ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
2017ドラフト
情報まとめ
ホームに
もどる
横浜DeNA

石川翔(青藍泰斗)に9球団、DeNA・巨人が高評価

2017年07月16日

7/16、日刊スポーツ4面より

石川 翔 (青藍泰斗高・投手)
178cm・右投左打・動画

青藍泰斗・石川翔投手(動画)が、最後の打者を10個目の三振で仕留めると、安堵の表情を浮かべた。「こんなところで負けられないと思って。とにかく気持ちで抑えました」。5回までに2点をリードされる苦しい展開だったが、自らの右腕で勝利をたぐり寄せた。

石川は5回から3番手で登板し1三振奪ったが、制球が安定せず、2四死球で2安打を許し、1失点した。しかし、ここから直球主体の投球を変化球を軸に修正すると、奪三振ショーが始まった。6回から打者13人で9奪三振。「1点もやれないプレッシャーはあったけど、楽しかった」と振り返った。縦のスライダーがコーナーに決まり、直球の最速も147キロを記録。テンポ良く相手打線を抑えて、チームの逆転を呼び込んだ。

この試合も10日の1回戦と同じく、ベンチからのスタートだった。2日の練習試合で痛めた左足の状態は「60%くらい」と万全ではないが、「今は痛いなんか言ってられない。投げるしかない」と強い気持ちでマウンドに上がる。

スタンドではプロ9球団21人のスカウトが、力投を評価した。DeNA・欠端スカウトグループリーダーは「真っすぐに力があってスライダーも良い。将来性豊かで楽しみな投手です」と絶賛した。17日の3回戦は、足利工大付が相手となる。石川は「とにかく自信を持って気持ちで投げるだけです」と意気込んだ。手負いの状態ながらも、チームのために全力投球する。

▼巨人・吉武スカウト
「まだまだ課題はあるが、面白い素材を持っている。楽しみに見ていきたい」


(7月15日栃木大会2回戦 青藍泰斗3―2宇都宮商)



石川君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


石川君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 09:45|この記事のURL

田中瑛斗(柳ヶ浦)に10球団、DeNAが高評価

7/15、日刊スポーツwebsiteより (source)

田中 瑛斗 (柳ヶ浦高・投手)
183cm・右投左打・動画

プロ注目右腕、柳ケ浦の田中瑛斗投手が、熱投で劇的勝利をもたらした。延長11回、6安打1失点完投勝利。最後は2番打者の徳田馨外野手のサヨナラ2ランが飛び出し「まさかホームランを打ってくれるとは。あいつにはいつも助けられているんです」と笑みをこぼした。

バックネット裏には国内10球団のスカウトが顔を並べた。注目の初回、いきなり2死二、三塁のピンチを迎えたが、自己最速を更新する147キロの直球で見逃し三振を奪ってみせた。「決めにいこうと思って投げたら、思ったより腕が振れた」。初めての夏マウンドで注目を浴びる緊張感もあるなか、能力の高さをしっかりアピールした。

2回に1点は奪われたが、焦りはなかった。「(8回に)同点に追いついてくれてみんなが頑張っているので、自分がスタミナ切れになるのはみっともないと思った」。141球。プロ注目右腕のプライドにかけて、3回以降最後まで0行進を続けた。

スカウト陣も高評価だった。DeNAは高田GMも観戦するほどで、高田GMは「あれだけいい球が投げられているのでね」と満足そうだった。

元南海内野手の定岡智秋監督にとっては就任2年目で初めての夏勝利。「いい投手がいるときに甲子園に行きたい。しんどかったけど次に勢いをつけたい」と孝行息子に目を細めた。その定岡監督から「ダルビッシュの雰囲気がある」と言われる田中も「憧れの甲子園まで1人で投げ抜きたい」とキッパリ。「大分のダル」が、またひとつ大きくなった。



田中君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 05:01|この記事のURL

遠藤淳志(霞ヶ浦)、DeNA「楽天・岸のようになりそう」

2017年07月15日

7/15、日刊スポーツ6面より

遠藤 淳志 (霞ヶ浦高・投手)
185cm・右投右打・動画

プロ注目右腕の遠藤淳志投手(動画)が9回に救援登板し9球で3者凡退に仕留めた。この日は最速141キロをマーク。DeNA・河原スカウトは「緩急の使い方が良い。楽天・岸のようになりそう」と高評価。

昨年ドラフト9位でオリックスに入団した同校OBの根本薫投手も観戦する中、完封リレーで初戦突破した。「甲子園でチームのために投げたい」と意気込んだ。

(7月14日 茨城大会2回戦 霞ヶ浦6―0取手松陽)



遠藤君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 10:58|この記事のURL

山口翔(熊本工)に11球団、ロッテ・DeNAなどの声

2017年07月12日

7/12、スポーツ報知5面より

山口 翔 (熊本工高・投手)
180cm・右投右打・動画

熊本工の今秋ドラフト候補右腕・山口翔投手(動画)が1回戦の人吉戦に先発。プロ11球団20人のスカウトが集結する中、9回2死から、自己最速タイとなる152キロをマーク。11三振を奪い、3安打2失点完投で、快勝発進した。

(以下スカウト評のみ抜粋)

▼ロッテ・山森スカウト
「9回にあれだけのスピードが出るんだから、大したもの。しっかり腕を振ってボールを叩けるようになっているし、フィールディングも良くなっている」

▼DeNA・稲嶺スカウト
「素材は一級品。下半身も一回り大きくなったし、春からの成長度が大きい」

▼巨人・武田スカウト
「球質がいいし、腕の振りが柔らかい。もっと良くなるし、伸びしろが大きいのも魅力」

(7月11日 熊本大会1回戦 熊本工5―2人吉)



山口君のピッチング動画はこちら

山口君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:05|この記事のURL

ドラフト6位が現在セの首位打者、DeNAの発掘秘話

2017年07月07日

7/7、日刊ゲンダイ25面より

2012DeNA人ドラフト6位 宮崎敏郎
セガサミー・内野手・24歳

手がつけられなくなってきた。DeNAの宮崎敏郎(2012ドラフト6位)が5日の阪神戦で5打数5安打の大当たり。「すがすがしい気持ちで打席に入ることができた」と笑顔だったヒットマンは、打率・351で首位打者争いで頭一つ抜け出した。

DeNAが新規参入後、初めてのドラフトを行った12年、セガサミーからドラフト6位で獲得した。DeNAは宮崎について、「ガッツがある。今のチームにはいない選手」と評価していたそうだ。当時のチームは万年Bクラスで、選手に負けグセが染み付いていた。

「打撃センスはあっても172センチと小柄で、守備や走塁はプロでは厳しいと他球団が指名を回避する中、DeNAは宮崎のガッツに賭けた部分もある。宮崎はアマ時代、他の選手が練習を終えたあとも、一心不乱にマシン打撃を打ち続けるため、チーム関係者が球場を閉められずに困ったことがよくあったそうです。試合で内野フライを打ち上げても、全力で一塁まで駆け抜けるような選手だった。そうした姿をスカウトがつぶさに見ていた。今は遠征先のホテルにバットを持ち帰り、夜な夜な素振りをすることもあります」(マスコミ関係者)

宮崎のような下位指名選手が大活躍するのだから、DeNAがAクラスにいる理由も分かるというものだ。



下は2012ドラフト会議でDeNAが指名した選手です。宮崎敏郎は6位指名入団。プロでの成績はこちら

DeNAの2012ドラフト指名選手
1位白崎 浩之駒沢大内野手
2位三嶋 一輝法政大投手
3位井納 翔一NTT東日本投手
4位赤堀 大智セガサミー外野手
5位安部 建輝NTT西日本投手
6位宮崎 敏郎セガサミー内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:10|この記事のURL

ドラフトニュース検索