ドラフト会議情報局 2018高校生の候補 2018大学生の候補 2018社会人の候補 12球団情報まとめ
スカウト評価 指名予想 12球団ドラ1の傾向 2017ドラフトの結果 ホームに戻る
横浜DeNA

DeNA、強さの秘密はドラフト・育成にあり

2018年04月19日

デイリースポーツ4面「DeNA強さの秘密」より
この快進撃を予想外とする声があれば、それは先発3本柱の離脱に起因する。今永、ウィーランド、浜口と昨季2ケタ勝利を挙げた3人が開幕に間に合わないとなれば、チームが危機的状態であるのは間違いないからだ。

窮地を救ったのは2年目の京山(2016ドラフト4位)4年目の飯塚(2014ドラフト7位)ドラフト1位・東(2017ドラフト1位)。そうした若手の躍動を実現させたのは、チームの備えにある。

例えば、今季デビュー3戦3勝の京山だ。昨季は2軍でローテを守り、三浦大輔らに次いで球団史上3人目の規定投球回到達。終盤に1軍昇格の候補にも挙がったが、チームは2軍で投げ切らせることを選択する。青山ヘッドコーチは「京山は下でしっかり育てていく考えだった」と説明。

先発で年間を戦うスタミナと自信を備えさせたことは、今季の躍進と無関係ではない。現在はドラフト3位・阪口が2軍のローテを担っている。

石田、今永、浜口ら即戦力を毎年獲得する一方で、高卒選手を育成して次の層を作る。低迷時代に課題とされたサイクルを構築し「それが今はいい形で出ている」(青山ヘッド)と不測の事態に危機管理として生きた。

南場オーナーも「若手が伸びて、総合力で戦えている」と評価。スカウティングと育成の歯車がかみ合い始めた中、17年ぶり8連勝は決して偶発的な事象ではない。




下は2017ドラフトでDeNAが指名した選手です。DeNAの過去のドラフト指名選手はこちら

DeNAの2017ドラフト指名選手
1位東 克樹 立命館大投手
2位神里 和毅日本生命外野手
3位阪口 皓亮北海高投手
4位斎藤 俊介JX-ENEOS投手
5位桜井 周斗日大三高投手
6位寺田 光輝BCリーグ石川投手
7位宮本 秀明パナソニック内野手
8位楠本 泰史東北福祉大内野手
9位山本 祐大BCリーグ滋賀捕手
育1中川 虎大箕島高投手


draftkaigi at 08:12|この記事のURL

DeNA高卒2年目・京山、新人王有力候補に浮上

2018年04月16日

4/16、デイリースポーツ6面より

2016DeNAドラフト4位 京山将弥
近江高・投手・18歳

強風と雨が伴う春の嵐が去った後のハマスタに、さわやかな風が吹き込んだ。DeNAの19歳右腕・京山将弥投手(2016DeNA4位)が、百戦錬磨を思わせる堂々の投球を展開。デビューから3戦3勝となり、ハーラーダービー単独トップへと躍り出た。

初回から直球にチェンジアップ、スライダーなどを織り交ぜ、中日打線を翻ろうする安定感抜群の投球。四回は1死一、二塁の危機も、2死後に高橋を空振り三振に斬り、力強く右拳を握った。

チーム7連勝中でのマウンドに「すごくプレッシャーはあった」と京山。それでも「自分で途切れさせたらあかんと気合が入った。逆に力になった」と、重圧などみじんも感じさせない内容だった。

普段はYouTubeでお笑いコンビ・千鳥の漫才を見て爆笑する普通の19歳。ひとたびマウンドに上がればラミレス監督が「重圧を全く感じさせないほど落ち着いている」とし、筒香も「堂々としている。若いという目で見ていない」と一目を置く存在だ。

5回2/3を1失点で降板したが、防御率1.10もリーグトップ。指揮官が新人王について「いずれ彼の名前が候補に出ることは間違いない」と早くも言及するほど。チームを17年ぶりの8連勝に導いた右腕が、旋風を巻き起こそうとしている。

(4月15日 セ・リーグ DeNA 6-1 中日)



下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。4位・京山君のスカウト評はこちら


DeNAの2016ドラフト指名選手
× 柳 裕也    
× 佐々木 千隼    
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手
4位 京山 将弥 近江高 投手
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手
9位 佐野 恵太 明治大 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02|この記事のURL

梅津晃大(東洋大)、DeNA「いい投げ方している」

2018年04月11日

4/11、中日スポーツ11面より

梅津 晃大 (東洋大・投手)
187cm・右投右打・動画

自己最長7イニングを投げたが初勝利にはつながらなかった。東洋大のエース・梅津晃大投手(動画)は自責点ゼロで負け投手。「きのう上茶谷が勝ったのでそれに続きたいという思いでしたが、勝ち投手は遠いと思いました」。6回に自分への内野安打、盗塁、暴投で2死三塁とされ、二ゴロ失策で先制点を許した。

昨秋は4試合登板だけだったが、一冬越えた成長ぶりは見せた。「球速とかは気にしない」と梅津は言うが、球場表示で自己最速タイの153キロ、ネット裏のスカウトのスピードガンのひとつは154キロも計測した。

187センチの長身から角度のある直球、フォークを投げ込む右腕を、DeNAの吉田スカウト部長は「本格派らしい、いい投げ方をしている」と高く評価。中日の中田アマスカウトディレクターは「ドラフトで競合するピッチャー。まだ完成品じゃないのが一番の魅力。大谷みたいになる可能性もある」と、素材の良さを絶賛した。

(4月10日 東都大学野球 中央大 3-1 東洋大)




梅津君のスカウト評はこちら

梅津君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 09:32|この記事のURL

DeNAドラ1・東が150キロ、7回1失点の好投も・・・

2018年04月06日

4/6、スポーツ報知4面より

2017DeNAドラフト1位 東克樹
立命館大・投手・動画

実力は十分に見せつけた。DeNAのドラフト1位・東(動画)がプロ初先発で7回6安打、1失点、9奪三振の好投。しかし、味方打線がメッセンジャーの前に沈黙し、無念の黒星デビューとなった。

開幕ローテの最後に巡ってきた初舞台。初回先頭・高山の初球をサイン違いで捕手・戸柱の足に当ててしまったが、「それで緊張が解けました」。MAX150キロの直球から110キロ台のカーブまで緩急を駆使して猛虎打線を黙らせた。

しかし、4回1死からロサリオ、福留の連打と大山の犠飛で唯一の失点。「1球の重みを痛感した」。高めに抜けたカーブを叩かれてピンチを広げた、福留の右越え二塁打を悔やんだ。

ラミレス監督も「素晴らしかった。勝たせたかったからもう1イニング行かせたが・・・」と悔しがった7回112球。しかし、立命大出身の左腕は「メッセンジャーはもっと球数が少ない。三振より打たせてとる方がいいのかも」と、セ界を代表する助っ人右腕と自分を比べて反省する意識の高さだ。

実は先発デビューが決まった後、夢を見た。相手は阪神ではなく巨人だったが「7回1失点で勝ったんです」。勝敗は逆だったが、数字はピタリ正夢。「1試合だけじゃ分かりませんが、これが続けば自信になると思います」。次は必ず、勝敗の方を正夢にする。

(4月5日 セ・リーグ 阪神 2-0 DeNA)



下は2017ドラフトでDeNAが指名した選手です。1位指名・東君のスカウト評はこちら

DeNAの2017ドラフト指名選手
1位東 克樹 立命館大投手
2位神里 和毅日本生命外野手
3位阪口 皓亮北海高投手
4位斎藤 俊介JX-ENEOS投手
5位桜井 周斗日大三高投手
6位寺田 光輝BCリーグ石川投手
7位宮本 秀明パナソニック内野手
8位楠本 泰史東北福祉大内野手
9位山本 祐大BCリーグ滋賀捕手
育1中川 虎大箕島高投手


draftkaigi at 07:07|この記事のURL

高卒2年目・京山(DeNA)、1軍初登板初勝利の快挙

2018年04月02日

4/2、サンケイスポーツ3面より

2016DeNAドラフト4位 京山将弥
近江高・投手・18歳

忘れられないエープリルフールになった。1軍初登板で初勝利。初めて上がったハマスタのお立ち台で、京山(2016DeNA4位)は声をうわずらせた。「すごくいい景色です!」

堂々とした投球でツバメ打線を翻弄した。二回二死から坂口に二塁打を許したが、広岡をスライダーで二飛に打ち取った。三回二死で迎えた山田哲には粘られた末の8球目に、外角いっぱいのカットボールで見逃し三振。五回に1失点も冷静に後続を断ち、勝利投手の権利を手にした。

「顔つきがいい。落ち着きがあってとても19歳には見えない。期待以上のことをしてくれました」とラミレス監督。開幕ローテ入りこそ想定より早かったが、1年目の昨季は2軍でチーム最多の16試合に登板するなど、球団がプランを立て先発として育成してきた“掌中の玉”だ。

力感のない投球フォームから一転、打者の手元で伸びる直球は回転数のデータでも目を引く数値をたたき出しており、敵将の小川監督は試合前「印象としては前田(健太、ドジャース)」と例えていた。

大器ぶりは、その投球だけではない。投手練習の際に立った本拠地のマウンドは「硬いのが好きじゃないので、自分には合わないかな・・・」。苦手意識があったが、数日の間にハマスタ仕様に修正。踏み込み過ぎず、歩幅を狭めた投球フォームにした。適応力の高さも見せつけた。

滋賀県大津市の実家は中華料理店を営み、小さい頃によく食べたという父・誠さんが作ってくれたチャーハンが大好物。この日は両親らがスタンドで観戦。ウイニングボールは「育ててくれた両親に贈りたいと思います」と少しはにかんだ。

今永、浜口、ウィーランドと故障者続出の投手陣の“孝行息子”となった19歳の理想像は、『負けない投手』だ。
「京山が投げた日は絶対に勝てる、と思ってもらえる存在になりたい」。待ちに待った開幕初星とともに、未来のエースがハマスタで産声を上げた。

(4月1日 セ・リーグ DeNA 3-1 ヤクルト)



下は2016ドラフトでDeNAが指名した選手です。4位・京山君のスカウト評はこちら


DeNAの2016ドラフト指名選手
× 柳 裕也    
× 佐々木 千隼    
1位 浜口 遥大 神奈川大 投手
2位 水野 滉也 東海大北海道 投手
3位 松尾 大河 秀岳館高 内野手
4位 京山 将弥 近江高 投手
5位 細川 成也 明秀学園日立高 外野手
6位 尾仲 祐哉 広島経済大 投手
7位 狩野 行寿 平成国際大 内野手
8位 進藤 拓也 JR東日本 投手
9位 佐野 恵太 明治大 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00|この記事のURL

ドラフトニュース検索