ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

池田悠真(紋別)、巨人「体の強さは魅力」

2024年06月29日

スポーツ報知websiteより (source)

池田悠真(紋別高・投手)
185cm・右投右打・動画

北見地区2回戦では紋別が北見工の追撃を振り切り、9―7で勝利。プロ注目の最速150キロ右腕・池田悠真投手がリードを守り切り、6年ぶりの北北海道大会出場に王手をかけた。

ほろ苦い夏の投手デビュー戦となった。5点リードの9回。紋別・池田悠は先頭の死球からピンチを招き、3本の適時打を浴びた。

なおも2死満塁とサヨナラのピンチを迎えたが、左飛に打ち取って試合終了。打球がグラブに収まると表情を変えることなくフーッと一息つき、「相手チームの3年生も最後の夏。最後まで食らいついてくる感じがした」と夏の公式戦初登板を振り返った。

3番・左翼でスタメン出場したが、想定よりも早く登板機会が巡ってきた。先発の塘大和投手が4回4失点し、「本当はあと1、2イニング頑張ってくれたらと思っていた」と加賀谷実監督。プルペンで10球ほど投球練習しただけでエースがマウンドに上がった。

最初の5回こそ3者凡退に抑えたが、回を重ねるごとに制球が乱れ、5イニングで6安打4四死球3失点(自責点1)。「後半はアウトを取ろうという気持ちが強くなって力んだ。力任せになってしまった」と反省の言葉が並んだ。

祖父が営むカニ漁を手伝い、体を鍛えた。船に乗り網を引っ張り、カニが入った箱を運んだ。握力は80キロある。右手から放たれる直球は、この日は最速146キロを計測。

185センチ、88キロの体格で、本格的に投手を始めてから1年未満で150キロをマークした“原石”にはプロのスカウトも注目している。この日も5球団が視察し、巨人・青木スカウトは「強く投げれて、強く振れる。体の強さは魅力。荒削りだけど、伸びしろを感じる」と将来性を評価した。

(6月28日 北北海道大会北見地区予選 紋別 9―7 北見工)



池田君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。

draftkaigi at 06:35│ │巨人 
ドラフトニュース検索