ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
横浜DeNA

DeNAの2020スカウト一覧

2020年01月27日

下は横浜DeNAベイスターズの2020スカウト&編成の顔ぶれです。

編成部部長進藤 達哉
編成部スカウティングディレクター河原 隆一
編成部アマスカウト武居 邦生
編成部アマスカウト欠端 光則
編成部アマスカウト八馬 幹典
編成部アマスカウト篠原 貴行
編成部アマスカウト吉見 祐治
編成部アマスカウト稲嶺 茂夫
編成部アマスカウト安部 建輝
編成部アマスカウト中川 大志


週刊ベースボール1月27日号を参考にしました。

draftkaigi at 17:03|この記事のURL

2020ドラフト、DeNAの補強ポイント

2020年01月18日

週刊ベースボール1月27日号より
昨年のドラフトで編成バランスは均整が取れ、今年はリスクを冒した目玉選手の指名も可能。メジャー志向を表明した守護神・山崎康晃の後釜が必須で速球派の即戦力投手が欲しいところだが、二軍施設の新設もあり育成路線はより濃くなる。本命は高卒世代のスターだろう。



今週の週刊ベースボールはドラフト特集号です。

draftkaigi at 07:01|この記事のURL

2020話題の新人、蝦名達夫(DeNAドラフト6位)

2020年01月15日

1/15、スポーツニッポン4面「球界新士録」より

2019DeNAドラフト6位 蝦名達夫
青森大・外野手・動画

青森県で生まれ、22年間を過ごした。蝦名(動画)の故郷への思いは強い。「野球で活躍して、それで地元をPRできたらいいなと思います」と夢を描いた。

セールスポイントは打撃。バットコントロールに優れ、広角に長打を放つ。強い下半身と腕っぷしもまた、青森が誇る大イベントで磨かれた。県外の私立校の誘いを断り進んだ青森商1年時から青森大4年時まで実に7年間、ねぶた祭で「引き手」を務めていた。

「扇子持ち」と呼ばれる演出家の合図に合わせ、大きなねぶたを引っ張りながら右に左にと動かす役目を担う。1日約2時間。1メートル85と長身の蝦名は常に中腰で「背が高い人ほどきつい。めちゃくちゃつらかったですが、いいトレーニングでした」と胸を張った。

8月に5日間行われる祭典で、高校時代は5日間全て、大学時代も2日間はこの「ねぶたトレーニング」を敢行。土台が築かれた。

北東北大学リーグでは打点王や本塁打王に加え、かつて秋山(レッズ)、外崎(西武)も獲得した首位打者に輝いた。同郷の外崎は特に憧れる存在。打撃ばかり練習していたが「外崎選手を見て、走れる選手にならないといけないと思った」と走塁面を強化するきっかけとなり、走攻守でそつのない選手へと成長を遂げた。

「アップルパンチ」でおなじみの先輩に負けじと、青森県産黒にんにく好きの自身は「ガーリックボンバー」のパフォーマンスを温めている。ドラフト6位からの出発も「ここからがスタートなので、順位は関係ない」と蝦名。たどり着いた舞台で、下克上を成し遂げる。



蝦名君のスカウト評はこちら

蝦名君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 08:57|この記事のURL

DeNAドラ3・伊勢大夢、交通事故を謝罪

2020年01月08日

1/8、デイリースポーツ6面より

2019DeNAドラフト3位 伊勢大夢
明治大・投手・動画

DeNAのドラフト3位・伊勢大夢投手(動画)が7日、自身が起こした交通事故を謝罪した。神奈川県横須賀市の青星寮で取材対応し、再発防止を固く誓った。4日に熊本県内の交差点で車を運転していた伊勢が直進したところ、対向車線の右折車と衝突。その際、衝突した勢いで右折車が後続車とも衝突した。

冒頭、自ら切り出し「被害に遭われた方や関係者の方々、申し訳ございませんでした。また、今後はプロ野球選手としての自覚を一層持ち、行動をしっかりしていきたい」と硬い表情で頭を下げた。

事故発生の原因についてはコメントを控えた。自身は手首や胸を打撲したが、軽傷だったことを説明。8日から始まる新人合同自主トレには予定通り参加する。「正直、事故を起こす前は(プロ入りの)ワクワク感がありましたが、今はこういう状況なので・・・」と心境を口にした伊勢。終始反省の言葉を並べ、過ちを悔いた。



伊勢君のスカウト評はこちら

伊勢君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03|この記事のURL

DeNA、山崎康晃メジャー容認のウラ事情

2019年12月22日

12/22、夕刊フジ33面より

2014DeNAドラフト1位 山崎康晃
亜細亜大・投手


ハマの守護神が、敬愛する主砲の後を追おうとしている。DeNA・山崎康晃投手(2014ドラフト1位)が20日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉。球団にメジャー挑戦の希望を伝えた。

2年連続で最多セーブのタイトルを獲得し、昨年に続き1億円の大幅昇給。来季年俸3億5000万円で「納得してサインさせていただいた」とした上で、「将来、メジャーに行きたいという気持ちを球団に伝え、『しかるべきタイミングで話をしよう』と言っていただいた」と交渉の席でのやりとりを明かした。

「タイミングを遅らせてもいい条件はもらえないし、健康なうちに行きたいのはある」と早期の渡米を熱望する右腕に、球団側も同調の構え。

下交渉の段階から複数回、本人の意向を聞いてきた三原球団代表は「去年の筒香と同じように伝えられたので、『分かった』と。(話し合うのは)来季が始まる前や途中ではないと確認しました。終盤に順位が決まってきたら、そういう話になってくる」と説明した。

三原代表は「方法もまだ(決めてない)」とするが、海外FA権取得は早くとも2023年シーズン。来オフの移籍となれば、ポスティングシステムを使うしかない。

筒香は昨年の契約更改で年俸4億円に達し、今オフのポスティングが認められた。ある球団幹部は「来季、山崎が今年と同程度の成績なら4億円は間違いなく超えてくる。ウチとしてはギリギリの金額」と明かす。守護神としての順調な歩みが、球団内の年俸バランスを傾けつつあるのだ。

同幹部は「何よりもいい条件でメジャーに行って、少しでもチームに還元したいという気持ちもあるのだろう」と右腕のチーム愛にも感じ入っている。両者の思惑は一致。ポスティングへの支障は見当たらない。

とはいっても、すべての青写真は山崎の活躍が大前提だ。チームがセーブ機会をつくり、守護神が仕事を果たす好循環が続けば、自ずとメジャー雄飛への扉が開かれる。



下は2014ドラフトでDeNAが指名した選手です。山崎康晃は1位指名入団。プロでの成績はこちら

DeNAの2014ドラフト指名選手
× 有原 航平    
1位 山崎 康晃 亜細亜大 投手
2位 石田 健大 法政大 投手
3位 倉本 寿彦 日本新薬 内野手
4位 福地 元春 三菱日立PS横浜 投手
5位 山下 幸輝 国学院大 内野手
6位 百瀬 大騎 松本第一高 内野手
7位 飯塚 悟史 日本文理高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:03|この記事のURL


ドラフトニュース検索