ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

ソフトバンク

ソフトバンク、清宮幸太郎(早実)を密着マーク宣言

2017年01月06日

1/6、西日本スポーツ2面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

福岡ソフトバンクが5日、今秋ドラフト注目のスラッガー清宮幸太郎内野手(動画)が所属する東京・早実高へ新年あいさつを行った。山本省吾スカウトが訪れたほか、西武やオリックス、中日など計6球団7人の担当者もあいさつ。注目度の高さを証明した。

プロ入りか大学進学か、現時点で進路は未定だが、仮にプロ志望届を提出すれば、競合は必至とみられる。山本スカウトは早実高出身の王貞治球団会長の後輩でもある清宮について「当然、ドラフトの目玉となる存在。年間通じて、密着マークしますよ」と明言した。




清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 08:52|この記事のURL

田嶋大樹(JR東日本)が始動、楽天・ソフトバンク視察

2017年01月05日

1/5、スポーツ報知4面より

田嶋 大樹 (JR東日本・投手)
180cm・左投左打・動画

社会人ナンバー1左腕のJR東日本・田嶋(動画)が、都市対抗V経由ドラフト1位行きの発車ベルを鳴らした。千葉・柏の同社グラウンドで始動。ソフトバンク、楽天のスカウトが見つめるなか、キャッチボールなどで体をほぐすと、「ドラフト解禁の年で実感が湧いてきた。(プロに)行くなら、1位でいきたい」と決意表明した。

佐野日大を14年センバツ4強に導き、ドラ1候補の評価を得たが、「まだ技術、体力が足りない」とプロ志望届を提出せず。入社後は苦手だった走り込みを力強くこなし、球速は高校時代から7キロ増の152キロに成長。昨年はU―23W杯の日本代表に選出された。軽いぎっくり腰のため登板機会はなかったが、同学年の楽天・安楽らプロに交じり、「自信がつきました」。

無類の旅好きで、オフには鉄道で名所を巡る。正月は地元の鬼怒川温泉で英気を養った。おみくじは吉。「旅はしっかり計画して、と書かれていた。今年こそ都市対抗で優勝したい」。夢を乗せて列車は走り出す。




田嶋君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:27|この記事のURL

増田珠(横浜)が始動、ソフトバンク「九州出身で注目」

1/5、スポニチwebsiteより (source)

増田珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

今年の高校生ドラフト候補は清宮、安田だけじゃない!右のスラッガーではナンバー1と評価される横浜高の増田珠外野手(動画)が4日、神奈川県横浜市の同校グラウンドで始動した。初日からフリー打撃にロングティーと精力的にバットを振り、「最初にしては振れた」と話した。

中学時代にはU―15侍ジャパンで4番を務めた経歴を持ち、名門・横浜高では1年春からベンチ入りした。投手も兼任する強肩と長打力が魅力。同世代の早実・清宮、履正社・安田とは連絡を取り合う仲で、新年のあいさつも交わしたという。

「2人に比べたら全然。少しでも近づけたら」と謙遜する一方で、目標もはっきりと口にした。「勝負の年。甲子園で暴れて、U―18に入って、プロに行きたい。2人とジャパンで一緒にプレーしたいし、切磋琢磨できるような存在になりたい。競う相手がいると人一倍燃えるタイプなので」と言い切った。

現在、高校通算20本塁打。対応力アップをテーマに掲げ、元日からバットを振った。「打率5割と通算40本が目標」。昨秋関東大会は8強止まりでセンバツ出場は難しい状況だが、2季連続の夏の聖地を目指す。

この日視察に訪れたソフトバンク・荒金久雄スカウトも「今年は右の長距離打者は貴重な存在。九州出身(長崎)だし、期待したい」と話した。初詣でひいたおみくじは大吉。「幸先が良い。おみくじの流れに乗っていけたら」。パンチ力抜群の九州男児が、ドラフト戦線を熱くする。



増田君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:10|この記事のURL

ソフトバンク、清宮(早実)&安田(履正社)徹底マーク

2017年01月01日

1/1、スポーツ報知6面より
ソフトバンクが今秋のドラフト1位候補として、早実高・清宮幸太郎内野手(動画)履正社高・安田尚憲内野手(動画)を徹底マークすることが31日、分かった。球団関係者は「やはり清宮、安田の2人。しっかりと見ていくことになる」と、高校生スラッガー2人をドラフト戦略の中心に位置付けた。

清宮は高校通算78発のスラッガーで、王貞治球団会長の早実の後輩にあたり、同会長と同じ左の強打者。全国区の知名度があり、スター性も兼ね備えている。

安田は高校通算44発。昨秋の明治神宮大会決勝で3ランと決勝犠飛を放ち、清宮のいる早実を撃破した。正三塁手・松田も今年5月で34歳。その後継者として、安田の評価も高い。




清宮君(早稲田実)のスカウト評はこちら

安田君(履正社)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:09|この記事のURL

ドラフト強運に注目、ソフトB・工藤監督開運ラーメン

2016年12月12日

12/12、スポニチwebsiteより  (source)

1981西武ドラフト6位 工藤公康
名古屋電気高・投手・18歳

ソフトバンクが「工藤監督 開運ラーメン」を開発していることが11日、分かった。工藤監督(1981西武6位)は10月20日のドラフト会議で5球団競合の末、創価大・田中をゲット。前年も3球団競合で高橋を引き当てている。そんな強運に営業サイドが目を付けた。

来春にヤフオクドームの新メニューとして登場するラーメンは、しょうゆ味がベースの予定で、具になるのりには「交渉権確定」を印字。のりを封筒に入れて別添えする演出も検討中だ。

この日は自らが発起人の「チャリティー・キッズ・ベースボールスクール2016」を都内で開催し「子供たちに教え感じることもある」と力説。来季2年目を迎える高橋も参加し「(教えることも)息抜きになる。年末年始は岐阜に戻り、一日も休むつもりはありません」とローテーション定着に意欲的だった。




下は1981ドラフト会議で西武が指名した選手です。工藤公康は6位指名され入団。プロでの成績はこちら

西武の1981ドラフト指名選手
1位伊東 勤所沢高捕手
2位金森 栄治プリンスホテル捕手
3位小田 真也大丸投手
4位串原 泰夫所沢商高投手
5位藤高 俊彦新日鉄広畑投手
6位工藤 公康名古屋電気高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

ドラフトニュース検索