ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
横浜DeNA

森下暢仁(明治大)、DeNA「大学No.1、1位候補」

2019年04月23日

4/23、スポニチwebsiteより (source)

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

3回戦1試合が行われ、明大が立大を4-1で下し、2勝1敗で勝ち点1とした。今秋ドラフト1位候補の森下暢仁投手(動画)が10奪三振の力投。散発4安打で1失点に抑え、リーグ通算10勝目を完投で飾った。  

主将兼エースとして意地の140球完投だった。8回に1点を奪われ完封こそ消えたが、森下はマウンドを譲るつもりはなかった。「初戦にKOされ、部員に“3回戦で勝たせてくれ”と言ったら“分かりました”と」

20日の1回戦で完封を許した立大のエース田中誠とは対照的に6回4失点で降板。府中市の寮でビデオを見直し、左手の使い方や一塁側へ早めに倒れる上体を矯正し、10三振を奪う完投につなげてエース対決で雪辱した。「真っすぐだけでなく、カーブ、チェンジアップと緩急を使えた」。

球場表示は最速149キロだったが、スカウト陣のスピードガンでは自己最速にあと2キロに迫る152キロを計測。DeNAの八馬幹典スカウトは「大学ではNo・1。1位候補です」と断言した。リーグ10勝目に到達。快速右腕は「“まだ10勝”と言われないよう、次は1戦目から勝ちたい」と語気を強めた。

(4月22日 東京六大学野球 明治大 4-1 立教大)



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

佐々木朗希(大船渡)、巨人・DeNA・オリックスの声

2019年04月21日

4/21、サンケイスポーツ5面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

最速163キロを誇る剛腕、大船渡高の佐々木朗希投手(動画)が20日、宮城・仙台育英高との練習試合に登板。3回2/3を投げて3安打2失点、4四球5奪三振だった。最速も150キロで数字上は際立ったものはなかったが、多彩な変化球を中心とした技巧派投球に、視察した日米合計20球団のスカウトら関係者は、評価をさらに高めた。(以下スカウト評)

▼オリックス・長村球団本部長
「初めて見たが、変化球中心に課題を持って投げていると思った。上背、リーチ、スケール感のある投手」

▼巨人・柏田スカウト
「意図があって、こういう(変化球中心の)投球をしている。夏には、こういう対応をしないといけないと分かっているのでしょう」

▼DeNA・欠端スカウトグループリーダー
「夏を考えて、真っすぐを生かすための変化球を試しているのだろう」

▼フィリーズ・大慈彌環太平洋担当部長
「クイック、牽制、フィールディングという勝てる投手に必要な部分を見せた」


(4月20日 練習試合 仙台育英 8-4 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:04|この記事のURL

高部瑛斗(国士舘大)に8球団、DeNA・巨人など評価

2019年04月17日

スポーツ報知websiteより  (source)

高部 瑛斗 (国士舘大・外野手)
177cm・右投左打・動画

今秋ドラフト候補の国士舘大・高部瑛斗中堅手(動画)が東農大戦で右前安打を放ち、東都大学リーグ2部通算100安打を達成した。

2点リードで迎えた2回1死一塁の第2打席。カウント2ボール1ストライクから引っ張り、痛烈に一、二塁間を破った。3年秋まで99安打。50メートル5秒8の1番打者は、4年春初戦で大台にスピード到達も「100本は意識していなかった。通過点だと思います」。記念のボールも手にしなかった。

戦国東都の2部通算最多安打は東農大・陽川尚将(阪神)の109本とされ、1部最多は中大・藤波行雄(元中日)の133本。東京六大学で通算最多131安打の明大・高山俊(阪神)が3年秋までにジャスト100本だった。高部は「140本。大学で誰もいったことがないくらいまでに到達できるように」と果てしない領域を見据えた。

プロ8球団16人が視察し、最多7人態勢のDeNA・吉田スカウト部長は「2部でも100安打は大したもの。野球センス、スイング力を感じるし、足も肩もある」と称賛。巨人・青木スカウトは「振る力があり、身体能力が高い」と熱視線を送り、ソフトバンク・荒金スカウトは「左打者としては辰己(楽天)、近本(阪神)に似たタイプ」と素材の高さを評した。

(4月16日 東都大学2部リーグ 国士舘大 3-2 東農大)



高部君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

京都国際VS京都翔英に巨人・DeNAなど4球団視察

2019年04月15日

スポーツ報知websiteより (source)
昨秋の近畿大会に出場した京都国際の最速147キロ右腕・酒井海央(動画)と、京都翔英のMAX145キロ右腕・遠藤慎也の好投手対決は、酒井に軍配が上がった。酒井は初回、三浦凱大一塁手に3ランを浴びたが「仲間が声をかけてくれたので、ギアを上げて頑張ろうと思った」と、7安打4失点で完投した。

遠藤は4-0の5回に福岡茉倫中堅手に満塁弾を許すなど7回5安打5失点だった。「野手のみんなに申し訳ない。次は投げ勝ちたい」と、リベンジを誓った。

この日は巨人、DeNA、楽天、日本ハムの4球団が視察。同じくプロ注目の京都翔英・山本仁左翼手は4打数1安打だった。「夏に悔しい気持ちを晴らしたい」と、雪辱に燃えていた。

(4月14日 春季京都府大会2回戦 京都国際 5-4 京都翔英)




draftkaigi at 07:01|この記事のURL

DeNA3位・大貫晋一、阪神相手にプロ初勝利マーク

2019年04月12日

4/12、スポーツ報知4面より

2018DeNAドラフト3位 大貫晋一
新日鉄住金鹿島・投手・動画

憧れた背番号18の助言を胸に刻んだ。DeNA・大貫(動画)は生命線のツーシームを投げきった。初回2死満塁、中谷を二ゴロに仕留めピンチを脱すると波に乗った。直前、三浦投手コーチがマウンドに来た。「攻める気持ちを持ってしっかり投げなさいと言われ集中しました」

5回5安打1失点。ドラフト1位・上茶谷より先に3位右腕がプロ初勝利を挙げた。初登板だった4日のヤクルト戦では3回途中4失点KO。5回100球と球数は要したが、ツーシーム、フォークを軸に丁寧に低めを突いた。

何げなく行ったハマスタが運命だった。日体大2年の秋に右肘を手術。野球ができず将来が見えなかった4年の夏、観戦に訪れた。球場は満員。右翼席で立ち見した大貫は「背番号18」にくぎ付けになった。現役時代の三浦コーチが阪神・藤浪と投げ合っていた。球速ではかなわず負け投手。

それでも「背中から気迫が伝わってくる投球だった。プロなんて全然だったけど、三浦さんのようにこの舞台に立ちたい」。明確な目標となった。4年秋に復帰し、社会人で成長。憧れの人と同じユニホームに袖を通すことができた。

番長と同じく制球力と多彩な変化球が持ち味。当初は1軍当落線上だったが、オープン戦で結果を残し先発6番手をつかみとった。「純粋にすごくうれしいです。次はもう少し長い回を投げられるように」。夢を現実にした強い意志で大貫が白星を重ねていく。

(4月11日 セ・リーグ DeNA 5-2 阪神)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索