ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 2018指名予想 皆様の指名予想 12球団ドラ1の傾向 ホームに戻る
横浜DeNA

DeNAが「プロで通用」と太鼓判を押す高校生2投手

2018年08月15日

8/15、東京スポーツ5面より 
DeNA・高田GM、同・吉田スカウト部長が連日甲子園のネット裏で熱視線を注いでいる。13日の最大の興味の的は、沖学園との2回戦で、投手として今大会に初先発した大阪桐蔭の二刀流・根尾(動画)だ。

この日は5番・投手でスタメン出場。打撃では自身初の甲子園1号本塁打を放ったが、投手としては8回で2本塁打を含む8安打、4失点。野手としての評価は高くとも、プロで投手をやるのは厳しいかと思ったら、吉田スカウト部長は逆だった。

「球威、フォーム、コントロールと、投手としても確実に成長している。2年生までは野手投げでしたが、今大会は投手としてのしっかりした投げ方ができるようになりました。今の根尾なら、投手としても十分に魅力があります」。ふだん辛口で鳴らす高田GMも「一口に言えば球の質がよくなった。あれならプロでも通用するだろう」と絶賛。

根尾本人も「投球練習は大会中も毎日やっています。いつでもいけるように準備はしている」と、自分の投手力に自信を深めている様子。プロ入りを表明するに当たり、あらかじめ二刀流起用を希望する可能性もある。新人のスカウティングの成功率が高いDeNAだけに、そのへんも抜かりなくリサーチしているようだ。

もうひとり、高田GMが「プロ並みの球質」と評価しているのが、浦和学院のエース・渡辺(動画)。初登板だった12日の1回戦は6回3安打無失点と仙台育英打線を寄せ付けず。浦学の森監督が「投手としてだけなら大谷(現エンゼルス)に匹敵する素材でしょう」と語っているほどだ。

吉田スカウト部長の評価も高く「あれだけの長身から力とスピードのある真っすぐを投げられる」のが一番の魅力。加えて「変化球の球種も多彩で、緩急を使った投球もできるから」という。

ちなみに、渡辺本人も自信満々だ。「真っすぐの最高速度は150キロ以上。変化球はカーブ、緩いスライダー、時々ツーシームも投げます。ここは三振が欲しいという場面では積極的に狙いにいきます」と言うことも大変頼もしい。

果たして、編成トップの高田GMまで甲子園に足を運んできたDeNAが、渡辺や根尾を獲得できるのか。水面下でのスカウト合戦は、大会の後に本番を迎える。



根尾君のスカウト評はこちら

渡辺君のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:05|この記事のURL

DeNA、近江&大阪桐蔭のスラッガーに熱視線

2018年08月14日

8/14、サンケイスポーツ2面より 
大阪桐蔭・根尾昂内野手(動画)同・藤原恭大外野手(動画)が、ともに13日の沖学園戦で本塁打。その裏で、プロ球団のスカウトの視察日程を延長させていた。例年なら、国内12球団のスカウトの夏の甲子園視察は、全出場校が一巡すると終了モード。多くのスカウトは、大学や社会人野球のオープン戦など担当拠点に移動する。

今年は前日12日に全56校が初戦を終了。しかし13日の第1試合は、多くの球団が1位候補にリストアップする根尾、藤原らが出場する大阪桐蔭の試合とあって、少なくともソフトバンク、楽天、ロッテ、阪神、DeNA、巨人、ヤクルトの7球団が視察を続けた。ヤクルトは伊東昭光編成部長も残った。日本ハム・栗山監督もこの試合を観戦した。

DeNAは高田繁ゼネラルマネジャー(GM)が訪れ、吉田孝司スカウト部長らと第3試合の近江-前橋育英まで残り、熱い視線を送っていた。高田GMは、根尾と藤原の“本塁打競演”に「今さら言うことはない。見ての通りだよ」と笑顔で評価。

また、1回戦の智弁和歌山戦で2本塁打を放っている近江・北村恵吾内野手(動画)の打席を見て、球場を後にした。将来的な右の大砲候補としてチェックしたようだ。



根尾君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

藤原君(大阪桐蔭)のスカウト評はこちら

北村君(近江)のスカウト評は
こちら

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

小園海斗(報徳学園)、広島・DeNAなど4球団の声

2018年08月12日

8/12、サンケイスポーツ5面より

小園 海斗 (報徳学園高・遊撃手)
177cm・右投左打・動画

第100回全国高校野球選手権大会の第7日は11日、1回戦、2回戦各2試合が行われた。8年ぶり出場の報徳学園(東兵庫)は、12年連続出場の聖光学院(福島)に3-2で勝利。今秋のドラフト1位候補・小園海斗内野手(動画)が大会記録に並ぶ1試合3本の二塁打を放ち、全3得点をマークした。

▼DeNA・吉田スカウト部長
「(小園について)打撃は確実に上がっている。しっかり捉えられて、振りが鋭くなっているから二塁打3本という結果になる」

▼中日・米村チーフスカウト
「(小園について)第1打席、左中間への打球で一気に二塁を陥れたスピードは、高校生ではあまり見かけない。守備のうまさは言うまでもない」

▼中日・中田アマスカウトディレクター
「(小園について)全てにおいてリズミカル。打撃は積極的に打ちにいく姿勢があり、どの球でもジャストミートできる」

▼オリックス・古屋編成部副部長
「(小園について)守りと脚力は1軍レベル。打撃は二塁打が打てるから元中日・立浪みたい。小園と藤原(大阪桐蔭)は5年に一人の存在」

▼広島・苑田スカウト統括部長
「(小園について)内野手として大学や社会人も含めて一番、上手い。(球種や状況など)ゲームに応じたプレーができる」



(8月11日 夏の甲子園2回戦 報徳学園 3-2 聖光学院)



小園君のスカウト評はこちら

小園君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:14|この記事のURL

西純矢(創志学園)、DeNA「故・星野仙一みたい」

2018年08月10日

8/10、スポーツ報知1面より

西 純矢 (創志学園高・投手)
183cm・右投右打・動画

雄たけびが聖地に響いた。創志学園が4点リードで迎えた4回2死二塁のピンチ。西(動画)はフルカウントからの7球目、高めの142キロ直球を投じた。空振り三振。ピンチ脱出だ。派手に帽子を飛ばし、半回転して拳を握りしめた。勢いのまま、創成館を無四死球で4安打完封。6者連続を含む毎回の16三振の衝撃甲子園デビューだ。

「野球人生で一番いい投球ができました。憧れの場所で投げて、自分のいつも以上の力が出せました」。2年生の16K以上の無四死球完封は、1948年の学制改革以降、初の快挙。100回大会のスター候補に躍り出た。

消えるスライダーで三振の山を築いた。この日の最速となる149キロの直球を見せ球に使い、16のうち11Kを落差の大きい変化球で奪った。岡山大会優勝の瞬間は、イナバウアーのように背中を大きく反らせる“西バウアー”でド派手にガッツポーズ。甲子園でも三振を奪うたび、闘志むき出しで夏空にほえた。

岡山球児の燃える男・・・。DeNAの吉田スカウト部長が「仙ちゃん(星野仙一氏)みたいだね。気持ちの強さが見える」と今年1月4日に天国へ旅立った倉敷商出身の大投手とダブらせれば、広島・苑田スカウト統括部長は「来年のドラフト1位。現時点で今大会No.1投手」と大絶賛した。

先輩を超えた。OBの巨人・高田萌生に「154キロを出したニュースを見て、格好いいなと思った」と憧れ、入学を決意。16年夏の甲子園で初戦敗退した高田を超え、同校夏の甲子園初勝利に導いた。長沢宏行監督も「西の方が上。びっくりした。あれだけ成長したとは」と舌を巻いた。

(8月9日 夏の甲子園1回戦 創志学園 7-0 創成館)



西君のスカウト評はこちら

西君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01|この記事のURL

吉田輝星(金足農)、DeNA・楽天「江川や桑田級」

2018年08月09日

8/9、スポーツ報知5面より

吉田 輝星 (金足農高・投手)
176cm・右投右打・動画

金足農の150キロ右腕・吉田輝星(動画)が、今大会No.1投手の実力を披露した。走者の有無などで3段階の直球を投げ分けるクレバーな投球で、鹿児島実から14三振を奪って1失点完投勝ち。チームに23年ぶりの甲子園勝利をもたらした。

▼DeNA・吉田編成部長
「(吉田について)センスの塊。投球に強弱をつけピンチで力を出せる。江川に似ている」

▼楽天・長島スカウト部長
「(吉田について)今年の高校生の右投手では一番。直すところがない。けん制、フィールディング、マウンドさばき、全部がうまい。センス、完成度の高さを例えるなら桑田かな」


(8月8日 夏の甲子園1回戦 金足農 5-1 鹿児島実)



吉田君のスカウト評はこちら

吉田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

ドラフトニュース検索