ドラフト会議情報局 2024高校生ドラフト候補 2024大学生ドラフト候補 2024社会人ドラフト候補
2024ドラフト指名予想 スカウト評価 ドラフト候補の動画 ホームにもどる
日本ハム

田中稜真(旭川実)に4球団、日本ハム高評価

2024年07月23日

7/23、スポーツニッポン20面より 

田中稜真(旭川実高・投手)
178cm・右投右打・動画

旭川実の最速152キロ右腕・田中稜真(動画)の夏が終わった。「出し切ったと思ったが、チームメートが泣いているのを見て、これが最後と気付いた」。延長10回途中で降板し、左翼で高校野球を終えた顔には涙の筋が残っていた。

この日は最速149キロで、8回まで2安打無失点。9回の投球練習時に両足ふくらはぎがつり、タイブレークに突入した延長10回無死満塁から押し出し四球と2者連続適時打を許した。9回0/3を5安打7失点(自責4)、146球で13三振を奪った。

4球団が視察し、日本ハム・白井スカウトは「対角線の低めの素晴らしいボール、プロでも投げるようなボールが時折出ている」と評価した。今後について田中は「大学とプロが半々」とし、「夏に勝つためにやってきたし、今は気持ちも冷静ではない。ゆっくり時間があるので考えたい」と話した。

(7月22日 北北海道大会準決勝 クラーク 9―1 旭川実)



田中君のスカウト評はこちら

田中君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 06:56|この記事のURL

高橋幸佑(北照)志望届提出へ、日本ハム高評価

2024年07月21日

日刊スポーツwebsiteより (source)

高橋幸佑(北照高・投手)
178cm・左投左打・動画

北照のプロ注目左腕、高橋幸佑投手(動画)の夏が終わった。札幌日大に7回7安打1失点で敗れた。プロ4球団のスカウトが視察する中、5回まで無失点も、6回に献上した先制点で試合を決した。試合後、相手の校歌を聞きながら目に涙を浮かべた。

「北海道一、日本一と言っていいくらいきつい練習を毎日してきた。そういう、いろいろなことが思い浮かんだ」と悔しがった。今春U18日本代表候補に選出された背番号11は、主戦として小樽地区代表決定戦の倶知安戦から4戦連続で先発マウンドを託された。

日本ハム・白井スカウトのスピードガンでは自己最速タイの148キロを計測。「準々決勝の投球と比べても、悪くない。春から比べたら、制球力も上がっているし、球の強さも強くなっている」と同スカウト。

高橋は「(監督の)上林先生の下で野球ができて、本当に最高な3年間でした。まさかプロを目指せるような選手になれると思わなかった」と振り返った。

力を出したが、1点に泣いた。進路は「プロ野球選手になるのが1つの夢。それに向かって今後も後輩たちと毎日厳しい練習をしていけたら。(プロ志望届は)出します。プロ一択です」と心に決めている。

(7月20日 南北海道大会準決勝 札幌日大 1―0 北照)



高橋君のスカウト評はこちら

高橋君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:03|この記事のURL

モイセエフ(豊川)に7球団、日本ハムが高評価

2024年07月15日

スポーツ報知websiteより (source)

モイセエフ・ニキータ(豊川高・外野手)
180cm・左投左打・動画

今秋ドラフト候補で豊川の強打者、モイセエフ・ニキータ中堅手(動画)が今夏初試合に臨み、1点リードの3回1死満塁、右中間へ走者一掃の二塁打を放つなど、3打数1安打3打点に2度の申告敬遠と活躍。初戦突破に貢献した。

ネット裏では日米7球団16人のスカウトが視察。侍ジャパンの前監督、日本ハムの栗山英樹チーフ・ベースボール・オフィサー(CBO)も熱視線を送った。

モイセエフの視察は今春センバツ以来となる栗山氏は「すごく成長している感じがある。すごく良くなっている」と称賛。「今のプロ野球もそうですけど、本当に打てる人がいなくなっている。数字を見ても分かる通り、チームが勝つためには打つ人がすごく必要なんですよね」と語り、未来の球界を担う逸材との認識を示した。

(7月14日 愛知大会3回戦 豊川 7―1 愛知啓成)



モイセエフ君のスカウト評はこちら

モイセエフ君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 06:40|この記事のURL

高橋幸佑(北照)に5球団、日本ハム高評価

2024年07月14日

スポーツ報知websiteより (source)

高橋幸佑(北照高・投手)
178cm・左投左打・動画

南北海道の北照は、酪農学園大とわの森三愛を4―0で下して初戦突破。プロ注目左腕・高橋幸佑(動画)5球団スカウトの前で自己最速タイの148キロをマークし7回9奪三振、無失点と好投した。

こん身の1球を捕手のミットにねじ込んだ。7回2死二、三塁。北照・高橋は直球でバットの空を切らせ、最後のピンチを脱した。自己最速タイ148キロを計測するなど先発で7回0封、9K。2年ぶりの夏8強へ導き「無駄な力を入れず、すごくいい投球ができた」と爽やかに汗を拭った。

進化を証明した。日本ハム、中日など5球団が視察する中、「7、8割」の力で初回から147キロを5度計測。課題の立ち上がりを0に封じて波に乗った。今春の全道初戦は1回に3者連続で押し出し四死球を与え敗戦。

週2回のメンタルトレで課題を克服し、安定感を増して円山球場にカムバックした姿に、日本ハム・白井スカウトは「春の経験を成長に変えてね。体の芯もすごくしっかりしてブレなくなった。期待しちゃうような、見てて楽しみがある投手」と目を細めた。

14日の函館大柏稜戦で勝てばエスコンでの準決勝へ駒を進める。U18日本代表候補左腕に、白井スカウトは「向こうの硬いマウンドなら(150キロが)出る可能性もある。まだまだ良くなりますね」。

選手間投票でメンバーを決める北照。最後の夏に託された背番号11には「春の負けを糧にエースの『1』を二つ背負って引っ張ってくれ」という3年生の思いが込められている。

(7月13日 南北海道大会1回戦 北照 4―0 酪農学園大とわの森三愛)



高橋君のスカウト評はこちら

高橋君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 08:12|この記事のURL

村上泰斗(神戸弘陵)、広島・日本ハムの声

7/14、スポーツニッポン5面より 

村上泰斗(神戸弘陵高・投手)
180cm・右投右打・動画

シード校の神戸弘陵が6―1で飾磨工に快勝。阪神もリストアップする今秋ドラフト上位候補で最速153キロ右腕の村上泰斗投手(動画)が9回1死まで無安打に抑える快投を見せ、視察した8球団のスカウトに実力を誇示した。

~以下、村上のスカウト評~

▼広島・鞘師智也スカウト
「馬力があるのは魅力。投手歴が浅く、これからの部分もあるが、素材はすごくいい」

▼日本ハム・荻田圭スカウト
「ストレートで空振りが取れている。きょうは投げていない変化球の球種でも腕が振れている」

(7月13日 兵庫大会2回戦 神戸弘陵 6―1 飾磨工)



村上君のスカウト評はこちら

村上君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:04|この記事のURL


ドラフトニュース検索