ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
横浜DeNA

DeNAドラ2・伊藤、衝撃の2打席連続本塁打

2019年08月11日

8/11、デイリースポーツ5面より

2018DeNAドラフト2位 伊藤裕季也
立正大・二塁手・動画

力強い弾道が左翼席へ伸びる。新たに現れたヒーローのフルスイングにスタジアムが揺れた。DeNAドラフト2位・伊藤裕季也内野手(動画)がプロ初先発で初アーチ。さらに2打席連発で同点2ランを八回に放ち、勝利に貢献した。

衝撃は1-3の六回だった。先頭の打席で、小笠原の内角高め直球にやや詰まりながらもパワーで運んだ。「入るとは思わなかった」と少し驚いたような表情で、軽快にダイヤモンドを一周した。2-4の八回は無死一塁からロドリゲスの151キロを捉えた。「野球人生で2打席連続は初めて」と振り返る同点2ランが流れを呼び込み九回のサヨナラ劇へつながった。

3月、中日とのオープン戦。第1打席で一塁ライン際へ放った飛球を、ファウルと判断して走らなかった。打球はフェアゾーンへ落ちて一塁アウト。ラミレス監督から「受け入れがたいプレー」と即刻交代を命じられた。この経験を伊藤裕は「野球を辞めるまで、忘れてはいけない」と胸に刻んだ。

それから5カ月。くしくも同じ中日戦で、全力プレーを見せた。指揮官は称賛しつつ、「これだけ打つと相手も分析してくる。彼が今後どう対応していくか」とさらなる進化を求めた。将来の大砲候補が強烈なインパクトを残した。

(8月10日 セ・リーグ DeNA 5-4 中日)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。2位指名・伊藤君のスカウト評はこちら

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

DeNAドラ2・伊藤、1軍戦でマルチ安打達成

2019年08月10日

8/10、西日本スポーツ4面より

2018DeNAドラフト2位 伊藤裕季也
立正大・二塁手・動画

DeNAのドラフト2位新人、伊藤裕(動画)が5回に代打で二塁打を放ってプロ初安打を記録した。ロメロの2球目の速球を空振りした後、バットを短く落ち直して4球目の150キロを豪快に振り抜いて右中間を破った。

二塁の守備にも就き、6回は木下雄の変化球に巧みにバットを合わせて左中間二塁打とした。宮崎の故障で8日に1軍へ昇格したばかり。期待の長距離砲は「経験ではなく、勝つために貢献したいと思っている」と活躍を誓った。

(8月9日 セ・リーグ DeNA 10-6 中日)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。2位指名・伊藤君のスカウト評はこちら

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

武岡龍世(八戸学院光星)、DeNA高評価「動きいい」

2019年08月07日

8/7、デイリースポーツ7面より 

武岡 龍世 (八戸学院光星高・遊撃手)
178cm・右投左打・動画

プロ注目の坂本2世、武岡龍世内野手(動画)が3安打で初戦突破に貢献した。守備でも軽快な動きを見せ、「やっと甲子園で自分のプレーができた」とホッとした擁す。DeNA・吉田スカウト部長は「いいところを見せてくれたね。守備の動きもよかった」と評していた。

(8月6日 夏の甲子園1回戦 八戸学院光星 9-0 誉)



武岡君のスカウト評はこちら

武岡君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

DeNA、佐々木(大船渡)指名回避のウワサ

2019年08月02日

8/2、東京スポーツ4面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

今秋ドラフトの超目玉、大船渡・佐々木朗希投手(動画)の争奪戦から早くもDeNAの離脱が予想されている。12球団の先陣を切って日本ハムが6月2日に「ドラフト1位指名」を公言。

巨人は7月29日のスカウト会議後、長谷川スカウト部長が「確かに大谷君もすごいなと思ったけど、佐々木君の方がすごいと思う。ボールの強さが違う。大谷君も160キロが出たけど、佐々木君の160キロは、えっ、そんなもんか。もっと出たんじゃないのと思った。クイックもできるし変化球のコントロールも。腕が緩まない。そういうところも、やっぱり魅力」とベタ褒め。佐々木が1位候補の最右翼であることを示唆した。

今から何球団が1位指名で重複するのか注目される“令和の怪物ドラフト”だが、複数のNPB球団の間で「あそこはすでに降りている」と断定的に語られているのが、今夏の岩手大会で大船渡が戦った6試合に一度も姿を見せなかったという唯一の球団であるDeNAだ。

通常、これだけ注目されている投手の最後の地方大会調査に担当スカウトさえ現場にいないノーマークはあり得ない。複数のNPB球団スカウトは「あそこは例年、大学生の即戦力投手にいって、それなりの実績を残している。その方針を貫くということでしょう」と、大学No1右腕、明大・森下暢仁投手(動画)を筆頭とする独自路線継続を予想しながら、姿を見せない潜行調査に不気味さも感じている。

確かにDeNAの1位指名は2014年の山崎康晃投手(亜大=15年セ新人王)、15年今永昇太投手(駒大)、16年浜口遥大投手(神奈川大)、17年東克樹投手(立命大=18年セ新人王)、18年上茶谷大河投手(東洋大)と最近5年は当たり続き。

このゲンのいい路線の踏襲が前提なら、佐々木にシフト変更する方が球団にとってはリスクが大きいという考えなのだろうか。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

DeNAドラ1・上茶谷、球団新人記録の6連勝マーク

2019年07月31日

7/31、サンケイスポーツ2面より

2018DeNAドラフト1位 上茶谷大河
東洋大・投手・動画

スイスイと7回を投げた。76球の“燕料理”。DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(動画)が3安打2失点と好投し、球団の新人記録を更新する6連勝で6勝目を挙げた。

「ここ3試合は野手の方に打ってもらい、チームが勝てた(2勝1分け)。そこに関してはよかったです」。
四回に山田哲に同点2ランを許したが「まだ同点。0-0のつもりで」と切り替えた。そこから無安打、1四球。三浦投手コーチに教わったカーブを有効に使い、61キロの球速差で翻弄した。

「あの辺で見ていたんですよ」。懐かしそうに指差したのは横浜スタジアムの三塁側内野席。昨年6月に日本ハム戦を知人と観戦した。東、宮崎、ロペスの名前入りタオルを掲げ「康晃ジャンプ」も体験。熱狂的な応援に心を打たれた。

この日からの3連戦は「YOKOHAMA STAR☆NIGHT(スターナイト)」。選手が着用するのと同デザインの特別ユニホームが配布される夏の人気イベントが開催されている。あの日から1年。球団史上最多、3万2162人の観衆を今度は選手として魅了した。

「一つでも勝利に貢献して巨人を抜けるように頑張ります」。負けないルーキーは首位・巨人の猛追を誓った。

(7月30日 セ・リーグ DeNA 6-2 ヤクルト)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。1位・上茶谷君のスカウト評はこちら

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:01|この記事のURL


ドラフトニュース検索