ドラフト会議
情報局
2016ドラフト
高校生の候補
2016ドラフト
大学生の候補
2016ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2016ドラフト
全指名選手
ホームに
もどる

広島

広島ドラ1・加藤拓也、球団幹部「山口高志クラス」

2017年01月16日

1/16、西日本スポーツ4面より

2016広島ドラフト1位 加藤拓也
慶応大・投手・動画

即戦力右腕がベールを脱いだ。広島のドラフト1位・加藤拓也投手(動画)が15日、広島県廿日市市の大野練習場での新人合同自主トレで、初めて投球練習を行った。5球の肩慣らしを終えるとマウンドに立ち、セットポジションから左足を高く上げ、右腕を振り下ろした。

直球に加え、スライダー、フォークを披露。最後と思って投じた31球目が指に引っかかり、低めに外れるともう1球おかわり。32球目を投げ込むと、納得の表情を浮かべた。投球後は撮ってもらった動画を確認。フォームをチェックした。

「体のタイミングなどが確認できた。左足の使い方や股関節の開きが早かった」。修正点を頭に刻んだ。

2005年まで投手コーチを務めた川端編成部グループ長はドラ1右腕の投球にうなった。ボールを押し込む力を持っている。阪急にいた山口高志みたいな、空振りが取れる投手」。新人王や最優秀救援投手に輝いた伝説の剛速球右腕と重ね合わせ、「この時期で投げるフォークも素晴らしい。先発だとローテに入ってくるのではないか」と評価した。



下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。1位・加藤君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 08:49|この記事のURL

広島ドラ2・高橋昂也、「巨人・杉内よりもいい」

1/16、デイリースポーツwebsiteより (source)

2016広島ドラフト2位 高橋昂也
花咲徳栄高・投手・動画

広島のドラフト2位・高橋昂也投手(動画)が15日、廿日市市の大野練習場での新人合同自主トレで初のブルペン入りを果たした。捕手を座らせ、直球、スライダー、フォークを29球。丁寧にコースに投げ分けた。「7、8割くらいの力で投げました。指のかかりとか今の状態を確認できた」。伸びのあるボールで室内練習場に乾いたミット音を響かせた。

見守った川端編成グループ長は「平均台の上で投げているよう。軸があれだけしっかりしている高校生はいない。体の質(幅)は(巨人の)杉内よりも大きい」と目を細めた。

春季キャンプで1軍、2軍どちらに帯同するかは決まっていないが、「自分のいい状態に近づけていきたい」と前を向いた高橋昂。順調に調整を進め、首脳陣にアピールするだけだ。




下は2016ドラフトで広島が指名した選手です。2位・高橋君のスカウト評はこちら

広島の2016ドラフト指名選手
1位 加藤 拓也 慶応大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

広島がスカウト会議、「今年はスカウトの腕の見せ所」

2017年01月12日

1/12、西日本スポーツ2面より
広島は11日、広島市の球団事務所で今秋のドラフト会議に向けて初のスカウト会議を開いた。232人をリストアップし、早実・清宮幸太郎内野手(動画)履正社高・安田尚憲内野手(動画)JR東日本・田嶋大樹投手(動画)らの名前が挙がった。

苑田聡彦スカウト統括部長は「例年はこの時期だと300人くらいはいる。長くやってきて春先にここまで少ないのは初めて。逆に言えばうちの優秀なスカウトの、腕の見せどころ」と話した。

draftkaigi at 07:11|この記事のURL

広島球団本部長、ルール5ドラフト導入に慎重

2017年01月11日

1/11、スポーツニッポン5面「球団トップに聞く」より
リーグ連覇と日本一を目指す今季、大黒柱の黒田博樹が抜けた。戦力として、精神的支柱としてチームをけん引し、25年ぶりセ界制覇の原動力となったベテラン。存在に比例するごとく喪失感も小さくない。復帰に尽力した鈴木清明球団本部長は若手に注文を出す。

「黒田がいた時のメンタルの部分や考えを、忘れずに自分たちで実行できるかどうか。そこが一番心配なところ。そのまま受け継いでほしいね」。

メジャーから古巣に帰ってプレーした2年間。投手陣はその姿から多くを学んだ。その中でも、積極的だったのが野村祐輔で、昨季は最多勝、勝率1位のリーグ2冠を達成した。最も結果が出た。言葉ではなく、体で引っ張れるかどうか」。後継者を目指す27歳へのエールにも、自然と力がこもる。

鈴木本部長は球界のご意見番としても活躍する。83年の転職当初は「野球に興味がなかった」と言うが、03年から参加する12球団の実行委では最古参となった。球界再編騒動が起きた04年には毎週上京するハードワークの中、往復8時間の新幹線車中で野球協約を頭に叩き込んだ。

目下の懸案は、大リーグの「ルール5」ドラフトをモデルとした制度の導入可否だ。出場機会の少ない選手の移籍を活性化させようと、プロ野球選手会が求めているが、選手関係委員長を務める同本部長は「難しい。日米では人数構成からして違う」と言い切る。

頭ごなしに否定しているわけではない。同様の趣旨で実施しながら機能せず消滅した過去の事例や、FA補償に及ぼす影響など問題点を熟知した上での見解だ。「球界にとってプラスかどうか」。利己主義に走らず、12球団全体の視点から議論を尽くす。その姿勢は不変。自戒も忘れない。

「自分が障害になっていないか。実行委の中では最年長で、言い方がきついから(話が)ひっくり返ることがある。反対の議論はあっていいんだけど、最近はあまりないから気になる」。

誠実な人柄。3月には63歳になる。「もういいかなと思う」と笑うが、黄金時代を築こうという組織に、懸案が山積みの球界に、その存在はまだまだ欠かせない。



ルール5ドラフトとは、出場機会のない選手をすくい上げる意味で作られた規則です。メジャーの規約第5条に掲載されているため、この名前が付きました。

詳しくはこちら


draftkaigi at 09:32|この記事のURL

来秋ドラフト候補・田中俊太(日立)、兄は広島の選手

2016年12月16日

12/16、スポーツニッポン4面より

田中 俊太 (日立製作所・二塁手)
177cm・右投左打・動画

2016年度社会人野球表彰の授賞式が15日、東京都千代田区のKKRホテル東京で行われた。ベストナイン二塁手部門は日立製作所・田中俊太内野手(動画)が初受賞。来秋ドラフト候補に挙がり、広島でプレーする兄の田中広輔内野手(2013広島3位)に続くプロ入りを誓った。

また一歩、兄に近づいた。田中は年間打率.364と安定した打撃を見せ、伝統の社会人野球ベストナインを受賞。誇らしげに記念盾を抱えて「1年目に受賞できて、とても光栄。試合に出続けようとやってきた結果がここにつながったと思う」と喜びを語った。

4歳上の長兄・広輔は今年、広島のリードオフマンとしてリーグ優勝に貢献。田中の野球人生はずっと、背中を追い続けている。東海大相模−東海大と進み、大学では日本代表入り。社会人1年目でのベストナイン選出も同じ(広輔はJR東日本で12年遊撃手部門を受賞)道をたどった。

大学4年時にプロ志望届を提出したが、ドラフトで指名漏れ。「悔しくて、応援してくれた人たちにも申し訳なかった」。気持ちを切り替えられない中、日立製作所入りが決まると長兄から「野球できることに感謝して、後はやるだけだよ」と励まされた。

「僕は拾ってもらった立場。やるしかないと思った」。1番打者を任され、都市対抗では.381の高打率で同社初の決勝進出と準優勝に貢献。広輔同様に若獅子賞(新人賞)を手にした。

来秋ドラフト候補にも挙がるが、満足することはない。「兄には正直、何も勝ってない。でも先に兄のような人がいるから、追い続けていけば同じ舞台に行けるんじゃないかと思う」。勝負の来季へ、守備走塁の向上を掲げる。「スピード感を見せたい。いつか兄と一緒にプレーしたい」。夢を追って力強く走り続ける。



田中君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:18|この記事のURL

ドラフトニュース検索