ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
広島

広島の2020スカウト一覧

2020年01月26日

下は広島カープの2020スカウト&編成の顔ぶれです。

スカウト統括部長苑田 聡彦
スカウト部長白武 佳久
北海道・東北近藤 芳久
関東・北信越・中部高山 健一
全国田村 恵
関東・東海松本 有史
関東尾形 佳紀
近畿鞘師 智也
九州末永 真史


週刊ベースボール1月27日号を参考にしました。

draftkaigi at 16:06|この記事のURL

2020話題の新人、畝章真(広島育成ドラフト3位)

2020年01月24日

1/24、スポーツニッポン4面より

2019広島育成ドラフト3位 畝章真
香川オリーブガイナーズ 投手・動画

18年4月2日、高松レクザム球場。四国アイランドリーグplus・香川は本拠地開幕を迎えていた。入団したばかりの先発・畝(2019育成3位)は巨人3軍のメルセデスと投手戦を演じ、8回で9三振を奪って3安打零封。近い将来に光をともす快投だった。  

「真っすぐが速くなくても、変化球をうまく制球したら抑えられる。自分のスタイルが持てた気がします」

激動の野球人生だ。広島新庄時代は控えの内野手で、公式戦は不出場。「投手をやってダメなら・・・」。独自で練習に励み、名古屋商大には投手として進学。中村順司監督の勧めもあって3年時に上手投げをスリークオーターに変え、4年春から登板数が増えた。

「伸びしろはまだある」。そう決心し、卒業後は四国・香川に入団。そこでも変化を恐れず、「より特長を出すために」2年目の昨季からサイドハンドに挑んだ。前期は振るわなかったが、感覚をつかんだ後期は5勝を挙げ、防御率1点台。プロへの道が開けた。

畝龍実・広島3軍統括コーチの長男。親の七光…などの雑音が耳に入るが「仕方がない。結果で示すしかないので割り切っています」。既に24歳。与えられる時間も長くはない。「当然そう。今年出せなかったらダメという気持ち」。言葉の端々に覚悟がにじむ。

パフォーマンス向上へ、オフは手塚一志氏が主宰する「上達屋」に通い、トレーニングと並行して体の使い方を学んだ。「悪い部分を改善すれば体力や技術は伸びるはず。僕、諦めが悪いんです」。チームで唯一の横手投げ右腕は、ほほ笑みながら下克上を誓った。



畝君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 13:01|この記事のURL

2020ドラフト、広島の補強ポイント

2020年01月17日

週刊ベースボール1月27日号より
鈴木誠也の後を継げるような長距離打者の獲得が今秋一番のテーマ。そのほかでは、社会人から入る年代の左腕投手と、小園世代の上にあたる大卒の内野手が獲れればベスト。あとは高校生を各ポジションにバランスよく獲りたい。



今週の週刊ベースボールはドラフト特集号です。

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

佐藤輝明(近畿大)、広島・阪神「もちろん1位候補」

2020年01月15日

1/15、サンケイスポーツ3面より

佐藤 輝明 (近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

~昨日、阪神と広島が近畿大・佐藤(動画)を視察。以下スカウト評のみ抜粋~

▼広島・鞘師スカウト
「もちろん1位候補。1位じゃないととれません。体があって大きいのを打てる。三塁に加えて外野も守れる。あとは会社がどう判断するかだけですね」

▼阪神・渡辺スカウト
「外野が守れるし、左の大砲候補として楽しみ。これだけ体があってバットが振れる選手は、上位候補の対象になるでしょう」




佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

井上朋也(花咲徳栄)、広島スカウト高評価

2020年01月13日

1/13、日刊ゲンダイ28面より

井上 朋也 (花咲徳栄高・外野手)
180cm・右投右打・動画

中学時代、2017年の世界少年野球大会でボーイズ日本代表に選ばれ、世界大会を経験した。大阪から埼玉の花咲徳栄に入学し、1年春からレギュラー。1年夏、2年夏の甲子園に右翼手としてスタメン出場した。現在、高校通算47本塁打。この冬、昨春守っていた三塁にも再挑戦している。プロ入りを視野に入れての再コンバートかもしれない。

関東地区を担当する広島・尾形佳紀スカウトがこう言う。

「右の長距離打者で内野手なら、さらに評価は上がります。プロ入りを考えれば、三塁挑戦はプラスです。スイングが速くてパワーがあるので、インパクトが強い。ボールをつぶす力があって、他の選手とは打球音が違います。引っ張るだけでなく、逆方向へも長打が打てる。球を上から叩けるスイングで、木製バットも苦にしないタイプです」

昨秋の関東大会で4強入りを逃し、センバツ出場は微妙な状況だ。 「三塁の守備が見てみたい。肩は強いので心配していませんが、内野手としてのスローイングや打球の処理ですね」(尾形スカウト)

花咲徳栄はPL学園と並び、歴代3位タイの5年連続でプロ野球選手を輩出中。「6年連続」は12月に主将に就任したこの男次第である。



井上君のスカウト評はこちら

井上君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索