ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

日本ハム、飯山志夢(立正大)をリストアップ

2024年06月26日

6/26、スポーツニッポン4面より 

飯山志夢(立正大・外野手)
178cm・右投左打・動画

日本ハムが、東都大学2部リーグに所属する立正大4年の飯山志夢外野手(動画)を今秋のドラフト候補としてリストアップしていることが25日までに分かった。日本ハムの飯山裕志スカウト兼プロスカウトを父に持つ俊足巧打の外野手。球団幹部も能力を高く評価しており、調査を進めていくもようだ。

父子で同球団のプレーが期待される。飯山の父・裕志氏は、日本ハムの内野手として1997年のドラフト4位で入団。20年間、貴重なサブプレーヤーとして活躍した。“職人”の血を引く21歳に、球団幹部は「選手としての能力は、もちろん評価している」と語った。

中央学院(千葉)では通算15本塁打を放つなどパンチ力も秘めており、立正大に進学後は打撃面でさらなる成長を遂げた。昨春の東都大学2部リーグ戦では、打率・365で首位打者を獲得。同年夏の侍ジャパン大学代表選考合宿に招集された。

メンバー入りこそ逃したが、今春の2部リーグでも打率・327、7盗塁でベストナインを獲得。選考合宿を経て、7月にチェコで開催される「プラハ・ベースボールウイーク」などを戦う侍ジャパン大学代表に選出された。

1メートル76、80キロと大柄ではないが、4秒を切れば俊足とされる、打席からの一塁到達タイムは最速3秒7台。スピード感あふれるプレーが最大の持ち味だ。日本ハム以外の複数球団もリストに挙げているとみられ、飯山も今後の進路は「プロを目指しています」と父と同じ舞台を見つめる。

日本ハムの左打ちの外野手は、日本選手の支配下選手では浅間と五十幡の2人のみで、指名されれば貴重なピースになる。

2世選手では今季、元ヤクルトの博文氏(現ヤクルトアカデミーコーチ)を父に持つDeNAのドラフト1位・度会が活躍を見せている。“第二の度会”としての可能性を秘める左打者に対し、今後も調査を進めていく。



飯山君のスカウト評はこちら

飯山君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:28│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索