ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ロッテ

五十幡亮汰(中大)、ロッテ・日本ハムびっくり

2020年09月23日

9/23、スポーツ報知4面より 
 
五十幡亮汰(中央大・外野手)
171cm・右投左打・動画

昨秋覇者の中大は東洋大との開幕戦を3―0で制した。サニブラウンに勝った男として知られる快足外野手・五十幡亮汰(動画)が1安打2盗塁。超絶スピードに全12球団のスカウト陣から驚嘆の声が上がり、ドラフトで外れ1位指名の可能性も出てきた。

春季リーグは新型コロナウイルスの影響で中止。今秋は2回戦総当たり制で、勝利数の多いチームが優勝となる(従来は2戦先勝の勝ち点制)。

風を切って本塁に滑り込んだ。1点リードの8回2死満塁、内山京祐の中前安打で、二塁走者の五十幡は、相手中堅手の前進守備のなか、悠々セーフ。昨秋からの連覇を狙うチームに貴重な3点目をもたらした。

全12球団52人のスカウトの度肝を抜いた。2つの二盗を決め、ソフトバンクのスカウトが計測したスタートから二塁到着までのタイムは2秒97。3秒3を切れば俊足とされるだけに超人的だ。ロッテ・永野プロアマスカウト部長も「超トップクラス。ウチの和田もここまでは速くない」と話す。

足だけじゃない。相手の失策を呼んだ遊直に、一直、左前安打と、強くて低い打球を連発した。「球が速い投手には力負けしないように、しっかり振っていくことを心がけています」。

俊足選手にありがちな走り打ちとは無縁の力強いスイングに、日本ハム・大渕スカウト部長も「凡打を含め、バッティングの中身がいい」とうなずいた。50メートル5秒6の俊足だけでなく、遠投110メートルの強肩も魅力。周東を発掘したソフトバンク・永井編成育成本部長は「だいぶ評価を上げたんじゃないか」と指摘した。

これまでドラフト上位候補の一人とされてきたが、俊足選手を補強ポイントとする球団が外れ1位で指名する可能性も出てきた。

(9月22日 東都大学野球 中大 3―0 東洋大)



五十幡君のスカウト評はこちら

五十幡君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:40|この記事のURL

平内龍太(亜大)、ロッテ「打ちづらい投手」

スポーツ報知websiteより (source)

平内龍太(亜細亜大・投手)
186cm・右投右打・動画

亜大の最速154キロ右腕・平内龍太投手(動画)が、2―2で迎えた7回裏から登板。いきなり3者三振に取り、場内を沸かせた。

それぞれの決め球は異なり、スライダー(見逃し)、139キロのスプリット(空振り)、最後の打者は、この日の最速となる153キロのストレート(見逃し)。「リーグ戦が出来ることがありがたい。調子は良かったです」。久々の神宮のマウンドで、思い切り腕を振った。

8回も3者凡退としたが、9回裏に悪夢が待っていた。1死満塁のピンチをつくると、7番・宮崎大輔三塁手に痛恨のデッドボール。押し出しでサヨナラ負けとなった。「抑えたい気持ちが強く、力が入ってしまった」。相手を圧倒するボールを持ちながら、結果を残すことはできなかった。

3月に右ひじの軟骨除去手術を受け、本格的な投球を再開したのは7月から。復調途上の状態でのパフォーマンスであることを考えれば、先々が非常に楽しみだ。

ロッテ・永野スカウト部長は「球持ちが良く、腕が遅れて出てくるという、なかなか見られないフォームから、あれだけの直球を投げる。打ちづらい投手だと思う。それに、スプリットもいい」と評価。目標のプロ入りに向け、どれだけアピールが出来るか。リーグ戦での平内の投球に注目だ。

(9月22日 東都大学野球 立正大 3-2 亜大)



平内君のスカウト評はこちら

平内君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

益田武尚(北九州市大)、ロッテ「闘争心見られた」

2020年09月22日

9/22、スポニチwebsiteより (source)

益田武尚(北九州市立大・投手)
176cm・右投右打・動画

九州六大学野球は春季リーグが中止だったため、1年ぶりの開幕となった。昨秋覇者の北九州市大は3―1で九州大に勝利した。

プロ注目の最速152キロ右腕、益田武尚投手(動画)が3安打1失点で完投し、15奪三振。1年ぶりの公式戦で好スタートを切った。それでも満足感はなかった。「悪いところをつぶしていきたい。無駄な四球をなくしたい」。

3―0とリードし、2安打投球を続けていた8回。先頭打者にボールが4つ続き、この試合初の四球。続く打者に2ボールから左越えに適時二塁打を浴び失点した。「僕の課題である気が抜けるところがあった」。

ここからが本領だった。「あの1点でやばい、と思いました。一気にギアを上げました」。持ち味の直球や多彩な変化球で2つの三振を奪うなど、後続を3人で抑えた。「真っすぐはギアを入れたとき、結構いい球だった」と話した。

プロ志望届を提出済みで、複数球団がネット裏から視察。ロッテ・福沢スカウトは「スイッチが入ったときの闘争心が見られた。そこが頼もしかった」と評価した。

昨秋はリーグ優勝したが、九州大学選手権の決勝で九産大に敗れ、神宮大会出場を逃した。益田は「チームが勝てるようにしっかり頑張っていきたいと思います」と気を引き締めていた。

(9月21日 九州六大学野球 北九州市立大 3―1 九州大)



益田君のピッチング動画はこちら




draftkaigi at 07:04|この記事のURL

渡部健人(桐蔭横浜大)、ロッテ「リスト柔らかい」

スポニチwebsiteより (source)

渡部健人(桐蔭横浜大・三塁手)
175cm・右投右打・動画

今秋のドラフト候補で、体重112キロの桐蔭横浜大・渡部健人三塁手(動画)がハツラツと動いた。打撃は3回に左翼線二塁打こそ放ったものの好機で凡退するなど4打数1安打。大学通算34本塁打(リーグ通算11発)から上積みは出来なかったが、守備では2度の三ゴロを軽快にさばいた。

「目標はプロ1本。守れて打てて走れて走れる選手になりたい。打つだけではプロでは生きていけない」。あこがれは「体型が似ている山川選手(西武)」という“ハマのおかわり君”が目を輝かせた。ちなみに50メートル走は6秒3である。

スタンドで視察したロッテ・中川スカウトは「打撃はリストの柔らかさが魅力。守備は出来るし、足もまずまず」と評価した。

(9月21日 神奈川大学野球 横浜商大 7―3 桐蔭横浜大)



渡部君のスカウト評はこちら

渡部君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

小郷賢人(東海大)、ロッテ「縦のスライダーいい」

2020年09月21日

スポーツ報知websiteより (source)

小郷賢人(東海大・投手)
180cm・右投右打・動画

昨秋まで4連覇中(今春は中止)の東海大は、今秋ドラフト上位候補の155キロ右腕・小郷賢人(動画)が9回に失策がらみで決勝点を献上。小郷にとって、これがリーグ戦通算18登板目で初失点で、自身初黒星(3勝)。1―2で敗れ、痛い黒星を喫した。今秋は1試合総当たり制で行われる。

前日(19日)の桜美林大戦に続く連投となった小郷は、1―1の8回から2番手として登板。この回は1三振を含む3者凡退で退けたが、9回は先頭打者の飛球を三塁手が落球(記録は失策)。無死二塁から投前のバントを小郷が一塁に悪送球し、二塁走者が生還(記録は犠打と失策)。これが決勝点となった。

小郷は2回を投げ、1安打1奪三振、1失点(自責0)。最速は150キロだった。

昨夏の右肘痛から復活した剛腕の投球をチェックするために、ネット裏にはプロ11球団のスカウトが集結。ロッテ・榎チーフスカウトは「ボールが力強く、縦のスライダーはなかなか打たれない。連投できるのが見られたのは収穫」と評価した。

リリーフ専門の小郷は、この試合までリーグ戦通算17試合に登板し、24回1/3を投げて38奪三振で無失点だった。この日の失点は自責点ではなかったため、通算防御率は驚異の0.00をキープしている。

(9月20日 首都大学野球 筑波大 2―1 東海大)



小郷君のスカウト評はこちら

小郷君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索