ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

ソフトバンク

ソフトバンクドラ1・田中正義に弱点発覚、イップス?

2017年02月13日

2/13、サンケイスポーツ6面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

イップス!? ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手(動画)が12日、内野との連係プレーでフィールディングに四苦八苦した。悪送球、バント処理のファンブルを繰り返し、さらに心配なのは「苦手です」とそれを認めたこと。まもなく実戦登板に臨む即戦力ルーキーに弱点発覚だ。

度々頭を下げる姿は似合わない。堂々と過ごしてきた男が壁に当たった。田中は露呈した弱点を認めるしかなかった。「フィールディングは苦手です」。投内連係で二塁送球が3度続けてそれた。上に、下に悪送球。スタンドはため息に包まれ、4度目で成功して拍手をもらうのは少し恥ずかしい光景だ。

その後もぎこちないスローイングが目立ち、さらに打球処理でもファンブル。ミス連発による動揺か、実際に打者がバントをする実戦練習に移ると投球も乱れた。斐紹に4球連続ボール球。あわや死球の大暴投で本塁カバーよりも謝罪を急ぐ始末に、他球団スコアラー陣から「メイン球場でやらなければいいのに」と、同情の声がもれるほどの惨状だった。

同時に偵察隊はメモにチェックを入れた。オリックス・田上スコアラー「いい球を持っているのは知っているからこそ、真っ向勝負で打ち崩せないのならそういうところも」と注目した。

田中はもともと腕の振りなどを加減することが苦手で、コーチの指示で近距離のスローイングも練習中だ。大学時代から傾向はあり、同スコアラーは「情報は入っていたけど噂通りですね」と確認。守備と投球の乱れも「関係あると思います」と攻略のヒントにした。

工藤監督は「はじめからすべてできる人はいない。練習の積み重ね」と克服を信じた。先輩と初めての連係という緊張感も加わり、あえてバントをさせる投球は「不器用」を自認する右腕には難関。本番では「(ミスは)気にしない」と話したが、それでも猛省だ。

「まわりにとって、ダメな投手ですよね。野手に『何やってるんだ』と思わせてしまう」。ルーキーは14日にシート打撃に登板する。アクセルを踏む直前で、落とし穴になりうる課題発覚だ。




下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:38|この記事のURL

ソフトバンクドラ1・田中正義、他球団007警戒

2017年02月10日

2/10、スポーツ報知6面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手(動画)が9日、フリー打撃に今キャンプ初登板。対戦した上林、塚田のバットをへし折るなど、40球を投げて安打性の当たりを4本に抑えた。「マウンドで打者に投げるのは(調整段階で)大事なこと。ひとつ、クリアできてよかった」と汗をぬぐった5球団競合右腕が、開幕ローテ入りへ上々のスタートだ。

鈍い音が2度響いた。上林への6球目と塚田への12球目。それぞれ15、16年のウエスタン・リーグ首位打者のバットを直球のみの勝負でバキッと折ってみせた。「上林のはバッターが詰まって、だったけど、塚田さんのは引っかかって真っスラした」と右腕。冷静に、反省も込めて振り返るあたりはさすがだった。

28スイングで安打性を4本にとどめ、空振りも4つ奪った。初めて打者と対戦した黄金ルーキーのもとには、3球団のスコアラーが駆けつけた。オリックス・田上スコアラー「打者の反応を見ると、球に伸びがある。今後も一番見ておかないといけない存在」。

ロッテ・小林スコアラー「直球しか投げないと分かっていても空振りを取れていた。寒いのでセーブして投げていた」と、今後さらなる上積みを警戒した。

一方で課題も浮き彫りになった。左打者の上林に対してはボール球が1球だったが、右打者の塚田には10球。内角にボールがすっぽ抜け、あわや死球の場面もあった。登板後はブルペンへ直行し14球。すぐに修正点を確認した。

工藤監督は「ブルペンほど力んでなかった。もう少し力を出そうと思えば出せる。あれでも空振りを取れていたから、ボールはいいんだろう」と合格点。11日からの次クールでは、打者相手に変化球を解禁する予定だ。




下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

話題の新人、ソフトバンクドラ2・古谷優人

2017年01月26日

1/26、スポーツニッポン4面「球界新士録」より

2016ソフトバンクドラフト2位 古谷優人
江陵高・投手・動画

17歳の少年の言葉に重みがあった。ソフトバンクのドラフト2位・古谷(動画)は昨年11月23日にヤフオクドームで開催されたファン感謝デーの新人選手自己紹介で「世のため、人のため、チームのために一生懸命頑張ります」とプロ野球人としての決意を表明した。

プロとしてやりたいことに「社会貢献活動」を掲げる。トップ選手が自らの成績に応じて寄付を行ったり、病院慰問など一般的になっているが、高卒ルーキーが「有名になったら障がい者の人たちを球場に招待したい」と話すのは珍しい。古谷が障がい者を気に掛けるのは妹・みりあさんの存在があるからだ。

小学3年の妹は先天性サイトメガロウイルス感染症による小児脳梗塞のため左半身のまひ、言語障がいが残っている。しかし古谷は、みりあさんのことを隠さず、むしろ野球に取り組むパワーにしている。

中学2年までは複雑な気持ちも抱いていたが、中学3年の夏にリハビリに付き添った時に意識が変わった。左手を使って積み木をする動作が思うようにできなくても決して諦めようとしない姿に感動すら覚えたという。高校時代、公式戦の会場にはいつもみりあさんが応援に駆け付けてくれた。チームのマスコット的存在だった。

新人合同自主トレが始まり、みりあさんと離れ離れの生活になった。「たまに電話してますが、多分よく分かってないと思います。でも(通話を)切りたがらないんですよね」。

一度、みりあさんをツイッターで取り上げると、ネガティブなメッセージが返ってきたことがあった。「でも、その人の気持ちも分からないわけではないんです。大人になった時に分かってもらえれば」。17歳とは思えない大人の対応を見せた古谷の今の目標は「初登板の日に妹を球場に招待する」ことだと言う。



下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。2位・古谷君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 08:18|この記事のURL

ソフトバンクドラ1・田中正義、「サファテ級」という声

2017年01月22日

1/22、サンケイスポーツ6面より

2016ソフトバンクドラフト1位 田中正義
創価大・投手・動画

ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手(動画)が21日、筑後での新人合同自主トレで初めてブルペン投球を行った。変化球も交えて24球。剛速球を飯田一弥ブルペン捕手がデニス・サファテ投手の球質に例えるなど、いきなり周囲の度肝を抜いた。

キャッチボールから周囲の視線を集めた剛球は18.44メートルで、さらに輝いた。見るからに速い。今年初めての本格的な投球。田中は自らも上々の仕上がりを実感した。「いい感じでした。ボールもそこそこいっているし、下(半身)を使えている感じでした」

マウンドを踏み、すぐに力を込めた。13球を投じたところで捕手を座らせて11球。カーブやカットボールも試したが、やはり目立ったのは最速156キロの直球だ。「8割くらい」で自己採点は「140キロ中盤」。ただ、受けた側の反応はそれ以上だった。

飯田ブルペン捕手は「150キロ近いと思います。140後半は。速くてビックリした」と証言した。さらに驚いたのは球質だ。好投手ぞろいのソフトバンクで「サファテ系です」と例えた。2年連続セーブ王に似た速球を「キレ系でズドン。そういう球はプロでもそんなにないと思う。ベース上で速い。サファテに次ぐ衝撃でした」と表現した。

伸びがあって重い。カーブの精度は未完成も、見守った入来3軍投手コーチは「カットボールは投げられていた。まず長所を」と話すと、巨人時代の同僚に重ねた。「上原も入ったとき、ほぼ直球とフォークで20勝した。(田中は)直球は上原より上」。

1999年に20勝で新人王に輝いたカブス・上原浩治。最近20年で最強の大卒新人のような活躍を期待した。

試運転で周囲の度肝を抜いた右腕は春季キャンプは1軍でのスタートが決まったばかり。さっそく実力を証明したが、通過点にもならない。「そのつもりでやってきたので、特に。A組はありがたいですけど、ここからが大事です」。5球団が競合した今季のナンバーワンルーキー。球界全体がほれこんだ逸材はやはり大物だ。



下は2016ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・田中君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2016ドラフト指名選手
1位田中 正義 創価大 投手
2位古谷 優人江陵高 投手
3位九鬼 隆平秀岳館高 捕手
4位三森 大貴青森山田高 内野手
育1大本 将吾帝京第五高 外野手
育2長谷川 宙輝聖徳学園高 投手
育3田城 飛翔八戸学院光星高 外野手
育4森山 孔介藤沢翔陵高 内野手
育5清水 陸哉京都国際高 外野手
育6松本 龍憲崇徳高 内野手


draftkaigi at 07:55|この記事のURL

宮台康平(東大)、ソフトバンク「1年間追い続ける」

2017年01月15日

1/15、日刊スポーツ2面より

宮台 康平 (東京大・投手)
178cm・左投左打・動画

東大史上初のドラフト1位指名選手の誕生も!。最速150キロ左腕の東大・宮台康平投手(動画)が14日、5球団のスカウトが視察に訪れる前で今年初練習を行った。同大の始動で、これだけのスカウト陣が集まるのは異例のこと。スカウト間では「(1位指名の)12人に入る素質」と高い評価が飛び交った。

東京・文京区の東大グラウンドのスタンドに、オリックス、ソフトバンク、ヤクルト、DeNA、西武の5球団のスカウトがズラリと並び、左腕の姿を見つめた。オリックス由田スカウトは「今年、1回戦を通年で投げられたら1位は十分ある。12人に入ってくる」と惜しみない評価を与えた。

ソフトバンク山本スカウトも「ドラフトの目玉。掛け値なしにトップクラスの投手。1年間かけて経過を追い続けます」と続けた。

昨年末、宮台は悩んだ末にプロ志望を宣言した。実家に帰り両親にあらためて報告した。「両親は『したいようにしたらいい』と言ってくれた」と笑顔を見せた。年始は地元で4日から始動。この日も約40メートルの距離でフォームを確認しながら約80球のキャッチボールを行った。3月には対打者に投げられる見込みだ。

練習前、根津神社で必勝祈願を行い、絵馬には「勝ち点獲得」と書いた。「まずは左肩を万全にする。プロは憧れですが、いざ行くとなったら現実的な目標にできるよう頑張りたい」。この日行われたセンター試験同様、限られた時間でベストを尽くし合格をつかむ。




宮台君のピッチング動画はこちら

宮台君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 11:44|この記事のURL

ドラフトニュース検索