ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
広島

入江大生(明治大)、広島「リリースが高いのでは」

2020年09月20日

9/20、スポニチwebsiteより (source)

入江大生(明治大・投手)
187cm・右投右打・動画

先発としては初めて早大・早川と投げ合った明大・入江(動画)は5回7安打6失点。自己最速にあと1キロに迫る152キロを計測したものの、エース対決に敗れ「これぐらいのピッチングしかできないのが、自分の実力。(早川は高校時代と)球筋も球威も全然違う。別人が投げているような感じだった」と脱帽した。

視察した広島・苑田スカウト統括部長は「切れのいいストレートを投げるが、高めが多い。リリースが高いのかな」と分析した。

(9月19日 東京六大学野球 早大 7―1 明大)



入江君のスカウト評はこちら

入江君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

早川隆久(早大)、広島・ヤクルト・ロッテの声

日刊スポーツwebsiteより (source)

早川隆久(早稲田大・投手)
179cm・左投左打・動画

これがドラフト1位指名競合確実の実力だ。東京6大学野球秋季リーグ戦は19日、開幕し、早大・早川隆久投手(動画)が明大を2安打1失点に抑えた。

最速152キロ直球にキレのある変化球を交え、17奪三振。9回2死から点を取られ、リーグ戦初の完封こそ逃したが、文句なしの完投勝利を挙げた。プロ全12球団のスカウトが集まる中、大学ラストシーズンの好スタートを切った。

~以下、早川のスカウト評のみ抜粋~

▼広島・苑田スカウト統括部長
「直球の球持ちがいい。(奪三振は)直球、変化球ともキレがあるから。間違いなく(1位指名で)重複する」

▼ヤクルト・小川GM
「右打者からカット、スライダーで空振りを奪えたのは、キレがあるから。スピード、制球、全てにおいて申し分ない」

▼ロッテ・榎チーフスカウト
「プロでも、左で150キロはそういない。変化球も多彩。カットは直球の軌道から来る。バランス良く投げ、メリハリがある」


(9月19日 東京六大学野球 早大 7-1 明大)



早川君のスカウト評はこちら

早川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

早川隆久(早大)に10球団、広島「当然1位の選手」

2020年09月14日

9/14、デイリースポーツ6面より 

早川隆久(早稲田大・投手)
179cm・左投左打・動画

東京六大学社会人対抗戦が13日、神宮球場で行われ、今秋ドラフト1位候補の早大・早川隆久投手(動画)が日立製作所戦で最速152キロの直球を軸に5回2安打1失点、10奪三振の快投を見せた。

10球団のスカウトが見守る中、いきなり5者連続三振を奪うなど、圧巻の内容。「ゼロで抑える自分の役割ができなかった」と言うが、広島・苑田スカウト統括部長は「当然1位の選手。今すぐでもプロで計算が立つ」と絶賛した。

(9月13日 東京六大学野球社会人対抗戦 早大 5-1 日立製作所)



早川君のスカウト評はこちら

早川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:10|この記事のURL

佐藤輝明(近畿大)、オリックス・広島・ソフトBの声

日刊スポーツwebsiteより (source)

佐藤輝明(近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

今秋ドラフト上位の近大・佐藤輝明内野手(動画)が2日連続でチームの窮地を救った。1点を追う8回、2死満塁の勝負どころ。「良い場面で打つことが出来た」。相手左腕の威力ある直球を、狙い撃ちで一塁線へはじき返し、走者一掃の逆転適時二塁打。延長勝利を挙げた12日の1戦目では、1点を追う9回に起死回生の同点ソロ。

「いいところで打つのが目標だった。そこを1番しっかり練習してきた」。2試合で1安打だった前週からは打って変わって、勝負強さをいかんなく発揮。連日の活躍で、まちがいなくチームの救世主となった。

2回無死一塁の守備では、相手打者がバントを失敗して打ち上げた小フライを、スライディングしてファウルゾーンで素手の右手でキャッチ。「わりとああいうプレーは得意。体より右に飛んでグラブで取るより楽だった」と反射神経も披露した。

この日は5球団12人が視察する前で、5打数2安打4打点の活躍。田中秀昌監督も「あの場面で打てるのが素晴らしい。チームとしても彼の一打が大きかった」と手放しで称賛した。

~以下、佐藤のスカウト評~

▼ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト育成部長
「フライアウトの打球もプロに近い打球、なかなかいないレベル。これだけの体があってバットが振れたら面白いですよね」

▼オリックス・下山スカウト
「自分の一打でチームの流れを変える力を持っている。これが彼の普通の力。昨日のホームランも含めて、何もびっくりすることはないです」

▼広島・鞘師スカウト
「音やスイングの速さが桁違い。パワーは関西ではかなりの部類」

(9月13日 関西学生野球 近大 7-5 関学大)



佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:02|この記事のURL

平内龍太(亜大)、巨人・広島「上位間違いない」

2020年09月10日

スポニチwebsiteより (source)

平内龍太(亜細亜大・投手)
186cm・右投右打・動画

亜大のドラフト候補右腕・平内龍太投手(動画)が明大戦に先発し、5回2失点7奪三振。自己最速を1キロ更新する154キロを計測した。神戸国際大付出身で下級生のころから本格派として知られる。今年3月に右肘のクリーニング手術を受け、本格的な投球再開は7月からだったが、順調な回復ぶりをアピールした。

この日は直球だけでなくスプリット、ツーシームを有効に使い「違和感なく腕を振れるようになった。先発させてもらっているので試合を作ることを考えた。思い通り、うまく投げられた」と手応えを口にした。

ネット裏では7球団のスカウトが視察。巨人・榑松スカウト部次長は「身長もあるし、ウイニングショットが素晴らしい。上位は間違いない」、広島・苑田スカウト統括部長も「ピッチングの組み立てがうまい。秋のリーグ戦でしっかり見たい」と高評価が相次いだ。

叔父であるソフトバンク・永井編成育成本部長も見守り「手術明けなので無理しないように、リーグ戦も頑張ってほしい」と家族の立場からエール。平内も「良い投球を見せられて良かった」と笑顔を見せた。

(9月9日 オープン戦 亜大 7―2 明大)



平内君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索