURL

清宮幸太郎(早実)、日ハム・オリックス・ソフトB評価

2017年03月09日

3/9、日刊スポーツ6面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

豪快な1発が、球春到来を告げる合図だった。早実・清宮(動画)が、今季初の対外試合となる早大との練習試合で場外弾を放った。9回無死、早大・小宮山将が投じた真ん中高めの直球を強振。右翼席後方の約15メートルの防球ネットを越え、隣接する準硬式野球部のグラウンドに落ちた。

高校通算79号となる推定飛距離130メートルの特大弾だった。学校の方針で清宮の取材は行われなかった。ただ、ネット裏に集まった8球団のスカウト陣はそろって感嘆の声を上げた。

▼日本ハム・岩舘スカウト
「2ボールからのストライクを一発で仕留めるのはさすが。飛距離もすごいね」

▼オリックス・中川スカウトグループ長
「ファウルにせず、一発で仕留めるのは持っている。この状況で打てるのがすごいね」

▼ソフトバンク・山本スカウト
「打撃はずば抜けているね。いいものが見られて良かった」

チームは17失点で大敗したが、清宮は冬の成長を証明した。フリー打撃では、元レッドソックスのオルティスも行った逆方向への打撃を取り入れ、体の開きを修正。6回の中犠飛は成果を示すように左投手のスライダーを引きつけ、紙一重の飛球を打ち上げた。

いよいよ、節目の80号に王手をかけた。清宮にとっては、中学1年時に父・克幸氏から示された数字でもある。清宮イヤーを予感させる華々しいスタートを飾った。

(3月8日 練習試合 早稲田大 17―6 早稲田実)




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:32|この記事のURL

北村拓己(亜大)に4球団、ソフトバンク「実戦向き」

3/9、サンケイスポーツ6面より 

北村 拓己 (亜細亜大・遊撃手)
181cm・右投右打・動画

亜大は8日、埼玉県戸田市のヤクルト戸田球場でヤクルト2軍と練習試合を行い、6―6で引き分けた。プロ注目の内野手、北村(動画)は2本の適時打を含む5打数4安打2打点。

しかし東都大学リーグの強豪を率いる主将は「プロとの試合での好結果は自信になるが、落ちるボールへの対応はまだまだ」と厳しい表情。プロ4球団のスカウトが視察し、ソフトバンク・荒金スカウトは「実戦向き」と評価した。

(3月8日 プロアマ交流戦 ヤクルト2軍 6―6 亜大)




北村君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:10|この記事のURL

ドラフトニュース検索