ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ロッテ

ロッテ、ドラフト1位は佐々木朗希(大船渡)に決定!

2019年10月16日

10/16、日刊スポーツ5面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

ロッテはZOZOマリンでスカウト会議を行い、大船渡・佐々木(動画)を1位指名することを決めた。井口監督が「佐々木投手で行こうと決まりました。将来性もある投手。競合するのはわかっているが、うちのチームは一番の選手を指名するのがここ何年か続いている。ぜひとも指名させていただきたい」と明言した。

約5時間にも及んだ会議だが、1位指名はすんなり決まった。「まだまだ伸びしろもある。スカウト陣もここ何十年見た中で一番いいという評価。まだまだ完全ではないと聞いているが、逆に言えば完全じゃない状態であれだけですから」と現場、フロント、スカウトの意見が一致。

最大8球団の競合も予想される中、そのリスクを背負うだけの逸材と判断した。今季、高卒3年目の種市がチームトップタイの8勝を挙げるなど、チームには若手が育つ環境もある。

くじ引きは昨年、3球団競合の末、藤原を引き当てた井口監督が務めることも決まった。「何とか引き当てたい。世界に羽ばたける投手だと思う。ぜひ一緒にやりたいと思う」。その手で令和のスターを引き当てる。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ロッテ、ドラフト1位は佐々木朗希(大船渡)有力

2019年10月15日

10/15、スポニチwebsiteより (source)

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

ロッテは15日のスカウト会議後にドラフト1位指名選手を公表する。出席する井口監督が「昨年も(公表)したし、今年もするんじゃないかな」と明かした。既に大船渡・佐々木(動画)星稜・奥川(動画)に絞り込み、スカウト会議で最終決定するが、高校歴代最速の163キロを誇り、将来性の高い佐々木が有力だ。  

指揮官は就任1年目で初のドラフトだった昨年は大阪桐蔭・藤原の1位指名を公表し、3球団の競合で指揮官自ら交渉権を引き当てた。

この日はZOZOマリンで秋季練習を指導し「若手の底上げが大事」と話した。今季は8勝を挙げた3年目の種市や5勝の5年目・岩下ら若手が台頭。今ドラフトでは将来の投手王国の柱になる超高校級右腕を指名する。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

伊志嶺翔大(ロッテ戦力外)、1軍コーチに就任

2019年10月14日

10/14、日刊スポーツ8面より

2010ロッテドラフト1位 伊志嶺翔大
東海大・外野手

3日に戦力外通告を受けていたロッテ・伊志嶺翔大外野手(2010ロッテ1位)が13日、現役引退を発表し、コーチに就任した。ZOZOマリンでの秋季練習でさっそく指導を開始。役割は未発表だが、1軍で走塁を中心に担当する見通し。

「1日1日勉強しながら、選手個人個人を見ながらアドバイスや話し合いをしていきたい。選手と年齢が近いので、いい距離感でサポートできたら」と意気込んだ。井口監督も「盗塁のスタートや投手のクセなど一番分かっている。いろいろ伝えていってほしい」と期待する。

伊志嶺コーチは東海大時代にラグビー日本代表主将のリーチ・マイケルと同級生。同じ授業を受けたこともあり、10年ラグビー大学選手権決勝・帝京大戦も応援に行ったという。「彼(リーチ)は日の丸を背負って主将として頑張っている。応援することしかできないですけど、頑張ってほしい」。

自身も将来は代表選手を育てられるコーチになるつもりだ。



下は2010ドラフト会議でロッテが指名した選手です。伊志嶺翔大は1位指名入団。プロでの成績はこちら

ロッテの2010ドラフト指名選手
1位伊志嶺 翔大東海大外野手
2位南 昌輝立正大投手
3位小林 敦七十七銀行投手
4位小池 翔大青山学院大捕手
5位江村 直也大阪桐蔭高捕手
6位藤谷 周平南カリフォルニア大投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ロッテ、郡司裕也(慶応大)を上位候補にリストアップ

2019年10月13日

10/13、スポーツニッポン6面より

郡司 裕也 (慶応大・捕手)
180cm・右投右打・動画

ロッテが、慶大・郡司裕也捕手(動画)をドラフト上位候補にリストアップしていることが12日、分かった。6日に行われた編成会議で「即戦力捕手はドラフトの補強ポイント」と松本尚樹球団本部長は語っていたが、その一人に挙がるが郡司だ。

遊撃手の平沢(現ロッテ)らと甲子園準優勝した仙台育英から慶大へ進学し、1年秋から「4番・捕手」に座った。東京六大学通算85安打&9本塁打。強肩と強打がセールスポイントで4年時には主将も任され、元近鉄捕手である大久保秀昭監督の薫陶を受けた。

千葉出身で、09年にNPBジュニアトーナメントにマリーンズJrで出場。入団すれば同チームからのロッテ入りは初めてとなる。今季、福浦が引退したチームには新たな地元出身の主力候補だ。

同時に球団は正捕手の田村をおびやかす即戦力候補の東洋大・佐藤都志也捕手(動画)東海大・海野隆司捕手(動画)も上位候補に入れ、他球団の動向を見つつ指名順を検討する。



郡司君のスカウト評はこちら

郡司君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

ロッテ、ドラフト上位候補をチェック

2019年10月07日

10/7、スポーツニッポン4面より
ロッテの井口監督、松本尚樹球団本部長、永野吉成チーフスカウトらが、ZOZOマリンでドラフト指名候補のチェックを行った。4時間半かけて70人分のビデオを見た指揮官は「投手ではずばぬけている選手が何人かいた。大船渡・佐々木(動画)は初めて見ましたけど、いい球を投げる」と語った。 

星稜・奥川(動画)明大・森下(動画)も合わせ「上位候補に差はない」と松本球団本部長。他球団の動向も見つつ、17日のドラフト会議直前に最終的な1位指名を決定する。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL


ドラフトニュース検索