ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

今坂幸暉(大院大高)、中日・阪神など3球団視察

2024年05月13日

中日スポーツwebsiteより (source)

今坂幸暉(大阪学院大高・遊撃手)
178cm・右投左打・動画

中日、阪神などプロ野球3球団のスカウトが視察するなか、主将で3番の今坂(動画)が同点打を放ち、一気に逆転を呼んだ。1点ビハインドの4回1死二塁。インステップをしてサイドから投げてくる変則左腕の西野輝投手の緩い変化球を右翼線へタイムリーヒット。

暴投で二進したあと、4番の中山悠紀三塁手の左前安打で生還し、勝ち越した。さらに2点を追加して、リードを3点に広げた。「勝負強さを一番の目標に置いています」という今坂。今大会は26打数13安打の打率5割。勝負所で快打を放ち、11打点とクリーンアップの役割をしっかりと果たした。

昨秋の大阪3回戦で、大阪偕星に惜敗した責任を重く受けとめていたのが今坂。「みんなの思っていることが違ったのが負けの原因。これが日本一になるための練習なのか? と。みんなが変わって取り組むようになりました。練習後の自主練習をする選手が断然、増えました」と明かす。

履正社、大阪桐蔭に勝ったことでプレッシャーも感じるようになっていたという。「そこは気にせずにやろうと思っていたんですけど、きのうの試合(準決勝の大商大高戦)は特に勝って当たり前と言われる状況になってしまって硬さがあった。きょうは最後1試合やから全員で楽しもうと割り切って、プレッシャーを捨ててやりました」と話した。

大阪学院大高は、かつて阪神などで通算206勝を挙げた江夏豊さんの母校。甲子園には春1度だけ出場。1996年のセンバツで8強となった。それ以来、甲子園から遠ざかっている。

昨年3月から指揮を執る辻盛英一監督は「履正社、大阪桐蔭に勝って、そこから負けたらダメというイメージがあり、プレッシャーになっていました。うれしいのはうれしいですけど、ああ終わったとうれしさより開放された感じ」と苦笑した。

辻盛監督はビジネスマン兼監督だ。大手保険会社に勤務したあと、自ら保険会社を経営。そのかたわら大阪市立大(現大阪公立大)の監督としてリーグ優勝に導いた経験もある。今坂を「アイツすごいですね。チャンスでは集中力が一人だけズバ抜けてますね」と頼りにする。

出場する近畿地区大会は25日から。今坂は「近畿一を取って、夏を良い形で迎えたい」と意気込んだ。

(5月12日 大阪大会決勝 大阪学院大高 4―1 興国)



今坂君のスカウト評はこちら

今坂君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 06:02│ │中日 | 阪神
ドラフトニュース検索