ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
ソフトバンク

西純矢(創志学園)、阪神・ソフトB・ハムなど視察

2018年09月23日

9/23、スポニチwebsiteより (source)

西 純矢 (創志学園高・投手)
183cm・右投右打・動画

来秋ドラフト上位候補の最速150キロ右腕・西純矢投手(動画)を擁する創志学園が快勝で8強入りを決めた。秋季岡山県大会2回戦でおかやま山陽と対戦。西は4番・投手で先発し、7回コールドの7-0でライバルを圧倒した。

「三振にこだわることなく、テンポのいいピッチングを心掛けました。まだ甘い球も多かったので、出来は50点くらいです」。快勝の立役者は生まれ変わったエースだ。力配分は「5から6割」と話したように、初回から制球重視に重きを置いた。

特にスライダーとカーブが効果的で相手打線を翻ろう。7回こそ2死から四球と安打で一、二塁のピンチを招いたが、最後の打者を鋭いスライダーで見逃し三振に仕留めた。7回を被安打3の9奪三振、無失点。自己採点は低かったが、三塁すら踏ませない圧巻の内容だった。

今夏の甲子園は1回戦で創成館から毎回の16三振を奪い、被安打4の無四球で完封。聖地で鮮烈なデビューを飾った一方で、のけぞるようなド派手な絶叫ガッツポーズも話題となり、2回戦では審判から注意も受けた。ただ、この日はガッツポーズは一切なかった。

西は「(ガッツポーズは)封印しました。夏の大会では熱くなってしまいましたが、もうしません」とクールに語った。県大会から帽子も新しくなった。紺色から白色にリニューアル。甲子園では投げるごとに帽子が飛んだが、落ちにくいとされる丸型のものを使用している。

この日は阪神、日本ハム、ソフトバンク、楽天などが視察。来秋ドラフト上位候補として複数球団から熱視線を浴びる逸材だ。大船渡の佐々木、星稜の奥川、智弁和歌山の黒川、東邦の石川をライバルに挙げる右腕。「夏は先輩についていくだけでした。秋は自分が引っ張っていく。弱いところは見せられない」と言葉に力を込めた。

(9月22日 岡山大会2回戦 創志学園 7-0 おかやま山陽)



西君のスカウト評はこちら

西君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:30|この記事のURL

野村大樹(早実)、ソフトバンクが熱心というウワサ

2018年09月20日

9/20、日刊ゲンダイ27面より

野村 大樹 (早稲田実高・三塁手)
172cm・右投右打・動画

早実の生徒はほぼ100%に近い割合で、早大に進学できる。昨年、プロ志望届を提出すればドラフト1位指名が確実視された清宮幸太郎(現日本ハム)ですら早大進学かプロ入りか、最後まで悩んだ。昨秋のリーグ戦で70年ぶりの最下位に沈んだ早大野球部にしても、系列校のスラッガーは当然、早大に進学してくるものだと思っているし、それなりの攻勢もかける。

そんな状況下で、昨年の清宮に続き、2年連続で早実の強打者がプロ入りを表明した。今月10日に早々とプロ志望届を提出したのは2年生ながら17年春のセンバツに出場、先輩で3番を打つ清宮を押しのけて4番に座った野村大樹(動画)だ。

野村はセンバツ2試合で、計9打数5安打、2打点。高校通算68本塁打をマークした。172センチ、82キロはプロ野球選手としては小柄ながら、「ミート力、パンチ力は超高校級」というのがネット裏のスカウトの一致した見方。

「早大で順調に育てば4年後はドラフトの目玉になる逸材。いくら本人のプロ志向が強くても、早大野球部が放っておくはずがない」と進学が既定路線とみられていたが、本人は早大を蹴飛ばしてまでプロを選択した。「ソフトバンクが野村を高く評価していると聞いています」と、セ・リーグのあるスカウトがこう言った。

「球団会長の王さんがいたく野村にご執心だというのです。あの長打力は捨てがたいとね。いまのソフトバンクに自分の後輩となる早実出身の選手がいないことも背景にはあるのでしょう。スカウトには早実出身の選手を取って欲しいという要望が出ていて、担当外のスカウトがわざわざ野村の打撃をチェックしに出向いたという話もあるくらい。野村サイドにはおそらく、ドラフトで指名するという意思が伝わっているんじゃないか。でなければ早大をソデにしてまで、早々とプロ入りの意思を固めるはずがありません。プロ入りは早大を卒業してからでも遅くないし、両親も教育熱心だといいますから」

野村はドラフトで指名されるアテがあるからこそ、プロ志望届を提出したというのだが。



野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:40|この記事のURL

中村稔弥(亜大)、ソフトバンク「凄くタフ」

9/20、スポーツニッポンwebsiteより (source)

中村 稔弥 (亜細亜大・投手)
178cm・左投左打・動画

東都には俺もいるぞと言わんばかりだった。亜大のドラフト候補左腕・中村稔弥(動画)が144球を投げ、自己最多の14奪三振の力投で2失点完投。東洋大のドラフト1位候補・上茶谷との投げ合いを制して「今日は真っすぐが切れていた」と汗を拭った。

リーグ通算15勝で現役通算勝利トップを走る。前節の中大戦は1、3回戦で先発も途中交代し、勝ち点を落とした。OBの東浜(現ソフトバンク)の「先発投手は勝敗がつかないと駄目」という言葉を思い出し、自らを奮い立たせた。序盤は制球を乱したが、伸びのある最速140キロとスプリットで三振の山を築いた。

視察したソフトバンクの永井智浩スカウト室長は「凄くタフ」と通算11度目の完投を果たしたスタミナを評価。プロを目指すエースは「投げる試合は最後まで行く」と自覚をにじませた。

(9月19日 東都大学野球 亜大 5-2 東洋大)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

佐々木(大船渡)、ソフトB・オリックス・ロッテの声

2018年09月17日

9/17、スポーツ報知4面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

来秋のドラフト1位候補右腕、大船渡・佐々木朗希(動画)が157キロをマーク。下はスカウト評のみ抜粋

▼ソフトバンク・作山スカウト
「この時期にこれだけ投げられるだけですごい。素材は文句なし」

▼オリックス・上村スカウト
「夏より状態はいいかもしれない。一冬越えてどのくらいになるか楽しみ」

▼ロッテ・井辺スカウト
「カウント3ボールからスライダーでストライクが取れる。今の時期の高校生ではなかなかいない」

▼ヤクルト・斉藤スカウト
「生で初めて見た。想像以上。ここまでいいとは」

(9月16日 岩手大会1回戦 大船渡 5-0 盛岡三)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:48|この記事のURL

ソフトバンク、U18侍から先取りドラフト

2018年09月11日

9/11、スポニチwebsiteより (source)
今回の高校日本代表では金足農の吉田、大阪桐蔭の根尾と藤原、報徳学園の小園がドラフト1位候補として注目された。プロ12球団担当記者が、補強ポイントに合致する選手を「指名」した。

<ソフトバンク>
27歳の今宮、25歳の牧原の若い二遊間が安定しているが、三塁を守る松田宣は35歳とあって、後継者の育成はチームの課題の一つ。将来の中心選手として、大阪桐蔭・根尾(動画)のように打てて走れる内野手は魅力。日本代表では右翼も守るなど身体能力も高い。

数年後のチーム編成を考えると、最も補強ポイントに合致する。先発投手は千賀、武田、東浜をはじめ、今季途中に育成選手から支配下選手登録された大竹も台頭し充実している。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 13:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索