ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる
横浜DeNA

佐伯成優(高岡第一)に西武など3球団、DeNA高評価

2020年06月28日

6/28、スポーツニッポン6面より

佐伯成優(高岡第一高・投手)
187cm・右投右打・動画

今秋ドラフト候補で最速146キロを誇る高岡第一・佐伯成優投手(動画)が県岐阜商との練習試合に先発。5回を投げ13安打9失点と崩れたが、日本ハム、西武など視察した3球団のスカウトに潜在能力の高さをアピールした。

「キレが良くなかった。カウントを取れる変化球がないので、実力不足です」。2巡目からタイミングを合わせられ、この日最速だった144キロの真っすぐをことごとく痛打された。

習得に励んでいるカットボールを解禁したが、使いこなすまでには至っておらず「かわす技術も身につけないといけない。今日みたいな相手の時にしっかり抑えられる投手にならないといけない」と今後に向けた課題も明白となった。

手足が長く、1メートル87の長身右腕は佐々木朗希(ロッテ)に立ち姿やフォルムが似通っている。「よく言われるんですが、おこがましい。実力がまったく伴っていない」と謙遜するが「評価していただけるなら行きたい」とプロ入りも見据える。DeNAの進藤達哉編成部部長も「ボールに角度がある」と評価した。

(6月27日 練習試合 県岐阜商 14―2 高岡第一)



佐伯君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

高田琢登(静岡商)に6球団、DeNA・オリックス評価

6/28、スポーツ報知websiteより (source)

高田琢登(静岡商高・投手)
177cm・左投左打・動画

静岡商のプロ注目左腕・高田琢登投手(動画)6球団のスカウトの前で、昨秋県王者の藤枝明誠を4回1安打無失点に封じた。

ギアが上がった。上位打線と当たる4回、静岡商・高田は「主軸を押し切って抑えようと思った。(三振を)狙った」。2番・中沢孝をスライダー、3番・村松をスプリットで連続K。4番・斎藤龍も直球で遊ゴロに斬って取り、予定の4回を1安打無失点、5奪三振と完璧な内容で終えた。

丁寧に四隅を突き、昨秋県5戦35得点の強力打線に仕事をさせなかった。最速は144キロ。ネット裏には過去最多6球団のスカウトが顔をそろえたが「後ろは気になりませんでした」と涼しい顔で振り返った。

DeNA・河原隆一アマスカウトグループリーダーは「イメージはソフトバンクの和田に近い。タイミングを取りにくいし、チェンジアップも武器になる」。ソフトボール日本代表として08年北京五輪で金メダルを獲得したオリックス・乾絵美スカウトも「テンポ良く投げていた。今後も注目したい」と熱視線を送った。

チームは2―3で逆転負け。代替大会初戦は7月18日(2回戦)、星陵―桐陽の勝者に決まった。いずれも未対戦だが「自分が相手の勢いを止めたい」ときっぱり。

日本高野連と日本野球機構が実施するプロ志望者のための「合同練習会」については「高いレベルの選手が集まるので行ってみたい」と話した。次週、7月5日には静高と練習試合を予定している。「まずそこにマックスを持って行く」と昨夏王者を下して本番に備える。

(6月27日 練習試合 藤枝明誠 3-2 静岡商)



高田君のスカウト評はこちら

高田君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:06|この記事のURL

根本悠楓(苫小牧中央)、巨人・DeNAが熱視線

2020年06月21日

6/21、スポニチwebsiteより (source)

根本悠楓(苫小牧中央高・投手)
170cm・左投左打・動画

今秋のドラフト候補が20日、今季初の対外試合に登場した。苫小牧中央の最速146キロ左腕、根本悠楓(動画)は室蘭工戦に先発。巨人とDeNAのスカウトが見つめる中、7回を投げて7者連続を含む13三振を奪った。

痛打されてスイッチが入った。2回に2本の二塁打で1点を失った根本が3回以降、完全投球を見せた。圧巻は3回から5回にかけての7者連続三振。「立ち上がりはボールが高かったけれど、低めを意識して修正できた」と最速141キロの直球に加え、スライダーとチェンジアップで計13三振を奪った。

今季初の対外試合を7回2安打1失点発進した左腕の自己採点は「35点か40点」と超辛口。今月1日から全体練習を再開し、疲労はピークだった。それでも「体が重い中で140キロ超えたのは良かった。疲れが取れたら一気に上がると思う」と今夏の150キロ到達へ手応えも口にした。

白老白翔中3年時の全国中学軟式野球大会決勝で完全試合を達成し、侍ジャパンの一員としてU―15アジア選手権で優勝した逸材だ。

この日は、巨人とDeNAのスカウトが視察に訪れた。巨人の柏田貴史スカウトは「総合力が高い投手。強弱をつけて考えながら投げていた。力を入れたら140キロ出るし、コントロールもいい。負けん気の強そうな顔もいい」と高く評価した。

対外試合解禁により、同校から初めてとなるプロ入りへの挑戦も本格化する。今秋プロ志望届を提出する意思を固めている根本は「小さい頃から目指していたプロに行くためにアピールしたい」と力を込めた。



根本君のスカウト評はこちら

根本君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

大江克哉(NTT西日本)、DeNAスカウト「即戦力」

2020年06月05日

6/5、サンケイスポーツ5面より

大江克哉(NTT西日本・投手)
177cm・右投右打・動画

今秋ドラフト上位候補の最速150キロ右腕、NTT西日本・大江克哉投手(動画)が4日、京都府内の同社グラウンドで練習。「155キロ出してプロに行きたい」と力強く宣言した。

阪神、オリックスで活躍し、昨年から指導する野田浩司臨時コーチは「腕の振りが速くレベルアップした。すぐプロの中継ぎができるイメージ」と太鼓判。

解禁後初視察したOBのDeNA・安部スカウトも「即戦力。体が大きくなった」と高評価だった。



大江君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:01|この記事のURL

DeNA・楽天がスカウト会議開催

2020年06月02日

6/2、サンケイスポーツ4面より
新型コロナウイルスの感染拡大のため自粛されていたプロ野球のスカウト活動が1日、解禁となった。

DeNAは横浜市内でスカウト会議を行い、今後の大学などのオープン戦日程の情報収集に時間を費やした。楽天はオンライン会議で、今週末の社会人のオープン戦から視察を再開することなどを確認した。

大学は構内への入構禁止、高校は授業が再開されていないところも多いが、徐々に今秋のドラフト会議に向けた動きが本格化しそうだ。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら



draftkaigi at 07:04|この記事のURL


ドラフトニュース検索