ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
広島

頓宮裕真(亜大)が2本塁打、広島「飛ばす力ある」

2018年04月18日

4/18、スポニチwebsiteより (source)

頓宮 裕真 (亜細亜大・捕手兼一塁手)
183cm・右投右打・動画

1回戦2試合が行われた。亜大は今秋ドラフト候補の頓宮裕真主将(動画)が2本塁打、7打点の活躍。12-3で中大を下し、今季初戦で白星スタートを切った。

頓宮の強烈な一振りに神宮が沸いた。2打席連発。リーグ戦通算5、6号で7打点をマークし、今季初戦を大勝に導き「ボールの下をしっかり叩けた」と控えめに喜んだ。3回に自身初の満塁弾、4回にはスライダーで泳ぎながらも左翼席へ3ランだ。

岡山理大付時代は通算24発で、1年春から神宮の舞台を踏んだ。今オフは「当てにいくより強いスイング」と空振りも辞さないフルスイングを続けた。ウエートトレーニングを欠かさず、ご飯は毎食丼3杯、睡眠もよく取ることで基礎体力がアップ。体重は昨秋から7キロ減の96キロも切れは増した。

10球団のスカウトが視察し広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「ツボに来れば(スタンドに)入れる力を持っている」と評価した。

全国におよそ980人という珍しい名字の右打者は本職は捕手。打撃を生かすため、この日は一塁で出場したが「(捕手として)信頼が勝ち取れなかったと思っている。次、捕手のチャンスがあったらアピールしたい」と先を見据えた。

(4月17日 東都大学野球 亜細亜大 12-3 中央大)




頓宮君のスカウト評はこちら

頓宮君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL

石橋康太(関東第一)、広島「いい打撃している」

2018年04月17日

4/17、スポーツ報知7面より

石橋 康太 (関東第一高・捕手)
180cm・右投右打・動画

プロ注目の関東第一・石橋康太捕手が、攻守に魅了した。初回2死二塁から先制の中前適時打を放つなど、3安打2打点。守備では、3回無死からの二盗を阻止した。

高校通算39本塁打のスラッガーは「積極的に打っていくことを心がけている。結果につながって良かった」と8強入りに笑顔。視察した広島・苑田スカウト統括部長は「体が強いね。いい打撃をしている」と評価した。

(4月16日 東京大会4回戦 関東第一 6-1 上野学園)



石橋君のバッティング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

坂本光士郎(新日鉄住金広畑)に10球団、広島が評価

2018年04月16日

スポニチwebsiteより (source)

坂本光士郎 (新日鉄住金広畑・投手)
180cm・左投左打・動画

今秋ドラフト候補の新日鉄住金広畑・坂本光士郎投手(動画)が先発し、7回途中6安打、4失点。降板後に味方打線が逆転したため、勝敗はつかなかった。 「中盤以降は抜け球が多かった。四球から崩れたので、もっと防げる点があった」

1メートル80、70キロのスリムな体型と投球フォームは阪神の能見を思わせる。5人態勢の阪神を含む10球団が視察する中、2回には球場表示で自己最速に並ぶ148キロを計測し、4回まで1安打投球。しかし、7回に制球を乱して3安打を集められ、6回2/3を6安打、6四死球、4失点で降板した。

広島の鞘師智也スカウトは「コントロールにばらつきはあるが、キレはいい。安定感が出れば評価はもっと上がる」と話した。

(4月15日 社会人岡山大会 新日鉄住金広畑 6-5 ホンダ熊本)



坂本君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

上茶谷大河(東洋大)、広島「馬力あり制球いい」

2018年04月12日

4/12、スポニチwebsiteより (source)

上茶谷 大河 (東洋大・投手)
180cm・右投右打・動画

3回戦1試合が行われ、東洋大が中大を3-1で破り、勝ち点1を挙げた。1回戦で16三振を奪い、完封勝利を挙げたドラフト上位候補・上茶谷大河投手(動画)が、中1日で4安打1失点完投。3季連続優勝へ向けて好発進した。

2点リードの9回2死二塁。一発が出れば同点のピンチで、上茶谷は146キロの直球で7個目の空振り三振を奪った。開幕戦の141球完封から中1日で110球完投。雄叫びを上げた151キロ右腕は「(体が)張っていると思ったけど2日前と変わらない。勝てて良かった」と語った。

ブルペンではドラフト候補の甲斐野、梅津も準備。2人から「いつでも俺らがいるから」と言われ、上茶谷は「いけるところまでいこう」と初回から連続三振と飛ばした。2年冬には右手の血行障害の手術を受け「指にかかる感覚が良くなった」という。昨年まで未勝利だったが体重は1年間で10キロ増えて85キロになった。

ネット裏では5球団が視察し、広島・苑田聡彦スカウト統括部長は「馬力があって制球もいい」と評価。上茶谷は「今はアドレナリンが出ているけど明日になったら(疲れが)来ると思う」と笑顔で右肩をさすった。

(4月11日 東都大学野球 東洋大 3―1 中央大)




上茶谷君のスカウト評はこちら

上茶谷君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

梅津晃大(東洋大)、広島「まだまだ速くなる」

2018年04月11日

デイリースポーツwebsiteより (source)

梅津 晃大 (東洋大・投手)
187cm・右投右打・動画

東洋大の今秋ドラフト上位候補右腕2人がそろって登板するも明暗が分かれた。先発した梅津晃大投手(動画)「パワーを温存して投げられた」とリーグ戦自己最長となる7回を投げ1失点(自責0)、7奪三振と力投。12球団スカウトの前で直球は自己最速タイの153キロを計測し、鋭く落ちるフォークを織り交ぜ打者を翻弄した。

視察した広島・苑田スカウト統括部長は「簡単に打てない。まだまだ(球は)速くなる」と伸びしろに期待をかけた。

梅津の後を受け、八回から今季初登板した甲斐野央投手(動画)は中大の4番・吉田叡にソロ本塁打を浴びるなど2回2失点と振るわなかった。中大の雪辱で1勝1敗となり、勝ち点の行方は11日の3回戦へと持ち越された。

(4月10日 東都大学野球 中央大 3-1 東洋大)



梅津君のスカウト評はこちら

梅津君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフトニュース検索