ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
ロッテ

ロッテ育1位・武内涼太、「佐々木朗希を越えたい」

2023年11月25日

スポニチwebsiteより (source)

2023ロッテ育成1位 武内涼太
星稜高・投手・動画

ロッテから育成ドラフト1位指名された星稜高・武内涼太投手(動画)が24日、石川県金沢市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸230万円(金額は推定)で合意した。

最速149キロの右腕は3度甲子園に出場。高校の先輩であるヤクルト・奥川の動画などを参考に下半身の使い方などを工夫してきたという。

プロ入り後の目標にはチームの先輩となる佐々木朗の名を挙げ、「自分も真っすぐがセールスポイントで、その真っすぐが一番凄い投手といえば佐々木朗希選手なので。目標とする選手が近くにいるで良かった」とチームメートとなれることを喜び、「目指すなら高くいきたいので、いずれ佐々木朗希投手を超えたい」と力強かった。

まずはしっかり体づくりをし、支配下登録されることが目標。「将来は日本を代表する投手になりたいけど、まずは千葉ロッテマリーンズで応援される選手に。まだ凄い応援を体験したことがないので、早く体験できるように支配下登録されて1軍に上がりたい」と意気込んだ。



武内君のスカウト評はこちら

武内君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ロッテ育4位・藤田和樹、プロでは外野手1本で勝負

2023年11月24日

日刊スポーツwebsiteより  (source)

2023ロッテ育成4位 藤田和樹
延岡学園高・投手・動画

ロッテの育成ドラフト4位、延岡学園・藤田和樹外野手(動画)が23日・宮崎・延岡市内のホテルで入団交渉を行い、支度金300万円、年俸230万円(金額は推定)で合意した。

186センチの長身から投手としても140キロ台後半をたたきだすが、球団は高校通算20本塁打のパンチ力を評価。未来の中軸候補として期待している。「やってやろうという気持ち。プロでは外野手1本でいこうと思っている。安田選手や山口選手が目標」と“脱・二刀流”で勝負する。

球団には、高校の先輩である黒木知宏投手コーチが在籍している。面識はないが「プロ野球で活躍するすべを学びたい」と志願。球団公式YouTubeは常時チェックしていると言い「キャンプの動画とかよく見てます」と、今後の自分を重ねてイメージを膨らませている。

体づくりからのスタートで、当面の目標は支配下昇格になる。将来的には「大谷(翔平)選手のような、日本を代表する選手になりたい」と夢を描いた。



藤田君のスカウト評はこちら

藤田君のピッチング動画は
こちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ロッテ5位・寺地隆成、一塁や三塁もこなす打てる捕手

2023年11月21日

中日スポーツwebsiteより (source)

2023ロッテドラフト5位 寺地隆成
明徳義塾高・捕手・動画

ロッテからドラフト5位で指名された明徳義塾高の寺地隆成捕手(動画)が20日、高知市内のホテルと球団と入団と契約交渉に臨み、契約金3000万円、年俸500万円で契約を結んだ。

寺地は「契約をしてプロ野球選手になる実感が湧き、いざこれからという気持ちです。捕手として指名して頂いたので、打てる捕手を目指したいです。まずは1軍に出場することが目標です」とコメント。

今夏に侍ジャパンUー18代表のメンバーに選ばれ、「まだ捕手の経験は少ないですが、バッティングを売りにファーストやサードなど他の守備もできるので様々な形でチャンスをつかみたいです」と続けた。

ロッテは新入団する選手に好みのロッテ製品を尋ねるのが定番で「好きなお菓子は『紗々(芳醇いちご)』です。中学1年生の時に初めて紗々を食べて、繊細な美味しさに衝撃を受けました」とも語った。



寺地君のスカウト評はこちら

寺地君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:56|この記事のURL

ロッテ育5位・富山紘之進、セールスポイントは肩の強さ

2023年11月19日

スポニチwebsiteより (source)

2023ロッテ育成5位 富山紘之進
会津北嶺高・捕手・動画

ロッテから育成ドラフト5位で指名された福島・会津北嶺高の富山紘之進捕手(動画)が18日、会津若松市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸230万円(金額は推定)で合意した。

強肩強打が持ち味で、夏の福島大会では同校初の4強入りに貢献した富山は「いよいよ始まるんだなという気持ちです。まずは支配下契約を勝ち取ることが目標です。しっかり体を作って、プレーも同時に磨いていきたいです。自分のセールスポイントは肩の強さなので、肩を活かしながら憧れのオリックス森友哉選手のように打てるキャッチャーとなって、チームに欠かせない存在になりたいです」と抱負を語った。



富山君のスカウト評はこちら

富山君のバッティング動画は
こちら

draftkaigi at 06:40|この記事のURL

ロッテ4位・早坂響、村山先輩とバッテリー組みたい

2023年11月18日

スポニチwebsiteより (source)

2023ロッテドラフト4位 早坂響
幕張総合高・投手・動画

ロッテからドラフト4位指名された幕張総合高の早坂響投手(動画)が17日、千葉市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸560万円で合意した。背番号は12月上旬に開催される新入団会見で発表される予定。

千葉・松戸市出身で小学時代に公式ファンクラブ「TEAM26」に入会していほどのロッテファンで、何度も足を運んだ本拠地ZOZOマリンと現在通っている幕張総合高は直線距離で約2キロ。先月16日に行われたソフトバンクとのCSファーストステージ最終戦も観戦し、劇的な逆転サヨナラ勝利を目撃した。

「やっとマリーンズの一員になれた。これからやってやるぞ!っていう、そういう気持ちです」と心境を明かし、「自分が投げてる姿を見て、いろんな方にワクワクしてもらったりとか、野球ってすごいなとか、そういう風に思ってもらえるような選手になりたい」と抱負を口にした。

捕手から投手へ本格的に転向したのは昨年11月。当初135キロだった球速は1年足らずで151キロキロまで伸び、その成長曲線が評価されてのプロ入り。無限の可能性を秘めている右腕は目標の投手に来春からチームメートとなる佐々木朗の名前を挙げ、「今の目標は(球速)155キロ。夢は160キロ」と宣言。

「ロッテには(幕張総合の)先輩と村山さんがいるので、1軍の舞台でバッテリーを組むの夢です」と未来を見据えた。会見に同席した榎康弘アマスカウトディレクターは「将来は投手の軸となって、マリンスタジアムで活躍して千葉を盛り上げてくれたら」と地元出身の大器に期待した。



早坂君のスカウト評はこちら

早坂君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:56|この記事のURL


ドラフトニュース検索