ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる

前田明慶(福岡第一)、DeNA・ロッテなど5球団視察

2024年07月09日

7/9、スポーツニッポン3面より 

前田明慶(福岡第一高・投手)
180cm・右投右打・動画

福岡大会は8日、3回戦9試合が行われた。福岡第一のプロ注目147キロ右腕・前田明慶(動画)は6点リードの6回に4番手で登板し、DeNA、オリックス、ロッテなど5球団のスカウトが見守る前で最速144キロの直球主体に2回完全。5者連続三振も奪った。前田幸長氏(野球解説者)を擁し、準Vした1988年以来36年ぶりの甲子園へ“エース・前田”が導く。

22球投げて変化球は2球だけだった。ただ、福岡第一のエース・前田の直球は分かっていても当たらない。「球速よりキレを重視しています。次へ向けてスタミナを残したかった。(力の入れ具合は)7割くらい」

1番から始まる6点差の6回に登板し、3者連続三振を奪った。この回、最速は自己記録に3キロ及ばない144キロだった。多少、出力を落とした7回も137キロ、140キロの直球で久留米学園の4、5番を空振り三振に仕留める。

「軸をしっかり、バランスよく投げることを意識しています」。1分間あたりの回転数は、好調時にはプロでも一流の部類と言われる2500回転を計測するという。

右肘痛に苦しみ、投球練習を再開したのは今年6月だった。背番号1は最速146キロの三谷力斗が付け、調整途上の前田は背番号17。「ケガ明けなのでできるだけ無理をしない」と自らに言い聞かせ、初戦だった5日の2回戦(対香椎工)も救援で2回完全、2奪三振だった。

それでも5日は巨人など3球団、この日は5球団のスカウトがネット裏に集まるのは、光る素材という証拠だ。

福岡第一が最後に甲子園に出場したのは昭和最後の88年夏。左腕・前田幸長を擁し、準優勝した試合は「YouTubeでよく見ます」。36年ぶりの聖地へ向けては「自分たちの代で行きたいプライドはある」と元号が一つ飛んだ令和の“エース・前田”は力強く、夏の頂点を誓った。

(7月8日 福岡大会3回戦 福岡第一 6―0 久留米学園)



前田君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:45│ │横浜DeNA | ロッテ
ドラフトニュース検索