ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
ロッテ

青野善行(国際武道大)、ロッテ「直球の質いい」

2018年06月15日

6/15、スポーツニッポン11面より

青野 善行 (国際武道大・投手)
180cm・右投右打・動画

国際武道大は7回コールドで、準優勝した昨年に続く2年連続4強入りを決めた。プロ注目の最速148キロ右腕・青野(動画)が5回で毎回の8三振を奪い2安打無失点。最速145キロを計測し「直球が思った通りに投げられた。カーブも良かった」と納得の表情。

ロッテ・榎康弘スカウトは「指先に掛かったいい直球。千葉出身(市立船橋高校出)ですからね」と地元の星に期待した。

(6月14日 全日本大学選手権準々決勝 国際武道大 8-0 徳山大)




青野君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

辰己涼介(立命大)、広島・ロッテ「1位の可能性も」

2018年06月12日

6/12、日刊スポーツ7面より
 
辰己 涼介 (立命館大・外野手)
180cm・右投左打・動画

立命大(関西学生)のドラフト上位候補、辰己涼介外野手(動画)が全国の舞台でスピードスターぶりを披露した。決勝の適時二塁打をはじめ、俊足を生かしたプレーで奈良学園大(近畿学生)戦の勝利に貢献。国内12球団100人超のスカウト陣を仰天させた。

▼広島・鞘師スカウト
「走攻守全てトップレベルで、ドラフト上位候補。指名の状況次第では、1位に挙がる可能性もありますね」

▼ロッテ・永野チーフスカウト
「足がめちゃくちゃ速い。うちの荻野、小坂誠とかのレベル。打撃はもう少し修正能力がほしいところだが、それを上回る身体能力がある」


(6月11日 全日本大学選手権1回戦 立命館大 4-3 奈良学園大)



辰己君のスカウト評はこちら

辰己君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 09:40|この記事のURL

高橋拓巳(日本生命)、ロッテ・オリックス高評価

2018年05月29日

スポニチwebsiteより (source)

高橋 拓巳 (日本生命・投手)
176cm・左投左打・動画

日本生命の今秋ドラフト候補左腕・高橋拓已投手(動画)が今大会初登板し、2回で2三振を奪い1安打無失点に抑えた。

「コントロールがアバウトなところがあった。調子が良くない中で、勝ちにつなげられてよかった」。3点リードの8回から登板。9回は先頭打者を四球で歩かせ、2死後に安打で一、二塁とピンチを広げたが、最後の打者を遊飛に仕留めた。

桐蔭横浜大ではリーグ戦通算21勝。入社1年目の昨季は主にリリーフで起用され、秋の日本選手権では救援4試合で15イニングを投げ1失点(自責0)に抑えて準優勝に貢献した。持ち味の直球が通用しなかった経験から、スライダーやカーブの変化球を磨き、最速も今春に148キロまで更新と成長を続けている。

注目度の高さを示すように5人態勢の阪神と巨人を含む9球団が視察。日本生命OBでもあるロッテ・下敷領悠太スカウトは、持参のスピードガンで145キロを計測し「真っすぐの質がいいし、球威も去年より上がっている」とコメント。

同じく日本生命OBのオリックス・内匠政博スカウトは「初登板の緊張を考えれば上々かな。真っすぐで空振りが取れているのはいい」
とストレートを評価した。

(5月28日 近畿2次予選 日本生命 3-0 ニチダイ)



高橋君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

甲斐野央(東洋大)、巨人・ロッテが高評価

2018年05月17日

5/17、スポーツ報知4面より

甲斐野 央 (東洋大・投手)
187cm・右投左打・動画

東洋大の今秋ドラフト1位候補右腕・甲斐野央(動画)が、自己最速を1キロ更新する159キロをマークした。立正大に連敗したが、2位・国学院大も亜大に連敗。中大を除く5校に優勝の可能性が残る大混戦となったが、東洋大は最終週の亜大戦で勝ち点を挙げれば、3季連続の優勝が決まる。

3番手で登板。8回1死一、二塁のピンチで、フィリーズ・大慈弥環太平洋担当部長のスピードガンで99マイル(約159キロ)を計測した。先月27日の国学院大戦で158キロをマークしたばかり。「調子は良かった。でも立正の打者が良くて、力負けした」と唇をかんだ。

身長185センチの大型右腕を大慈弥スカウトは「下半身の使い方がいい。体重移動がうまく、指にボールがかかっている」と分析。154キロを計測した巨人・吉武スカウトは「体が強いし、エンジンが大きい」。152キロを計測したロッテ・永野チーフスカウトは「地肩が強い。身体能力の高さもある」と評価した。

今季最長の3回を6安打2失点。58球を要し、4奪三振。29日からの亜大戦へ向け「自力優勝があるのは自分たちだけ。切り替えて頑張りたい」と前を向いた。

(5月16日 東都大学野球 立正大 7-3 東洋大)




甲斐野君のスカウト評はこちら

甲斐野君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

頓宮裕真(亜細亜大)、ロッテ「打球がすごい」

5/17、スポニチwebsiteより (source)

頓宮 裕真 (亜細亜大・捕手兼一塁手)
183cm・右投右打・動画

亜大はプロ注目の4番・頓宮裕真(動画)が1-0の初回1死一塁でバックスクリーン左へ今季5号2ランを放った。体が前に突っ込まないようにスタンスを広く修正し「体が開かず、うまく打てた」と納得の表情。

青学大・井口忠仁(1996ダイエー1位)日大・村田修一(2002横浜自由枠)の持つシーズン8本のリーグ最多記録も射程圏だが、2安打2打点に加え犠打でも貢献した主砲は「(個人成績より)チームの成績だけを意識する」と話した。

視察したロッテの山森雅文スカウトは「打球が凄い。右方向でもどこでも入る」と飛距離を絶賛した。

(5月16日 東都大学野球 亜細亜大 8-6 国学院大)



頓宮君のスカウト評はこちら

頓宮君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索