ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
広島

辰己涼介(立命大)、広島「足と肩はすぐに通用する」

2018年10月21日

10/21、デイリースポーツ3面より
 
辰己 涼介 (立命館大・外野手)
180cm・右投左打・動画

周囲の歓声以上に、立命大・辰己涼介(動画)には喜びがあった。九回、1死二塁。二塁前ボテボテのゴロで内野安打を奪う。到達タイムは脅威の3秒71。「内野安打が僕は一番うれしい。心の中でガッツポーズしてました」。次打者の犠牲フライを導き、完封負けを阻止した1本だ。

今秋ドラフトで堂々の1位候補。うわさ通りの実力は次の場面でも発揮した。犠牲フライで1点を返すと、2死一塁で三宅の打席。2球目、迷わずスタートを切る。捕手が二塁に投げることができないほど完璧な走塁。さらに3球目には三盗を成功させた。スライディングすら必要ない、楽々セーフだった。「雰囲気を変えたかった。最終回は何が起こるか分からない。明日につながると思う」。

3点差の最終回、2死。絶対の自信がなければ、スタートが切れない場面での連続盗塁だ。4年春まで通算11盗塁だったが、今秋だけで早くも5盗塁。「今までは興味がなかった」と言うから、驚きだ。「プロの世界でタイトルを取るには、そこが一番近いかなと思って」。伸びしろはまだまだ無限大だ。

阪神は大阪桐蔭・根尾昂内野手を1位指名の最有力候補に挙げる。ただ競合は必至。抽選に外れた場合、辰己は外れ1位候補の一人となる。この日は阪神など5球団が視察。広島の鞘師スカウトも「足と肩はすぐに通用する。来季、開幕から試合に出ても不思議ではない」と賛辞を惜しまない。

12球団から調査書が届いた。日米大学野球選手権に3年連続で出場。今夏は代表でも主将を任された。初回にも二塁内野安打を奪ったが、この時は3秒78。プロでも4秒を切れば速いと言われる。阪神OB・赤星氏が3秒74だったとされるが、匹敵・・・超えるレベルの足を持つ。走攻守そろった大学No.1野手の魅力は尽きない。

(10月20日 関西学生野球 同志社大 4-1 立命館大)



辰己君のスカウト評はこちら

辰己君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

梅津晃大(東洋大)、広島「将来20勝できる投手」

2018年10月19日

10/19、サンケイスポーツ4面より

梅津 晃大 (東洋大・投手)
187cm・右投右打・動画

東洋大・梅津(動画)が、ドラフト会議(25日)の1週間前に“未勝利1位指名候補”から脱却した。5-0の五回に登板すると、いきなり150キロの直球でスタンドを沸かせ、4回を一人の走者も許さないパーフェクトに抑えた。

「たすきを渡されるような起用をしてもらって恵まれているなと思った。ありがとうと言いたい。(勝利の)ボールを渡され、泣きそうになった」。リーグ戦初勝利の喜びをかみしめた。

11日の駒大2回戦では4点をもらいながら四回途中2失点で降板し、自信を失いかけたが、杉本監督から「パワー投手なのだから単純に考えろ」と助言され発想を転換。初球から直球で押し、結果につなげた。

視察した広島・苑田スカウト統括部長は「即戦力とは考えないが、将来20勝できるような投手」と評価した。23日には未消化の亜大戦を控える。“未完の大器”がチームを4連覇に導く。

(10月18日 東都大学野球 東洋大 8-0 国学院大)



梅津君のスカウト評はこちら

梅津君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

小島和哉(早大)、広島・DeNA「上位もある」

2018年10月16日

10/16、日刊スポーツ4面より

小島 和哉 (早稲田大・投手)
175cm・左投左打・動画

早大・小島和哉投手(動画)が、今季3度目の完封で4勝目を挙げ、最終週の早慶戦に優勝の望みを残した。テンポ良く、散発6安打で9奪三振。リーグ通算22勝目で、今秋ドラフトに向けて評価が上昇した。

140キロ前半でもバットが空を切った。小島が打者の手元で伸びるボールで明大を手玉に取った。9回1失点完投から中1日で今季4勝目。通算22勝目を3度目の完封で飾った。「試合前から完封するつもりでいた。体的にはきついですが、4年生の最後の意地を見せられた」と頬を緩めた。

抜群の安定感とスタミナで、ドラフトの左投手の筆頭候補に挙がる。立大1回戦から、驚異の5試合連続完投を記録。好調の要因を「どんな投球でも、ゼロに抑えればいい投球なんだと。気持ちの面で成長した」と分析。今年は主将も任され、責任感と冷静な状況判断が投球にも表れた。

視察したスカウト陣の評価は端的だった。広島・苑田スカウト統括部長は「手元でボールがくる。評価は上がるし、上位もある」とコメント。DeNA・吉田スカウト部長兼GM補佐は「角度が出てきて、ボールがクロスで入ってくる」と打者目線で高評価した。

早慶戦に向け、自身の1年秋以来の優勝に望みを残した。「あの瞬間を後輩にも味わってほしいんです」と言った。この日、報道陣から「今日は今季一番の投球か」と聞かれ、エース兼主将は「早慶戦で一番いい投球ができるように」と力を込めた。

(10月15日 東京六大学野球 早大 8-0 明大)



小島君のスカウト評はこちら

小島君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:56|この記事のURL

小島和哉(早稲田大)、広島「球の質良くなった」

2018年10月14日

10/14、デイリースポーツ6面より

小島 和哉 (早稲田大・投手)
175cm・左投左打・動画

1回戦2試合が行われ、早大は明大と引き分け。今秋ドラフト候補・小島和哉投手(動画)が9回1失点と踏ん張った。エースの小島がラストシーズンで好調をキープしている。自身3試合連続完封を逃し、連続無失点も27回で止まったが「4年生の意地がいい方向に行っている」とスクイズによる1点に抑えた。

直球も終盤まで140キロ台中盤を計測し、視察した広島・苑田スカウト統括部長は「球の質も良くなった」と左腕を評価した。

(10月13日 東京六大学野球 早大 1-1 明大)



小島君のスカウト評はこちら

小島君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

広島がスカウト会議、ドラ1最有力候補は3人

2018年10月13日

10/13、サンケイスポーツ6面より
広島は12日、広島市内のマツダスタジアムで25日のドラフト会議に向け、スカウト会議を行った。1位指名の最有力候補には、東洋大の最速159キロ右腕・甲斐野央投手(動画)、甲子園春夏連覇に導いた大阪桐蔭高・藤原恭大外野手(動画)、高校No.1遊撃手の呼び声高い報徳学園高・小園海斗内野手(動画)の3人が挙がった。

松田元オーナーは「(投手か野手か)どっちが欲しいかという話になると(ドラフト)前日に(緒方)監督と話をしないといけない。どうせ抽選になるんじゃろうから。一本釣りとかを考えられるような幅がない」と話した。

約70人をリストアップ。金足農高・吉田輝星投手や大阪桐蔭高・根尾昂内野手も1位候補に挙がっているが、可能性は低いとみられる。当日は5人程度を指名予定で、指名が重複した場合のくじは緒方監督が引く見込み。独自のドラフト戦略で球団史上初の3連覇を成し遂げた広島が「平成最後の秋」も勝者となって黄金時代へ突き進む。



甲斐野君(東洋大)のスカウト評はこちら

藤原君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

小園君(報徳学園)のスカウト評はこちら




draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ドラフトニュース検索