ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

スカウトの逆襲、視察で学校にまで足を運ぶ理由

2023年09月10日

9/10、日刊ゲンダイ31面より
U18日本代表のチェックで台湾に行ったら、名物の小籠包にスイーツ食べて、時間が許せばゴルフも……。夏の甲子園のさなか、球団のスカウトが集まって晩飯を食べていたときのことだ。こんなことを考えながらニヤニヤしていると、部長の声が飛んできた。

「おい、おまえの担当の高校生スラッガー、学校まで練習を見に行くから付き合えよ」。

えっ! 今年こそ海外に行かせてくれるんじゃないの? オレの担当する高校生スラッガーって、ひょっとして埼玉のアイツ? おいおい、台湾どころか埼玉かよ……。冷水をぶっかけられた気分でいると、「まさか、台湾に行く気でいたんじゃないだろうな……」と部長。図星だったのがあまりに悔しくて、こう言い返した。

「とんでもない。いまさらオレみたいなジイさんが行っても仕方ないでしょう。それより埼玉の高校生なら球場で2、3試合見てます。いまさら部長が、何だってわざわざ学校に行って練習を見なきゃならないのか……」

すると部長は「バッティングがいいのは分かってるから、肩と足を詳しく見たいんだ。監督に頼めば、ケース打撃の際にどんな走塁をするか、足は速いのか、チェックできるし、肩にしても何度か送球を見れば、強いかそうでないのかハッキリする。それより何より……」と、こう続けた。

「練習態度を見たり、監督やOBたちの話を聞けば、その高校生の性格や考え方も少しは分かるじゃねーか。プロ入りの意思は強いか、プロでやっていく自信はあるか、自分の長所と短所を正確に把握しているか、短所を改善するために本気で努力をする気はあるか、プロでやっていくための強い体をつくる覚悟はあるか……。大学生や社会人は体も技術もある程度、できている。実戦をチェックすることで把握できる部分は多いが、高校生はまだまだ未熟だ。それゆえ普段の性格や考え方が重要だと思う」

部長は野球部の監督に、その選手がなぜ、大学や社会人でなくプロなのか、プロの試合を見に実際に球場に足を運んだ経験はあるか、なども聞くことがあるという。選手にプロでやっていくための覚悟や強い気持ちがあるか、多少は分かるからだそうだ。

9月に入ったし、ボチボチ、部長のお供で埼玉に行かなきゃならないと考えると憂鬱だが(苦笑)。
(プロ野球覆面スカウト)



2023高校生のドラフト候補はこちら

2023大学生のドラフト候補はこちら

2023社会人のドラフト候補は
こちら

draftkaigi at 07:01│ │高校 
ドラフトニュース検索