ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

【野手】スカウトに突撃、東海地区ドラフト候補は?

2024年06月26日

中日スポーツwebsiteより (source)
夏の高校野球シーズンが到来する。東海3県で特に注目したいドラフト候補、有力選手は誰か。取材した試合などに居合わせたNPB12球団スカウトを突撃し、目の前でプレーする逸材について感想を聞いてきた中から、記者が厳選して「野手編」「投手編」の2回に分けて紹介する。第1回は野手編。

目玉は愛知・豊川のモイセエフ・ニキータ外野手(動画)で決まりだ。ロシア人の両親をもつ長距離砲で、センバツで本塁打を放った。「東海地区の打者では真っ先に挙がる存在。日本人にはないパワーをもっている」とヤクルト・橿渕聡スカウトデスク。

西武・潮崎哲也スカウトディレクターは6月の招待試合で今朝丸裕喜(報徳学園)との対決を視察した。「たまたま結果は二塁ゴロ2つだったが、ヘッドスピードが速い。上半身がさらに大きくなったように見えて意識の高さも感じる」と話した。

今春のセンバツ大会に出場した愛知・愛工大名電からは、今朝丸から2安打を放った強打者の石見颯真内野手(動画)の名前が挙がる。石見については転向したての遊撃守備もチェックポイントだった。「まだ経験値は低いが、努力や成長を感じる。肩が強く、足を使った遊撃手になりつつある」(オリックス・下山真二スカウト)という。

昨夏の愛知大会決勝で2本塁打を放った中京大中京・山田頼旺(動画)「パンチ力があり、ミートもうまい。昨年の印象が強いが、もっと打ってほしい」(広島・松本有史スカウト)とさらなる爆発が望まれる。

三重県では、創部5年目を迎えた神村学園伊賀の主砲・寺井広大外野手(動画)が迫力満点。「体格がよく飛距離が出る。スイングが柔らかく、バットコントロールを生かした対応力もある」(巨人・木佐貫洋スカウト)と評判だ。



2024高校生のドラフト候補一覧はこちら

2024大学生のドラフト候補一覧はこちら

2024社会人のドラフト候補一覧はこちら

draftkaigi at 06:23│ │高校 
ドラフトニュース検索