ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
広島

西純矢(創志学園)、広島・中日など「来年1位候補」

2018年08月10日

8/10、デイリースポーツ終面より

西 純矢 (創志学園高・投手)
183cm・右投右打・動画

最速150キロを誇る創志学園エース・西純矢投手(動画)が、16奪三振の快投を披露した。2年生ながらU-18日本代表の1次候補にも選ばれている右腕は、自慢の快速球と3種類のスライダーなどを武器に4安打、しかも無四球で創成館打線を完封。鮮烈な投球でチームに夏の甲子園初勝利をもたらし、西日本豪雨で甚大な被害を受けた地元・岡山を喜ばせた。

西の衝撃的な甲子園デビューをスカウト陣が称賛し、早くも来秋ドラフト1位候補との声まで挙がった。

広島・苑田スカウト統括部長は「(今大会で)今日まで見た投手の中で一番いい。速さ、キレ、コントロール、力強さ、度胸。何を取っても素晴らしい。センスも感じる。来年の1位候補になる」と絶賛した。

中日・中田アマスカウトディレクターも「角度とキレがいい。特に(右打者は)アウトローへの球のキレには手も足も出ない。来年の目玉になる」と高い素質を感じ取った。

阪神・山本スカウトが「腕が振れるし、スライダーのキレがいい。このまま順調に育てば、来年は上位で消えるでしょう」と話せば、オリックス・柳川スカウトも「県大会と比べると抜群にいい。2年生でこの投球ができれば来年が楽しみ。3年生の中に入っても遜色ない」とさらなる成長を期待した。


(8月9日 夏の甲子園1回戦 創志学園 7-0 創成館)



西君のスカウト評はこちら

西君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:23|この記事のURL

吉田輝星(金足農)、中日・広島が評価も大学進学か

2018年08月09日

8/9、西日本スポーツ19面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

評判通りの快投だ。金足農のエース右腕・吉田(動画)が、自慢のストレートを軸に甲子園デビューを14奪三振で飾った。自己最速の150キロに迫る148キロをマークして1失点完投。ベスト8だった1995年以来23年ぶりとなる甲子園勝利をもたらし「先輩たちがつくりあげた歴史の中に名前を刻めてよかった」と笑顔を見せた。

いきなりのピンチは1回だった。四球を足がかりに2死二塁で4番の西を迎えたところで、ギアチェンジ。オール直球で勝負し、フルカウントから最後は144キロで空振り三振だ。「一番いいバッターだと思ったので、ストレートを見せつけておこうと思った」

直球は3段階でギアチェンジする。ランナーがいないときは140キロ前後で、走者を出すと1段上げて140キロ台中盤、得点圏に走者を背負って1点もやれなくなると、さらに1段上げて最速150キロの剛腕がうなる。この日は2回を除いて得点圏に走者を背負うたびに、ギアを変えた。低めのツーシームなどを見極められると、カーブと直球を軸に変えて、終盤はスライダーも織り交ぜた。

大学進学が濃厚だが、中日の中田アマスカウトディレクターは「ランナーを出してからしっかり抑えるピッチングができる。今年の高校生では完成度が高い」と強調。広島の苑田スカウト統括部長は「今日は高めの球が多かったが、いい投げ方をしている。バランスがいい」と評価した。

(8月8日 夏の甲子園1回戦 金足農 5-1 鹿児島実)



大学進学濃厚とありますが本当???。個人的には、他紙は書いてないのでまだ分からないと思っていますがはたして・・・。

吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 09:24|この記事のURL

広島スカウト、甲子園で逸材発掘の注目ポイント

8/9、デイリースポーツ7面「甲子園番25時」より
午前7時20分。開門から20分後に広島・末永スカウト(1999ドラフト4位)は、バックネット裏の席に腰を下ろした。今夏からスカウトが座る席は指定席になった。今春のセンバツ大会までは自由席だったため午前3時半に起床。5時過ぎから一般客と同様に列に並びスカウト分の席を押さえていた。

「寝坊したらいけないから夜、寝られない時がありました。全然、違いますね」。

広島は9人のスカウトが今大会を視察。担当する地区以外の選手にも目を凝らす。「自分の地区で良いと思う選手でも、他のスカウトが見てどう評価するか。そうすることで相対的な評価ができる」。自身が注目する点は、野手は打撃フォームで崩されてもきれいなスイングができるか。投手では腕のしなやかさや強く振れるかだ。

第1試合は8時開始。4試合すべてを見れば約9時間を要する。長丁場を乗り切るためにドリンクホルダーを持参し常に数本の飲料を用意している。将来のチームを支える選手発掘のためスカウトの夏は続く。


2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら

draftkaigi at 07:02|この記事のURL

藤原&根尾、オリックス・中日・広島の声

2018年08月07日

8/7、スポーツニッポン1面より 
史上初2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭が第2試合に登場し、作新学院に競り勝った。今秋ドラフト1位候補の藤原恭大外野手(動画)根尾昂内野手(動画)が攻守に躍動。熱視線を送る阪神は、あらためてホレ直した。

▼広島・苑田スカウト統括部長
「藤原は即戦力に近い。走攻守全てで力がある。将来的にトリプルスリーを狙えるだろうし、気持ちも強い。根尾は守備が格段に良くなった。この2人に報徳学園の小園は特Aでしょう」

▼中日・中田アマスカウトディレクター
「藤原には天性の素質を感じる。8回の右前打もそう。ヒットゾーンに行く球に手を出し、きっちりヒットゾーンに運ぶ。選球眼を含め全てが備わっている。根尾はセンバツの時より動きが格段に良くなった。フットワークの良さに判断力とシャープさが備わった。スイングスピードも圧倒的だ」

▼オリックス・長村球団本部長
「藤原は走攻守全てで力強くなった。素晴らしい技術に加え、気を抜かずに目の前のプレーに全力で取り組んでいる。根尾は身体能力が高い。将来が楽しみ。2人とも高校生の中ではいの一番でしょう」


(8月6日 夏の甲子園1回戦 大阪桐蔭 3-1 作新学院)



根尾君のスカウト評はこちら

藤原君のスカウト評はこちら

柿木君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 08:24|この記事のURL

根尾を中日・日ハム、藤原を広島・ロッテ高評価

8/7、デイリースポーツ1面より 
史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭は柿木蓮投手の1失点完投で好発進。今秋ドラフト1位候補コンビ、根尾昂内野手(動画)藤原恭大外野手(動画)に対してスカウトから称賛コメントが相次いだ。

中日・中田アマスカウトディレクターは、根尾について「ショートとして一番、成長した。一流になれる。天性のパワー、瞬発力もある」と春からの進化を感じ取った。日本ハム・大渕スカウト部長は「ボールを見極められている。全体が見えている」とクレバーな姿勢も評価した。

藤原に対しては、ロッテ・永野チーフスカウトが「やっぱりレベルが違う。プロでは1番で。首位打者も取れるでしょう」と最大級の賛辞を贈った。広島・苑田スカウト統括部長も「高いレベルの中に入れた時に、いろんなことを吸収して伸びていくタイプじゃないかな。ドラフト1位候補だし、即戦力」と高校生野手としては異例の高評価を与えた。

(8月6日 夏の甲子園1回戦 大阪桐蔭 3-1 作新学院)



根尾君のスカウト評はこちら

藤原君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索