ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
広島

宗山塁(明治大)ケガから復活、広島スカウト太鼓判

2024年04月15日

日刊スポーツwebsiteより (source)

宗山塁(明治大・遊撃手)
175cm・右投左打・動画

2月中に右肩甲骨を骨折した今秋のドラフト上位候補、明大・宗山塁主将(動画)が、ケガ以来初めて3番遊撃手でフル出場し、完全復帰を果たした。

1回表、2人目の打者の打球が三遊間に飛んだ。アンツーカー付近で微妙にバウンドが変わった打球を難なくさばくと、4回には無死一塁で三遊間に抜けそうな打球をバックハンドで捕球し、素早く体勢を戻して二塁に送球し一塁走者をアウトに。東洋大ベンチからは、ため息がこぼれた。

守備でリズムに乗った宗山は5回、2死から変化球を左越え二塁打に。4打数1安打だった。

宗山は4月6日のHondaとのオープン戦で3番DHで復帰。この日が、守備での実戦復帰だった。田中武宏監督は「久しぶりに見たけど違うね~。普通なら捕れない球を捕る。久しぶりにああいうプレーを見たなぁ」と、故障明けとは感じさせないプレーに驚きの声をもらした。

既に宗山は、田中監督に「試合(公式戦)に出ます」と宣言。チームも平日から実戦形式の練習を増やすなど、宗山の完全復活に向け、バックアップ体制を整えている。田中監督は「あれだけの守りをしてくれたら、投げる方も安心だろうね」と、大黒柱の順調な回復に笑みがこぼれた。

視察した広島・苑田スカウト統括部長は「守備はもう大丈夫。打席も、ケガ明けで腰が引けそうだけど、それも全然ない。心配ないでしょう。彼は1位ですから。もう間違いない!(今秋、宗山を)獲得できた球団は、この先10年、ショートは大丈夫ですよ」と、太鼓判を押した。

東京6大学野球は昨日13日に開幕し、明大の初戦は20日の東大戦。大黒柱の復帰で、優勝へ最高のスタートを切れそうだ。



宗山君のスカウト評はこちら

宗山君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:48|この記事のURL

鷲尾昂哉(三菱重工West)、広島・阪神・オリなど視察

2024年04月13日

スポニチwebsiteより (source)

鷲尾昂哉(三菱重工West・投手)
185cm・右投左打・動画

三菱重工Westは打線が19安打と爆発し、7回コールド勝ちを収めた。先発の鷲尾昂哉投手(動画)は5回7安打2失点の内容を反省した。「自分の感覚的に結構、違ったところがあって、投げている球自体、納得いくものが少なかった。試合中も修正を加えようとしたんですけど…」

初回2死満塁、2回1死一、二塁を無失点で切り抜けたが、3回2死一塁から藤井拓海に中越え2ランを浴びた。4回は初めて3者凡退に仕留め、5回の最後の打者には145キロを計測するなど、実力の一端は披露した。

関大から入社2年目の大型右腕。「大学の後半が良かったんで、(1年目は)そのままの勢いで行けたんですけど、2年目っていうことで、結構マークもされてきました」と振り返る。「真っすぐがあんまり行ってなかった中で、どう抑えるかっていうのをこれから勉強していかないといけない」

ネット裏ではオリックス、広島、阪神など複数球団のスカウト陣が視察。ドラフト指名の解禁イヤーに、アピールとなるような投球を続けていく。

(JABA岡山大会 三菱重工West 16―2 四国銀行)



鷲尾君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:55|この記事のURL

岩崎峻典(東洋大)、広島・楽天・オリックスの声

2024年04月11日

日刊スポーツwebsiteより (source)

岩崎峻典(東洋大・投手)
178cm・右投右打・動画

12球団のスカウトが見守る中、今秋ドラフト候補の東洋大・岩崎峻典投手(動画)が開幕戦で先発し、4回1/3を5失点も、スカウト陣の評価は変わらなかった。

~以下、岩崎についてスカウト評のみ抜粋~

楽天・井上純スカウト
「やっぱり追っかけていきたい投手ではあるかなと。今日の内容は良くなかったような印象だけど、持ってるベースは高いので」

▼広島・高山健一スカウト
「手元のボールのキレは悪くない。カットボールの使い方も良かった。これから良くなっていくことに期待したい」

▼オリックス・岡崎大輔スカウト
「(この試合で評価が変わるということは)ないですね」

(4月10日 東都大学野球2部 立正大 6―2 東洋大)



岩崎君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 06:34|この記事のURL

西川史礁(青学大)、広島「まだちょっと力みが…」

2024年04月09日

日刊スポーツwebsiteより (source)

西川史礁(青山学院大・外野手)
182cm・右投右打・動画

今秋ドラフト1位候補の青学大・西川史礁外野手(動画)の大学ラストイヤーが始まった。4番中堅でスタメン出場し初回、2死二塁での第1打席。カウント2-1からの国学院大・坂口のスライダーを三遊間に転がし、さっそくのシーズン初安打が先制適時打となった。

4回の第2打席は遊飛に倒れたが、7回の第3打席は遊撃の内野安打で出塁した。西川は積極的なプレースタイルの野手。3月には侍ジャパンの欧州代表戦にも出場し、初戦でいきなりマルチ安打を放つなど、大きな注目を集めた。この日も侍ジャパン井端弘和監督が視察に訪れた。

▼広島・高山健一スカウト
(青学大・西川について)「まだちょっと力みがあるのかな。引っ張り引っ張りになっちゃってる」


(4月8日 東都大学野球 青学大 1―0 国学院大)



西川君のスカウト評はこちら

西川君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

吉岡暖(阿南光)、広島「リストアップする価値ある」

2024年03月20日

3/20、スポーツニッポン3面より 

吉岡暖(阿南光高・投手)
182cm・右投右打・動画

1回戦3試合が行われ、阿南光は豊川に11―4で快勝した。最速146キロのプロ注目右腕・吉岡暖投手(動画)が、今大会から解禁された2段モーションで11三振を奪い、4失点完投勝利。

▼広島・白武スカウト部長
「(吉岡について)面白いですね。夏にかけて、さらに伸びていきそう。直球もまずまず良く、決め球もある。リストアップする価値のある投手だと思います」

(3月19日 センバツ甲子園1回戦 阿南光 11―4 豊川)



吉岡君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:55|この記事のURL


ドラフトニュース検索