ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
広島

森下(明治大)、広島・阪神・DeNAなど1位の可能性

2019年06月19日

6/19、日刊ゲンダイ30面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

あるベテランスカウトによれば、「ドラフト1位クラスの選手が大会で活躍したところで、その評価が変わるわけではない。大学、社会人の1位候補であれば即戦力として判断され、契約金1億円プラス出来高5000万円と相場が決まっている」という。

例えば、明大の森下暢仁(動画)だ。17日の大学選手権決勝で佛教大から10奪三振で1失点完投。準々決勝の対東洋大戦に続く2試合連続完封は逃したものの、明大を38年ぶりの頂点に導き、今大会の最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を獲得した。

今秋のドラフト1位候補というプロ側の評価自体は定まっているが、「九回になっても150キロの速球を投げるスタミナ、走者を出してから変化球を低めに集められる制球力などが改めて証明された。実戦向き、勝てる投手ということがわかっただけに、来年に勝負をかけたり、先発のコマ不足に悩む球団は、1位指名を大船渡の佐々木朗希や星稜の奥川恭伸らの高校生から即戦力投手の森下に乗り換えるかもしれない」とは前出のスカウトだ。

複数の球界関係者の話を総合すると、阪神、DeNA、広島、西武あたりに1位指名する可能性が出てきたという。

「指名が重複したからといって、契約金の額が変わるわけではないが、4、5球団の指名が重なった場合には、入団交渉で多少、色が付くケースも中にはある。例えば、家族がキャンプや試合を見に行く際の交通費を何往復分、球団がもつなどという条項を契約に盛り込んだりね」とは別の球団のスカウトだ。



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

森下暢仁(明治大)、広島・ソフトB・オリックスの声

2019年06月18日

6/18、日刊スポーツ1面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

明大が6-1で佛教大(京滋)を破り1981年以来、38年ぶり6度目の優勝を果たした。ドラフト1位候補の森下暢仁投手(動画)が準々決勝に続く2試合連続完封こそ逃したが10三振を奪い1失点完投。胴上げ投手となった。

▼広島・苑田スカウト統括部長
「大学NO・1。本当に即戦力。この投球ならば、プロでも1軍のローテーションにも入れるんじゃないですか。フィールディングがいいのも魅力」

▼ソフトバンク・宮田スカウト
「これまでは150キロの球がシュート回転していた。それがなくなった。カットボールでも141キロ。チェンジアップもいい。リーグ戦以上の投球を全国大会で見せてくれた」

▼オリックス・由田スカウト
「球も全てにおいてレベルアップしているし、この春、主将になってから何より勝負強くなった。勝ちきれる投手になった。精神的な成長を感じます」


(6月17日 全日本大学野球選手権決勝 明大 6-1 佛教大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:50|この記事のURL

伊勢大夢(明治大)、広島が称賛「制球良くなった」

2019年06月17日

6/17、スポーツ報知7面より

伊勢 大夢 (明治大・投手)
181cm・右投右打・動画

躍動するサイド右腕が、試合の流れを引き寄せた。3回から2番手でマウンドに上がった明大・伊勢(動画)が、自己最速151キロをマークするなど、9回までの7回を1安打無失点、8奪三振の力投。「流れを変えようとスピードは意識しました」と力強い直球で相手打線を圧倒し、空気を変えた。

順延がプラスに働いた。雨で15日が中止となったことで、2日間試合があいた。「フォームを修正しました。足を上げて、ワンクッションがなかった。正直、明日(16日)先発だったらなと思っていた」。手応えは既につかんでいた。

今秋ドラフト候補に挙がりながら、不振の今春リーグ戦は先発ゼロ。「真っすぐが戻ってきた。自分らしいピッチングができました」と笑った。視察した広島・苑田スカウト統括部長も「だいたいで投げてたのが、狙ったところに80%ぐらい、いっていた。元々、球の力はありましたからね」と右腕の覚醒に目を細めた。

(6月16日 全日本大学野球選手権準決勝 明大 5-1 東農大北海道)



伊勢君のスカウト評はこちら

伊勢君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

伊勢大夢(明治大)、広島「面白い存在」

2019年06月13日

6/13、デイリースポーツ5面より

伊勢 大夢 (明治大・投手)
181cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補の明大・伊勢大夢投手(動画)が、真っさらなマウンドの感触をかみしめた。公式戦では昨秋リーグ戦以来の先発。6回2失点とゲームを作った。不調から救援に回っていたが「思い出した感じはある。大丈夫です」と復調を宣言。広島・苑田スカウト統括部長は「力があると思いますよ。面白い存在」と評価した。

(6月12日 全日本大学野球選手権2回戦 明治大 9-2 福井工大)



伊勢君のスカウト評はこちら

伊勢君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

広島&巨人、大学生捕手のドラフト候補に熱視線

2019年06月12日

6/12、日刊ゲンダイ31面より
9日に25日ぶりの復帰登板を果たした巨人のエース菅野。白星に導いたのは、これまでの相棒の小林誠司ではなく、FA加入1年目の炭谷銀仁朗だった。初めてコンビを組ませた原監督は「リード面において銀ちゃんの方が1枚半上回っている」と話した。

巨人の正捕手争いは小林が37試合で打率.259、炭谷は24試合で同.250。開幕当初は捕手を務めていた大城が、打力を生かすため最近は一塁へ回っており、しばらく小林、炭谷の併用が続いていた。しかし、原監督が「1枚半上」と言っている以上、菅野と小林のコンビは解消され、今後は炭谷の出場機会が増えそうだ。

が、その炭谷でさえ安泰ではないのが巨人である。このオフ、目玉捕手がFA戦線に躍り出る。広島のリーグ3連覇を支えた今季打率.287の打てる捕手・会沢翼(2006広島3巡目)のことだ。

5月に国内FA権を取得した際、鈴木球団本部長は「大事な選手。ウチの柱。この年代は優勝に導いてくれた。これからも正捕手としてやってもらいたい。(残留すれば)10年以上、正捕手は安泰。40歳(過ぎ)までやってもらいたい」と全力で引き留めると強調していた。しかし、巨人は昨オフの丸に続き、宿敵の扇の要の動向を注視している。

「球団首脳の評価が高いと聞いています。当然、広島陣営も警戒を強めている。昨年まで第3捕手の扱いだった26歳・磯村の出場機会が、ここのところ急増。25試合で打率.383と打撃が好調なのもあるが、会沢が流出するかもしれない来季を見据え、緒方監督が中堅どころの磯村にあえて経験を積ませているともっぱらです。今は併用で戦っている巨人の原監督が、打率2割55の捕手で満足するはずがありませんから」(球界関係者)

巨人、広島の両球団は10日に開幕した全日本大学野球選手権で捕手の候補にも熱視線を送る。東海大・海野(動画)東洋大・佐藤(動画)らドラフト候補の捕手が出場していますからね。海野は巨人・原監督の後輩でもある。巨人は会沢が取れなかったとき、広島は流出したときに備えているのでしょう」(同)

いずれにせよ、ドラ1入団6年目の小林の居場所はなくなりそうである。



海野君(東海大)のスカウト評はこちら

佐藤君(東洋大)のスカウト評は
こちら



draftkaigi at 10:30|この記事のURL


ドラフトニュース検索