ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

阪神、ドラフト大成功でセ・リーグ優勝!

2023年09月15日

9/15、デイリースポーツ11面より
スターティングメンバーには新外国人ノイジーを除いて生え抜き野手が並ぶ。中軸を担う森下(2022阪神1位)大山(2016阪神1位)佐藤輝(2020阪神1位)はいずれもドラフト1位で獲得した選手。「ドラ1クリーンアップ」は後半戦の阪神打線で“顔”の一つとなった。

2018年から本格的にチーム編成に関わっている嶌村球団本部長は「5年前からこういうチーム、こんな感じのチームがいいなと思っていた、想定していたチームに近いところに来ている」と胸を張る。

金本、矢野両監督が率いた8年間を「改革期」と位置付け、それまでの外国人選手やFA選手に頼った「対症療法」から方針転換し、日本人を中心とした長期的に戦えるチーム作りに着手した。

端緒となったのが18年度ドラフトだった。1位で藤原、辰己を外した後に近本(2018阪神1位)を獲得。さらに2、3位で手薄だった遊撃手を連続指名し、将来のレギュラー候補として小幡、即戦力候補で木浪が入団した。徹底した戦略で課題だったセンターラインの強化を図った。

19年度は一転して西純、及川ら高校生を中心に指名。20年度には即戦力として大卒、社会人を求め、1位で佐藤輝、2位で伊藤将らを獲得した。この年度は5位村上、6位中野、8位石井と今季の主力が数多く名を連ねており、“神ドラフト”として称賛を浴びた。

忘れてはならないのが現役ドラフトでの成功だ。今季加入した大竹は自身初の2桁勝利で大躍進を果たした。2軍戦での投球も見ていたという嶌村氏は「全会一致」で獲得に踏み切ったと明かした。

嶌村氏は「ドラフトは何を捨てるか」と語る。18年度ドラフトは極端な戦略でもあったが「『センターライン』と決めたら後は捨てていく作業も必要」と説明する。

フロント主導でも現場主導でもない。「現場とフロント、親会社が三位一体となり、当事者意識を持って同じ目標に向かうことが大事」と力を込める。「正当性を持って、道理にかなうというか、ファンの方が見ても分かるような、そういう編成をしたい」。地道な戦略がようやく実を結んだ。



阪神のドラフト指名選手一覧はこちら

draftkaigi at 07:03│ │阪神 
ドラフトニュース検索