ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
広島

広島の2021ドラフト1位予想

2021年09月17日

週刊ベースボール9月27日号「12球団ドラフト1位はこの選手だ」より
チームの長期的展望からは「鈴木誠也のあとを継ぐ右の長距離砲」がテーマだったが、今年は該当する選手が少ないこと、また、チームの不振で長期的展望を優先する余裕がなくなってきたことから、即戦力投手に方向転換する可能性が高いとみられる。

そうなると、9月10日現在、チーム最多勝が4勝にとどまる左腕の1位指名が有力だろう。市場を見ても今年は好素材が多い。競合の危険を減らし、一本釣りを狙うとすると、法大・山下輝(動画)西日本工大・隅田知一郎(動画)関学大・黒原拓未(動画)らの大学生、社会人では三菱重工West・森翔平(動画)などが候補に挙がってくる。

一方、右の長距離砲では、大学生では慶大・正木智也(動画)、高校生では昌平高・吉野創士(動画)千葉学芸高・有薗直輝(動画)あたりがリストアップされているとみられ、チャンスありと見れば、そちらを狙う可能性も、



2021高校生のドラフト候補まとめ

2021大学生のドラフト候補まとめ

2021社会人のドラフト候補まとめ


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

赤星優志(日大)、広島「強弱をつけて投げられる」

2021年09月14日

9/14、西日本スポーツ5面より 

赤星優志(日本大・投手)
175cm・右投右打・動画

春のリーグ王者を4安打完封した日大・赤星(動画)「優勝チームを倒せば、流れに乗っていけると思った」と胸を張った。

最速152キロ右腕は今春、三振奪取を捨てて打たせて取るスタイルで活躍した。この日も奪三振は3つ。8回2死満塁では、プロ注目の福永をカットボールで三ゴロに仕留め「カットを中心に組み立て、春と同じようなピッチングができた」(赤星)

今春の2部MVP右腕を、広島・尾形スカウトは「打者を見て、強弱をつけて投げられる」と投球術を評価した。

7季ぶりの1部復帰で白星発進。巨人・片岡コーチを弟に持つ片岡昭吾監督が、ウイニングボールは「どこに行ったか分からない」と言うと、並んで会見したエースは「あとで渡そうと思っています」と照れ笑いした。

(9月13日 東都大学野球 日大 3-0 国学院大)



赤星君のスカウト評はこちら

赤星君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:59|この記事のURL

岡留英貴(亜大)、広島「回転の良いボール投げる」

デイリースポーツwebsiteより (source)

岡留英貴(亜細亜大・投手)
180cm・右投右打・動画

最速150キロの変則右腕で今秋ドラフト候補の亜大・岡留英貴投手(動画)が好救援で今季初登板初勝利をマークした。六回からマウンドに上がると、「強気で投げよう」と147キロを計測した直球を軸に3回1安打無失点。6奪三振と青学大打線を寄せつけなかった。

不調だった今春から腕の位置をやや下げる意識を強め、「ボールの質はよくなったかな」と手応えをつかんでいる。希少なタイプにスカウト陣も注目。広島・松本スカウトは「回転のいいボールを投げていた。(直球は)伸びているように見える」と評価した。

(9月13日 東都大学野球 亜細亜大 4―3 青山学院大)



岡留君のスカウト評はこちら

岡留君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:53|この記事のURL

佐藤隼輔(筑波大)、負傷降板も広島「12人に入る」

2021年09月12日

9/12、スポーツ報知4面より 

佐藤隼輔(筑波大・投手)
181cm・左投左打・動画

秋季リーグ戦が開幕。10月11日のドラフト会議で1位候補に挙がる筑波大の151キロ左腕・佐藤隼輔(動画)が、4回途中に負傷降板するアクシデントに見舞われた。

右腹部の肉離れとみられ、ドラフトまでの実戦復帰は微妙だが、自己最速を更新する152キロを計測した投球にスカウト陣の高評価は不変だった。今春覇者の桜美林大は黒星発進。今季は2試合総当たりのポイント制で行われる。

3回に自己最速を1キロ更新する152キロをマークするなど、初回から快調だった佐藤隼の表情が急に険しくなった。0―0の4回1死一塁。5番打者に初球を投げた後、右脇腹周辺を気にし始めた。4球目に投じたチェンジアップがホームベースのかなり手前でワンウンド。ここで捕手方向に歩み寄り、ベンチへ。そのまま降板が告げられた。

3回1/3を投げ3安打無四球、5奪三振、無失点だった。試合後、治療のため取材対応がなかった佐藤隼に代わって川村卓監督が状況を説明。腹部の右下を示しながら「腹斜筋の肉離れだと思います。本人は息ができないようで『苦しいです』と言っていたので交代しました。降板後はベンチ裏でアイシングをしていました」と明かした。

この日は12球団22人のスカウトが集結し、広島・苑田スカウト統括部長は「直球とチェンジアップのキレはソフトバンクの和田みたい。(1位候補の)12人に入ってくる」と明言。今回の負傷離脱はドラフトに向けた評価に影響はなさそうだ。

(9月11日 首都大学野球 東海大1―1筑波大)



佐藤君のスカウト評はこちら

佐藤君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:08|この記事のURL

水口創太(京都大)、広島「来年のドラフト候補」

2021年09月05日

9/5、スポーツ報知websiteより (source)

水口創太(京都大・投手)
194cm・右投右打・動画

球速表示にスタンドが大きくどよめいた。京大の3年・水口がOBで元ロッテの田中英祐氏に並ぶ“京大史上最速”の149キロを記録。同点の7回から登板し、8回先頭への4球目で自己最速を更新した。

194センチ、94キロで足のサイズは30センチの大型右腕。8回にチームが勝ち越して大学初白星を挙げ、「心の底からうれしい」とかみしめた。

1年の浪人を経て、京大医学部人間健康科学科に入学。浪人時代は全く練習せず、入学時の球速は「140キロ手前」だった。毎冬のウェートトレーニングの成果が表れ、徐々に球速がアップ。昨年の夏には、水口が暮らすシェアハウスを田中氏が訪問し、制球への意識について助言をもらった。

大学では理学療法などを学び、筋肉の名前や動作の知識を野球にも役立てている。元ソフトバンクの近田怜王助監督は「ポテンシャルの塊。僕らからしたらまだまだ」と、さらなる向上を期待。

広島・鞘師スカウトも「あんな素材はなかなかいない。当然(来年ドラフトの)対象になる」と太鼓判を押した。水口も「実力があれば(プロに)いきたい」。大型右腕が、京大卒史上2人目のプロ野球選手を目指す。

(9月4日 関西学生野球 京大 5―3 近大)



水口君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 07:40|この記事のURL


ドラフトニュース検索