ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
広島

中村奨成(広陵)2試合連続弾、広島・阪神が高評価

2017年07月26日

7/26、デイリースポーツ広島版より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

決勝戦が行われ、広陵が3連覇を目指す広島新庄を下し、3年ぶり22度目、春夏合わせて45度目の甲子園出場を勝ち取った。0―0の四回にはプロ注目の中村奨成捕手(動画)が左翼席へ特大の先制ソロ。23日の準決勝から2戦連続となる一発が打線に勢いを呼び、この回打者一巡の猛攻で一挙6点を奪った。(以下スカウト評のみ抜粋)

▼広島・川端編成部グループ長
「捕手だけど、足がある。肩も強いしまだ伸びしろがある」

▼広島・白武スカウト部長
「走攻守で三拍子そろっている。チャンスで本塁打を打つ勝負強さを持っている。高校生の野手ではトップレベル、捕手ではナンバーワン」

▼阪神・田中スカウト
「何度か本塁打を見ているけど、飛ばす力がある。肩も高校生の中では一番強い」


(7月25日 広島大会決勝 広陵9―5広島新庄)



中村君のバッティング動画はこちら

中村君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 15:02|この記事のURL

小園海斗(報徳学園)、来年候補に広島・中日が高評価

2017年07月24日

7/24、スポーツニッポン7面より

小園 海斗 (報徳学園高・遊撃手)
177cm・右投左打・動画

報徳学園の小園(動画)が一発でチームを勢いに乗せた。初回2死から内角直球を右翼席に運ぶ高校通算17号の先制ソロ。「長打を意識して、ツーベース以上を狙った結果がホームランになった」。大角監督は「2アウトから理想の形で点が入った」と雰囲気を変えた打撃を称えた。

安打はこの1本に終わったが、6回には振り逃げで出塁し二盗後に適時打で生還。遊撃の守備では3併殺に関わるなど走攻守で存在感が光った。

2年生ながらU-18W杯高校日本代表の1次候補の逸材に、視察した6球団スカウトも絶賛。中日・中田スカウト部長は「早くから注目され、結果を残している」と話し、報徳OBでもある広島・鞘師スカウトは「今年のドラフトでも指名がかかるレベル。チーム一ではなく、日本一のショートを目指してほしい」と目を細めた。

準々決勝では148キロ右腕・山本がいる市西宮と対戦する。「いい投手なので対戦が楽しみ。打ったら甲子園に近づくと思う」。好投手を攻略し、春夏連続の甲子園へ弾みをつける。

(7月23日 兵庫大会5回戦 報徳学園8―2三田松聖)



小園君のバッティング動画はこちら

小園君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 12:35|この記事のURL

清宮幸太郎(早実)106号本塁打、広島・ソフトBの声

2017年07月22日

7/22、スポーツ報知終面より

清宮 幸太郎 (早稲田実・一塁手)
184cm・右投左打・動画

今秋ドラフト目玉の早実・清宮幸太郎内野手(動画)が、高校通算最多とされる神港学園・山本大貴の107本塁打に王手をかけた。法政と対戦した5回戦の3回、中堅右へ通算106号先制ソロ。3年連続の8強入りに導いた。今大会3試合連発で、春季都大会からは人生最長となる公式戦8戦連続で計10発。公式戦通算26本塁打は星稜・松井秀喜に並んだ。25日の準々決勝・日本学園戦で高校キングの座に挑む。

▼広島・尾形スカウト
「球とバットが当たっている時間が長い。木製バットでも対応できる」

▼ソフトバンク・小川編成部長
「ヘッドスピードが速いから、スタンドまで届く」

(7月21日 西東京大会5回戦 早実5―0法政)



清宮君のバッティング動画はこちら

清宮君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:41|この記事のURL

斎藤寛太(玉野光南)、広島など3球団視察も・・・

2017年07月21日

7/21、スポーツニッポン5面より

斎藤 寛太 (玉野光南高・投手)
184cm・右投右打・動画

昨夏県大会準Vの玉野光南がリベンジに向け、初戦をヒヤヒヤ発進だ。プロ注目の最速148キロ右腕・斎藤寛太投手(動画)が9回から登板。1回を投げ、押し出し四球を含む4四球、1失点という乱調で、最速も136キロにとどまった。「トップをつくる位置が後ろになってしまっている。何とか早く修正したい。必ず甲子園に行く」。

広島などプロ3球団のスカウトは肩すかしを食らう格好となったが、チームにとっては想定内だった。投球フォームを崩し、現在は懸命に修正中。不調の要因もすでに把握しており、あとは時間との戦いだ。

昨夏、チームは悲劇の主役となった。創志学園との決勝戦。1―0の9回1死一塁から併殺を完成させたかに見えたが、判定が打者の自打球によるファウルに覆った。打ち直しとなった結果、連打を浴び逆転負けを喫していた。登板機会はなかったが、その光景は目に焼き付けた。

「映像は見返していません」。勝ち進めば再度決勝で相まみえる。先輩の無念を晴らすまでは、負けられない。

(7月20日 岡山大会2回戦 玉野光南5―2和気閑谷)



斎藤君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:09|この記事のURL

石川翔(青藍泰斗)151キロ、DeNA・広島・ロッテの声

2017年07月20日

7/20、日刊スポーツ7面より

石川 翔 (青藍泰斗高・投手)
178cm・右投左打・動画

復調した関東ナンバー1右腕が、いよいよ王者と対戦だ。ドラフト1位候補の青藍泰斗・石川翔投手(動画)が、今夏初先発し、6回3安打、10三振、1失点の快投を演じた。最終回に最速を2キロ更新する151キロを計測。石橋に6回コールド勝利し、22日の準決勝では作新学院に真っ向勝負を挑む。(以下スカウト評のみ抜粋)

▼DeNA・吉田編成部長兼GM補佐
「投球に躍動感があって、これからが楽しみな素材」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「柔らかさと強さを兼ね備えている。素材としてはトップレベル」

▼広島・近藤スカウト
「ストレートとスライダーのキレが抜群。伸びしろもある」

▼中日・中田スカウト部長
「これだけの柔らかさと強さを持つ投手はそういない。ドラフトでは1位で消える素材だと思います」


(7月19日 栃木大会準々決勝   青藍泰斗11―1石橋)



石川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


石川君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 10:44|この記事のURL

ドラフトニュース検索