ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ロッテ

奥川恭伸(星稜)、ロッテが異例の連日視察

2019年08月21日

8/21、スポーツ報知終面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

余力たっぷりにお立ち台に登った。星稜・奥川(動画)は7回を87球で2安打無失点。「少なく終われてよかった。決勝につながる投球になった」。松井秀喜が2年生だった91年4強を超え、95年準V以来の決勝進出。9点リードの8回からは「高校に入って初めて」の左翼に回り、聖地を見渡した。「全体が広く見える感じ」。

令和初、北陸勢初となる夏日本一の景色が目前に迫った。延長14回165球で23三振を奪った17日の智弁和歌山戦の死闘から、18日の仙台育英戦で温存。休養日だった19日の昼食後、林和成監督に「状態もいいのでいけます。いきたいです」と先発を願い出た。

「ここまで来たら投げたいし、ほかの投手に譲らずに上がりたい気持ちでした」。指揮官は「迷いがありました。決勝のことも考えた。奥川は後ろでという気持ちがあったが、本人の意向も、明日の休養日も大きかった。決勝前の休養日がなかったら、奥川は先発させなかったと思う」と明かした。

毎回150キロ台を連発した智弁和歌山戦から中2日でモデルチェンジした。「だいぶ変わったと思う。体の重さも感じてました。腕をマン振りして速い球を続けるより、緩急をつけた方が有効」。スライダー、チェンジアップ、フォークを駆使し、5回に最速153キロをマーク。初回先頭に中前安打を許したが、7回2死の2安打目まで10奪三振を含め20人連続斬り。二塁を踏ませなかった。

プロのスカウトは全校が初戦に登場するまでの視察が通例だが、ロッテ・永野チーフスカウトは異例の準決勝まで熱視線。「この2試合で投手としてのスキルが格段に上がった。大船渡・佐々木と双璧になった。1年春に初めて見たとき、林監督に日本一の投手になれますよと伝えた。やっとですね」とうなずいた。

初戦から4試合32回1/3を1失点で、自責は0。1971年の桐蔭学園・大塚喜代美以来48年ぶり8人目となる防御率0.00の優勝投手にも王手をかけた。決勝では、センバツで17K完封の履正社と再戦。「春とは全く違うチームになっている」と警戒しながら「最後にマウンドで集まるイメージを持って臨みたい」。BIG4が騒がれた夏に、真のNo.1をつかみ取る。

(8月20日 甲子園大会準決勝 星稜 9-0 中京学院大中京)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

奥川恭伸(星稜)、阪神・楽天・ロッテの声

2019年08月18日

8/18、デイリースポーツ1面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

伝説となる死闘の主役は、やはりこの男だった。今秋ドラフト1位候補の星稜・奥川恭伸投手(動画)が右足をつるアクシデントに見舞われながらも14回を投げ切り、23三振を奪って3安打1失点で完投。延長十三回から今大会初のタイブレークに突入し、十四回にサヨナラ勝利が決まると号泣した。

~以下、奥川のスカウト評~

▼阪神・筒井スカウト
「鳥肌が立ちました。今まで見てきた中でもベストピッチかなと。こういう仕事をしていても、なかなかこれだけのピッチングは見れるものじゃない。精神的にも成長している」

▼楽天・立花球団社長
「素晴らしいです。甲子園に毎年来ているんですけど、ここ数年ではナンバーワン」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「スライダーの切れがいい。大きな課題をクリアできた。(大船渡・佐々木と比較しても)遜色ない可能性が出てきた」


(8月17日 甲子園大会3回戦 星稜 4-1 智弁和歌山)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 08:50|この記事のURL

ロッテがスカウト会議、高校生34人に絞り込み

2019年08月17日

スポニチwebsiteより (source)
ロッテの松本尚樹球団本部長は16日、オリックス戦が行われる京セラドームに現れ、13日にスカウト会議を行い、高校生のドラフト候補を34人に絞ったことを明かした。

高校生だけの会議をして、34人残りました。星稜・奥川(動画)大船渡・佐々木(動画)横浜・及川(動画)創志学園・西(動画)は上位候補に残しています」とビッグ4を高く評価した。

また、複数獲得を目指している高校生捕手については智弁和歌山・東妻(動画)はいい捕手」と真っ先にドラフト2位ルーキー・東妻の弟の名前を挙げたほか中京大中京の藤田(動画)星稜の山瀬(動画)、プロ志望かは分からないが、筑陽学園の進藤(動画)もいい」とこちらも4人の名前を挙げていた。

今後は大学、社会人候補の最終チェックを行い、最終的な指名リストを完成させる。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ロッテ大卒新人トリオ好調、ドラ3・中村が活躍

2019年08月16日

8/16、サンケイスポーツ2面より

2018ロッテドラフト5位 中村稔弥
亜細亜大・投手・動画

ロッテのドラフト5位・中村稔弥投手(動画)の好投で、勝利へ加速した。2番手で3回を1安打無失点。2ホールド目を記録した。「点差もあったので、あとは自分の球を投げるだけだと。ロング(リリーフ)として、しっかり3回を投げられてよかった」

5-0の六回からマウンドに上がり、七回まで三者凡退に。八回は2死一、二塁とされたが、大田を投ゴロに仕留めて無失点で切り抜ける。直球の球速は140キロ台中盤だが、ツーシームを生かして打者を打ち取った。チームは3投手で無失点リレーを完成させ、日本ハム3連戦3連勝。“大卒ルーキーズ”が3タテに貢献した。

ドラフト2位・東妻(日体大)が13日に救援で今季2勝目を挙げ、前日14日はドラフト3位・小島(早大)が先発でプロ初勝利をマーク。そして、この日は中村稔が力投した。

新人9選手のうち、大卒投手はこの3人。周囲に惑わされないのが中村稔の特長だ。沖縄・石垣島での春季キャンプ2日目、3人が並んでブルペン入り。雄たけびをあげて投げる東妻を「全く気にならなかった」とマイペースを貫いた。それでも、今カードの東妻と小島の活躍に「すごいなと刺激にもなった」。同期入団の仲間の奮闘も発奮材料だった。

まだまだ上位はあきらめない。「若い力は必要。しっかり底上げしてくれている」と井口監督。疲れのたまる夏場に、フレッシュな3人組がチームの活力になる。

(8月15日 パ・リーグ ロッテ 6-0 日本ハム)



下は2018ドラフトでロッテが指名した選手です。5位指名・中村君のスカウト評はこちら

ロッテの2018ドラフト指名選手
1位 藤原 恭大 大阪桐蔭高 外野手
2位東妻 勇輔日本体育大 投手
3位小島 和哉早稲田大 投手
4位山口 航輝 明桜高 外野手
5位中村 稔弥亜細亜大 投手
6位古谷 拓郎 習志野高 投手
7位松田 進 ホンダ 内野手
8位土居 豪人 松山聖陵高 投手
育1鎌田 光津希 四国IL徳島 投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ロッテドラ3・小島、甲子園優勝投手がプロ初勝利

2019年08月15日

8/15、スポーツ報知7面より

2018ロッテドラフト3位 小島和哉
早稲田大・投手・動画

気力を振り絞りロッテ・小島(動画)は左腕を振った。7-0の6回。1点を返され、なおも2死二、三塁。自己最多114球目のカットボールで谷内を遊ゴロに仕留めた。6回を投げ4安打4四球も1失点にまとめ5戦目でプロ初勝利。ヒーローインタビューでは「結構長い時間がかかったけど勝ててよかった」と満面の笑みを浮かべた。

エリート街道を歩んできた左腕にとって忘れられない一戦がある。13年に浦和学院の2年生エースとしてセンバツ優勝。公式戦無敗のまま臨んだ同年夏の甲子園では1回戦で仙台育英に11失点しサヨナラ負けを喫した試合だ。左足をつって降板するアクシデントに見舞われ、182球の熱投も実らず途中降板。号泣しながらグラウンドを去った。

「高校に入って最初に負けたのが、あの試合。それまでは投げれば勝つのが当たり前。あの試合のおかげで勝つのが当たり前じゃないんだなと教えられた」


早大では東京六大学リーグ戦通算22勝。即戦力として満を持して臨んだ4月4日。プロ初登板初先発の西武戦では2回8失点の屈辱を味わった。自信を打ち砕かれたルーキーは打ち込まれる自分の映像を何度も見返し糧にしてきた。「勝てないんじゃないか」という弱い気持ちに打ち勝てたのも6年前の聖地で学んだ経験があったからこそだ。

打線も4本塁打などで9点を奪いルーキーを援護した。チームは2連勝で4位タイに浮上。「ルーキーらしく勢いをつけられる投球をしたい」と小島。逆転CSを狙う上で頼もしい新星が誕生した。

(8月14日 パ・リーグ ロッテ 9-4 日本ハム)



下は2018ドラフトでロッテが指名した選手です。3位指名・小島君のスカウト評はこちら

ロッテの2018ドラフト指名選手
1位 藤原 恭大 大阪桐蔭高 外野手
2位東妻 勇輔日本体育大 投手
3位小島 和哉早稲田大 投手
4位山口 航輝 明桜高 外野手
5位中村 稔弥亜細亜大 投手
6位古谷 拓郎 習志野高 投手
7位松田 進 ホンダ 内野手
8位土居 豪人 松山聖陵高 投手
育1鎌田 光津希 四国IL徳島 投手


draftkaigi at 07:02|この記事のURL


ドラフトニュース検索