ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
広島

広島オーナー、「今年のドラフトは野手中心」

2018年10月08日

サンスポwebsiteより (source)

小園 海斗 (報徳学園高・遊撃手)
177cm・右投左打・動画

球団史上初の3連覇を成し遂げた広島が、25日に迫ったドラフト会議に向けて話し合いを重ねている。苑田聡彦スカウト統括部長は悩ましい胸の内を明かした。「うちは育成の広島と呼ばれている。周りがオッとなるような指名をしたい。ただ、現場からは『即戦力の投手がほしい』という要望もあるし」

昨年は“歴代史上最多”高校通算111本塁打を放った早実高・清宮幸太郎内野手(日本ハムが交渉権獲得)の1位指名撤退を早々と表明し、地元広島出身の広陵高・中村奨成捕手を指名した。独自の視点で隠れた才能を次々に発掘して生え抜きメンバーで黄金期を築き上げた広島の指名には自然と注目が集まる。

9月時点で大学生・社会人では“東洋大三羽烏”の甲斐野央、上茶谷大河、梅津晃大、日体大・松本航の即戦力の4投手ら、高校生では大阪桐蔭の藤原恭大外野手と根尾昂内野手、報徳学園・小園海斗内野手ら主に将来性を評価した野手を上位候補に挙げている。

逸材ぞろいの中で苑田氏が熱視線を送るのが報徳学園・小園(動画)だ。50メートル5秒8、遠投110メートルの強肩俊足で高校No.1遊撃手の呼び声が高い。広島は菊池涼介二塁手と田中広輔遊撃手が“最強二遊間”を形成しているが、ともに29歳で来年オフに菊池が、再来年オフには田中が国内フリーエージェント権を取得する見込み。将来への備えとして、ほしい逸材だ。

球団は7月に美間優槻内野手とのトレードで二遊間を守れるソフトバンク・曽根海成内野手を獲得した。2軍では桑原樹内野手、庄司隼人内野手が奮闘しているが、タナキクの後継者問題は重要テーマとなっている。

「(今年のドラフトは)野手中心にいかないといけない年」と松田オーナー。スカウト会議は今月中旬に予定。即戦力投手かそれとも素材型野手か「運命の1日」は18日後に迫っている。



小園君のスカウト評はこちら

小園君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:55|この記事のURL

オリックス&広島、大阪桐蔭4選手と面談

2018年10月06日

10/6、スポーツ報知4面より
今夏に史上初となる2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の根尾昂内野手(動画)、藤原恭大外野手(動画)、柿木蓮投手(動画)、横川凱投手(動画)が4日にプロ志望届を提出したことを受け、同校OBでオリックスの谷口悦司スカウトが5日、大阪・大東市内で4選手と面談した。

1人ずつと個別で面談したという谷口スカウトは「調査書はすでに出しましたが、今後資料を作るために面談しました。会って話さないと分からない性格とかがある。(内容は)たわいのないことです。みんな良い子でしたね。4人とも欲しいですけどね」と明かした。この日は広島も調査のために訪れた。



2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら


draftkaigi at 07:50|この記事のURL

吉田輝星(金足農)、広島・ロッテ「1位候補の1人」

10/6、サンケイスポーツ1面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

今夏の第100回全国高校野球選手権大会の準優勝投手で、プロ志望届を提出する意向を固めた金足農の吉田輝星投手(動画)について5日、DeNA、広島など複数のプロ球団が、今月25日のドラフト会議での1位指名を検討していることを公言した。中日を除く11球団が1位指名の候補リストに入れており、なかでも5球団が熱心とみられる。

(中略)

この日、広島の苑田スカウト統括部長は「夏から見た高校、大学の投手でナンバーワンだろう。間違いなく1位候補の1人」と明言。ロッテの永野チーフスカウトも「1位候補の1人として考えている。各球団の選択肢が増えた」と語った。

石井GMが就任会見で「ぜひ東北で」と誘った楽天や「(その年の)ナンバーワンの選手に入札する」(吉村GM)という方針のある日本ハムも高く評価しており、1位指名が有力とみられる。

吉田が好きな球団と隠さず口にした巨人なども実力を認める。さらにこの日、阪神の谷本球団副社長兼本部長も「(評価は)高いですね。金本監督も気に入っていたと思います。ああいう力投型で。すぐ出てくるんじゃないかという評価。1位候補になります」と“参戦”の可能性を示した。

根尾の1位を公表した中日を除く11球団が検討を続ける。5球団が熱心だが、増える可能性も・・・。10月25日のドラフト会議に向け“吉田フィーバー”は過熱していく。



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

ドラフト巧者・広島、スカウトが重要視するもの

2018年09月30日

9/30、デイリースポーツ5面より
過去2年に続き、生え抜き選手がずらりと並び、成し遂げた球団史上初の3連覇。ドラフト上位指名のみならず、松山竜平(2007ドラフト4巡目)中崎翔太(2010ドラフト6位)西川龍馬(2015ドラフト5位)アドゥワ誠(2016ドラフト5位)ら下位指名選手も表舞台で輝く。

その原石たちを発掘した、先見の明を持つスカウト陣の尽力も計り知れない。苑田聡彦スカウト統括部長は「気持ちと体力。うちの練習でうまくなってくれた」と育ったナインを見ながら目を細めた。

「育成のカープ」の根源は・・・。ドラフトの基本方針は、野手ならば肩の強さと足の速さを重要視し、投手ならば大学生や社会人は主に即戦力、高校生は3~4年後を見据え高身長など素材重視。高校通算本塁打数などの結果は試合数の違いや球場の大小もあるため参考にはしないが、苑田スカウト統括部長は「性格は見る」と能力以外での重要ポイントを明かす。

各地域の担当スカウトは随所で性格把握への糸口を探る。鈴木誠也(2012ドラフト2位)田中広輔(2013ドラフト3位)の獲得に携わった尾形スカウトは「体の強さ」を求めた上で「1球目から振りにいけるか、打たれた時どういう態度を取るか」という。

松本スカウトは獲得に携わった西川龍馬(2015ドラフト5位)を例に「(所属した社会人野球チーム・王子の)監督にもよく練習するって聞くし、カープは練習ができる体がないとついていけない。1人でもやるタイプと聞いていた」。選手の人間性を把握するため、何度も足を使って金の卵発掘に努めた。

15年度5位だった西川の場合、ほれ込んだ末の“先取り”が奏功した。柔らかいバットコントロールは松本スカウトが重要視する一つの「野球センス」にも当てはまっていた。

当時高卒から社会人3年目。翌年まで待つと大卒と同学年になってしまうことを懸念し「(翌年になると他球団の評価が)2位、3位になると。育つ前にお願いして獲ってもらった」と明かす。結果1年目から1軍で頭角を現した西川は、今季恐怖の下位打線形成に貢献。優勝に必要不可欠な戦力となった。

次から次へと生え抜き選手が台頭し、他球団を圧倒する選手層の厚さが呼び込んだ3連覇。それはスカウト陣の不断の努力が結実した瞬間でもあった。



広島カープの歴代ドラフト指名選手一覧はこちら



draftkaigi at 11:22|この記事のURL

広島がスカウト会議、大学生5人を1位候補に

2018年09月29日

スポニチwebsiteより (source)
広島は28日、広島市中区の球団事務所でスカウト会議を開き、大学・社会人の指名候補48選手を映像で確認した。投手では、東洋大・甲斐野央(動画)、同・上茶屋大河(動画)、同・梅津晃大(動画)、日体大・松本航(動画)、野手では立命大・辰巳涼介(動画)の5選手をドラフト1位候補となるAランクにリストアップ

さらに、高校生で最上位評価する大阪桐蔭・藤原恭大、根尾昂、報徳学園・小園海斗らを含めて、10月中旬に開く会議で絞り込みを行う。

会議に出席した苑田聡彦スカウト統括部長は、「即戦力ばっかりを獲ればその1年はいいかもしれないが、育てるのがカープの伝統としてある。左投手で言えば、床田や高橋(昂也、樹也)の成長の芽を摘むことは避けたい」とコメント。この日も、上位候補だけでなく、将来性のある有望株も映像でチェックした。

社会人に関しては、「“ハッキリとこれが1位”というのはいなかった」と見通しを明かし、金足農・吉田輝星(動画)について「プロ志望届を出していないので保留です」と議論を先送り。「さすがカープという1位を指名したい」と10月25日のドラフト会議を見据えた。


2018高校生のドラフト候補・一覧はこちら

2018大学生のドラフト候補・一覧はこちら

2018社会人のドラフト候補・一覧はこちら

2018ドラフト12球団のドラフト情報まとめはこちら

2018ドラフト12球団の1位指名予想はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索