ドラフト会議
情報局
2017ドラフト
高校生の候補
2017ドラフト
大学生の候補
2017ドラフト
社会人の候補
スカウト
評価
2017ドラフト
指名予想
ホームに
もどる

横浜DeNA

本田仁海(星槎国際湘南)、DeNA「素材としてはいい」

2017年04月17日

4/17、スポーツ報知websiteより (source)

本田 仁海 (星槎国際湘南高・投手)
180cm・右投左打・動画

星槎国際湘南の今秋ドラフト候補の最速146キロ右腕・本田仁海(動画)が、16日、サーティーフォー保土ケ谷で行われた春季高校野球神奈川大会3回戦・川和戦で7回2安打、無失点、6奪三振と好投。チームは5―2で勝利し、16強入り。創部7年目で初の夏の神奈川大会のシードをつかんだ。

インフルエンザから復帰直後の右腕は、練習で連日、打撃投手を務め、15日の2回戦から連投。「(投げすぎて)調整ミス」と漏らしながら、走者なしでもクイックを交え、6回に最速143キロをマークした。視察したDeNA・吉田スカウト部長は「素材としてはいい」とうなずいた。

(4月16日 春季神奈川大会3回戦 星槎国際湘南 5―2 川和)




本田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:34|この記事のURL

万波中正(横浜)、DeNA「投手の方がおもしろいかも」

4/17、スポーツ報知5面より

万波 中正 (横浜高・外野手)
188cm・右投右打・動画

横浜高の大型スラッガー・万波中正外野手(動画)が16日、春季神奈川県大会3回戦の藤沢翔陵戦で投打二刀流の進化を示し、7回コールド勝ちに導いた。

「5番・右翼」で出場し、9点リードの6回から登板。先頭に右前安打を許してから圧巻だった。自己最速タイの142キロ直球で4者連続K。1回1/3を1安打無失点で、アウトはすべて空振り三振だった。

2学年上の先輩・藤平(現楽天)の背中から学んだ。「外野を守って、空いている時間に投球練習して、準備を怠らない姿勢を見習っています」。高校通算16発のバットでも、4回に中前適時打を放った。

昨秋から野球への取り組みが「180度変わった」と揚げ物、ジュースを絶ち、体重を94キロから89キロに絞った。コンゴ民主共和国出身の父を持つ190センチ右腕に、DeNA・吉田スカウト部長は「手足が長いし、投手の方がおもしろいかも」とうなった。

(4月16日 春季神奈川大会3回戦 横浜 10―1 藤沢翔陵)




万波君のバッティング動画はこちら

万波君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:24|この記事のURL

増田珠(横浜)、23試合連続三振ゼロにDeNA高評価

4/17、日刊スポーツ6面より

増田 珠 (横浜高・外野手)
178cm・右投右打・動画

ドラフト候補で4番の増田珠外野手(動画)がまた記録を伸ばした。2打数1安打3四死球で勝利に貢献した試合後、「多分、公式戦では1年秋の関東大会(常総学院)以来、ずっと三振していません」とポツリ。昨春はケガで不出場だが、公式戦はここまで23試合で三振なし。

DeNA・吉田スカウト部長は「しっかり振り切っているのに、三振していないのはいい」と評価した。

(4月16日 春季神奈川大会3回戦 横浜 10―1 藤沢翔陵)




増田君のバッティング動画はこちら

増田君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:07|この記事のURL

小又圭甫(国学院大)、DeNAが評価「面白い素材」

2017年04月15日

4/15、スポーツ報知4面より

小又 圭甫 (国学院大・投手)
182cm・右投右打・動画

国学院大が、専大に連勝し、勝ち点1を挙げた。リーグ戦初登板初先発のプロ注目右腕・小又圭甫が自己最速151キロをマークし、3回4安打、無失点で5三振を奪った。

度重なる故障を乗り越え、たどり着いた神宮のマウンドで、小又が思い切り右腕を振った。自己最速151キロ。「勝手に出た。投げられてホッとしています」。4安打、4四球で毎回三塁に進塁されたが、3回5K無失点に胸をなで下ろした。

千葉英和時代に最速147キロを誇ったが、高校2年冬のバスケットボールの授業で左手首を骨折。大学1年の10月に右肩の第1肋骨骨折で手術を受け、翌15年5月には右肘靱帯を痛め、再びメスを入れた。昨春にキャッチボールを再開。「2年半、球に触る練習をしていない。野球の楽しさを感じた」

食事と柔軟性を意識し、体重は高校3年時から12キロ増の84キロ。DeNA・欠端スカウトは「経験を積めば、面白い素材」と目を光らせた。進路は未定だが、「最終的にプロに行けたら」と小又。苦難をバネに、4年春から花を咲かせる。

(4月14日 東都大学野球 国学院大 5―1 専修大)




小又君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 08:22|この記事のURL

鍬原拓也(中大)、DeNAが高評価「シンカーいい」

2017年04月13日

4/13、日刊スポーツ6面より

鍬原 拓也 (中央大・投手)
176cm・右投右打・動画

中大は先発の鍬原拓也投手(動画)が今季2度目の完封勝利で、東洋大に先勝した。最速151キロの直球、シンカーを勝負球に5者連続を含む自己最多の14奪三振を奪った。

今秋ドラフト候補の鍬原が、「鍬ボール」を武器に自己最多の14三振を奪って、今季2度目の完封勝利を飾った。最速151キロの直球、スライダー、シンカーともに抜群だった。「三振よりも1、2球でアウトを取るのがベスト」と苦笑。

視察したDeNA・吉田スカウト部長「シンカーが独特。昔、阪神の江本が投げたエモボールというのがあったけど、鍬ボールだね」と評価した。


▼巨人・岡崎スカウト部長
「(中大・鍬原について)シンカー、スライダーと全ての球種が使える。大学生トップクラス」


(4月12日 東都大学野球 中央大 3―0 東洋大)




鍬原君のピッチング動画はこちら

鍬原君のスカウト評はこちら

draftkaigi at 07:06|この記事のURL

ドラフトニュース検索