ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
ロッテ

西舘昂汰(筑陽学園)、ロッテ・巨人・日ハム視察

2019年03月11日

3/11、スポーツ報知6面より

西舘 昂汰 (筑陽学園高・投手)
186cm・右投右打・動画

センバツに出場する筑陽学園の西舘昂汰投手(動画)が10日、沖縄・浦添高グラウンドで行われた同校との練習試合で今年初の実戦登板。2回から4イニングを投げ、3安打無失点、5奪三振と好投した。腰痛で調整が遅れていたが、志願登板で自身のMAXを1キロ更新する145キロもマーク。昨秋九州王者の鍵を握る187センチ右腕が、順調な仕上がりを見せた。

長い右腕を力みなく振った。キレのある直球に加え、変化球も要所で低めに決まる。「思ったよりよかった。今年、打者をつけるのが初めて。実戦は(昨年11月の)神宮(大会)以来です」。1月下旬に腰を痛め、紅白戦でも登板はできなかった。「焦ってました。一発目で無失点に抑えられて、自信になります」と笑った。

巨人、ロッテ、日本ハムと3球団4人のスカウトが視察。ロッテ・永野チーフスカウトは「よかった。体もまだできてないし、伸びしろがある」と更なる成長に期待した。

「チームとして甲子園で勝ったことがないので、まずは1勝。最終的には優勝したい」と西舘。昨秋、エース級の働きを見せた背番号10が、センバツでも主役の座を狙う。

(3月10日 練習試合 筑陽学園 11-1 浦添)



西舘君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

仙台大4投手に7球団視察、ロッテ「球の力持っている」

デイリースポーツwebsiteより (source)
そろって今秋ドラフト候補に挙がる仙台大・小林快投手(動画)稲毛田渉投手大関友久投手(動画)ヤクルトなど7球団の前で、プロ入りへ向けてアピールした。

最も目立ったのは、2番手で1回無失点に抑えた稲毛田だ。9日の城西国際大戦にも先発した右腕。連投の影響で「疲れがあった」と漏らしながら「狙いにいった」と2者連続の空振り三振に斬った。最速は一気に4キロ更新する153キロ。「びっくりした」と驚きつつ、大台突破にはにかんだ。

先発した小林、3番手・大関の両左腕には課題が残った。小林は「立ち上がりをちょっと乱してしまって、少し配球を考えていれば」と4回2失点。自己最速となる148キロをマークした大関も「単調にいき過ぎた」と3回2失点を反省した。

3番手で1回を3者連続空振り三振の快投を披露した右腕・宇田川優希投手(動画)を加えた投手カルテットでチームを支える。所属する仙台六大学リーグでは、昨季の大学選手権王者・東北福祉大がライバル。「倒さないと全国には行けない」と小林は闘志を燃やす。

チーム内の争いに、大関は「みんなレベルが高いので、負けてられない」と改めて気を引き締めた。視察したロッテ・柳沼スカウトは「球の力は持っている。また見に行きたいと思います」と4投手を評価。東北の強力投手陣が、全国区になる日も近い。

(3月10日 オープン戦 日体大 4-4 仙台大)



稲毛田君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。



draftkaigi at 07:00|この記事のURL

及川雅貴(横浜)、ロッテ「1位候補でしょう」

2019年03月10日

日刊スポーツwebsiteより (source)

及川 雅貴 (横浜高・投手)
182cm・左投左打・動画

横浜・及川雅貴投手(動画)「151キロですか!?たまたまですよね!?」と目を丸くし、驚いた。9日、沖縄市での招待試合(対美里工)で今季初登板。左翼からの秒速8メートルの風が少々追い風になったか、視察したDeNA・稲嶺スカウトのスピードガンが「151」を表示した。

予定の5回を、1安打6奪三振の無失点投球。及川は「調子がいいわけではないけれど、無失点でホッとしました」と振り返った。

高校入学以来、速球とスライダーだけで投げ抜いてきたが「幅を広げるために」と、年明けからチェンジアップを練習してきた。この日は「投げる場面がなかったです」と、初回の投球練習で1球投げるだけに終わったが、出場するセンバツでも「第3の球種」は効果を発揮しそうだ。

プロ9球団20人のスカウトが視察。西武の6人を筆頭に、うち7球団は複数のスカウトでチェックした。ロッテ・永野チーフスカウトは「1位候補でしょう。日本から左腕が1人流出したし、次世代のそういうタイプかな」とマリナーズ菊池に及川を重ねるように話した。堂々の「ドラ1」候補として、自身3度目の甲子園へと調整を進めている。

(3月9日 招待試合 横浜 3-2 美里工)



及川君のスカウト評はこちら

及川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

前田敬太(専修大)、ロッテ相手に5回1失点と好投

2019年03月09日

サンスポwebsiteより (source)

前田 敬太 (専修大・投手)
184cm・右投右打・動画

東都大学野球の専大は8日、さいたま市のロッテ浦和球場で練習試合を行い、2-4で敗れた。

現在東都リーグ2部の専大の先発右腕・前田敬太投手(動画)は、5回5安打、1四球、5三振、1失点に抑えたもののその後の投手陣が失点し、打線の援護も2点までで敗れた。ロッテのドラフト1位ルーキー、藤原恭大外野手から空振り三振も奪った。

1メートル84、83キロで直球の最速146キロの前田は「カーブとフォークが使えた。でも、負けてしまったし、2年の春までは東都の1部で投げていて、その後2部。この春は(2部で)優勝して、秋のリーグ戦は神宮球場の1部でやれるようにしたい」と、戦国東都で巻き返しを誓った。

(3月8日 練習試合 ロッテ 4-2 専修大)



前田君のピッチング動画はこちら




draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ロッテ3位・小島和哉が好投、開幕ローテへ名乗り

2019年03月07日

3/7、デイリースポーツ4面より

2018ロッテドラフト3位 小島和哉
早稲田大・投手・動画

ロッテ・ドラフト3位小島(動画)が日本ハムとのオープン戦で四回からマウンドへ。場内アナウンスで本名の「オジマ」ではなく「ピッチャーは涌井に代わりましてコジマ」のコールにもめげることなく3回を1失点と先発入りへアピールした。

強気が持ち味の小島だがオープン戦初登板の緊張もあり「全然何も聞こえませんでした」。それでも最初の打者、谷内から変化球で空振り三振を奪い、緊張感は消えた。2死一、二塁から西川を一ゴロに仕留めた。三回を被安打2で1失点。近藤、森山、中島からも三振をマークした。すべて空振りだった。

「150キロが出る投手ではない。7、8割で体の切れで投げるのが一番です」。140キロ前後の真っすぐと多彩な変化球を操る。制球力とテクニックが持ち味だ。好結果の中にホロ苦さもあった。六回、大田に浴びた一発は左翼場外弾だった。「あそこまで飛ばされたのは初めてです。想定外を超えていた」。

昨季、チームの先発左腕は土肥の2勝止まりで、左日照りは深刻だ。井口監督は「いい球を投げていた。次は長くなるでしょう」と先発テストのハードルを上げる。プロ入り後の決まり文句は「コジマじゃない。オジマです」。先発陣へ近づくたびに認知度は増すはずだ。

(3月6日 オープン戦 ロッテ 10-7 日本ハム)



下は2018ドラフトでロッテが指名した選手です。3位指名・小島君のスカウト評はこちら

ロッテの2018ドラフト指名選手
1位 藤原 恭大 大阪桐蔭高 外野手
2位東妻 勇輔日本体育大 投手
3位小島 和哉早稲田大 投手
4位山口 航輝 明桜高 外野手
5位中村 稔弥亜細亜大 投手
6位古谷 拓郎 習志野高 投手
7位松田 進 ホンダ 内野手
8位土居 豪人 松山聖陵高 投手
育1鎌田 光津希 四国IL徳島 投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索