ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
全指名選手
12球団の
情報まとめ
ホームに
もどる
ソフトバンク

ソフトB育成2位・周東佑京、どうしても欲しかった選手

2017年11月08日

11/8、スポーツ報知websiteより (source)

2017ソフトB(育成)2位 周東佑京
東農大北海道オホーツク・三塁手・動画

ソフトバンクから育成ドラフト2位指名を受けた東農大北海道・周東佑京内野手(動画)が7日、網走市内で入団交渉を行い、支度金300万円、年俸400万円(推定)で契約に合意した。大学通算40盗塁のスピードスターは「ようやくスタートという気持ち。目標は盗塁王」と決意表明。今季日本一に輝いたチームの一員となるべく、自慢の俊足に磨きをかけていくことを誓った。

育成から盗塁王へとサクセスストーリーを突っ走る。周東は、ソフトバンク・王貞治球団会長、工藤公康監督のサインボールを受け取り、「いよいよスタートという気持ち。1年目から支配下登録を目指したい」と胸を高ぶらせた。ソフトバンクは4日に日本シリーズを制し、2年ぶりに日本一を達成。テレビで激闘の模様を眺め、「いつかは自分も、あの舞台に立って活躍したいという思いが一層強くなった」と自らの未来を重ねた。

最大の武器は脚力。50メートル5秒7で、打席から一塁到達までがメジャー級の3秒8だ。「山道を走った効果ですかね」と幼少期は近所の丘で、野生のウサギを追いかけ回したエピソードを披露。目標の選手に2度の盗塁王に輝いたソフトバンク・本多雄一内野手の名前を挙げ、「自分も盗塁王を目指したい」と決意を口にした。

今春のリーグ戦は打率.366、7盗塁でMVP。内外野どこでも守れるユーティリティー性も魅力で、担当の永山勝スカウトチーフは「どうしても欲しかった選手。体は細いが、脚力が抜群で鍛えれば全て良くなる」と期待を寄せた。



下は2017ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。

ソフトバンクの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×安田 尚憲  
×馬場 皐輔  
1位吉住 晴斗鶴岡東高投手
2位高橋 礼専修大投手
3位増田 珠 横浜高外野手
4位椎野 新国士館大投手
5位田浦 文丸秀岳館高投手
育1尾形 崇斗 学法石川高投手
育2周東 佑京東農大北海道内野手
育3砂川 リチャード沖縄尚学高内野手
育4大竹 耕太郎 早稲田大投手
育5日暮 矢麻人 立花学園高外野手
育6渡辺 雄大BCリーグ新潟投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 11:00|この記事のURL

ソフトB、小川スカウトが2軍監督に転身

11/8、西日本スポーツ2面より
福岡ソフトバンクの小川一夫編成・育成部長兼スカウト室長(1972南海5位)が来季、2軍監督に復帰することが7日、分かった。2011年からの3年間は2軍監督を務めており、5年ぶりの復帰となる。

小川一夫氏は福岡・戸畑商高(現北九州市立高)から1972年、捕手としてドラフト5位で南海(現福岡ソフトバンク)に入団。78年に現役引退後はスカウト部長などを歴任。2軍監督時代は12、13年にウエスタン・リーグを連覇し、13年はファーム日本選手権を制覇。14年から再び編成部門を中心に担当した。



下は1972ドラフトで南海(現ソフトバンク)に指名された選手です。小川一夫は5位指名され入団。プロでの成績はこちら

南海の1972ドラフト指名選手
1位石川 勝正東洋紡岩国投手
2位伊藤 正信富士重工投手
3位池之上 格鶴丸高投手
4位蓑田 浩二三菱重工三原内野手
5位小川 一夫戸畑商高捕手
6位河合 充鞍手高投手
7位本田 勤花園高外野手
8位入山 功愛媛相互銀行投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

ソフトB育成6位・渡辺雄大、巨人3軍戦での好投評価

新潟日報websiteより (source)

2017ソフトB(育成)6位 渡辺 雄大
新潟アルビレックスBC・投手・動画

ソフトバンクから育成ドラフト6位指名を受けたBCリーグ、新潟アルビレックスBCの渡辺雄大投手(動画)が7日、新潟市中央区の球団事務所で契約合意に至った。支度金300万円、年俸400万円で、背番号は未定。

ソフトバンクの福山龍太郎アマスカウトチーフ補佐と、山本省吾アマスカウトが訪問。早速、帽子とユニホームを着用した渡辺雄は「一日も早く1軍で活躍したい」と力を込めた。ソフトバンクの日本シリーズの戦いも刺激になっているようで「選手層が厚く、けが人が出てもレギュラー陣と変わらない戦力がある。割って入りたい」と語った。

山本氏は渡辺雄を一昨年からチェックしていたと明かし「春先の巨人(3軍)相手の投球に成長を感じた。その後、素晴らしい数字もついてきた」と説明。希少な長身左腕として「まずは左打者相手に働き場所を確保してほしい」と1年目からの活躍を期待した。入団会見は12月上旬、福岡市で行う予定。



下は2017ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。

ソフトバンクの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×安田 尚憲  
×馬場 皐輔  
1位吉住 晴斗鶴岡東高投手
2位高橋 礼専修大投手
3位増田 珠 横浜高外野手
4位椎野 新国士館大投手
5位田浦 文丸秀岳館高投手
育1尾形 崇斗 学法石川高投手
育2周東 佑京東農大北海道内野手
育3砂川 リチャード沖縄尚学高内野手
育4大竹 耕太郎 早稲田大投手
育5日暮 矢麻人 立花学園高外野手
育6渡辺 雄大BCリーグ新潟投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ソフトBドラ4・椎野新、球速どんどん上がる!

2017年11月07日

11/7、西日本スポーツ3面より

2017ソフトBドラフト4位 椎野 新
国士舘大・投手・動画

和製バンデンになる! 福岡ソフトバンクにドラフト4位で指名された国士舘大の椎野新投手(動画)が6日、都内の同大学で宮田アマスカウトチーフ補佐と荒金アマスカウトから指名あいさつを受けた。日本人選手でトップクラスの195cmの長身から投げ下ろす力のある真っすぐとカーブなどが売りの右腕は、身長198cmのバンデンハークを手本に「球速160キロ宣言」をした。

ビッグな右腕が目を輝かせた。「ホークスを代表する投手になりたい」。椎野は選手層の厚いタカ投の中心を見据えた。身長195cm。12球団最長身日本人選手の藤浪(阪神)に2cm差で、大谷(日本ハム)を2cm上回るというから、いかに大きいかが分かる。

ホークスが2年ぶりの日本一に輝いた日本シリーズを「ほとんど見てました」。テレビにかじりつき、自らが進むチームの先輩が戦う姿を目に焼き付けた。中でも印象に残ったのはバンデンハークだ。「(身長など)似たところが多い。誰よりも見て、学んでいきたい。真っすぐも速いし、変化球も多彩でカウントを取れる。本当に参考になる」と声を弾ませた。

真っすぐの最速は今秋にマークした148キロ。バンデンハークの157キロには及ばないが、宮田アマスカウトチーフ補佐は「今は体の線が細いからね。体をしっかり鍛えれば、球速はどんどん上がる。スケールの大きい投手になってほしい」と右腕の伸びしろに期待する。

椎野自身もその気だ。「160キロを目指していきたい」ときっぱり。そのために「どうやったら体が大きくなるとか聞いてみたい」と目標のバンデンハークにも直接質問をぶつけるつもりだ。

プロで対戦したい相手には吉田正(オリックス)を挙げた。青学大時代の吉田正に外角低めのフォークボールをライナーの左越え本塁打とされたという。「こういう選手がプロに行くんだと思った。プロをより強く意識するようになった」。舞台を変えての対決で、注目の若手大砲を抑える意気込みだ。

現在は体幹トレーニングやランニングで体を動かしている。新潟・村上桜ケ丘高時代の4年前にもプロ志望届を提出したが、指名漏れという悔しい思いをした。目標も身長もとにかくデカい大器が、憧れ続けたプロの世界で花開く。



下は2017ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。4位指名・椎野君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2017ドラフト指名選手
×清宮 幸太郎  
×安田 尚憲  
×馬場 皐輔  
1位吉住 晴斗鶴岡東高投手
2位高橋 礼専修大投手
3位増田 珠 横浜高外野手
4位椎野 新国士館大投手
5位田浦 文丸秀岳館高投手
育1尾形 崇斗 学法石川高投手
育2周東 佑京東農大北海道内野手
育3砂川 リチャード沖縄尚学高内野手
育4大竹 耕太郎 早稲田大投手
育5日暮 矢麻人 立花学園高外野手
育6渡辺 雄大BCリーグ新潟投手


2017ドラフト、12球団の指名選手と交渉状況まとめはこちら

draftkaigi at 08:02|この記事のURL

根尾昂(大阪桐蔭)が16奪三振完封、ソフトB高評価

2017年11月05日

11/5、デイリースポーツ4面より 

根尾 昂 (大阪桐蔭高・遊撃手兼投手)
177cm・右投左打・動画

待ちに待ったマウンドで圧巻の投球を見せた。来秋ドラフト上位候補の大阪桐蔭・根尾(動画)が、今大会初登板初先発で近江(滋賀1位)から毎回の16三振で完封。二刀流が2年ぶり5度目の決勝進出と、新チームとして公式戦負けなしの10連勝へ導いた。

この日の最速145キロの直球と、鋭く曲がるスライダーで五回までに先発全員から10三振を奪取。「ずっと投げたかったし、調子はよかった。9回を投げ切れたことは次につながる」。7安打を浴びてもピンチではギアを上げ、最後まで本塁を踏ませなかった。

身体能力を生かして、投手としては最速148キロを投げ、打者としては4番を打つ。視察したソフトバンク・稲嶺スカウトは「どちらもいい。投手として指名する球団もあるのでは」と話す。プロでは日本ハム・大谷のような活躍を見せる可能性もありそうだ。

西谷浩一監督が「うちで4番・エースと言ったら中田(日本ハム)ぐらい。大きく育ってほしい」と話す逸材。その才能が際立つ快投だった。

(11月4日 近畿大会準決勝 大阪桐蔭 5―0 近江)



根尾君のスカウト評はこちら

根尾君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

ドラフトニュース検索