ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ソフトバンク

秋広優人(二松学舎大付)、ソフトB「あの体は魅力」

2020年07月26日

7/26、スポニチwebsiteより (source)

秋広優人(二松学舎大付高・投手兼一塁手)
200cm・右投左打・動画

マウンドにそびえ立つ2メートル右腕。二松学舎大付(東東京)の秋広優人投手(動画)の大きさに、視察したソフトバンク・荒金スカウトは驚きを隠せなかった。「うちのバンデンハーク(1メートル98)より大きいね。あの体は魅力ですよ」

二刀流は「4番・投手」で出場。最速143キロを誇る直球は139キロ止まりも、コーナーに投げ分けて5回を1失点に抑えた。先発の役目を果たし、6回から一塁を守った。高校通算22本塁打を誇る。5回1死一、三塁の好機では人生初の申告敬遠を受けたが、6回2死二塁では左中間へ適時二塁打。

10―2の7回コールド勝ちに投打で貢献し、「優勝して、(市原勝人)監督を東京一の男にしたい」と意気込んだ。

小6の時点で1メートル80もあった。「デカいだけ」と言われることが嫌いだった。5回に一塁へのグラブトスで魅せた華麗なフィールディング、盗塁を許さない素早いけん制。細かいプレーに「デカいだけじゃないぞ」と思いを込める。

恵まれた体格は自宅のシャワーを立って浴びられないという不便もあるが、秋広は胸を張って言う。「投球の角度、打撃のリーチに生かしています」。武器を遺憾なく発揮した試合だった。

(7月25日 東東京大会1回戦 二松学舎大付 10-2 文京)



秋広君のスカウト評はこちら

秋広君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:03|この記事のURL

渡辺翔大(昌平)に7球団、ソフトバンク高評価

2020年07月25日

7/25、デイリースポーツ7面より

渡辺翔大(昌平高・外野手兼一塁手)
178cm・右投左打・動画

プロ注目で高校通算48本塁打の昌平・渡辺翔大内野手(動画)が24日、埼玉・上尾市民球場で行われた聖望学園との練習試合に出場した。NPB7球団のスカウトが視察する中、一塁と左翼を守るなどユーティリティーぶりを披露した。

ダブルヘッダーにフル出場し、9打席で右前打1本と3四死球。自慢の長打は出なかったが、ソフトバンク・永井編成育成本部長は「打撃、特にパンチ力(が魅力)。あとは外野ができれば可能性が広がる」と評価した。

8月下旬と9月上旬に日本高野連とNPBが共催する合同練習会に参加するかは未定だが、渡辺は「プロに行きたい」と話す。「タイミングが課題。修正できる力をつけて、対応していきたい」と夢をかなえるため、今後も成長とアピールを続けていく。

(7月24日 練習試合 昌平 10―3 聖望学園)



渡辺君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 08:44|この記事のURL

打田雷樹(大阪学院大)、ソフトバンクが高評価

2020年07月23日

7/23、スポーツニッポン6面より

打田雷樹(大阪学院大・投手)
187cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の大阪学院大の147キロ右腕・打田雷樹(動画)が8回から登板し2回1安打無失点で3三振を奪った。「追い込んでからストレートで空振りが取れたのがよかった」

この日の最速は142キロも球速以上に伸びがあり、視察したソフトバンク・稲嶺スカウトも「スピード以上に球がきている」と評価した。

(7月22日 関西六大学野球 大商大 8―5 大院大)



打田君のスカウト評はこちら

打田君のピッチング動画はこちら




draftkaigi at 08:35|この記事のURL

吉川貴大(大阪商大)、ソフトバンク高評価

デイリースポーツwebsiteより (source)

吉川貴大(大阪商業大・投手)
182cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の最速149キロ右腕、大商大の吉川貴大投手(動画)が大院大戦に先発したが、本領を発揮できず、4回1/3を4安打3失点で降板した。

5点リードの四回。先頭打者に「先頭だったのでカウントを悪くしたくなかった」とストライクを取りに行った真っすぐを右翼へ放り込まれた。その後もなかなか修正できず、五回途中でマウンドを降りたが、この日最速145キロの直球と大きく曲がるカーブで三振を奪うなどして、持ち味も見せた。

吉川は「最後までずっと修正がきかなかった。悔しいです」と肩を落としたが、視察したソフトバンク・稲嶺スカウトは「評価すべき点はたくさんある。連日投げられることもそうだし、ホームラン打たれた直後に、真っすぐを投げる気持ちの強さがいいですよね」と評価を変えることはなかった。

(7月22日 関西六大学野球 大商大 8―5 大院大)



吉川君のスカウト評はこちら

吉川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

川瀬堅斗(大分商)に11球団、ソフトバンク高評価

2020年07月21日

7/21、西日本スポーツ5面より

川瀬堅斗(大分商高・投手)
182cm・右投右打・動画

大分商の川瀬(動画)にとって、大分県で最後となった公式戦は少し悔いが残る結果に終わった。優勝を目指しながら0-3で初戦敗退。3点差を追う5回から登板した川瀬は最後まで無失点で抑えたものの、流れを引き寄せるまではできなかった。

4日の練習試合中に左ももの肉離れを起こし、痛み止めを飲んでの登板だった。マウンドでは笑顔を見せたエースも試合後は「実力不足。自分が先発すると勇気を持って言えなかったのが敗因」と表情を硬くした。

九州大会で準優勝した昨秋に比べると「70パーセントぐらい(の状態)」というが、それでも4回で6奪三振。8回に迎えた1死満塁のピンチでは、冷静に併殺で切り抜け、得点を許さなかった。

スタンドには11球団のスカウトが顔をそろえた。注目を集める中、万全とはほど遠い状態ながら自己最速タイの148キロを記録した。ソフトバンク・宮田善久スカウトは「直球は昨夏の方が走っていると感じたが、試合慣れしていてピッチングがうまい。指先の感覚も器用。甲子園ではもっと調子が上がった投球をしてくれるはず」と期待する。

甲子園では8月10日に花咲徳栄(埼玉)との対戦が決まっている。「楽しみだけど今のままだと不安もある。体のキレをもっと出して、甲子園では150キロを出したい」と川瀬。高校最後の試合を笑顔で終わらせるために、さらなるレベルアップを誓った。 

(7月20日 大分大会2回戦 日本文理大付 3―0 大分商)



川瀬君のスカウト評はこちら

川瀬君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 11:30|この記事のURL


ドラフトニュース検索