ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

広島

広島ドラ1・加藤拓也、緒方監督「先発で使いたくなる」

2017年02月20日

2/20、デイリースポーツ6面より

2016広島ドラフト1位 加藤拓也
慶応大・投手・動画

広島のドラフト1位・加藤拓也投手(動画)が19日、紅白戦に登板し、2回を1安打無失点。2回無失点に抑えた14日の紅白戦に続く好投で、開幕ローテ入りが見えてきた。

想定外のフォークに鈴木のバットはクルリと回った。フルカウントからの勝負球。持ち味は直球だけじゃない。クレバーな投球で侍を斬った。「ボール先行だったので、(ストライク)ゾーンに投げようと思った。(フォークは)カウントを取る球と低めの球を意識的に投げ分けています」

今キャンプ2度目の実戦登板で新たな一面を見せた。圧巻は2イニング目。MAX147キロの直球にフォークを多投し、鈴木、下水流、安部に対してはいずれも勝負球に選択。三者凡退に仕留めた。

「投げるたびに良くなっている。こういうふうに状態が上がってくるところを見ると、先発枠で使いたいよね」。これまで起用法について明言を避けてきた指揮官が、先発起用案を初めて言及。次回は2次キャンプ地の沖縄で対外試合に初登板するが、怪腕から目が離せない。




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。1位・加藤君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 08:24|この記事のURL

広島ドラ3・床田寛樹、他球団007警戒信号

2/20、西日本スポーツ4面より

2016広島ドラフト3位 床田寛樹
中部学院大・投手・動画

広島のドラフト3位・床田寛樹投手(動画)が19日、今キャンプ2度目となる紅白戦に登板。最速144キロの直球と制球された変化球を駆使し、2回を1安打無失点。先発左腕として、開幕ローテ入りへ一歩前進した。

「いい感じで低めに投げられたかなと思います。コーナーを広く使えた。スライダーで空振りを狙いにいき、しっかり取ることができた」

立ち上がりから制球は抜群だった。3回から始まった紅白戦の5回からマウンドに上がると、2死から堂林に1ボールから4球ファウルで粘られたが、最後は低めのスライダーで空振り三振。6回は無死からの安打で走者を背負ったが後続を断ち切り、紅白戦2試合連続の無失点とした。

他球団も即戦力左腕の好投に警戒を強めた。阪神・飯田スコアラー「コントロール、スライダーがいい。直球にキレが出てきたら戦力になる」と評価。中日・井本スコアラー「安定した投球を続けている。ストライク先行で大崩れしない投手」と分析した。

開幕1軍、開幕ローテ入りへあとは結果を積み重ねるだけだ。調整不足で同じ左腕の戸田が離脱し、床田への期待は大きくなった。「チャンスだと思ってアピールしたい。今日のような投球を続けていく」。積極的にその座を奪いにいく。



下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。3位・床田君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 08:03|この記事のURL

広島ドラ1・加藤拓也、他球団007震え上がらせた

2017年02月15日

2/15、デイリースポーツ5面より

2016広島ドラフト1位 加藤拓也
慶応大・投手・動画

広島ドラフト1位の加藤拓也投手(動画)が14日、紅白戦で実戦初登板。予定の2イニングを投げ、無安打無失点に抑える上々のデビューを飾った。課題の制球も安定し1四球。自慢の直球は最速145キロを計測し、同級生・鈴木との対戦ではバットをへし折った。

折れた白木のバットが三塁ファウルゾーンへ飛んでいった。グシャ!という鈍い音がボールの威力の証しだ。半袖姿の加藤が、ついに本領発揮。4番・鈴木のバットを、根もとから粉砕した。

「四球になると思ったんですけど(笑)。前回(11日のシート打撃登板)もボールになることが多かったので、やばいなと・・・。変化球もありかなと思ったけど、真っすぐでいいかと」

同級生対決は2イニング目の1死走者なしで訪れた。同じ関東出身。中学時代から鈴木の名前は知れ渡っていたが、高校時代も対決なし。これが正真正銘の初対戦だった。いきなり3ボールとしたがフルカウントに持ち込むと、最後は内角低めへ、144キロをズドン!持ち味の剛球でバットを折り、遊ゴロにねじ伏せた。

気温の上昇とともに、ルーキーの状態は右肩上がりだ。三回から始まった紅白戦。2番手で七回からマウンドへ上がり、大器の片りんを見せつけた。1イニング目は1死一塁で好調の侍戦士、田中、菊池と対戦。堂々としたマウンドさばきで遊飛と右飛に仕留め無失点に。

2イニング目も3人で料理した。勝負球はすべて直球だ。最速145キロを計測した剛球に「球の力が自分の武器なのでそれを出せているのかなと思う」と手応えを明かした。

最高気温12度の日南で他球団007も震え上がった。阪神・飯田スコアラー「高めのボールは力があって良かった。投げるたびに良くなっている」と絶賛すると、ヤクルト・志田スコアラー「スピンが多くて威力のある真っすぐだった。バッターは慣れが必要」と警戒。中日・井本スコアラーは直球でグイグイ押し込むスタイルを「巨人・沢村」とイメージを重ね合わせた。

それでも右腕は冷静に自分と向き合う。「ストライク先行」「変化球でのストライク」を課題に挙げ、次クール以降の修正ポイントとした。先発か中継ぎか起用法は未定だが、可能性は広がるばかり。プロ1年目。自慢の剛球でグイグイ押し込み、切り開いていく。

(2月14日 広島紅白戦 紅組 6―0 白組)




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。1位・加藤君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

広島ドラ2・高橋昂也、1軍首脳陣&オーナー絶賛!

2017年02月13日

2/13、デイリースポーツ5面より

2016広島ドラフト2位 高橋昂也
花咲徳栄高・投手・動画

広島ドラフト2位の高橋昂也投手(動画)が12日、1軍キャンプに初参加し、ブルペンで64球の熱投を披露。しなるような腕の振りからキレのある球を投げ込んだ。今回は1軍の1日体験のため13日からは2軍キャンプに戻るが、投球を見守った松田オーナーや首脳陣は評判通りの実力を見せつけた左腕を大絶賛した。

午前10時20分から始まった投手陣のブルペン練習。その先陣を切って高橋昂がマウンドに上がった。受けるのは正捕手の石原。その後方では緒方監督が目を光らせ、松田オーナーも視察に訪れた。右隣ではエース左腕のジョンソンも投球練習を開始。並の新人なら腕が縮こまってしまいそうなシチュエーションだが、強心臓の18歳は物怖じすることなく、快速球を投げ込んだ。

自慢のストレートに2種類のカーブ、スライダー、フォーク、シュート。多彩な持ち球を駆使しながら64球の熱投。投げ終えると石原から「ナイスボール!」という賛辞とともにグータッチを求められた。高橋昂はちょっぴり戸惑いながらもコブシを合わせて1軍初投球を終えた。

「あれだけ多くの人には見られたことがなかったので・・・。でも、思ったよりも自分のペースで投げられた。すごくいい経験をさせてもらいました」。

この日は他の高卒新人3人とともに1軍を1日体験。前夜は、みんなで「1軍ってどんな雰囲気なんだろう」と想像をかき立てた。緊張感いっぱいで天福球場にやってきたが、そこは「高校BIG4」と評され、甲子園の大舞台も経験した左腕。少々のことで萎縮するような心臓ではない。

畝投手コーチは「腕の遅れて出てくる感じはジョンソンとよく似ている。特に右打者の外へのボールはいい球だった」と話せば、緒方監督も「いい素材が入ってきた。楽しみを感じた」と絶賛。さらに松田オーナーも「監督が見ていて、石原が受けて、あの状況であれだけの球を投げられるのはすごいと思わんか?度胸がある。慌てることなく大きく育てていきたい」と、期待値の高さを口にした。

大物の片りんを見せつけた高橋昂だが、足元はしっかりと見据えている。16勝右腕の野村の投球をじっくり観察。「テンポが良くてコントロールもいい。これぐらいの制球力と球のキレがないと1軍では通用しないんだなと感じた」と自らの目指すレベルも確認した。

13日から再び2軍での練習が始まるが、「できるだけ早く(1軍の戦力として)チームに貢献したい」ときっぱり。この日の貴重な経験を胸に刻み、未来のエース左腕はさらなる進化を誓った。




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。2位・高橋君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 08:15|この記事のURL

広島ドラ2・高橋昂也、2軍首脳陣の評価独り占め

2017年02月10日

東京スポーツwebsiteより (source)

2016広島ドラフト2位 高橋昂也
花咲徳栄高・投手・動画

広島がキャンプを行っている宮崎・日南市の天福球場で、首脳陣やスタッフへのあいさつついでに「注目の選手」について尋ねると、まるで示し合わせたかのように同じ答えが返ってきた。「今年入った左ピッチャーはいいですよ」。話題の主は「高校ビッグ4」と評され、花咲徳栄高からドラフト2位で入団した高橋昂也投手(動画)だ。

いくら甲子園で話題になった選手でも、松坂大輔や田中将大のような超高校級でもない限り、キャンプが始まれば、かすんでしまうもの。そこまで言うのなら実際に高橋昂を見てみようと、天福球場から5キロほど離れた二軍キャンプ地である東光寺野球場まで足を運んでみた。

水本二軍監督や佐々岡二軍投手コーチ、苑田スカウト統括部長ら、さまざまなセクションのスタッフに評判を聞き回ったが、高橋昂に関してマイナスの評価を口にするものは誰一人としていない。

佐々岡コーチは「変化球の精度などの課題はありますが、ストレートは一級品です。低めの球がスーッと伸びてきます」とうれしそうに話し、大きく育てたいとの思いがある水本二軍監督は「いい評判が一軍まで届いてほしくないぐらいです」と本音をのぞかせた。

将来性のある選手の育成は意外と難しい。無理をさせてケガでもされたら大変だし、かといって大事にしすぎても成長の妨げになる。そのあたりは佐々岡コーチの腕の見せどころになるだろうが、何よりも大きいのはプロで実績のない高卒ルーキーが早くもチーム内で話題の的になっていることだ。

選手というのは、こういうことに敏感で、自然と「うかうかしていられない」という気持ちになるもの。ドラフト4位で日大三高から入った坂倉将吾捕手も「打撃センスが素晴らしい」と高評価を得ている。広島のキャンプが活気に満ちている理由がよく分かった。 




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。2位・高橋君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 07:06|この記事のURL

ドラフトニュース検索