ドラフト会議情報局 2021高校生ドラフト候補 2021大学生ドラフト候補 2021社会人ドラフト候補
2021ドラフト全指名選手 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
ロッテ

永野将司(ロッテ戦力外)、東京のクラブチーム入団

2022年01月17日

高校野球ドットコムより (source)

2017ロッテドラフト6位 永野将司
ホンダ・投手

元ロッテの永野将司投手(2017ロッテ6位)の所属先が東京都の強豪クラブチーム・全府中野球倶楽部に決まった。同チームのフェイスブックアカウントは、永野が練習に合流したことを告知。22年度は永野を加えた計8人の新戦力が加わる予定。

永野は150キロを超える剛速球が持ち味の左腕で、1軍では通算22試合に登板。昨年は1軍登板はなかったが、トライアウトで自慢の速球が最速148キロを計測するなど、参加投手の中でもストレートの威力は突出していて、まだ現役を続けられると思わせるものがあった。

プロ入りするまでHondaでプレーしていた永野にとっては、5年ぶりの社会人野球となる。圧巻の投球を見せることを期待したい。これで合同トライアウト参加者から独立・社会人野球の所属先が決まったのは計10人となった。



下は2017ドラフトでロッテが指名した選手です。永野将司は6位指名入団。プロでの成績はこちら


ロッテの2017ドラフト指名選手
1位 安田 尚憲 履正社高 内野手
2位 藤岡 裕大 トヨタ自動車 内野手
3位 山本 大貴 三菱自動車岡崎 投手
4位 菅野 剛士 日立製作所 外野手
5位 渡辺 啓太 NTT東日本 投手
6位 永野 将司 ホンダ 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

南&松田(ロッテ戦力外)、プロスカウト兼育成担当に

2022年01月11日

Full-Countより (source)
ロッテは昨年限りで現役を引退した南昌輝氏(2010ロッテ2位)、松田進氏(2018ロッテ7位)がプロスカウト兼育成担当に就任したことを発表した。

南氏は2010年にドラフト2位指名を受け入団。2018年には難病指定の「黄色靭帯骨化症」が判明し手術を経験。NPB通算190試合に登板し11勝8敗、防御率3.59の成績を残した。

松田氏は2018年にドラフト7位指名を受け入団。2019年に1軍出場を果たし、NPB通算は3試合に出場。打率.200、0本塁打1打点だった。また、榎康弘アマチーフスカウトがスカウト部長に就任することも重ねて発表した。



draftkaigi at 07:03|この記事のURL

河野佳(大阪ガス)が始動、ロッテ・オリックス視察

2022年01月08日

日刊スポーツwebsiteより (source)

河野佳(大阪ガス・投手)
176cm・右投右打・動画

社会人野球の大阪ガスが7日、西宮市内で練習を公開し、今秋ドラフト有力候補で最速151キロ右腕の河野佳投手(動画)が都市対抗&日本選手権のダブル優勝を誓った。プロに注目される立場だが、チームへの思いが強い。「日本選手権3連覇、2大大会優勝を目標にやっている。優勝に導きたい」と言い切った。

発奮材料は同学年の好投手だ。昨秋に見たテレビで胸がうずいた。クライマックスシリーズ、日本シリーズでヤクルト奥川が躍動。「制球がいい。球数も少ない。勝てる投手ですね」。

かつての星稜のエースだけではない。オリックス宮城は昨季13勝で、ロッテ佐々木朗も剛速球を披露した。「早く自分もああいう場面で投げて、ああいう活躍をしたい」と意気込んだ。

広陵高3年時の19年センバツで150キロを計測してプロに注目されたが、社会人へ。「絶対に活躍できる自信もなかった。社会人でドラ1を目指す方がいいんじゃないか」。3年前、同校の中井哲之監督と交わした約束が、原動力になる。

この日はキャッチボール後、自ら両翼のポール間走を繰り返した。「平均球速を上げたい。145キロ以上は出せれば」と言った。前田孝介監督は「持っている資質が高い。鍛えながら強くなっていった。まだまだ伸びしろがある」と評する。

寒空の下でロッテ、オリックスのスカウトが視察し、秋は注目株になりそうだ。だが、河野は冷静に言う。「都市対抗で優勝したい。負けない投手、みんなに頼られる投手になりたい」。勝負の1年は頂点だけを見る。



河野君のスカウト評はこちら

河野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

高浜卓也(ロッテ戦力外)、自動車のセールスマンに

2021年12月24日

12/24、デイリースポーツ10面「第2の人生へプレーボール」より

2007阪神高校ドラフト1巡目 高浜卓也
横浜高・内野手

野球に携わりたい思いもあったが、自身を磨いていくため、別業界への転身の道を選んだ。高浜卓也(2007阪神1巡目)埼玉県内売上高上位の自動車販売業者へと就職することを決断した。

「野球の業界ならある程度分かるから楽な部分はあるけど、今まで経験したことのない社会で新しいことに挑戦したいと思いました。その方が社会人として成長できると思ったんです」

11月上旬に戦力外通告を受け、2日後には金髪を黒髪に染め直し就活を開始した。そんな時「家族のためにファミリーカーに替えよう」と出向いた販売店で、就職の話が進んでいった。もともと車に興味があり「縁だと思いました」と即決した。

阪神、ロッテで14年、ボロボロになるまでやりきり、悔いはない。19年に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け育成契約になるも、今季2軍で結果を残し支配下復帰。6月26日・日本ハム戦、弟・祐仁の前で放った中前打が1軍最後の安打となったが「試合のことより苦しいリハビリの時のことばかりを思い出す」という。

阪神の07年度ドラフト組では最後の現役選手だった。森田一成さん、黒田祐輔さんとは今でも連絡を取り合う。一般企業務めの経験のある森田さんには「野球が一番かもしれないけど、別の世界も案外、楽しいよ」と背中を押された。不安もあるが、同期の励ましの言葉を支えにトップセールスマンとしての活路を開いていく。



下は2007高校ドラフトで阪神が指名した選手です。高浜卓也は1巡目指名入団。プロでの成績はこちら

阪神の2007高校ドラフト指名選手
1巡目 高浜 卓也 横浜高 内野手
2巡目 指名権なし
3巡目 森田 一成 関西高 内野手
4巡目 清原 大貴 常総学院高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

宗接唯人(ロッテ戦力外)、来季からJFE東日本へ

2021年12月22日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2016ロッテドラフト7位 宗接唯人
亜細亜大・捕手

ロッテから戦力外通告を受けた宗接唯人捕手(2016ロッテ7位)が21日、来季から社会人野球のJFE東日本でプレーすることが分かった。宗接は亜大から強打の捕手として16年ドラフト7位でロッテに入団した。5年間で1軍出場は4試合。今季は3試合の出場に終わり、戦力外通告を受けた。

「受け入れていただいて、本当に感謝しています。練習参加した時のチームの雰囲気はとても良かった。今年も都市対抗野球に出場して実力あるチームなので、楽しみです」と期待に胸を膨らませた。

プレースタイルは変えない。社会人でも、強打の捕手をアピールする。「今までのプライドはすべて捨て、全力プレーを忘れずにチームの力になれるようプレーをするだけ。頑張ります」と力を込めた。5年のプロ野球人生に区切りをつけ、社会人野球へ-。宗接の第2の人生が始まる。



下は2016ドラフトでロッテが指名した選手です。宗接唯人は7位指名入団。プロでの成績はこちら

ロッテの2016ドラフト指名選手
1位 佐々木 千隼 桜美林大 投手
2位 酒居 知史 大阪ガス 投手
3位 島 孝明 東海大市原望洋高 投手
4位 土肥 星也 大阪ガス 投手
5位 有吉 優樹 九州三菱自動車 投手
6位 種市 篤暉 八戸工大一高 投手
7位 宗接 唯人 亜細亜大 捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索