ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
広島

広島の話題の新人、末包昇大(ドラフト6位)

2022年01月22日

1/22、スポーツニッポン4面「球界新士録」より  

2021広島ドラフト6位 末包昇大
大阪ガス・外野手・動画

身長1メートル88、体重は大学4年で100キロに届いた。誰がどう見ても巨漢。その広島6位・末包昇大(動画)が、大学時代は打席に立つと幾分か小さく見えた。

「試合に出るために単打を打てた方がいいと思った」。練習で誰より打球を飛ばしても実戦では軽打を優先した。体格に似合わず迫力がなかったのだ。

当時の東洋大は部員約120人が在籍。上茶谷(DeNA)、甲斐野(ソフトバンク)、梅津(中日)、中川(オリックス)と、同学年から大卒でプロ4人を輩出した黄金世代だった。

「プロに行く人は別次元だった。それ以外の余っているポジションを奪いにいくけど、打率が悪いから試合に出られない」。結局、東都大学リーグ通算で出場17試合、0本塁打。プロは、あまりに遠かった。

大阪ガスに入社後、さらに体を大きくした。連日のウエートトレーニングで110キロまで増量。「目先の試合ではなく、大きい大会のために長いスパンで打撃をつくることができた」という環境も自身に合っていた。

打撃面での課題だった確実性が高まると、実戦でも面白いように打球が外野フェンスを越えるようになった。強豪の4番に定着し、21年の社会人ベストナインにも選出された。今の打席での立ち姿には、大柄な体格にふさわしい風格が漂っている。

「大学の同期生にプロに行く選手がいたから、プロまでの距離感を知ることができた。社会人になって、どんどんとその距離が縮まっていく感覚があった」。鍛えられた肉体は、プロ野球選手の中に交じっても十分に目立つだろう。大学時代はどこか縮こまっていた巨漢が、胸を張ってプロの打席に向かう。



下は2021ドラフト会議で広島が指名した選手です。6位指名・末包君のスカウト評はこちら

広島の2021ドラフト指名選手
1位黒原 拓未関西学院大投手
2位森 翔平三菱重工West投手
3位中村 健人トヨタ自動車外野手
4位田村 俊介愛工大名電高内野手
5位松本 竜也ホンダ鈴鹿投手
6位末包 昇大大阪ガス外野手
7位高木 翔斗県岐阜商高捕手



draftkaigi at 07:20|この記事のURL

広島の今秋ドラフト補強ポイント

週刊ベースボール1月31日号より
昨秋もシーズン中に振るわなかった投手陣、特に左腕に、鈴木誠也のMLB移籍を見越しての右の長距離砲と、現チームの足りないところにはまる即戦力候補を多く獲得した。

ここ数年ドラフトの軸となっている所属チームで実績を残す大学生・社会人投手をマークしつつ、シーズンの戦いぶりとリンクした形で候補者を絞っていく。



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

桑原樹(広島戦力外)、第二の人生は球団職員

2021年12月29日

12/29、スポーツニッポン7面「惜別球人2021」より 

2014広島ドラフト5位 桑原樹
常葉学園菊川高・内野手

桑原樹(2014広島5位)の心は高校球児のころから変わっていない。「一日中野球ができて、野球のことしか考えなくていい。楽しい時間でした」。プロ7年間で出場3試合無安打。2軍暮らしが長く続いても野球への愛情は消えなかった。

何よりも高校野球が好きだった。特に中学生の頃は、テレビにかじりついて甲子園に熱中。14年ドラフト5位で広島に入団すると憧れの選手がそろっていた。「堂林さん、庄司さんと一緒に練習してるよ!とか思っていましたね」

甲子園を騒がせた選手は次第に後輩にも増え始める。4学年下の小園、林には度肝を抜かれた。「すげーな…と思った。僕より絶対にうまいし、これからも勝てないと感じた」。甲子園で活躍した後輩が自らの現役引退を決断させた。

来年からは球団職員として広島に残ることが決まった。主に球団主催の野球教室を指導し、スコアラー業務も手伝う

「凄くありがたい仕事をいただいた。野球が好きなので、野球に携わる仕事に就きたいと思っていました。うまくなるためには野球を好きになることが大切。技術うんぬんよりも、まずは野球の楽しさを教えていきたいです」。主な指導対象は小中学生。高校野球に熱中していた当時の熱量のまま、野球愛を伝えていく。



下は2014ドラフトで広島が指名した選手です。桑原樹は5位指名入団。プロでの成績はこちら

広島の2014ドラフト指名選手
1位 野間 峻祥 中部学院大 外野手
2位 薮田 和樹 亜細亜大 投手
3位 塹江 敦哉 高松北高 投手
4位 藤井 晧哉 おかやま山陽高 投手
5位 桑原 樹 常葉菊川高 内野手
6位 飯田 哲矢 JR東日本 投手
7位 多田 大輔 鳴門渦潮高 捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 06:52|この記事のURL

佐々木健(広島戦力外)、軟式の実業団から勧誘

2021年12月28日

12/28、スポーツ報知5面より

2017広島育成ドラフト3位 佐々木健
小笠高・投手

広島育成の佐々木(2017育成3位)は軟式の社会人野球での野手転向を検討中だ。育成選手の4年間は投手として過ごしたが、地元の静岡の実業団から打者として勧誘されている。

50メートル走5秒9と身体能力が高く、2軍コーチから二刀流を提案されたこともあったという。「野手をやってみたいなとは思っていました」。野球を離れた就職との選択に迷っており、年明けにも結論を出す。



下は2017育成ドラフトで広島が指名した選手です。佐々木健は3位指名入団。プロでの成績はこちら

広島の2017育成ドラフト指名選手
1位 岡林 飛翔 菰野高 投手
2位 藤井 黎來 大曲工高 投手
3位 佐々木 健 小笠高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:06|この記事のURL

永井敦士(広島戦力外)、JPアセット証券で再出発

2021年12月23日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2017広島ドラフト4位 永井敦士
二松学舎大付高・外野手

大学へ進んだ同学年と同じように、来年から社会人として第2の人生を歩み出す。4年で広島を戦力外となった永井敦士外野手(2017広島4位)は、二松学舎大付の恩師、市原勝人監督の紹介でJPアセット証券に勤務しながら、野球を続けることが決まった。

「野球を続けたい思いがあったので、続けられることに感謝しています。プロと違って仕事もある。しっかりと勉強しながらやっていきたい」。社宅から朝の練習に参加し、そこから業務を行う。1月4日から新しい生活が始まる。

プロでは常に「鈴木誠也の後輩」という枕ことばがついて回った。入団した18年から高校の先輩に関する質問が多く、比較もされた。最初はうれしかったが、徐々にプレッシャーとなった。

確かな自信も、揺るぎない覚悟も足りず、浮足立っていたのかもしれない。2軍でも結果を残せず、迎えた20年1月、鈴木誠の自主トレに参加した。「後輩ということで何かお願いすることもできる近い立場だったのかもしれませんが、やっぱり遠い存在でした」。

追い続けた背中の大きさを思い知らされた。結局、最後まで1軍に上がることはできなかった。第2の人生では「鈴木誠也の後輩」ではなく「カープ出身の元プロ野球選手」という枕ことばがつくだろう。だが、迷いはない。

「プロと違って、社会人はトーナメント。負ければ終わり。カープで教えてもらったことを伝えて、一緒に成長していきたい」。大学と同じ4年間、プロで学んだものがある。浮足立ったプロ時代とは違い、第2の人生では地に足を付けて1歩ずつ歩んでいく。



下は2017ドラフトで広島が指名した選手です。永井敦士は4位指名入団。プロでの成績はこちら

広島の2017ドラフト指名選手
1位 中村 奨成 広陵高 捕手
2位 山口 翔 熊本工高 投手
3位 ケムナブラッド誠 日本文理大 投手
4位 永井 敦士 二松学舎大付高 外野手
5位 遠藤 淳志 霞ヶ浦高 投手
6位 平岡 敬人 中部学院大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索