ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
ロッテ

野村佑希(花咲徳栄)、ロッテ「パワーは別格」

2017年08月17日

8/17、デイリースポーツ終面より

野村 佑希 (花咲徳栄高・外野手)
185cm・右投右打・動画

“ミレニアム世代の怪物”が、聖地でついに目覚めた。5点リードの七回2死。野村(動画)がすくい上げた打球は、じりじりと下がった左翼手の上を越え、スタンドに届いた。マンモスの大観衆の前で放った久々の一発。何度も右拳を突き上げた。

飛距離的にはギリギリ。驚くべきは狙って打った一発だったことだ。「2アウトだし、狙ってもいいかなと。スライダー一本で待ってました。先っぽだけど、入ってくれてよかった」と笑顔で明かした。前の打席で打ち取られた球種に絞り、キッチリと仕留めた。

春は埼玉大会で4発、関東大会でも1発とアーチを量産した。だが、夏の埼玉大会は打率4割超でもノーアーチ。決勝は無安打に封じられ、一から打撃フォームを見直した。関西入りまで岩井隆監督が毎日マンツーマンで指導。「体が硬直していたらダメ」と動きながらタイミングを取るように修正を図り、結果につなげた。

185センチ、87キロの恵まれた体。投手としても最速144キロを計測するスラッガーの聖地初アーチは、プロもうならせた。ロッテ・永野チーフスカウトは「パワーは別格。スイングスピードは速くないのに、タイミングの取り方がうまく、ボールを運べる」と評価。「タイプ的には清原だね」と球史に名を残す大砲の姿を重ねた。

両親は日本人だが、米国ミシガン州生まれ。「英語は話せないし、国語の方が得意」と苦笑する4番は、同級生からはミドルネームの「ジェームス」と呼ばれ親われる。「今大会はホームランが出ていたので、みんなに『そろそろ一本出して欲しい』と言われていた。期待に応えたかった」と得意顔で喜んだ。

次戦は自身が4歳から育った群馬県の前橋育英戦。「テレビで応援していた」相手との対戦に「夢のような感じだけど、地元の高校には埼玉に来た時に負けないと決めていた」と闘志をむき出しにした。2戦連続3安打に初アーチと状態は右肩上がり。初優勝を狙うチームをけん引し、大会の主役に躍り出る。

(8月16日 甲子園大会2回戦 花咲徳栄9―3日本航空石川)



野村君のスカウト評はこちら

野村君のバッティング動画は
こちら



draftkaigi at 07:06|この記事のURL

ロッテ・伊東監督が辞任、補強問題で球団に不信感?

2017年08月14日

8/14、サンケイスポーツ1面より

1981西武ドラフト1位 伊東勤
所沢高・捕手・19歳

ロッテ・伊東勤監督(1981西武1位)が13日、成績不振を理由に今季限りで辞任することを球団に申し入れ、了承されたことを西武19回戦の試合前に明らかにした。シーズン終了まで指揮を執る。異例の早期辞任表明だった。今季の戦いをまだ40試合以上残して、指揮官が今季限りでチームを去ることを公表した。

伊東監督は「ファンに申し訳ない」と、開幕直後から負けが込んだ責任を一身に背負った。球宴前には辞任を決意し、今月5日に球団幹部に辞意を伝える中、一部メディアで続投報道がなされた。「違う方向に行き出している」。本意をファンに伝えたいとの思いから、このタイミングでの表明となった。

根底には球団への不信感がある。昨季までの主砲、デスパイネがソフトバンクに移籍し、新たに獲得したパラデス、ダフィーが全くの期待外れ。「本気で補強に動いてほしい」と長距離砲を求める中、1、2番タイプのサントスを獲得した際には「今、絶対に欲しい選手ではない」と本音をもらした。

ロッテの監督として、決して潤沢ではない戦力をやり繰りし、過去4年間の戦績は3、4、3、3位。パ・リーグの台風の目となっていた。「理論派監督」がユニホームを脱ぐのは残念でならない。



下は1981ドラフト会議で西武が指名した選手です。伊東勤は1位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の1981ドラフト指名選手
1位伊東 勤所沢高捕手
2位金森 栄治プリンスホテル捕手
3位小田 真也大丸投手
4位串原 泰夫所沢商高投手
5位藤高 俊彦新日鉄広畑投手
6位工藤 公康名古屋電気高投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:06|この記事のURL

中村奨成(広陵)、巨人・ロッテ「1位12人に入る」

2017年08月12日

8/12、サンケイスポーツ1面より

中村 奨成 (広陵高・捕手)
181cm・右投右打・動画

4万7000人のどよめきで、甲子園が2度揺れた。広陵の3番・中村(動画)が圧巻の2発。逆転勝利の立役者となった。「今まで打った本塁打の中で、一番気持ちよかった。流れがほしかったので、打ててよかったです」。

そう振り返ったのは、0―2の六回一死で放った1本目だ。中京大中京・香村の直球を強振。右打席からの打球は、右中間最深部のスタンドに飛び込んだ。これで重かった空気を吹き飛ばすと、打線が目覚めて一気に逆転。

そして中村の続く打席は八回二死でやってきた。今度は右翼ポール際へ、高校通算40号となる2ラン。4安打、3打点、2本塁打と暴れまくった。

広島大会は2回戦で右手首に死球を受けた影響で、打率・176。しかし準決勝と決勝で本塁打を放ち、調子を取り戻しつつあった。そして甲子園で本領発揮。守備でも六回無死一塁のバント処理で強肩を披露し、二塁封殺。バックネット裏で見つめたプロのスカウト陣は、そろって目を丸くした。

ロッテ・松本編成部長は「打てる捕手としての魅力が一番。肩もあるし、足も捕手としては速い。今、プロでも打てる捕手はそんなにいない。1位候補に挙がるでしょう」と評価。巨人・岡崎スカウト部長は「2本目は流し打ちというより、右方向へたたいた感じの当たりだった。肩も足もある。高校で1番の捕手。秋の12人には入るようになるでしょう」と、今秋のドラフトで12球団のどこかに1位指名されることを予測した。

広陵の先輩には巨人の正捕手、小林誠司がいる。中村は「まだまだです。追いつけるよう頑張りたい」と目標にする。だが、打撃だけでなく、二塁送球が2秒を切る強肩と50メートル6秒0の俊足と三拍子そろった中村を、中井哲之監督は「広陵史上一番いい捕手」と称し、“小林以上”と高く評価した。

(8月11日 夏の甲子園1回戦 広陵10―6中京大中京)



中村君のスカウト評はこちら

中村君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

山下輝(木更津総合)が14奪三振、ロッテ高評価

2017年07月25日

7/25、日刊スポーツ6面より

山下 輝 (木更津総合高・投手)
187cm・左投左打・動画

千葉ナンバー腕は俺だ!。木更津総合・山下(動画)が、準決勝で東海大市原望洋・金久保優斗投手に投げ勝った。勝利の瞬間、ポンとグラブをたたいた。9回2失点完投勝利だった。この夏の武器がさえた。ピンチにはツーシームを見せて、得意のストレート、スライダーで三振を奪った。

5回には1死一、二塁から2三振に仕留め波に乗り、7回を除く毎回奪三振。8回から9回にかけては4者連続三振で5安打、14三振を記録した。ロッテ・永野チーフスカウトは「小さく落ちる130キロ台のツーシームが三振を取る上で効果的。ストレートと同じ腕の振りで投げている。お手本のよう」と太鼓判を押した。

この冬、五島卓道監督が山下に与えた課題は「球種を2つ増やす」、「スピードを140キロまで上げる」の2つ。「右打者の三振を取るために曲がる球が必要」とツーシームとチェンジアップを課題に、まだ在学中だった昨年のエース早大1年・早川隆久投手に直接指導を仰いだ。早川は「ポイントはボールの握り。2、3日に1度、ブルペンのボールを見て、アドバイスした」と振り返る。

冬は1日100球の投げ込み。真面目な性格から、時には球数が多くなり五島監督が止めに入るほどだった。練習に加え、1日5合のご飯で体重は10キロ増で最速も149キロに達した。「山下は本当に伸びてくれた」と五島監督も認める存在に成長した。

大会直前、早川にラインを送った。「自分が引っ張って、暴れてきます!」。先輩に誓った言葉通り、今日、決勝の舞台で暴れるつもりだ。

(7月24日 千葉大会準決勝 木更津総合6―2東海大市原望洋)



山下君のピッチング動画はこちら

山下君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:57|この記事のURL

本田仁海(星槎国際湘南)に4球団、ロッテが高評価

2017年07月23日

7/23、日刊スポーツ7面より

本田 仁海 (星槎国際湘南高・投手)
180cm・右投左打・動画

本田(動画)は試合前、土屋監督に「連投は得意です」と志願し、先発のマウンドに上がった。勝てば今日23日の日大高戦が連投となるため、土屋監督にはこの日の綾瀬戦は他の投手を先発させる構想もあったが、エースの心意気に胸を打たれ、先発を託す条件として、ロッテ涌井のような「脱力フォーム」と「省エネ投球」の2つを出した。

本田は監督の要求を忠実に守った。9回を投げ、わずか89球。8三振を奪いながら、5回以降は全イニングをひとケタ投球数に抑えた。本田は「準決勝、決勝が連戦。そういう部分でも、球数を少なく投げられたのは収穫」と強調。「(体に)いい張りがあって、投げやすいです」と連投に自信を示し、土屋監督も「明日も本田です。公表します」と明言した。

新スタイルで、プロのスカウト陣の評価も上げた。初回に連打で先制された後、最速147キロを記録した直球よりも、スライダー、カーブと変化球を効果的に使う投球を意識。「タイミングを外そうと思った」と投球センスも光った。4球団が視察する中、ロッテ井辺スカウトは「2回以降、投球が変わった。それが彼のセンス」と評価した。

(7月22日 神奈川大会4回戦 星槎国際湘南5―1綾瀬)


本田君のピッチング動画はこちら

本田君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 11:18|この記事のURL

ドラフトニュース検索